先に生まれただけの僕

先に生まれただけの僕見逃し配信4話動画無料pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話の見逃し配信動画無料視聴はpandora,Dailymotion,youtube,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話の見逃し配信動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「先に生まれただけの僕」の動画はhuluという動画配信会社で全話無料で見れます。

huluは先に生まれただけの僕の公式動画配信会社です。

なので、違法動画と違い安全・安心・高画質で見れます。

もちろん、スマホからでも大丈夫です。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で14日間無料で利用できます。

先に生まれただけの僕を全話無料で視聴する
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

先に生まれただけの相関図キャスト


鳴海涼介(櫻井翔 )総合商社・樫松物産の社員(京明館高校「校長」)
真柴ちひろ(蒼井優 ) 京明館高校で特進クラス2年3組の担任で現代社会教師
松原聡子(多部未華子) 樫松物産社員。鳴海の恋人

加賀谷圭介(高嶋政伸 )総合商社樫松物産の専務
後藤田圭(平山浩行 )樫松物産の社員

香坂友梨子(松本まりか)樫松物産の秘書
綾野沙織(井川遥)京明館高校の保健室の先生
島津智一(瀬戸康史)京明館高校の2年2組の担任で英語担当の先生。

及川佑二(木下ほうか)京明館高校の2年1組の担任で数学の先生
矢部日奈子(森川葵)京明館高校の1年1組の担任で音楽担当の先生。
市村薫(木南晴夏)京明館高校の1年3組の担任で日本史の先生

河原崎孝太郎(池田鉄洋)京明館高校の3年1組の担任で生物の先生
郷原達輝(荒川良々)京明館高校の3年2組の担任で物理の先生。
杉山文恵(秋山菜津子)京明館高校の3年3組の担任で古文の先生

ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話のあらすじネタバレ


島津のアクティブラーニングの授業の成功を受け、鳴海はこの方式を正式に学校として導入したいと教師達に提案する。

しかし、賛否は分かれる。

1年担任の矢部と市村は賛成するが、3年担任の河原崎、郷原、杉山は反対。

3人は自分達のやり方を変えたくない「抵抗勢力」のようなものだった。

真柴は興味はあるものの、なにか引っかかるものを感じ、全面的に賛同できなかった。

実際に初めて見ると、アクティブラーニングの授業は生徒達に好評だった。

しかし、同時にそれは生徒達の心に、ある「歪み」をもたらすことになる。

聡子と専務がバトル

そんな様子をみて、親会社である樫松物産の加賀屋専務は鳴海を呼び出し、学校の教育方針を変えるなと、強い調子で鳴海を叱責する。

聡子には、何故?加賀屋がそれほど鳴海を嫌い、憎むのか分からない。

加賀屋に強く当たられる鳴海を、聡子は心配する。

そして、加賀屋に呼び出されたときに、話の成り行きで鳴海の話になる。

「あの野郎一丁前に京明館高校を改革するといって、こんなプロジェクトを持ってきた、こんなの読まねえけどな!」

それを聞いた聡子は加賀屋にいってしまう。「何故そんなに鳴海をお嫌いなんですか!」

まえのプロジェクトも鳴海さんは見事に黒字化しました。

彼は能力はあります!それなのに、何故専務は彼を嫌いになるのですか!

加賀屋「嫌いなものは嫌いだ理由なんかない!」

それを聞いた聡子はさらに言おうとするが、同席していた上司の後藤田圭(平山浩行 )に止められる。

真柴ちひろ(蒼井優 )が先生会議で言う

アクティブラーニングをして「生徒の輝く目を見て思ったんです。変わるべきだったのは私達だったんだって」

それに気づきました。

3年生が突然校長室に苦情を言いに来る

アクティブラーニングを行うのは、1,2年生のみと決めた鳴海。

そして、3年生は時期がもう11月で残り少ないことから今から授業を変えるメリットよりもデメリットの方が多いと思い鳴海は現行の授業方法を3年生には行った。

しかし、3年生の生徒の多くはまだ子供なので、自分たちは見捨てられと思い校長室に苦情にきたのだ。

そして、他の野球部の生徒は引退したのに、突然野球部の練習に現れて、無理なノックを行い一人の野球部員が体に打球を強く受けて怪我をしてしまった。

鳴海はこれではまずいと思い3年生だけを体育館に集合させた。

鳴海が3年生に語る

今回アクティブラーニングを1,2年生のみ行うことになってしまい、すいません。

たしかに、これは差別です。しかし、こんなことは社会にでればいくらでもあります。

公平に扱われることはまれです。

自分も左遷でこの学校に来ています。

就職組立ってください

社会にでたら理不尽なことはたくさんあります、もう来年から就職するんだから覚悟してください。

ただ、ブラック企業だったら辞めたほうがいいです。そんなんで疲れ切って自殺したりするのは、もったいないです。

ただ、次の就職はたいへんなので、よく考えてください。

専門学校組立ってください

専門学校に行く人は行けば確かに就職に有利かもしれないが、専門学校では基本的なことしか教えてくれない。

結局社会にでて、自分でがんばるしかない。

こんなはずじゃなかったと思ってへこたれないでください。

大学組立ってください

この中にどれだけ本気で勉強のために大学にいこうと思ってる人はいるかわかりません。

しかい、みんながいける大学レベルでは、はっきりいって、大学名だけでは、いい会社はまず就職はできません。

だから、必死に他のことで大学で自分を磨いてください。

面接官にはそれがわかります。

今回こうして3年生が自分に苦情をいいに来てくれてありがとう。

自分の間違いに気づけました。

そして、君たちはまだ10代です。

これからいろいろ体験して、自分にふさわしい仕事ややりがいを見つけていってください。

思い道理の人生なんかないから、ただ頑張ったほうが人生楽しいと私は思います。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話の見どころ期待

学ぶことの意味はあるのか

4話から初めて見ました。どの人がどの立場でどんな状況なのかはざっくりとですが、なんとなくわかりました。

今回は校長先生が次の数学の先生が来るまでの数学の授業を1回受け持つ話でした。

普段と違う授業に生徒は戸惑いながらも楽しそうにしていましたが、なぜ将来役にたつかたたないかわからない数学を学ぶのかという質問を校長先生に投げかけます。

自分自身も学生の時に全く同じことを思い、同じことを友達と言い合っていたのでとても興味が湧きました。

その授業ではうまく答えられなかった校長先生でしたが、集会のときにその質問に答えてくれます。

自分は社会に出ていろいろ経験して来たのでその答えにとてもなるほどなと感じました。

まだ高校生には理解しきれないことでもあるのかもしれないですが、数学だけでなく学ぶことの意味、意義が今後生きていく中で気づかぬうちにあるんだと思えました。

校長先生の意識が変わってきました

櫻井翔さんが演じる校長先生の意識がどんどん変化してきているように感じます。

数学の先生を解雇し、自分が教壇に立つと決断して数学の教材研究をしていた時からです。

アクティブラーニングという言葉を聞いた時からです。教師が一方的に教え込む授業ではなく、子ども同士の教えあいや学び合いが大切であると気づいたのでしょう。

でも、実際に授業を行ってみると、そううまくいかないということを痛感したのでしょう。

今後は、ほかの先生方にもこのアクティブラーニングを勧めていくのではないでしょうか。

会社のバッジを取って朝会に臨んだ姿が素敵でした。自分の思いをしっかりと生徒たちに伝える姿が素敵でした。

今後、どのような方向ヘ進んでいくのか楽しみです。

校長先生が学校を変える

桜井翔校長先生が、学校を変えてくれると思います。

学校で習ったことは、社会に出れば何の役にもなりません。

しかし、大人になるにつれ、だんだんと意味があることに気付きます。

ただ、黒板に書いたことを写していても、つまらないだけだし、頭に入ってません。

書けば覚えると言いますが、意味が分かっていません。

興味を持たせて、自分から率先して、勉強すると伸び率は上がると思います。

出来ないものを、出来ないままにしてしまうのが、悪いと思います。

年を取った時、自分が恥をかく結果になるからです。

先生たちは、公務員なので給料さえもらえれば、それでいいと言う考えもなくなるといいですね。

校長先生が、学校に嵐を巻き込んでくれそうです。

教育方針を巡った対立

第4話は、英語教師の島津がアクティブラーニングのノウハウを知っていたおかげで、島津の授業を見て手応えを感じた鳴海が、本格的に授業に取り入れることを提案します。

賛成派の先生もいる中、断固反対派の先生達と鳴海が対立する話です。

鳴海が反対派の先生を説得することが出来るかは見どころです。

バッジもはずし、校長としての意識が芽生えてきた鳴海に、ようやく見えてきた光がアクティブラーニングなので、うまくいって欲しいです。

鳴海を嫌っている加賀谷専務の妨害も入ると思うので、反対派の先生の説得に、まだまだ道は険しいですが、頑張って欲しいです。

鳴海の恋人との関係も悪くはありませんが、少し聡子が可哀想かなと感じるので、もう少し聡子の気持ちに鳴海が気付いてくれることを期待します。

教育方針を巡った対立

第4話は、英語教師の島津がアクティブラーニングのノウハウを知っていたおかげで、島津の授業を見て手応えを感じた鳴海が、本格的に授業に取り入れることを提案します。

賛成派の先生もいる中、断固反対派の先生達と鳴海が対立する話です。

鳴海が反対派の先生を説得することが出来るかは見どころです。

バッジもはずし、校長としての意識が芽生えてきた鳴海に、ようやく見えてきた光がアクティブラーニングなので、うまくいって欲しいです。

鳴海を嫌っている加賀谷専務の妨害も入ると思うので、反対派の先生の説得に、まだまだ道は険しいですが、頑張って欲しいです。

鳴海の恋人との関係も悪くはありませんが、少し聡子が可哀想かなと感じるので、もう少し聡子の気持ちに鳴海が気付いてくれることを期待します。

頑張れ!鳴海校長!生徒の意識改革も大切

四話の見どころは校長としてがんばる鳴海ですが、経営の立て直しになっているのかという点です。

鳴海は生徒たちに授業に少しでも興味を持ってもらおうと、アクティブラーニングをしたいと先生たちに提案します。

賛成する先生もいれば、自分の授業方針を変えたくない先生もいて難しい状況になります。

しかし、アクティブラーニングは生徒たちに好評でした。

鳴海はその様子を見て手応えを感じますが、思わぬ展開に。

そして、会社の方では上司の高嶋さんに呼び出され、鳴海を指導します。会社としてすべきことは、学園の経営立て直しであって教育理念を変えるものではないと。

鳴海は窮地に立たされて、その様子を恋人な多部未華子さんが心配そうに見守ります。

アクティブラーニング導入は成功するのか?

鳴海校長は、3話で島津先生が成功させたアクティブラーニングを大々的に導入させる考えのようです。

うーん、ちょっと無理な気がしますね。先生たちもいきなりそんな事を言われても困るでしょうし、生徒も勉強ができる子はいいですが、ついていけない子も出てきそうです。

もっと工夫が必要かもしれません。今まで協力しつつも鳴海校長の考えに否定的だった真柴先生は、少し考えが変わってきそうな気配です。

島津先生に続いて鳴海校長の理解者になってほしいですね。

彼女もまた、生徒のことを真剣に考えている教師だと思うので、学校改革を進めるための良い指針を出してくれそうな気がします。

アクティブラーニング導入が成功するかは分かりませんが、協力者を増やすことでいろんな可能性を見出してほしいと思います。

先生たちのやる気に火がつく⁈

瀬戸康史さんや櫻井翔さんのアクティブラーニングで、生徒たちだけでなく、先生たちも少しずつ意識が変わってきたように感じます。

もちろん、すぐには変わるのは難しいと思います。

実際に効果が出てくるまでには多少の時間がかかると思います。

しかし、左遷させたつもりだった高嶋政伸さんが高校に直接、見にくるくらいなので、もしかして本当に高校の経営を黒字化させて実績を上げてしまうかもしれないと、恐れてのことだと思います。

恋人の多部未華子さんとは、2人の関係は穏やかでうまくいっていると思いますが、働く環境が違いすぎて、だんだんすれ違ったいってしまいそうで少し寂しいです。

やはり、仕事の話もできる蒼井優さんとの距離が近づいてくるのかなと思います。

ドラマ「先に生まれただけの僕」見どころ感想気になったこと

現実は理不尽であると知ること

島津のアクティブラーニングの授業がとても素晴らしかったので、1、2年生に、面白い授業を導入するという事を、全校生徒の前で、発表してしまった鳴海。

しかし、3年生は今まで通りの授業を頑張れと言われたことで、自分達は切り捨てられたと、直接校長である鳴海の元に抗議をしに来ました。

3年生達が面白くないのは当然の事だと思います。どうしても線引きは必要だとはいえ、切り捨てられる側としては、腹立たしくて当然だと思います。

鳴海も言っていたように、それを声に出したことはとても素晴らしいことだったと思います。

社会に出て働き出したら、理不尽なことだらけで、こんな事はまだ可愛いほうだと、現実をまざまざと突きつける鳴海は厳しいようだけれど、現実を知ることで社会に出る覚悟が出来るのはとても重要な事ではないかなと思いました。

オープニングの第三話が変わってる木下ほうかさんに注目

商社マンの桜井さんはまったく違和感ない演技力

先に生まれただけの僕、四話を迎えました。商社マンの桜井さんはまったく違和感なく、むしろドラマに見えません。

今回はアクティブラーニングについてでしたね。島津からアクティブラーニングについて学んだ鳴海たち。

今までの聴くだけの授業からグループ学習を使った体験型の勉強を通すことで生徒たちに勉強に興味を持ってもらえそうな手法だと思いました。

ドラマを見ながら、今はこんな手法があるんだと携帯で調べながら一緒に見ていました。

鳴海は、自らが教壇に立つときめ、ちひろたちも新しい授業に挑み、慣れないことにトラブルが続きながらも最後には生徒たちは楽しく授業を受けている姿が鮮明でした。

よくよく調べてみると欧米では普通のようですね。進化していく教育現場を臨場感あふれる感じで表現されてて勉強になりました!

こんな校長先生がいる高校に通ってみたかった

瀬戸康史さんが行なったアクティブラーニングの授業で、生徒たちがイキイキとしているのを見た櫻井翔さんは、即座に会社の専務である高嶋政伸さんに高校の事業改革案を提出したのはすごいなと思いました。

生徒たち同様、本気で高校のことを思う校長先生の顔になってきたなと感じた瞬間でした。

そんな櫻井翔さんに先生たちも、だんだん理解を示し始めていて、良い連鎖が生まれてきていると感じます。

でも、アクティブラーニングの対象は、1年生と2年生だけだったので、それに不満を抱いた3年生が抗議をしてきたことに対し、3年生を集めて自分の言葉で謝罪をして、これから先の人生では色々と理不尽なことが起きるが、負けずに進んでいって欲しい、と話す様子を見ていると、誠実な校長先生だなと羨ましく思いました。

鳴海の予想外の出来事

第4話は、1年生と2年生の授業にアクティブラーニングを導入していましたが、3年生から不満の声が上がって鳴海も直接生徒から抗議を受けて、鳴海が予測出来なかったことに生徒も納得いかない感じでしたが、私も生徒なら詰めが甘いんだよって生意気なことを言ってたかもしれません。

かといってそれを理由に下級生に怪我をさせるくらい荒れるのは違うかなと思います。

そんな3年生に鳴海が社会の厳しさを教えるシーンは、見どころです。長台詞すごかったです。

鳴海の言う通り社会に出たらアクティブラーニングが受けれないぐらいで不満を言ったらやっていけないので、わかるわかると共感しながら見ていました。

専務の加賀谷が最後の方学校に来て、鳴海の姿を見て不満気にすぐ帰って行ったので、何がしたかったのか気になりました。

どんな先生がいたかな?学生時代を思い出しました

アクティブラーニングの導入が意外にもスムーズでした。反発する先生も思ったより少なかったです。

新しい授業に向けて、いろいろ考えたり勉強をしている先生たちの姿がとても頼もしかったです。

授業を実施した先生たちには手応えがあったようで、良かったです。ドラマを観ながら、自分が学生の頃の先生ってどんな人がいたかなと思い出しました。

授業を聞かないと怒る先生、生徒が話をしていても注意しない先生、確かにいましたね。話が上手な先生はいましたが、「この先生の授業、楽しいな」と思える先生はいなかったような気がします。

自分も学生時代にアクティブラーニングを受けてみたかったなと思いました。

3年生は、自分たちが置き去りにされたようで怒っていましたが、自分が3年生の生徒の親ならば、「受験の時期にいきなり授業内容を変えるのはやめてくれ」と思うでしょう。

そういう視点でも、この選択は間違ってなかったなと思いました。

鳴海校長の言った事は差別を受けて居ながら会社から出向している自分に対しての訓話

鳴海校長はアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。

英語教師・島津先生に確認するとのンの授業でも応用できると言うので、一部の教師の反対が有ったが、アクティブラーニングを始める。

3年生を除く1、2年生に行うと、楽しい授業で生徒が皆喜んで勉強をしだす。

3年生の生徒3人が、3年生にはアクティブラーニングをして呉れないのか差別ではないかと抗議に来る。

抗議が大きく成らない内と思ったのか、鳴海校長は3年全員を体育館集めるように指示する。

就職組、専門学校組、進学組を夫々分けて立たせて訓示を行う。

訓示は、就職組が今考えている事は何か?専門学校組は?進学組は?・・・

社会人に成ると誰もが同じ一年生から始める事になる、大人の世界は差別で出来ている、学生と違って誰も面倒を見て呉れない。

社会に出て大事なのは友達、同期生、先輩・・・・を沢山作って、助けて貰ったり、助けたり、相談されたり、されたりして成長して行く事を知っていただきたい。

鳴海校長の言った事は、今、差別を受けて居ながら会社から出向している自分に対しての訓話のようにも聞こえた。

加賀谷専務が辛く当たって居るのは、自分が優秀であるという事に対しての嫉妬という事には気づいて居ないみたいである。

アクティブラーニング発動!先生の気合

今回は島津先生だけではなく何人かの先生達がアクティブラーニング授業を実践して生徒も先生も変わっていくところが見どころです。

島津先生を筆頭に、校長までもがアクティブラーニングを実践します。校長に文句を言っていた真柴先生までもが、恥ずかしながらも授業実践しました。

みんなが、今まで以上に授業作りに力を入れ、どのようにしたら生徒主体の授業になるのかよく考えていて、教師らしくなってきたと思います。

今までは生徒のことはあまりよく考えられてない先生達でしたが、今回の授業を通して生徒達がどうしたら楽しく勉強できるのかということを考えられるようになったと思います。

アクティブラーニングを初めて実践する先生たちの気合が半端なくて、みんなやる気満々な所がとても面白かったです。

みんなが、「はい」って元気に出発していたのがツボでした。先生も生徒も絶対に授業が楽しかったと思います。同時に達成感もあったと思います。

残りの3人も変わってくれたらいいのになと思います。

3年生はアクティブラーニングを受けられないので残念だったのですが、校長の謝罪と現実社会の話でたるんでいた3年も変わると思います。

実際に3年は新たに勉強することはほとんどないしアクティブラーニングを受けたいと思うこと自体がよく分からないですが、新たに覚えないといけないところだけは先生がアクティブラーニングで教えたらいいのになとも思います。
⇓   ⇓   ⇓
「先ぼく」1話あらすじ
「先ぼく」2話あらすじ
「先ぼく」3話あらすじ

「先ぼく」5話あらすじ
「先ぼく」6話あらすじ
「先ぼく」7話あらすじ
「先ぼく」8話あらすじ
「先ぼく」9話あらすじ

先に生まれただけの僕はどこで見れるの?

先に生まれただけの僕はhuluという動画配信会社で全話無料みれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、先に生まれただけの僕を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは「先に生まれただけの僕」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

コウノドリ
雨が降ると君は優しい(Huluオリジナル)
校閲ガール
愛してたって秘密はる

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-先に生まれただけの僕

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.