コウノドリ

コウノドリ2ドラマ動画第8話無料続編pandora再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「コウノドリ2」動画続編第8話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「コウノドリ2」続編のキャスト


鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)

白川 領(坂口健太郎)
大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)

四宮春樹(星野 源)
今橋貴之(大森南朋)
赤西吾郎(宮沢氷魚)

荻島勝秀(佐々木蔵之介)
倉崎恵美(松本若菜)

ドラマ「コウノドリ2」続編8話のゲスト

新井恵美(山口紗弥加)

山口紗弥加(ヤマグチサヤカ)

生年月日:1980年2月14日 (37歳)
出身地:福岡県福岡市
身長:158 cm

女優・タレント
FLaMme所属

堀越高等学校卒業

新井恵美(山口紗弥加)の役


1年半前にペルソナ総合医療センターの新生児科でバーンアウト(燃え尽き症候群のこと。心 因性(反応性)鬱病の一種で、仕事などに没頭してきた人が意欲を失う現象)してしまった医者。

現在は講談医大の新生児科で働いている。

四宮晃志郎(塩見三省)


塩見三省(シオミサンセイ)

生年月日:1948年1月12日 (69歳)
出身地:京都府
身長:177 cm
俳優
本名同じ
同志社大学卒業

アン・ヌフ所属。

身長177cm、体重72kg。

塩見三省(シオミサンセイ)の役

四宮の父。石川県能登の病院で産科医をしている。

自分がステージⅣの肺がんだと知りながらも、町のお産を守っていこうとする心優しい医師。

風間真帆 (芦名 星)

#芦名星

charming girlsさん(@asiansexygal)がシェアした投稿 -


芦名星(アシナセイ)

生年月日:1983年11月22日 (34歳)
身長:165 cm
女優、元女性ファッションモデル
本名、五十嵐 彩
福島県郡山市出身
ホリプロ所属
日出女子学園高校卒業

風間真帆 (芦名 星)の役

新生児遷延性肺高血圧の疑いでNICUに赤ちゃんを預けている母親。

風間陽介(高橋 努)


高橋努(タカハシツトム)

生年月日:1978年8月23日 (39歳)
出身地:大田区
俳優
東京都出身
国士舘大学卒業

身長182cm、トライストーン・エンタテイメント所属

風間陽介(高橋 努)の役

真帆の夫

谷内夏実(相楽 樹)


相楽樹(サガライツキ)
画像
生年月日:1995年3月4日 (22歳)
出身地:埼玉県
身長:162 cm

女優
イトーカンパニー所属

谷内夏実(相楽 樹)の役

四宮の妹。石川県能登で小学校の教師をしている。

ドラマ「コウノドリ2」続編8話のあらすじネタバレ


四宮先生がサクラにペルソナを辞めるか悩んでいることを告白する。

ペルソナでは白川先生が誤診をしてしまう

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名 星)。

吸引分娩とは、お産で赤ちゃんがなかなか出てこない場合に、シリコンもしくは金属製の吸引カップを赤ちゃんの頭につけて、吸引圧をかけて体全体を引っ張り出す分娩方法です。

サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。

最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。

しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。

7話でも、看護師にきつく説教をしていた。それを見た今橋(大森南朋)は大人の対応でそれとなく、白河に言ったが、やはりプライドがめちゃくちゃ高い白川は自分は、あなたと違いもっと凄いので、大丈夫ばりに、その話をあっさり流した。

そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。

どうやら、誤診をして、赤ちゃんに重大な障害を与えてしまうようだ。


そして、白川先生は小児科病棟で勉強するためにペルソナを辞めることを宣言する。

でも、その病院がみつかるまでは、ペルソナにいるらしい。

四宮の妹から突然電話がきて、父親倒れたそうだ!

ある日、四宮(星野 源)の妹の夏実(相楽 樹)から四宮の実家がある石川県の能登の町で、唯一の産科医として働いている四宮の父(塩見三省)が倒れたという連絡が来る。

急遽地元に帰ることになる四宮。

しかし、能登に帰り父親の働いている病院にいくと、なんと父親はいつもどうり働いていた。

なんで、妹のいたづらかと思いきや、父親が働いている病院の院長に言われる「あなたの父親はステージ4の癌だ!」

いますぐに、治療をしないとまずい状況だが、田舎でかわりの医者がいない。

四宮が入院をすすめるが、自分が入院すると妊婦がとなり街まで行かないといけなくなるので、入院をこばむ父親。

そして、いったん四宮はペルソナに帰る。

しかし、また妹から電話があり、また父親が倒れたと言われた。

これで8話は終了!

ドラマ「コウノドリ2」続編8話の見どころ期待

変わってしまった白川先生に注目

自信過剰になってきている雰囲気の白川先生が、8話では妊婦さん夫婦に配慮のない発言をしてしまうようですね。

白川先生は学会での発表がうまくいったのがきっかけで、自信をつけたのでしょうか。口唇口蓋裂で生まれる赤ちゃんはわりと多いと聞いたことがあります。

手術をすればきれいに治るらしいですが、お腹の赤ちゃんに問題があると聞けば妊婦さんにとってはショックですよね。

妊婦さんが安心できるような説明をしてほしいところですが、白川先生はどんな態度をとったのでしょうね。

初心に戻って謙虚な気持ちで赤ちゃんや家族に向かい合うようになるでしょうか。

そのほかに鴻鳥先生が以前受け持った妊婦さんが再びお産のためにやってくるようです。

以前のお産は問題があったようなのですが、どんなことがあったのか気になります。

白川の成長した姿に期待

8話はどうやら白川がメインに描かれるようですので、白川絡みのエピソードに注目をしたいと思います。

白川は、医者としての情熱はとてもあるように感じますから、医者としては非常に好感が持てます。

ただ、8話ではその情熱が若い故に周りが見えていない部分があるといった方向へ向かっていくのではないかと予想しています。

それが原因で、白川は大きなミスをしてしまうのではないでしょうか。

そして、ミスをしてしまった現実を受け止められず、必要以上に自分自身を責めてしまうのではないかという気もします。

そこで、そんな白川を今橋やコウノドリ先生が全力で支えていくのではないかと思いますし、そんな展開になることを期待しています。

そして、8話でのラストは更に成長した白川の笑顔が見たいです。

白川先生の今後と四宮先生の決断

第7話で、白川先生の言動が気になった今橋先生。

白川先生を呼び出し、話をします。

過去に起こした自分の失敗談を話そうとするが、白川先生は聞こうとしませんでした。

周りからの信頼もついてきて、精力的に動いている白川先生ですが、ある赤ちゃんの処置でミスをしてしまいます。

赤ちゃんの両親にも不信感を与えてしまい、白川先生の今後を左右する重大なことに。

果たしてどうなってしまうのでしょうか。

四宮先生の元に訪れた男性たち。

コウノトリ先生に相談しようと、BABYの演奏を聞きに行った四宮先生。

信頼しているコウノトリ先生に相談とは、重大なことに違いありません。

きっと背中を押してくれることでしょう。

そんな中、四宮の妹から連絡が入り、急遽石川に戻ることになるのだが、どんな展開になってしまうのでしょう。

白川先生の診断ミス

第8話は、経験も積んで仕事に自信のついてきた白川先生の診断ミスにより、手術をすることになる赤ちゃん。

さくらと白川先生と今川先生で両親の元に行くと、白川先生に対して医療ミスだと激しく非難する。

そのことがきっかけで両親がペルソナでの手術を拒否したことから、赤ちゃんは転院となってしまう。

転院先まで赤ちゃんに付き添った白川先生だったが、転院先の病院での対応に白川先生は医師としての自信を失ってしまう。

その一方で、違う病院からのスカウトの話がきた四宮先生は、さくらに相談するが自分で決めるべきだと言われてしまう。

四宮先生がどんな決断をするか見どころですが、白川先生が医師を辞めたくなるぐらい自信を失ってしまうかもしれないので、下屋先生の時のこともあるので、白川先生がまた心を入れ替えて新生児科で頑張ってくれることを期待します。

コウノドリ8話の見どころは白川の暴走

自信がつくと周りが見えなくなる、なんとなくどの職種にもありうることだと思います。

8話では、今橋の忠告を聞かずに勤務を続ける白川に何か起こるようです。

大ごとにならないといいのですが。そして、四宮先生にも大変なことが起こります。妹さんからの連絡が来て、父親が倒れたという連絡を受けます。

四宮は実家に戻ることになるのですが、実家を継ぐのでしょうか。こちらも気になります。

下屋も救命で奮闘しています。白川と下屋の切磋琢磨する姿は、胸を熱くさせてくれます。

白川は、医者としての試練を乗り越えれるのか、四宮はペルソナを去ってしまうのか、それぞれが気になります。

周囲が見えなくなる坂口健太郎さん

第7話では、坂口健太郎さんが、看護師に対して、きつい口調で注意をしている様子を見て、大森南朋さんが心配して、気をつけるように言っていましたが、第8話では、その大森南朋さんの心配が現実のこととなって、失敗してしまうようです。

だんだん仕事に慣れてきて、もっと上を目指したいとか、患者さんのために役に立ちたいという思いが強くなり、ついその想いだけで動いてしまうことがあり、普段なら、失敗しないことも見落としてしまったり、先入観だけで動いてしまうことがあるのではないかと思います。

松岡茉優さんと、お互いのことを話したりして、励ましあって、頑張っていければ良いなど思います。何事も経験が大事だとは思いますが、患者さんのことを一番に考えられる医師になる通過点かなと思います。

白川に起こる重大な出来事とは?そして四宮の父親が倒れ急遽実家に

8話では下屋がいなくなったことでより責任を持たなければと考える白川が空回りしてしまいそうです。

吸引分娩での出産を抱える風間真帆(芦名星)を白川が担当することとなり、難しい処置が求められます。

今回の吸引分娩でも経験を積み、上を目指すべきと下屋に熱く語る白川ですが、今橋はそんな白川が周りが見えなくなっていると心配します。

そんな時に白川に重大な出来事が起こってしまうようです。

この吸引分娩での対処についての事なのでしょうか。

気負いすぎている白川にサクラや四宮はどう手を差し伸べるのか気になりますね。

白川が自分を見つめ直してくれると良いのですが。

そして四宮の実家にいる父親が倒れたという連絡が来てしまいます。

町で唯一の産科医だという父親を四宮は助けに行くのですが、果たしてもう一度ペルソナに帰ってこれるのでしょうか。

四宮がどういう決断をするのか注目ですね。

次回も見どころの多い回になりそうです。

ドラマ「コウノドリ2」続編8話の見どころ感想気になったこと

先生達の、進むべき道は?

サクラ先生の秘密も、四宮先生の秘密も、それぞれに、わかっていたのに、知らないふりをしていたところは、なんだか素敵でした。

四宮先生にとって、分かれ道、研究に専念するか、病院に残るか。病院、辞めないでほしいですが。

そんなときに、お父さん倒れたりでしたが、四宮先生のお父さんの、産婦人科医としての心情、とても素晴らしいものですよね。

一方、白川先生は、頼りになりそうなのに、なんだか、とても不安な予感がしてしまいました。それは、的中でした。

赤ちゃんの命を左右するものでした。今橋先生の、白川先生に対する一喝、響きました。経験を積むほどに、慎重に、丁寧でなければならないのですね。

そして、白川先生の新たなる決断。応援したいですね。今週は、それぞれが、進むべき道を選んでいくという深いものでした。ほんとに、これで良いという将来は、難しいですね。

それぞれが選ぶべき道

鴻鳥先生と四宮先生の関係が本当に素敵です。

お互い信頼し合っていざという時に背中を押してくれる仲間がいるのは幸せなことだと思います。

四宮先生が父親に言った、「じゃあ生きろよ」という言葉には考えさせられました。

田舎も都会も医師不足でオーバーワークにより医師の健康が損なわれるのは医師にも患者にも深刻な問題だと思います。

医師として自信を持ち始めた白川先生が診断を誤り、逃げそうになった時にいつもとは違う強い口調で白川先生に逃げるなと言った今橋先生は本当に良い上司であり医者です。

そして久しぶりに会った新井先生の話を聞いた白川先生が元気を取り戻し、風間さん夫婦に謝罪をし涙したシーンは切なくなりまた。白川先生がペルソナを辞めてしまうのは残念ですが、先を目指して頑張って欲しいです。

天狗の白川医師、地に堕ちる

白川先生の単独プレーが最近目につきます。研修医の赤西先生に「足引っ張るなよ。」と言ったり、今橋先生に自分がいるから大丈夫と言ってみたり、しまいには患者さんに「僕は腕がいい医者です。」みたいにアピールしたり、どれだけ自分に酔っているのだろうと思いました。

患者さんの赤ちゃんがなかなか病状が良くならない中、赤西先生が「別な病気を疑った方がいいんじゃないですか?」と言ったのにも関わらず「大丈夫だ。」の一点張りで聞く耳も持たず、赤西先生の言った通り別の病状で、医者として失格だと思いました。

そんなに自分の名誉がすごいとか自分が医者の中で1番とか天狗になっているのであれば、開業すればいいのにと思ってしまいました。

「先を目指す」ということ

8話は白川が医療ミスを犯してしまうというエピソードでした。

前回も今橋が白川の過信を危惧していましたが、こういう伏線だったんですね。

特に自分に自信を持っていた分野だったので、徹底的に打ちのめされてしまいました。

でもそのことで白川はペルソナを辞め新しい道に進むという決断をすることが出来ました。

「上を目指すのでは無く先を目指したい」という言葉が印象的でしたね。

自分の目指す所は上では無く患者と同じ目線にあることだという想いは、白川をきっと成長させてくれると思います。

そしてもう一つ四宮の父親が倒れるというエピソードも描かれました。

町に1つの産科医である父・晃志郎は自分が倒れれば受け持つ妊婦が隣町まで行かせることになると懸念しています。

四宮としてはだからこそ今は静養すべきだという考えと、父親との考えの相違に苛立ちがあるのだと思います。

四宮はペルソナを辞めてしまうのでしょうか。

次回の四宮の判断に注目したいと思います。

医者としてそれぞれ頑張ってる

四宮先生は、やはりツボミちゃんの事で色々悩んでたんだなと思いました。だから研究を続けてたのかなと思いました。

そんな中の父親が倒れステージ4。いろんな葛藤が出てきたと思います。田舎には医師が少なく1人いなくなれば大きな問題にも繋がるのだと思いました。

そして、白川先生の辛い思いが沢山出てきた回でした。自信満々の白川先生だったから、凄く辛かっただろうなと思いました。

久しぶりの新井先生登場。白川先生は助けられたと思います。白川先生はまだまだこれからだと思うので頑張って欲しいの一言です。

鴻鳥先生は何でもお見通しなんだな、本当凄い先生だなと思いました。

医者には乗り越えなきゃいけない試練が必ずあるのだろうと思いますが、それでも助けたい気持ちが勝って頑張っているんだと、悔しい気持ちと戦いながら向き合ってる姿はかっこいいです。

チームの絆と協力性の強さ

今回、白川先生のミスと辞める衝撃、四宮先生の親子の話しなど、気になるところは多々ありましたが、一番印象に残ったのが、ペルソナメンバーの絆の強さです。

冒頭で四宮先生とコウノトリ先生が話すシーンでは、真面目な話しもしつつ、もし結婚式をしたら…と例え話でお互いが場を和ませているところが仲の良さを引き出していました。

また、コウノトリ先生が、産科のメンバーに四宮先生の急遽の休みを伝えたところでは、コウノトリ先生が指示をする前に、『代わりに外来に入ります』『フォローします』などと自らの役割を皆分かっていて、言葉にせずとも伝わるといった様子が見られました。

メンバーそれぞれの絆が強いからこそ見られたシーンだと思っています。

コウノドリ8話の感想

コウノドリ8話の感想は、それぞれの医師としての進むべき道しるべがとても感動的でした。

だれも働き出して、自分でいろいろなことができるようになると一人前になったような気になります。

白川先生は、医師としての立派に仕事をこなして自分に自信をつけてきましたが、今回、発見しにくい病気に気づくことができませんでした。

赤ちゃんの親にとっては、そんなことは関係なく医療ミスだと怒鳴っていましたがそれも気持ち的にわかります。

この経験を踏まえて、新たなステップを踏むためにペルソナを去ります。白川先生が見れないのは寂しです。

なにやら、四宮先生もお父さんが倒れたので実家の病院を手伝いそうな気配ですよね。それぞれの医者としての道しるべがとても感動的でした。


⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ1話のあらすじ
コウノドリ2話のあらすじ
コウノドリ3話のあらすじ
コウノドリ4話のあらすじ
コウノドリ5話のあらすじ
コウノドリ6話のあらすじ
コウノドリ7話のあらすじ
コウノドリ8話のあらすじ
コウノドリ9話のあらすじ
コウノドリ最終話のあらすじ

コウノドリ2第1話のあらすじ
コウノドリ2第2話のあらすじ
コウノドリ2第3話のあらすじ
コウノドリ2第4話のあらすじ
コウノドリ2第5話のあらすじ
コウノドリ2第6話のあらすじ
コウノドリ2第7話のあらすじ

コウノドリ2第9話のあらすじ
コウノドリ2第10話のあらすじ

-コウノドリ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.