FOD 隣の家族は青く見える 動画

深田恭子完全流産隣の家族は青く見えるドラマ五十嵐奈々悲しい

投稿日:

ドラマ「隣りの家族は青く見える」第9話で五十嵐奈々(深田 恭子)が完全流産してしまいました。

妊娠22週未満で、赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいます。

子宮内のものが全て流れてなくなってしまうことを完全流産といいます。

これと逆に一部が子宮内に残る状態を不全流産といいます。

ドラマ「隣りの家族は青く見える」第9話で五十嵐奈々(深田 恭子)が完全流産についてどう思う?

子供だけが人生じゃない

やっと妊娠したのに、流産と言うかたちになってしまい残念でした。

完全流産なので、体に負担は残りませんが、心の傷は消えません。

いい方向に考えたほうが、本人の為です。

母親と子供が両方とも亡くなる、最悪の結果は免れました。

年齢的な焦りや、周りからのプレッシャー、一度流産するとしばらく子供ができない苛立ちなどあります。

子供にこだわることはなく、また作ればいいことです。

子供が出来たから、偉いとは限りません。

子供は期待を裏切る、お金が掛かる、自由な時間がなくなるなど、デメリットだらけです。

深田恭子さんは、家を飛び出してしまいましたが、一人になりたいのでしょう。

無事に帰ってきて、本当の愛を知ることになると思います。

深田恭子さんのせつない演技に涙

深田恭子さんと松山ケンイチさん夫婦は、長かった不妊治療がようやく実を結んで、待望の赤ちゃんを授かることができたと喜んでいたのもつかの間、流産してしまい、とても残念です。

確かに、妊娠初期には流産は珍しくない事例だと思いますが、最終回には深田恭子さんの出産シーンが見たいと思っていたので、これで、そのシーンは見られなくなったかと思うと、本当に残念です。

これまで、深田恭子さんは、自分の感情をできるだけ抑えて、控えめな表現しかしてこなかったと思いますが、さすがに流産となると、そうもいかなかったのだろうと感じました。

病院を受診するのも辛く、声をあげて泣いているシーンは、とてもせつない想いがよく伝わってきました。

最終回は笑顔あふれる幸せな光景を見たい

これほど不妊治療を大きく取り上げるドラマならば「流産」というケースももちろん取り扱うだろうとは思っていましたが……実際にそれが描かれるとやはりショックは大きいですね。

大器から流産の電話を受けた時の聡子のような顔をしながらドラマを見守っていました。

聡子も言葉を失っていましたけど、もう何て声をかけていいのか分かりませんね。

次週で大器や他のコーポラティブハウスのメンバーが奈々に対してどのように接していくのか、とても気になります。

小宮山家の真一郎と深雪もあのまま別れて終わってしまったら悲しすぎますし、ここから皆で助け合って笑顔あふれる最終回にしてほしいですね。

毎週流れていたオープニングでの写真撮影……あんな風な幸せな光景が見られるのを願っています。

とても悲しい結末でした

奈々さんが流産してしまったこと、本当に辛かったです。

心拍が確認できたのでもう大丈夫なのかなと安心して見ていたので悲しかったです。一度妊娠してからの妊娠は妊娠できることが分かっただけでもいいとか、いろんな考え方があると思いますが、母親からしたらお腹にさっきまでいたのにいなくなってしまうというのは、耐え難いものです。まちに待った赤ちゃんだっただけに。

どうして虐待する親などにはポンポンと赤ちゃんが産まれて本当に望んでいる人には赤ちゃんがこないのかととてももどかしいです。

初期の流産は母体は関係ないって言われてるけど、頭では分かっていても母親は自分を責めてしまうものだと思います。赤ちゃんがまたきてくれることを願います。

妊娠は奇跡だと実感した。

奈々が待望の妊娠をし両家でお祝いをしたり、周囲の知人に報告をしたりしましたが、流産をしてしまい夫婦共に着丈に振る舞っていましたが裏ではお互い凄く落ち込んでいる姿に涙が出てきました。

完全流産なので、入院も必要なくすぐに家に帰れる様でしたが、本当に一瞬の出来事なんだなぁと考えさせられ、改めて妊娠の奇跡を実感しました。

流産に伴い大器をパパにしてあげられなかった奈々は申し訳なさを手紙に残して行方を晦ましてしまいます。

小宮山家はお互い離婚を決意し、親権は真一郎が持ち、深雪は働きながら1人で生活をしていく事を話し合い家を売り家に出すことになりました。

来週全ての家族にどのような未来が待っているのか最終回が楽しみです。


⇓   ⇓   ⇓
隣の家族9話あらすじ

-FOD, 隣の家族は青く見える 動画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.