コウノドリ

コウノドリ2ドラマ動画第6話無料続編pandora再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「コウノドリ2」動画続編第6話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。


鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)

白川 領(坂口健太郎)
大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)

四宮春樹(星野 源)
今橋貴之(大森南朋)
赤西吾郎(宮沢氷魚)

荻島勝秀(佐々木蔵之介)
倉崎恵美(松本若菜)

ドラマ「コウノドリ2」続編第6話のゲスト

神谷カエ(福田麻由子)


福田麻由子(フクダマユコ)

生年月日:1994年8月4日 (23歳)
出身地:東京都
身長:161 cm
女優
フラーム所属

神谷カエ(福田麻由子)の役

妊娠34週目。切迫早産でこはる産婦人科に入院中。

下屋が働き手が足りないこはる産婦人科に臨時バイトとしていった時に入院していた妊婦名前も年齢も近く仲良くなった。

神谷久志 (笠原秀幸)


笠原秀幸(カサハラヒデユキ)

生年月日:1983年4月29日 (34歳)
出身地:東京都目黒区
俳優
血液型A型、身長は174cm
日本大学高等学校卒業
所属事務所はトライストーン・エンタテイメント

神谷久志 (笠原秀幸)の役

神谷カエの旦那

富士宗吾(佐藤貢三)

佐藤 貢三(さとう こうぞう、1968年5月3日 )
俳優
兵庫県宝塚市 出身
有限会社ブレス所属

富士宗吾(佐藤貢三)の役

こはる産婦人科の院長

仙道明博(古舘寛治)


古舘寛治(フルタチカンジ)

生年月日:1968年3月23日 (49歳)

の男性俳優
大阪府堺市出身
ザッコ所属

仙道明博(古舘寛治)の役

ペルソナ救命科部長

ドラマ「コウノドリ2」続編6話のあらすじネタバレ


下屋(松岡茉優)は、昔人が足りないということで、こはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。

切迫早産と早産は別物です。早産は、赤ちゃんが妊娠22週0日~36週6日の間に生まれることですが、切迫早産とはその一歩手前の早産しそうな状態になることをいいます。子宮収縮が頻繁に起こり、子宮口が開き、赤ちゃんが出てきそうな状態や破水してしまった状態で、もうしばらく妊婦さんのお腹の中で成長すべきなのに、赤ちゃんが生まれそうになってしまいます。

切迫早産と診断されたら、早産にならないよう日常生活への配慮や治療を受ける必要があります。症状の程度や対処によっては、早産にならずにすむ場合も多くあるので医師の指示に従って適切な対応を取るようにしましょう。

カエは不安だった。何故ならこはる産婦人科は小さな病院で入院患者がカエ一人だったからだ。

下屋はもともと優しい性格なので、カエが不安がっていることがわかり、ガンガン話かけた。

年齢もちかいこともあり、二人はなんでも話せるなかになった。

下屋はどっちかというと、サクラ派なので、こいつ、うざーーーーーーーーーーーと思っていた。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されてしまった。

ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。

なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった。

おおおおおーーーーーー。これは、こはる院長やっちまったか?

5話では子どもが死産してしまったが、6話も同じように死産してしまうのか?

いや、5話で下げたから、6話は上げるのが鉄則だが、どうする「コウノドリ2」の監督(演出)■土井裕泰■山本剛義■加藤尚樹・・・・

産科医師、下屋の決断のとき

サクラ(綾野剛)の下で働く産科医師の下屋(松岡茉優)は、助っ人で入った産婦人科病院で自分と同じ名前のカエに出会い、話をするうちに親しくなります。

下屋は、ペルソナに戻る際にカエの体調について引き継ぎしますが、検査は週明けにすると院長先生と話をして別れます。

ペルソナに戻ってきた下屋のもとに、救急搬送の連絡が入ります。その搬送は心肺停止したカエだったのです。

動揺を隠しきれない下屋、救急救命チームの力も借りて赤ちゃんは無事誕生しますが、母親でもあるカエは亡くなってしまいます。

自分に出来ることがもっとあったはずだと、下屋は自分をせめます。

医師としての葛藤、一番つらいときだと思います。

そして、下屋は自分が歩んでいく道を決断します。

それは、救命に行くこと、どんな状況でも対応できる医師になることでした。

下屋のいなくなった産科はどことなく寂しいと言う助産師の小松(吉田羊)は、腹部を押さえて倒れこみます。

ドラマ「コウノドリ2」続編6話の見どころ期待

下屋の成長

コウノドリ6話の見どころは、下屋の成長です。下屋は、ピンチヒッターとしてこはる産婦人科にバイトに行きます。

そこで、唯一、入院していた同じ年齢で同じ名前の神谷カエと出会います。二人はすぐに打ち解け、仲良くなりますが、同期の白川から患者と距離が近すぎではないかと助言します。

しかし、下屋は、いつまでもサクラや四ノ宮ばかりに頼ってはいられないので自分で判断する力をつけないといけないと白川に反論します。

そんな時、下屋は神谷の異変に気付き、こはる産婦人科の院長に話しますが、週明けに検査するとだけ告げただけでした。

ペルソナに戻ると緊急搬送されてきた患者が。それは下屋が気にしていた神谷だったのです。果たしてどうなるのでしょうか。

下屋先生はどう乗り越えるの?

6話は緊急搬送されてきたカエさんという、お母さんのお話です。甲状腺の異常?という事ですが、なぜ緊急搬送されてきたのかが凄く気になります。

甲状腺について詳しくわからなかったですが、調べてみると聞いた事のあるバセドー病が出てきました。下屋先生と同じ名前で仲良くなってた雰囲気でしたが、そんな中緊急搬送されてきて、下屋先生の落ち込む場面がありました。

今回もですが、下屋先生が成長するにあたり、辛い決断や苦しい事が続きますね。

6話では下屋先生がどのように前向きになれるのか、産婦人科医としてこれからも頑張れるのか、産婦人科医になった事を後悔したままなのか、そこが見どころだと思います。

また、カエさんを救えるのか、またチームの結束が見られそうなので楽しみです。

いきなりの緊急搬送に驚く下屋先生

専門医として成長を続ける松岡茉優さん演じる下屋先生、先輩である綾野剛さん演じるコウノトリ先生や星野源さん演じる四宮先生に頼らず、積極的に患者さんと関わり出していました。

そんな最中、ヘルプで行った病院で同じ名前、年齢の妊婦、福田麻由子さん演じる神谷カエと出会います。

ある日、松岡茉優さん演じる下屋先生は福田麻由子演じる神谷カエさんの様子から何か異変を感じ、その病院の院長に告げる。

そして帰路についた松岡茉優さん演じる下屋先生だったのですが、ペルソナに戻ると、緊急搬送の知らせが入ります。

救急車で運ばれてきたのは心肺停止した福田麻由子さん演じる神谷カエさんでした。

そこで、松岡茉優さん演じる下屋先生は、テンパリます。

そこで、コウノトリ先生は「下屋、行くぞ!」と声をかけ、ハッとします。

下谷先生の岐路になる話

コウノドリ2の5話の最後に救急車で運ばれてきた方は、下谷先生がみてきた患者さんで、二人はとても仲良くなっていた。何か妊婦さんには病気などの症状が出ていたが見落とされていたような様子が予告から伝わってきました。妊婦さんと赤ちゃんの命は無事なのか助かるのかが見どころだと思います。

それに伴い、下谷先生の産科医としてのありかたも問われている感じだったので、下谷先生が産科医をやめてしまうのかという雰囲気もありました。下谷先生は結局は産科医を続けてくれるとは思いますが、どういう気持ちの変化があったのかも、見どころの1つだと思います。

産科医は素晴らしい仕事だと思います。私もこのドラマを高校生の時に見てたら違う人生だったかもしれません。

下屋先生の成長する姿が見たい

来週は下屋先生を軸にしたストーリーになりそうです。

次回の妊婦さんは下屋先生と面識のある女性です。同じ名前、同じ歳、意気投合した2人は医者と患者という関係を越えてしまい、下屋先生は加担しすぎるのではないかと思います。

5話で四宮先生に「もう研修医じゃないだろ」と言われいた下屋先生。言い方を変えれば一人前の医師だと認めたことと同じだと思います。鴻鳥先生と四宮先生の側でたくさんの経験を重ねた下屋先生の成長が見られる回になるのではと思います。

救急搬送されてきた妊婦さんでしたが、次回は赤ちゃんが元気に誕生してくれる回であってほしいなと思います。

元気に誕生することが当たり前ではないという事実を伝えるのはもちろんですが、小さな命を助けてくれる心強い先生がいるということも伝えてくれるドラマであってほしいと思います。

患者に寄り添う下屋の試練

第6話は、過去に助っ人として仕事をしたことある産婦人科病院で、切迫早産の疑いのある妊婦カエと出会い、カエと話をしてくうちに二人はすぐ打ち解けあう。

話の最中にカエの異変に気付き、院長に検査を求めたが、院長は下屋の判断を突っぱねた。

そのことが気になりながらも、ペルソナ病院に戻った下屋だったが、救急搬送で心肺停止の状態でカエが搬送されてくる。

心肺停止までになったカエと赤ちゃん両方救うことが出来るのか?

今回は違う病院からペルソナ病院への搬送で、どこの病院に非があるのか責任問題に発展すると思います。

下屋は異変に気付いていたのに、すぐ検査をしなかったことを後悔して、自責の念に苦しむと思うので、乗り越えられるのか見どころです。

下屋先生の産科医としての成長

まだ産科医としては経験の浅い下屋先生が、自分の力で一人前の医者になろうと大きな壁を乗り越えようとします。

ピンチヒッターとして行った病院で、患者として知り合った妊婦神谷を診断しなにか異常を感じながらも神谷を重症化させてしまいます。

こんな時にさくらや四宮だったら、どのように対処したのだろうかと自問自答しつつ患者に向き合う下屋。

苦悩の中にいる下屋にさくらはどう寄り添うのか?そして四宮の優しさはどう表現するのか?

下屋は心の傷を乗り越え産科医として成長していく姿を楽しみにしています。

他の科と違い病院の中で唯一おめでとうと言える産科に心からおめでとうと言える結末ばかりではなく、命の重さを感じる結末が見所になってると思います。

下屋の心の成長が楽しみです。

ドラマ「コウノドリ2」続編6話の見どころ感想気になったこと

命を守るために、新たな道に進む下屋先生。頑張って

なんて辛いんでしょうか?お母さんは、出産し、赤ちゃんが元気に生まれる。そんな当たり前のようなことが、本当は奇跡なことなんだなと、痛感しました。

下屋先生の、患者さんに対するほんのすこしの不安が、的中してしまいましたね。後悔を引きずったまま、産科の仕事をしている下屋先生。

そして、産科に戻りたいからとの考えで、救命救急での、仕事へと、進んだ下屋先生の気持ちは、とても痛いほどわかるような気がします。

厳しいながらも、優しさがあった産科から、容赦なしの救命救急。頑張ってと、エールを送りたくなります。

一方、たびたび、お腹の痛みがあったような小松さん。とうとう倒れてしまいましたが、大丈夫なんでしょうか。

小松さんは産科の元気の元のようなので。とてもとても心配です。ほんとに、命の現場ですね。

松岡茉優さん、救命救急へ

夜勤のアルバイトに行った産婦人科病院で、自分と同じ名前の妊婦さんと親しくなった松岡茉優さん。

珍しい名前で、年齢も同じということで、親近感がわいたのだろうと思います。医師と患者さんは、個人的には親しくなり過ぎないほうが良いのだろうとは思いますが、医師という仕事をしていると、同世代の友達と約束して食事をしたり、遊びに行ったりすることが難しく、患者さんと女子トークできたのが嬉しかったのだろうと思います。

それなのに、命を落としてしまうとは…と、自分のことを責めてしまう松岡茉優さんの気持ちがわかるような気がしました。

それで、勉強したいと自ら産科から救命救急に異動を希望するのはすごいなと思います。でも、いきなり洗礼を浴びせられて、ちょっと心配です。

下屋に共感しつつもコウノトリ先生の話に納得

今回は、下屋が中心に描かれていた回でしたが、下屋の発言には色々考えさせれました。

周りに助けられてばかりだから、自分の力で乗り越えられるようになりたいという下屋の想いは、向上心の強い人間であれば、誰もがそう思うのではないでしょうか。

しかし、医者がすべきことは、患者を救うこと。故に、医者が何かミスをしてしまった時は、その医者がどう乗り越えていくかなどといった医者個人の事情ははっきり言って関係ないんですよね。

ですから、下屋をフォローする周りの医者も下屋のためというよりは、患者を確実に救うための行為であるわけですから、下屋にそれは違うと話すコウノトリ先生の話は、納得しましたし見ているこちらまで響きました。

医師目線で見た患者さんの死

担当した妊婦さんが亡くなり、下屋先生の悲しみがとても伝わってくる第6話でした。

今回は妊婦さん目線というよりは医師目線の話で医師も患者さんの死を何度も経験しているけれども、やはり乗り越えるのは大変なのだなと思いました。

全身管理がしたいからと救命に行った下屋先生の気持ちは分からなくはないですが、救命はそんな気持ちで行く場所ではないと思うし、いずれ産科に戻るなら産科医としての経験を積んだ方がいいのではと思いました。

救命の部長が言っていたように今の下屋先生が1年過ごすのは厳しいという意見に同感です。

四宮先生の最後の送り出し方は厳しいながらも優しさもありとても良かったです。

そして助産師の小松さんが子宮の病気のようなので、次回どうなるのかがとても気になります。

下屋先生の窮地と決意

第6話は、下屋先生が仲良くなった妊婦さんが亡くなってしまった話でしたが、下屋先生は異変に気付いていたので後悔で立ち直れないのは当然だと思います。

下屋先生を励ます為に、小松さんとBABYのピアノを聞きに行っていましたが、BABYのピアノは見どころで、躍動感のあるピアノが素敵でした。

下屋先生はきっと乗り越えて産科に戻ると思っていたので、救命に行く決意をしたのは応援してあげたい気持ちもありますが、少し残念でした。

救命の人達の洗礼のようなキツい言葉も、今の下屋先生には産科から逃げてきたようにしか見えないので、その通りだと思いました。

これから救命に行っても頑張って欲しいのと、下屋先生もドラマからいなくならないで欲しいです。

乗り越えるのではなく、抱えていく

下の名前が一緒で、年齢も一緒、話も合う、患者さんであっても、そんなに馬が合う人だったら、やっぱり人間だから、思い入れも強くなるのも当然ではないかなと思います。

下屋は別の病院に手伝いに行っているという事もあり、その妊婦さんの手の震えが気になっても、強く主張もできなかったのかなとは思いますが、ひょっとしたらと、自分が危惧していた症状で、その患者さんがペルソナに運ばれて来た時のショックは計り知れないだろうなと思いました。

その上、助けられなかったとなれば、その悲しみや後悔はどれほどだろうと思います。

どんな産科医になりたいか答えが出たら帰って来いとサクラに言われて下屋が出した結論は、総合的に妊婦さんを診れるようになる為に、救命に行くことでした。

より厳しい状況に身を置き、産科医としてさらなる高みを目指そうとする下屋は本当にかっこいいなと思いました。

ドラマ「コウノドリ2」続編第7話の予告


⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ1話のあらすじ
コウノドリ2話のあらすじ
コウノドリ3話のあらすじ
コウノドリ4話のあらすじ
コウノドリ5話のあらすじ
コウノドリ6話のあらすじ
コウノドリ7話のあらすじ
コウノドリ8話のあらすじ
コウノドリ9話のあらすじ
コウノドリ最終話のあらすじ

コウノドリ2第1話のあらすじ
コウノドリ2第2話のあらすじ
コウノドリ2第3話のあらすじ
コウノドリ2第4話のあらすじ
コウノドリ2第5話のあらすじ

コウノドリ2第7話のあらすじ
コウノドリ2第8話のあらすじ
コウノドリ2第9話のあらすじ

-コウノドリ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.