ごめん、愛してる日本

ごめん、愛してる日本版最終回10話動画無料パンドラ再放送見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ日本版「ごめん、愛してる」の動画最終回10話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ日本版「ごめん、愛してる」の動画最終回10話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ日本版「ごめん、愛してる」は公式動画配信TSUTAYAで視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
30日間無料お試し中【TSUTAYA TV】

ごめん、愛してる動画最終回10話のあらすじネタバレ感想


凜華は、律を探しに、若菜の家まで来ていました。でも凜華さんよ、鍵の場所を知っていて、勝手に家の中に入るとか。それって、不法侵入ですからー!

律は、塔子に運転をお願いして、若菜と魚を海へ連れてきていました。なるほど、前回のラストで、律が、塔子と落ち合っていたのは、そういうことだったわけですね。律は、若菜と魚との、最後の思い出作りをしに来ているようです。辛すぎるわ。

塔子が、「私って人に頼られると弱いのよ」って言ったときの、律の冷たい顔。(笑)ほんと、「お前が言うなよ」って感じだったよね。

凜華は、若菜の家にあった、律の服を思わず手にとって、匂いをかぐのでした。凜華だから、可愛いけれど、他の女子がやってたら、怖いやつね。でも、これって、片思いしてるからこそ、やっちゃうんだろうね。

恒夫は、凜華を連れ戻しに、若菜の家までやってきました。しかし、凜華に、「律のことを愛しているの」と言われて、恒夫は、涙を流すのでした。

サトルは、麗子に、「もし、死産だった子供が、生きていたとしたら、僕と同じように命がけで守りたいって思う?」と尋ねます。麗子は、「もちろんよ」と答えたのでした。えええ!? どういうこと!? 律のことを捨てた分際で、何言っちゃってるわけ。え? もしかして、麗子って、死産だったと本気で思っているんだろうか。つまり、麗子には、律を捨てる気は無かったっていうこと? え? まさか、これが恒夫の抱えた、秘密だったとしたら……。

律は、麗子から、サトルに心臓が適合することが分かって、「本当にありがとう」と、お礼の電話を受けます。その言葉を聞いた、律は、「嬉しいのかよ」と、思わず、自分に1人ツッコミをするのでした。律は、自分でも、あざ笑っちゃうくらいに、麗子の言葉に、喜びを感じずにはいられないのでした。このときの、無条件に、本能で母親の愛を欲してる、律の魂に、胸を締めつけられたよ。

律は、塔子の別荘で、ついに倒れてしまいます。律が、若菜に、自分の病気を知られないよう、必死に隠す姿が、たまらなかったですね。律は、塔子に、若菜と魚を家に送るように、お願いするのでした。塔子が、心配する若菜のことを「安心させてあげて」って、律に頼んだのは、意外でした。塔子、めっちゃ分かってるじゃん。ここに来て、塔子が、律に、最後の居場所を与えてあげたり、律の願いを、叶えてあげようとするのには、母性を感じましたね。塔子は、律との出会いを通して、ようやく人間らしい、精神が戻ってきたのでしょうか。

律は、不安がる若菜に、「仕事が終わったら帰るから」と、約束をするのでした。まぁ、そう言うしか無いですよね。それにしても、若菜が着てるパジャマって、たぶん塔子のを借りているんでしょうけど。これ、絶対にシルクだよ。私は、着たことも見たこともないけどな。

律が、激しい頭痛に襲われているのを、必死に耐えながら、笑顔で若菜に接していたの、観ているこっちも辛かったわ。

若菜と魚が家に帰ると、憔悴(しょうすい)した凜華が出迎えたのでした。そこへ、若菜と魚を送り届けた塔子が、姿を現します。

律は、塔子の別荘で、1人で苦しみと戦っていました。そこへ、凜華が現れます。凜華は、塔子から、律の居場所を聞き出したんでしょうね。今さらだけど、塔子の別荘、ステキだなぁ。外壁は、今、流行のガルバリウムかしら。

凜華は、律から「帰れ」と言われてしまいます。でも、天下の凜華が、そんなことで諦めるわけがないよね。雨が降ってきて、思わず凜華のことを気に掛ける律が、最高に優しいと思った。これから死ぬんだぜ、お前は。

律は、やはり、雨に濡れた凜華を、家の中に、迎え入れました。凜華が、律のことを、また、背中から抱きしめたのには、感動しましたが、ただ一言だけ言わせてほしいのは、「家の中でやれよ」。

凜華は、「律が死んだ後に、私に辛い思い出しか残らないことを心配しているんだよね」ということを、ちゃんと理解していました。凜華が、律が死んだ後の自分のことを、「正直に辛い」と告白する姿、そして、「それでも必ず乗り越えるから、一緒にいたい」と、訴える愛に、涙が出ました。

律は、ようやく、素直に、凜華を抱きしめることができたのでした。だから、家の中でやれよ。

律と、凜華は、抱き合って、眠っています。シングルベッドで抱き合うって、エロいわぁ。でも、この別荘、確か他にもベッドあったはずだよね。凜華は、律の寝顔を、こっそりとカメラに納めるのでした。これも、片思いだと、やっちゃうシリーズね。

凜華は、律のことを何も知らないのに、こんなに好きになってしまったことを、不思議がっています。凜華は、自分の誕生日さえも知らない、律のために、ケーキを買ってお祝いをすることにしたのでした。

しかし、凜華と律の元へ、サトルが現れたのでした。サトルは、凜華に、律と2人きりにして欲しいと願い出ます。

サトルは、律の心臓をもらってまで、生きたくないと伝えたのでした。でも、律は、自分の心臓で、サトルが生きてくれたら、それが嬉しいのだと訴えます。しかし、サトルは、律が、麗子のために、心臓を与えたがっていることを見抜いていました。律は、サトルから、自分は、「麗子の本当の子供じゃない。養子なんだ」という衝撃の事実を聞かされます。まじかよ!

サトルも、やはり、産まれてすぐに施設に預けられていたようです。だから、サトルって、名前がカタカナだったんですね。なんで、麗子が、サトルに漢字の名前を付けなかったんだろうかと、ずっと不思議に思ってたんですよ。でも、まさか、血が繋がって無かったとは! それにしても、律を施設に捨てていながら、施設の子供だったサトルを引き取ったなんて、皮肉なことですね。同じ施設で育ったというのに、律とサトルの人生が、こんなにもまるで正反対の道を送ることになってしまったというのも、苦々しい思いがします。

サトルは、麗子に、律が本当の子供だと伝えることの出来なかった自分に、負い目を感じているようです。サトルは、血の繋がっていない、麗子が、自分のことを心から愛してくれているか、自信を持てていなかったのでした。お前さん、麗子に命がけで守ってもらってる身分で、律に向かって、よくそんなことが言えたわね。しかし、律は、サトルに、「お前はちゃんと麗子に愛されている」のだと、真っ直ぐな目で伝えます。すると、サトルは、「血が繋がっていないのに、命までかけられる人が、律を捨てたなんてことは、信じられない」と、訴えるのでした。ほんまに、その通りやー!

サトルは、また発作を起こしてしまいます。もう、律にも、サトルにも、時間は残されていないのでした。

律は、凜華に、サトルを病院へ送っていくことを伝えます。

病院に運ばれたサトルの元に、血相を変えた麗子が、かけつけます。麗子は、ショックのあまりに、気を失ってしまったのでした。ほんと、いつ死ぬかもしれないサトルを、よく律の元へ行かせることを許したもんだよな。まぁ、律から、心臓をもらえることが、保証されてるからか。

恒夫は、病院で、ふらついて歩く律を、呼び止めます。恒夫は、律を捨てたのは、自分の独断だったことを打ち明けたのでした。やっぱかー! 麗子は、律を産んだ後に、体調を崩してしまったのでした。麗子が、目を覚まさぬうちに、恒夫は、律を養護施設へ捨てに行ってしまったのでした。まさかの、恒夫だけが、悪者だったという展開に。

しかも、恒夫は、麗子のキャリアを守るためではなく、黒川との子供を産んだことが許せなくて、律を捨ててしまったらしいじゃないですか。ほんと、ふざけんなよって感じですわ。もう何もかもが残酷すぎるわ。だから、何も知らない麗子の元に、突然、姿を現した律を見たときに、半狂乱になってたわけですね。(第2話のラストと、第3話より)いくら、涙を流して謝ったって、これは許されることじゃないわ。永遠に。

律の持っていたサファイアの指輪も、恒夫が、麗子から勝手に盗んでいたものでした。なんと、麗子は、ずっと、律が産まれてくることを楽しみにしていたのでした。誰か、恒夫に、実刑を与えたまえ。

真実を知った律は、「死ぬ間際の自分に、今さら、なんてことを言うんだよ」、と、思わず恒夫に、つかみかかります。そりゃそうだろうよ。律は、「もっと生きたくなるじゃねえかよ」と、悲痛な想いを、恒夫にぶつけるのでした。恒夫は、ただただ、土下座をして謝ることしか、出来ないのでした。

凜華は、塔子の別荘で、律の誕生日を祝うためのケーキを用意していました。凜華は、律に、「俺と一緒に死ぬか?」と、言われたことを思い出していました。(第7話の伝説の4択より)おいおい、凜華よ。まさか、よからぬことを考えてるんじゃないだろうな?

どうやら、サトルは、目を覚ましたようです。麗子も、意識を取り戻して、とりあえず、ホッとしている様子。サトルは、麗子に、家に帰ってヘッドフォンを取ってきて欲しいと頼みます。どうやらサトルは、麗子と律を2人きりにさせたかったようです。それが、サトルにできる精一杯の、律への優しさだったんでしょうね。

麗子は、サトルが、海まで行って、律に、何を伝えたかったのか、気にしていました。律は、そんな不安そうな麗子を、安心させるのでした。麗子は、律に、「何かお礼がしたい」と申し出ます。律は、麗子に、迷いながらも「飯を作ってください」とお願いするのでした。律の答えを聞いて、意外そうにしている、真実を何も知らない麗子を見ているのが、辛かったですね。

麗子は、律のために、「たまごのおかゆ」を作ったのでした。律は、味わうように、ゆっくりと、おかゆを口に運びます。まるで身体中で、麗子の手料理を味わっているようでしたね。律は、麗子に、感想を言うことさえできないほど、嬉しさのあまりに、泣きそうになっています。感極まった律は、「すみません」と、思わず席を立ってしまったのでした。きっと律は、泣く姿を見られたくなかったんでしょうけど、麗子にしてみれば、ただ戸惑うばかり。しかし、麗子は、自分でも、理由が分からないのに、勝手に涙が出てきてしまうのでした。涙を流しながら、律の姿を窓から探す麗子の姿を、律は、家の外から、見つからぬよう隠れるようにして、見上げていました。

永遠に、母親と息子として、想いを伝えあうことのできない、2人。律は、その非情な現実に向けて「母ちゃん」と、静かに、つぶやいたのでした。

律は、記録として撮りためていた、自分の動画を見返していました。そして、律は、その、全ての動画を、削除してしまいます。オーマイガッ!

律は、「母ちゃん、産んでくれてありがとう、生まれ変わっても、また親子になろうな」と、夜の空気に、つぶやきます。律よ、どこまで自分を追い詰めるんだ。救いがないにも、ほどがあるだろ。律は、麗子の子供であることを、この時点で、すでに、消してしまうことにしたんでしょうね。この行為こそが、心の底から、麗子を愛している律の、最初で、最後の、母親へのプレゼントだったのかもしれません。全ては、麗子に、悲しい思いをさせないために。

律が、塔子の別荘に帰ると、ソファーで眠りこけている凜華の姿を見つけます。テーブルには、律のためのケーキが用意されていました。

律は、凜華の握っていた携帯を、そっと手にとり、凜華が撮りためていた、自分と写っている写真を、すべて、消してしまうのでした。何しとんじゃー! ワレー!? なにも、ここまで、する必要無いだろうが。律は、凜華のことを、本気で愛しているから、やった行動なのだろうけれども。凜華に、少しでも、悲しい思いをさせないために、楽にしてやるために。でも、律は、全然、楽にはなれないのにね。律の救いは、どこにあるんだよ。律は、眠る凜華に、そっと、口づけるのでした。

それから、律は、凜華の元を去ったのでした。まるで、死ぬ前に、飼い主の元から姿を消す猫みたいにね。

凜華が、目を覚ますと、携帯から、律との写真が全て消去されていることに気がつきます。慌てふためく凜華。そんな凜華の元に、律から電話がかかってきました。律は、手に、指輪を握り締めています。律は、その指輪を、海へと投げ捨てたのでした。律は、指輪を捨てる勇気を、凜華からもらいたかったのかもしれないですね。だから、律は、このタイミングで、凜華に電話をかけたんじゃないかな。

律は、凜華に、「ボケチン、ごめん、愛してる」とだけ伝えたのでした。律は、波打ち際を、ただ、1人、太陽が照らす光に向けて、歩いていくのでした。そして、律は、光のかなたへと消えたのでした。律は、本当に、全てを綺麗に片付けて、行っちゃったんだね。勝手に、1人で、綺麗に死んじゃうなんて。まるで、置いてきぼりにされた凜華になった気分でした。

1年後。

サトルのコンサートが開かれようとしていました。サトルは、コンサート会場で、「僕には兄がいます。兄のおかげで、今日を迎えることができました」と、客席に向かって報告するのでした。やっぱり、サトルは、律から心臓をもらったんですね。サトルは、律のおかげで、コンサートができるまでに、元気になったんだなぁ。

客席の麗子は、サトルのピアノを聴きながら、律との思い出を思い返していました。麗子の記憶の中では、律は、いつも自分のことを守ってくれていたのでした。麗子が、どんなに、律に冷たく接しようと。律の、最後の瞬間まで。感情が高ぶった麗子は、サトルの演奏を最後まで聴くことができないのでした。

塔子は、泣いている麗子を心配して、麗子に近寄ります。しかし、麗子は、「自分の子供はサトルだけ」だと、伝えるのでした。「捨てた子供のために泣く資格なんて、無いの」だと、麗子は、ひそやかに言うのでした。でも、麗子のせいじゃないよ。恒夫のせいなんだよ。手遅れすぎるけれど、麗子は、これから、死ぬまでずっと、律のことを、想い続けて生きていくんだろうね。

麗子は、自宅で、ピアノの練習をしています。麗子は、なんと両手でピアノを演奏できるようになっていました。麗子は、ドアの向こう側で、律がピアノを聴いていることを、想像して弾いているようです。「盗み聴きしないで!」って、何度も、律に、怒っていた麗子が、まさか、律を思い浮かべてピアノを弾く日が来るだなんてね。全然使い物にならなかった、右手で、たった1年でここまで弾けるようになるだなんて、どれほど練習したことか。きっと、麗子の音は、律の魂に、ちゃんと届いているはずだよ。

若菜は、あいかわらず、律の帰りを待ちわびていました。しかし、しっかりと魚が、若菜のことを、守っているのでした。魚は、ちゃんと、「母ちゃんを守る」という、律との約束を守れているようですね。こんな頼もしい魚を見たら、律も、安心して天国で見守っていられることでしょう。

凜華は、韓国で、初めて律と会った日の、思い出の場所で、寝そべっていました。凜華には、律の声が聞こえるように感じていました。「しっかりしろ、ボケチン」と、律は、言うのでした。一夜を、律との思い出と共に過ごした凜華は、翌朝、晴れやかな顔で、律との思い出の場所を去ったのでした。

凜華は、律の死後、1年が経って、ようやく律の死を受け入れることができたんでしょうね。凜華は、悲しみを乗り越えるために、本当に、頑張ったんでしょうね。凜華の晴れやかな顔を見て、律との「ちゃんと、あなたの死を乗り越える」という約束を果たせたという愛の強さを感じました。

凜華は、きっと、律のことを一生忘れないでしょう。律の写真が無くても、律のことをほとんど何も知らなくても。だけど、凜華は、ちゃんと、自分の人生をこれから歩んでいけることでしょう。それこそが、律が望んだことだと、凜華は、ちゃんと分かっているはずだから。律は、麗子が天国にやってくる日まで、しばらくは、麗子のピアノを子守唄にして、ぐっすりと眠ってね。律は、本当に、よくがんばりました。とっても良い子で、えらかったね。
⇓   ⇓   ⇓
ごめん愛している日本と韓国版の違い
ごめん、愛してる日本版のキャスト
ごめん愛してる日本版1話あらすじ
ごめん愛してる日本版2話あらすじ
ごめん愛してる日本版3話あらすじ
ごめん愛してる日本版4話あらすじ
ごめん愛してる日本版5話あらすじ
ごめん愛してる日本版6話あらすじ
ごめん愛してる日本版7話あらすじ
ごめん愛してる日本版8話あらすじ
ごめん愛してる日本版9話あらすじ

ごめん、愛してる韓国動画フルが無料で見放題!!!
ごめん、愛してる韓国第1話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第2話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第3話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第4話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第5話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第6話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第7話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第8話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第9話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第10話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第11話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第12話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第13話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第14話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第15話のあらすじ
ごめん、愛してる韓国第16話最終回

日本版「ごめん、愛してる」を見る方法は?はどこで見れるの?

日本版「ごめん、愛してる」を見る方法は?はTSUTAYAで視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
30日間無料お試し中【TSUTAYA TV】

本ページの情報は2018年2月15日時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

日本版「ごめん、愛してる」はTSUTAYAで視聴できます
⇓  ⇓  ⇓
30日間無料お試し中【TSUTAYA TV】

-ごめん、愛してる日本

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.