わろてんか

わろてんか朝ドラマ動画102話無料パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

朝ドラマ「わろてんか」102話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「わろてんか」の動画は見つかりませんでした。

わろてんかはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

「わろてんか」の相関図キャスト

第18週の相関図キャスト


北村てん(葵わかな)
北村藤吉(松阪桃李)
隼也(南 岐佐)

武井風太(濱田岳)

伊能栞(高橋一生)
藤岡しず(鈴木保奈美)

藤岡ハツ(竹下景子)
藤岡新一(千葉雄大)
藤岡りん(堀田真由)

トキ(徳永えり)
北村啄子(鈴木京香)
秦野リリコ(広瀬アリス)

キース(大野拓朗)
アサリ(前野朋哉)
万丈目吉蔵(藤井隆)
万丈目歌子(枝元萌)
岩さん(岡大介)

喜楽亭文鳥(笹野高史)
亀井庄助(内場勝則)

都(大後寿々花)
あや(鈴木球予)
なつ(畦田ひとみ)
とわ(辻凪子)

朝ドラマ「わろてんか」動画第102話のあらすじネタバレ

突然の隼也の帰還

うまいこと四郎を北村笑店に入れることに成功したチーム・流行歌万歳の面々はリリコと四郎に合わせての準備を始めることにウキウキとしています。

そんな面々に面白くなさそうな顔をしているのは風太です。その時、廊下を歩いていた万丈目が驚きで目を見開き「ボン!」と叫びます。

そして、声をかけたその相手を抱きかかえ、事務所に飛び込んできました。その姿を見た北村笑店の面々は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして、口々にその名前を口にします。

そう、アメリカに留学していた隼也が突然帰ってきたのです。隼也は入り口から順番に「ただいま」と声をかけ、驚きのまま立ち尽くすてんに「ただいま。お母ちゃん。」と笑うのでした。

藤吉の仏壇の前で、無事帰還したこと、藤吉の代わりにアメリカを見てきたことを報告します。てんはアメリカに隼也がアメリカに行っていた2年間、手紙もほとんどよこさないので心配したとぼやきます。

しかし隼也は、それだけ忙しかったのだと笑い、ロックフェラーセンターやブロードウェイなど様々な場所に琢子に連れて行ってもらったと興奮気味に話します。

そして、向こうのショーは何かもがでかく、ダンスも圧巻で、コメディも大人気だと語り、これからは外国の芸能も勉強しなくてはいけない、自分が教えてあげるとてんに話すのでした。

そんな隼也を見て、てんは藤吉の若いころにそっくりだと笑います。それに対して、自分の方がいい男だと、更に笑って隼也は返すのでした。

流行歌万歳の準備に勤しむ北村笑店の面々

北村笑店の事務所でリリコとシローの万歳の準備勤しむ、てんとおトキと楓は隼也の話で盛り上がっています。

藤吉を思い出すという楓に、そこが心配だと笑うてんです。そんな様子を見ていた風太は専務の自分が立派な跡継ぎになれるように仕込むから心配するなと胸を張ります。

てんは風太に仕込んでもらったら安心だと笑いますが、おトキはそんな風太に、頭の固い風太に仕込めるのはナスの漬物位だと苦笑いを浮かべます。

風太は、おトキの方こそぬか床みたいな顔と噛みつきますが、おトキに怒られ、すぐに引っ込むのでした。

その後、事務所にやってきたリリコと四郎も交え、コンビ名を考えているところに、隼也が顔を出します。

アメリカにはミスコンテストというものがあり、アメリカ一の美女を選んで、王冠をかぶせる行事があるということを話し、リリコは日本一のべっぴんさんだから、このミスという言葉を名前にのっけてはどうかと提案します。

そして提案したのが「ミス・リリコアンドシロー」という名前でした。今までにはないタイプの名前に一同は目を輝かせますが、四郎だけは自分の名前の頭には何かつかないのかと隼也に聞きます。
そんな四郎にため息をつきながらリリコは「アン・ドシロー」でいいだろうと言い放つのでした。

次は衣装決めを行う2人です。リリコは大金持ちの令嬢風、女学生風、男装と映画女優をしていたリリコは、大概どれも着こなせてしまいます。

そこへまたまた隼也が口を出し、着物がいいのではと提案します。今の日本は服装から建物から西洋の真似事ばかりであることを指摘し、どんなにドタバタした万歳でも中身は大和撫子であるというミス・リリコのコンセプトを打ち出します。

一方、その頃楓は文芸部でリリコと四郎の台本を書き上げていました。それを校正する万丈目は、楓の台本に万歳の定石とは外れていると、バシバシと書き直してしまいます。

そんな楓の台本を洋食屋マンマンで読みます。そこにはほめてもらえるだろうと思った文芸部部長の万丈目もそっと後ろに座っています。

まずは四郎に音読するよう指示したリリコは、音読する四郎の読み声のあまりのたどたどしさにその訓練が必要だといいます。

そして、台本が面白くないと楓につき返します。台本に目を通したてんも、いつもの楓らしくないと話します。楓は色々思うところもありましたが、万丈目の手が加わっていることは話さず、もう一度書いてみると台本を引き下げます。その後ろでは自分の校正した台本が酷評され、うろたえる万丈目の姿がありました。

反発するミス・リリコ、アン・ドシロー

外では歌子の指導の下、発声練習を行う四郎ですが、なかなか上達はしません。また、楽器と歌を合わせるために四郎は楽譜を書いてきますが、楽譜の読めないリリコとまたも反発してしまいます。

リリコはかっこつけの音楽をやめろと四郎に迫り、思わずアコーディオンの鍵盤に触れてしまいますが、それが四郎の逆鱗に触れ、四郎はリリコを突き飛ばしてしまいます。

そして、四郎はまたも店を飛び出してしまうのでした。それ以来、稽古には姿を現さないリリコと四郎を見て風太は、てんに女社長の道楽はやめろと忠告します。てんはリリコと四郎の件で、伊能に状況の説明とお詫びにいきます。伊能はそんなてんに四郎ならリリコと共鳴しあえるのではないかと思ったという話を始めました。

初めて四郎の演奏を活動写真で聞いた際に、まるでスクリーンと掛け合いをしているように感じたこと、彼自身は無口なのにアコーディオンを奏で始めると音楽で会話をしているように饒舌になるという姿をみて、そう思ったのだと言い、リリコと四郎なら新しい万歳を生み出せると思ったのだが…と話すのでした。

そんな伊能の話を聞いたてんは、藤吉の仏壇の前で自分の力不足を痛感しつつ、女興行師になるなんて無理だったのではと弱音を吐きます。

昔、藤吉からもらった鈴を見つめ、落ち込むてんはおもむろにその鈴を鳴らします。以前、亀井から聞いた、鈴を鳴らしたら藤吉が出てくるかもしれないという話を思い出し、思わずそうしたのでしょう。

もちろん、そんなわけはないと思っているてんの手元から鈴が外れ、転がっていってしまいます。その鈴を拾おうと振り返り、鈴に触れた瞬間、てんの手を優しく包む手が…。そこには、「てん」と優しく微笑む藤吉の姿があるのでした。

朝ドラマ「わろてんか」動画第102話の見どころ感想

リリコとシローの不協和音

音楽には妥協しない程の才能を持つシローですが、ポンポンと何でも言ってしまう性格のリリコとは今一つリズムが合わないようです。新しいものを作ろうとしているところに楓の台本を昔ながらに書き換えてしまう万丈目の存在も足を引っ張っているようにも見えます。

風太、万丈目と言った頭の固い男性陣と今後どう渡り合っていくかも今後の課題になりそうですが。まずはリリコとシローの関係を何とかしなければ。102話の中でリリコは、自分の口の悪さを反省しているところが見られます。相手が心底気に入らないのなら、こんな風には思いません。シローに頑張って欲しいから、でもなんでそれが上手く言えずに傷つけてしまうのか。

リリコの気持ちに少しでもシローに対する期待感があるからこそ、リリコも悩むのだと思います。モーツァルトも不協和音を使った美しい音楽を作っています。不協和音だからこそできる楽しい漫才に期待したいです。

頼もしい隼也と女性への偏見

まず、立派に育った隼也の姿に驚きました。おトキも言っていましたが、可愛い少年だったものが、立派な男前の男性になったなと感じました。

アメリカで得た知識も無駄にせず、しっかりと活かして、てん達にアドバイスをしていて、本当に頼もしく思えました。

それでも、全てが上手くいくわけではなく、壁にぶつかっているてんを見て、心から応援したくなる気持ちになりました。

ストーリー中に何度も出てくる『おなごのくせに』という偏見が、腹が立って仕方がなかったです。全てが上手く言って、男達をギャフンと言わせて欲しいと思っています。

なかなか「四郎」をいかして使えないですね。できるのでしょうか?新しい漫才?

「隼也」がアメリカから帰ってきました。2年たったということです。

「隼也」と「てん」が並んで・・違和感がありすぎです。着物は赤系のままで、全く年を取っていません。

「笑って生きていこう」がコンセプトのドラマかもしれませんが、それはイヤな事、つらい事、哀しいことなどを乗り越えての「笑って生きていこう」なのですから、全く変わりのないヒロインとはいかがなものかと思います。

「流行歌漫才」「女性主導の漫才」目指すところはわかりますが、「四郎」を生かして使って行くまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

漫才台本に手を入れほとんど今までのものと変わりないように変えてしまった「万丈目」ただ守ることしか考えずに怒鳴り散らす「風太」

これから先も、このやり方で引っ張っていくのでしょうか?・・

「藤吉」と「てん」で、大きく成功したところで終わっても良かったのでは・・と、思っています。

シローさんに当たり散らすリリコの本心は?

102話のリリコさんシローさんにいつもきつく当たっているけど何か理由があるのでしょうかね?事あるごとにシローさんに当たり散らすリリコ、がつがつと言った後に後で後悔する可愛い姿を見ると、ひょっとしたら新しい漫才を成功させて藤吉が最後にのこしたお願い、漫才をしないか、そしておてんちゃんと友達になって欲しいをずっと意識していて、藤吉に空の上から褒めてもらいたくて逆にムキになり過ぎてシローさんに当たっていると見ましたがそうでしょうか、伊能様が言う通りリリコとシローさんが共鳴しあって素晴らしい漫才コンビの誕生はもう少し時間が掛かりそうですね

いつまでも、駄目な風太

てんとおトキさんたちが、リリコと四郎を売れるようにするために頑張る姿が、気に食わないのか風太はふて腐れているばかりで、見ていてがっかりです。藤吉が見ていたら、さぞかし情けなくなっただろうと思いました。

また、風太には子どもがいて、大好きなおトキが、子どものようですが、風太に構ってくれなくなってしまった事で拗ねてしまい、駄目な行動をしている事に繋がっていると感じました。てんは風太を伊能の元で、修行をさせて見聞を広げることをさせた方がいいと思いました。風太は、重要な事務職をしているのでしっかりして欲しいです。
⇓  ⇓  ⇓
遠藤憲一の演技力

鈴木保奈美の演技力

葵わかなの演技力

わろてんか全話あらすじ

昼顔のあらすじ・ネタバレ

わろてんかの動画を見る方法は?

「わろてんか」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでわろてんかを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-わろてんか

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.