超高速!参勤交代

超高速参勤交代映画動画フル無料パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

映画「超高速!参勤交代」動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

映画「超高速!参勤交代」の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。


映画「超高速!参勤交代」の動画は公式動画配信FODで無料で視聴できます!
⇓  ⇓  ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

映画「超高速!参勤交代」のあらすじ・ネタバレ見どころ感想

参勤交代が終わってホッとしたら、また江戸に呼び出された

江戸時代、多くの人は暴れん坊将軍として知っているかもしれない、徳川吉宗(市川猿之助)の時代のこと。

参勤交代を簡単に説明しちゃうと、1年おきに江戸に住まわせている妻子に会いに各地方から大名を来させること。

三代将軍家光の時代から、行われ人質をとることと、参勤交代の行列に莫大な費用が掛かるため、各地の大名に余計な財力を作らせないための方策でもあった。 

260年も続いた徳川幕府、いろいろ考えていたからこそ続いたのね。

現代の福島県いわき市にあった磐城、湯長谷藩の藩主内藤政醇(佐々木蔵之介)は、やっと江戸から10日かけて帰ってきたところ。

でも貧乏なこの藩、途中の茶屋によってお菓子食べてお茶を飲むだけでも相馬兼嗣(西村雅彦)が口うるさく文句を言う。

まあ、それ以外の家来たちは、ほのぼの、家に帰りついたら何がしたいとか、何が食べたいとか、なんか平和な藩みたい。

藩主さまに、農民茂吉(神戸浩)も気軽に声をかけているし。

藩主も茂吉のところまで行って、抜いたばかりの大根の味見をしたり、ほのぼの、ほのぼの。

この映画の語りも茂吉役の神戸浩が担当する。

この藩主、いたってまじめで側室だけでなく、奥方もいない。だから、江戸にいるのは妹の琴姫さま。

身ぎれいなことも内藤が城に使える人々に人気の理由、ただ一つの欠点は、閉所恐怖症。

トイレのドアを閉めて用を足すこともできない。

参勤交代からもどってすぐでも、家来たちは剣や槍や弓の稽古に余念がない。

次の参勤まで1年はのんびりできると喜んでいたのに、江戸家老瀬川(近藤公園)が早馬に乗ってやってきて、五日のうちに江戸に戻って来いという知らせを持ってきた。

お上の無茶ぶりで、超高速参勤交代は始まった

お上がいうには、申告してあった、金山の儲けが間違っているのではないかと疑われて、江戸にもどって説明しろという。

金山はあるにはあるけど、全く金がでなくて蔵ではコウロギがのどかに泣いているだけ。

それなのに隠密から、松平信祝(陣内孝則)は、金がでたのに隠しているから、また参勤交代をさせてお金を使わせればいいと吉宗公に進言する。

この藩は、4年前の飢饉で大変だったところに米を送ったりして、みんなを助けて来たし、領民から税金を上げることもしないので、金がない。

更に金のかかる参勤交代から戻ったばかり、いろいろ話し合うも全く有効な意見が出てこない。

そんな中、この知らせを持ってきた家老瀬川が、信祝に必死に、こんな無茶なことは出来ないと直訴した時に、信祝にされた意地悪を聞いて藩主の内藤は、参勤交代を決意する。

まあこんな権力をたてに、弱い者いじめをする人って現代もいるよね。

会計係の相馬は金がない、金がないと嘆くけど、内藤は金が無くても知恵があると言って、この無理難題を何とかしようとするけど、大丈夫なのかな。

場所は変わって、信祝の屋敷、湯長谷藩が今頃、困っているだろうと高笑い。

更には、金山のことを信祝に密告した男が褒美を求めて来たら、切り殺してしまった。

内藤が2日に分けて鯛の表と裏でご飯を食べているのに、信祝はたくさんの鯛の目玉しか食べない。

内藤は、相馬とどうするかを話し合っている、とりあえず隊列をなしている姿を見せるのは役人のいる高萩と、取手。

ここだけ役人の目をごまかせれば、いいと。

でも山道を抜けていくという案なんだけど、この殿さまの閉所恐怖症が出てこないといいんだけどね。

50人の大名行列の人員はところどころで人を集めて形だけ作ると、先発した瀬川が人集めをしているという。

山道で迷わず走るのは至難の業だと相馬が言ったとたん、立ち上がって槍をとる内藤。

天井裏に隠れていた雲隠段蔵(伊原剛志)の気配を察し、自分たちの前に引きずり出すが、曲者は他にいた。

のんびりしているこの城は、余りにも不用心で、あちこちに公儀の隠密がたくさん隠れていると、まず一人仕留めて見せる。

段蔵は、こののどかな場所へ湯治に来たところ、隠密達の噺を聞いて助け舟を出そうかと思ったらしい。

相馬は、信じられないみたいで文句を言っているけど、団象が忍びである自分は山道は、得意と言っていて、この非常時手を借りた方がいいと内藤は思ったみたい。

山の幸で食事がとれると言ったら、さっきまで反対していた相馬、食事代が節約できると大喜び、ちょろい…。

でもまあ、そんなうまい話はない、案内代が10両と酒の代金は、請求される。

かくして、精鋭の家来を連れて、過酷な参勤交代ははじまった。

持ち物は極力軽く、邪魔になるものは持っていかない。

大名行列のイメージって、昔の時代劇なんかでは、したに~、したに、ってゆるい感じで歩いていたけど。

今回のこの参勤交代、えっさこらさ、とみんなでマラソン状態、体力持つのかな。

最初の難関は高萩、猿の力も借りてやり過ごす

さて役人がいる高萩について、大名行列のふりしてくれる人たちの数が、半分の25人しか集まっていない

よく見ると、中にはヨレヨレのお婆さんまでいる。

でもたった1日しかなくて、良くこれだけ集まったと思うわ。

25人を50人に見せるために、役人から見えなくなったところから裏を回って、先頭が一番後ろについてもう一回役人の前を通るというもの。

さすがにこの時は、今村清右衛門(六角精児)や荒木源八郎(寺脇康文)が「したにー、したに」って声をかけて、ゆっくりのリズムで、歩いているから何とかなった。

ホッとしたところに、やってきたのは水戸の行列、、籠を止めて、顔を出したのは徳川宗翰(前田旺志郎)、湯長谷藩の大根がお気に入りみたいで、また食べたいと言っている。

でも籠の中から出てこない内藤に、なんで顔を出さないと聞くと、馬に乗っている内藤は、腹話術で、体調が悪くて見せられる顔じゃないと告げる。

本当は、閉所恐怖症で、籠に乗れないんだよね。

気のいいい徳川宗翰は、それで納得して、御札をもらいに行った帰りと言う事で、たくさんもらった中の一枚を分けてくれる。

すると何やら籠の中から変な声が聞こえる。

籠を止めて、見る徳川宗翰、その変な声をおつきのものが真似して何を逃れたが、気になった段蔵が中を開けると猿。

この猿は菊千代という名前で、クルミを素手で割るほど力が強い。

高萩を何とかやり過ごし、いよいよ段蔵が案内する山に入るんだけど、なんか段蔵の道案内間違えてばっかりで大丈夫?

慣れない山道を走る、内藤一行は、そろそろ疲れも出て来たが、やすむことも許されず、段蔵にはっぱをかけられながら走り続ける。

ようやく、食事休憩の時間、川や山で何か獲物は取れたかと聞く段蔵だけど、疲れ果てているうえに、なれない狩りなどできない一行の人達。

その中で川の水を汲んでいる秋山平吾(上地雄輔)は、なにやら段蔵に不信感を持っているみたい。

そんな段蔵は、みんながへとへとになっている中、なれた山道でキジを捕まえてきた。

料理が得意な今村は、さっそくさばいて料理する。

信祝のたくらみによって派遣されてきた隠密と裏取引の段蔵

どうせ期限のうちに江戸まで来られないだろうと、思っていた信祝は、順調に向かっている話を聞いて、配下の忍び夜叉丸(忍足修吾)に必ず止めるように命ずる。

そんなことも知らずに、段蔵の取ってきた獲物を楽しそうに食べる内藤一行。

暗闇の中で彼らを見ている目に、気が付くのはやはり、段蔵。

そこにいたのは、信祝が差し向けた隠密の虎之助(和田聰宏)と、高坂小太郎(冨浦智嗣)は女装した隠密。

段蔵は、明日牛久の宿で報酬をもらったら用心棒の自分はそこから離れるから、襲うならそれからにしろと言う。

段蔵はお金をもらっている間だけ守るドライな用心棒だったのか。

でもこれで、みんな安心して疲れを癒して野宿できるね。

〇 内藤はみんなのことをよく見てる、家臣も内藤のことをちゃんと見ている

そんな野宿の中、内藤がみんなを見ていると、秋山だけが起きていて、この参勤交代の心配をしている。

内藤は、これを成しえないと、民を愚弄して地方を好き勝手にして私腹を肥やすような奴をのさばらすことになるという。

のん気なようで、さすが殿、事の本質は見えていたようだ。

秋山はなぜ自分がこの一行に加わったのかを聞いてくる。

秋山は最初の参勤で戻ったら碁を打ちたいというようなどちらかというとおとなしくて冷静なタイプ。

内藤はそんな風に、冷静に物事を考えることのできる男も必要だと一行に加えたという。

クイズ番組で、おバカキャラだった上地さん、彼も時を経てすっかり役者の顔になって、あの頃とは違うキャラクターを演じるようになったんだなって思う。

一行と離れて、街にでていた相馬が戻ってくる、内藤に先に馬で牛久の宿に言っているようにという。

実は内藤、足に怪我をしていて相馬はそれに気が付いて、傷に塗る軟膏と、案内人まで用意していたのだ。

人知れず、殿様の為に家来が動くってそれだけ、内藤はいい殿様なんだろうな。

一人みんなより先に牛久で休むことになった内藤は、みんなの用心棒である段蔵に家宝の小刀を渡して、みんなのことを頼んでいく

家宝などもらえないという段蔵だけど、お金のない内藤にとって、家宝より大事な民や家来を守るためだからと、受け取ってもらう。

殿が馬で牛久へ行った後を追うように、一行も進んでいく。

こんなことになって、江戸で待っている琴姫(舞羽美海)は、心配しているだろうと話し始める。

何やらこの男どもの話を聞いていると、琴姫さまにみんな気があるみたい。

六角精児演じる今村が、自分に気があるかもなんていうくらい、でもこれはみんなに飲み過ぎの錯覚だと却下される。

内藤の優しさを感じてかくまうお咲き

牛久の旅籠では、内藤家の下り藤の紋がお尋ねものの者として、飯盛女のお咲き(深田恭子)たちに渡されていた。

宿場女郎とも言われた彼女たちの間にも客の取り合いがあって、お咲きは他の女と喧嘩になって、台所で大暴れ。

そのころ、徒歩で、牛久に向かう一行たちは、オオカミと出会っていた。

追い回されて石の上に逃げ込んだが。リーダー的な存在の荒木がオオカミを手懐けてしまう。

ただ、オオカミの毛皮を売るとか言い出しているんだけど、大丈夫かな。

相馬に言われていた宿場に内藤が着くと、大暴れしたお咲きが、木に縛り付けられていた。

女将は、気にしないでくれと、言う感じで内藤を案内するが、内藤はお咲きが気になっていた。

部屋に食事を用意した女に、縛られていたお咲きのこを聞くので、女は内藤にそう言う趣味があると思われてしまったが、お咲きを部屋に呼んだ。

部屋に呼ばれたお咲きに、この参勤交代で疲れた体をもんでもらった、女郎として呼ばれたと思ったお咲きだったが、今日はいいと言われてもみほぐす事だけさせられた。

折檻されて木にくくりつけられお咲きを気の毒に思ってのことだと、お咲きも気が付く。

牛久に向かう一行の中にいる段蔵は、もらうものももらったし、こそこそと逃げ出した。

残った一行たちを追ってきた隠密達が、寝込みを襲う。

自分たちは武芸百般を極めていると、向かってこられた時は勇ましいんだけど、荷物を軽くするために、本物の刀を持たずに竹で出来た刀しかなかった。

すぐに刀は折れて、形勢が不利になるんだけど、増田弘忠(柄本時生)などは猿の菊千代に助けてもらったり、今村は料理に使う出刃包丁で、戦ったりして何とか逃げた。

でも追い詰められて、川に飛び込む一行たち。

一番、深手を負ったのは、井戸に落っこちた、相馬かもしれない、井戸から這い上がってきたら、みんなで休んでいた古寺は、もぬけの殻、一人でみんなを追いかけることに。

内藤が閉所恐怖症になったわけ

内藤がいつものようにトイレのドアを開けて、用を足していると、それをみたお咲きが、そんなに用心することがあるのかと聞いてくる。

内藤家は、なかなか男の子に恵まれず、やっとできた子が、元気に育つために乳母に任されたが、それがまた厳しい女で、何かあると蔵に閉じ込められたのがトラウマになった。

そんな話を同情しながら聞いていたお咲き、内藤は、いいことをひとつひとつ探して前向きにやってきた話をする。

こういう苦労話も笑顔で経験として語ってくれる男の方が、同情してって言う男より印象がいいよね。

内藤に感心しているお咲きの手をみた内藤、木に縛り付けられた時の縄の跡で血が出ていることに気が付く。

自分が足を怪我した時に、相馬が買ってきてくれた軟膏を、お咲きの手にぬってあげた。

内藤の優しさに、お咲きは内藤が追われていることを知らせる。

知らせた途端に来た、御用改め、お咲きは内藤を押し入れの布団で隠れるようなところに一緒に隠れた。

その時に、お咲きの身の上話を聞く、まだ幼いお咲きを売り飛ばした父親。

された仕打ちに、お咲きは、自分なんか、その辺に転がっている人形と同じだと人生をあきらめてしまっている。

同じころ、内藤一行から、報酬をもらった段蔵は、芸妓をあげてどんちゃん騒ぎ。

大分お酒を頼んだので、途中でいったん会計をされるのだけど、もらったお金が全部小銭。

さらに、泥までついている。

コツコツ長いことためたんだろうな、古いお金もある。今でいえば、昭和のお札の伊藤博文や、岩倉具視のお札が入っているような感じ。

でも段蔵が思うような、金額には全く届かない。

取手でとうとうお金が尽きてしまった一行

一方、川に飛び込んだ、一行の人達は、川に流されて、牛久を通り過ぎて藤代まで来てしまった。

鈴木吉之丞(知念侑李)が家老の相馬がいないことに気が付くが、他のみんんなは、家老は泳げないし、などといい、冥福を祈っている。

川に落ちる前に井戸に落ちて、今頃どこにいるんだろう、相馬さん。

とりあえず、藤代から取手にこの一行は向かうことにして、内藤には、飛躍で手紙を送って取手で落ち合うことに。

手紙を受け取った、内藤はみんなの所へ向かおうとするが、お咲きが気になって戻ってみると、内藤をかくまったからと言って、番所に連れていかれる寸前。

颯爽と白馬じゃないけど、馬にまたがった王子様じゃなくてお殿様が、お咲きを連れて逃げてくれた。

逃げてくれたんだけど、行った先には虎之助たち、隠密が待ち構えていて、危機一髪。

いい感じで敵を打ち取りそうだったんだけど、お咲きを人質にとられて、形勢逆転。

そこへ助けに来たのは、お役人、生きて連れて帰れと、命令した人の気がが変わったという。

相手の気が緩んだところで、相手を切ったのは、お役人に化けた段蔵だった。

助けてもらったことや、段蔵が無事に生きていたことを、とっても喜ぶ内藤。

本当は、もらうものもらったから、見捨てて逃げていたんだけど、内藤のお殿様からものすごく感謝されたことで、段蔵もなんか、感動しちゃったみたい。

段蔵の助けもあって、お咲きと段蔵と一緒に取手に向かうことになった。

さて、川に流れついた一行はつり橋で難儀していた、難儀していたのは一番若い吉之丞。

怖くてつり橋が渡れないらしい。

そんな時、後ろから、相馬の幽霊が現われた。

怖いのも忘れて、渡り切っちゃう吉之丞、追いかけてきた幽霊と間違えている相馬を荒木は切ろうとするんだけど、腰に差しているのは偽物の刀。

棒で殴った感じになっちゃったけど、まあ血が出ただけで、相馬は無事。

お殿様は間に合わないけど、自分たちだけでも取手で来たふりをしようと、行列のふりをしてくれる人たちと会うんだけど。

本当は昨日依頼してたので、その割増料金を払えという、でもお金がないから払えない。

押し問答した後、代役の人達は帰っちゃった。

情けは人の為ならず、自分たちに帰ってきた

もう打つ手がないといって、相馬はそこで切腹をしようとする。

けど、持っているのは、偽の刀。

切腹すらできないと言って、泣き崩れる相馬、でもよかったのかも。

ちょうどそこに、大名行列がやってくる、行列の主は、内藤家の本家筋にあたる内藤政樹(甲本雅裕)相馬が事情を話すと、行列が必要ならば、これを使えばいいと言う。

実は、飢饉があった年、困っていた政樹を助けたのは、内藤の殿様だった。

そのお礼だと言って、何とか取手の行列をやりすごしたんだけど、もう時間がない。

江戸まで行って、内藤の殿様を待つことにして、またまた走って、エッサホラサ。

そんな彼らの前に仙台、伊達藩の大名行列。

自分たちより大きな藩の大名の時は、道を譲らなきゃならないんだけど、その行列が通り過ぎるのを待っていたら、時間切れになってしまう。

どうするか考えていたら、吉之丞が転んで、ふんどしが丸出し。

それを見て相馬が思いついたのは、ふんどし姿で走る飛脚、飛躍は大名行列であっても仕事優先なのね。

今も昔もお届け物を運ぶ大切な仕事、感謝、感謝。

ともかく相馬達は、江戸の内藤の妹の琴姫が住むお城に着いたんだけど、予定の時間までに殿様はたどり着くのか。

あとは、祈るだけかな。

いや祈るだけじゃダメだってことで、城の中の家来を全部集めて、また行列作り、永井隊列がゆっくり入ってくる時間を作って、とりあえず到着したと見せかける策にでた。

どこまでも邪魔をする信祝、ずっと助けてくれる段蔵

その頃、内藤は、信祝の差し向けた、忍びの者たちと闘っていた、とことん邪魔するつもりなのだ。

そこにやってきたのは、時間稼ぎの為だった、相馬の率いる大名行列、多勢の忍者たちと、渡り合うには十分な人数。

今度はちゃんと刀だしね。

情けない感じに見えて、なんのなんの、みんなとっても強い。

そして屋根の上では、忍びの中でもさらに強い夜叉丸と段蔵の闘い。

夜叉丸の投げた毒を塗った手裏剣が段蔵の足に当たって万事休すと思ったら、酒浸りの段蔵、そんな毒では効かないらしい。

確かに、麻酔なんかも、お酒をよく飲む人は、麻酔が効きにくい人もいるそうだ。

優勢に戦っていたんだけど、通れないようにと建てられた木の柵の結び目を切りながら、戦っていた秋山が切られてしまう。

秋山は最後の力を振り絞って、自分が柵を壊すことで切り開いた、城への道を通って、早く行ってくれと内藤に言う。

秋山をそこに置いて、みんなは城に向かう。

「死んだらぶっ殺す!!」って言いながら。

ん?死んでいるのにぶっ殺すの?

追手が続かないように、秋山が壊した柵に火をつけて、その前で戦う段蔵。

一行は、鐘の音とともに門はくぐるんだけど、意地悪な信祝に鐘が鳴り終わるまでに到着しなかったって、いわれちゃう。

でもそんな時に、また鐘の音がゴーンと鳴る。

鐘の音は、弓が得意な吉之丞の手柄、弓を鐘に当てて良い音を響かせる。

参勤の人達は、いるけど、内藤の殿様がいないと信祝の悪あがき。

すると、苦手だったはずのかごから、内藤が出てくる。

悪事がバレるも開き直る信祝

金山から、金が出たのに出ていないと偽ったのは本当かと、問われると、差し出したのは黒鉄、形状は似ているが「あわてものの金」といわれる代物で、金ではない。

松平輝貞(石橋蓮司)の前で、そう申し開きをする。

そうして、湯長谷藩には、何にも罪がないのに騒がせた罰を信祝に負わせる。

さらに、隠密を使って、諸藩の利益を横取りして私腹を肥やしていたことも、今回のことが、動かぬ証拠となった。

輝貞から、下がれと言われても、下がらぬと言って弾かない信祝。

人間生まれがすべて、と言って、捨て台詞を残してお付の人と行ってしまう。

そこへ、かごから出て来た、お咲きが、老中首座の輝貞を「同じ人間なのに、こっちを見下しやがる。ふざけんじゃない」と罵倒してしまう。

籠の中で聞いていた、信祝の言葉を、輝貞が言ったと思ったのかな。

周りは焦る、漫画だったら顔色が青ざめるしるしの縦線が入っている状況。

でも、輝貞は、お咲きに「すまなかった」と謝っちゃう。

老中に謝らせちゃったお咲きは、吐きそうと言って座り込んでしまう。

一方、夜叉丸と段蔵の闘いは続いていたが、最後に段蔵が、相手を刺しお堀に落として勝負がつく。

今回の参勤は、吉宗公が、信祝の不正を暴くために行ったものだった。

沢山の隠密に襲われて、いくつかの命が無くなった。

笑い事じゃないと思う。

内藤が言った「心が冷える」というのはこのことだったのかな。

内藤の配下の秋山は、生きていた。

何と琴姫さまが、手当てまでしていて、二人はいいムード。

一緒に参勤したメンバーたちは、悔しがる。

そして連れ帰ってきた、お咲きは、一旦、武家の養女にしてから、側室にした。

そして、段蔵は、みんなの思いの詰まったお金を、お咲きに身受けの費用にしろと言って渡して、どこかに去っていった。

内藤からもらった家宝の小刀を大事そうに持ちながら。

そして、内藤たちは、また参勤しながら、帰っていく。

やる時はちゃんとやるけど、基本はやさしい殿様とそれを支える家来たちの、楽しいお話でした。

おわり。
⇓   ⇓   ⇓  
超高速参勤交代リターンズのあらすじ

映画「超高速!参勤交代」の動画はどこで見れるの?AD

映画「超高速!参勤交代」はフジテレビ公式FODで視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

映画「超高速!参勤交代」を無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

この他にも
ラブホの上野さん(2017年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓  
コードブルー3最終回の超絶あらすじ



[br num="1"]
映画「超高速!参勤交代」を無料で見る!

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

-超高速!参勤交代

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.