コウノドリ

コウノドリ2ドラマ動画第5話無料続編pandora再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「コウノドリ2」動画続編第5話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「コウノドリ2」続編のキャスト


鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)

白川 領(坂口健太郎)
大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)

四宮春樹(星野 源)
今橋貴之(大森南朋)
赤西吾郎(宮沢氷魚)

荻島勝秀(佐々木蔵之介)
倉崎恵美(松本若菜)

ドラマ「コウノドリ2」続編第5話のゲスト

西山瑞希(篠原 ゆき子)

篠原ゆき子(シノハラユキコ)

生年月日:1981年1月21日 (36歳)
出身地:神奈川県
身長:161 cm
映画:共喰い、湯を沸かすほどの熱い愛
女優、タレント
本名および旧芸名、篠原 友希子
テアトル・ド・ポッシュ所属

西山瑞希(篠原 ゆき子)の役

切迫早産(せっぱくそうざん)「妊娠22週から36週までに子宮収縮・出血・子宮口の開大などがみられ、早産に至る危険性が高い状態」で入院することになった27週の妊婦

夫婦で洋菓子店を経営している。

突然の入院生活は不安だったが、同室で同じ境遇の七村ひかると友情が芽生える。

西山寛太(深水 元基)

深水元基(フカミモトキ)

生年月日:1980年1月20日 (37歳)
出身地:東京都
身長:187 cm
俳優、モデル、デザイナー
東京都出身
身長187cm、血液型はAB型
Breath所属。

西山寛太(深水 元基)の役

一緒に洋菓子店を経営している瑞希の夫。

ガタイが良く強面で無口。殺し屋の風貌で皆を怖がらせるが、作るプリンは絶品!

七村ひかる(矢沢 心)

生年月日:1981年3月16日 (36歳)
出身地:東京都
配偶者:魔裟斗 (2007年〜)
身長:160 cm
女優、タレント
本名、小林 心
矢沢姓は旧姓
東京都西東京市出身
千葉県立船橋法典高等学校卒業
ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属
夫はK-1選手の魔裟斗

七村ひかる(矢沢 心)の役

6歳の娘と4歳の息子がいる、切迫早産で入院した30週の妊婦。

同室に入院してきた瑞希を励ましながら、友情を育んできた。

子だくさんの母らしく、豪快で明るい性格。

七村 保(平原 テツ)

1978年4月25日生まれ
身長:180cm 体重:73kg.

七村 保(平原 テツ)の役

ひかるの夫。

入院しているひかるに代わってやんちゃな子どもをみている。

出勤前には病院に立ち寄るなど、3人目の出産ということもあり、家事も率先してやっている。

大松美代子(井上依吏子)

元宝塚歌劇団花組の娘役
旧芸名は華月由舞
東京都
桐朋女子高等学校出身
身長163cm

大松美代子(井上依吏子)の役

NICUでケアされている下屋が担当した超低出生体重児・翔太のママ。

動脈管開存症の合併を起こしており、新生児科が手術を持ちかけている。

大松憲次郎(矢島弘一)

生年月日:1975年8月26日 (42歳)

脚本家、演出家、俳優
東京都千代田区出身
劇団東京マハロ主宰
エイジグローバルネットワークス所属

大松憲次郎(矢島弘一)の役

超低出生体重児・翔太のパパ。

今橋から動脈管開存症の手術を持ちかけられたが、断った。

下屋から緊急カイザーで出産させられたことを納得できないでいる

ドラマ「コウノドリ2」続編第5話のあらすじネタバレ


1次の妊婦、西山瑞希は急遽入院することに

ペルソナの鴻鳥サクラの元へと妊娠27週の妊婦、西山瑞希が診察のためにやってくる。

診断の結果、なんと切迫早産の可能性があると判明し、そのまま急遽入院することに。

同じくペルソナで、切迫早産で入院している妊婦、七村ひかるの病室に瑞希も入院することに。

同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなる。

西山瑞希の赤ちゃんが胎内死産してしまう

そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が起こる。

それは、胎内死産してしまったのだ。

いままで順調だったのに、いきなり、死んでしまった。

サクラが赤ちゃんの定期検診のためいエコーをとるが、心拍がなかった。

確認のために四宮にもエコーで確認してもらうが、心拍はなく死産が確定した。

サクラは素直に西山瑞希に謝る。

西山さん一家が退院するのを見をくる

早期の手術が必要な赤ちゃんに、手術をしないということを決める両親

白川領が見ているベビーは下屋加江が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児。

この子には早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋貴之に手術をしないということを告げる。

赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋はある行動を起こす。

下屋は悩んだ末に、夫婦に手紙を送る。

そして、その手紙を読んだ夫婦はようやく納得して、手術を受けることを決意した。

ドラマ「コウノドリ2」続編第5話の見どころ期待

患者と医者の意思の疎通

第5話は、切迫早産の可能性のある二人の妊婦と、緊急帝王切開手術で出産をしたことに納得のいかない夫婦の話です。

切迫早産の可能性のある二人の妊婦は、一人は予期せぬ事態がおこるようなので、どちらかが元気な赤ちゃんを産むのが難しくなると思います。

一人でも元気な赤ちゃんを産んでくれることを期待します。

緊急帝王切開手術で出産したことに納得のいかない夫婦は、手術が必要な赤ちゃんの手術を受け入れることが出来ません。

手術を拒否する夫婦をどう説得するのか見どころです。

出産の現場でも予測出来ない事態に遭遇してしまう患者さんは絶対出てくるので、そういう患者さんのケアや、医者が患者に向き合うことの難しさが描かれると思うので、あまり綺麗事になりすぎないことを期待します。

5話での憩いの場面

出産は何が起こるかわからない

仲のいい妊婦同士で一緒に出産する約束をしていたのに、片方の妊婦が死産になった時もう1人の妊婦さんはどんな顔して会えばいいのか悩むと思います。

また、死産になってしまったお母さんは赤ちゃんを見るたびに辛くなる事が想像できたので涙がとまりませんでした。

コウノドリ先生や他の先生たちも全員泣いている姿を見て、改めて出産は無事に産まれるまでどんな事が待っているかわからないことを感じました。

無事に産まれてくることがどれほど奇跡で素晴らしいことなのかがわかる予告でした。次回の話は涙なしでは見られない内容の話だということが想像できます。

次回もコウノドリ先生がどう考えてどういう名言が飛び出すのか今から期待しています。

コウノドリ先生の謝罪

予告でコウノドリ先生が、「僕には今回の事態を予測することはできませんでした。」というセリフがありました。

妊婦と旦那さんが泣きながら抱き合っているシーンもあり、決断を迫られるような本当に深刻な事実があるのだろうなと思いました。

3話では研修医の吾郎先生の判断ミスで妊婦が危険にさらされることはあったけれど、シーズン1から含め「コウノドリ」史上でコウノドリ先生が、自分のミスを謝るような展開はなかったように思えるので、どんなことが起きたのかすごく気になります。

「コウノドリ」は毎回、妊婦や母親には共感できるような内容が含まれているのが魅力だと思っていますが、5話では、同じ境遇になった妊婦同士が仲良くなるという設定のようなので、妊婦同士の友情というのは聞いたことがあるので、また絶妙な共感ネタが含まれているのかなと楽しみです。

次の試練はどんなのか

今回は、中央切開を行うという、決断について医者が妊婦さんの気持ちを思いやりぎりぎりまですごくためになる対応でした。

夫は妻の妊娠の苦しみを理解してあげて良かったです。次回は、星野源がなんかするとおもいます。

また、実習中の人がなにか問題をやらかすことを期待します。優しい医者と厳しい医者と真逆の2人がいますが、ほんとに星野源が嫌に見えてきます。

なんか好きになれません。次回はコウノトリさんが特集されて欲しいです。どんな患者がきても対応できているあたりが素晴らしいと思います。

産婦人科は、本当に大変そうだと思います。そろそろなんか、問題が出てこないと、ドラマがつまらないと思います。誰か何かやらかして欲しいです。

切迫早産の妊婦

コウノドリもついに五話を迎えます。次回の見どころは切迫早産の妊婦さんのようです。

妊娠をすると予期せぬことが起きてしまうこともあり、思ったよりも早く赤ちゃんを産まなければいけない状況になってしまう時があります。

今回はそんなシチュエーションについてのドラマのようですね!27週で切迫早産の可能性があり、入院することになった瑞希。

そんなとき同じ状況で入院しているひかるの病室に小松が連れて行き、二人は意気投合。しかし、瑞希に異変が起こります。

サクラは赤ちゃんを救えるのでしょうか。一方、下谷は数日前に切迫早産で緊急帝王切開をして生まれた翔太くんのことについて悩んでました。

超低体重で生まれた翔太くんは手術の必要があるのですが、帝王切開に納得いってない家族は手術を拒否します。

こちらも気になるところですね!下谷の成長が観れるような気がします!

切迫早産はやはり怖い

次回は死産の話のようですね。切迫早産で入院したら心拍が確認出来ない時のお母さんの気持ちというのは計り知れない程の悲しさと悔しさと絶望と、色んな感情があるのではないかと思います。

出産に向けて希望や期待や楽しみにしてる気持ちがあったのに、一気に何もみえなくなる。

そんな事が自分に起きないと思ってたと思います。私も切迫早産で入院してたのですが、いつも不安でした。

点滴で抑えてるものの、いつ産まれてもおかしくない状態だったので怖い気持ちもたくさんありました。

それとは比べ物にならないくらいの気持ちなんだろうと思います。自分を責める事しか出来ないと思います。

それでも立ち直って欲しい。どんな言葉を先生達がかけるのかを期待しています。

ドラマ「コウノドリ2」続編第5話の見どころ感想気になったこと

みんな普通に出産できるとは限らない

今回は、長期入院から死産となる形のお話でした。

私は、現在二人目妊娠中8ヶ月になりますが、死産は経験はないですが、私のごく身近な人に死産経験者がいます。

死んだ子を出産する苦しさを聞いていたので、今回の出産の物語、心が痛みました。病室で仲良くなった方は、悪くないですが、私だったら 妊婦さんや赤ちゃん抱いてる方を見るのが辛いです。

なかなか、乗り越えれない現実だけど、生きていかなきゃいけないので乗り越えなくてはなりませんよね。

私もお腹にいる立場ですので毎日、元気に成長してくれますように、それを願う日々です。

みんながみんな普通に出産できるとは限らない、ほんとに奇跡ですね、命がけのお産です。

コウノドリは、毎回 出産の現実が伝えられて、見ていて辛いかいもありますが、現実を伝えていただけるぶん、出産にも向き合えるかと思います。今回も いい話で勉強になりました。

どれ程の人が悲しんでいるの?

開始早々涙が止まりませんでした。お腹の中で亡くなった赤ちゃんをどう受け止めればいいのか、なんでばかりで凄く辛いお話でした。

自分のせいかもしれない、入院しててもなんで亡くなったんだろうと、頭の中でグルグル考えてしまいそう。本当なら笑って迎えてあげたいのに、悲しい気持ちが勝ってしまいそう。

でも、最後に笑ってお家に連れて帰れて良かったなと思いました。乗り越えるには時間がかかるけど、絶対次の子は元気に産まれて来て欲しい。

そう願いました。戸籍に残らないあかりちゃんは二人のそばにずっといる気がします。してあげれる事をしてあげていた二人はとても素敵な親でした。

もう一つ泣けたのは、早産で産まれた子が必死に生きている姿でした。小さくても必死に呼吸をし、必死に目をあけ、必死に一日一日を過ごしてるんだと。

普段は見られない光景ですが、そうやって生きてる赤ちゃんを見られて良かったと思います。こうして、死産や早産でどれだけの人が悲し涙を流しているんでしょうか。

なんだかんだ仲がいい四宮とサクラ

今回はサクラが死産の理由や原因を見つけられずにかなり落ち込みました。

それをなんだかんだ、屋上まで来て「明日も晴れだな」という四宮、なにげに仲がいい!!!

メガネ × 松岡茉優

涙なしでは見られないドラマ

妊娠中は赤ちゃんが元気かどうか気にならない妊婦さんはいません。今回は妊娠中に一番起こってほしくない死産のお話で涙が止まりませんでした。

赤ちゃんが生まれることは本当に奇跡だなとこのドラマを見ると毎回思います。

死産した後のことも知れてとても悲しいけれど勉強になりました。

また下屋先生が緊急オペで帝王切開した赤ちゃんの手術を望まない両親の事についても色々と考えさせられました。

生まれた後に何か障害が残るならいっそお腹の中で最後を迎えた方が良いと思う両親もいるという言葉に切なくなりました。

今回はいつも厳しい四宮先生が下屋先生に優しく接していてほっこりしました。

そして白川先生が前シリーズの時とは全然違いとても頼もしい小児科医になったと思いました。

5話も涙がでてしまいました

ドラマを観て、なみだを流すことはあまりないのですが、何故か〝コウノドリ〟を観るとウルウルと涙がでてしまいました。

毎回ですが、いろいろと問題を抱えての新しい命の誕生でウルウルですが、今回は、現実にはあることなのですが、ドラマでは心音が聞こえないのに産むシーンっていうのは初めて観たと思うし、その親の心境がすごくぐさっときました。

3人の子どもがいますが、出産した時のことを思い出しました。

3人とも、無事に産まれたこと、良かったって思いました。でも、その時は、ドラマのような感動の感覚がなかった自分がすごく情けなくおもいます。

ドラマを観るとそんな情けなかった自分に反省しますがもう観ないと思えず次週が気になります。

零れ落ちる涙もそのうち乾く

今日は涙なくしては見れませんでした。赤ちゃんがお腹の中で亡くなっているなんて、最悪とか悲惨とかありふれた言葉では間に合いません。

何とも言えない悲痛な思いは見ているこっちも同じで、とにかく泣くことしかできませんでした。

でも驚いたのがそれでも自然分娩をするんだなということです。亡くなっているのに普通のお産と同じような激痛を味わわなければならない妊婦さんを見ていると、まさに地獄だなと悲しくなりました。

たぶん次のお産のこともあり、帝王切開ではないんでしょうが、現実は残酷です。

気持ちが追いつかないことでしょうが、最後はきちっと前を見据えた夫婦に幸あれと祈るばかりです。

このドラマ、悲しかろうが辛かろうが、見終わった後はなぜか爽快です。

流した涙もとっくに乾き、終わらない家事に再着手です。

何があっても前を向いて生きようよという声なき声が聞こえてきそうなこのドラマ、秀逸な作品です。

死産を経験した妊婦のケア

第5話は、切迫早産の可能性のある二人の妊婦の話でしたが、見ていて悲しすぎて心が苦しかったです。

瑞希さん役の女優さんの演技もすごく良くて、死産してしまうだけでも辛い経験なのに、同室で仲良くなったひかるさんには何も言わずに元気な赤ちゃん産んでねと精一杯明るく振る舞って声をかける姿は見どころで、今も思い出すだけで涙が出ます。

瑞希さんの旦那さんも見た目は殺し屋とかいわれていましたが、すごく優しい旦那さんで、二人が良い夫婦だっただけに感情移入しました。瑞希さん役の女優さんは何となく見たことありますが、旦那さん役の俳優さんは知らないので気になりました。

死産をした後のケアのことを知らなかったので、サプライズケーキに玄関からのお見送りに、妊婦さんが望めば普通の赤ちゃんと同じように扱ってくれることに、そういうケアがあることに安心しました。

ため息と涙の出産

切迫早産の診断を受けて早期入院するママ達のそれぞれの環境が描かれていて早めの入院、安静期間に飽き飽きしながらも赤ちゃんが出てくるのを楽しみに待つママやパパの心境、そして、そこにある原因不明の残酷な現実。 ママや家族誰もがハッピーな出産を望み想像している中、原因がわからないこの現実をたとえドラマといえど受け入れるには本当につらい内容でした。

現在私自身も妊娠19週目、この期間に一つの命がどんな風にお腹の中で育って行っているのかを自分の身体の中でさえわからないし、神秘的な体験をしている最中。ドラマの中では数十分で終わってしまう出来事も、実際にの出来事であれば一生抱える大きな事態。とても感慨深く、涙した。

一方、緊急手術で生まれた赤ちゃんの障害についても、その家族の思いについてのストーリーにも心を打たれた。いまの自分にはどちらが起こってもおかしくないから。。。

先生たちの会議の様子についても、家族に寄り添うというテーマの運びが熱い。

ため息と、涙の回でした。
⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ1話のあらすじ
コウノドリ2話のあらすじ
コウノドリ3話のあらすじ
コウノドリ4話のあらすじ
コウノドリ5話のあらすじ
コウノドリ6話のあらすじ
コウノドリ7話のあらすじ
コウノドリ8話のあらすじ
コウノドリ9話のあらすじ
コウノドリ最終話のあらすじ

コウノドリ2第1話のあらすじ
コウノドリ2第2話のあらすじ
コウノドリ2第3話のあらすじ
コウノドリ2第4話のあらすじ

コウノドリ2第6話のあらすじ
コウノドリ2第7話のあらすじ
コウノドリ2第8話のあらすじ
コウノドリ2第9話のあらすじ

-コウノドリ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.