先に生まれただけの僕

先に生まれただけの僕見逃し配信2話動画無料pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「先に生まれただけの僕」第2話の見逃し配信動画無料視聴はpandoraデイリーyoutubeで見れるのか調べてみました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第2話の見逃し配信動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「先に生まれただけの僕」の動画はhuluという動画配信会社で見れます。

huluは先に生まれただけの僕の公式動画配信会社です。

なので、違法動画と違い安全・安心・高画質で見れます。

もちろん、スマホからでも大丈夫です。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で14日間無料で利用できます。

先に生まれただけの僕を無料で視聴する
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

先に生まれただけの相関図キャスト


鳴海涼介(櫻井翔 )総合商社・樫松物産の社員(京明館高校「校長」)
真柴ちひろ(蒼井優 ) 京明館高校で特進クラス2年3組の担任で現代社会教師
松原聡子(多部未華子) 樫松物産社員。鳴海の恋人

加賀谷圭介(高嶋政伸 )総合商社樫松物産の専務
後藤田圭(平山浩行 )樫松物産の社員

香坂友梨子(松本まりか)樫松物産の秘書
綾野沙織(井川遥)京明館高校の保健室の先生
島津智一(瀬戸康史)京明館高校の2年2組の担任で英語担当の先生。

及川佑二(木下ほうか)京明館高校の2年1組の担任で数学の先生
矢部日奈子(森川葵)京明館高校の1年1組の担任で音楽担当の先生。
市村薫(木南晴夏)京明館高校の1年3組の担任で日本史の先生

河原崎孝太郎(池田鉄洋)京明館高校の3年1組の担任で生物の先生
郷原達輝(荒川良々)京明館高校の3年2組の担任で物理の先生。
杉山文恵(秋山菜津子)京明館高校の3年3組の担任で古文の先生

先に生まれただけの僕2話のあらすじネタバレ

1話では奨学金は大学を卒業した後からは、返さない借金でそんな簡単に借りるべきでない。

借りるなら、ちゃんと考えて借りたほうがいいと生徒に話した鳴海(櫻井翔)。

2話では、その生徒が不登校になってしまった。

上司の加賀谷圭介(高嶋政伸)には、もし高校でいじめなどの問題が起こったときには、鳴海お前に責任を取ってもらって、会社を辞めてもらうと言われていた。

どうやって、この生徒を鳴海は立ち直らせるのかが2話の見ものだ!

さらに、沙織(井川遥)からは、腹痛を訴えて保健室に毎日通っている生徒のことを聞かされる。

鳴海はその生徒の担任である及川(木下ほうか)にケアをするよう指示するが、彼は取り合おうとしない。

そして、この生徒が抱えていた悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた。

教師たちの意識改革ができない


山西惇(ヤマニシアツシ)

生年月日:1962年12月12日 (54歳)
出身地:京都市
身長:170 cm
学歴:京都大学
本名、畑中 敦史
京都府京都市出身
リコモーション所属
身長170cm、体重67kg
血液型はB型

なんとか高校の経営を上向きにしたい櫻井翔さんは、大手予備校から講師を呼んで、教師たちに講習を受けさせて、意識改革をしようと努力しますが、会社と違って、努力がすぐにあらわれるわけでもなく、教師たちも非協力的な態度で、1人で苦悩している様子の櫻井翔さんを手伝いたくなりました。

青森と東京での遠距離恋愛が終わり、結婚を考えていたはずの多部未華子さんには「まだ今は、結婚を考えられない」と言わざるを得ない状況で、なんだか気の毒になります。

仕事で大変なときこそ、好きな人に支えてもらえば良いのにと思いますが、それは男のプライドなのかな?と、もどかしくなります。

多部未華子さんの女心も理解していないわけではなさそうですが、今は学校で支えてくれる蒼井優さんの存在のほうが人間として必要なのかなと感じました。

高校生を子供扱しない鳴海(櫻井翔)

先生の質の問題、スクールカーストなど、リアルな学校の問題をドラマで取り上げたのが良かったです。

鳴海は学生を子供扱いせず、ハッキリと正論を生徒にぶつけてしまうので、真柴から否定されていましたが、現実を教えることがそんなにいけないことかなと思いました。

始めは鳴海の言葉にショックを受けて生徒も泣いていましたが、ちゃんと受け止めて前に進んでいたので、現実でもそうした方が良いこともあるんじゃないかなと思います。

高校生だから傷付きやすい年頃なので、言葉を選らんで伝わらないよりは、ハッキリ伝えて傷つけても、その後のフォローが出来ればきっとその方が伝わることもあるのかなとドラマを見て思いました。

生徒に向き合おうとしない先生に対して鳴海のとった行動は、商社マンの鳴海らしくて見どころです。

及川先生を退職に追いやってしまう

確かに及川先生の態度は悪すぎました。企業なら珍しくない事かもしれませんが、あんなに強い態度に出て大丈夫だったんでしょうか。

あとで他の先生たちに「恐怖政治だ」とか「職権乱用だ」とか言われそうで心配です。

先に生まれただけの僕2話の感想見どころ期待

そわそわとわくわく、どきどきがつまって考えたくなるドラマ!

一話で商社マンから校長になったものの早速すでにいた先生方と対立が深まるばかりでしたが二話でもやはり対立は続いたままなところがいつ関係が緩和されていくのだろうかと見ていてドキドキします。

そして奨学金の話で話が目まぐるしく動きその生徒が欠席してしまい、17歳や18歳の心じゃ色々なことを背負わなければならなくてそう考えると心が痛みます。

先生たちと生徒がどうさらに手を取り合うのかとてもわくわくしたいです。

真柴先生に鳴海先生は立て直すことに専念をと言われていました専務に不祥事はやめろと言われていたこともあり気が動転し焦ったりしてしまう気持ちもプライドから出てしまうのだろうとそわそわしてしまいます。

どう対応していくのか見どころだなと感じました、及川先生は年がそこそこな先生なだけあって保健室に通っている生徒について取り合わないところに年齢とジェネレーションギャップを感じ頑固なところが浮き彫りになっていると思いました。

なので若い人も年を重ねた人もいろんな視点からその「頑固な教師」について考えるのが楽しいかなとも思いました。

先生と生徒も交錯して先生同士も交錯するのでドキドキします。

よそ者を排除しようとする教師たち

商社から、まったく畑違いの私立高校に異動してきて、校長を務めることになった櫻井翔さんに対して、もともといた教師たちは、ことごとく反発するのだと思います。

一般企業と、学校では、考え方や慣習なども、かなり違うのだろうと想像はしますが、櫻井翔さんは35歳という若さなので、余計に反発は強くなるだろうということも容易に想像がつきます。

しかも、偏差値が高い高校ではないので、櫻井翔さんが良かれと思って話すことのほとんどは教師たちにも生徒たちにも通じないのだろうと思います。

そういうことから、奨学金をもらって進学することに対して、将来のデメリットを話すのは時期尚早だったのだと思います。

でも、保健室に通う生徒には注意を払わなければいけないのは、かなり昔からのことなので、校長として対応をどうするのかも気になります。

最年少校長初めての教育現場に悪戦苦闘!

畑違いの教育現場に突然いくことになり、戸惑いながらも生徒のことを考えながら懸命に生徒の進路の可能性を考えようとする鳴海涼介。

しかし、生徒にその思いは届かず、逆に傷つけ、逃げ出させてしまうという失態を犯してしまう。と、いうところで1話目は終わりました。

これまでのビジネススキルは通用しない、教育現場には教育現場のやり方、対応があると学び、それを痛いほどに痛感したであろう鳴海が、どのようにしてビジネス×教育現場のギャップに折り合いをつけていくのか、優秀な営業マンである鳴海が次からはどんな一手を打って来るのか、どんな策を考えてくるのか。

また、他の職員との間にできた溝や亀裂が今後、どのように変化していくのか。その辺りが見所の一つだと思っています。どんな展開となっていくのか、楽しみです。

鳴海を悩ます大きな問題

奨学金制度の件で、鳴海の真意は伝わらず教師達からは総スカンに合い、奨学金制度を受けるつもりだった生徒も、鳴海の話を聞いて制度を利用するのが怖くなり、その場から逃げるように立ち去ってしまう。

次の日、その生徒のことが気になり教室を覗きに行くと、生徒は休んでいた。自分のせいで不登校になったのではないかと不安になった鳴海は、教師の真柴に生徒の家庭訪問をお願いした。

そんな中、及川の担任のクラスの生徒がスクールカーストで悩んでいることを知った鳴海は、及川に生徒の問題に向き合うよう話をするが、教師の仕事ではないと拒否をする。

鳴海がどう及川を説得してスクールカースト問題に向き合っていくのが見どころです。

不登校疑惑の生徒は学校に来てくれるのか?

スクールカースト=生徒の身分制度

沙織は毎日のように腹痛を訴えて保健室に通っているらしい、タイトルから考えると生徒の中に身分制度が出来ており親分肌の生徒が子分の生徒に沙織にいじめをさせている可能性がある。

担任の及川先生は第1話で曲者ぶりを見せていた。まず新校長の言う事には絶対反対、反って足をすくう事を考えているのではないだろうか?生徒の身分制度を知って居てしらない振り、または、進んで身分制度に協力しているように思える。

及川先生と新校長の頭脳戦争がはじまりそうである、勝った方が学校に残り負けた方が学校を去る。なにかは分からないが、先生の中にも派閥が起こって居そうな気がする。

派閥のない新校長と及川先生の派閥、また、及川先生に反対派閥のバトルが起こる様な気がする。

孤軍奮闘の鳴海校長に初めての味方現る!?

1話のラストで鳴海校長が熱弁を振るったにも関わらず、生徒の気持ちをさらに追い詰める結果になったのが、さすがドラマだと思いました。

面白すぎる展開で、2話が楽しみで仕方ありません。

でもその生徒はきっとまた登校してくると予想します。それも奨学金をもらって大学に行く決意をしっかり固めた決意の第一歩として、再び学校に来るのだと思います。

オンリーワンを目指す気持ちが固まった証で、結局鳴海校長の熱弁が心に響くと信じています。

また2話ではもう一つ別の生徒で問題?が起きそうで、孤軍奮闘の鳴海校長がさらに追い詰められそうな感じです。

そろそろ真柴先生だけでも鳴海校長の熱い思いに共感して、一緒に問題解決に当たってくれるのではと期待します。

2話では一人でも多く鳴海校長の理解者、応援団ができることを祈るばかりです。

先に生まれただけの僕2話の感想や見どころ

先生の仕事って?生徒と向き合うことの意味

木下ほうかさんさんが退職してしまいましたね。先生は勉強を教えるだけの立場なのか、考えさせられてしまいました。

生徒に全く関心を持たないのは問題ですが、あまり干渉しすぎても、親などが出てくると大変です。

先生の学校の距離感はすごく難しいです。櫻井さん、なかなか苦戦していますね。

たしかにビジネスでは商品が悪ければ、商品を良くするために企業は努力しますが、学校は生徒に問題があってもその問題に取り組むのは難しいものです。

ビジネスと教育とは全く別物ですが、生徒には関心を持ってもらいたいものですね。

校長先生でありながら、企業的に問題が起こったら立場上悪いというのはありますが、生徒のことを思って動いてくれているような気がします。

先生の仕事って?生徒と向き合うことの意味

木下ほうかさんさんが退職してしまいましたね。先生は勉強を教えるだけの立場なのか、考えさせられてしまいました。

生徒に全く関心を持たないのは問題ですが、あまり干渉しすぎても、親などが出てくると大変です。

先生の学校の距離感はすごく難しいです。櫻井さん、なかなか苦戦していますね。

たしかにビジネスでは商品が悪ければ、商品を良くするために企業は努力しますが、学校は生徒に問題があってもその問題に取り組むのは難しいものです。

ビジネスと教育とは全く別物ですが、生徒には関心を持ってもらいたいものですね。

校長先生でありながら、企業的に問題が起こったら立場上悪いというのはありますが、生徒のことを思って動いてくれているような気がします。

先生と生徒が交わり始めていて惹き付けられる

サラリーマンの鳴海としてでなく校長先生としての鳴海校長先生の意識が出てきていたのがまず感動しました。

生徒の事を気にかけるようになり授業をしているクラスを見ているところははらはらしつつもほのぼのしたなと思ったら覗いているのがすぐばれてて面白かったです。

校長先生として色々やることがあるから校長先生にもメンタルに来るのかなあと保健室のシーンを見ながら考えていました。

井川遥演じる保健の先生が優しそうで聖母感があってThe保健室の先生で癒されました。

奨学金の話をしてからその生徒が来なくなって自分のせい!?ってあたふたする鳴海校長が面白かったけど生徒はしっかり受け止めていたようでホッとしました。

女の子達のスクールカーストの話も女子あるあるだし高校生ならではのささいなことから起きるいざこざなので共感しまくりで切なくなりながら楽しむことができました。

また、真柴先生が1話では強気さをすごくだしていたのに今回は協力的な姿勢があって感動しました。先生や生徒同士がわかりあい始めていてグッと来るものがありました。

鳴海先生の不器用さが愛おしい

1話よりも、鳴海先生の人柄と不器用さが全面に出た2話だったのではないかと思います。

生徒のためにも学校内で起きている問題を何とか解決したいと思っている鳴海先生ですが、自身が教員としての経験がない商社マンだったことから、先生に対しても生徒に対しても大人の事情やサラリーマンとしての立場からしか物事を説明できない故に鳴海先生の気持ちがなかなか伝わらないのが、観ているこっちも歯がゆい気持ちになります。

でも、そんな状況に葛藤している鳴海先生は憎めないキャラだと感じますし、観ていると応援したくなります。

及川先生は、確かにあれだけ生徒が授業に無関心だとやる気もなくなってくるかもしれませんが、やはり学校の先生が生徒に無関心なのはまずいですね。

だからこそ、鳴海先生の勉強以外も教えるから教師という台詞が響きました。

及川先生が態度悪すぎ!そして退職なの首なの?

今回もおもしろかったです。またコソコソと授業を覗いている姿がかわいかったです。

別に校長先生なんだから堂々と見学に行けばいいんですけどね。2話での意外な展開は、及川先生を退職に追いやってしまった事です。

確かに及川先生の態度は悪すぎました。企業なら珍しくない事かもしれませんが、あんなに強い態度に出て大丈夫だったんでしょうか。

あとで他の先生たちに「恐怖政治だ」とか「職権乱用だ」とか言われそうで心配です。

さらに、鳴海自身が教壇に立つ事になりましたが、あれはちゃんと考えて決意した事なのか、それとも仕方なく突発的に言ってしまったのか…。

どちらにしろおもしろい展開になってきました。鳴海先生の授業がとっても楽しみです。
⇓   ⇓   ⇓
「先ぼく」1話あらすじ

「先ぼく」3話あらすじ
「先ぼく」4話あらすじ
「先ぼく」5話あらすじ
「先ぼく」6話あらすじ
「先ぼく」7話あらすじ
「先ぼく」8話あらすじ
「先ぼく」9話あらすじ

先に生まれただけの僕はどこで見れるの?

先に生まれただけの僕はhuluという動画配信会社でみれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、先に生まれただけの僕を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは「先に生まれただけの僕」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

コウノドリ
雨が降ると君は優しい(Huluオリジナル)
校閲ガール
愛してたって秘密はる

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-先に生まれただけの僕

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.