2018夏ドラマ 絶対零度

絶対零度動画フルシーズン1無料7話パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1の動画7話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1動画フル7話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第7話ゲスト

桝山一弘(松尾敏伸)

29歳、IT企業・フューチャーステップス社長、冷徹な経営者だったことから、殺されてしまったとみられている。

横川茂人 (三浦誠己)

フューチャーステップス創立時の社員、桝山の後任社長となる

木戸聡史(野中隆光)

32歳 警備保障会社の警備員、桝山殺しの容疑者としてあげられている。

真野誠一 (大橋智和)

フューチャーステップス創立時の社員だったが、桝山との意見の違いで、桝山に解雇され、移動販売のパン屋として人気者になっていた。

安藤千尋 (近藤里沙)

父親が桝山の骨髄移植のドナーとなったが、交通事故で亡くなったことを作文に書き、作文を読んだ桝山と文通していた。

安藤佐希子 (松元夢子)

千尋の母親

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第7話あらすじネタバレ

未解決事件を解決したが、裁判所で突然無罪を主張する容疑者

桝山一弘(松尾敏伸)は、IT企業・フューチャーステップスの社長、切れ者ではあるが、そのやり方から、悪い噂も出ている、昨年骨髄移植を受けた時のことも金で提供者を買ったと言われている。

2006年のある朝、秘書が社長室に入ると、胸を刺されて死んでいる社長を発見する、犯人は社長を恨んでいる人も多く困難を極め未解決事件となっていたが、有力な目撃情報から特捜班4係がこの事件を担当することになった。

特捜班は木戸聡史(野中隆光)という男を容疑者として逮捕した。

泉(上戸彩)は、白石(中原丈雄)と倉田(杉本哲太)と共にその裁判を傍聴していると、木戸が突然、自分が犯人ではないと言いだした。

更に倉田による、違法な取り調べがあり自白を強要したと言われ、昔から倉田をよく知る白石は、激昂して、傍聴人席から異議を申し立てるが、裁判長から止められてしまう。

更に当時証拠として提出された、社長の腕時計や凶器とされたナイフも、当時木戸は桝山の会社の警備員であったが、桝山とは懇意で、桝山がプレゼントしたものだという。

ナイフからは桝山のDNAが発見されなかったことも、弁護士は指摘するが、それも強力な洗浄液を使ったからだった。

取るに足らないような被害者のこだわりに着目する泉たち

再々捜査が始まり、これまでと違う点は、木戸が桝山と知り合いだったという点、最初の未解決になった時も、4係が担当した時も一緒に飲むような知り合いだとは言わなかった事。

呼び出されたのは秘書であり、第一発見者の吉岡。

桝山は、親のように慕っていた社長のいる会社ですら、乗っ取りを計る男、金以外信用しない、友達もいない、自分より低い身分の者は見下している。

そんな桝山が唯一乗っ取りをあきらめた会社がある、ゆめちゃんという(サンリオのキティちゃんのような)キャラクターの会社。

科捜研でその話をすると、微生物担当の秋山透 (南圭介)がかなり乗ってくる、彼はゆめちゃんファンのユメラーだったのだ。

そして被害者のパソコンには、ある主婦が郵便受けに1000万円を投げ入れられていたという事件のニュースが保存されていた。

骨髄移植の順番すら金で買った疑いのある桝山

現社長で、当時会計主任だった横川は、桝山が、白血病にかかり骨髄移植を受けた話をする、早くに家族を亡くした彼は、順番待ちの必要な骨髄移植を金で買ったといわれるくらい、早く受けることが出来た。

その他気になることを高峰(山口紗弥加)が横川に聞いている横で、塚本(宮迫博之)が飾ってあるツボの取っ手を壊してしまい、適当にごまかしたが、そのツボは1000万円くらいすると言う。

聞き込みを受けている様子から高峰は、横川は何か隠していることがあると、プロファイラーとしての見解を言う、ツボのことがあって、高峰が言う通りの何か隠している人の行動をとる塚本。

つながりは、友情だけではない、何か汚いことを金でやらせる金の繋がりかもしれないと、桝山と木戸の関係を推理する白石。

何か見落としている手掛かりが無いか過去の調書を当たる泉、再調査の責任者であった倉田も今夜は泊まりこんで調べるという、泉も相変わらずここを宿にしている。

昔は繋がりを大切にしてよく笑っていた桝山の過去を調べる泉

朝になって室長(北大路欣也)が二人を心配してやってきた、泉には家賃をもらうと言っているが(笑)

泉は室長に、再調査の時から今回の被害者の桝山の考え方が理解できなかったと言う、「人はそんな単純な者じゃない、目に見えるものだけじゃなく、その奥にあるものを捕まえなければいけない」と今日もありがたい室長のアドバイスを受ける。

泉は家族のいない適合の確率の非常に低いドナーを待つ桝山の気持ちを思いやって見た、彼の持つ資産をもってしても、海外を当たっても見つからないドナー。

その絶望感の中、見つかる桝山のドナー、手術は成功し、それを聞きつけた出版社から自叙伝を書くように言われて、今の会社フューチャーステップスを一緒に立ち上げた、真野誠一 (大橋智和)に聞き込みに行く泉。

桝山に会社を追われ、妻と一緒に移動販売のパン屋をやっている真野は、「1個100円のメロンパンでも楽しみにしている人に出会えるこの仕事に満足している」と殺される1週間前くらいに来た桝山に言ったことを泉は聞きだす。

会社を立ち上げた頃は、早くに親を亡くしたことで、人との繋がりを大切にする奴で良く笑っていたが、上場してから、資金繰りがうまく行かなくなってから変わってしまったと真野は言う。

真野がメロンパンの話をした時、「よかったな」と言って笑ったという桝山、なぜ彼が真野に会いに来たのか、骨髄移植をして、彼の心に変化があったのかもしれない…だから、分かったらまたその理由を伝えに来ると真野に約束して帰る泉。

桝山の古美術品はニセモノの可能性!喜ぶ塚本!

科捜研の大森(北川弘美)は、凶器のナイフを視点を変えて探っている「ナポレオンの時代の物と言われているけど、金属の中の不純物が少なすぎる」と言う事で部屋に飾ってある美術品も贋作の可能性があると言う。

古美術を買ったことにする脱税目的などの線もあり、この商品を売った古美術商を当たることになった4係。

1000万円のツボを壊したかもと悩んでいた塚本は、嬉しそうに、その調査は自分がやると張り切りだした。

その古美術商は小さな店で、お爺さんが趣味でやっているような店なのに店の規模に合わない役員数、別の目的もあるのかもとさらに塚本と倉田で調べることになった。

骨髄移植のドナーの娘とのやり取りで変わろうとしていた桝山

泉は、桝山の会社案内や雑誌のインタビュー記事から彼の心を探る言葉を探している、その中で、桝山が小学生の作文コンクールの審査員をしている記事を見つける。

安藤千尋と言う入選者の一人には父親とほほ笑む顔が、彼女の持ち物にはキャラクターのゆめちゃんがいた。

そしてもう一つ、埼玉のポストに1000万円が振り込まれていた家の名前が安藤と言うのを思い出し、この親子と桝山の関係性について探ることにした泉。

作文には、この少女の父親は3か月前に交通事故で亡くなったけれど、亡くなる前に骨髄移植の提供者となって、誰かを助けていた事が書かれていた。

骨髄移植をした後、骨髄バンクを通じて2回だけ手紙のやり取りができることから、桝山は、この安藤のお父さんが自分への骨髄の提供者であることを知り、作文コンクールの後、偽名を使って千尋と手紙のやり取りをしていた。

桝山は、まずお父さんにお世話になったと言う手紙を添えて、ポストにお金を入れたが、安藤のお母さんは、もらっても困るお金だったので、警察に届けたという事を、書いた千尋からの手紙が桝山に届く。

「この世の中には見返りを求めない100%の善意がこの世の中にはある、そのお金を入れた人は、それがわからなかったんだね」と桝山は手紙に書いた。

桝山と千尋の文通は3ヶ月続いたという、その中で「夢を両手一杯に持っていたのに、いつの間にか夢を忘れて悪いことも沢山する大人になってしまった」と手紙に書いていた。

千尋に届いていた手紙の中で、いい人に変わろうと思うと書いた桝山の想いは、本心だったのだろうと、泉は千尋に告げる。

でも千尋は、「なんでそんな風に変わろうとした人で、お父さんが命を助けた人が殺されなきゃならなかったのだろう」と、哀しい疑問を泉たちに投げかける。

裏組織の中は切り捨て社会

塚本が探っていた古美術商を通じて、違法なお金を、ペーパーカンパニーを通じて、違法なお金をどこかに流すシステムを作っていた事もわかった。

この流れを突き止めるために白石は、捜査二課にお願いして、調べてもらったところ、行きついたところは暴力団、そして容疑者として裁判を受けていた木戸の勤務先の警備会社はこの暴力団の組織の一部だった。

桝山が大和会という暴力団と関係を持ってしまったのは、上場してすぐに資金繰りが苦しくなったころ、投資ファンドが金を貸してくれると聞いて飛びついたら、その後抜けられなくなる暴力団だったという。

現社長の横川もその事は、桝山から聞かされていて、抜け出せない状況の中で働いていたという、そして桝山は死ぬ少し前に大和会と縁を切ると横川に言い、場合によってはこの会社もくれてやると言っていたと、身柄の保護を条件に警察に話した。

この事実を法廷で明らかにされ、木戸は即座に弁護士に切り捨てられた、裁判終了後、どこかに電話をして、逃げ切る手立てを考えている弁護士に倉田は、「警察はどこまでも追いかける、逃げ切れると思うな」と弁護師に言う。

一歩を踏み出す時の想いに戻りたかっただろう桝山

光の中、桝山は見知らぬ子供にお使いを頼んで、真野のワゴンのメロンパンを買ってきてもらった。

メロンパンの美味しさに気が付いた桝山はその気持ちを、大切にしたいと、千尋に手紙を書く、産まれた街に戻って1からやり直すそんな決意も綴っていた。

刺された時、床に落ちた真野との写真を見て、夢がいっぱいだった頃の事を思い出しながら息絶えた桝山。

真野には、桝山のそんな最後に昔の自分に戻れそうだった桝田の思いを泉は伝えに泉は来た、「例え桝山が元に戻っても、元の関係には戻れなかったと思う」と真野は言う。

「まあ…戻りたくても桝山が死んだ今となっては、戻りたくても戻れないですね」と。

「幸せかって聞かれた時、幸せだって答えた時に、笑った桝山の顔を俺は一生忘れられなくなりそうです」そう言って、パン屋の行列に並んでいる客の前に真野は戻っていく。

大きなビルを眺めている泉の横で、あの日の桝山のようにビルを見る青年、その後姿を泉は見送った。

いろんな事件に出会うたびに心に残っていく思い出

真野の店のパンを買って帰ってきた泉は、今回の事件で、桝山の人生を振り返っている。

やってきた室長に、その事を話すと、「桝山という男のいい面も悪い面をひっくるめて、見てきたお前だから、感じる想いだ」と言って話を聞いてくれた。

泉の買って来たメロンパンにかじりつく、室長、「旨い、お前も食べてみろ」と言って自分の部屋に戻る室長。

室長もまた自分の中で消えない事件の事を考えていた。

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」シーズン1第1話~11話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度」シーズン1とシーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.