2018夏ドラマ 絶対零度

絶対零度動画フルシーズン2無料3話パンドラあらすじネタバレデイリーで見れるの?

投稿日:

ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」シーズン2の動画3話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」シーズン2の動画3話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「絶対零度」第1話~11話最終回の動画はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」シーズン2第3話ゲスト

三木悟(水橋研二)

医学部専門予備校講師 医療機関MNPの元の研究員であったが、東海林に研究成果を横取りされ、彼を殴って辞めたという経緯がある。

野田祐二 (内倉憲二)

医療機関MNP創薬研究をしていたが、何かを持ち出し追われ交通事故によって死亡する。

北村正宗 (阪田マサノブ)

医療機関MNP副所長、手柄を独り占めしている所長を面白く思っていない、研究成果をロシアに横流ししようとしていた。

東海林俊哉 (小木茂光)

医療機関MNP所長

横井重彦 (古川伴睦)

パシフィック綜合警備に勤務していたが、野田の事故のあと、急に失踪してしまう。

藤田伸次 (小島康志)

パシフィック綜合警備の主任で、潜入した瀧河にいろいろ教えている。

ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」シーズン2第3話あらすじネタバレ

国家プロジェクトを行うMNPの研究員が交通事故に見せかけて殺された事件

泉(上戸彩)たちは、桐沢駅付近で起きた交通事故について長嶋(北大路欣也)から説明を受けている、被害者は野田祐二 (内倉憲二)、医療機関MNPの研究員、NMPは、世界に向けた新薬の開発期間で、国家プロジェクトになっている。

付近の防犯カメラから、野田は4人の男から追われていたことがわかり、さらに轢かれた後あと、別の男が野田の体に近付いていたのがわかった。

この男はMNPの副所長で北村正宗 (阪田マサノブ)、彼が第一発見者なのだが、防犯カメラ映像では、死んだ野田の体を探っているようにも見える。

さらに野田の体からは、微量に他の人間の血液が検出されたという、事故に合う前まで研究室に居た野田に何があったのか。

MNPは、国家プロジェクトを行っていることも有って、施設内の防犯カメラ映像を提出するのも、その夜残っていたメンバーの名簿すら提出を拒んでいる。

「何か後ろ暗いことがあるのかもしれない」と瀧河(桐谷健太)は言う、NMPは国も絡むプロジェクトをしていることから、うかつに手を出せない、そのため潜入捜査で真実を確かめる、潜入するのは、瀧河と泉。

瀧河と一緒にMNPに侵入することになった泉

瀧河は、MNPを警備するパシフィック綜合警備の職員として潜り込ませることになった、この警備会社は警察OBも多く、面がわれていないもの、そして機材の持ち込みが出来ない事から、暗記力のある瀧河が選ばれた。

一方泉は、MNPで行われる新薬の効果を知るために行われる治験とよばれる実験の被験者として、お金のためにここに来た劇団員の役。

携帯の没収は、想定内だったが化粧ポーチの中まで入念にチェックされる警備体制に驚く泉だったが、顔に出さない。

持ち込んだヘアスプレーに隠しこんでいた無線機を通りすがりに、瀧河に渡す泉だが、装着した二人の電波は、この建物自体のシステムにより、雑音で遮られる状態。

館内を案内されて、ここのシステムに驚く瀧河に先輩警備員は、泉たちの追う事件の被害者がデータを持ち出したことや、それがまだ回収できていない事をペラペラとしゃべる。

瀧河が研究室に行くと、中には追いかけていた男もいた、よろけたふりをして集音機をしかける瀧河。

泉もまた、治験の担当の男の中に、追いかけていた男を見つけ、後をつけると、他の研究員と野田の話をしている。

話を聞いていた泉は、別の研究員に見つかってしまうが、瀧河の機転より、疑いを逃れた。

ロシアの製薬会社と絡んだ情報流出

白石(中原丈雄)と磯村(小林高鹿)は、メイドカフェで、MNP研究員の北村副所長が、ロシア人と何やら取引をしている現場に来る。

ロシア語も堪能な竹林(木村了)は、その会話から、副所長の北村は、手柄を独り占めしている所長の東海林(小木茂光)が気に入らなかったという高峰(山口紗弥加)の読み通りの会話をしているという。

店を出ていく北村の後をつける白石達。

瀧河と泉もMNPの中で情報交換をしている、警備員は機械を持つことが出来ないため、中で仕入れた情報を泉に手渡して、運んでもらっている。

瀧河の情報で、失踪した警備員の行方を長嶋は、探すと言い、泉の治験が終わったことから、滝川は今後は記憶して情報を持ち出すという。

白石たちは、ロシア人の身元をわりだした、ロシアのステファン社で、新薬の開発をしている会社の者だという。

難病指定されているSLEの治療薬のデータを持ち出し、北村もステファン社に採用してもらう話が付いているという。

研究者たちの話では、野田は上に取り入って出世を望む男で、北村と結託して情報を持ち出す話が付いていたのでは、と特殊班では、話し合っている。

次は予備校に潜入誰かをだます捜査に悩む泉

そこへ竹林が、事故現場付近の映像から野田が逃げる直前の映像を発見したという、そこで野田が会っていたのは、三木悟(水橋研二)【野田と大学の同期で親友、北村に誘われて二人でMNPに入所するが、3年前に辞めて現在は医学部専門予備校講師】

今度は、この三木を探るために泉は予備校生として潜入することになった。

泉は潜入捜査で、人に嘘をついて捜査する方法に抵抗を感じていた、その事を長嶋に聞くと、「目的はだます事じゃない、(事件解決のために)だます相手に誠意を尽くすことだ」そう言って、部屋を出ていく。

三木の授業は、やる気のないものの集まりで、三木も適当に流して授業をしている、泉は野田と三木の母校を目指している生徒の役で、三木に近付き野田の情報を聞き出そうとしたが、「あいつは最低の奴だ」と、三木は言う。

殺された野田は、ガン病棟の子供達を定期的に見舞っていた

白石と磯村も帰宅する三木を追っているが、自分たちの他にも三木を尾行していることに気が付く、それがどこから派遣されているものなのかは、現時点ではわからない。

研究員たちの会話に野田が関東医大のガン病棟で野田を何度も見かけた人が居ると、言う会話を集音機から確認した瀧河がその報告をしていると、白石が捜査一課にいる深沢に頼んでいた人探しの結果をもってやってくる。

白石が頼んでいたのは、野田の事故の跡に消えた警備員の行方、あの事件の後家にも帰らず、行方不明、さらに、野田が死んだとき微量についていた他人の血痕が、この横井の物であることもわかった。

この結果をもって、再度MNPに捜査に入らせてほしいと願い出る長嶋、けれど所長の東海林は、設立して10年経つのに、未だ芳しい研究成果が出せてない、今研究している新薬でやっと結果が出せるかどうかのところなので、と言って協力を拒む。

今度は磯村と泉は、野田が通っていたという関東医大のガン病棟に行くと、野田はここに入院している子供達に会いに行っていたという。

その理由がわからないと話しているところに、MNPの潜入からの帰り道の瀧河から「東海林が、野田が持ち出した情報の回収が出来なくて焦っているという。

北村・ロシア人のあいだにも動きがないことから、予備校の三木が持つ可能性を考え、泉がまた動くことになった。

感情を押し殺す事の出来ない泉の失敗

三木の行きつけの居酒屋で、隣に座る泉、三木は何かに悩んで酔いつぶれていた。

介抱しようと、手を差し伸べた泉に、「お前は何で、医療関係に生きたいんだ」と聞く三木に「人を助けたいから」と刑事になった理由を言う泉。

すると三木は、「俺も野田もそうだった、だけど野田はMNPに入って変わっちまった、前は注射を怖がる子供達に折り紙を折って元気づけていたのに」と過去の事を話し始めた。

そして野田が死ぬ直前、偶然に出会った野田は、何かを話したい様子だったが、三木は彼に背を向けた、その時に野田は、三木の鞄に何かを入れたのだった。

死んだ野田の悪口を言い始めた三木に、「死んだ人の悪口を言うなんて」と言って暴走し始めた泉に、見守っていた瀧河と白石は、飲み物を運ぶ店員にぶつかるふりをして三木に水をかけ、そのすきに三木の鞄を調べるという方法を取った。

三木の鞄の中から見つかったのは、煙草、普段煙草を吸わない三木、中身を調べるとデータを入れたUSBメモリーが見つかった。

関係者をだますのは真実を見つけるため

警察に戻り、瀧河から注意を受ける泉は「中途半端な優しさが、こういう結果を生む」といい、三木が何故MNPを辞めたかを教えてくれた。

三木の書いた論文を、所長の東海林が自分の物として発表し、怒った三木が東海林を殴ったことが原因、その時野田は三木をかばうことなく、そのままMNPに残った、三木が野田に対する感情は屈折した悲しみだという。

「関係者をだますのは、真実を見つけるため、冷静さを失ってミスを犯せば、俺たちの捜査はただの嘘になる」

泉は、潜入捜査で、嘘をつく意味を考えていた。

MNPの新薬は発がん性の可能性がある!

竹林はUSBメモリーの中の情報を確認するも、意味の分からないものだけだった。

小児病棟のガン患者探っていた磯村は、そこにいた子供たちが、SLEの治験に参加していたという事実を見つけてきた。

それはMNPが、もうすぐ発表する新薬の治験の事だったが、関東医大の医師たちは、治験を受けた子供達にこれほど多くガン患者が発症するのはおかしいと考えている。

発がん性のある新薬のデータを野田が持ち出した理由は、告発だったのではないか、テレビ局も入る記者発表に潜入する特殊班。

トイレで非常ベルを鳴らす事を泉がして、その間に、瀧河は、研究者の特別な部屋に入り、データを盗み出す。

非常ベルを鳴らした泉は、隠れるために倉庫に入る、出てきた泉は、瀧河からデータをもらい、署に戻って竹林に、データ解析をしてもらうと、データ改ざんの証拠があった。

野田と三木「いのちを救うと」誓った日

長嶋は野田とMNPにいた三木に協力を求めるが、「野田が数ヶ月かけて作った物を俺が解読できるわけがない」そう言ってまた酒を飲みに出かけた。

予備校生に扮した泉は、倉庫に置かれていた、野田と三木が一緒に賞をもらった時の盾を持ってきて、野田のメッセージだと言って三木の元に置いていく。

「俺たちなら世界中の命を救える」そのメッセージは実は大学を卒業してMNPに入る時に幹が書いたものだが、それをずっと大事に持っていた野田の話を聞いて、三木は長嶋に協力することを決めた。

長嶋と捜査一課の深沢は、MNPの東海林の所にその話をしに行くが、「副作用の可能性はわずか1割程度、患者は6割の成功を求めて、この薬を飲む」と言って、新薬の危険性を認めようとしない。

そんな東海林に長嶋は、殺人の逮捕令状を差し出す。

結果を焦るばかりに東海林は2人の命を奪ってしまった

あの日、新薬の発がん性を小児科で見てきた野田は、新薬の発表を止めようとして、データの持ち出しをしようとしていた、それを止めようと野田を殺そうとていた現場を警備員に見つかり、彼を払いのけた時、彼は打ちどころが悪く死んでしまった。

その罪を隠すために、野田が死んだ夜に東海林の動き、警備員の遺体を山中に埋めるための車の動きのデータを確認したこと、山中で、遺体を発見したことを長嶋が伝えたことで、東海林は観念する。

この事件は公安警察も追っていて、北村副所長や三木を尾行していたのも彼らだったという。

三木は、野田の意志を継いで、研究者としての道を新たに歩み始めた、その知らせを長嶋から聞いて、笑顔になる泉。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン1第1話~11話最終回の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン1第1話~11話最終回はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で1か月間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2018年11月30日まで)
コードブルー123全話(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
韓国ドラマ「シグナル」(2022年10月16日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ


⇓   ⇓   ⇓
昼顔ドラマ全話あらすじネタバレ

『ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」』(2019年4月15日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン1とシーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-2018夏ドラマ, 絶対零度

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.