芸能人演技力

段田安則の演技力は下手なの上手いのいつも同じ演技力の評判は?

投稿日:

段田安則の演技力は下手なの上手いのいつも同じ演技力の評判は?

永遠の超一流脇役俳優!

段田安則さんは細身の体型、面長の顔なので、冷酷な役、逆に小心者の役がとても似合う俳優です。一番手ではないところが魅力だと思います。主役を引き立てつつ、自分の独特の雰囲気も醸し出しているところがいいですね。

決して主役に食われてばかりじゃない、ハングリーな面も見せてくれます。1998年のドラマ「聖者の行進」では良心的な仮面をかぶった犯罪者を演じていましたが、これが段田安則さんの代表作だと感じています。

強いものには従い、弱い者にはとことんいじめぬき、自分の欲望のはけ口にする狂気的な演技に目を奪われました。ですが最後は良心的な面も見せています。100%悪人ではなく、心の底にほんの少し人間としての優しさが残っている人物を演じさせたら、段田安則さん以外にいないと思います。

段田安則の演技力は、作品を更に深みのあるものに出来る俳優

段田安則さんの演技力は、とても高いと思います。個人的には、段田安則さんというと名脇役という印象で、脇役として主役をとても引き立たせる日本を代表する俳優さんの1人ではないかと思います。

最近では「就活家族~きっと、うまくいく~」というドラマで、三浦友和さん演じる主人公の友人役が非常に印象的でした。

段田さんの三浦さんとはまた違った渋さのある演技が、このドラマを更によいものにしていたと思います。

このドラマに限らず、段田さんの渋い声と深みのある演技は、段田さんの演じる役の人生が見えてくるようで、深みを感じます。ですので、観ている側もよりドラマの世界観や作品を通して伝えたいことが理解できます。想像力の沸く小説に比べると映像作品は印象が固定されがちですが、そういう意味では段田さんの演技力は、観ている側に想像力を与えてくれる俳優さんだと思います。

段田安則さんの演技力はさりげないのに存在が光っている

段田安則さんといえば、お父さんの役や悪役の上司の役などさまざまな役がこなせる俳優さんというイメージがあります。

眼鏡をかけ、どこか神経質そうな顔をされているので、真面目な役が似合いそうです。

その淡々とした表情だけでも存在感がありますし、セリフもとくにクセがなく聞きとりやすいとおもいます。

段田さんは小柄ですし、たたずまいはさりげないのですが、狂気を感じる役のときは、とても不気味にも見えますし、普通の父親やおじさんをコミカルに演じることもできるというのはすごい事だと思います。

日本を代表する名脇役の1人だと思っています。普段バラエティなどにも出演されないので、私生活が見えないところもミステリアスな魅力なのかもしれません。

どんな役でも乗りこなせる俳優段田安則

段田安則さんは、若い頃から劇団に入り、あの有名な演出家の野田秀樹さんや蜷川幸雄さんなどにしっかり鍛えられていて、その後も舞台や数々のドラマに出られているので、その結果安定感のある演技力を身につけられたのだと思います。

真田丸では、段田さんは滝川一益役を演じられていましたが、真面目で人柄の良さそうな段田さんにぴったりの役どころで、役柄のコミカルなところや、少し物悲しい雰囲気まで、きっちり演じられていたのが印象的でした。

だいぶ昔ですが、聖者の行進というドラマに出ていたときの役もかなり印象に残っています。真田丸の役とはまったく正反対の悪役で、障害者の人たちに想像しうる限りの悪行をしていて、役柄なのに、ほんとに気持ち悪くなるくらいに熱演されていました。プロなので当たり前かもしれませんが、どんな役にも対応できる、素晴らしい俳優さんだと思います。

段田安則さんはバイプレーヤー

段田安則さんは元々舞台役者なので実力もあり、テレビなどでも即戦力になれる役者さんです。そして所属事務所にも同じように実力派の役者さんがたくさんいます。

物静かな役や神経質な役や優しいお父さんの役などを得意としていると思います。コミカルな役もこなす一方、不気味な役も出来て幅広い演技が出来る俳優さんだと思います。

演技をしていない時はいたって真面目な感じで、役に取り組む時も演技にそれが反映されている気がします。

最近では真田丸など時代劇にも出演していて、いろいろな演技のジャンルに活動を広げています。2枚目で売っている俳優さんなどと違い主役でない事の方が多いですが、その話に奥行きを持たせる為に欠かせない名脇役だと思います。

段田安則さんの演技力は、多くの人を引き込む。

段田安則さんの演技力はとても高いと思います。段田さんは個性は俳優というイメージがあります。ベテランでテレビドラマで主演を務めていたり、演技の幅がとても広く、たくさんの演技をこなされています。

段田さんが出演されたNHKドラマで「64」があります。このドラマでは誘拐された娘の父親役をしています。ドラマを多くもている私でもこの作品の段々さんの演技はとても引き込まれました。

迫真の演技でした。見ている人たちを作品に引き込んでしまう段田さんはこれからも多くの作品に出演することが決まっています。

8月には松竹120週年記念の喜劇『有頂天旅館」に客演し、10月には、三谷幸喜監督のSF喜劇「ギャラクシー街道」の出演が決まっています。

才能あふれる実力派俳優

舞台、ドラマ、映画と多岐にわたって活躍する俳優さんで、実力派俳優といえば、段田安則さんだと思います。

色々な役をこなす事が出来て、演技の幅も広くて、才能にあふれた俳優さんです。劇団出身という段田さんのキャリアが、今の実力に繋がっているのでしょうか。

脇役でも存在感抜群ですし、逆にこなせない役なんてあるのかなと思ってしまうほどです。私が段田さんを知ったきっかけは、「聖者の行進」です。

あのドラマがとても重い話だったので、その中で、段田さんの役がかなり悪い役で、始めて見た時の印象が今でも忘れられません。その後の段田さんの活躍を見ていると、役に引っ張られる事なく活躍されているので、本当に素晴らしい俳優さんです。

イメージは永遠の中間管理職

役者歴は30年ほどあり、これまでに出演した作品は数え切れないほどあります。どれも、脇役ですが、ときどき強烈な印象を与える役柄も演じることができる役者さんだと思います。

ただ、やはり主役ではなく、どこかの銀行の課長とか、中小企業の課長とか、役所の課長とか…とにかく一番、偉い人ではなく、そこそこ偉い人を演じるのがしっくりくるような役者さんだと思います。

実際の年齢が上がってきて、もう少し上の役職もわりと自然に見えるようになりましたが、永遠の中間管理職というイメージです。

ですが、それが段田安則さんの良さで、どこにいても不自然に浮いたりせず、その場になじんだお芝居ができる貴重な存在の役者さんなのだろうと思います。

段田安則の演技力は知的な男性の役にマッチする

段田安則の演技力は知性のインテリジェンスな男性の役に合うと思った。そう思った理由は出身大学が立命館大学だからという理由だけではなく、眼鏡をかけた時の顔が、少し細身の顔と合っていると思ったからである。

中年としての魅力があるので、タクシー運転手や刑事の役も合っていると思いました。過去に科学者役として脇役として主演した事がありますが、少しにやけている感じの顔が少し不気味なので、怪しい感じの中年男性の役にも似合似合っていたので、悪役も似合うと思います。段田安則の顔付きは派手な感じがしないし、落ち着いた風貌なのであまり目立たない脇役にも見事に合うと思います。

段田安則は主に1990年代に活躍していた俳優ですが、現在でも演技力を生かしてもっと活躍して欲しいと思いました。

ベテラン俳優としてばっちりの演技力

段田安則さんはかなりのベテランの俳優さんです。かなり芸歴は長くて、もう還暦になっています。

とても若く見える俳優なので還暦とはびっくりしてしまいます。段田安則さんは決して目立つ俳優さんではありませんが、数々の脇役を経験してきました。

脇役としてサポートしてきた役者さんです。目立ちすぎず、しかし、爪痕をきちんと残していくという素晴らしい俳優さんです。

一般的な役柄から時代劇まで幅広く活躍の場があります。様々な役柄をこなしていますが、演技の塩梅がちょうどいいです。濃すぎす、薄すぎす、ここの調整ができるのはやはり演技力があるからだと思います。劇団出身の俳優さんなので、キャリアも長いですし演技の基礎も演技力もばっちりです。

-芸能人演技力

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.