監獄のお姫さま

監獄のお姫さまドラマ動画無料第4話再放送pandora見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ『監獄のお姫さま』動画4話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『監獄のお姫さま』動画4話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「監獄のお姫さま」の相関図キャスト


馬場カヨ(小泉今日子) 囚人番号69番
江戸川しのぶ(夏帆)  囚人番号114番
大門洋子(坂井真紀)  囚人番号31番
足立明美(森下愛子)  囚人番号24番
勝田千夏(菅野美穂)  囚人番号44番
小島悠里(猫背椿)    囚人番号56番
板橋吾郎(伊勢谷友介) 社長
長谷川信彦(塚本高史)  検事
若井ふたば(満島ひかり)刑務官
護摩はじめ(池田成志)  所長

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画第4話のあらすじネタバレ


馬場カヨの夫・武彦が突然、馬場カヨに面会に来た。

もう小学5年生になる息子の様子を話しながらも、事件に対しては自分が悪く、馬場カヨにはもう恨みはないと述べ、自業自得だったとカヨに詫びる。

馬場カヨは武彦に息子に会わせてほしいという願いを伝えるが、武彦はそれを聞き入れず、馬場カヨに離婚届をつきつけて帰っていった。

またその一方で、洋裁工場では新しい作業が始まる中、江戸川しのぶが板橋五郎の子供を妊娠しているということに気づいた馬場カヨは、刑務官の若井ふたばに相談しようと思いつき、若井となんとかして二人きりになろうといろいろ試してみる。

そして、見事二人きりになり、それとなく、ふたばに伝える。

しかい、その思いもむなしく、中々うまく伝わらずに、ついにしのぶは妊娠により倒れてしまい、救急車に搬送されてしまうことに。

一方、2017年12月24日

若井たちは拘束している板橋吾郎に、爆笑ヨーグルト姫事件に関して、何とか板橋の関与を認めさせようとするが中々板橋は述べず。

そんな時、アジトにある男が現れる。

それは、検事の長谷川信彦(塚本高史) だった。

長谷部は馬場カヨに電話で呼び出されて、この現場にきた。

そして、そこにテレビで話題になっている、誘拐されている板橋がいて驚いた。

しかし、コメディードラマなので、あっさり馬場カヨたちに普通に確保されてしまう。

ちょっとはお前暴れて、抵抗しろよと思ってしまった・・・・

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画第4話の見どころ期待予想

お騒がせお姫様の今後が気になる

ドラマの注目人物でありお騒がせ?なお姫様であるしのぶの行動が気になるところです。

第3話では仕事中に吐いてしまったり、逃げ出してしまったりと色々していました。

今回はどんなことをするのか?起きてしまうのかとっても楽しみです。

どうやら妊娠しているようですが、このことを知っているのはカヨだけのようです。

果たしてカヨはどうするのでしょうか!?様ざまな登場人物のお話がきになるところですが、やっぱり気になるのは主人公であるカヨのことです。

第4話では夫が突然面会にやってくるそうです。しかも離婚届も一緒に持ってきたようです。

子どもに会いたいと願うカヨは一体どうなってしまうのでしょうか。

子どもに会いたいと願うカヨの気持ちが届けばいいと感じずにはいられません。

離婚届‼︎妊娠‼︎監獄の中はしっちゃかめっちゃか

2012年カヨの夫が突然会いに来ます。事件のことを詫び、恨んでいないと。息子に会いたいと思っているカヨ。

そんな中、夫が離婚届を出してきました。洋裁場で姫の教育係として指導する中、姫の異変に気付きました。

体調の悪い姫を見て妊娠していることに気づきます。

ふたばにどうにか伝えようと2人で話せるように努力しますが、なかなか苦戦してしまい、そんな状態の中、姫が倒れて病院へ搬送されてしまいました。

2017年12月、監禁している吾郎に爆笑ヨーグルト姫事件の関与について認めさせようとするところにある人物が現れます。

その人物こそ、今回の4話のキーマンになりそうですね!果たして吾郎は関与を認めるのでしょうか。ある人物とは?

姫は獄中で出産するのかな

姫が獄中で出産するような予告だったので、そこがとても気になります。

そもそも、なぜ鬼刑務官の若井(満島ひかり)がこの事件の首謀者なのかが謎だったのですが、出産とともにそこらへんも明らかになってくるのかもしれないなと思います。

第3話の後半で姫がマインドコントロールからとけたっぽい描写があったのですが、この委託殺人の話もミステリーを楽しむ気持ちで気になります。嵌めたのは実は伊勢谷友介と雛形あきこのカップルだったのかな。

雛形あきこがすごい2時間ドラマ感出てるので期待してしまいます。

崖が本当に似合ってました。

あと、第4話は必ずシーンが挟まれるわりには、どういう絡みがあるのかよくわからなかった塚本高史もお話に絡んでくるようで楽しみです。

検事長谷川の活躍に期待そしてふたばの謎も知りたい

4話で一番期待しているのは、カヨのことが気になっている検事の長谷川が、元女囚と刑務官により、監禁されている板橋吾郎の下に現れることです。

この一風変わった検事が元女囚達の味方になってくれれば、最終的に全員が捕まらない方向で行けるのではないかと期待しています。

どう考えても自分の恋人に殺人教唆の罪をかぶせて、まんまと会社を乗っ取った板橋吾郎が悪者のように思えます。

元女囚ではあるものの、みんな善良なおばさん達なので、なんとか罪にならずに、悪いものを糾弾できるといいなあと応援したい気持ちです。

それから、元刑務官の怖いふたばがどうして、元女囚達と一緒に復讐しているのかが気になります。

3話でこの女囚達を集めたのは自分だとふたばが言っていたことにも驚きました。

4話では、どうして、ふたばが板橋吾郎に罪を償わせようとしているのかがちょっとでもわかると嬉しいなあと思います。

キョンキョン演じるカヨがだんなさんに離婚を切り出されるシーンはかわいそうだなあと今らか胸が痛いです。

秘密を抱えたヨーグルト姫

第4話は、妊娠していることがカヨにバレてしまった姫は、秘密にするようカヨにお願いする。

しかし、姫の身体が心配なカヨは、刑務官のふたばに報告しようとしたが、タイミングを逃してしまってるうちに、姫は体調を崩して倒れてしまう。

救急搬送された先で、姫の妊娠はバレてしまい、ふたばは報告しなかったカヨを激しく責めた。

姫は妊娠8ヶ月で、子供を産むことになったが刑務所に入った理由は子供を守りたかったからだと告白する。

刑務所に入ってまで守りたかった子供を、姫が無事出産してくれることを期待します。

2017年の吾郎を拘束してるアジトに、検事の長谷川が現れるシーンは見どころで、長谷川は何をしに来たのか?

長谷川もカヨたちと繋がってるんじゃないかなと思うので、長谷川を使って吾郎を追い込むのか、カヨたちが追い込まれるのか見どころです。

「妊娠している…?」の衝撃

夏帆さん演じる「爆笑ヨーグルト姫」が婚約者である伊勢谷友介さんの交際報道をニュースでたまたま見て「だまされていた」と気づくシーンで終わることから、4話からは伊勢谷友介さんに復讐するに至った過程を描くことになると予想します。

夏帆さんが刑務所に入ることになる事件4の顛末も明かされてほしいです。早く知りたい!

3話で断片的に明かされた内容で、伊勢谷友介さんの浮気相手に夏帆さんが呼び出され、それに応じて夏帆さんと伊勢谷友介さんが沖縄に旅行に行くということはわかっているので、その沖縄旅行の様子が明かされるのではないかと思います。

3話のラストの衝撃の告白、夏帆さんが妊娠しているということも気になります。

当然伊勢谷友介さんとの子のはずですが、「絶対に誰にも言わないでください!」と言っていたので、わかりません。

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画第4話の見どころ感想気になったこと

みんなの事情が次々に明らかになる

夏帆さんは、冤罪であるにもかかわらず、そのことを主張せずに刑務所に入ったのは、お腹の子供をどうしても産みたかったからだということがわかりました。

そして、小泉今日子さんには夫が、森下愛子さんには高田純次さんが、それから菅野美穂さんにはベンガルさんが面会に来て、どんな状況で罪を犯してしまったのかが明らかになっていくと思います。

罪を犯すのはいけないことですが、それぞれの状況がわかると、やむにやまれない同情したくなるような事情を抱えていたのではないかと思います。

刑務官の満島ひかりさんも、これから、どんな風に雑居房の6人と距離を縮めていくのか、とても気になります。厳しく接しながらも、情をかけるシーンもあるのかなと思います。

姫の決意がみえてくる

馬場カヨに妊娠していることを隠してほしいと頼んだ姫だったが、馬場カヨはその秘密をどうしたらいいかと頭をひねる毎日だった。

受刑者が妊娠した場合どうなるのかなど、心配事に耐えられず、先生(満島ひかり)に聞き出そうとするが、姫から秘密にしてほしいと頼まれたことでうまく言葉に出来ず、結局は秘密にしたままで生活していた。

姫は、日に日に様々なストレスを感じたままだったせいか切迫早産で倒れてしまう。

そこで先生も妊娠していたことを知る。周りに広まってはいけないと、馬場カヨ部屋のメンバーと、財テクだけに姫の妊娠を報告された。

部屋に戻ってきた姫は、お腹の子を守るために罪を被ったと暴露したのだ。社長(伊勢谷友介)の子、勇介くんは、姫との子だ!と後に言い詰めるための証拠であった。

姫がなぜ受刑者として生きていくことを選んだのか、罪を被ってまで妊娠した身で監獄に入ることにした本当の理由をはやく知りたいと思った。

毎度お馴染みの音楽劇場も絶好調でほっとさせられるし、なんだこれ。と、つっこみたくなる。このコメディ感でメリハリが効いててくせになる。

5話はどんなふざけた曲が生まれているのか、どこか期待してしまいます。

赤ちゃんを守る為だけに

宮藤官九郎さんだけあって今回も面白かったです。監獄の中でも妊娠していても、赤ちゃんを優先してくれ、産んだあとも一年半一緒にいられるっていうのは赤ちゃんにとってもいい事だと思いました。

赤ちゃんを守る為に罪をかぶって刑務所に入るっていうのは、とても素敵な事だなと思いました。

だけど、刑務所に入ったら、一年半は一緒にいられるかもしれないけど、その後は別々にならなきゃいけないのはとても悲しい事。

それでも守る為にって事には何か理由があるんだろうなと思いました。

少しずつ皆の過去がわかってきて、今後の展開が楽しみです。

そして、勇介くんは姫の子供って事に驚きました。

その子を自分の妻が産んだかのように育ててる社長は本当凄いなと思います。

女囚たちの明かされた過去

第4話は、馬場カヨ、姉御、財テクの過去が明かされて、財テクの家庭環境が複雑だった話を聞いた検事の長谷川が、スカッとジャパンみたいって言ってたのはクスっとしました。

スカッとジャパンってそんな番組だったかなと思って気になってしまいました。

検事の長谷川のバカっぽいキャラクターも良いです。

姉御の組長の夫役が高田純次さんで、財テクのお父さん役がダンカンさんだったのに対して、馬場カヨの夫役が知らないおじさんが出て来たので、悪い訳ではないですが何か気になってしまいました。

姫の妊娠が発覚して、救急車で運ばれる時にみんなが姫を送り出すシーンも良いシーンなので見どころですが、個人的には刑務官ふたばの私服とキャラ変は見どころです。

コンパに行くことも意外でしたが、男の人の前ではあんなに人が変わることに驚きました。

愛すべき悲しき受刑者たちをコミカルに描く脚本家

コミカルで本当に面白いドラマなんですけど、一人一人の過去や犯罪者になった経緯が分かるたびに、とても切なくなってしまいます。

4話では財テクさんや姉御の、見ていて辛くなる過去が明かされ、脚本家の官九郎に物申したい気分です。

こんなに健気で一生懸命な女を苛めないで!という感じです。

でもそれだけにコミカルな場面とのギャップが凄すぎて、どのシーンも大概笑えるところがあり楽しいです。

馬場カヨの時もそうでしたが、過去のシーンになると大体男役をイケメン伊勢谷さんがやっています。

財テクさんのお父さん役の時も、姉御の時の若い衆?役の時も、これがあの伊勢谷さん?と思うくらいイケてなくて、思わず笑ってしまいました。

満島ひかり演じる看守役の仕事とプライベートの落差も凄すぎて、面白すぎでした。

ツッコミどころがありすぎて、さすが官九郎!です。

姫が無事に出産できそうなラストも泣けました。

よく考え作り込まれた脚本

4話はカヨと千夏、姉御が刑務所に入った経緯や家庭環境が分かり、特に姉御は夫をかばって刑務所に入っている姿が切なくなりました。夫役が高田純次さんだったのは見ていて笑えました。ぜひまた出演してほしいです。

また千夏の家庭環境も複雑で千夏がなぜ財テクをするようになったのかも知れて色々と納得しました。

そして姫が吾郎の子どもを妊娠していたとはとても驚きました。

姫の妊娠をなんとかふたばに伝えようと必死に頑張っていたカヨとふたばとのやり取りが最高に面白かったです。

ふたばの合コンでのはしゃぎっぷりが教官の時とは全く違い、普通の女の子なんだなと思いちょっと安心しました。

所々に笑いを散りばめ、時に切なく感動する場面もあり本当に秀逸な脚本だと思います。

お姫さまたちの過去が次々と発覚

小泉今日子さん、森下愛子さん、菅野美穂さんなどに面会に来た男たちから、みんなの過去がだんだんわかってきました。

どの男も、どこかダメ男で、だからと言って罪を犯して良いということにはなりませんが、原因の多くは、その男たちにあったのではないかと思いました。

それにしても、仕事ができる女だったはずの小泉今日子さんが、刑務所に入ってからは、すっかりダメなオバさんになってしまっているのが面白いです。

「愚鈍、って…」と繰り返し独り言を言っているシーンがありましたが、確かにひどい言葉ですが、残念ながら、刑務所の中の小泉今日子さんにはピッタリな言葉で、笑ってはかわいそうだと思っても、仕方ないかな…と感じるシーンでした。

満島ひかりさん演じる刑務官!

満島ひかりさんの演じる刑務官(元刑務官)の演技にハマっています。

受刑者(こちらも元)たちとのやりとりが独特で、受刑者を番号でしか呼ばないといった、厳しい刑務官の姿の半面、一部受刑者とのやりとりにはぐいぐい入っていくような、なんだか女子っぽいようなところもあります。

今回の第四話では、姫(夏帆)の妊娠経緯や、財テクの一部過去のエピソードが取り上げられています。

(ちなみに、妊娠の字のくだりでは、夫婦でテレビの前で、「パソコンやスマホがなければ、これは書けないかもしれないね…」という話になりました。笑)

これからどんどん謎解きがされていくドラマだと思います。

また、このドラマの現在(伊勢谷友介を誘拐している日)って、息子を誘拐した日と確か同日か翌日で、ほとんど現在の時間は進んでいないんですね。

過去と現在のエピソードが、すごく上手に構成されていると思います。
⇓  ⇓  ⇓
監獄1話あらすじ
監獄2話あらすじ
監獄3話あらすじ

監獄5話あらすじ
監獄6話あらすじ
監獄7話あらすじ
監獄8話あらすじ
監獄9話あらすじ

-監獄のお姫さま

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.