コウノドリ

コウノドリ2続編2話動画無料pandoraデイリーあらすじネタバレ

更新日:

ドラマ「コウノドリ2」動画続編第2話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

コウノドリのキャスト


鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)

白川 領(坂口健太郎)
大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)

四宮春樹(星野 源)
今橋貴之(大森南朋)
赤西吾郎(宮沢氷魚)

荻島勝秀(佐々木蔵之介)
倉崎恵美(松本若菜)

コウノドリ2話のゲスト

久保佐和子「土村芳」(ツチムラカホ)


生年月日:1990年12月11日 (26歳)

身長:160 cm
女優
岩手県盛岡市出身
京都造形芸術大学映画学科俳優コース卒業
ヒラタオフィス所属
姉は元IBC岩手放送アナウンサーの土村萌

久保慎吾(福士誠治)


福士誠治(フクシセイジ)
生年月日:1983年6月3日 (34歳)

身長:178 cm
神奈川県川崎市麻生区出身
身長:178cm
血液型:O型
株式会社アウルム所属

ドラマコウノドリ2続編2話のあらすじネタバレ


ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は、サクラ(綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。

がんの症状は深刻だった。

そして、鴻鳥サクラが土村夫妻を病院に、緊急に呼び出し、奥さんの現在の症状を伝える。

赤ちゃんと産むのであれば、できるだけ奥さんのからだの中で育てたい、しかし、がんの進行が速いので、その辺をみんなで話しながら決めていきしょう。

そして、もし赤ちゃんをあきらめるなら、一刻も早く手術をした方がいいです。

しかし、もし手術をするなら子宮を全部摘出しないといけないので、赤ちゃんはこれが最初で最後です。

それを聞いた土村夫婦は、帰りの病院で話し合う。

俺は、お前の方が大事だ、だから、無理しないでくれ。

しんちゃん、私と別れていいよ。

しんちゃん、まだ若いから。

俺はお前が好きで結婚したんだ。

うん。

サクラがみんなで楽しくカップ麺をたべいると


横浜市のマンションで生後6カ月の赤ちゃんの首を絞めたという、ニュースがテレビから聞こえてきた。

しかし、幸いなことに赤ちゃんは無事だった。

このニュースを聞いた

鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)
向井祥子(江口のりこ)

が赤ちゃんは産むのもたいへんだけど、産んだあとはもっと大変だという話になる。

向井祥子(江口のりこ)が旦那にやられまくって大変!!!

小松が子供がいる向井にやっぱり、赤ちゃん産んだ後大変だった?

向井が、そうなんです、うちの旦那はおむつ替えとか、いろいろ手伝ってくれる、イケメンなんですが・・・・

ないが大変なの?

普通は赤ちゃん産んだ後って、もう女性として見てくれないとかってきくじゃないですか?

しかし、うちの旦那は赤ちゃんを産んだ後も女とみて、それを相手にするのが大変なんですと・・・

まさかの夜の話をぶち込んで来た!!!!

これを聞いた、鴻鳥と下屋はその場を離れていった。

しかし、小松は取り残されてしまった。

四宮が美女の妊婦と会う


しかも妊婦なのに言う、正式に離婚しました。

四宮はいるもどうり表情を変えずにそうかと言う。

そえをみていた白川が、今世紀最大の事件だといった。

サクラが養護施設に里帰りする

そこで、自分の出生の秘密について園長先生と話す。

どうやらサクラは母親は、サクラが生まれてすぐに死んでしまったようだ!

サクラと四宮が佐和子の赤ちゃんをいつまでお腹で育てるかでバトル

サクラは28週目
四宮は32週目
下屋は32週
白川32週

まで赤ちゃんをお腹で育てたほうがいいという。

サクラはもし、32週目で赤ちゃんをお腹で育ててその後手術できなくなったらどうするんだという。

四宮は28週目では、赤ちゃんに後遺症が残るという。

新生児科の今宮は産科の意見に従うという。

下屋と白川がいつ生むかでバトル

下屋「あなたちの、手術の腕ならなんとかなるんじゃない」

白川「丸投げしないでくれ」

下屋「別に丸投げしてるわけでない」

そしえ、この前四宮になにがあったか聞くが、白川はいまは、答えたくないといって、その場をさってしまった。

ワクチン接種で四宮と小松がバトル

コウノドリとばとった後に、こんどは子宮ワクチンの話になる。

つい最近ニュースでさかんになっていたやつだ。

四宮先生は、もっとワクチンが広まればいいという。

しかし、げんい副作用がでている、患者もいる、だから結局、本人と親が決めるしかないという。

それを聞いた四宮は、じっと小松の顔を見て「久しぶりに顔みたら増えましたね」

といって去ってしまった。

四宮が小松に言いたかったのは「お前しわの数がすげーーー増えたな!!!」

それに気づいた小松は、四宮にくってかかるが、下屋に止められる。

コウノドリに久保夫妻が相談しに来た

そこで、コウノドリは28週目がいいと思ってますという。

しかし、久保はそれは早すぎないですか?

そうです、リスクがあります。

なんで、28週がいいんですか?

赤ちゃんを、あなたに育てもらいたいから。

そこで、先生たちは未熟児たちを見学した。

それを見た久保夫妻は二人で話し合う。

そして、旦那は28週目で産もうという。

しかし、嫁は32週目で育てて産みたいという。

そしたら、あなたに迷惑かからない。

それを聞いた旦那は、3人で生きていこうという。

久保夫婦の結論は28週目で産むことだった

そして、無事に赤ちゃんも生まれ、母親の手術も成功した。


久保さんの手術後の検査結果を見て、にやける四宮・・・不気味だ


しかし、最後に佐野さんが自殺を試みて終了。

予告をみるとコウノドリ先生がまにあったみたいだったけど、佐野さん大丈夫かな?

ドラマコウノドリ2続編2話の予想あらすじネタバレ見どころ

近付く病魔と新しい命

大人気のコウノドリ、ドラマシリーズの第2シーズンが始まりました。第2話で出てくる妊婦さんは、その身体に新しい命とともに、子宮癌と言う病も抱えていました。

癌を摘出するには子宮ごと取り除く必要があり、今後妊娠は期待できません。

しかし夫婦の気持ちは、授かった子供を出産し、2人で育てていくこと。

この希望に医師たちがどのような決断を下すのかが見どころとなっています。

また、一話で登場した佐野夫婦の今後も気になるところです。夫婦2人でがんばっていくのかと思いきや、育児休暇をとることができなかった夫。

一話の終盤では、妻の彩加さんは育児ノイローゼになっているようなシーンも見受けられました。

一体この夫婦は、子供はどうなってしまうのか。女性と仕事。育児休暇。待機児童。

育児という命の関わる大仕事に、夫婦が2人でどれだけ寄り添い、子供の未来のために奮闘するのか。

現在の日本における問題点がこのドラマにはあるのではないかと感じました。ぜひ幅広い世代の方に見てほしい作品です。

コウノトリ、二話は、心臓に問題のある子がピンチに!

予想ですが、心臓に問題のある赤ちゃんが居たと思うのですが、その赤ちゃんが生まれて数日で、問題が起こり、病院に運ばれて来ると予想します。

そして、運ばれた赤ちゃんは、手術をすることになり、コウノトリ先生を始めて、スタッフが何時間にも渡り、手術をしていく。

そこで、一度赤ちゃんは心肺停止、スタッフ全員必死に赤ちゃんの命を助けようと措置をしていく。

母親と父親は待合室で気が気ではなく、出入りするスタッフに毎回聞いて行く。だが誰もが赤ちゃんは頑張っていますとしか言われない。

そんな中、コウノトリ先生は赤ちゃんの心臓を再び動かすことに成功し、皆が喜ぶ中、手術成功。何時間にも及ぶ手術を終え、コウノトリ先生は母親と父親に説明をする。

NICUの自分の赤ちゃんに、頑張ったねと話しかけながら、改めて命の大切さを実感した母親と父親。

その後、無事赤ちゃんは退院し、コウノトリ先生からお言葉を頂いてこの物語が終了。私はこんな感じに今回のドラマが進むと思いました。

悲運に見舞われた夫婦の運命

ある日、いつものように妊婦の診察をしていたサクラだったが、診察した妊婦に子宮頸部腺がんが見つかってしまう。

出産後は子宮を全摘出しなくてはいけない為、これが出産する最後のチャンスだと思った妊婦はどうしても産みたいとサクラにお願いした。

妊婦の希望に応えたいサクラは、産婦人科、新生児科の医師達全員の意見を求めた。

しかし、妊婦の出産を優先させようとすれば赤ちゃんを成長させないといけない為、治療を遅らせないといけなかった。

そうすれば妊婦のがんが進行してしまう恐れがあり、難しい問題で意見は対立してしまう。

こんな厳しい状況の中、妊婦は無事出産することが出来るのか?どの選択をしてもリスクのある妊婦が、どの道を選ぶのか見どころです。

母親には自分の命よりも大切なものがある


第2話に出てくる妊婦さんは、検診の際に、自分自身が子宮頚がんにおかされている事を知らされてしまいます。

若いですし、がんの進行も早いので、本来ならすぐにでもがんの治療を開始する必要がある状態だと思われます。

しかし、がんの治療を行なうとなれば、当然、投薬治療や抗がん剤治療など、お腹に赤ちゃんがいる状態では行なえないものばかりです。

私の予想では、母親の命を優先させる事を願う家族や医師は、今回の妊娠は諦め、今すぐがんの治療を行なうよう勧めるのに対し、当の母親は、自分の命をギリギリまで危険にさらしても、お腹の赤ちゃんの命を守り通す決意を貫くはずです。

そして、その母親の決定を、サクラは尊重しサポートすると思います。

子宮ガンと戦いながら

予告では、妊婦健診の際に子宮ガンが見つかり告知されるシーンがありました。

治療を優先するか、出産を優先するか。治療を優先すれば、赤ちゃんは諦めなければいけない。最悪子宮を摘出なんてことになれば、今後赤ちゃんを産めない。

出産を優先すれば、治癒は受けられない。でも、ガンの進化が早ければ赤ちゃんを産めても自分の命を縮めることになる。

とても究極な選択です。最初で最後の、赤ちゃんかもしれないから母親としては絶対産みたいですよね。

命を授かることは奇跡ですから病気と闘いながらの出産シーンとなるでしょうそして、出産した後どのように子育てをするのか、母親の癌の進行具合はどうなのかとても気になります。

2話も号泣覚悟だと思います。

出産か自分の命をとるのか?

次回の見所は出産を控え、赤ちゃんも無事にすくすくと成長する最中の母体の子宮ガンの発見です。

母体を取るのか、赤ちゃんを取るのか難しい判断になりそうですね。母親としては産んであげたいけど、夫は母体を取りそうですよね。

子宮ガンになると子宮の全摘出になり、この出産のチャンスを逃すと産めなくなりますし、一つの命ですから簡単に母体を取るなんて判断がつかず難しいですよね。

星野源さんと綾野剛さんもこの出産の件で、会議のシーンで揉めそうな展開でした。星野源さん、冷たい役柄ですが現実的でありながら、綾野剛さんに負けず、母親に寄り添ってますよね。

研修医のジュニア君との衝突も気になりますが。子宮ガンの母親は両方諦めないといってたので出産を選ぶような気もしますが、どうなんでしょうか。

コウノドリ2第2話の見どころ感想

夫の出す決断は?涙なしには見れない

コウノドリの今回の見どころは、晴美の出産シーンではないでしょうか。

交通事故にながら自分の命よりもお腹をかばったおかげで赤ちゃんはお腹の中で無事でした。

しかし、心臓の動いてない晴美は赤ちゃんを抱くことも見ることもできないのにその出産シーンはずっと涙が止まりませんでした。

晴美に対しておめでとうございますと言うは本当にぐっときました。何より、この判断を下した旦那さんがすごいですよね。

何とも言えない気持ちになりました。それとは正反対の法子。自分勝手すぎます。

自分一人の体ではないので喫煙はやめるべきですよね。胎児に対してのリスクを考えてほしものです。

毎回毎回泣きそうになりますが、今回も涙なしには見れませんでした。

自分の命より大切なもの

妊娠19週で子宮頚がんが見つかった妊婦さんのお話です。

治療を優先させ赤ちゃんを諦めるか、妊娠を継続するか。

妊娠を継続する場合は、一切の治癒を受けれないのでどこまで赤ちゃんをお腹の中で育てることができるのか。

治療をする場合、子宮を全摘出する為今後は妊娠することは出来ない。

最初で最期の妊娠です。

もう、これを逃したら出産することはできません。

自分の命を優先するのか、お腹の赤ちゃんの命を優先するかとても究極の選択ですお母さんは、どうせ死ぬかもしれないのならギリギリまでお腹で育てたいと、考えますが。

旦那さんは2人の子供だから一緒に育てたいと涙ながらに伝えるシーンでは、なんて素敵な旦那さんなんだと感じました。

コウノドリ先生の母親と同じ状況での出産お母さんに子育てをしてほしいという先生と旦那さんの思いがとても伝わってきたとても心温まる話でした。

誕生日は赤ちゃんが決めている

ガンだと診断された母親が28週で帝王切開をするか、それとももう少しお腹の中で育てるかを決断するところが見どころだと思います。

赤ちゃんの生命力は凄くて、28週で産まれた赤ちゃんも元気に育ってる子は沢山います。

今回は28週で産んで子宮全摘しましたが、赤ちゃんもお母さんも頑張ったなと凄く感動しました。

Nの先生が、今日の誕生日を選んで産まれてきたと言った時には涙がボロボロ出てきました。

確かに赤ちゃんは自分で誕生日を決めて出てきているのかなと思うところもあります。

お母さんに判断して貰うというのも、赤ちゃんの力なんだと思います。

沢山の管で繋がれていても、赤ちゃんは一生懸命生きてるんだと実感します。

そして、もう1つ。気をつけなきゃいけないと思ったのが産後うつです。

誰でもなる可能性があると思います。次週詳しくやると思うので、早くみたいです。

親と子のどちらの人生も背負う医者

今回は観ていてとても辛いシーンが多かったのですが、とても考えさせられました。

自分には一生経験できないことですが、女性としては母親として、子供が産めないというのは容易く受け入れられる現実ではないと思います。

産まれてくる命と母親の命、どちらも大切な命ですからとても天秤にかけられるものではありませんよね。

だからこそ、産まれてきた後のことも考えなければならないのだと、佐和子の葛藤を見て強く感じました。

コウノドリ先生の決断も、決して簡単に出来ることではないと思います。

万が一、産まれてきた子供に後遺症などが残ってしまった場合、いくら医者がサポートするとはいえ、実際に育てていくのは親ですから、医者は親と子の両方の人生に対して責任を持たなければならないのだと改めて感じました。

子宮頸がんの怖さについて


子宮頸がんになった方のお話しでした。

妊娠中に、子宮頸がんが分かり赤ちゃんを諦めて治療に専念するかの選択をまず決めなければいけませんでした。

お母さんの方は赤ちゃんは諦めたくないと言い、お父さんは治療に専念しようと言っていましたが、詳しく調べた結果、子宮頸がんは進行しており、子宮全摘をしなければいけなくなりました。

夫婦は赤ちゃんを諦めない事を決意したのですが、出産は28週しようと思いますとコウノドリ先生が言いました。

赤ちゃんにリスクはおいますが、お母さんの手で育てて欲しいとコウノドリ先生は言いました。

28週で出産を決意した夫婦は、出産後赤ちゃんを見て本当に幸せそうでした。

リスクをおって決意をした夫婦は本当にすごいと思いました。

このドラマを見て子宮頸がんの検査に行く人が増えたらいいなと思いました。

強い想いは、きっと叶う


赤ちゃんを授かって幸せな時に、佐和子は子宮頸部腺癌と宣告され、子宮を全摘出しなければならないと言われます。

これが最初で最後の妊娠、それなのに、赤ちゃんを産むか、諦めるか、そんな決断をせまられるなんて、もしも、自分だったらと思うと発狂しそうになるのではないかなと思いました。

これが最後のチャンスなら、赤ちゃんを産みたいと思う気持ちは痛いほど伝わってきました。

鴻鳥は赤ちゃんへのリスクが増えるとしても、佐和子に赤ちゃんを育てて欲しいからと、ガンの治療を早くに出来るようにという提案をしました。

赤ちゃんを早く産んでしまって自分まで助からないかもしれないという最悪の事態を考えてしまって、赤ちゃんをギリギリまでお腹の中で育てたいと思う佐和子の気持ちは凄く分かると思いました。

自分も助かって、夫と一緒に子供を育てるのだという強い思いが、佐和子たちを救ったのではないかと思いました。

子宮頸がんのワクチンの是非

第2話の見どころは、妊娠19週で子宮頸がんになった妊婦のケアをどうするかというのがメインテーマでした。

今回は選択肢がたくさんありました。まず子供を産むか、諦めるか。

産むとしても早産になるので何周で産むかです。母親の病気の進行を考えるのなら28週、子供の成長を考えるのなら32週そんな中での医師たちの意見交換、患者や生まれてくる子供の為に医師がどうできるかこんな風に、向き合ってくれる病院があったら患者さんも安心だろうと感じました。

今回気になったのは、四宮がもっと早くから子宮頸がんワクチンの接種があったらと、ぽつりと言った時に、その是非について、医師や助産師が語り合うシーンは、今後のワクチン接種の未来についてよい事だったのではないかと思いました。

副作用がある可能性、また副作用と言われているのが本当にそのワクチンによるものなのか、もっときちんと確認してほしいと思いました。
⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ1話のあらすじ
コウノドリ2話のあらすじ
コウノドリ3話のあらすじ
コウノドリ4話のあらすじ
コウノドリ5話のあらすじ
コウノドリ6話のあらすじ
コウノドリ7話のあらすじ
コウノドリ8話のあらすじ
コウノドリ9話のあらすじ
コウノドリ最終話のあらすじ

コウノドリ2第1話のあらすじ

コウノドリ2第3話のあらすじ
コウノドリ2第4話のあらすじ
コウノドリ2第5話のあらすじ
コウノドリ2第6話のあらすじ
コウノドリ2第7話のあらすじ
コウノドリ2第8話のあらすじ
コウノドリ2第9話のあらすじ

-コウノドリ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.