2018夏ドラマ

ドラマゼロ 一獲千金ゲーム動画フル無料1234567890最終回見どころ感想評価は100点満点で何点?

更新日:

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画12345678910話最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画12345678910話最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画12345678910話最終回は公式動画配信huluで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画1話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

60点 まっすーが出てきたので2話は見ます

福本先生の『賭博覇王伝零』が原作と聞いていたので、カイジやアカギのようなドラマかな、と思っていましたが、1話目を見た感じ、他の福本作品のドラマよりマイルドというか、爽やかな感じがしました。物足りなさを感じます。ジャニーズの加藤シゲアキくんが主演だからでしょうか。

1話目からは、何となく、間延びした印象を受けました。ストーリーが進むにつれてテンポよくなるのかな?場を仕切る小池栄子さんのシーンに既視感ありまくりだったのは、きっとライヤーゲームの吉瀬美智子さんとダブるからですね。

放送開始を控えた時期に、コヤシゲの飲み会音声流出事件があったので、どうしてもマイナスイメージのスタートです。が、NEWSの良心・まっすーが出るので2話は必ず見ます。

それ以降は、出来によります。

70点 ゲーム路線のドラマは元祖には勝てない

どちらかというと面白いですが、LIAR GAMEが好きな私としてはどうしても路線的に比べてしまって劣るなという印象です。

ですが話自体はキャラクターもそれぞれがとても濃くてギャグ要素も所々組み込まれているから漫画を読んでる感じで家族でみましたが笑わせて貰いました。

これから話がどうなるのか、多分1話完結のタイプだと思うんですが、先が読めないので期待したいと思います。

個人的に私は加藤シゲアキはそんなに好きじゃないこともあると思うのですが、主人公向きではないようなきがしているし、主人公より他のキャラクターがそれぞれが濃すぎて印象が薄い感じを受けています。周りが濃いキャラクターばかりなので逆にそれがいいのかもしれないですが。

80点 ゲームのシンプルさが良かったです。

原作者が同じ「カイジ」を思い出させられる雰囲気でしたけど、そのカイジを楽しめた自分には嬉しいドラマでした。

カイジの時も感じましたが初めに提示されるゲームのルールがかなりシンプルで分かりやすいのがいいですね。

それでいて「なるほど!」と唸らされるトリックや解答が出てきたりしますし。

次回の第2話以降もこういった感じで毎回違ったゲームを一つずつクリアしていくような作りになっていると嬉しいです。

あとはゼロを取り巻く人間関係の変遷ですね。

一千億円という賞金を前にして最後まで冷静・公正でいられる人間なんてそうはいないと思うので、きっとこれから彼らのチームワークもグチャグチャになっていくと予想されます。

そういった部分の人間ドラマにも期待しています。

90点 義賊であるゼロ達が命を懸けたゲームに参戦

ゼロ一攫千金ゲームは、ゲームのルール内容や、ゼロ達の推理する姿やそれによって展開していくストーリがとても見ごたえがあって面白いなと思いました。

蜂子に向かってゼロは、本当の王を見せると自ら勝負に身を投じる宣言をし始めた場面を見た時ゼロに男気と、チャレンジ精神の姿勢を見せる姿に、素敵だなと思い、ときめきを感じてキュンキュンしながら見ていました。

1話目からして既にゼロのファンになってしまいましたので、今後の展開もゼロの名推理でゲームの謎解きをし、そして、本当の王にまで進んでいくんではないかなとすごく期待しています。

次回のゲームの推理するゼロの姿にもう私としては、キュンキュンドキドキモードになってそして失敗しないでとハラハラと祈るような思いにさせられること間違いなしだろうと思います。

絶対に次週も見逃すものかと今から楽しみにしています。

90点 知力・体力・時の運だけではない

ハラハラドキドキして面白いと思います。

命を立とうとしていた若者3人をゼロは救い出しました。

死ぬ気があれば何でもできると思うのですが、ゼロに救われてここから逆転人生の幕開けです。

一攫千金のゲームに参加することになった彼らは、恐ろしいゲームに挑みます。

残った人は、1000億を手に入れることができるので、人生が楽しくなると思います。

サイコロの目を当てるシンプルなゲームですが、外れた場合は上から鉄球が落ちてきます。

もちろん人間は死んでしまいます。

確率は六分の一ですが、外れる方が多いので凄いギャンブルゲームです。

このゲームは、読みや勘や運など関係ないものであり、檻と鉄球の間に隙間ができることを見破れるかが課題でした。

今後の展開が楽しみです。

ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」動画2話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

30点 これはパクリドラマですよね?

興味が湧きません。

1話の時から思っていましたが、これは数年前にフジテレビで放送された「ライアーゲーム」のパクリ?と思ったのは私だけでしょうか?

パクリと思って見なければ、クイズ好きな人には面白いドラマなのかもしれませんが、クイズが見たいならクイズ番組を見ればいいかな?と私は思うし…気楽にドラマが見たいですね。

でも、基本気に入らないのは、何度も言いますがやっぱり「パクリ」これに尽きますね。

ドラマの作り方も、もう少しパクリとわからないように作ればいいのに、見ていてなんだかイラッとしてストーリーがあまり入ってきません。

出演している役者さんが好きな人が多いだけに、楽しみにしていましたが、もう見るのをやめようかな?と思っているところが現実です。

60点 甲斐翔真くんをもっと見せて!

原作は好きだしストーリーもそんなに悪くないのに、何か凄く薄っぺらい。何でかな、と思いながらSNSをみてたら、何人もの人が「ゼロのタグつけて呟いてる人ほぼジャニヲタw」と言っていて納得しました。

そうか、これは加藤くん増田くん好きなパーナさんと、Jr.の佐藤くんを推すジャニヲタさんの為のドラマなんだ、と。まず、加藤くんの演技力が乏しい。2話は目隠しされてる中のテイで、暗闇バックに顔だけで演技していましたが、お世辞にも上手い演技とは言い難い。

演技に深みがない。その点はまっすーも同じ。ちょいちょい出てくるケンコバも要らないし、梅沢さんに至っては、その内、浜ちゃんが頭叩きに出てくるんじゃないかと思ってしまいます。バラエティー色が強くなりすぎて。そして好みの問題ですが、加藤くんよりも敵対する甲斐翔真くんの方がカワイイ。もっと甲斐くんを使ってほしいです。

85点 まっすーの登場が熱い

ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」2話は面白いです。

NEWSの加藤シゲアキと増田貴久の共演が何より熱いです。

加藤シゲアキ本人は運動音痴ですが、彼が演じる宇海零は、増田貴久が演じる山口カズヤに水泳で勝つという珍場面が出てきます。

増田貴久の方が運動能力は勝っているので、加藤シゲアキが増田貴久にスポーツで勝つというのは大変レアだと感じ、何度も見直したくなるようなシーンでした。

それから、後半ほぼ加藤シゲアキは顔だけの演技となっており、様々な表情を緻密に表現できているというのが良かったです。

加藤シゲアキの表情だけを見ると彼が何を訴えたいかというのが伝わってきています。

また、増田貴久の裏の顔を見せてきた時の鋭い目の演技にはつい感情移入したくなるようなものでした。

85点 原作を知らない人でも楽しめるドラマです

面白いです。原作ファンとしては、細かい描写など物足りなさも感じるとは思いますが、ドラマであれだけのクオリティーで実現させたのは素晴らしいと思いました。

細かい小道具や世界観なども、最大限に引き出されていると思います。

役者さんも初めはいまいち合わないんじゃないかと思っていたのですが、見ているうちにだんだんとと引き込まれていき、文句なしの演技力だと思いました。

原作を全く知らない人が見ても、十分楽しめるドラマです。とても刺激が強い内容なので、放送される時間帯もちょうど良いと思いました。

ドラマの最後は、1番気になるところで次回へ続いたのでまた来週も楽しみです。こういったドラマ、最近なかなかないので嬉しいです。

100点 お金に対する人間の欲の怖さが満載

大金持ちの在全の後継者を探すゲームで、どれだけお金の欲が人間を変えてしまうのかということを良く表現しており面白かったです。

ゲームに勝つとリングがもらえてそれを4つ集めると後継者になれるのですが、リングを3つ集めるゲームでは負けると舌を抜かれて口から血を出すなどエグイのが、金持ちが面白半分でやっているとしか思えないのです。

4つ集めればが条件なので、案の定、人のリングを力ずくで奪おうとする者が出て、それも集団で集まって暴挙化するところが、人間の業が出てます。

別の種類として、教祖様的なゲームをクリアできる優秀な者が出てきて、これも、案の定、教祖様に媚びへつらうものが出て、その者たちが、教祖様を崇め周りを取り囲むところが、人間の己の能力の低さを知った時に、それでも自分だけは優位に立ちたいと思う人間の業が出ています。

お金が人間社会の闇を生む過程が見えた気がしました。

ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」動画3話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

80点 人を信じることは難しい

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」3話は面白いです。

ゼロがクォータージャンプを挑戦している時に、4つの方向の声の役であるヒロシ、カズヤ、セイギ、峰子それぞれをどう信じていくか?といった感じの心理戦を視聴することで、視聴者もハラハラとした気持ちになって面白く感じます。

時には嘘、時には裏切り、時には本当のことを言う場合もあるので、誰が嘘をついているか、誰かが言った内容は嘘をついているのだと判断することは難しく、それを考えているうちに人のことを信じれなくなってしまうというミステリアス要素があるのだと感じました。

在全の声が聞こえた時点で、在全の存在こそがセーブのエリアなのだとゼロが見破ったというのは凄い盛り上がりました。

80点 とんち比べのようなドラマ

第3話は、面白かったです。

主人公の零が、相手の嘘を見抜く方法が、面白いです。

靴紐が、ほどけるのを指摘するかどうかやコインの位置を当てられるかなどの質問から答えを言い当てるのでとんちをみているようでした。

第三話では、零に負け続けたカズヤが、嘘をついて零を殺害しようとしているのが、怖かったです。

梅沢冨美男さんが、出演いているのも注目しています。

バラエテイ番組での出演のおおい梅沢冨美男さんの演技が、観れるのは、楽しいですね。

加藤シゲアキさんとの騙し合いの会話も面白いです。

このドラマは、観ている側もとんちのようなゲームをどう勝つかを考えられるので面白いです。

コインのとんちは、そうきたかと興奮してしまいました。

88点 ゼロの問題を解決する時の考え方は、誰にでも役立つ。

クウォータージャンプのアトラクションで、主人公のゼロを演じている加藤シゲアキさんの表情を別に撮影していると思いますが、顔だげで何も見えないゼロの不安な感情を表していたのが素晴らしく、加藤さんが演技力のある俳優さんと感じました。

ゼロが極限の中で冷静に考えて問題を作った出題者の意図は何なのかと探る姿は、受験を控えている学生さんたちだけではなく、全ての人に当てはまり生きる上で発生する様々な出来事に対応するために必要な事のように感じて、ただの娯楽ドラマではなくと生活をしやすくする方法が含まれていると思いました。

ゼロが悩みに悩んだクウォータージャンプを意図も簡単に解いてしまった謎の少年の標は、圧倒的過ぎる神がかり的な頭脳を持っていると感じて、対するゼロがどこまで戦えるのかと次回の放送が早くみたい思いにさせられていると上手い演出と思います。

100点 クレーバーなゼロに脱帽

4方向から正しい方向を声役から情報を得て進むゲームだが、OUTの方向に進むと死がまっている。

頭のきれるゼロでも、やはり慎重で、相手が友人だとしても、何回も聞き、やはり人の子なんだと思いました。

でも、凡人と違うところは、そのやり取りの中で、相手から、真偽を判断する重要な情報を得て行くところが凄かった。

靴ひもが解けて、そんな状態でも安全だから飛んでいいという友人に違和感を感じ、OUTからは、靴の先端が見えない死角があることを見つけ出し、回避できた。

こんどは、その死角にコインをおいてその真偽でOUTかSAFEを判断しようとする優秀さがあった。

敵も勝り、鏡を持ち出して、上から覗き、コインを判断し、ゼロは迷いを与え、その駆け引きも良くできている。

ゼロは、上から見て コインが見えて、上から見ていなければ、コインが見えない絶妙な位置にコインを置く、その時あっぱれと言ってしまった。

100点 手に汗握る命懸けの心理ゲーム!

とても頭を使うゲームで、なにせ命懸けのゲームなので毎回とてもハラハラします。

起承転結がはっきりしていて、ゼロが説明のように"こう考えた"と言うように頭の中でつぶやくので、すごくわかりやすい親切なドラマです。

なので見たあとで毎回スッキリするので面白いです。

今回の第3話は、主催者の財前が、ゼロの友人を使って嘘を言わせ、情に訴えかけてゼロを試す所から始まります。

しかし、偶然なのかカンがいいのか、ゼロは直前でそれに気付く事になり、事なきを得ます。

ゲームの最後まで行き安心した所で、財前がもう一度罠を仕掛け、ゼロはそれさえも見抜いてしまいます!

ここが最大の見せ場だと思います。初めて財前の悔しそうな顔が見られ、やったー!と思いました‼

でもこのせいで、ゼロは財前に目を付けられる事は間違いないでしょう。次回の展開も波乱の予感がします!ますます楽しみです。

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画4話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

85点 5話の内容が気になる

答えが最後まで分からずに次回に持ち越されるのがすごく気になります。

答えが何なのかすごく気になるので次回の放送が楽しみになってしまいます。

でも、気になるからこそ一話で完結してくれた方が嬉しいなとも思ってしまいます。

すごくおもしろくて回答が気になるのが魅力的なドラマだと思います。

ゼロが敵と一緒に戦うことになり、しかも兄弟で喧嘩ばかりしているのでとても不安でした。

ゼロが答えを出すことができるのかとても気になります。

セイギがタブレットを持っていて、いつ間違った回答を送ってゼロを殺そうとするのか分からないので、すごくハラハラドキドキしてしまいました。

さくらがしっかりと解答権を握って正解を送信することができるのかとても楽しみなところです。

90点 ゼロの運命は兄に掛かっている

4話のゲームは本人の力ではなくて、他人の力が重要になります。人を信じるのは、危険な行為であり、仲間のチームでも裏切る行為をしそうです。ゼロとしるべが縛り付けられて、透明な筒に水が入る仕組みです。30分で満タンになり、息が出来なくなるゲームです。

タブレットに答えが25個ありますが、外すと失格になります。ゼロのチームは、末崎とセイギの二人に運命が掛かっていますが、仲の悪い兄弟でまとまりません。弟のセイギはわざと間違えて、ゼロを失格にしようとしています。頼りになるのは、兄の末崎ですが頭を使う問題が苦手なこともあり、頼りになりません。

しかし、ゼロが部屋の構造を見抜き、記号の謎を解いてしまいました。兄がゼロの運命を握っているので、次回は兄が決めてくれそうです。続編なので、見逃せないほど面白いです。

90点 人を信じることは大変

ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』4話は面白いです。

人を信じることは大変であるというのが全てであるのだと感じています。

ゼロが人間柱時計の対象となってしまっているにも関わらず、相変わらず末崎とセイギの間の兄弟の不仲による口論が繰り返されていることで、焦りを覚えているゼロは、それでも末崎やセイギのことを信じようとするのが凄いのだと感じました。

第一、人を信じない限り、1000億を獲得して王になるというのは無謀な行動ではないかと感じます。

よりによって迷宮のトライアングルでは3人1組のチームで協力し合うことでクリアするゲームなので、ゼロが何とかして末崎とセイギと協力し合ってゲームに挑戦して行くというのは良いことだと考えさせられました。

100点 ワクワクドキドキが止まらない

第4話は面白いです。

私は1話からずっと見てるんですけど、今のところ4話が一番面白くてドキドキハラハラさせられました。

一緒に謎を解いていくところが面白くて、4話は旦那と一緒に見ていたので、旦那が真っ先に二等辺三角形って言って、え、ほんとに!?って思ってたら、ほんとに二等辺三角形だったので旦那の頭の良すぎはゼロより上なんじゃないかなと思っちゃいました。

あと、毎回ケンコバの面白さにいつも爆笑しちゃってて、いっつも頭下げてるとこが面白いです。

問題の答えが知りたくて、早く日曜日になってほしいです。

予告では2チームが不正解みたいだったので、どーなるんだろうってすごく気になってしょうがないです。

今後の展開が楽しみです。

100点 末崎のラッキーパンチに救われる

ゼロが拘束されて、チームを組んだのが、仲の悪い、末崎とセイギ。

頭のいいゼロの頭脳が使えなくて、かつ、チームがバラバラで、大変なことになると思ったのですが。

何とかなってしまったとところが面白かった。

助けたのが、頭のいいとは言えない末崎だったのが驚きです。

もちろん、拘束されながらもゼロが、上手く活用したのですが。

末崎のラッキーパンチに助けられた部分もありです。

末崎が、やけになって、ゼロが拘束されている水槽を、壊そうとして台を手に持ったら、その下の床に、ゲームの回答のヒントが隠れていたのを偶然発見する。

もう一つラッキーパンチがあって、床に書いてあったのを、セイギが見たときには、アルファベットと思ったのですが、末崎が、算数嫌いで、記号を見るとジンマシンが出るのですが。

末崎の反応を見て、床に書いてあるのが、算数の記号だとゼロは導き出し、角度を求めよとの問題だと気づく面白い展開でした。

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画5話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

8点 新しい人間関係、そして分裂?

そろそろ話も中盤に差し掛かってきて、今まで分裂していた主人公グループとその他の(敵対していた)グループの信頼関係のようなものが出来上がってきました。

中でも中心人物の標、スナオがこれからゼロと協力していきそうな雰囲気があり、今までの話の中でいちばん面白い回でした。

また、ケンドーコバヤシさん演じる普段はお笑い要員のチンピラサクラが主人公を助けようとする描写は、感動する人も多いと思います、人間関係、心理描写もさることながら、このドラマに出てくるデスゲーム?的要素は、毎回さすがは福本伸行先生作品だな〜と思わされます。

今回の命をかけたクイズも、とてもじゃないけど私たち視聴者が解けるような問題ではありませんでした。(いい意味で)

この第5話があるからこそ、来週以降話が盛り上がっていくと思います。

50点 とにかく安っぽいCG

『カイジ』や『ライアーゲーム』のような一攫千金サスペンスは人気がある題材なのは分かりますが、出演者にしてもCGにしても低予算なのが丸わかりでイマイチ面白さを感じません。

とにかく緊張感がなく、危機的な状況だと感じることもなくハラハラしたりもしません。出演者のファンでない限り、観る必要はないと思います。

5話では、水が溜まって死が近づく仕掛けがありましたが、そのCGのレベルがあまりにも低かったです。

水責めの実演をする必要はないですが、あからさまなCGにするよりは見せ方を工夫したほうが良かったと思います。

4話までは観ていられましたが、5話からは舞台がとても安っぽく感じて、観ているのが恥ずかしく思えてきました。

70点 末崎兄弟の対立と葛藤が光りました

5話では末崎兄弟が面白かったです。まずケンドーコバヤシ演じる兄のさくらの演技がなかなか良かったです。

ゼロという教師に出会うことで初めて論理的に理解することの楽しさと分からないことの悔しさを知るシーンは大変良かったです。また間宮祥太郎演じる弟のセイギですが、ゼロを殺すために完全に溺れてから解答すると宣言し、事実そのようになったのにその後心肺蘇生法を行うというのは、その人間の本質を見たように思えます。立ち位置の違う末崎兄弟ですが、その狂暴性や、現在の生き方の根本となった原因が「家族のために」であるところなどやはり兄弟なのだなと思いました。

この辺り、セイギと同じ事をしようとして最も秀逸にやり、ゲームクリア後も心肺蘇生に決して協力しなかったユウキとは対称的でした。この二人の関係がいつまで続くのかも気になります。

84点 お金より命の方が大事!

5話は前回の続きで二等辺三角形の求め方から始まりで、今回もケンコバのキャラが面白くて、大笑いしちゃいました。

毎回、兄弟ゲンカのシーンあるんやなって思いながら見てた。角度の求め方が懐かしく感じました。

時間が経つごとに次々と解答してるチームがいて、こんなにチームが居たのかってツッコンでしまいました。

ゆうきくんの性格の悪さには腹立ってつまらないって思ったシーンがあった。

解答してないチームがゼロチームだけになった時のケンコバとゼロの言葉には感動した。

お金より命の方が大事と考えさせられた回だと思いました。みんな助かってとてもホッとした。

柱にされるのが最初っから決まってたのは衝撃的だった。6話では、手越くんが出るので面白そうです。

100点 ゼロの優しさが伝わった回

ゼロの人は助け合うという優しさが、ゲーム参加者に浸透し始め、それを、在全や峰子が、恐れとして感じ始め、早めに潰そうと考え始めた回で、随所に表現され面白かったです。

ヤクザの末崎も、頭が悪いという劣等感があったが、ゼロが、末崎の飛躍的な考えをするところを褒めて、その能力を上手く引き出し、そんなゼロを先生と末崎は言い、溺れるゼロを真剣に助けようとします。

恐らく、仲間になって行くのでしょう。

末崎の弟・セイギも、ゼロの偽善を嫌うのですが、末崎のゼロを助ける真剣さに心を打たれて、ゼロを助ける。

標も、孤独な戦いをするのですが、ゼロに影響されたスナオに助けられて、すこし変化がでてくるようです。

標を殺そうとした、ユウキが、まだ、ゼロを陥れることを狙っているようですが、ユウキとつるんでいるセイギの心が優しくなっていることから、それに影響を受けて、ゼロの仲間になって行くのではと予想します。

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」動画6話の見どころ感想評価は100点満点で何点?

60点 手越が出てる6話目の面白さは?

このドラマは初回放送から毎週視聴させて貰っていますが個人的に今回の6話目はそこまでおもしろく感じませんでした。個人的に5話目が面白いと感じたからかもしれません。

また手越くんが特別出演しているので絶対みなきゃと思って待ち構えていたからその期待で余計ですかね。

でも手越くんの、手越くん感がいいですねメイクが濃い手越くんみたいな(笑)うざいけどどこか完全に憎めきれないキャラクターがなんかいいなと思いました、けど演技力はそこまでないですね。

ゲームの内容に関してですが、私の理解力のせいかもしれませんが、ゲームの内容がよくわからなかったのでゲームを楽しむことは出来ませんでした(笑)キャストも目立ってるのが今回好きなキャストが少なかったので微妙です(笑)

80点 小太郎が良いキャラでした

原作ではそのテンションのウザさや得意な髪の毛が特徴的だった小林小太郎でしたが、手越祐也が演じていて髪型以外はほぼそのままでした。

手越のテンションの高さやウザさがそのまま残っている上に残虐性が見え隠れしているのが良いです。今回のゲームである「ジ・アンカー」は原作では部屋全体を往復するほどの大きさでしたがドラマではかなり小さくなっていました。

部屋の形状自体がかなり特殊だったので再現が難かったのだと思います。ただ、アンカーの大きさがほぼ頭と同じくらいになったことで恐怖感が増してかえって良かったです。ドラマの次回予告でゼロとヒロシがののしりあうシーンがありましたが、そのシーンが欲しいがために無理やり入れたようだったのがイマイチでした。

80点 生死をかけたゲームと手越くんにドキドキ!

面白かったです。

1つ目の理由は、今回特別出演の手越さんの演技がよかったからです。

普段の手越さんのキャラクターは、自由奔放でナルシストなところがありますが、今回のドラマ内でのキャラクターは、上記に加え、過去の記憶に囚われた冷血残酷なキャラクターを演じています。

普段のキャラクターと少し被ったキャラ設定と、普段見れない手越さんが見れるところも見所だったと思います。

2つ目の理由は、息を飲むようなスリル感ある映像にドキドキしたからです。

今回のゲームは失敗すると重いイカリが近づいて振り子の要領で頭に当たり死ぬリスクのあるゲームであり、プレイヤーの精神面、プレイヤー同士の友情をぶち壊す最悪のゲームです。

スリル感あるゲームに挑むゼロの演技にも目が離せませんでした。

80点 ゼロチームは絶体絶命

ゼロだけの力なら勝てるゲームですが、今度の企画は3人1組で横に並べて答えを言うゲームです。

アンカーが振り子のように動いて、答えを間違えるとダウンして正解すると上がります。

下がり過ぎると、頭を砕く破壊力があり三人とも即死です。

問題はそれほど難しくはないのですが、仲間がゼロの足を引っ張ります。

アンカーの問題のパネルは全部で6枚ですが、気付いているのはゼロだけです。

答えを教えることができないので、アンカーパネルを開かせない方法をとり、ゼロが全問正解する作戦です。

他の二人はアンカーパネルを開けない限り、助かる可能性が出て来ました。

ゼロは、メンバーに恵まれなかったですが、これも運命と思い助かる手段を取ります。

来週は結果が出るので楽しみであり、面白いと思います。

85点 司会者が面白すぎる。

6話は新たなゲームに挑戦。しかもハードでユウキくんとヒロシくんの3人で挑戦することになり、ユウキくんがまた企んでるんじゃないかと思いながら見てました。

手越くんの悪役っぷりが面白かった。でも、子猫ちゃんやら手ぶりが普段の手越くんだった。問題が普通の問題で笑ってしまった。

ヒロシくんのバカさには爆笑してしまった。スペシャル問題はめちゃくちゃ卑怯な問題で腹立った。愛人の人数なんて誰にも分かるわけない。

ゼロにだけ厳しいんじゃないかと思った。ゼロとヒロシくんの仲間割れの演技はちょっとハラハラした。

小太郎の名前が長すぎて笑ってしまった。7ポイントも下がったからどーなるんだろうって気になる。来週も楽しみです。

ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」1話から最終回はどこで見れるの?

ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」1話から最終回は公式動画配信huluで全話無料で視聴できます!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-2018夏ドラマ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.