コウノドリ

コウノドリ2ドラマ動画第7話無料続編pandora再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「コウノドリ2」動画続編第7話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「コウノドリ2」続編のキャスト


鴻鳥サクラ(綾野 剛)
下屋加江(松岡茉優)
小松留美子(吉田洋)

白川 領(坂口健太郎)
大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)

四宮春樹(星野 源)
今橋貴之(大森南朋)
赤西吾郎(宮沢氷魚)

荻島勝秀(佐々木蔵之介)
倉崎恵美(松本若菜)

ドラマ「コウノドリ2」続編7話のゲスト

武田京子(須藤理彩)


須藤理彩(スドウリサ)
生年月日:1976年7月24日 (41歳)
身長:164 cm
女優
本名、川島 理彩
旧姓 須藤

神奈川県横浜市旭区出身
アミューズ所属

神奈川県立旭高等学校卒

スリーサイズはB85 W60 H86。足のサイズは25.5cm。

武田京子(須藤理彩)の役

小松と同期の助産師で妊娠中。

仙道明博(古舘寛治)


古舘寛治(フルタチカンジ)

生年月日:1968年3月23日 (49歳)

俳優
大阪府堺市出身
ザッコ所属。

仙道明博(古舘寛治)の役

ペルソナ救命科部長。

ぶっきらぼうな話し方で、厳しい性格。

救命では圧倒的な経験を持つ。

ドラマ「コウノドリ2」続編7話のあらすじネタバレ


突然、倒れた小松(吉田羊)。

心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。

しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。

すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦める。

小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。
サクラが小松の手術の決断のためにピアノを引く

サクラがある晩、小松を誘う。

そして、ピアノを小松の為に引く。

ようやく手術の決心ができ、子宮の全摘を行った小松だった。

ドラマ「コウノドリ2」続編7話の見どころ期待

子宮全摘。小松が出した結論とは?

前回の最後で小松(吉田羊)は腹痛を起こし産科で倒れてしまいました。

小松は以前から子宮筋腫があることはわかっていたようですね。

でも検査を受けてみるとそれよりも遥かに病は重いものでした。

子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞という2つを同時に発症していて、放っておくとガンになる可能性もある状態でした。

サクラは小松の命のことを考え、子宮の全摘を薦めます。

小松自身もそれはわかっているのですが、最後の決断に踏み切れずにいるようです。

小松にはまだ子供がいなかったはずですし、子供がいたとしても子宮全摘は女性にとって大きな決断だと思います。

悲しい現実の前で小松が出した結論はどうなるでしょうか。

そしてサクラは小松にどう寄り添ってあげられるのでしょうか。

次回は子宮全摘となった女性の生き方について考えさせられるテーマになりそうです。

子宮全摘の決断を迫られた小松

第7話は、子宮に違和感を感じながらも仕事をしていた助産師の小松が、痛みで倒れてしまう。

詳しい検査をすると、子宮筋腫など色々と病気が発覚し、病状もかなり悪化していた。

こんな酷い状態で仕事をしていた小松の身体を心配するサクラたちだっだが、このまま放置するのは危険だと判断し、子宮を全摘出することを進める。

母親になる前に子宮を全摘出することに悩む小松はどんな決断をするのか?

子宮筋腫でガンになってない状態で全摘出を選ぶのはかなり勇気のいる決断だと思います。

さらに全摘出をすれば、子供が産めなくなってしまうので、女性としてお母さんになることを諦めないといけなくなる苦悩や、小松さんがどういう思いで決断を下すのか見どころです。

小松さんの体調に異変が!

産科の元気の元の小松さんが、倒れてしまいました。ずっと、わかっていた子宮の病気のようです。

でも、予想以上の深刻な病状。命に関わるような病状なのでしょうか。でも子宮の病気というのは、とてもデリケートな病気のひとつです。

簡単に、取ってしまおうということも出来ません。命を取るのか、女性としての希望を取るのか。小松さんにとっての大きな決断は、どうするのでしょうか?

小松さんの、沈んだ顔は見たくありません。いつも元気で、みんなの不安をとってくれるのが小松さんです。きっと、みんなに心配かけないように、やっぱり、明るく振る舞うのでしょうね。

一方、救命救急に替わった下屋先生。厳しい上司のなか、どんなことを学んでいくのでしようか。きっと、下屋先生のことですから、乗り越えていくのでしょうね。

吉田羊さんの体調が心配

6話から、何度もお腹をおさえて、痛みがある様子だった吉田羊さん。とうとう倒れてしまい、心配です。

相当、我慢強そうな吉田羊さんが倒れるほどの激痛で、ずっと立ち仕事をしていたのかと思うと、その痛みはどれほどだったかと想像もつきません。

しかも、産科に勤務していて、子宮の病気とは、なんと無情なことかと思います。

たくさんの赤ちゃんを取り上げてきたのに、自分は子宮を摘出しなければならないというのは、本当に辛いだろうと思います。

いつも周囲の人に気を遣って、雰囲気を盛り上げている吉田羊さんは、自分の辛さを押し殺して、明るく振る舞いそうなので、それも痛々しく見えてしまうだろうと思います。

医師や看護師など、医療関係者は自分のことを後回しにしがちだと思いますが、検診などはしっかり受けなければいけないなと思います。

小松の決断と下屋の苦戦

産婦人科から救命へ移動することになった下屋ですが、予告で下屋が叱られているシーンもありましたし、下屋がこのドラマからフェードアウトするといったことなく、むしろ7話では下屋が救命で苦戦しながら頑張る姿が描かれていくのではないかと予想します。

下屋が救命で苦戦する姿は、7話の見どころの1つになると思います。

また、6話のラストで突然倒れてしまった小松が実は重い病気であることも7話で判明するようですから、小松が無事に病を克服することができるのかという点も、7話の大きな見どころになるのではないかと思います。

小松は、子宮の全摘出するかどうかという決断を迫られるようですが、小松は全摘出をするのではないかと予想をしています。

子宮筋腫に加え、卵巣チョコレート嚢胞

コウノドリ7話の見どころは、小松の決断です。小松が倒れてしまいました。

原因は子宮筋腫。本人も病状は理解していました。しかし、それだけではなかったのです。

子宮筋腫に加え、卵巣チョコレート嚢胞だということが発覚します。それによってガンになる可能性が出てくるので卵巣の全摘出が必要です。

サクラたちは小松に本当のことを伝えなければならないと思い、全摘出を勧めます。本人もその方がいいことは理解しますが、なかなか決断できずにいました。

女性が卵巣を摘出することはとても決断しにくいことですよね。もう妊娠できなくなるのですから。

小松は多忙のため、なかなか検査に行かなく自分の病状も理解しているようですね。小松の出す結論は同じ女性として考えさせられそうです。

ドラマ「コウノドリ2」続編7話の見どころ感想気になったこと

お母さんになる人生と、ならない人生!小松さんの決断。

産科の要、小松さんが倒れてしまいました。産科にとっては、技術的にも、精神的にも、ピンチでしたね。

サクラ先生、四宮先生、そして、救命に変わった下屋先生も、心配して。その気持ちわかりました。

そんな中で、みんなに心配かけまいと明るく振る舞うことが、逆に、辛い感じがしました。

女性にとって、メンタル的に、へこんでしまう、子宮の病気。余りよくない病状。

命をとって、母親になる可能性を諦めるか、母親になるために、子宮を守るかという、とても難しい選択でしたね。

「お母さんになる人生と、ならない人生。何が違うんだろうね。」その言葉、なんだか、重く感じました。

その言葉で小松さんの、心の揺らぎが、とてもよくわかりました。とても辛いことですよね。

サクラ先生の、小松さんへの、ピアノ、ジーンとしました。でも、小松さんの下した決断。

ぐっときてしまいました。小松さんと、救命で鍛えられている下屋先生、前進あるのみみたいで、素敵でした。

小松さんの存在は、大きいですね。

小松さんの葛藤が泣ける

小松さんがまさか子宮全摘になるとは驚きました。助産師である小松さんが出産を経験することなく、子宮を全摘出するのはとても辛いことだと思います。

女性であれば経産婦であっても子宮全摘出はとても迷うことです。

小松さんのような助産師さんがいれば患者さんや同僚はとても心強いですが、小松さん自身が甘えられる人がいれば少しは楽になるのかなと思いました。

みんながみんなを思い合っているペルソナは本当に理想の職場です。

人の心に寄り添うのは難しいことですが、その気持ちを持つことはとても大事な事だと思いました。

鴻鳥先生が小松さんの為にピアノを弾いていたシーンはとても感動しました。

四宮先生がどこかへ行ってしまいそうなので次回もとても気になります。

コウノドリ7話の感想は、とにかく勇気のある決断で泣けました

女として生まれた以上、出産を経験するというのは大きな役割ですし、自分の子を産みたいというのは本能であり、誰しも願望が少しはあるのではないかと思います。

小松の決断はとても勇気が必要で、助産師として働くのは辛いものがあるのではないかと思いますが、周りにそんな気配を出さず気配りのできる本当に強い女性です。

下屋が頑張っていますね!前回の出来事から救急に行きましたが、奮闘しています。

頑張って欲しいです。そして、サクラのピアノは本当に心にしみます。

小松の心はサクラの演奏によって何か動かされるものがあったのかなとも感じました。

女として生まれた以上、女性特有の病気は付きまとうものです。今回も泣いてしまいました!

独身の吉田羊さんの決断

『医者の不用心』という言葉があるように、医療に携わる人は、自分のからだのことには無関心だったり、後回しにしたり…という典型のような吉田羊さん。

女性として生まれたからには、出産を経験したいという思いは、多くの女性に共通していることだし、助産師としてたくさんの赤ちゃんを取り上げてきた吉田羊さんは、特に、その思いが強かっただろうと思います。

それなのに、子宮を全摘出しなければならないというのは、頭ではわかっていても、なかなか決断ができなかっただろうと思います。

そんな時に、綾野剛さんや、星野源さんの心遣いが、とても心にしみただろうと思います。

自分の子供をもつことはかなわなくなりましたが、良いパートナーに巡り会えたら良いなと思います。

小松のセリフに考えさせられた7話

今回の7話は、小松の台詞や決断に関して考えさせられた回でした。子宮を全て摘出した方がいいという状況にあった小松が感じた思いに考えさせられましたね。これから1人で生きていかなければならないと思うと寂しいというより恐いという小松の台詞は、とてもリアルだったのではないかと思います。

子供を産めなくなってしまうかもしれないというのは、女性としてはとても大きなことだと思いますし、その決断をするのは本当に勇気がいることだと思います。

正直、女性でなければその辛さは分からないとも思います。

ですが、だからこそ観ながらとても考えされられましたし、将来自分の妻が小松と同じ状況になる可能性もありますから、女性でなくても向き合うべき問題だと感じました。

留美子の決断と鴻鳥先生と四宮先生の優しさ

留美子の体調にいち早く気づく鴻鳥先生と四宮先生がすごいと思いました。

そして留美子の気持ちに寄り添う鴻鳥先生に感動です。留美子は本当は子供が産みたいはずなのに、みんなに心配掛けないようにといつも通りに明るく振る舞う姿に心が痛みました。

恵美の子供を迎えに行ったとき、きっと少しでも母親の気持ちになれたから手術の決心がついたのではないかと思いました。

そして恵美自身も、留美子の助言に助けられたのではないかと感じました。

留美子の手術が終わって、テーブルの上にカップラーメンとあんぱんが置いてあったのを見たとき、四宮先生と鴻鳥先生の優しさを感じられましたが、二人の「賞味期限切れそうだったので。」発言には笑いました。

身寄りのない小松さんがたくさんの愛に気づく時

小松さんの悲しい思いが見ているこっちにも嫌というほど伝わりました。

でも病気は待ってくれないし、最後には子宮を摘出する決断をしてくれて良かったです。

小松さんは身寄りがないけど、その人柄からたくさんの人に好かれていて、まさしく遠くの親戚より近くの他人!でした。

いろいろな人がいろいろな優しさや気遣いを見せる中、サクラ先生と四宮先生のインスタント焼きそばとジャムパンのお裾分けには笑えました。

幸せだけじゃないけど不幸だけでもないと、このドラマを見ているといつも思います。

小松さんだけでなく、ペルソナのスタッフはみんな仕事に全力投球です。

そのため勢い余って違う方向に、はみ出しそうな人もでてしまいますが、どう軌道修正するかもこのドラマの見どころなので、毎回楽しみです。


⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ1話のあらすじ
コウノドリ2話のあらすじ
コウノドリ3話のあらすじ
コウノドリ4話のあらすじ
コウノドリ5話のあらすじ
コウノドリ6話のあらすじ
コウノドリ7話のあらすじ
コウノドリ8話のあらすじ
コウノドリ9話のあらすじ
コウノドリ最終話のあらすじ

コウノドリ2第1話のあらすじ
コウノドリ2第2話のあらすじ
コウノドリ2第3話のあらすじ
コウノドリ2第4話のあらすじ
コウノドリ2第5話のあらすじ
コウノドリ2第6話のあらすじ

コウノドリ2第8話のあらすじ
コウノドリ2第9話のあらすじ
コウノドリ2第10話のあらすじ

-コウノドリ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.