先に生まれただけの僕

先に生まれただけの僕見逃し配信7話動画無料pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「先に生まれただけの僕」第7話の見逃し配信再放送動画無料視聴はpandora,Dailymotion,youtube,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第7話の見逃し配信動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「先に生まれただけの僕」の動画はhuluという公式動画配信会社で全話無料で見れます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で14日間無料で利用できます。

先に生まれただけの僕を全話無料で視聴する
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「先に生まれただけの僕」の相関図キャスト


鳴海涼介(櫻井翔 )総合商社・樫松物産の社員(京明館高校「校長」)
真柴ちひろ(蒼井優 ) 京明館高校で特進クラス2年3組の担任で現代社会教師
松原聡子(多部未華子) 樫松物産社員。鳴海の恋人

加賀谷圭介(高嶋政伸 )総合商社樫松物産の専務
後藤田圭(平山浩行 )樫松物産の社員

香坂友梨子(松本まりか)樫松物産の秘書
綾野沙織(井川遥)京明館高校の保健室の先生
島津智一(瀬戸康史)京明館高校の2年2組の担任で英語担当の先生。

及川佑二(木下ほうか)京明館高校の2年1組の担任で数学の先生
矢部日奈子(森川葵)京明館高校の1年1組の担任で音楽担当の先生。
市村薫(木南晴夏)京明館高校の1年3組の担任で日本史の先生

河原崎孝太郎(池田鉄洋)京明館高校の3年1組の担任で生物の先生
郷原達輝(荒川良々)京明館高校の3年2組の担任で物理の先生。
杉山文恵(秋山菜津子)京明館高校の3年3組の担任で古文の先生

ドラマ「先に生まれただけの僕」7話のあらすじ・ネタバレ



6話では学校説明会を見事にいい感じに終わらすことができた鳴海。

このままいけば、来年度の入学者は増える見込みだ!

しかし学校運営に夢中になるあまり、鳴海は聡子(多部未華子)の誘いをことごとく断っていた。

そして、ためにあったときも聡子の話合はうわの空で学校経営の話ばかりするようになっていた。

一方、ちひろ(蒼井優)は2年3組の三田ほのか(山田佳奈実)の母親・真咲美(神野三鈴)から、ほのかから卒業後大学進学をせず結婚したいと告げられ困っていると相談を受ける。

しかも、相手はほのかより12歳年上の男性であった。

これってもしかして、児童買春に引っかる感じなのか?

ちひろは、鳴海と柏木(風間杜夫)に報告。鳴海とちひろは、ほのかから話を聞くも、ほのかの決意は固く、相手の男性も結婚を真剣に考えているようだった。

しかし、鳴海は二人の話を聞くとちょっとこの結婚は間違っていると感じていた。

その頃、加賀谷(高嶋政伸)は、鳴海と聡子の仲を引き裂こうと策略を巡らせていた。

加賀谷の企みを察した聡子は鳴海にそのことを伝えようとするが、そんな折、聡子は街で偶然ちひろを目撃してしまう。

やっぱりこの子かわいいし、私にないものを持っている。

もしかしたら、鳴海は私よりこの女性のほうが好きなのかもしれないと思ってしまった・・・

ドラマ「先に生まれただけの僕」7話の見どころ期待

高嶋政伸さんの執拗な嫌がらせ

専務である高嶋政伸さんは、社長から評価されることをしているわけではなさそうなので、そんな機会もなく、何かと櫻井翔さんの動きが気になっているようですが、自分の娘が櫻井翔さんが校長を務める京明館高校に通いたい、と言い出し、ますます感情的に櫻井翔さんにあたると思います。

婚約者の多部未華子さんは、それも気になりますが、上司の平山浩行さんとロンドン出張も控えているし、好意をもたれていることも知っているので、一時の気の迷いで何もなければ良いなと思います。人生の長さから考えれば、今の数年はそう長くはないので、なんとか乗り切って欲しいと思います。

高嶋政伸さんの秘書も思わせぶりなことばかり言わず、何か協力してくれたら良いなと思います。

仕事が楽しくなる櫻井翔さん

オープンキャンパスに続いて、学校説明会も成功し、いよいよ入学志願者数も増加しそうな手ごたえを感じている櫻井翔さんは、本当に自分の役割を全うしようとする素敵な男性で、相当できる男なのだろうと思います。

自然と周囲の人が、巻き込まれて、同じ目標に向かって動いていくという、とても理想的な形で動いていて、教職免許は持っているとは言え、教育の現場とは無縁だったのに本当にすごいです。

ただ、やはり仕事にのめり込みすぎると、婚約者の多部未華子さんのことは不安にさせてしまい、とうとう蒼井優さんと2人で話すようですが、多部未華子さんも頭の良い女性なので、あとから後悔しそうな気もします。もう少しだけ、待っていてくれたらなと思います。

京明館高校にまつわる人たちの恋模様に注目

今までは、学校運営に直接関わる内容でしたが、7話はようやく恋の話もメインになってきそうです。そうでないと、多部さん演じる聡子の存在が希薄になってしまいますし。

恋人の聡子と鳴海校長のことが気になり始めた様子のちひろ先生が直接聡子にお会いするみたいで、その後、どんな展開になるのか楽しみです。

また、加賀屋専務が次にどんな意地悪を仕掛けてくるのかも恒例となってきて楽しみになっています。

また、そんな意地悪加賀屋専務が実は子供には反抗的な態度をされ、家では別の顔も見れるのかもしれません。

また、ちひろ先生のクラスの秀才の生徒が高校卒業したら、年の離れた男性と結婚するということですが、それに対して鳴海校長はどんな言葉をかけるのかも楽しみです。

なんだかんだ言っても、毎回、鳴海校長は最後には決める男ですから。その決める男が自分の恋の行方はどうするのかも気になります。

生徒の結婚に悩む鳴海

第7話は、学校説明会も終わり、ようやく聡子と会えた鳴海だったが、聡子の話に耳を傾けず、鳴海は自分の話ばかりしてしまう。

そんな中、ちひろのクラスの女子生徒が、高校卒業後に進学はせず結婚をしたいと言い始める。相手はバイト先で知り合った年上の男性で、女子生徒の親は反対で頭を抱えていた。

担任のちひろや校長の鳴海も当然反対だった為、女子生徒を呼び出し話を聞くが、女子生徒の意思は固かった。

ちひろと鳴海は女子生徒の結婚が間違っていることを説得出来るか見どころです。

オープンキャンパス以来ちひろのことが気になっている聡子が、ちひろと話をします。

聡子はちひろと話をすることで、ちひろの鳴海への思いをどこまで察することが出来るのかも見どころです。

聡子と鳴海とちひろの関係

先に生まれただけの僕の7話の見どころは、恋です‼︎学校説明会に成功した鳴海は、翌年の入学を希望する志願者か増えるのではないかと手ごたえを感じていました。

学校運営は軌道に乗ってきた鳴海。聡子とあってもその話ばかりで、聡子と鳴海との関係に距離感が生まれてきそうです。

一方、学園ではちひろが悩んでいました。担任をしているクラスの三田が進学ではなく結婚をしたいと言って困っていると母親から相談を受けます。

そのことを鳴海たちにちひろは報告。鳴海は、本人から話を聞き、三田の結婚への決意の固さ、相手も真剣に結婚を考えていることを受け止めますが結婚はすべきでないと考えます。

そして加賀谷が聡子と鳴海のなかを引き裂こうと企みます。それを察した聡子は鳴海に相談しますが、鳴海は聡子の話を聞いても真剣に受け止めなさそうですね。7話がどんな結末になるのか楽しみです。

宿敵鳴海、加賀谷専務の娘は京明館に行けるか?

6話の最後に加賀谷専務の娘が京明館高校の個人面談を受けていました。加賀谷専務は鳴海が校長をしていることが気に食わないので娘が京明館を受けるなんて有り得ない話だと思っているはずです。

加賀谷専務と娘さんはあまり仲が良くなさそうなのでダメと言われても娘さんは京明館にいきそうですが、専務としては何としてでも娘を公立に行かせるか、もしくは娘が行くから絶対に経営改善させるかのどちらかになるとは思います。

こちら的にはこれを機に加賀谷専務も変わっていってほしい所ではあります。もっと鳴海を応援してほしいです。

しかし、5話に続いて6話でも鳴海に嫌がらせをするが失敗に終わった所に、娘が京明館を受けたいと言い出すのですから鳴海をどうにかするに違いありません。

宿敵の鳴海をどうするのか、加賀谷専務は娘を京明館に行かせるのか7話は加賀谷に注目です。

ドラマ「先に生まれただけの僕」7話の見どころや感想や気になったこと

鳴海が思っているほど大丈夫じゃない?

櫻井翔くんの鳴海校長先生、どうも婚約者への対応となるといまいちですね。

もちろん学校経営や生徒の起こすトラブルへの対処などで忙しく、プライベートにまで気が回らないというのはあるのでしょう。

今回も誰よりも遅くまで学校に残って仕事をしていましたし。ただ彼がここまで婚約者の聡子を「大丈夫」と後回しにしているのは彼女に対する愛情と信頼の裏返しみたいなものだと思うんですよね。

自分は聡子一筋で浮気なんて全く考えていない、結婚も本気だ。だから聡子の方も自分を信じて待っていてくれるだろう、と。

まあ聡子のハラハラした様子を見ると鳴海の対応は完全に失敗なわけですが。鳴海が変に落ち着きすぎていて、聡子としては不安いっぱいになっています。

そんなタイミングで加賀屋専務がまた余計な真似を。これはけっこう大きな波乱が起きてしまうかもしれませんね。

生徒に結婚願望が芽生えるリアルさ

生徒が大人と恋愛をしてしまうという学園モノではよくある話ですが、実際に生徒の恋愛問題は表に出ていないだけで、現実にももっとあるのかもしれないと7話を観て感じました。

大人(先生)の立場からすれば、生徒の歳で結婚するのはまたはやいと結婚を止めるのは当然だと思いますが、逆に言えば生徒の歳だからこそ本気で誰かを好きになったら結婚をしたいと思うのかもしれません。

現実や将来についてちゃんと考えきれない部分があるからこそ、その時の感情のままに動こうとしてしまうのではないかと思います。

ただ、その感情自体は必ずしも悪いことではないはずですから、その気持ちや考えを否定せずにどう生徒を説得するかは本当に難しいと思います。

ですが、鳴海先生はそこをちゃんと説得していたように思いました。

先生たちの熱意を通じた

アルバイト先の店長と付き合っている進学クラスの女子高校生が、大学進学はしないと言い出したので、あまり偏差値の高い高校ではないから、そういう子もいるだろう、と思っていましたが、それは偏見だったんだなと感じました。

女子高校生は高校生なりに、母親が未婚の母として自分を生んで育ててくれたことに感謝はしながら、父親が欲しいと思っていたことを吐露し、ただ単に結婚したいと言っているのではないことがわかりました。

私なら、そこで認めてしまうかも…と思いましたが、櫻井翔さんや蒼井優さんの自分の経験に基づいた話は、生徒の心に届いたと思います。

その生徒が家に帰ってから、母親と抱き合うシーンを見ながら、素直な子で良かったと涙が出てきました。

幸せなのは結婚?生徒の未来

聡子が鳴海に会えない気持ち、そして学校でちひろとの距離が近いことに不安になる気持ちが切なかったです。

仕事場が一緒な時は目に届く場所にいたのに距離が遠くなると一気に不安になる気持ちがわかる気がしました。

そして、現実でもある生徒と年上の人との交際に鳴海は学校で生徒の問題を抱え、親と生徒、その交際相手を交えて話し合う姿は、以前の「学校を自分が思うように変えればいい。」という気持ちだけの鳴海ではなく、きちんと将来のことを考え、もし進学しなかった場合の事も想定し、交際相手にも向き合っていた姿はかっこよかったです。

ラストシーンで、問題の女子生徒が話し合いを終えて帰宅して、涙しているところを見ましたが、結局、結末がどうなったのかわからないままだったので、結婚はなかったことになったのかとても気になりました。

可能性の広がる選択を鳴海が提案した

高校を卒業したら進学をせずに、12歳年上の彼氏と結婚したいと言われたら、親が反対する気持ちは分からないでもないと思いました。

しかも、子供は学校ではとても優秀で、進学を期待されていたとなれば尚更だと思います。

けれど、ほのかの言うこともまた、正論であったと思います。

自分は母子家庭だったから、いい奥さんになって、いい母親になって幸せな家庭を作りたいというのが夢で、母親もまた、それを望んでいたのに、なぜ、夢を叶えようとするのを止められるのか、納得がいかなくて当然ではないかと思いました。

それでも、堅実に生きてきたという彼氏が、何時どうなるかは誰にも分からない、その時に支える事が出来る、それ以上に助けることが出来る能力をほのかは持っている、その可能性を潰してまで、結婚を急ぐことは勿体ないという鳴海達の言葉は、お節介だけれど、愛情に溢れていて素敵でした。

高校生に理解してもらう言葉はとても難しい

「矛盾」ということが、テーマだったのかなと思います。本来なら、結婚というのは喜ばしいことなのに、高校生だから、好きな人と、結婚するのはどうなのかと、周りの大人達が、素直に喜べないという矛盾。

でも、実際のところ、周りが自由に過ごしていることへの、羨ましさは、少なからず出てくるような気がします。

鳴海校長の、必要な時に、支えられるスキルを身につけておくために、学ぶことを選ぶという言葉は、とても感心しました。広く視野を持っておくこと、高校生が結婚するからこそ、とても大事だと思います。

また、授業でスマホ使うことを禁止していること。確かに、情報社会の中で、生きている現在、とても大事だとは、思います。

しかしながら、SNSでのいじめや、中傷については、描かれていましたが、スマホを正しく使うことをの難しさというものを、もっと深く論議してほしかったなと、思います。

そして、鳴海校長と、聡子さんの関係がとても心配ですし、鳴海校長が嫌いだからと言って、聡子さんを他の人と、交際させようとする加賀美専務は、悪どいと、思います。

しかし、そんな加賀美専務の奥様は、なんだか素敵でした。

未成年の結婚は反対するべき

第7話は、結婚をしたいと言い出す生徒が出て来ましたが、学校側は大きな問題ですが、妊娠していないなら鳴海たちが反対するのは当たり前だし、みんなの声が生徒に届いて良かったです。

私が親なら29歳で相手が真面目だろうが結婚は絶対反対します。最後の女子生徒の涙って婚約者にフラれたとか?考え過ぎですかね。

ちひろと聡子の関係ですが、対面シーンは見どころで、ピリついた二人を見てやっぱりちひろは鳴海校長に好意があるのかなと思いました。

後藤田さんは前から聡子を狙ってそうな雰囲気ぷんぷんだったので、鳴海との距離に悩んでる聡子の心の隙間に入るか二人の関係も気になります。

家では肩身が狭い加賀屋専務を見て、外ではあんなデカい態度をとってても、奥さんや子供には逆らえないものなんだなと思って安心しました。


⇓   ⇓   ⇓
「先ぼく」1話あらすじ
「先ぼく」2話あらすじ
「先ぼく」3話あらすじ
「先ぼく」4話あらすじ
「先ぼく」5話あらすじ
「先ぼく」6話あらすじ

「先ぼく」8話あらすじ
「先ぼく」9話あらすじ

先に生まれただけの僕はどこで見れるの?

先に生まれただけの僕はhuluという動画配信会社で全話無料みれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、先に生まれただけの僕を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは「先に生まれただけの僕」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

コウノドリ
雨が降ると君は優しい(Huluオリジナル)
校閲ガール
愛してたって秘密はる

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-先に生まれただけの僕

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.