重要参考人探偵

重要参考人探偵ドラマ動画5話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見えるの?

更新日:

ドラマ『重要参考人探偵』第5話の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『重要参考人探偵』の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

重要参考人探偵はunextとう公式動画配信会社で安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドラマ「重要参考人探偵」キャスト


弥木 圭(まねき・けい)玉森裕太
周防 斎(すおう・いつき)小山慶一郎
早乙女果林(さおとめ・かりん)新木優子
シモン・藤馬(シモン・とうま)古川雄輝
牧太真希子(まきた・まきこ)堀田茜
今井寛太(いまい・かんた)一井直樹
浪江篠介(なみえ・しのすけ)滝藤賢一
登 一学(のぼり・いちがく)豊原功補
古仙 淳(こせん・あつし)西岡德馬
吉倉清司(よしくら・せいじ)松平 健

ドラマ「重要参考人探偵」5話のゲスト

柘植梓(紺野まひる)


紺野まひる(コンノマヒル)

生年月日:1977年4月12日 (40歳)

身長:160 cm
女優
元宝塚歌劇団雪組トップ娘役
大阪府豊中市出身
FLaMme所属

柘植梓(紺野まひる)の役

高級住宅街に住む上品な奥さん風

昭島のぶえ(岩本多代)

岩本多代(イワモトマスヨ)

生年月日:1940年3月5日 (77歳)

身長:155 cm
和歌山県田辺市出身
大阪府立市岡高等学校卒業
オフィスPSC所属

昭島のぶえ(岩本多代)の役

高級住宅街に住む引っ越しの依頼主(5話の死体)

空木勝子(青木さやか)


⇓  ⇓  ⇓
奥様は取扱い注意3話に出演

青木さやか(アオキサヤカ)

生年月日:1973年3月27日 (44歳)
身長:165 cm
お笑いタレント、女優
ワタナベエンターテインメント所属
愛知県尾張旭市出身

空木勝子(青木さやか)の役

のぶえの向かいに住む住人

浜有起哉(六角慎司)


六角慎司(ロッカクシンジ)

生年月日:1972年6月27日 (45歳)

身長:170 cm
俳優
東京都品川区出身
キューブ所属
東京都立日比谷高等学校、明治大学文学部卒業

浜有起哉(六角慎司)の役

のぶえの向かいに住む住人

引田(辻修)


辻 修(つじ おさむ、1974年5月21日 - )
krei所属の俳優
劇団動物電気所属
岐阜 県出身
明治大学中退
身長170cm・体重48kg

引田(辻修)の役

引越し業者社員の引田(辻修)

ドラマ「重要参考人探偵」5話のあらすじネタバレ

「弥木圭(玉森裕太)と仕事をすると殺人事件に巻き込まれる」――業界内でそんな“都市伝説”が生まれてしまい、圭の仕事が激減。

圭の代わりに、斎(小山慶一郎)がモデルの仕事を引き受ける事に…。一方の圭は、体力づくりも兼ねた引越し業者のアルバイトに精を出すことになる。

シモン(古川雄輝)とともに高級住宅街に住む依頼主・昭島のぶえ(岩本多代)の元を訪れた圭だったが、途中で上品な奥さん風の柘植梓(紺野まひる)に出くわす。

一方でのぶえの荷造りはまったく進んでいないという事態に遭遇。

急いで梱包作業をするようのぶえからキツく言われた挙げ句、引越し業者社員の引田(辻修)からも、その作業を丸投げされてしまう。

渋々、梱包を始めようと家の中に戻った圭だったが、そこには頭部を殴打され死んでいるのぶえの姿が!

またも第一発見者となってしまった圭。ここは、いつもどうり。

そして、引っ越し作業の為に、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを手にしてしまっていた。これで疑われることも確定。

第一発見者である上に、凶器に指紋も残されている。今回こそ、どうか警察署まで連行しれくれ!!!

状況証拠も揃っている今回こそ重要参考人として署まで意地でも連行していきたい!登(豊原功補)。

しかい、いつもどうり、無理やり粘る(何故なら重要参考人がないも話さず素直に警察署にいくと言うことは、すなわち自分で罪を認めたということになるからである)

せめて近隣の住人たちの目撃証言を聞いてからにしてくれと頼む圭。

そして、他の警察はもちろん、そんなことは許さないが、現場トップの捜査一課長の古仙淳(西岡德馬)が圭のお願いを聞いてくれた。

のぶえの向かいに住む空木勝子(青木さやか)と浜有起哉(六角慎司)に話を聞くも、「誰かと争う声を聞いた」「その直後、この人(圭)が家から飛び出してきた」など、語られるのはいつもどうり、圭の不利になる証言ばかり。

ますます追いつめられた圭は、とっさにいつもの時間稼ぎで、のぶえの家の玄関先に拡声器があったことを思い出し、周辺住民と“ご近所トラブル”があったのではないかと考える。

そして、ここから無理矢理な推理が爆発していつもどうり事件は解決する。

ドラマ「重要参考人探偵」5話の見どころ期待

高級住宅街が舞台の事件はドロドロ⁈

5話では、高級住宅街を舞台にした事件が起きるということで、もうそれを聞いただけで、人間の欲とお金にまみれたドロドロした感情のもつれが関係しているのだろうと想像してしまいます。

そこに、「まんまと」とも言えるような状態で居合わせてしまう玉森裕太さん。

お気の毒に…と思いますが、更に気の毒なのは、社交ダンスのトロフィーまで手にしているということで、状況から見るとアウトだと思いますが、警察としても「またアナタですか?」という感じなので、その分は慎重に捜査をしてくれるのかな?と期待します。

高級住宅街と言っても一概にお金持ちばかりが住んでいるとも言えないし、色々な事情があると思うので、それぞれの住人の話を聞くと、相当ドロドロしているのだろうと思います。

圭の最大のピンチに誰が圭を救うか

本来のモデルの仕事さえできなくなってしまった死体を呼ぶ特異体質の圭はとうとう引っ越しバイトでご近所トラブルに巻込まれてしまう。

今回は凶器にも触ってしまい指紋がついてしまうと言うとても不利な状態。ここから圭がどう抜け出すのかが見所のひとつです。

ご近所みんなが圭の敵でうその証言までしてしまう。どうやら町ぐるみで抱える問題に圭は利用されてしまったようだ。

社会問題にもなっている騒音問題、ゴミ問題以外と身近にある小さな問題をとりあげて視聴者に呼びかけている所もあると思います。

署まで同行されてしまう圭にチャンスが訪れるのか?また圭の特異体質を利用としている捜査一課長は圭の見方になるのかそれとも陥れようとしているのか?

圭の周りの人間にも注目して行きたいと思います。

ベテラン刑事の古仙は、弥木圭の過去に関わりがあるかも?

死体役俳優としてやっていく事も叶わずアルバイトに精を出していたら、そのバイト先でも死体の第一発見者に……。

そんなツイてないんだか持っているんだか分からない弥木圭ですが、刑事の古仙淳が圭に興味を持ち始めた事でドラマがまた面白くなりそうです。

この古仙 淳(こせん・あつし)西岡德馬という人物、どうも圭が子供の頃に巻き込まれた事件について何か知っているような様子ですからね。

彼くらいの年齢の刑事ならば当時の捜査に加わっていてもおかしくありません。

圭の重要参考人としての歴史はどのようにして始まったのか、その事件で亡くなった犠牲者はいったい誰だったのか?

おそらくこのドラマ最大の謎であるその事件について、そろそろ語られ始めるのかもしれませんね。

引っ越し業者員の玉森と拡声器と弥木の過去が見どころ

今回はモデルの仕事としてではなく、引っ越し業者で働きお邪魔したお宅で、事件が起きるので、玉森裕太さんの引っ越し作業員のコスチュームがまず、見どころだと思います。

また、殺されてしまった梓にはご近所トラブルがあり、拡声器が今回事件解決のヒントになってくるかと思います。

拡声器に吹き込まれた声が事件と何か関係していて、殺人に至ったのではないかと予測します。

また豊原功補演じる刑事が、弥木に毎回重要参考人となる姿を疑問を持ち、彼のことをどんどん調べていくのではないかと思うから、分かってくる、弥木の過去も見どころだと思います。

また、元カノの新木優子さんがその過去を知って、弥木のことを意識し始めていくのではないかと予想します。

アルバイト先で第一発見者になる圭

第5話は、特殊能力のせいでモデルの仕事が激減した圭が、シモンと一緒に始めた引越しのアルバイト先で殺人事件に巻き込まれる。

依頼主は高級住宅街に住む婦人で、圭たちの作業に文句をつけ、気を取り直して作業を進めようとした矢先に、圭が依頼主の婦人の死体を発見してしまう。

またしても死体の第一発見者となった圭は、捜査一課の登に重要参考人として連行されそうになったところを、捜査一課課長古仙に助けられる。

圭はいつもの火事場のバカ推理で、婦人が近隣住民とトラブルになっていたことをつきとめる。青木さやかさんがゲストなので、どう事件と関わってくるのか?

古仙は圭の過去を知っているので、古仙が圭が連行されないように助けた理由や、圭との関係がわかるのか見どころです。

圭の過去を知っているそうな古仙淳

弥木圭(玉森裕太)と仕事すると必ずって言っていいほど殺人事件に巻き込まれるっていう業界内で都市伝説が出来てしまって圭の仕事は減る一方であった。

そんな状況の中、圭の代わりに斎(小山慶一郎)がモデルの仕事を引き受けることになった。

その一方で仕事のない圭は体力作りとお金稼ぎ、両方備えた引っ越し業者のアルバイトをやることになる。

シモン(古川雄輝)と共に高級住宅街に住む依頼主である昭島のぶえ(岩本多代)の家を訪ねた圭だが、途中で上品な奥さん風の柘植梓(紺野まひる)に出くわしてしまう。

一方の、のぶえの荷造りはほとんど進んでない状況に遭遇する。

早急に作業をするようにのぶえからキツク言われた挙句に引っ越し業者の社員でもある引田(辻修)からも、その作業を任されてしまう始末だ。

そんな中で作業を始めようと家の中に戻った圭だったが、そこには頭部を殴打されて死んでいるのぶえの死体姿があった。

またしても第一発見者で凶器に指紋ばっちりの状況です。まあ、第5話の大体の予想です。

ですが、第4話で古仙淳(西岡徳馬)が圭に対して「大きくなったなあ」っていう意味深のセリフも今後の展開に何かありそうな気がするのは私だけではないはずです。

次回放送のドラマ展開に期待ですね。

ドラマ「重要参考人探偵」5話の見どころ感想気になったこと

20年前の圭にいったい何があったのか?

シモンの聞きこみ能力と違って斎の推理力は全然役に立ちませんね……。しかしモデルとしては斎が3人の中で最も優秀なのかも? 圭はモデルの仕事をほとんどこなせていませんからね。

そんな圭ですが今回もまた殺人事件の重要参考人となってしまい、いつものように土壇場で真犯人を見つけ出していました。そして彼のこの奇妙な運命は20年前から始まっているという事が判明。

その最初の事件――最初に発見した死体はどうも彼の父親のものだったようで……なかなか辛い思い出ですね。

そんな圭の過去がこれから徐々に語られ始める感じなので次週からの放送も見逃せません。20年前に遭遇し、どうやら未だに解き明かせない謎があるらしいその事件の全貌が楽しみです。

圭の推理にはっとさせられた5話

昭島が引っ越すことになったからこそ、殺意が芽生えた人がいるという圭の推理に思わずはっとさせられました。

昭島が引っ越せば、これ以上被害をくらうことはありませんが、例え昭島が引っ越したとしても、既に壊されてしまった家庭が自然と元通りになるわけではありませんよね。

ましてや、昭島が引っ越した後に幸せに暮らすことを知ってしまえば、梓が昭島を恨むのは無理ないと思います。

圭が、梓を庇おうと嘘をついた娘の証言が嘘だと気付いたことも圭が事件解決を出来たことに繋がったと考えると少々酷な気もしますが、自殺をしようとした梓に必死に訴える圭は、とてもかっこよかったです。

娘が梓を庇おうとしたわけですから、生きてたら迷惑だなんて思うはずないですし…。

謎解き部分がやや雑で残念

気になったところは、今回の圭の推理がやや強引で雑だったところです。

窓辺の望遠鏡の方角だけでひらめき、シモンによる聞き込み調査の内容と昭島さんの拡声器での嫌がらせを瞬時に結び付けるだけの推理、というのはちょっと物足りなかったです。

前回のように暗号らしきものの解読とか、なにかもうひと工夫欲しかったと思います。

また警察はただただ聞き込みをして立ち往生しているだけなので、もう少し果林の活躍も見たかったです。

果林が個人的に好きなのでもっと出番が多くなるといいなと思います。あと今回の見どころはキャスターでもある小山慶一郎さん演じる、モデル斎の美しい筋肉美でしょうか。

服を脱いだときはちょっとびっくりしました。

少しづつ明かされる圭の過去

第5話は、圭とシモンの引っ越しのバイト先で、依頼人の婦人が殺される話でしたが、依頼人のクレーマー感にはイライラしました。

犯人はゲストの青木さやかさんかなと予想していたので、自分の予想がハズレてそっちかーと思って悔しかったです。

圭に興味を持っている警視庁捜査一課長は、もしかして圭のお父さん?と思っていたので、これもハズレでした。

圭の過去が少しづつわかってきて、圭が始めて死体に遭遇したのがまさかお父さんだったとは衝撃展開です。

圭がその事実を知っているのかも気になります。

今日の見どころは、捜査一課長登のカッコいいトレンチコート姿で、シモンからカッコいいとほめられて、襟をたてるのをイジられたら恥ずかしがったのがかわいかったです

圭の日常と過去の出来事が垣間見れたラストシーンがよかった

重要参考人の5話の見どころはなんといっても、ドラマ本編の内容よりもラストに出てきた玉森君演じる主役の圭の家族のことだと私は思いました。

本編も本編でご近所トラブルや寂しい心の騒音おばさんがでてきたりなど、現実の社会でも殺人までに発展してもおかしくないような問題がでてきて、なかなか興味深かったのですが、なんといっても、最後の最後で、圭がシングルマザーに育てられて一緒に未だに暮らしているとかお父さんの記憶がないなどの伏線があり、次回を期待させるような展開になったことが面白いと思いました。

そして、圭の回想シーンで初めて他殺体を見た時の被害者がどうも圭の父親らしいという伏線は衝撃的でした。

6話以降に圭の過去が再び出てくるに違いないと期待しています。

ところで、騒音おばさんがせっかく引っ越すのに、騒音おばさんに恨みがあると殺人を犯し、捕まってしまった主婦は思慮が浅いと思ってしまいました。

騒音おばさんのために自分の人生を棒に振るなんてもったいないですよね。

圭を取り囲む人達の言動

今回、圭のことを何か知っていそうな人達が多く出ていて気になりました。

まずは何よりも、捜査一課長という古仙の存在です。

圭のことを信じているのかいないのか、いまいち分からないながらも、圭の父親が警察官だと分かった時、もしかしたらこの人は、圭の父親のことを何か知っているかもしれないと疑いが生まれました。

また、圭の母親も気になります。

圭に、死体発見をしているか否か確認したところや、アルバムを見ながら物思いにふける様子を見て、過去に何かあったんだろうなと容易に想像がつきました。

更には、モデル事務所の社長も気になりました。

圭が父親の話をしたときに、圭を見ながら複雑な表情をしているのを見て、この社長も、実は何か知っていそうだなと感じました。

近所付き合いはストレスが溜まる

わたしも一軒家の経験があるので、気持ちが分かります。

一戸建ては良いところもありますが、デメリットもあります。

それは、近所付き合いや、おせっかいな年寄りです。

本人は嫌がらせとは思っていないので、こちらとしては大迷惑です。

引っ越すとなると大喜びになります。

年寄りは、相手してくれてる人が居なくなり、寂しがり屋ですので、用もないのに家に勝手に来ます。

他人を干渉するより、自分の心配をしたほうが良いと思います。

今回は、紺野まひるさんの犯行でしたが、もう少し我慢すれば、明るい未来が待っていたと思いました。

自分は幸せになる、おばさんを許せない気持ちは分かりますが、学歴なんて後からでも取れます。

受験に失敗した娘を、うるさいおばさんのせいにするのは、良くないです。
⇓  ⇓  ⇓
重要参考人1話あらすじ
重要参考人2話あらすじ
重要参考人3話あらすじ
重要参考人4話あらすじ

重要参考人6話あらすじ
重要参考人7話あらすじ
重要8話最終回あらすじ

重要参考人探偵はどこで見れるの?

ドラマ重要参考人探偵はunextという公式動画配信会社で視聴できます。

unextは公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
君の名は
あ荒野
下町ロケット
地味にすごい
脳スマ
も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTを無料でお試しください。


⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-重要参考人探偵

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.