きみが心に棲みついた 動画

きみが心に棲みついたドラマ動画フル無料8話パンドラ見逃し再放送デイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「きみが心に棲みついた」動画第8話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO、9tsu,bilibiliなどの動画サイトで見逃し再放送無料で見れる?

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

しかし、これらの動画サイトではドラマ「きみが心に棲みついた」の動画は見つかりませんでした。
⇓   ⇓   ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

ドラマ「きみが心に棲みついた」相関図キャスト


白崎達夫(長谷川朝晴)
堀田 麻衣子(瀬戸朝香)
八木 泉(鈴木紗理奈)
⇓   ⇓   ⇓
八木泉(鈴木紗理奈)の演技力
スズキ 次郎(ムロツヨシ)
⇓   ⇓   ⇓
スズキ次郎(ムロツヨシ)の演技力
小川 今日子(吉岡里帆)
⇓   ⇓   ⇓
小川今日子(吉岡里帆)の演技力
吉崎 幸次郎(桐谷健太)
⇓   ⇓   ⇓
吉崎幸次郎(桐谷健太)の演技力
星名 漣(向井 理)
⇓   ⇓   ⇓
星名漣(向井理)の演技力
牧村英二(山岸門人)紗央里
稲垣栞里(周本絵梨香)
飯田彩香(石橋杏奈)
⇓   ⇓   ⇓
飯田彩香(石橋杏奈)の演技力
成川映美(中村アン)
為末れいか(田中真琴)

ドラマ「きみが心に棲みついた」8話あらすじネタバレ

すべてがきらめいている今日子に星名の次の作戦

吉崎(桐谷健太)は、今日子(吉岡里帆)が隠しておきたかったことを知った後でも今日子を受け止めてくれたことで、今日子は一歩前に勧めることが出来た。

八木(鈴木紗理奈)堀田(瀬戸朝香)と組んだ新ブランドも好調、今日子は一時の幸せの中にいた。

そこへモデルでタレントの山藤アイカ(石田ニコル)が星名(向井理)と共にやってきた。

八木が言うには、旬なタレントを使ったコラボ企画で話題を集めるだけの企画を立ち上げるのだろうという、堀田もそんな予算があらならこっちに回してほしいと、この企画には否定的だ。

星名と一緒にいた白崎課長(長谷川朝晴)に今日子は呼ばれ、行ってみると、アイカは、今日子たちの企画の商品が大好きだという。

それで、アイカをデザイナーに据えて取り組む企画に今日子の参加を星名は目論んでいた。

もちろん今の企画を抜けさせて…。

この石田ニコルさんは、ファッションがテーマの「パラダイス・キス」で向井理とは共演しているモデル、モデルから俳優になる人も多いこの業界、今回は、チョイ役だけど、今後には注目したいひとり。

この時の打ち合わせが響いたのか、吉崎とのデートに行けなくなったという今日子からのメール。

ガッカリする吉崎だったが、前のデートで、吉崎が行けないと今日子をだまして、直ぐ後にいたことの仕返しみたいに、今日子もふざけてみたのだった。

人に気を使っちゃう今日子がこんなことが出来るようになるなんて、吉崎の優しさがわかるからだよね。

仕事のやりがいを楽しんでいる今日子に、吉崎は少し早いけどと、誕生日プレゼントと言ってスカーフのなくなった今日子の首に、ネックレスを贈ってくれた。

今日子と呼んでくれるようになった吉崎の手で、首につけてもらう今日子。

ここでの二人の会話はバカップルみたいだけど、幸せそう。

その頃、飯田(石橋杏奈)は、星名の母郁美(岡江久美子)の処に来ていた

飯田は、星名がかつて父親からの暴力を受けていて、守るべき母親からは見て見ぬふりをされていたことを知る。

暴力をふるう父を殺したのだろうと、飯田は郁美を理解しようとするが、さらに深い闇があった、郁美が殺したのは、自分の浮気相手で星名の実の父親だった。

だから、飯田が郁美のところに来ても、星名とは縁を切ったし、息子は自分を許さないだろうと言う。

次の日、白崎から、アイカの企画に参加してほしいと打診される今日子、八木たちとのプロジェクトは、卒業してくれと言われてしまう。

もちろんそんな事、簡単に了解できるわけがない。

アイカから指名されているんだから名誉なことだよと言われるが、納得できない今日子、この企画の影にいる星名の存在を感じていた。

今日子は、星名を問いただしたくて、タクシーで出かける星名を追いかけて、一緒に乗り込んで直訴する。

それを見ていたのは、飯田…。

「吉崎と別れるのなら、上と掛け合ってやるよ」そう言いながら、自分が巻いたスカーフがなくなった今日子の首にネックレスを見つける。

星名の言葉に、必死で反論する今日子だったが、今日子の持つ闇の部分を埋められるのは、吉崎ではなく自分だと、圧力をかけるように言う星名。

ネックレスを握ったままの星名から、顔を背けようとした今日子、細井チェーンのネックレスはチェーンが、切れてしまった。

吉崎は、漫画のドラマ化にあたり、キャラ変更で怒っていたスズキ(ムロツヨシ)にキャラ設定を変更しなくていいことになったこと、主人公がスズキの好きな女優になったことを伝えた。

スズキがこの女優をイメージして書いていたことをテレビ局側に伝えていた吉崎の働きも大きい。

もちろん、スズキは大喜びでドラマ企画を受け入れた。

スズキの怒りで、進んでいなかったドラマ化の話もこれでスムーズに進むことになって吉崎も大喜び、そのままの感情で、今日子をデートに誘う吉崎だったが。

ネックレスが壊れて、修理に2週間と言われた今日子の気持ちは重い、何より星名に切られたなんて言えるわけがない。

そしてもう一つの問題、仕事のこと。

八木と堀田に相談すると、星名よりも上に掛け合ってなんとかしてくれるっていうのだけど、今日子は自分で星名ともう一度話してみると言って、星名の元へ行く。

星名を探す今日子に星名は外出中だから、一緒にランチをしようと言って来た飯田、今日子は気が進まないながらも、付き合うと…。

飯田は星名とは関係ないと言いながら、星名のあとを追いかけてタクシーに乗ったりする今日子を憎んでいる、そんな勢いで非難する。

星名を嫌いになれない理由、それは今日子を受け止めてくれたから

吉崎の元には、映美(中村アン)の新作が届き本の最初には、心友に捧ぐと書かれていた、これは、もちろん吉崎の事。

星名も出先から戻り自分の席に着くと、母に住所を教えていなかったので、会社に母からの手紙が届いていた。

倉庫で隠れるように母からの、別れを感じさせるような内容の手紙を読んでいるところに今日子が、新しい企画から外してほしいと頼みにやってきた。

母親が自分から離れて行き、そしてつなぎとめていたと思った今日子まで…。

今日子には背を向けていて、表情を読み取れない星名だけど、きっとその表情は、ひとりぼっちで置き去りにされた子供のような表情だったのではないかと思う。

星名は、「明日1日俺につき合ったらすべて終わりにしてやる」そう今日子に条件を出す。

過去にひどい目にも合っているのに、星名の提案を受け入れてしまう今日子。

吉崎の誘いに返事が出来なかったので、吉崎から電話がかかってきてしまった、「明日の休日には合える?」そう聞く吉崎に「仕事で…」と言って断る今日子。

優しい吉崎に本当の事が言えない今日子、「これは自分に区切りをつけるため」と自分に言い聞かせているけど、心はざわついているようだ。

今日子から明日のデートを断られた吉崎だったが、スズキから映美の新刊本のサイン会につき合ってほしいと言われ、それに参加することになった。

約束の朝、普通のデートのように爽やかにやってくる星名、大学の近くの思いでの定食屋を覗いたり、二人で昔行った野球場で、野球を観戦したり、普通に料理の話なんかして楽しそうな星名。

そんな優しい笑顔を信じていた大学時代の今日子、昔を思い出していた今日子の不意を突いて、星名が今日子の膝枕で無防備な姿を見せる。

星名の事を信じていた頃の今日子は、膝枕で眠る星名の姿が、自分にできることをしていることが、ただ嬉しかった自分を思い出していた。

家に居場所がなかった今日子にとって、誰かに必要とされる、そんな思いが今日子にとって大きかったのかもしれない。

膝枕でウトウトしている星名に、「彼氏がいるから、こういうのは困ります」そう告げる今日子に「そう言ってみんな俺の前から消えていく」星名の手は、優しく今日子の顔を自分に近づけさせて、優しくキスをする。

一瞬、されるがままになった今日子だったが、すぐに顔を離す今日子、「俺の事が憎いか?」そう問いかける星名に。

「憎いです、憎いし、怖いし、逃げ出したいです」

「俺はこの先もお前を苦しめると思う、本気で逃げたいのなら、俺を殺せ」

星名は今日子の手を自分の首に持って行くが、「そんなことできるわけない」そう言って星名の首を抑えさせられていた手をそこからずらす、でもその手は星名がつかんだまま。

「自分が辛いとき、受け入れてくれたそんな記憶があるうちは、星名を嫌いになることはない」今日子は、過去の自分が、星名によって救われたことも有ることが、今日子が星名に縛り付けられている原因だと感じていた。

野球場からの帰り道、美容外科から出てきた星名の姉が声をかける。

そして、今日子に自分たちの親が「人殺し」であることを教える、姉を相手にせず、今日子を連れて、去って行こうとする星名。

そんな星名の背中に「このクズ、だからあんたは皆に嫌われる」そう叫ぶ姉、姉はまだ星名からお金をせびり取りたいようだ。

映美のサイン会のあと、控室ではしゃぐスズキ、SNSをお互いフォローしあっていることで有頂天になってしまっている。

今日の記念にみんなとの写真を撮ってとっても嬉しそう。

飯田は、牧村(山岸門人)の店で、星名は自分の親の過去があるから、自分に気を使って別れたいと言っていると、牧村に相談しているが。

牧村は、昔の「あすなろ白書」でキムタクが主演女優にやった「俺じゃダメか」のあすなろ抱き(当時そう言う名称で流行った)をして飯田に接触する。

「あんた捨てられたんだよ、とっくに」そう言って飯田を自分のものにしようとする牧村、飯田は牧村のむこうずねを蹴って何とか逃げ出したが。

星名と今日子は、立飲み屋で、過去の話をしていた、星名が母親の面会に行った時、面会中は楽しげだった母親が、星名の面会の次の日に自殺未遂をしたと言うのだ。

「どんだけ、自分勝手なんだよ、なんで死ななかったんだよ」

そう吐き出す星名に、今日子はあの日泣いていた彼の姿がオーバーラップする。

「だったら、俺だけの為に生きてくれよ」自分を残して逝ってしまおうとした母親は、星名のためには生きていない、だから今日子に「自分の為に生きることを望んだのだ。

「なにがあっても、俺から離れないよな」「はい、離れません」あの日の約束は、星名のした「どんな事」がひどすぎて、今日子が逃げ出す結果になってしまった。

星名の仕打ちは、本当に今日子が離れないか、試していたようにも思える。

今日子が帰ろうと言っても恭一日付き合う約束だと言って飲み続ける星名。

酔っぱらってしまった星名をタクシーで送り届ける所を、サイン会帰りのスズキに見られてしまう今日子。

吉崎も一緒にいて、スズキが映美に恋をしちゃっている話を延々ときかされていたんだけど、そこに映美からメールが来て目を話している時だった。

吉崎に、今日子が星名と一緒にいたことを教えるスズキだったが、また妄想が過ぎて見間違えたんじゃないかって言うのだけど、「そうかも、小川さんいつものネジネジしてなかったし」スズキの否定する言葉は逆に星名を不安にさせてしまった。

星名にそして今日子への復讐の鬼になってしまった飯田

星名をマンションまで、送り届けた今日子、すぐに帰るつもりだったけど、「コーヒーくらい飲んで行け」と言われて、大学時代の優しい星名を思い出しながら二人で並んでコーヒーを飲んでいた。

何もしないと言ったのに、今日子を押し倒して、キスをしようとする星名だったが、「星名さんとは嫌です」そう言った今日子に星名は、冗談だと言って背を向ける。

だけど、「吉崎と別れて、俺と結婚してみる?」なんて言い出す。

今日子は「何を言っているんですか、どうして星名さん、そうやって周りを振り回すんですか」と怒ってみせる。

「楽しいじゃん、それで誰かが傷つくなんて考えない、仕事も人間関係も、俺にとってはヒマつぶし」

今日子の心は、星名の悲しみに近づいていたのに、この言葉で、今日子は「この先、星名さんと分かり合える日は来ない」そう言ってマンションを出て行ってしまった。

独りになった星名は、笑いながらいつの間にか泣いていた。

そして…「死にてえ」と言って、まるで自分をあざ笑うかのようだった。

マンションから出てきた今日子を待ち構えていたのは、飯田だった。

星名への思いが強すぎて、今日子への憎しみが強くなった飯田は、「絶対地獄へ突き落してやる」そう言って殴り倒した今日子の前から去って行く。

スズキの言葉が気になって、今日子の部屋の前まで来ていた吉崎、家にも電話にも出ない今日子、自分の中の疑惑を打ち消すように家に帰る吉崎だったが。

次の日、今日子は、八木たちのチームに戻れることになったと課長から聞かされ、アイカの企画は、飯田が担当することになった。

そんな時、吉崎の元には、昨日の夜今日子が星名のマンションに行く姿が、入った動画データが送りつけられていた。

それを見た吉崎は次回どう行動するのか、復讐の鬼になってしまった飯田が何をしでかすのか、気になる次回。

ドラマ「きみが心に棲みついた」8話見どころ感想

最後の頼みとはいえ…今日子よ、迂闊すぎやしないかいと思った第8話

ついにあのねじねじマフラーをとることができた今日子です。

吉崎との一夜が、そうさせたのでしょう。

今日子がねじねじマフラーを外して、表向きは何も顔に出さない星名ですが、その内心は驚きで溢れ返っていると感じました。

そんな今日子に、星名は一日自分に付き合えば、関係を終わりにすると言って、誘い出します。

今日子は、それに対して、終わらせられるならと、提案を飲みました。

そこまでは、今日子自身の気持ちの整理もあるので、まぁしょうがないかなと思ったのですが、家について行っては、ダメだぁ~…と思わずテレビにツッコんでしまいました。

これは、弁明のしようがない…吉崎がいくらいい人でもという気持ちもあります。

来週以降は、パワハラとセクハラを告発されてしまう星名です。

これにまた気持ちがゆらゆらしてしまう今日子が描かれるのではと思うと、振り回される吉崎が不憫になってきてしまいました。

とはいえ、星名も今日子が取られたくなくて必死なのだと思うと、そちらにも味方したくなってしまいます。

どんな態度をとっても、話しても、今日子を失うことを、極度に星名は恐れているのが、わかるようになりましたので。

ここまで言うと、視聴者な自分自身が今日子になっていることに気が付き、苦笑いを浮かべてしまいました。

闇落ちしてきた飯田さんが怖い

飯田さん(石橋杏奈)がだんだんストーカー化してきました。

まさか、飯田さんが闇落ちするダークな展開になるとは思いもしませんでした、

星名とかかわると全員不幸になるのか?

いや、飯田さんには元々そういう気質があったのかもしれません。

妄想が加速していく飯田さん…ハッキリ星名に捨てられたというのに、「遠慮してとか気を使って私を遠ざけた」とか狂ってるとしか思えない妄想だと思います。

バッグでキョドコを殴りつけるシーンは怖かったです。

飯田さんからはキョドコに対する殺意すら感じました。

終いには、刃物でも持ち出すんじゃないのかと思ってみていました。

飯田さんは、欲しいもの絶対手に手に入れないと気が済まない性格のようです。

ただし、キョドコにも問題があります。吉崎さんに嘘ついて星名に会って家まで行くというのは、飯田さんに誤解されてもおかしくない行動だと思います。

どうしても離れられない

せっかく彼氏が出来たのに、休日に向井理さんと一緒にいるのは考えてしまいます。

桐谷健太さんは、一緒にデートしたいはずなのですが、好意を無駄にしています。

向井理さんに優しくされると、すぐ言いなりになる吉岡里帆さんは、どうしても騙されやすい性格です。

桐谷健太さんと、ムロツヨシさんが街を歩いていたら、ムロさんが向井さんと吉岡さんを見かけてしまいました。

ムロツヨシさんは、ネジネジマフラーしてないから、人違いだなと言ってました。

こんな姿、桐谷健太さんに見つかったらたいへんです。

好きでもなく、離れたい相手なのに、どうしてなんだろうと思わせれます。

桐谷健太さんのところに、USBを送り付けた犯人も気になります。

そこには、向井さんのマンションに一緒に入る姿が映っています。

桐谷健太さんは、モヤモヤが止まりませんね。

今日子は、吉崎を頼る事が大切

今日子という女性は、どこまでもお人好しなのか、星名の言う事に従ってばかりに思えて、今日子が離れたいと星名に訴えますが、それ事態がおかしく感じて、星名の出す条件も受けてしまうとは、いつまで今日子は駄目な状態なのか心配になります。

今日子には恋人となった吉崎がいるので、どんな事でも吉崎に相談しなさいと、伝えたい気持ちになりました。

吉崎に届いた映像データは、おそらく星名が今日子の幸せを壊すためにしたと考えられるのと、飯田が今日子を恨んで地獄に落とすと脅迫したので、飯田の可能性もあると思います。

星名に関係してしまうと、ほとんどの人が精神的に病んでしまうように感じて、これ以上被害者が出ないように、星名には早く病院へ行ってもらいたいと思いました。

ドラマ「きみが心に棲みついた」見どころ感想

きみが心に棲みついたをみた感想

吉崎の元カノである、映美が気になって仕方ない今日子。

映美の存在を吹き込んだ星名の狙いにまんまとハマってしまっていますね。

過去の見られたくない動画も吉崎についに見られてしまう。

吉崎と今日子の関係にヒビが入ってきたよー。

そして、凹んだ今日子の心の隙間に待ってましたとばかりに、星名がグイグイと迫ってきます。

これはなんかエグい場面で見たくても見れないかもと思いました。

向井理が演じてる星名にクズさがかかってきていてるのでそのギャップでさらにカッコよさが上乗せされているようですね。

壁ドンではありませんが、顎グイや頭ポンポンと女性視聴者が心ときめくシーンも多くありました。女心をくすぐるとはこういうことなのかって言うのが勉強になりました。

今日子を取り巻く二人の男たちとの恋の行方は!?

家族からものけ者にされ小さい頃から居場所が無くずっと自分に自信をもてないでいる下着メーカーに勤める主人公・小川今日子(吉岡里帆)。

今日子の唯一の心の居場所となったのが同じ大学の先輩・星名(向井理)。

星名にもつらく暗い過去がある。

星名は冷酷非道で今日子は星名に嫌われたくないがために言いなりになりひどくつらい経験をさせられた過去をずっと引きずりなかなか前へ進めずにいた。

ある合コンで今日子の前に前向きでハッキリと物事を言う漫画編集者の吉崎(桐谷健太)が現れ今日子はどんどんひかれていく。

今日子は星名と離れられ前へ進めるのか!そして今日子の恋の行方は。

今日子が毎回吉崎に振り向いてもらうために一生懸命話たりメールを打つ姿は度が過ぎてるときもあるが謙虚でとても可愛い。

吉崎からメールが来るたびとても嬉しそうな今日子を見ているとこっちもキュンキュンしてくる。

そんな中、今日子が勤めている会社に星名が上司として異動してくる。

今日子はまた離れられない気持ちと星名の行動に怯える日々を過ごす。

一方今日子の読めない行動に徐々に吉崎が引かれていく。

吉崎が今日子へかける言葉が男らしく頼もしく毎回キュンキュンさせられる。

そして今日子と吉崎は付き合うことへ。

それを知った星名は…。

今期で一番毎週楽しみなドラマだ。

星名の冷酷さは見ていてこっちも怖くなる。

今日子の過去を知り吉崎がこれからどう付き合っていくのか。

星名は二人に何を仕掛けてくるのか。

今日子と吉崎が少しずつ分かりあって近づいていくところがもどかしくもありこちらもドキドキが止まらない。

今後どうなるのか本当に目が離せない!!

吉崎さんはやっぱりさすがです

吉崎さんが成川さんと一緒にいるところを目撃した今日子。

付き合ったばかりなのに、そんなところを見てしまい、不安でいっぱいだと思います。

しかも、吉崎さんに大学時代の動画を見られてしまったらという恐怖もあり、別れを覚悟していた今日子。

せっかく好きな人と付き合えたのに、星名さんに邪魔をされかわいそうです。

吉崎さんは動画を見ましたが、それでも今日子を守りたいと思ってくれて味方になってくれてよかった!

本当によかったです。吉崎さんは今日子のことを守ってくれると思いました。八木も堀田も今日子のことを心配してくれて味方になってくれているので、安心しました。

ドキドキしましたが、今日子が元気になって嬉しかったです。吉崎さん最高です。

心からの愛情を受けて人は変われるのか?

遂に、吉崎に大学時代のストリップ動画を見られてしまった今日子が、もう、絶対に振られてしまうと思ってしまうのは無理のない事だとは思いますが、吉崎はそんな人では無いと信じて欲しいなと思うぐらいに、性善説を地で行く人だなと思っていました。

不当な事があっても真っ当に、真正面から向かって戦って来たであろう、芯が強く正義感に溢れている吉崎は、今日子の星名に対する言動から、ただ単に表面的な事実だけで、今日子の事を判断せずに、何かあったのだろうと考えてくれる、本当に素敵な人だなと思いました。

そんな吉崎の前向きな太陽の様な思いに包まれて、今日子が遂に、星名からの束縛の証であるねじねじの首巻きを外すという、星名も目を剥くほどの前進ができて、これから吉崎と幸せになれると見せかけて、きっとまだまだ星名の罠とその過去に振り回されるのでは無いかと思います。

今日子に置いていかれる星名の反応が面白くて仕方ない

やっと今日子があのネジネジマフラーを解く時が来ましたね!

私はてっきり今日子が自分で解くのかと思っていましたが、吉崎が解いてあげるというのがまた良かったです。

そして今日子から逃げられる形となった星名。

ネジネジをやめた今日子の姿に「マジかよ」と仰天する姿には笑いました。

その後の次回予告でも、空元気みたいな最後のデートの後に「死にてぇ……」とめちゃくちゃ落ち込んで涙目になっているのが面白かったです。

いや、まあ後者はあまり笑っちゃいけないシーンなのかもしれませんが、ここまで来ると星名の一挙一動を見守るのが面白くて仕方ないですよ。

本当に何なんだこの男は。

ようやくくっ付いた今日子と吉崎には悪いですが、星名にはここで心折れずに最後まで色々と動きまくってドラマを盛り上げ続けてほしいですね。
⇓  ⇓  ⇓
きみが心に1話あらすじネタバレ
きみが心に2話あらすじネタバレ
きみが心に3話あらすじネタバレ
きみが心に4話あらすじネタバレ
きみが心に5話あらすじネタバレ
きみが心に6話あらすじネタバレ
きみが心に7話あらすじネタバレ

きみが心に9話あらすじネタバレ

民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

-きみが心に棲みついた 動画

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.