先に生まれただけの僕

先に生まれただけの僕見逃し配信5話動画無料pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「先に生まれただけの僕」第5話の見逃し配信動画無料視聴はpandora,Dailymotion,youtube,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第5話の見逃し配信動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「先に生まれただけの僕」の動画はhuluという動画配信会社で全話無料で見れます。

huluは先に生まれただけの僕の公式動画配信会社です。

なので、違法動画と違い安全・安心・高画質で見れます。

もちろん、スマホからでも大丈夫です。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で14日間無料で利用できます。

先に生まれただけの僕を全話無料で視聴する
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「先に生まれただけの僕」の相関図キャスト


鳴海涼介(櫻井翔 )総合商社・樫松物産の社員(京明館高校「校長」)
真柴ちひろ(蒼井優 ) 京明館高校で特進クラス2年3組の担任で現代社会教師
松原聡子(多部未華子) 樫松物産社員。鳴海の恋人

加賀谷圭介(高嶋政伸 )総合商社樫松物産の専務
後藤田圭(平山浩行 )樫松物産の社員

香坂友梨子(松本まりか)樫松物産の秘書
綾野沙織(井川遥)京明館高校の保健室の先生
島津智一(瀬戸康史)京明館高校の2年2組の担任で英語担当の先生。

及川佑二(木下ほうか)京明館高校の2年1組の担任で数学の先生
矢部日奈子(森川葵)京明館高校の1年1組の担任で音楽担当の先生。
市村薫(木南晴夏)京明館高校の1年3組の担任で日本史の先生

河原崎孝太郎(池田鉄洋)京明館高校の3年1組の担任で生物の先生
郷原達輝(荒川良々)京明館高校の3年2組の担任で物理の先生。
杉山文恵(秋山菜津子)京明館高校の3年3組の担任で古文の先生

ペップトーク(pep talk)とはやる気をださせる言葉


ペップトークは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチです。
「Pep」は英語で、元気・活気・活力という意味があります。

ペップトークのポイント

1状況を理解する
2簡単
3分かりやすい
4キーワードを入れる
5心を揺さぶる

ドラマ「先に生まれただけの僕」第5話のあらすじネタバレ


受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)。

これは生徒を増やす最大のチャンスだと考えた鳴海は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。

そして、前回の4話で鳴海の3年生えのスッピーチで心がときめいてしまったちひろは(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。

ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気になっていた。

自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。

それを聞いた社長が自らオープンキャンパスに来た。

そこには鳴海のある狙いが隠されていた。

しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)沙織(井川遥)に接触する。

校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出す。

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎えた。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第5話の見どころ期待

学校が軌道に乗り始めていると見える世界が変わりそう


改革が始まって軌道が乗って来たところでたくさんの人を呼び込むにはもってこいのオープンキャンパスがあるということを知った鳴海校長先生が、どのように人を呼び込むのか、サラリーマンというところじゃなくて教育をしている人間として心が変わってきたからこそどう見せてくれるかワクワクしています。

また真柴先生はずっと鳴海校長先生と対立する立場にあって反対してばっかりだったのに、その心も無くなってきていて生徒たちにオープンキャンパスでなにをしたらいいかと提案していたので鳴海校長先生対先生たちや、鳴海校長先生対生徒たちがうまくピースがはまっていきそうな感じがしていて楽しみです。

そして専務がまた「鳴海」に対して反感を持っているため、先生たちに忍び寄って接触しようとしているとあるので怖くてそわそわしてしまいます。

熱意のオープンキャンパス

第5話は、オープンキャンパスで学校の魅力をアピールする為に奮闘する鳴海をはじめ、京明館高校の教師と生徒たちでしたが、ある思惑のある鳴海が、樫松物産社長をオープンキャンパスに招待します。

鳴海の思惑が何か見どころですが、加賀谷専務に数字を示せと言われて鳴海の改革案を聞き入れようとしないことが、社長に学校に足を運んでもらう為の直訴につながるのかなと思います。

生徒の思いに直接触れてもらったことで、鳴海の学校を変えたい熱い思いが社長に伝わることを期待します。

オープンキャンパスには鳴海の恋人の聡子も来るようなので、ちひろとの仲は気が気ではなくなると思うので、ずっと鳴海の良き理解者だった聡子が、嫉妬で動揺したりするのか気になります。

多部未華子さんと蒼井優さんに支えられる

プライベートでは、多部未華子さんと長い付き合いで、赴任先の青森から東京に戻ってきたら結婚するつもりだった櫻井翔さん。

しかし、思いがけず高校の校長になるようにと辞令が出て、その結婚は先延ばしになるのかと思っていたら、「結婚を考えていく」と言ってくれて多部未華子さんと同じようにホッとしました。

仕事上では、かなり蒼井優さんと距離を縮めていて、高校の仕事にのめり込み始めると、多部未華子さんとの関係が微妙に変化してくると思います。

高校のオープンキャンパスの様子を見に行った多部未華子さんは、蒼井優さんと親しくしている櫻井翔さんの姿を見て、とても複雑な気分になると思います。

会社の人事異動とは言え、企業から高校の校長になると、今まで自分が知らなかった櫻井翔さんと結婚できるのか?と不安になりそうな気がします。

校長として社員として確実に前へ

高校の赤字を改善するには、入学者数を増やすことが一番の近道なので、そのために、中学生向けにオープンキャンパスを実施して、その内容を在校生である生徒たちに考えてもらうというアイデアを考え出す櫻井翔さんは、やはりデキる社員だったんだなと感じました。

自分のおかれた場所で、最善を尽くせる人物であるため、専務の高嶋政伸さんは何かと言うと目の敵にするようなところがあるのだろうと思います。

それに、オープンキャンパスのことについては、高嶋政伸さんを飛び越えて、社長にも見にきてもらうように伝えたので、いよいよ高嶋政伸さんは猛烈に怒るのだと思いますが、社長はそんなことには構わずに頑張っている社員をきちんと認めてくれるような人物であれば良いなと思います。

鳴海vs加賀屋 学校改革の行方

櫻井翔さん演じる、企業から当然高校の校長に配属された、学校のことを何も知らない素人の鳴海校長先生が、学校の先生達に教えられながら、成長していくドラマです。

4話では、アクティブラーニングを実施し、学校改革を着々と進めていく中、それをよく思わない高嶋政伸さん演じる、加賀屋専務が、鳴海に目をつけ、とうとう学校へまでやってくる。

そして、5話は、鳴海が専務を通り越して、社長に報告するようです。

自分を通り越して社長へ報告した鳴海のやり方が、さらに気に食わない専務…高校へ来て、一体先生方にどのような影響を及ぼすのか、鳴海vs加賀屋の戦いが、本格化してくる5話、少しぞくぞくするが、学校改革も動き始めているが、また一波乱ありそうで、見所満載となるでしょう。

ちひろのクラスの生徒たちのペップトーク

先に生まれただけの僕の見どころは、生徒たちと息があって来た鳴海が生徒たちの案を借りてオープンキャンパスを行うところです。

学校をもっと知ってもらおうと受験生に対してオープンキャンパスを開くことにした鳴海。生徒たちにも協力してもらって開催したいと先生たちに話します。

ちひろは自分が受け持っているクラスの生徒たちにペップトークを使って、オープンキャンパスのイベントのアイデアを相談します。

一生懸命、試行錯誤する生徒たちの姿を見て感動します。鳴海は社長にある企みを持ち、オープンキャンパスに来て欲しいと直訴します。

疎ましく思っている加賀屋が何やら動き出し、オープンキャンパスの当日を迎え、果たして成功するのでしょうか。

ドラマ「先に生まれただけの僕」第5話の見どころ感想気になったこと

ペップトークが生徒を変える!


今日は京明館高校が変わる大きな回となりました。オープンキャンパスをきっかけに生徒が変わりました。

先生がペップトークを読んで生徒にかける言葉が変わると、生徒がみるみる変わっていく様がとても良かったです。

見事に生徒の心を掴んだって感じです。

また、ペップトークのおかげで先生自身も変わって今まで反発していた郷原以外の先生の授業がアクティブラーニングまでにはならないけど、生徒が生き生きとできる授業に変わっていました。

とてと楽しそうでした。ただ、杉山と河原崎は郷原を裏切った形になったので、自分がよく見られるために授業スタイルを変えたのではないかと思います。

まだ、鳴海の敵であることには間違えないかなと思います。

オープンキャンパスも生徒のパフォーマンスのおかげで京明館高校の来年の出願者もちょっとは増えたのではないかと思います。

だんだん変わりつつあるので、このままスムーズに変われればいいのにと思いますがそう簡単にはいかないんでしょうね。

生徒たちがイキイキ!生まれ変わる高校!

生徒たちも、先生たちも、顔ぶれが変わったわけではないのに、校長の櫻井翔さんが加わったことにより、それまでになかった授業のスタイルであるアクティブラーニングを取り入れて、先生たちはペップトークを心がけるだけで、みるみるうちに生徒たちがイキイキしてきて、とても良い雰囲気の高校へと生まれ変わっていく様子を夢中になって見ていました。

あまり偏差値が高いとは言えない高校の生徒たちでも、『自分たちにはできる!』と自信を持って、自主的に取り組むことで、学校全体に良い雰囲気が生まれ、みんなで上を目指していこうという空気が出てくるのは、とても良いことだと思います。

良い指導者がいると、こんなにも大人数の気持ちを掴み、変えていくことができるのだなと感じました。

学校全体が変わってきた5話

鳴海先生の学校に対する意識の変化とともに、生徒たちの学校に対する意識もだいぶ変わってきたことが丁寧に分かりやすく描かれていたのが印象的でした。

学校を変えたいと思うようになるには、そう思う人自身の意識が変わってこそだということを5話を見て感じました。

ペップトークは、下手すると口がうまいだけの人という印象になりかえって信用を失うこともなかにはありますが、ネガティブをポジティブに変えていくことはやはり大事なことだと思います。

そんな鳴海先生の思いが他の先生たちにも伝わってきている様子が見ているこちらまで嬉しくなりました。

ちひろがこのペップトークを使って生徒たちの気持ちを動かせられたのも、ちひろ自身がポジティブに思えたからこそではないかと思います。

オープンキャンパスはとてもいい発想

櫻井翔さん演じる鳴海涼介が京明館高校でオープンキャンパスをしていたのでとてもいい発想だと思いました。

また、蒼井優さん演じる真柴ちひろがペップトークという話術で生徒を乗り気にさせているところが印象に残りました。

そして、小林勝也さん演じる樫松物産社長の原をオープンキャンパスに呼んでいたのでとてもいい作戦だと思いました。

また、オープンキャンパスが無事に成功していたので本当に良かったです。

そして、高嶋政伸さん演じる加賀谷圭介が井川遥さん演じる綾野沙織に接触するシーンに関してはとても緊迫感がありました。

また、次週放送される6話についてもとても気になるので楽しみです。

相手をやる気にさせるペップトークとは?

毎年9月に京明館高校のオープンキャンパスを実施してる事を知り鳴海校長はもう一度やり直そうと言い出します。

皆が考えたアイデアで人気校になったら嬉しいよね?とちひろ先生の言葉で生徒達がやる気に校長はそれを素晴らしいペップトークと絶賛します。

今回の見所はそのペップトークでしょうか?

ペップとは英語で『活気・活力』という意味らしくもともとアメリカで監督やコーチが選手への短い激励のスピーチのようです。

ペップトークを普及させる財団法人も日本にはあるみたいです。

勉強にしてもスポーツにしても生徒をどうやる気にさせるのか?先生達の永遠のテーマに感じます。

今回のドラマの中ではどういう風にペップトークを使えばいいのか実践例が多く登場しているのが良いですね。

やる気になった生徒たちによりオープンキャンパスも大成功!

最後に気になったのはちひろ先生とオープンキャンパスに来ていた鳴海の恋人の聡子が会った時の様子がこれから一波乱ある展開に予感させた事ですね。

感動のオープンキャンパス

第5話は、鳴海の提案でオープンキャンパスでやるメインイベントを生徒たちに考えてもらう話でしたが、ペップトークのおかげで生徒のやる気も引き出せて、生徒が一生懸命イベントを成功させる為に奮闘する姿にジーンときてしまいました。

オープンキャンパスシーンは見どころで、生徒たちの思いと努力に感動しました。

それにしても加賀屋専務も嫌なやつですが、鳴海反対勢力の郷原先生もなかなか意地っ張りで、加賀屋専務に呼び出された時の子羊っぷりには笑ってしまいました。

荒川良々さんの演技も良かったです。

聡子は、ちひろが鳴海を見る視線を気にしていて、それは彼女として当たり前だと思いますが、最後聡子と鳴海を見るちひろの目が、鳴海のことが好きなのかなと思わせるような目線で気になりました。

サトと鳴海の関係はどうなるのか?

鳴海の恋の行方が気になります。今回のオープンキャンパスで真柴先生と鳴海の関係に何かあるとサトは疑ってしまいました。

私の見る限りでは、鳴海は真柴先生を教師としての立場で接しているし、尊敬する人と捉えていると思います。

オープンキャンパスでの真柴先生とのアイコンタクトも成功したねって感じでした。しかし、サトの目に映ったのは真柴先生が鳴海に好意を抱いているということです。

最後、サトを事務長に紹介している姿を真柴先生は見て、それを見たサトは完全に好意を確信しました。

だからこれからサトと真柴先生が恋の争いをするのではないかとちょっと楽しみではあります。

私はサト派なので、そのまま結婚してほしいですがテレビ的なのは真柴先生とくっつくことです。

しかし、ここに出てくるのが島津先生です。島津先生は真柴先生が好きなのでここでくっつくかどうかが見所になるのではないかと思います。
とにかくこのまま鳴海がサトと結婚することを願うばかりです。
⇓   ⇓   ⇓
「先ぼく」1話あらすじ
「先ぼく」2話あらすじ
「先ぼく」3話あらすじ
「先ぼく」4話あらすじ

「先ぼく」6話あらすじ
「先ぼく」7話あらすじ
「先ぼく」8話あらすじ
「先ぼく」9話あらすじ

先に生まれただけの僕はどこで見れるの?

先に生まれただけの僕はhuluという動画配信会社で全話無料みれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、先に生まれただけの僕を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluは「先に生まれただけの僕」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

コウノドリ
雨が降ると君は優しい(Huluオリジナル)
校閲ガール
愛してたって秘密はる

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-先に生まれただけの僕

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.