BG身辺警護人

bg身辺警護人ドラマ動画1話~最終回フル無料パンドラ再放送見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「BG身辺警護人」動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「BG身辺警護人」動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。
[br num="1"]


[br num="1"]

ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドラマ「BG身辺警護人」キャスト

島崎章(木村拓哉)
落合義明(江口洋介)
高梨雅也(斎藤工)
菅沼まゆ(菜々緒)
沢口正太郎(間宮祥太朗)
立原愛子(石田ゆり子)
村田五郎(上川隆也)
河野純也(満島真之介
今関重信(永島敏行)
氷川修(宇梶剛士)
清田春孝(阿部進之介)
島崎瞬(田中奏生)

ドラマ「BG身辺警護人」動画1話~最終回あらすじネタバレ

身辺警護課に入り、新人ボディーガードとして働くことになる章

2018年、極寒の路面補修工事現場で、交通警備員をしている島崎章(木村拓哉)。

そこへ、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)を乗せた一台の車がやってくる。

助手席には警備SPの落合義明(江口洋介)も同乗。

工事中で通行止めだと言うが、どうしてもと頼まれる。

事故を起こされても困ると思い、章は仕方なく抜け道を教えた。

どうやら、彼女は記者たちに追われている様子。

記者の中には、週刊「時論」の犬飼悟(勝地涼)の姿も。

ちょっと彼は怪しい感じ…。

次の日、章は勤め先の日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼びだされる。

なんと、新設した身辺警護課にいって欲しいとのこと。

章は以前、ボディーガードをしていた。

でも、彼はある出来事をきっかけに、ボディーガードの世界から身を引いていた。

そして一度失敗した人間は、現場には戻れないと断る。

今関は、黙っていればいいといい、結局、新人ボディーガードということで、働くことになる。

章は6年前まで、ボディーガードをしていた。

かっこよく、空港にてサッカー選手を守っていた最中、1本のネジが落ちてくる。

このネジがきっかけで何か起きたようだ。

でも、何があったか、1話ではまだ詳しくは分からない感じ。

章は、ボディーガードとして再び働くため、早速トレーニングを開始した。

章の他に、身辺警護課としては、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そしてそれを統括する課長として、村田五郎(上川隆也)、の5人がつくことに。

まずは厳しい訓練が始まる。

章は過去にボディーガードをやっていたこともあり、かなり動きがよかった。

機敏な動き、カッコよすぎ。

まゆたちもその姿に新人のはずなのに、何者?って感じで驚いていた。

身辺警護課に、佐助から初めての依頼が来る

そしてついに、初めての依頼が。

その依頼は、サスケフーズの社長・大久保佐助(伊武雅刀)から。

隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーを務める佐助のボディガードをしてほしいとのこと。

なぜボディーガードをして欲しいと依頼したのかというと、その頃スターターとしてマラソン大会へ出席予定の愛子が“元ファン代表”と名乗る人物から脅迫状を受け取っていたのだ。

「慢心は人間の最大の敵だ。退陣なくば、死の号砲が鳴る」

そんな脅迫状を受け取っていながら、愛子は脅迫に屈することはしない、と参加への決意を新たにする。

警護するのが愛子ではないと分かるとがっかりするまゆ。

そんなまゆをみて、雅也は『政治家は警視庁のSPがきっちりガードしている。民間に頼むわけない』と呆れた様子。

そして、チーム全体を指揮するリーダーに名乗り出る。

章は雅也をバックアップすることに。

まず二人で佐助の元へ。

佐助は絶対死にたくないとのこと。なら出席しなきゃいいのに…。

思わず章もポロリと聞いてしまう。

でも、新商品のラーメンのヒットを祈願して始めたイベントのため、不参加はあり得ない様子。

雅也は、『万が一の時は私が盾になります』と約束する。

章も『全力でお守りします』と約束した。

佐助の会社を出た二人。

雅也は『この程度の警備が怖いなら、ボディーガードは向いていないんじゃないですか?死ぬ気でやらないとクライアントの盾にはなれない』と章に告げる。

章は、『盾が死んじゃったらまずくない?ボディーガードが倒れちゃったら、クライアントがむき出しになっちゃう。それって、任務を途中で投げ出しちゃうことにならないかな?』
と話すと、

『自分はやられない。あなたは臆病さを正当化しているだけ』と吐き捨てた。

一方、警視庁では、落合を中心に、テロを警戒して、180人体制という厳重なプランを立てていた。

そのため、次の日に章が警視庁に提出した警備プランをみた落合はバカにした。

『民間警護は町の用心棒レベルです』と。

○身辺警護課スタッフ達の過去

その後、章は、新プランを立てるため、マラソン大会が開催される運動競技場へ行き、主賓席やクライアント席等をみて、機関銃・爆弾の場合、等様々なシーンを想定して、シュミレーションを始める。

そして、その新プランを村田に報告しようとした。

そこで、高梨が身辺警護課を辞めたいと言ってきたこと、現金輸送課に戻りたいと言ってきたということを聞いた。

あんなに強気だったのにどうしたのだろう・・・。

結局章がリーダーを任されることに。

『あんな厳しい訓練を突破して合格したのに・・・』と驚く章。

そこで彼の過去を聞くことになる。

『元自衛官なんだ。知識も能力もあるから、みんなを引っ張っていこうと張り切っていたけど、ボディーガードなんて、実際は地味だからね。』

まあ、本人の希望ならと章も納得する。

その話がきっかけにお互いの過去の話になる。

村田は元警察官とのこと。章も前の職業を聞かれるが、他の会社でガードマンをしていたと答える。

なんかスタッフそれぞれに何か秘められた過去がありそう。

2話以降に分かってくるのかなあ。

愛子と記者・犬飼の気になるやりとり

その頃、マスコミから脅迫の原因は失言ではないかと責任を追及されていた愛子。

それを受け、自分のことを良く思っている記者の犬飼の独占インタビューに応じており、その内容がネットにアップされた。

それをみた愛子は、犬飼に電話し、

『フェアな記事ですね。信じてお答えして良かったわ』と礼を言う。

犬飼は『先生は大丈夫でしょうか。犯人が挑発されたと思って、襲ってきたら・・・』と心配するも『あれはイタズラよ。シェイクスピアの言葉を使っている時点で本気だと思えない。『慢心は人間の最大の敵』って書いてあった』と脅迫状の内容も教えてしまう。

それを聞いた犬飼は動揺している様子。

何かあったのでしょうか。

大会当日。章達は無事に武器なしで佐助会長を護れるのか

いよいよ、大会当日。

章たちは、警備プランの最終確認をし、警備にあたる。

会場では、愛子が狙われている可能性もあるため、厳重な荷物確認が行われていた。

佐助は章たちのボディーガードの元、会場に到着する。

かなり怯えている佐助。

『何があっても、俺の命を守れよ』という佐助に、

『会長のお命は、私たちが守ります』と章は約束する。

佐助が競技場の席に到着すると、愛子もSPに護られながら到着した。

観客席で会長を警護していると、章の元に1本の電話が。

なんとその相手は雅也だった。

『立原大臣に関する気になる書き込みがありました。』

『立原愛子は嘘つきだ。慢心は人間の最大の敵だと証明してやる』と書いてあったことを伝える。

嘘つきってどういう意味と章は不思議がる。

でも、脅迫状の内容は、警察発表されていないため、一部の人間しか知らないことだ。

やはり、あの記者が怪しいのかなあ・・・。

愛子は無事に開会式の挨拶を終える。

そして、ピストルの合図の元、マラソンがスタート。

愛子が席に戻り、スマホを見ると、何か激しく動揺した様子。

その後すぐ、爆発音とともに煙があがった。

びっくりした観客はパニックになり、慌てて逃げ出す。

でも、愛子は何故かSPを振り切り、爆発があった方へ走り出し、どこかに行ってしまった。

この時、たまたま上司から電話がかかってきていた落合は愛子の傍にいなかったのだ。

章は、怯える佐助を沢口と村田に任せ、愛子を探しにいく。

脅迫状は愛子の自作自演だった?

競技場のある部屋に愛子がいるのを見つけた章。

『何かご存知なんじゃないんですか。脅迫状は嘘なんですか』と尋ねる章。

愛子は、狙われているにしては、派手すぎる服装をしていた。

そこに愛子がいるのを知っていたかのように入ってきた犬飼。

章も、やっぱり・・・と納得する。

競技場に入る前、犬飼がリュックを背負っていたのを見ていた章。

でも、犬飼が会場に入ってきた時には背負っていなかったのだ。

不思議に思っていたが、嫌な予感は敵中したようだった。

章は、『この中に私のクライアントもいるため、他にも爆弾があるのなら、見逃すわけにはいきません』と犬飼迫る。

でも、インタビューを申し込んだだけとしらをきり、インタビューを始めようとする。

先ほど愛子にメールを送っていたのは犬飼だった。

『貴方は脅迫状を書いた人を知っていますね?トレーニングルームで待ちしています』と送っていたのだ。

犬飼はカメラを回す。

『この大会を自らの人気を挽回するために利用しましたよね?』と。

え?そうだったの?とビックリ・・・。

章は犬飼の取材を必死に止める。

でも犬飼に蹴られどんどんやられる章。

え?そんなに犬飼強いの???と最初は不思議だった。

でも、章は犬飼の注意を自分に引き寄せ、必死で愛子を逃がそうとしていたのだ。

でも彼女はその場に立ちすくんでしまう。

そこにやっとSPの落合が登場。

犬飼は、愛子を人質にとり、脅迫状は自作自演だとバラす。

脅迫状に書かれていたシェイクスピアの言葉は、愛子が大臣に就任した時、犬飼が彼女に贈った言葉だった。

なのに、自分が贈った言葉を脅迫状に利用されたことに怒っていたのだ。

そして、『脅迫に負けない愛子を最高の舞台で演じたかった彼女の嘘を本当にしてやった』と話す。

『僕が記事を書いてやったから人気が出たのに、裏切りやがって・・・』

その言葉を聞き、ボコボコにされた章が口を開く。

『よっぽど好きなんだね。言ってることめちゃくちゃだけど、裏切られたってことは期待してたからでしょ?』と犬飼の注意をひきつけ、その間に落合に合図を送り、愛子を救出させた

立ち去る章を呼び止める落合。

『民間が身辺警護をするのは反対。金銭で人は護れない。用心棒に活躍の場などありません』と告げる。

章は『用心棒はもともと敵から身を守るために用心する棒きれのこと。丸腰だからこそ人を護れることもあるんじゃないですか』という。

民間は好き勝手が言えてっと落合は鼻で笑った。

今後も対立するだろう2人のやりとり。

2人の立場の違いが生み出すんだろうけど、これからもこの2人のやりとりは楽しみだ。

一方、佐助は無事に競技場から逃げており、終わりよければなんとやらと、無事だったことに満足していた。

その夜、章は雅也にお礼の電話をかける。

『嘘つきの書き込み、教えてもらって助かったと。』

雅也は、『辞めたのは貴方と組みたくなかったからです』と電話を切る。どうやら、章が6年前に関わった事件の記事をインターネットで見つけていたのだ。

章と雅也は今後も揉めそうだけど、いつかは雅也も、身辺警護課に復帰してくれるといいな。

ドラマ「BG身辺警護人」動画1話~最終回の見どころ感想

ボディガードに注目 BGを見た感想

冒頭木村拓哉さん演じる島崎がファンの投げた卵を見事にキャッチし、投げたファンに返却するという痺れるシーンから始まりました。島崎はどうやら一流のボディガードだったようですが一つの失敗から一線を退いていたようですね。何があったかはまだ謎のままにしているので物語が進むにつれ明らかになっていくのでしょう。

そんな身分を隠して新人ボディガードとして身辺警護人として一から始める所がまた良いですね。マラソン大会での警護も興奮しました。ボディガードという馴染みのない仕事をクローズアップしている所も興味を誘います。島崎と組みたくないからと言って身辺警護人を辞めた斉藤工さん演じる高梨との関係も気になります。今後島崎とどう絡めてくるのか楽しみです。

緊迫感を感じられた第1話

緊迫感があって面白かったです。脅迫状を送ったのが犬飼だということは予想つきましたが、緊迫感のある作風のおかげで最後までドキドキしながら見ることができました。

それにしても、政治家の失言をネタにするとは何とリアルだと思いました。それも、失言の内容が実際の政治家による失言を連想する内容で、ドラマの制作スタッフは攻めていると感じましたが、今のドラマではこれくらい視聴者がリアルだと感じることができる内容の方がよりドラマの世界観に入り込めるのかもしれないと思いました。

愛子が脅迫に屈しないという姿勢もこれまた現代の政治家の姿勢とリンクしていて、とても現代の社会問題を反映させたドラマだと感じました。今後もこの作風で展開して欲しいと思います。

丸腰だから人を守れることもある

初回からスタジアムでの爆破事件という大掛かりな映像が見られて迫力がありましたね。

冒頭に辞めるきっかけとなったサッカー選手の警護について触れられていましたが、今後はこの過去も徐々にわかってくるのでしょうね。

今回の章の活躍はやはり過去に一線で活躍していただけはありますね。

バックを持っていた犬飼も派手なスーツを着ていた立原も瞬時に特徴を頭にインプットして行動していたんですね。

でも守ろうとしていた立原が、実は脅迫を自作自演していたとはかなり曲者の政治家でした。

今回は章に助けられたから良いようなものの、今後も章は立原を救う展開になりそうな気がしますね。

最後に落合に言った「丸腰だから人を守れることもあるんじゃないですか」という言葉は印象的でした。

今後もBGでしか出来ない警護を見せてくれそうなので楽しみです。

新人の島崎章は、卓越した技能を持つ優秀な警護人

豪華過ぎると感じるほどの、有名であり人気がある俳優が多く出演する、この身辺警護人は既に映画にするべきに思えました。

おそらくするんでしょうね。主演の木村拓哉が演じる島崎章は、民間の警備会社の身辺警護人として優秀で卓越した技能を持っているらしく、華麗なアクションがありそうで楽しみの一つとなりそうです。

同じ身辺警護人に元自衛隊員の高梨雅也を斎藤工が演じますが、優秀過ぎて他人を見下す癖があるらしく、島崎とは警護の考えが違うため対立しそうな感じがあって男臭い戦いが見られそうです。

警護といえば、公的機関の警察のSPですが、この作品にも登場していてSPの落合義明を江口洋介が演じて、民間の身辺警護をよく思っていない様子で、公的警護人と民間警護人の対立も面白そうです。

キムタクイメージ回復なるか?

「BG~身辺警護人~」、テレ朝木曜9時の枠なので基本的に視聴率は取れるとは思いますが、満足度はどうでしょうか。

まず最初に感じたのがフジテレビの「SP」の二番煎じだなと。あとは主役が木村拓哉さんというのが残念かな。

今は昔と比べて好感度が下がってますよね。SMAP解散問題で戦犯扱いされてるし。

ジャニーズはここで視聴率を取ってまたキムタクのイメージを回復したいんでしょうけど、木村拓哉さんって昔から「キムタクは何をやらせてもキムタク」と言われているから、イメージ回復を図るにはかなり頑張らないとダメでしょうね。

第1話を見て面白かったら続けて見ようとは思いますが、木村拓哉さんではなく、間宮祥太朗さん目当てで見ようと思ってます。

主役・主要キャストのアクションに期待!

「武器を持たず、人を護る民間の警護人」 と銘打った本作にて、何を演じても木村拓哉な木村拓哉さんは新境地を開くことができるのか。

その辺りに注目しています。また、共演される身辺警護課・課長「村田五郎」を演じる上川隆也さん、同僚の「高梨雅也」を演じる斉藤工さん、「沢口正太郎」を演じる間宮祥太郎さん、警視庁 警備部警護課(SP)の「落合義明」を演じる江口洋介さんとアクションが楽しみすぎる俳優さんをずらりと並べている点も非常に楽しみです。

特にAngelHeartで冴羽遼を演じた上川さんとHigh&lowで雨宮兄弟長男を演じた斉藤さんのアクションを見ることができるのはまさに眼福といって差し支えないと思っています。

木村拓哉が大ピンチだ!

身辺警護人と言うと、ガッチリ体型の人が大半です。

今まで色々な役をこなしてきましたが、無理難題の役です。

脇役も、江口洋介、斉藤工、菜々緒といった長身が勢ぞろいで木村拓哉の身長がもろばれてしまいます。

細身なので、ボディーガードには向いていないと思うのですが、真価を問われる作品になると思います。

人気も全盛期からは、だいぶ落ちてしまい、スタイルの良い若手俳優が出て来ました。

今の若い俳優は、背が高く、スタイルが良く、演技も上手で、器用な人が多い気がします。

40過ぎた、おじさんでは、もう伸びることはないでしょう。

技で勝負するしかない状況に追い込まれています。

この役を無事にこなせれば、木村拓哉は流石と思われます。

ドラマ「BG~身辺警護人~」見どころ

ドラマの見どころは豪華出演者です。主演の木村拓哉さん以外にも上川隆也さん、江口洋介さんなど主役級の俳優さんの出演です。

また、SPという警察組織の護衛官ではなく、民間の警備会社というのも、いいと思います。警察というと権力の象徴で多少の無理は公務という一言ですみますが、民間だといろいろな障害もあると思います。どう乗り越えていくのだろうと楽しみです。

また、厚生労働大臣の石田ゆり子さんは、いままで大臣役のイメージがないです。キャリアウーマン役はありましたが、官僚役は見たことがないです。

ソフトな印象があるので、大臣という様々な決断をして人から恨まれることもあるというヒールな面もあるのでどう演じてくれるかが楽しみです。

これまでのキムタクとは違う一面が見たい

木村拓哉さんの演技は、違う役を演じていても、「キムタク」ということが前面に出すぎて、似たような印象になりがちなので、今度はこれまでと違った雰囲気を見せてくれると良いなと思います。

「キムタク」としての木村拓哉さんは、ボディガードについてもらう立場の人なので、真逆と言っても良いような陰で支える役を、どれくらい自然にできるかが気になります。

そして、豪華な共演者たちが脇を固めてくれているので、いつもの「キムタク」感を抑え気味の演技にしてくれると見ごたえのあるドラマになると思います。

齊藤工さん、石田ゆり子さん、菜々緒さん、江口洋介さんが一度に画面にうつると、連続ドラマとは思えないほど華があるように見えると思います。

「BP~身辺警護人~」名だたるキャストの活躍を見たい

ドラマ「BG~身辺警護人」は民間の警備会社に勤めるボディーガードの、会社社長や政治家など大物クライアントの、文字身辺警護を遂行する、という重厚感に溢れた、どちらかというと無骨な印象のドラマだと思いました。

なにせキムタクこと、木村拓哉さんが主演なので、今からかなり話題になると思います。警視庁のSPの役の江口洋介さんは、白い巨塔、黒革の手帖といった高視聴者の人間ドラマに欠かせない存在です。民間警護会社と警視庁、火花を散らしそうですね。菜々緒さんが身辺警護課の紅一点のようですが、彼女の長い手足がどのようにボディーガードに生かされるのか、今から楽しみです。

厚生労働大臣という役どころの石田ゆり子さんが、木村さんとどのような絡みがあるのかも気になります。新年はキムタクドラマでスタートですね。

期待しかできない、豪華すぎるメンバー

スマップ解散で木村拓哉には、あまりよい印象がないがこのドラマは、100%おもしろそうです。

また、第一話のゲストが豪華です。ボディーガードという職業柄、アクションも期待できます。イケメンなボディーガードのアクションは、目がはなせません。

様々な事件に関わることになり、意見の食い違いがあり、友情や仲間意識が芽生えて助け合っていく姿を期待しています。人を守る仕事なので、自分の命をかけているところもありますが、守る価値のある人間かを見極めてほしいです。チームプレーで仲間同士で熱く情熱あるボディーガードをしている姿を想像しています。

トラウマや過去との葛藤なども、過去をのりこえたから今がある物語りも描いてほしいです。

カッコイイ身辺警護の島崎の秘密

サッカー選手に、ファンが白い球を投げたと思ったら、木村拓哉さん演じる島崎章がすっと出てきて、その白い球をキャッチするシーンはまずかっこよかったです。

その後、島崎は、何か、ミスをしてしまったようで、ボルトが落ちるシーンが何回も繰り返されます。おそらく、天井から何か落ちてきて、サッカー選手が怪我をしたのではと思いました。

または、島崎を雇っている日ノ出警備保障の社長の今関が、車いすだったので、今関が、サッカー選手の代わりに怪我をしまい、それが原因で、ボディガードの職から離れていたのではないかと推察しました。

社長の今関が、新しく身辺警護課を作ったので、入って欲しいと島崎は頼まれれば、断れなかった理由もはっきりします。今関に、島崎は、もうボ ディガードとして勘が鈍っていると言うのですが、訓練でも、カッコよく犯人役を確保してゆくところが、さび付いていないということを示して良かったです。
⇓  ⇓  ⇓
bg2話あらすじネタバレ
bg3話あらすじネタバレ
bg4話あらすじネタバレ
bg5話あらすじネタバレ

ドラマ「BG身辺警護人」はどこで見れるの?

ドラマ「BG身辺警護人」の動画は公式動画配unextで視聴できます。

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
コウノドリ
君の名は
映画「わたしを離さないで」
下町ロケット

も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTをお試しください。


[br num="1"]

ドラマ「BG身辺警護人」は公式動画配信unextで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-BG身辺警護人

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.