anone(あのね) hulu 芸能人演技力

anoneあのね田中裕子(林田亜乃音)の演技力は上手い下手?

更新日:

田中裕子(タナカユウコ)

生年月日:1955年4月29日 (62歳)
出身地:大阪府池田市
配偶者:沢田 研二 (1989年〜)
身長:160 cm
学歴:明治大学
所属事務所 アニマ出版

夫は歌手・俳優の沢田研二、弟は俳優の田中隆三

anoneあのね田中裕子(林田亜乃音)の演技力は上手い下手?

演技に安定感のある田中裕子さん

坂元裕二さんの作品で、田中裕子さんが出てくると、(また少し重い内容かも…)と思う反面、ドラマの内容にどっぷり浸ることができるという安心感のほうが勝る感じがします。

今回の『anone』では、田中裕子さんの役名である林田亜乃音(あのね)でもあり、これだけ年齢の高い登場人物の名前がドラマのタイトルになることも珍しいと思います。

田中裕子さんは、見ていて胸が苦しくなるような母親役も良いですが、今回は広瀬すずさんの母親のような存在になるのかな?と思います。

田中裕子さんのミステリアスな部分と、ドラマのファンタジーの要素が絡み合って、不思議な感覚を味わえそうな気がします。

謎が多そうな女性なので、これからその謎が解けていくのが楽しみです。

ベテランらしい貫禄の演技

ドラマ『anone』に出演中の女優田中裕子さんは、味のある演技で知られています。連続ドラマ出演は久しぶりになりますが、その存在感は目を引くものがあります。

同じ坂元裕二脚本の『Mother』でも、松雪泰子や芦田愛菜と共にドラマの重要な役どころを演じていました。

決して派手さはありませんが、言葉の1つ1つに重みを感じ、細かな表情が観る人を魅了します。

何とも言えない言葉の「間」が田中裕子さんの魅力です。私生活では歌手の沢田研二氏の妻としても知られています。

近頃は年老いた母親役が定番になっていますが、元々のデビューはNHKの朝ドラからでした。

今回はドラマ『anone』でベテラン女優として主演の広瀬すずを支えています。

独特の演技力と存在感の田中裕子さんが気になります

田中裕子さんが個人的に好きです。この人がいると何か抱えているな、何だろう、と興味がわきます。

大げさに演技しないのに、声も大きくないのにとても存在感があってすごいと思います。

もちろん美人女優さんですが、今回のようなちょっとわけのわからないおばさんのような役もしっくりきています。

一生懸命生きているのに、なんだか可笑しい感じもよいです。無理にアンチエイジングしていない様子も見やすいです。

でもどこかかわいらしくて、お上品。そしてちょっと怖いのは目が笑ってないからでしょうか。

今回のドラマには脇に演技派の方々がたくさん出てくるので楽しみですが、特に田中裕子さんの独特の存在感と演技力には注目していきたいと思います。

林田亜乃音役の田中裕子さんの深みある演技力

本当は娘のことが気になって仕方がないけど、どう話しかけたらいいか分からないという亜乃音の歯痒さや実家に玲に会いに行ったけれど、結局声をかけられずに娘の姿をひたすら見つめる亜乃音の姿や表情からは、娘が生きていてよかったという安心感や娘と話せない寂しさなど、実に様々な感情が感じられて、さすが田中裕子さんだと思いました。

これは、田中裕子さんの演技力がなければ亜乃音の複雑な心情は表現できないのではないかと思います。この田中裕子さんの演技力のおかげで、亜乃音にとても感情移入することが出来ました。亜乃音の心情が読み取れるほど観ている側も複雑な心情にはなりますが、それを感じることができるからこそこのドラマを楽しめる気がします。

微妙な感情表現と悲し過ぎる演技が、とても素晴らしい

林田亜乃音を演じる田中裕子さんが出す、あの独特な雰囲気は素晴らしく思います。ハリカに対して、血の繋がらない娘を育てた時の話、産みの親が現れて一瞬で長年かけて繋がった親子の絆が切れてしまった事を、話す言葉に感情の起伏をあえて付けて、いないのだろうと感じました。

感情の起伏を言葉に付けてしまうと、視聴者に対しての感情を押し付けてしまう感じを与えてしまい、物語の魅力を下げてしまうと思います。

この話し方と田中裕子さんの 悲しみを帯びた表情と仕草から、視聴者自身が想像力を自然と使って、ドラマの内容に対して集中させてしまう効果もあると思いました。

また、亜乃音が娘の勤めている、ガソリンスタンドを遠目から見ていて娘を見つけた時の、亜乃音の微妙な喜びの表情がとても良く、更に娘と目が合い手を振ろうとしますが娘は無視して、亜乃音の手が振るに振れない位置で止まらせ、寂しく立ち去るとする姿に涙を流しました。

心に染み入る悲し過ぎる演技ですが、素晴らしいと思います。

普通の女性を演じる力

大女優田中裕子さんが見事に普通の地味な女性を演じているのは凄いと思います。普通の地味さですが、中身は情の深い、経験豊富な女性。見かけの派手さは一切見せず、演技だけで、また、言葉巧みでない役柄なので、感情をあまり表に出さないで表情の演技が凄いと思います。見ていると目線やちょっとした仕草などの演技が流石で、こういう役が出来てこそ大女優だなと思います。

そして、ハリカの支え方、壊さないようにしながら自分の役によくはまっていて、何よりも台詞を言う声のトーンや役の不器用な感じと陰のある感じがよく表現されています。普通のその辺にいるおばさん役で、見ていたら目が離せなくなる、自然に田中裕子さんを見てしまっているという現実がまさに彼女の演技力の大きさなのだと思っています。

ベテランの味は衰えない上手い演技力

田中裕子さんは、昔から幸が薄い表情に見えてました。おっとりしたイメージがあり、感情的にならない人に見えます。

広瀬すずさんを娘のように可愛がり、やりとりが見てて友達みたいに見えます。

お互いに、寂しがり屋なので共通している点が気が合うのだと思います。

だいぶ、おばさんになってしまいましたが、要所要所で昔の若さが出る表情があります。

演技力は、流石にベテランだけあって上手です。

テレビにに出ていない時期もありましたが、女優の勘はすぐ戻せます。

広瀬すずさんを電話で、今度から、行けないじゃなく、帰らないと言いなさいと言ったセリフが良かったです。

広瀬すずさんに、自分の家だと思わせる発言でした。このドラマの重要な人物です。

愛情溢れる亜乃音の魅力

見た目は決して華やかではないけど、亜乃音はとても愛情深くて優しい人柄だとゆう事が伝わる演技だと思います。娘の玲や孫の姿を遠くから見つめるシーンでは母親としての切なさがよく現れていて同じ母親の立場として胸が苦しくなる部分があります。

そしてハリカの事を心から信じて受け入れている亜乃音の接し方がすごく温かくて見ているこちらまで安心した気持ちになれます。

ハリカにこの家は行く場所ではなく帰る場所だと伝えた時のシーンでは話し方や声のトーンが心に響いて涙が溢れました。初めは亜乃音とゆう人は愛想が無くて人と関わるのが苦手なのかと思っていましたが回を重ねる毎に思いやりのある心の大きな人で人の気持ちにそっと寄り添う亜乃音に会ってみたいと思う程のめり込んで見てしまう演技です。

物語にぐいぐい引き込んでくれる演技力

田中裕子さんは日本テレビの坂元裕二脚本ドラマに欠かすことのできない女優です。

作品内で圧倒的な存在感を放ち、anoneでも例にもれず素晴らしい演技をみることができます。

田中裕子さん演じる林田亜乃音は自分の子供ではない娘に愛情をかけ育てたつもりでしたが、すれ違い、もう二度と関わらないでと言われてしまいます。

そんな悲しい過去を持っている女性の雰囲気、どこかザワザワとさせるセリフのトーンが抜群です。

一方でそれでも人を信じる思いやりや優しさ、少しおちゃめな面もあり、たまにニコリと微笑む林田亜乃音のギャップもうまく表現していてこんな一面があったのかと人物に愛着を持たせてくれ、物語にぐいぐい引き込んでくれる演技力があります。

林田亜乃音は田中裕子さんにしかできない役だと思います。

悲しいこと辛いことに慣れてしまった亜乃音

悲しいことやつらいこと、それを受け止めて、それでもなんとかふらりふらりと生きていこうとする様が表情、動作に表れています。

血はつながっていなくても、大事な娘が失踪したり、失踪したと思っていたのに旦那とは隠れて会っていたり、普通の感覚では受け入れ難く、気がおかしくなりそうなことをあまり表情を変えることなく受け入れます。

それはもう、悲しい気持ち、つらい気持ちには慣れていると言っているようで、亜乃音のまわりの人たちは亜乃音を知らず知らずのうちに気にかけています。

ハリカは亜乃音にとって、お互い孤独で似ているところもあって、娘のような大事な存在だと思います。でもその表現は、亜乃音らしくクールでわかりやすいものではなく、でも大事に思っていることが伝わってきます。

さすが!画面に映るだけで雰囲気が変わる

田中裕子さんは、坂元裕二さんの作品には欠かせない存在なのだなと改めて感じさせられます。華のある女優さんではないと思いますが、画面に映るだけで、その場のふんを変えてしまうような圧倒的な存在感を感じます。

セリフは、ぼそぼそとしゃべるようなものが多い中、時々、強く感情を表現するような激しい口調の時もあり、その緩急のつけ方も、さすがだなと思わせてくれます。そして、田中裕子さんの柔和で穏やかな表情は、深刻なことが起きていることを、忘れさせてくれるような不思議な力もあると思います。

田中裕子さんの役名が、そのままドラマのタイトルにもなっているだけあるなと感心してしまいます。年齢を重ねて、ますます輝いている女優さんの1人だと思います。

自分も世間も諦めた女性を見事に演じきっている

目で語る女優さんだと感じました。

私は失礼ながらこのドラマを見るまで、田中裕子さんのことを顔は知っていても名前を知りませんでした。

なにもかもを諦めたともとれる表情。

しかしもともと愛情深い性格のため、困っている人を放っておけない温かい表情。

言葉数が多い役ではないかわりに、目で語ってくれています。

特に印象に残っているシーンはハリカちゃんが留守番中に誘拐されてしまい、その荒れ果てた家に帰った時の田中さんの演技です。

怒りでも悲しみでもない、自分の感情が溢れてしまわないように淡々と片付けるあの行動と表情。

一言も言葉は発しませんでしたが、とても胸に刺さるシーンです。

声のボリュームも、いい意味で「こんな奥さんいるなぁ」と思えます。

これからのあのねさんがどのような心の動きをするのかがとても楽しみです。

とっても地味なおばさん役なのに、圧倒的な存在感はさすが!

一見どこにでもいる平凡な、というより、どちらかというと暗い感じのおばさんを演じていらっしゃいます。初めのころは、えっ??と驚きました。

どちらかというと私の中で、田中裕子さんは艶っぽいというか色気を感じる女優さんだったので。でも、さすがというか、単なる暗い事務のおばさんなのにもかかわらず、圧倒的な存在感があります。

血のつながりのない子供を大切に育ててきたのにも拘らず、その子供に邪険に扱われたり、それでも、その子供をいまだに心の底から心配していたり、夫に裏切られた悔しさなど、言葉での表現ではなく、田中裕子さんの存在感というか、空気感とでもいうのでしょうか。

なにも話さなくても表情一つで、心情を表すような演技力。さすがの一言に尽きます。

そして、たまに見せる可愛らしい子供のような笑顔。

広瀬すずさんの演技力も高いと思うのですが、圧倒的にというか、長年培われたものなのでしょうが、主役である広瀬すずさんを食ってしまわないか心配なほどの存在感だと思います。
⇓   ⇓   ⇓
anone1話あらすじネタバレ

ドラマ「anone」あのねはどこで見れるの?

ドラマ「anone」は公式動画配信huluで視聴できます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、ドラマ「anone」を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは「anone」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい
地味にスゴイDX
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ


[br num="1"]


[br num="1"]

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。

ドラマ「anone」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-anone(あのね), hulu, 芸能人演技力

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.