FOD おすすめのドラマ

功名が辻動画大河ドラマ1話~最終回パンドラ再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)あらすじ・ネタバレ見どころ感想

明日の命が保証されない時代・戦に出る父を見送る千代

1575(天正3年)長篠の戦いで信長軍が見せた鉄砲隊、この時代に3000丁もの鉄砲を使って戦うのは、ヨーロッパでも行われていなかったことだとか。

長篠の闘いは、織田信長(舘ひろし)羽柴秀吉(柄本明)徳川家康(西田敏行)という戦国の有名3人衆と大河ドラマ「功名が辻」の主人公千代(仲間由紀恵)の夫山内一豊(上川隆也)も参戦した戦いであった。

命の取り合いのこの時代、多くの血が戦場に流れた。

夫の帰りを待つ千代は、帰ってきた夫に「ご命の持ち帰りこそ、功名の種にござります」
そう言って笑顔で夫を迎えます。

功名が辻は、のちに土佐24万石の盟主となった山内一豊の妻千代を描いた大河ドラマ。

第1話は、長篠の戦から15年さかのぼり、1560年(永禄3年)琵琶湖の周りの村から始まる。

主人公千代(子役・永井杏)は近江の国浅井領での半農半武士の父の元に生まれ、戦のある時以外は、父・若宮喜助(宅麻伸)と田植えなどをして暮らしていた。

千代の父に仕える六平太(香川照之)は、普段は千代の幼なじみ(ちょっと年齢的に無理を感じるんだけど子役は使わず)たちと楽しく田を守っていた。

そんな時、また父に戦の招集が来た、戦で自分の父を亡くした六平太は、田を守れと言われるが、一緒に行きたいと叫ぶ。

「稲も田も人の命の源なのに」、父の言葉は千代の心に残る言葉になる。

千代の母・とも(木村多江)と千代に、父は出陣前に家を守ってほしいと言い聞かせて出かける。

馬にまたがり、出かけようとした時、六平太も足軽の格好で来て、喜助に怒られながらも馬の口を取ることを許されて、馬を引き戦に出かけて行く。

千代は戦から戻れるかどうかもわからない父を追いかけ、やぐらに上り、父の姿を泣きながら見送っている。

今川義元との闘いの策をめぐらす信長、裏で動く秀吉

今川義元が尾張に攻め込むと言う知らせが入り、塀の数で圧倒的に劣る織田信長は策を考えていた。

信長のそばにいつも控えている羽柴秀吉は、信長の考える様をまだ農民上がりと言う格好でおそばに居る。

馬で駆け出す信長のあとを必死で追う秀吉、山内一豊一行、どこかへ向かっていた処へ信長が馬で通り、あとを追う秀吉の「お館さま」という、声で、祖父江新右衛門(前田吟)五藤吉兵衛(武田鉄矢)は、「信長だ」とつぶやいてしまう。

この声を聞いて、「父の敵」と言って追いかける一豊を何とか引き留めて、山内家にとっても宿敵の大軍、今川とどう戦うか、見てからにしろと言うが、もしも信長が勝つことがあれば、この地の一豊は信長の家臣にならなきゃいけない。

引き留められたことを怒って、新左エ門と吉兵衛にむしった草を投げつける一豊。

あんまりお金もないみたいなこの人達、一豊は、お腹が空いて力が出ない、吉兵衛に「大声を出すから腹が減る」と叱られている。

清州城では、信長を前に柴田勝家(勝野洋)たち4人の家老は、籠城して敵の出方を見てから決めるとか、思い切って打って出るとか、まとまらない。

寝転がっていた信長は3年分の食料を蓄えろと言って起き上がる、籠城かな。

城の中にいるのは男性ばかりじゃなくて、女性も、信長の妻濃姫(和久井映見)、信長の妹お市(大地真央)、二人もまた戦の行方を占っている。

信長に従って運命を任せるという濃姫と、このまま指をくわえて籠城でいいのかと言うお市、お市にはかつて織田の父が、今川に勝った時の事を覚えていた。

その時の合戦を思い出せば、必ず、勝機は見えてくると、濃姫を励ましている。

戦の準備に忙しい家来たちの元に寧々(浅野ゆう子)がやってきた。

まだ戦の行方はわからず、秀吉が何やら張り切っているので、ただの籠城ではないかもしれないと妹やや(真由子)に告げる。

「サル殿の事を姉上はよくわかっている」ってからかうやや、「話が面白いだけって反論する寧々だけど…。(笑)

前野将右衛門(石倉三郎)は蜂須賀小六(高山善廣)たち家来集と秀吉は戦車区について話し合っている。

秀吉が調べたところでは、今川義元はすぐ休憩を取りたがる、だから近隣の休憩しそうなところに、お金を払って、今川義元をもてなしてやれと言って回っている。

用意するのは生魚、酒など、生魚は腐りやすい梅雨時、秀吉の策は、到着する前に弱らせようとしているのかな。

親を殺され逃げてきた千代を介抱してくれた一豊、二人の出会い

その頃、千代の住む村にまで、敵方の兵が攻め込んできていた。

家に火をつけられた千代は、戻ってきた六平太に助けられ、安全なところまで逃げてきた。

そこで六平太から、手渡されたのは、父の形見の髪の毛と、父を撃ち抜いたた鉄砲の弾、母は、髪の毛を胸に抱き、六平太は「お館さまの無念、忘れるなと言って、弾を千代の手に握らせる。

「このままでは、六平太のととさまみたいに、私もかかさまも、植えたばかりの稲もみんな死ぬ!」

そう叫んだ千代を抱きしめる六平太。

「俺も千代も死なぬ!この弾が、千代を守ってくれる、だから死なぬ」

そう言う六平太の言葉のあとに、消え入りそうな母は、千代に「西美濃にいる母の姉の元に行きなさい」そう言う。

「母は、もう動くことは出来ません、西美濃に行ってその土地の人間として生きなさい」

その時、敵兵たちの声が聞こえ、母は最期の力を振り絞り、六平太に千代の事を頼み、父の髪を懐にいれたまま、敵兵たちの前に飛び出し、必死で闘った。

母の体を敵兵の刀が貫いたのを、千代は見てしまった、駆け寄ることもできず、六平太に抱きかかえられるようにして逃げる千代。

それでも追いかけてくる敵兵に、今度は千代を守るために、闘う六平太、敵兵を切ったのだが、そのまま二人、谷に落ちていく。

暗い闇の中を一人歩く千代の前に、怪しげな二人の男が笑いながら近づいてくる。

その男は人買いだった、船に乗せられ、連れていかれそうになった時、信長の家来、蜂須賀小六が、その男たちを見つけ、千代たちを開放してくれたのだけれど、小六たちも敵と思った千代は、川に飛び込み、川下まで泳いで逃げた。

川下にいたのは、腹を空かせて、川で魚を採っていた一豊の一行、怯えて棒を振り回す千代の手を強引に引っ張っていき、擦りむいた足の怪我に薬を塗ってくれた。

一豊は、裸足で逃げてきた千代に自分たちの旅用に持っていたわらじを千代の足につけてやり、坂を下ったところに、「法秀(佐久間良子)と言う尼がいる、わしの母じゃ、山内一豊に聞いたと言って泊めてもらえ」。

千代は、「山内一豊、山内一豊」と、名前を繰り返し憶え、頷いて見せた。

名前を聞かれ「千代」と答えた後に、一豊がそうしてくれたように、地面に棒で自分の名前を書いて見せた。

法秀尼の元に向かって歩き出す千代、吉兵衛や新左エ門も一緒に行こうと言うが、一豊は目標があるようで、それが叶うまではは親には会わないと決めているようだ。

命を預けるのは、惚れた男、信長の闘い方を見てみろ!!

信長の屋敷では、今川の出陣に合わせて鉄砲を用意させ、家来に今川の出陣の日を遅らせるように命じている。

目の前の山紫陽花をみて、信長はつぶやく「この花が咲いたならば」信長は、雨を待っていたのだった。

一豊は千代と別れて、道を歩いていると、信長の家来たちに曲者と思われて囲まれていたが、蜂須賀小六たちと顔見知りであったために、蜂須賀の家で休ませてもらえることとなった。

このドラマ始まってからずっとお腹を空かせているイメージの一豊、ここでも遠慮せずに粥をかき込んでいる。(笑)

ひたすら食べていると、秀吉が「この乱世の世の中、御家存続のためにも、信長に仕えたらどうだ」と話しかけてくるが、「父を殺した信長にだけは、仕える気はない」と言って食べ続けている。

一豊のそんな物言いを「ガキだな」と言う秀吉、吉兵衛は、「なぜ藤吉郎(秀吉の事)「は、信長に仕えているのか」と聞くと、秀吉は。

「惚れたのよ、明日の命もわからない世の中、惚れた相手に命を預けるしかない、父の敵だなんだと、つまらぬことは忘れた方がいい」

そんなことを言う秀吉に、一豊は怒り、刀に手をかけるが、「信長さま意外に天下をとれる男はいない、3万の今川に2千の織田軍が、どう戦うか、しっかり見るがいい!!」

秀吉の言葉に圧倒され、言葉もなく刀をしまう一豊。

法秀尼の所に、着いた千代もまた、食事を食べさせてもらっている。

「そなたがいなかったら、一豊の生死さえ、わからなかった、そなたには感謝している、戦も始まると言うこの時期、一人で美濃に行くのは危ない、落ち着いてからだったら私が送っていく」

千代は、法秀尼のそばに居られることに喜び、「居てもいいのですか」そして、これまで張り詰めた糸が切れたように泣き出す千代に法秀尼は。

「私も焼け落ちる城の中で夫と長男を亡くした、そなたの気持ちは、わかる、ここにいる間は私を母と思うがいい」

「母さま」法秀尼の笑顔に励まされて、食事を続ける千代、織田の家臣の処で遠慮なく食べている一豊とお似合い!(笑)

千代は、それから法秀尼の処で下働きをしながら、心穏やかに暮らしている。

桶狭間の戦いのための織田軍の用意周到な準備

それでも戦火は、病むことのないこの時代、信長の元には、今川が駿府を出発したことが伝えられる、信長は、空を見上げながら、今川の到着するのは、いつかを確認している。

千代は、法秀尼と一緒に布を作りっている、「戦の世でも人は笑い、腹は空く、両親を亡くしたお前も、夫を亡くした私もこうして笑っている、人間はたくましい」そう言った法秀尼に笑顔で「はい」と答え、そして聞く。

「人はなぜ、戦をするのでしょう」

それは、権力者たちの元で、振り回される庶民たちの永遠の謎、喧嘩したら分かり合うまで話し合うか、絶交すればいいだけの事と、思うのはおかしいのかなと、今を生きる私は思ってしまうが。

「人に欲がある限り、戦が絶えることはないであろう、何百年か先に、戦のない時代が来るといいのがけれど。」

法秀尼のその言葉に、「何百年も…」と絶句してしまう千代。

濃姫の膝枕で安らいでいた信長に、今川が近くまで来た事を伝える、家来、信長は、闘い前の心を穏やかにするためか、濃姫の鼓で、踊りだす。

「人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢まぼろしの如くなり、一度生をうけ、滅せぬもののあるべきか」

信長のドラマでよく出てくるので、信長の言葉だと思っている人もいるんだけど、この舞は、平家物語の中の話を歌にしたもの、タイトルは「敦盛」

戦支度を整え、秀吉に空の様子を聞く、信長、星が瞬き、雲一つない空は、信長の望んだ天気ではなかった、しかし信長は。

「わが命、天に預けた」そう言って、戦に向かう。

みんなが馬で走り抜ける中、農民出身の秀吉は、それに送れないように必死で走っている。

沓掛で、待機している今川義元(江守徹)は、家臣から信長の様子を聞くと、清州城の中から出てこないと報告を受けている。

「腰抜けめ」そう笑って酒を飲む義元、そして桶狭間の闘いの日の夜が明けた。

熱田神宮に兵をあつめ、信長は、家臣たちに、「人間一度死んだら二度とは死なぬ、みんなの命俺にくれ」と言って、濃姫が首にかけてくれた数珠をみんなに見せている。

信長の家臣は、信長に惚れて集まったものも多い、命を預け、戦に向かう信長一行。

その頃、今川義元の元には、秀吉が差し向けた、酒、煮物、地域の名産、そして鯉がとどいている。

秀吉の手先が、今川から、「涼しい場所はないか?」と聞かれ、「桶狭間の山が涼しい」と教え、今川はそこまで向い、勝利の前祝いとばかりに、宴を始める。

それを見ているのは、一豊と仲間たち。

信長の元に、今川が、桶狭間山で休息をとっていることが伝わり、信長は、秀吉に「でかしたぞ」そうねぎらう。

そして雨が降りだし、信長の望む合戦の条件が整った。

戦に勝った一豊、戦を嫌う千代

家臣たちには、重い武器は置いて身軽になってついて来いと言う信長、銃を仕入れていたけれど、その銃すら、置いていけと言う。

秀吉は、雨の中、「雨もお館さまに味方している」と喜んで走っている、その様子をしっかりと見ている一豊たち。

新左エ門はこの雨が信長に味方すると言う。

「雨で近づく馬の足音がかき消され、敵の前に気也現われることもできる、戦は兵の数だけではない」

目の前に、信長の姿をとらえた時、一豊は、信長に向かって飛びだして行く、新左エ門たちは、止めようとあとを追うが、まだ若くて元気な一豊に追いつけない。

しかし、一豊は、光の中で輝く信長の姿を見て、いつの間にか信長に加勢し、信長を打ち取ろうと刃を向けた敵の武将を打ち取った。

その時、今川の陣の中では、義元の首を打ち取ったと言う、声が響いていた。

勝負がきまり、織田軍では、有力武将の首をとったものが褒められていた、一豊も信長のすぐ近くにいた武将の首を打ち取ったことで、名前を聞かれる。

「元岩倉織田家、家老山内盛豊が、嫡男、山内一豊にござります」る」そう言ったとたん、ざわつく人々、かまわず続ける一豊。

「父の仇、織田信長さまを討とうとこの一年機会をうかがっていました、桶狭間でも今川勢のあとをつけ、戦場に紛れてあなたさまを討とうとしましたが、軍神摩利支天の様なお姿に、思わずお味方した次第です。」

一豊の告白に、信長は目を剥いて槍を持ち、立ち上がり、一豊の眉間まであと10㎝にまでやりの先を突き付け、こういった。

「その方の槍は短いわ!」と、信長の槍を一豊に放り投げた。

ホッとする、吉兵衛、新左エ門、そして秀吉も肩で息をする。

そしてこの先、一豊と一緒にこの乱世を生きていく千代は、一豊からもらったわらじ、お守り袋に入れた父を撃ち抜いた弾を持ちこうつぶやく。

「戦は嫌い…」その目は、強い決意を秘めていた。

第2話 あらすじ

2話では、一豊が母である、法秀尼の元に帰ってくる。

予告で「またおったのか」、と一豊言われた為か、美濃に向かおうとする千代。

しかし一豊は、「美濃は敵方だ、お前と闘いたくない」そう言って止めますが、千代はききません。

川を挟んで敵味方になってしまった二人、どうなってしまうのでしょうか。

大河ドラマ「功名が辻」の見どころ感想

夫婦関係が学べる

大河ドラマ「功名が辻」は、山内一豊と妻の千代の話です。山内一豊は土佐藩、山内家の祖となった人物です。その一豊を支えたのが妻の千代です。

ドラマ内で一豊は、どちらかというと猪突猛進の武将で不器用な感じの人物として描かれています。

そんな一豊が大名にまで出世できたのも妻の千代の内助の功があってのことだと思います。

ドラマでは千代の内助の功が、功を奏して一豊のターニングポイントになっている場面が何回かあります。

もし一豊の妻が千代でなければ、土佐藩、山内家はなかったかもしれません。

これは幕末の土佐藩士たちにも影響していたと思います。

千代は、陰で夫を支えている良き妻で、ここぞというときに一豊を助けていきます。

いい夫婦関係のお手本のようなドラマでした。

脚本家の大石静さんの挑戦的な作品

あの有名な司馬遼太郎さんの原作で、本を読破するにはかなりの覚悟と時間が必要だと思いますが、大河ドラマなら見るだけなので、少しハードルが下がったかなと思いながら見ていました。

それでも、この数年の大河ドラマの見やすさとは違い、まだ少し難しい、という印象も残ったような大河ドラマだと思います。

出演者は、NHKの大河ドラマらしく豪華なキャスティングですが、主役の仲間由紀恵さんと上川隆也さんにはちょっと地味な印象があり、せっかくの豪華キャストなのだから、脚本家の大石静さんは大河ドラマ初めて担当したとは言え、もう少し違う内容で描けなかったのだろうかとも思います。

回によっては、ゲストとして唐沢寿明さんや、三谷幸喜さんが出演していて、これまでの大河ドラマとは少し違うものへと変わっていっているような感じも受けました。

戦国ホームドラマ功名が辻

近江の国に生まれた千代は、幼少の頃山内一豊と出会う。

一豊はこの頃はまだ、領地の少ない武士に過ぎなかったが、千代と結婚後その内助の功により、名馬を織田信長に見初められ、着実に出世のみちを歩んでいった。

そして迎えた本能寺の変。織田信長は死に、後には豊臣秀吉が台頭するなか、一豊は配下の後藤吉兵衛を失いながらも、功名をあげ秀吉にも認められ、遂に掛川五万石の一国一城の主となる。

ここまでに至る過程には、千代の影ながらの支えが有ったのである。

天下統一後秀吉は死に、関ヶ原の戦いが起こる。

一豊は大いに悩むが、徳川家康を支持し、見事石田三成率いる西軍を破る。

その後、家康より土佐二十万石をもらいうけ、幕末まで続く土佐山内家の礎を作るのであった。

千代は仲間由紀恵、一豊は上川隆也。その他西田敏行、佐佐久間良子、武田鉄矢、若手では玉木宏、長谷川京子などそうそうたるメンバーを揃えた戦国絵巻。

戦国ホームドラマとして大変分かりやすく、比較的司馬遼太郎の原作にも忠実な作品。

ただし以前の大河ドラマ【利家とまつ】の二番煎じ感が強いところが少し残念。

ストーリーが良く演者の演技力が高い大河ドラマ

主役の千代は仲間由紀恵、その夫山内一豊は上川隆也が演じています。

運命の出会いをした千代は一豊と夫婦二人三脚戦国乱世を生きていこうとします。

当時の武士の出世の方法は敵の首をあげること、槍働きのために必死に戦場を駆け巡る夫一豊を支える妻千代。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康とビッグ3に仕える一豊ですが、彼自身は機転が利くタイプではなく妻である千代が夫を支える形で乗り越えていく作品として描かれていました。

山内家という家が中心として描かれているので、家臣との人間ドラマなども理解しやすいのが特徴的です。

千代の人生の中で忘れてはならないのは六平太の存在です。

幼馴染として兄貴分として千代から慕われているのですが、実は千代に思いを寄せている人物として香川照之が見事に演じていました。

妻の周りをウロウロする存在として一豊からは目の敵にされ、それでも裏で何かと山内家のためになるように色々と活動しそして千代に思いを告げて死を選ぶシーンは感動ものでした。

戦国サクセスストーリーです

山内一豊(川上隆也)と妻の千代(仲間由紀恵)が夫婦で力を合わせ、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康という天下人に仕え、本能寺の変や関ヶ原の戦いなどの数々の歴史的な出来事を乗り越ながら土佐20万石の大名になるまでの戦国サクセスストーリーになります。

武力の一豊と知性の千代が協力しながら数々の問題を解決したり、同じ同期の武将たちとの競争や嫉妬といった部分も現代風にわかりやすく話が進むので、時代劇をこれまで見たことがない私も手軽に見ることができました。

また、出演者も浅野よう子や西田敏行など豪華な俳優陣が固め、「利家とまつ」と同じ脚本家ということで、前田利家役に同じ役で唐沢寿明が出演しているのも見どころとなっています。

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)はどこで見れるの?AD

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

大河ドラマ「功名が辻」の動画1話(桶狭間)~最終回49話(永遠の夫婦)を全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しました。

-FOD, おすすめのドラマ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.