監獄のお姫さま

監獄のお姫さまドラマ動画無料第3話再放送pandora見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ『監獄のお姫さま』動画3話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『監獄のお姫さま』動画3話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「監獄のお姫さま」の相関図キャスト


馬場カヨ(小泉今日子) 囚人番号69番
江戸川しのぶ(夏帆)  囚人番号114番
大門洋子(坂井真紀)  囚人番号31番
足立明美(森下愛子)  囚人番号24番
勝田千夏(菅野美穂)  囚人番号44番
小島悠里(猫背椿)    囚人番号56番
板橋吾郎(伊勢谷友介) 社長
長谷川信彦(塚本高史)  検事
若井ふたば(満島ひかり)刑務官
護摩はじめ(池田成志)  所長

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画第3話のあらすじネタバレ


“爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、警視庁前で犯行声明を読み上げる 板橋吾郎 (伊勢谷友介) の長男・勇介 (前田虎徹)。(もしかしたら、この子供は姫の息子かもしれない?)

池畑刑事 (米村亮太朗) は、無事保護された勇介から情報を聞き出そうとする。

過去の話に戻る。

2012年・初春。女子刑務所。

主任の北見 (河井青葉) に引率された 江戸川しのぶ (夏帆) が、新人寮から カヨ (小泉今日子)・明美 (森下愛子)・洋子 (坂井真紀)・悠里 (猫背椿)・リン (江井エステファニー) のいる南2号棟雑居房に連れて来られる。

棟雑居房では、いつもテレビで見ていた爆笑ヨーグルト姫が目の前に現れ、洋子たちはしのぶに興味深々の様子。

なにせ、しのぶの旦那の板橋はそのルックスでおばちゃんたちの中ではスターだったからだ。

ある日、洋裁工場で教育係に指名されたカヨが、しのぶにバックの作り方を教えている。

受刑者のバッジの色は何?


その時ふとしのぶが馬場かよのバッジを見て思う。

わたしのバッジは白色で、馬場カヨはピンク何故?

馬場カヨが説明する。バッジには

1類:金バッジ
2類:ピンク
3類:黄色 
4類:白

4321とくらいが上がり、監視の目がゆるくなる。

新人は4の白から始まる。

馬場かよは2類のピンク、勝田千夏(菅野美穂)は1類:金バッジ。

しのぶが体調不良で倒れる

突然しのぶが体調不良で倒れる。(実は後になってわかるが、しのぶは妊娠していた。)

カヨがしのぶをいじめたのではないかと調査が行われた。

護摩所長 (池田成志) はあいかわらず、真面目なのか、馬鹿なのかお笑いなのか、カヨの懲罰でいいのではと判断する。

しかし、こちらも何を考えているのか、わからない若井ふたば (満島ひかり) の提言から馬場かよでなく、しのぶを独房に戻して様子を見ることにした。

すると独房にいるしのぶの前に、千夏 (菅野美穂) が現れて爆笑ヨーグルト事件の真相を聞く。

何故なら千夏は板橋五郎と不倫関係にあったからだ。

馬場カヨが夫の離婚が成立する

そんな中、担当検事の 長谷川 (塚本高史) がカヨに面会にやって来る。

カヨが出した息子への手紙と、離婚届をカヨの夫に託されて持ってきたのだった。離婚届に愕然となるカヨ。

そのとき、突然刑務所の警報のベルが鳴り響いた。

なんと、独居房にいたはずのしのぶが姿を消えてしまったので。

これはもしや、逃亡か?

所長や若葉ふたばが必死でしのぶを探す。

しのぶは物陰に隠れていただけだった。

現代2017年12月24日に話が戻る

そして、現代では板橋のセクハラ尋問が続く。

そして、板橋が事件の真相を話す。

しのぶが板橋の不倫相手のユキ(雛形あきこ)を殺すために沖縄旅行を計画した。

そして、殺人代行サービスで不法滞在のボートハウスで働くタイ人のプリンスをやとった。

そして、ゆきと外で話してるときに殺人代行がきて、ゆきを殺そうとした。

それをかばった自分が刺された。

だから自分も被害者なんだと。

しのぶは本当に犯人なのか?

話はまた、2012年に戻る。

しのぶの話を楽しそうに聞く、馬場かよや他の受刑者。

しかし、しのぶの話を聞けば聞くほど、この子は犯人ではないかと思う馬場たちだった。

3話終了

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画第3話の見どころ期待

姫の人物像が語られ始める?

仲間の口から「姫」と言葉が出てくるくらいでここまでほとんど出番のなかった人物――江戸川しのぶが登場です。

やはり殺人で逮捕された彼女は刑期が長いのか、馬場カヨ達が出所した後の現代パートでは出て来ないんですよね。

未だに収監中です。それでも馬場カヨ達が「姫は冤罪なの!」として誘拐事件まで起こしたり、何よりも「姫」と呼ばれていたりするのでカリスマ性に富んだ人物なのかと予想していました。

しかし第3話のあらすじや予告動画を見たり、他のメンバーのあだ名の由来など思い出したりしていくとまた違った感想に。

姫はそこまで傑出した何かを持った存在でもなく、カヨ達と変わらない感じもしてきます。

そうなると「本当に冤罪なの?」という気もしてしまい、現代の誘拐事件がいったいどんな結末を迎えるのかも気になってきますね。

吾郎が犯人じゃない場合もありそうでワクワクしてきました。

おばちゃん達がわちゃわちゃと板橋吾郎(伊勢谷友介)のち首で騒ぐ!!!

パラパラ漫画のようになっていて

全く関係が無いように思える女性たちが一緒になって、イケメンの社長をやっつけるというドラマなのですが、まだ女性たちがどうしてそう決意したのかがわかりません。

第三話では、その謎が紐解かれていくのではないでしょうか?

このドラマの作りはパラパラ漫画のようになっていて、次々に場面が変わります。

第二話では監獄内での生活について時間ごとに紹介されていました。

今回も監獄内でのあれこれが見られるのではないかと思います。

新しく監獄に入ってきた爆笑ヨーグルト姫は、女性たちにとって興味の的。

しのぶの教育係になった馬場カヨと洋裁工場で仲良くなったしのぶが、心を通わせるようになってイケメン社長の裏切りを知り、女性たちが義憤に駆られるという感じなのではないでしょうか。

監獄へ来た爆笑ヨーグルト姫

ある日、カヨ達が収監されている雑居房に、テレビで見ていた爆笑ヨーグルト姫が入って来た。

爆笑ヨーグルト姫事件に興味のあるカヨ達は、本当に姫が犯人が尋ねると、姫は自分が犯人だと言いきった。

しかし、姫は吾郎のマインドコントロールにより、自分が犯人だと思い込まされていた。

そんな中、洋裁工場でバックを作っていると、姫は体調を崩し、独居房へと移動になってしまう。

すると、独居房に移動したはずの姫が突然居なくなり、脱獄したのではないかと刑務所内は大混乱になる。

姫は何故そんなことをしてしまったのか?

姫がどのタイミングでマインドコントロールがとけて、自分が犯人ではないことに気付き、カヨ達と仲間になっていくのか見どころです。

ついに監獄へ登場お姫さま

ドラマの題名でもある「お姫さま」が、いよいよ刑務所にやってきます。そこで同じ部屋で生活を共にする受刑者との出会いのシーンが放送されるようです。

そこから今現在の誘拐している最中の男とお姫さまの事件の内容が少しずつ明らかになっていくであろうかと予想されます。

また、お姫さまと同室の受刑者達の過去も少しずつ展開されていくのではないかと思います。

お姫さまは冤罪なのか、犯人は誘拐された男なのか、早く次の展開が気になります。

そして、どのようにして今現在行われている不可解な誘拐まで至ったのか、誘拐犯のメンバー構成も不可解で気になるポイント満載です。

小泉今日子さんを中心とした刑務所での生活も引き続き楽しみな事件が盛りだくさんにありそうで、こちらも楽しみの一つです。

刑務官の若井ふたば(満島ひかり)3話も決まっていたぜ!!!


雑魚は雑居で雑魚寝しな!

「監獄のお姫さま」第2話をみて今後の気になる展開

「監獄のお姫さま」第2話の最後のほうで板橋の婚約者で江戸川乳業創業家の令嬢である江戸川しのぶが板橋が二股をかけていた恋人を沖縄で殺害した容疑で逮捕され、馬場カヨたちがいる刑務所に収監されるところで終りました。

第3話では1話で描かれた馬場カヨたちが板橋に復讐する要因となる江戸川しのぶと女囚との出会いが描かれそうで、なぜ馬場カヨたちが結束して板橋に復讐することとなったのかの一端が垣間見れるように思います。

あと今回の放送で先生こと刑務官である若井がなぜ数年後に出所した囚人たちとともに板橋に対して復讐しようとしているかの話のつながりが全然見えてきません。

若井が先生と呼ばれ仲間のリーダー格として復讐に加担していく様子もこれから見られると思いますので次回以降の放送も気になるところです。

監獄の姫って何者!?

姫(夏帆)が殺人を犯したとして、馬場カヨらがいる受刑施設に護送されてくるのだが、その真実を知っていくことになる彼女らと姫との関係性の出来方に見どころがあると思っている。

ただでさえキャラ濃い女囚達だから、おもしろいことになるだろう。今のところ、馬場カヨ、財テク、女優、姉御の絡みしか映し出されていない。

いったい何がどうなって、先生も彼女らと一緒になって姫を助けようと動き出すことになったのか。そこにも注目しながら次回の展開に期待したい。

そもそも、社長と姫の関係自体がしっくりきてない。胡散臭さがすごい。

きっとこんなことがあったんだろう。と予想してもそれを超えた展開になるのだろうけど、その裏切りに近いくだらない展開がはやくも待ち遠しい。

3話もおバカ所長の護摩はじめ(池田成志) 

しのぶが刑務所入りする3話

2話同様、カヨたちの刑務所時代のストーリーが3話でも大いにあるのではないかと予想してます。

カヨたちの刑務所時代のストーリー自体も楽しみですし、3話ではついに爆笑ヨーグルト事件の容疑者である江戸川しのぶが刑務所に入ってくるようですので、そこか3話の見どころになるのではないかと思います。

しのぶが入ってくることで、いよいよ爆笑ヨーグルト事件についても新たな事実が明らかになっていくような予感がしますので、非常に楽しみです。

カヨたちとしのぶの絡みもありそうですので、その絡みも見どころの1つになるのではないかと思います。

また、公式サイトのあらすじによると、3話ではカヨがしのぶを虐めているのではないかという疑いがかけられてしまうようですので、そこも気になります。

ドラマ「監獄のお姫さま」動画第3話の見どころ感想気になったこと

誘拐された子供の正体は姫の子供!?

話は子供が保護されるところから始まります。刑務所での生活シーンでは、バッチの色の話となり、色によって待遇が違います。

下から白、黄色、ピンク、ゴールドの四段階。新入は当然白からです。唯一、菅野美穂だけゴールドです。待遇が明らかに違います。

緩いというか。今後、この立場を利用した出来事や事件も考えられそうです。

また、姫の刑務所での生活が始まり徐々に他メンバーに打ち解けていく中、ところどころ吐くシーンがあります。

まさかとは思っていましたが、そのまさかでした。最後は妊娠してるのではないかと疑われます。

これは私の見解ですが、子供は無事出産したとして、じゃあどうやって育てるか考えたとき、誘拐されたこどもは、姫の子供ではないのかと思いました。

今後の展開が気になるところです。

小泉今日子さんが指導係

夏帆さんが収監されて、小泉今日子さんが指導係になったので、これで刑務所内での小泉今日子さんのポジションが少し上がるのかな?と思ったら、相変わらず、あごで使われているような感じで、なんだか笑ってしまいました。

でも、夏帆さんを含めた6人の雑居房の雰囲気は、姉御の森下愛子さんを中心にまとまっていて、そこが刑務所じゃなければ、楽しそうにも見えで、ちょっとその仲間に入ってみたいとも思います。

そして、場面展開して、現在に戻ると、伊勢谷俊介さんを元刑務官の満島ひかりさんを含む女性陣が囲み、いたぶるような感じで、なかなか面白いです。

現在と過去のシーンの繋がりが自然で、とても見やすく、さすが宮藤官九郎さんの作品だなと思います。

「初登場でまさかの妊娠発覚」

「監獄のお姫さま」第3話、今回のクライマックスは物語のラストで板橋の熱愛発覚報道を見た江戸川しのぶが我を忘れて、裏切られた、殺していないと叫ぶシーンです。

最初から事件に関して怪しいところがありながらも板橋を思う心から口をつぐんできたように見えたしのぶですが、裏切られたことにより自身の感情を露呈させます。

そして心を乱したことにより突然の吐き気をもよおし洗面所に駆け込み吐いてしまいます。それをみた馬場カヨがしのぶが妊娠していると悟り、しのぶもその事実を認めます。

そしてこの子を守るためにはこうするしかなかったと訴えます。事件のキーマンたるしのぶが今回初登場にもかかわらずラストで衝撃の告白をし、一様に面喰っています。

今後事件の真実とともにこのしのぶの子供?がどのように板橋との関係に絡んでくるのかといった面での楽しみが増えて、ますます面白くなってきました。

監獄所長のキャラクター

第3話は、姫が馬場カヨたちのいる雑居房に入ってくる話でしたが、個人的には所長のキャラクターが気に入りました。

普通にセクハラ発言したり、ユルい感じと刑務官ふたばとの温度差が良かったです。

カラオケ大会は見どころで、姉御のアニソン可愛かったです。

最後のユーミンの大合唱の時に、所長がトシちゃんっぽく歌っていましたが、所長の本域のトシちゃんが見れなかったのは残念です。

姫のメンタルが弱くてすごく弱気でおとなしいのに、ケーキはまっずってはっきり言ってたのはクスっとしました。

吾郎にマインドコントロールされて、メンタルが不安定だから具合が悪いのかなと思っていたので、妊娠してたなんてビックリな展開です。

姫の子供がどうなるのか気になります。

予告から期待が高かった3話

2話から面白くなってきました。

1話ではまだよくわからないことが多く、訳がわからないまま女性たちが伊勢谷友介とその子供を誘拐する様子を見せられたのですが、2話から時間が戻って過去に何があったかが明らかになってきます。

逆引きものです。

3話では重要な鍵を握る夏帆さんがついに登場しました。

さすがクドカンという感じで、新たに加わった夏帆さん、小泉今日子さんら女囚たちの掛け合いが面白いです。

また最後に夏帆さんが婚約者の交際報道をニュースで見て「だまされた」と気づき我に返るシーンでは演技力に圧倒されました。

3話のラストで夏帆さんが「殺していない」と告白し、伊勢谷友介さんに言いくるめられて刑務所に入るところまでは明らかになっているので、4話ではその事件の顛末が明かされると思います。

また、満島ひかりさん演じる先生がなぜ女囚たちを招集するに至ったのかなどまだわかっていないことが多いので楽しみです。

2話の最後に流れた予告を見て「伊勢谷友介の乳首が見れる」とネットで話題になっていましたが、なかなかの長尺で見れます(笑)

明らかになっていく監獄のお姫さまストーリーと最高の笑い

どんどん明らかになってく姫の事件が、見ていて泣きそうになりました。

マインドコントロールって、どんだけ悪い男なんだ板橋吾郎は!イケメンかもしれないけど、いやイケメンだけど、最低最悪の男です。

でもおばさん達のおかげでマインドコントロールから少しずつ解放されていく姫ですが、事実を知れば知るほど姫自身が辛すぎて可哀そすぎです。

このドラマ、まだまだ始まったばかりだから今後が本当に楽しみです。

それにしてもチョクチョク出てくるお笑いのシーンが堪らなく、官九郎節炸裂です。

最後のカラオケの合唱での、小シャブに降格した猫背椿の顔がとても面白く、ドハマりでした。

知らない女優さんですが、これを機にブレークするかなと期待してしまいます。

来週はさらに明らかな事実が判明するようで、絶対に見なければとワクワクです。

爆笑ヨーグルト姫、爆笑しない女囚生活まわりの女囚達が相変わらず爆笑生活

相変わらず、ツッコミどころ満載でマイペースに進む女囚たちの日常は面白い。

ほぼほぼくだらないのに、くせになってしまう。女囚たちの部屋に1人、爆笑ヨーグルト姫事件の姫(夏帆)が増えてなおさら賑やか。

観ていてほのぼのしてしまう。そんな彼女らの女囚時代。いまでも相変かわらず賑やかで、おばさん感が強い。

そんな彼女らに拘束され尋問のようなものを受けるイケメン社長(伊勢谷友介)はいつまで拘束されるつもりだろう。

ツッコミどころが“いま”にも多すぎる。姫の内気な雰囲気に最初は違和感を感じたが、これからちゃんと打ち解けていくのだろう。

最後の最後にどんでん返しのような告白。

姫が妊娠していた!?どこかやっぱり(ストレスと言われていたが、つわりじゃないのかな。)と思った矢先に、馬場カヨ(小泉今日子)の面会に来たのが、元旦那!?

最後の最後にどんでん返しのような展開を2つ置いて第3話終わり。次回も絶対みる!と思わせられた。

ドラマ「監獄のお姫さま」の見どころ感想

監獄のお姫様の個人的な見所は刑務所の中での女刑囚達の生活

どこかコメディーテイストがあふれているので、刑務所と思えない程明るく楽しそうだったりするのです。

それぞれの境遇はさみしくどうにもならない事情を抱えていたりするのですが、それぞれのキャラクターが面白くリアリティーがないのに感情移入できるところがあります。

あと、伊勢谷友介さん演じるエドミルクの社長が程よく憎たらしくて絶妙です。

私はこの人がこのドラマの中で一番役としてはまっているんじゃないかと思います。

役やドラマとしてちょっとアンバランスな所や違和感のあるところもクドカンの脚本らしくて面白いですが、違和感なくキャラクターにはまっている人がいるとドラマがまた面白くなっていいと思います。

すっきりした終わり方になりますように

はじめはあまり惹かれない題名だな、とりあえず1話だけ見てみようという感じで見始めましたが、まず出演者がなかなか豪華で演技も上手く見やすいです。

結局1話だけでなくずっと見続けていますが、受刑者たちのやりとりやところどころに出てくるご飯中や体操の時の歌にちょっと笑ってしまうところがあったり、勇介と別れるところで泣いてしまったり、受刑者たちの過去の捕まった経緯やその相手に腹が立ったり、いろんな感情をもって見ることができるのでとても見がいがあり、おもしろいです。

結局姫が悪いのか嫁が悪いのか全然先が読めず続きを見るのがとても楽しみです。

おばさんたちみんないいキャラでいい人なのでこの中から裏切る人が出てくるなど、もやっとした終わり方はしてほしくないなと思っています。

くどかんワールド炸裂

毎週見ていて1番思うのは脚本が宮藤官九郎なのでいちいちセリフが面白い。

キャスティングもそれぞれ女優の個性が出ていてマッチングしている。

絶対に出会うことのなかったであろう人たちが刑務所という場所で出会い、ましてや刑務官も一緒に一致団結して有名企業の社長を誘拐するという面白い展開。

それにしてもドラマの中とはいえ一致団結力が凄く視聴者へ向けての笑いを絶対に忘れない。

刑務所内での出来事も刑務所に入ったことはない人間からすると現実世界では絶対あり得ないでしょと思わせることをすべて「笑い」に結びつくセリフでとにかく面白い。

それぞれ女優の人間的背景にも大きな違いがあり、寂しさ、孤独さ等も出て現代の世の中に訴えかけるようなセリフも垣間見え笑いもあるが、昨年子供を出産した私は刑務所から子供を連れていかれるシーンでは思わず号泣してしまった。

犯罪を犯していないと言っている姫の為に一致団結にて誘拐したり真犯人に復習のために頑張っている最中ですが、刑務所で出会っただけの人為に正義感というものだけでそこまでエネルギーを持って一致団結するのがとても面白い。

人間味が溢れている。最終回に向けて、最終回がどのような結末のなるのかとても楽しみです。

期待通り面白く、続きがきになるドラマ!

脚本が宮藤官九郎さんというこのでもともと期待していたのですが、期待通りとても面白いです。

最初は、edoミルクの息子と社長が拉致されるという始まり方で疑問がいっぱいだったのですが、回を追うにつれて謎が解けて行くのが楽しいです。

初回放送の、サンデージャポンに出演しているという設定のシーンもとてもリアルで面白かったです。キャストにはサンデージャポンによく出ているタレントのそっくりさんを使ったそうですが、言われるまで気づかないくらい似ていました。

ヨーグルト姫が問われている殺人教唆の罪は冤罪だということがわかっていますが、なぜ罪を被せられたのか?どんな罠が仕組まれているのか?がとても気になります。

また、前回の放送は若井先生が問い詰められているシーンで終わったので、ますます続きが楽しみです。

期待通り面白く、続きがきになるドラマ!

脚本が宮藤官九郎さんというこのでもともと期待していたのですが、期待通りとても面白いです。

最初は、edoミルクの息子と社長が拉致されるという始まり方で疑問がいっぱいだったのですが、回を追うにつれて謎が解けて行くのが楽しいです。

初回放送の、サンデージャポンに出演しているという設定のシーンもとてもリアルで面白かったです。

キャストにはサンデージャポンによく出ているタレントのそっくりさんを使ったそうですが、言われるまで気づかないくらい似ていました。

ヨーグルト姫が問われている殺人教唆の罪は冤罪だということがわかっていますが、なぜ罪を被せられたのか?どんな罠が仕組まれているのか?がとても気になります。

また、前回の放送は若井先生が問い詰められているシーンで終わったので、ますます続きが楽しみです。

監獄のお姫さまは面白い

爆笑ヨーグルト姫が濡れ衣をきせられて、監獄に入れられます。

実は妊娠しており獄中出産します名前は勇介、一歳半前までは獄中で子供と一緒に過ごすことができます。

濡れ衣をきせた父親にどうしても子供を渡したくなかった姫は母親に預けますが、子供を父親に奪われてしまいます。

父親は、姫の子供としてでなく次に付き合った女性との間の子供として育てます。

その報道を見た監獄の中では復讐計画が企てられます。

ドラマの中でながれる、お昼ご飯の歌も耳に残る音楽ですし、高田純次が出て来たり。もうお笑いなんじゃないか?と思うくらいです。

小泉今日子の弁護士は、ちょっとぬけています。

獄中の小泉今日子に対し愛の告白をしていました。ますます見逃せない展開でおもしろくなってきました
⇓  ⇓  ⇓
監獄1話あらすじ
監獄2話あらすじ

監獄4話あらすじ
監獄5話あらすじ
監獄6話あらすじ
監獄7話あらすじ
監獄8話あらすじ
監獄9話あらすじ

-監獄のお姫さま

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.