監獄のお姫さま

監獄のお姫さまドラマ動画無料第2話再放送pandora見逃しデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ『監獄のお姫さま』動画2話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『監獄のお姫さま』動画2話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

【監獄のお姫さま】の相関図キャスト


馬場カヨ(小泉今日子) 囚人番号69番
江戸川しのぶ(夏帆)  囚人番号114番
大門洋子(坂井真紀)  囚人番号31番
足立明美(森下愛子)  囚人番号24番
勝田千夏(菅野美穂)  囚人番号44番
小島悠里(猫背椿)    囚人番号56番
板橋吾郎(伊勢谷友介) 社長
長谷川信彦(塚本高史)  検事
若井ふたば(満島ひかり)刑務官
護摩はじめ(池田成志)  所長

ドラマ監獄のお姫さまの動画第2話のあらすじネタバレ

自立と再生の女子刑務所

馬場カヨが電車と車で女子刑務所に収監されるシーンから始まる。

2011年秋、夫への殺人未遂事件で、馬場カヨ (小泉今日子) は5年の実刑となり 「自立と再生の女子刑務所」 に収監された。

領置調室

収監された受刑者ははじめに、領置調室というところで、荷物検査が行われる。

一部の所持品以外は出所するまで保管される。

そこには、千夏が書いた「貯めブス」という本があった。

写真も本人が映ってるとダメらしい。

人定質問


証拠番号69番

入所してすぐに、最も厳しい刑務官・若井ふたば (満島ひかり) から人定質問を受けたカヨは、ふたばの威圧感に負けそうになる。

馬場カヨの罪名

刑期  殺人未遂
満期日 5年 2016年10月
身柄引き受け人 夫(馬場たけひこ)

そしてこの日から、カヨは刑務所内では “69番” としか呼ばれなくなる。

意識高い系ムショ!

1 ハイセンス

刑務所の服装が紹介される、なんとデザイナーは押切もえだった。

そして、紹介では時には外で着ていけます。(外にはでられないけど・・・)

2 ライセンス

介護士
美容師
ネイリスト
ヨガインストラクター
など22種類

3 インテリジェンス

新人寮から雑居房に移ったカヨ

新人寮から雑居房に移ったカヨは、そこで24番・足立明美 (森下愛子)、31番・大門洋子 (坂井真紀)、56番・小島悠里 (猫背椿)、106番・リン (ステファニー・エイ) の4人と同房になり、洋裁工場に配属された。

そこで、思った事は「泉ピン子のドラマ女子刑務所東三号棟と違うと思った。」

女子刑務所東三号棟とは

『女子刑務所東三号棟』(じょしけいむしょひがしさんごうとう)は、TBS系列で不定期に放送されている単発ドラマ。

1995年から1997年までは『女囚〜塀の中の女たち』のタイトルで放送された。

主役の女性囚(主に殺人罪や傷害致死罪による)は毎回泉ピン子が務めているが、演じる役は回ごとに違っている。

ナレーションも泉ピン子が面白おかしく担当していた。

2010年の放送では西原亜希がナレーションを担当した。

西原亜希(ニシハラアキ)

生年月日:1987年8月19日 (30歳)
出身地:神奈川県
身長:161 cm
神奈川県横浜市出身
藤賀事務所所属。

しかも、なんと女子刑務所東三号棟では菅野美穂が刑務官として出演しています。

そんな女子刑務所東三号棟はunextという公式動画配信で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
女子刑務所東三号棟を無料視聴する

カヨと千夏が「貯めブス」でバトル


そんな中、カヨは受刑者として刑務所にいるカリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とすれ違い驚く。

彼女は脱税の罪で収監されていたのだ。

ある日、運動場で偶然千夏と話す機会ができたカヨは、千夏が書いた本の話で意気投合!

カヨは千夏の書いた本「貯めブス」を読んでいつもつらいときはこの本に救われていた。(貯めブス、通いブス、豆ブスの3作品があるらしい。)

そのことを素直に千夏に話すカヨ、しかし、それを聞いた千夏の表情がかわる「救われて・・・」

その後、千夏がカヨに食事のおかずを減らしたり、かよが大事にしていた写真を隠したりする、何故か陰湿ないじめをする。

それに切れたカヨは、部屋で暴れる。

なぜ刑務所で自分の写真をみたらいけないのか?

写真の過去には戻れないから。

過去の自分に戻りたいと思うのは後悔で、あなたは、反省をしないといけない、だから自分の過去の写真は持ち込み禁止。

そういわれえて、自分と息子が映っていた写真を破り息子の方だけを自分で持っておく。

千夏とカヨのバトルが始まる

カヨは雑魚部屋で暴れたために独房に入れられることになった。

その移動をしていると千夏とすれ違う。

カヨ「本では刑務所の悪しき習慣を変えるとか書いてるくせに、実態は裏でいじめしているなんて、超ださーーー」

千夏「別にいいじゃん」

脱税の会見の時も、「私が得しても誰も損していないと」

「あれ見てかっこよかったけど、本当はださいのね」

千夏「だまれ銀行女」

かよ「財テクブス」

千夏「刑務官調書とらなくていいんですか?」

刑務官「聞いてなかった!!!」

最後にカヨが千夏に言う「それでも私はあなたを尊敬しています。」

直訴状を送り10種競技をカヨと千夏がする

1撞木目 便所掃除 勝者 カヨ
2種目目 足指ジャンケン 千夏
3種目目 湯呑片付け   カヨ
4種目目 梅干しの種飛ばし 千夏
5種目目 マッサージ   カヨ
6種目目 小豆箸つまみ  千夏
7種目目 シーツ早畳   カヨ
8種目目 画力      千夏
9種目目 デコピン    引き分け
10種目目 徒競走     引き分け

これで仲良くなったカヨと千夏

話が現代に戻る

一方、2017年のクリスマスイブ、カヨたちによって誘拐されたイケメン社長・板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、彼女たちがアジトにしているガレージに拘束されていた。

なぜ自分がこんな目に遭うのか理解できない吾郎は、カヨたちに理由を聞くが。

カヨは要点しか話せないのと泣きそうになる。

いった、何故イケメン社長の五郎はカヨたちに誘拐されたのか?

ドラマ監獄のお姫様の動画第2話の見どころ期待

時系列が独特で癖になります

罪を犯したカヨたちと元刑務官だった若井が刑務所での生活を振り返る内容のようで、それぞれの過去が明らかになるということでとても楽しみです。

主要キャストの5人以外にも1話でちらりと出てきた美容師さんも同じ刑務所で過ごした女性ということでそちらの関係も気になります。

クドカン作品らしく、時系列が独特で本当のことなのか妄想のことなのか行ったり来たりしますが、そこが謎解きゲームのようで見ていて癖になります。

私は録画をして見ていますが、気になれば何度も繰り返しみています。

また、伊勢谷友介さんが演じる板橋吾郎が姫こと江戸川しのぶに恋人殺しの罪をなすりつけたのかが徐々に明らかになってくると思うのでそちらも楽しみです。

監獄の中の女性たちはどうやって仲良くなったのか

2話は監獄にいた女性たちがどうやって出会ったのかがわかる回のようなのでとても楽しみです。

満島ひかりさんは厳しい刑務官役で、その姿を見るのがとても待ちどおしいです。

満島ひかりさんはすごくかっこいい役で、すごく似合っていました。

なぜあんなにも6人の女性から恐れられているのか、あんなにいきなり整列して番号を言われていたのが染みついていたので、その場面も見れるのではないかととても期待しています。

なぜ刑務官までも監獄にいる姫を助け出そうとしているのか、2話でその意味が分かりそうなので、すごく楽しみにしています。

どうやって5年もかけて計画したのか、その場面もでてくればすごくいいなと思っているので、そこも期待してみたいと思います。

一体どうなるのかこの後の展開は

伊勢谷友介さんは一体何をしたのか、どうして6人もの女性が力を合わせて夏帆を助けようとしているのか、とても気になります。

伊勢谷友介さんはガレージに閉じ込められたままで、いったいいつ解放されるのか、伊勢谷友介さんはきちんと自分のしたことを認めるのか、どういった風になっていくのかとても楽しみです。

ただの秘書だと思っていた満島ひかりさんにも裏切られ、全員伊勢谷友介さんに会っているので、これから6人の女性たちはどうやって伊勢谷友介さんを追い詰めていくのだろうととても期待しています。

顔を見られて進んでいくドラマだなんてとても珍しい展開のドラマなので、どうやっていくのか、楽しみながら見たいドラマだと思いました。

お姫様を助けようと思った5人の女性たち!それはなぜ?

2話の見どころとしては、なぜこの5人が出会ったのか。どうしで今回の事件を起こそうと思いついたのかが見どころだと思います。

満島ひかりさんが刑務官として働いていた刑務所で小泉今日子さん、菅野美穂さん、坂井真紀さん、森下愛子さん、夏帆さんは出会ったと思われます。

そこで最初は仲は良くなかったものの、あることをきっかけに結束が固まったのだと思います。その事件が伊勢谷友介さんの身の回りで起きた殺人事件だったのでしょう。

監獄のお姫様とは夏帆さんのことなのだと思いますが、夏帆さんと関わることで、女性たちが動き出したのだと思います。

その女性たちを動かした原動力は何だったのか、2話で分かるのではないかと思われます。

監獄のお姫様:二話目は出会いの話?

1話で遂行されたイケメン社長誘拐からさかのぼり、5人が自立と再生の女子刑務所にいた頃の話だそうです。

予告動画を見る限りでは姫はまだ出てこず、囚人たちと刑務官との出会いや関わり合いが描かれるのかな、という印象です。

1話ではおっちょこちょいながらも結束しているように見える元囚人たちの過去。

そりゃあ、何をしたかはそれぞれですがみんな犯罪者。きっと激しい争いやどす黒い陰謀が渦巻いていたのでしょう。

でも、宮藤官九郎が脚本ですから。ドライ且つウィットに富んだ且つ思いもよらない展開を仕掛けてくるのでは?とわくわくします。

女のドロドロしたのは苦手ですが、それでもこのキャストと脚本家なら見続けられるのではないかと期待しています。

女囚たちの明かされる過去

爆笑ヨーグルト事件の姫の冤罪を晴らすために集結した女囚たちは、イケメン社長に罪を認めさせるため、社長を誘拐し拘束することに成功。

集結する女囚たちは、なぜ姫の冤罪を晴らすためにチームを組むことになったのか?

イケメン社長誘拐は2017年の話ですが、2話では時代が2011年まで遡り舞台が女子刑務所になります。

殺人未遂事件で服役することになったカヨは、69番として刑務所内で呼ばれ、そこでは女同士の激しいバトルが勃発する。

刑務所内での生活の話と思いきや、過去と現在が交差しながら、現在ではイケメン社長への復讐が動き始める。

女囚チームが結成されるまでの紆余曲折、一風変わった女子刑務所での女囚たちの生活は見どころです。

小泉今日子さんのランクは最下位⁈

1話で、小泉今日子さんの扱いが低いなと感じましたが、2話で刑務所時代に遡って、なぜ、扱いが低くなったのかが明らかになりそうです。

刑務官の満島ひかりさんにも目をつけられ、受刑者の菅野美穂さんにも目をつけられ、イジメを受け、それでも、今は一緒に活動している理由が少しずつ、明らかになっていくのかなと思います。

てっきり小泉今日子さんが、元受刑者の中では、リーダー的存在を演じるのだろうと思っていたので、とても意外な感じがしますが、虐げられる小泉今日子さんは、どんな感じなのか、楽しみです。

1話では完全に2017年の話でしたが、2話は過去と現在を行ったり来たりしながら、話が進んでいくようなので、それも楽しみなポイントです。

監獄のお姫さまの動画2話の見どころ感想気になったこと

よくぞガツンと言った!

実際の女子刑務所の中で、どんなことが起きているのかは想像するしかありませんが、女版ホリエモンのような菅野美穂さん相手に、小泉今日子さんが、おそらくみんなが思っていたことを本人に向かってガツンと言ったシーンはスッとしました。

タレントのように有名人は、どんな場所でも特別扱いされて、本人はもちろん周囲もそれが当たり前のようになっているのだろうと思いますが、刑務所に入らなければいけなくなった罪はそれぞれで、服役する期間の長さはさまざまだったとしても、受刑者という点では同じなので、そういう意味で小泉今日子さんの暴言とも言える言葉を刑務官の満島ひかりさんも「聞いてなかった」と聞き逃したのだろうと思います。

風変わりな女子刑務所

女子刑務所での話でしたが、変な歌が流れていたりコメディー要素も沢山あって笑えました。

個人的にはしゃぶ厨とカヨの喧嘩シーンがお気に入りで、普通刑務所の中での喧嘩は激しくて、ドアを蹴破ったり物を破壊するイメージだったので、コノヤローとか言ってるわりに手押し相撲ぐらい小さい喧嘩だったのはかわいらしくてクスっとしました。

財テクは始めはすごく嫌な女性で、財テク役の菅野美穂さんのイジワル演技は見どころです。

刑務官役の満島ひかりさんもカッコ良いです。

今回はカヨの過去が明らかになりましたが、旦那を刺した理由も子供から手紙がこないことも切なかったです。

カヨ以外のメンバーの過去も気になります。

来週はいよいよ姫が入所してくるので楽しみです。

独居房で泣く馬場カヨがかわいそうだ

殺人未遂事件を起こし刑務所に入ることになってしまった馬場カヨ(小泉今日子)と脱税で逮捕され刑務所に入っていた勝田千夏(菅野美穂)との刑務所内での対決が見どころとなっていてとてもおもしろかったです。

馬場カヨと勝田千夏は最初は仲が悪かったんだと分かりました。

刑務所内で起こるいざこざや出会いが仲間意識へと変わっていく様子が描かれており2話では主に馬場カヨがなぜ夫を刺してしまうまでに至ったのかが描かれています。

仕事も家事もしっかりこなしていた馬場カヨ、それなのに夫は浮気。話し合いの最中、馬場カヨは口癖の「冷静に」を繰り返していました。

冷静にと言いながら結局のところ逆上して夫を刺してしまいました。

刑務所内での独居房で馬場カヨが夫を刺したことを後悔していないと言いながら涙を流しているのを見てかわいそうになり悲しくなりました。

過去と現在が交錯する思い

2011年の秋、夫を殺ろそうとした罪(殺人未遂)で、馬場カヨ (小泉今日子) は5年の実刑を言い渡されました。

そして『自立と再生の女子刑務所』 に収監され、この先復讐を共に実行する仲間たちに出会います。

カヨの女子刑務所時代の回想と、今現在のリアルタイムでの状況がうまく絡み合わさり、見応えのある内容になっていました。

2017年のクリスマスイブに、カヨたちによって誘拐されたイケメン社長・板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、彼女たちのアジトであるガレージに拘束され、なぜ自分がこんな目に遭うのか理解できずにいましたが、その理由を分かって見ていると、カヨたちの計画がうまくいくように応援したくなりました。

個人的には、刑務所時代にカヨたちに向けられる、刑務官・若井ふたば(満島ひかり)の威圧感と暴言が、ドSオーラ全開で凄みがありました。

各キャラの変化が面白かった

過去の話と現在の話しが交互に展開されるとは思っていなかったので各キャラの変化に注目しながら刑務所内の部分を面白く見れた。

まだ姫が入所していないし、どうやって仲良くなったかもわからないので今後の展開が楽しみ。

脚本がクドカンなだけあってテンポがすごくいいし、一人一人のキャラも濃くてそれだけでも見ていて楽しい。

特に満島ひかりの看守は受刑者に対して冷淡な発言を繰り返しているのにこれからどう変わっていくんだろうか。

現在パートの監禁されている伊勢谷友介は本当にセクシーでイケメンだし女性ばっかりで鬱々とする画面に上手く色を添えていると思う。

来週から夏帆が本格的に出てきそうな感じだけど、過去の部分での夏帆と一緒にいる伊勢谷友介がそんなに悪い人に見えなかったので、本当に真犯人なのか今後の展開がすごく気になった。

馬場カヨと仲間の出会い

「監獄のお姫さま」第2話ですが、今回の見どころは小泉今日子演じる馬場カヨが前回の放送で板橋を拉致した仲間たちと刑務所内でどのように出会ったのかを紹介するところでした。

馬場カヨが刑務所に入るところから話は始まり、姉御たちとの出会い、勝田千夏との軋轢、馬場カヨの自らの罪に対する心のうち等が語られた回だと思います。

今回はそんなストーリーの中に宮藤官九郎らしい小ネタや笑いが仕込まれていて大変面白い回でした。

ダサい服を着せられた板橋、テンション高めの刑務所長、ドラマに出てきた阿佐ヶ谷姉妹、しゃぶしゃぶ屋に勤務していたシャブで捕まったあだ名がシャブ中の囚人、といった具合の細かい笑いが散らばめられていたところがらしさ満開で素敵でした。

クドカン節炸裂の第2話


2話は、1話よりもさらにクドカン節全開の脚本になったように感じ故にさらにマニアックなドラマになったと感じました。

ですが、そのマニアックさがクドカンドラマのファンにはたまらないと思います。

小ネタもたくさん盛り込まれといて、2話も笑いが絶えませんでした。

1話でよく把握できなかったカヨたちの関係性が2話では徐々に明かされていっているので1話で謎に感じていた部分が少しずつ分かってきてすっきりしました。

2話の展開から今後の物語がどんな風に進行していくのかもみえた気がしますので、そういった意味では2話はとても重要な回だったと思います。

しかし、それと同時に新たに謎な部分も出てきたりしてさらに続きが気になってくるあたり、さすがクドカンだと思います。


⇓  ⇓  ⇓
監獄1話あらすじ

監獄3話あらすじ
監獄4話あらすじ
監獄5話あらすじ
監獄6話あらすじ
監獄7話あらすじ
監獄8話あらすじ
監獄9話あらすじ

-監獄のお姫さま

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.