わろてんか

朝ドラマ「わろてんか」いらいら、うざいと思う10の理由!!!

投稿日:

「わろてんか」の相関図キャスト

第20週の相関図キャスト


北村てん(葵わかな)
⇓  ⇓  ⇓
葵わかなの演技力
北村藤吉(松阪桃李)
⇓  ⇓  ⇓
松坂桃李の演技力
隼也(南 岐佐)
武井風太(濱田岳)
伊能栞(高橋一生)
⇓  ⇓  ⇓
わろてんか高橋一生(伊能栞)の演技力
藤岡しず(鈴木保奈美)
⇓  ⇓  ⇓
鈴木保奈美の演技力

藤岡ハツ(竹下景子)
藤岡新一(千葉雄大)
藤岡りん(堀田真由)

トキ(徳永えり)
北村啄子(鈴木京香)
秦野リリコ(広瀬アリス)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)
万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)
岩さん(岡大介)

喜楽亭文鳥(笹野高史)
亀井庄助(内場勝則)

都(大後寿々花)
あや(鈴木球予)
なつ(畦田ひとみ)
とわ(辻凪子)

朝ドラマ「わろてんか」いらいら、うざいと思う10の理由!!!

テンポが悪く台詞回しが酷くて魅力が伝わらないドラマ

NHK大阪局制作の朝ドラで、しかも吉本新喜劇の基礎を作った吉本せいをモデルにした脚本ということで当初は大変期待していたが、全体を通して正直テンポが悪すぎて全然笑えなく、それゆえ魅力を感じずにいるのでドラマに入り込めずに見ていてイライラする。

会話のキャッチボールが悪く空回りしていて、まるでそれぞれが一人芝居を勝手にやっているようでちぐはぐ感が否めない。関西出身のベテラン役者が脇を固めているのに全然生かされてない。

何より、主役級やベテラン級の非関西人の役者のほとんど(濱田岳は除く)の関西弁(大阪弁)が酷すぎて、話の内容よりも台詞回しが気になってしまい、方言指導が入っているはずなのにもはや大阪が舞台とは思えないほどである。

すがすがしい朝からの、関西弁

前回の朝ドラ「ひよっこ」が、名残惜しく終了したわけです。

がらっと内容が変わったのは、視聴者も注目するところでしょう。

日本人ならば、誰もが知っている、大人気のお笑いタレントも多く所属する今日のお笑い会を取り仕切り、代表する大手事務所「吉本興業」。

その会社がモデルのお話しとあって、朝ドラの始まりを楽しみにしていたのに。

物語の始まりは、名子役、新井美羽ちゃん演じるヒロイン・てんの幼少期。

てんの家族、藤岡家を演じる、竹下景子さんはじめ、鈴木保奈美さん、遠藤憲一さん。

おまけに松坂桃李さん、お母さん役には鈴木京香さん、今をときめく高橋一生さんや濱田岳さんと、そのキャスティングだけをとっても十分見ごたえのある、スタートをきったのでした。

始まってからは、藤岡家のお父さんのキャラクタ―、桃李さん演じる藤吉の義理母にしごかれるあたり、(おしん、か?)的な、日本国民が好きな内容で、毎日が楽しみでした。

ところが。二人が北村商店をはじめてからは、さっぱり、になってしまいました。私が関西人でないからなのか、どうも笑えないお笑いコンビの関西弁、濱田岳のキレキャラに本当うんざり。←たぶん1番、うんざり。

関西人でない私だけでしょうか?それでも時々ニュース前につけてしまうと、いきなりキースあさりコンビ解散って。その解散の意味がまったく理解できず。

私だけでしょうか?うざい。

ひよっこからの朝は、すがすがしがったな~。奥茨木弁からの、あの関西弁は、どうもうざいなぁ。

わろてんかのうざいとイライラするシーン

朝ドラ、わろてんかのイライラするシーンは、主人公が棒演技で感情移入が出来ないです。

何でへえばかり言うの?

お笑いのテーマなので、少しは関西弁勉強して下さいと思ったこともありました。

うざいシーンは、風太がいつも理由もなく怒鳴ることです。視聴してるとき何でいつも不機嫌なの?と思いましたこのときから風太が苦手になりました。俳優さんには悪いけど出てきたらチャンネルを即変えます。

藤吉の時も演技が下手で、でしゃばりでうざかったです。そこからわろてんかが嫌いになりました。演技の勉強をちゃんとして下さいと思いました。ちゃんと改善してくれたら視聴しようと思いましたが全然改善もなく演技が下手のままでした。

これがきっかけでわろてんか苦手になりました。視聴者がイライラするシーンやうざいシーンがあるの?もっと楽しいお笑いのモチーフをした、ドラマを期待してたのにと思いました。ガッカリした気分なドラマでした。

落語や漫才をもっと見たい

お笑い大好きで、大好きな藤井隆さんが出ているので毎日楽しく拝見しています。せっかくお笑い、特に落語や漫才がメインの寄席のお話なのに、実際の芸能を見られる場面が少ないです。芸人さんの回想シーンなどは音が無く、少しの動きのシーンのみ。主要の芸人さんは、さんざん勿体ぶって一度だけの放送で終わり。もっとちゃんと芸事を見たいです。今現在の放送の息子の葛藤とか、はっきり言って興味なしです。

長くエピソードを引っ張ったミスリリコアンドシローも、一度だけ漫才を最後まで見られたけど、もう新しいネタなどは登場しないのでしょう。アコーディオンの素晴らしい演奏と美しい広瀬アリスさんの掛け合いをもっと見たかったです。

余り興味のわかない人間関係のイザコザエピソードが続くのはイライラします。

一話分丸ごと、漫才や落語だけを見せる回があったら嬉しいのにと思います。

風太の前髪と亭主関白にイライラ

濱田岳さんは、昔から嫌いな俳優さんではありませんが、今回の役の今の風太の前髪とか亭主関白っぷりとか、イラッとしてしまします。

頭カチカチの役どころですし、昔はもっと亭主関白さがある時代なところももちろん理解してはいますが、昔の女性はよく、ここまで旦那さんにつくせていたんだなと感心してしまします。

どんなに好き同士で結婚したカップルでも、最終的には旦那さんが偉そうにするのは、やっぱイライラしますね。

それにひきかえマンマンのまんじょうまめ夫婦は、とても良いバランスで、夫婦漫才続けて欲しかったです。

藤吉とテンは理想の夫婦でしたが、もし、栞くんとおテンちゃんが結婚していたら、もっともっと素敵な夫婦になっただろうなと思いますね。

好きだけどついイライラ

朝の忙しい時間に片手間で見ているドラマなので、サラッと見られて重くない、笑いをメインに面白おかしく進んでいくストーリーはとても良いと思います。出演者も皆さんキャラが濃くて際立っていて、過去に出て今は出ていないキャラも、もう一度出して欲しいほど良かったです。例えば安来節の踊り子さん、落語家の皆さん、寺ギンさんなど、出てこないのが勿体ないです。

総合的に今回の朝ドラは当たりだと思いますが、気になってしまう、いらいらとしてしまうのが主人公の葵わかなさんのお肌の綺麗さ、若さ溢れる存在感です。少女時代とメイクが全くかわらず、髪も真っ黒。お肌がツヤツヤなのは仕方ないにしても、少しくらい老けさせた格好を作っても良いと思います。

そうすべきです。特に今は青年となった息子が同じ画面に登場しているのに、全く親子に見えません。むしろ妹に見えます。二人の親子ツーショットを見るたびイライラします。

わろてんかの息子が新しいこと考える所がイライラ

わろてんかに出てくる興業屋の息子が新しいことを考えるのは良いのですが実家に迷惑をかけないようには生きられないのかなとテレビを見ていてイライラしました。自分の父親とそっくりだなと思いました。

自分の考えを押し通すよりも興業屋としての自覚を持って無茶をせずに親孝行をしろよと思ってしまいました。自分の稼いだお金で商売を繁盛するのならいいと思いますが実家のお金をしかも莫大なお金を使って新しい事にチャレンジしていくのを見ているとイライラします。

成功するかもどうかも分からないのに母親や周りを説得するのを頑張っている姿をみるとウザいなと思います。自分の力を過信しない方がいいのになと見ていて思ってしまいました。

葵わかなさんの笑顔が、わざとらしい

主人公の葵わかなさんは、けっしてかわいくないわけではなく、かわいいほうだとは思うのですが、最初から、とってつけたような笑顔が浮いていて、それを見るのが、どんどん辛くなってきました。

表面だけの笑顔で「わろてんか」と言われても、面白いことがなく、笑えません。

葵わかなさんと松坂桃李さん夫婦の演技がダメなので、共演者がカバーしていたと思うのですが、せっかく良い演技をしていた濱田岳さんや高橋一生さんまでもが、全体の雰囲気に合わせて演技をするせいか、展開が強引すぎるせいか、ドラマとしての繋がりが感じられず、その結果、どこを見ても面白くなくなってしまい、葵わかなさんの本当は笑っていない笑顔だけを見せられることになり、毎日毎日うざいと感じてしまいます。

方言の違和感がどうしても引っ掛かる場面も

どのドラマでも方言があるドラマではどうしても違和感がある場合があります。

特にわろてんかの場合はとても特徴のある大阪弁や京都弁ですので上手に扱えてない俳優さんを見ると引っ掛かりますしイライラする場合もあります。

私自身は関西弁は話さないのですが親が関西人で幼少の頃からずっと関西弁を聞いてきたので関西弁はなじみもあり、厳しい気持ちで見てしまうせいもあるかとは思います。

もちろん俳優さん達も相当な努力をされていると思いますが、方言はドラマのできを左右されるぐらい影響すると個人的には思っています。

わざとらしく、とか大袈裟に方言を誇張するのもうざいと思いますし、できるだけ心地良く違和感なく自然に耳に入ってくるのがベストだと思っています。

あと、寄席小屋での舞台についても正直あまり面白いと思う演目がなく笑えなくてイライラしたり残念に思う事もあります。

何でも簡単に成功できるのかな?

何をするにしても大した努力もせずに成功を収めてしまうところにイライラを感じます。実際に吉本興業を今のような日本屈指のエンタテインメント企業にするためには、筆舌しがたい苦労・工夫があったと思います。

半年のドラマ、それも1回15分でその苦労を描く、というのは至難の業と思います。ただ寄席をお金が無い状態で買って、あっという間に大阪で一番の寄席になっているので本当によくわからずイラつきます。今はマーチングショウに力を入れていますが、きっとこれも大成功を収めるんでしょうね。

ちなみに安来節はどこに行ったんでしょうかね。何の前振りだったのか、あの女性たち、田舎に帰らされたのかよくわからない点もちょっとイライラします。ただ基本的に気楽に見られる番組なので毎日楽しみにしています。
⇓  ⇓  ⇓
不倫ドラマ「昼顔」全話あらすじ・ネタバレ

遠藤憲一の演技力
葵わかなの演技力
わろてんか全話あらすじ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.