きみが心に棲みついた 動画

ドラマきみが心に棲みついた八木泉鈴木紗理奈の演技力は上手い下手?

更新日:

鈴木紗理奈(スズキサリナ)

生年月日:1977年7月13日 (40歳)
出身地:大阪府摂津市
身長:162 cm

女優、タレント、歌手、元グラビアアイドル

ドラマ「きみが心に棲みついた」八木泉(鈴木紗理奈)の演技力は上手い下手?

意外と知られていない、演技派女優というイメージです

このドラマの中で鈴木紗理奈さんが演じている八木という役は、コテコテの関西弁で気難しいという、女優さんにとって難易度の高いキャラクターだと思います。

初めに見たときは、どうして鈴木さんがキャスティングされたのか、こんな役が似合うのだろうかと思いましたが、今となってはとても自然で合っていると思います。

ドラマの中で1、2を争う癖の強いキャラクターですが、その演技はオーバー過ぎず、話の展開にもすんなり入っていけます。

意外とキーマンなポジションもあるので、実力のある女優さんが演じてよかったなと感じました。

鈴木紗理奈さんをドラマで見かけたことはあまりなかったのですが、この作品を見て、演技の技術や経験がたくさんある方なのだとわかりました。

強いけど優しい大阪弁に感動

最初に登場した時は、大阪弁が強すぎて印象は強いけれどなんか一人浮いているなという感じがしました。

でも回を重ねるごとに、鈴木紗理奈さんが自然な大阪弁なので、すっと入っていくようになりました。

また、挙動不審な小川今日子にはぴったりな関係の上司・八木になりきっているなと思えるようになってきました。

会議などで周りを一掃するようなシーンでは、この大阪弁がスカッとさせてくれるのでいいなと思いました。

こんな上司がいたら怖そうだけど、味方になってくれたら頼もしいなと思いました。

4話でプロジェクトから外されそうになった小川今日子を守るシーンでは、今までのただ強い大阪弁の演技だけでなく、声の強弱で八木の思いやりや温かさも上手く表現されていて感動しました。

不快感のない八木に好印象

最初は嫌みな役だと感じていた八木ですが、厳しくも決して嫌みな感じがしないところがとてもいいです。よって、八木役の鈴木紗理奈さんの演技は不快感がありません。

また、八木にはガサツな1面がありますが、そこを鈴木紗理奈さんはよく表現されていると思います。普段はバラエティで活躍されている印象が強い鈴木紗理奈さんですが、実は演技力もちゃんとあったということを今回の八木という役で改めて感じることができました。

また、八木が今日子を認め始めたということから、今後八木が今日子の理解者となる可能性もありますので、八木の印象も少しずつ変わっていくかと思われますが、その変化も素直に楽しみだと思えるくらい鈴木紗理奈さんが演じる八木はハマっています。

いろいろな意味で変わらない

鈴木紗理奈さんは、もともと女優業に力を入れていたわけではないと思うので、あまり演技力に期待はしていませんが、若い頃からずっと変わらないなと感じます。仕事はそれなりに出来るけど、上司や環境に恵まれず、なんとなくくすぶっているという雰囲気はよく出ていると思うので、(また、それか…)と感じても、関西弁の40代女性ということさえ表現できていれば良いのかなとは思います。

吉岡里帆さんと、しっくりきていないようにも見えるので、早く今のプロジェクトが終了して、出演シーンが極端に減るとか、プロジェクトの終了とともに、出演も終了というのでも良いのかなと思います。演技はともかくスタイルがずっと変わらないのはすごいなと思います。

熱い女性を演じるなら鈴木紗理奈さん

今回の八木泉という大阪弁で口は悪くて仕事熱心という役柄は、そのまんま鈴木紗理奈さんだなと思いました。

普段のバラエティや違うドラマで見せる、テレビの中で見せる普段通りの鈴木紗理奈さんを楽しむことができる役柄ですね。

演技力という点では、おそらく普通というか、素のままの鈴木紗理奈さんという感じなので、演じているという感覚は、もしかするとあまりないのかもしれません。

いつも同じような役といわれてしまうのかもしれません。

しかし、こういった役を演じさせたら右に出る者はいないと言えるほど、鈴木紗理奈さんには熱い女性がぴったりだと思います。

今後、真逆な演技をする鈴木紗理奈さんを見たいという気持ちが無いわけではありませんが、今回の八木泉という役はぴったりだと思っています。

鈴木紗理奈さんてバラエティだけじゃなくドラマもできるんだ

鈴木紗理奈さんの登場に非常に驚きました。このドラマの出演者について、吉岡さんと向井さんと桐谷さんしか知らなかったので、デザイナーとして鈴木さんが登場したシーンはびっくりしました。

鈴木さんて演技できるの?って思ってしまいましたし。バラエティの印象しかありませんでしたから。正直、この方が出てきた時、他のストーリーと相まって「大丈夫なの、このドラマ」って思ってしまいましたが、厳しい先輩社員の役、合っているではありませんか。

鈴木さんの個性を生かしたキャラクターというのもあるのでしょうが、でも、厳しいだけでなくて仕事に対する姿勢とか今日子の頑張りにはきちんと評価していて、言葉は悪いけれど、決して嫌なやつではない先輩の役がとても合っています。

堀田と八木の両先輩は今日子に対する言葉掛けは違いますが、二人とも今日子のことを評価していて、瀬戸朝香さんと鈴木紗理奈さんはとても良い役だなと思っています。

味方にすると頼もしい泉デザイナー

鈴木紗理奈さん演じる八木泉は、性格は、きついけれども仕事では、妥協をしないタイプの女性です。

漫画では、ドラマほどキョドコに対してダメだしをしないと思うのですが、ドラマでは、このやりとりが、面白くて良いアクセントになっています。

鈴木紗理奈さんの持っているチャキチャキした性格とさっぱりしている泉の性格が、同じところもあると思いました。

泉は、感情をだすけれど割とさっぱりとしていてキョドコとは、性格的に合わないのですが、仕事仲間としてプランなどは、認める大人としてのふるまいもある人なのでそういう大人の女性のスマートさも鈴木紗理奈さんは、演じられていると思います。

会社の中に泉のような女性は、味方にすると仕事をしやすくて頼もしいと思います。

鈴木紗理奈さんは、そう思えるような泉を演じていると思います。

鈴木紗理奈さんが演じる八木泉が物語のスパイスになっています

鈴木紗理奈さんがこのドラマで演じている八木泉という役柄はかなり気が強くて仕事に厳しい先輩というキャラクターです。

八木は主人公の今日子に仕事上とはいえ散々暴言ともいえる言葉を投げかけるのでともすればただの怖い人、かわいげのない女、と言う印象になる人物なのですが、紗理奈さんがあの大阪弁で今日子にダメ出しするのを見ていると、どこかコミカルで、先輩の嫌な面よりもむしろ、仕事に真剣なゆえのダメ出しのような気がしてくるのは、きっと紗理奈さんがもともと持っているキャラクターと八木泉がうまく融合しているのだと思います。

そういう意味で、紗理奈さんはこの八木 泉をただの嫌なオンナにならないギリギリのところでうまく演じていると思います。
⇓  ⇓  ⇓
きみが心に1話あらすじネタバレ
きみが心に2話あらすじネタバレ
きみが心に3話あらすじネタバレ
きみが心に4話あらすじネタバレ
きみが心に5話あらすじネタバレ
きみが心に6話あらすじネタバレ

星名漣(向井理)の演技力
スズキ次郎(ムロツヨシ)の演技力
飯田彩香(石橋杏奈)の演技力
吉崎幸次郎(桐谷健太)の演技力
小川今日子(吉岡里帆)の演技力
⇓  ⇓  ⇓
民放ドラマの見逃し動画視聴におすすめの6つのVOD!

-きみが心に棲みついた 動画

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.