重要参考人探偵

重要参考人探偵ドラマ動画4話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見えるの?

更新日:

ドラマ『重要参考人探偵』第4話の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『重要参考人探偵』の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

重要参考人探偵はunextとう公式動画配信会社で安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドラマ「重要参考人探偵」キャスト


弥木 圭(まねき・けい)玉森裕太
周防 斎(すおう・いつき)小山慶一郎
早乙女果林(さおとめ・かりん)新木優子
シモン・藤馬(シモン・とうま)古川雄輝
牧太真希子(まきた・まきこ)堀田茜
今井寛太(いまい・かんた)一井直樹
浪江篠介(なみえ・しのすけ)滝藤賢一
登 一学(のぼり・いちがく)豊原功補
古仙 淳(こせん・あつし)西岡德馬
吉倉清司(よしくら・せいじ)松平 健

ドラマ「重要参考人探偵」第4話ゲスト

黒井創(福田悠太)


生年月日:1986年11月15日 (30歳)
出身地:東京都
身長:178 cm
俳優であり、ジャニーズJr.内ユニット・M.A.D.、ふぉ〜ゆ〜のメンバー
東京都出身
ジャニーズ事務所所属
血液型B型
主にバックダンサーや舞台等で活動している。

黒井創(福田悠太)の役

舞台の主演俳優

東ルナ(矢作穂香)


生年月日:1997年3月7日 (20歳)
身長:155 cm
矢作 穂香は、日本の女優、ファッションモデル
旧芸名は未来 穂香
千葉県出身
研音所属

東ルナ(矢作穂香)の役

舞台のヒロイン

紅栞(雛形あきこ)

雛形あきこ(ヒナガタアキコ)

生年月日:1978年1月27日 (39歳)
出身地:江戸川区
配偶者:天野 浩成 (2013年〜)
身長:164 cm
女優、タレント、元グラビアアイドル
所属事務所はサンズエンタテインメント

紅栞(雛形あきこ)の役

劇団員

極利郎(佐伯 新)

佐伯新(サエキアラタ)
画像
生年月日:1969年9月2日 (48歳)
出身地:富山県
身長:167 cm
俳優
エースエージェント所属

極利郎(佐伯 新)の役

演出家

ドラマ「重要参考人探偵」第4話のあらすじ

事務所の社長・浪江(滝藤賢一)の力で、何の因果か殺人事件を描いた作品の舞台「絶海の孤島にある洋館で起きる殺人事件を描いたミステリー仕立ての舞台」に、“一番初めに殺される男”として出演することになる。に、俳優として出演することになった圭(玉森裕太)。

役は、「一番最初に殺される男」。これまで死体の第一発見者だった圭が、死体役になるのだ。

緊張している圭に、劇団員の紅栞(雛形あきこ)は「この世は舞台、人はみな役者」と書かれた紙を渡す。

開演直前だというのに、セットの裏で主演の黒井創(福田悠太)と東ルナ(矢作穂香)が激しい言い争いをしているのを見てしまう圭。

それでも、何とか幕は開いた。

ところが、本番中、観客とシモン藤馬(古川雄輝)、早乙女果林(新木優子)が見ている目の前で、圭は黒井の死体を発見してしまうのだ。

またもや死体役にはなれず第一発見者になってしまった圭は、登一学(豊原功補)達から疑われる。

しかし、圭は、死体を発見する直前、誰かが舞台セットの裏に逃げていく姿を見ていた。

「今回こそは俺が疑われることはない」と胸をなでおろす。

今回の殺害現場には『1+11』という謎の数式の答えは圭でなく「しおり」だった!

今回の殺害現場には『1+11』という謎の数式が残されていた。

黒井からの最後のメッセージだったのではないか…?皆が考え込む中、演出家の極利郎(佐伯 新)が「この数式を漢数字に置き換えると“圭”になる」ことを発見してしまい、圭は結局疑われてしまうはめに…。

一方、『劇中殺人』という特殊なシチュエーションでの事件に居合わせることができなかった周防斎(小山慶一郎)は悔しさを露わにしながら、電話で事件捜査に参加。

周防斎(小山慶一郎)はどうやらお金持ちで父の無理矢理の縁談でお見合いをさせられていた。

斎の指令で劇団員への聞き込みを開始したシモンは、栞から以前に黒井と付き合っていたことを聞き出す。

しかし、あいかわらず、周防斎(小山慶一郎)の推理はまったく、正解とならない。

そして、結局追い込ませれ圭はいつもどうり、無理やり自分の推理で事件を解決した。

殺害現場の『1+11』は実は「しおり」の頭の部分だった。

本当は「しおり」と書いてだが、犯人の「しおり」がそれに気づき、しおりの下半分が書いてあった紙を持っていってしまい、床には「1+11」という文字が残ったのだった。

犯人の「しおり」が黒井創(福田悠太)を殺した理由

しおりと創は11年もの間付き合っていた。

そして、しおりがその間いろいろなお世話をして、ようやく売れるようになった創。

かつては、自分が売れるようになったら結婚しようといっていた創だが、実際に売れるようになったら、ばばあのしおりは捨てられてしまった。

創はこの舞台のヒロインの東ルナ(矢作穂香)と付き合っていたのだ!!!

それに、怒ったしおりが殺したという、たいした理由ではなかった・・・・

ドラマ「重要参考人探偵」第4話の見どころ期待

舞台でまたもや死体を見つける

モデルの弥木圭が第4話では舞台デビューするかもしれないということで、モデルが急に舞台に出ると言うのはかなり異例ではないかと思いましたが、最初に殺される役なら納得でした。

モデル業と舞台俳優は全く違うと思うのですが、以前CMオーディションで少し演技っぽい感じもやっていたので素質があると見込んで社長は推薦したんだと思います。

でもまたもや死体を発見して、今まで何回も第一発見者になっている圭を何かと怪しんでいる刑事がまた重要参考人にしてしまうと思います。

そして今までのように元カノの早乙女果林も居合わせたことで、事件の重要な証拠やヒントを見つけてくれて圭はぎりぎりのところで真犯人を見つけることができて連行されずに済むと思います。

重要参考人探偵4話は舞台が舞台!

重要参考人探偵4話は舞台俳優デビューということで、「舞台」が死体発見の舞台になります。

このドラマの見どころは、どれだけコテコテのミステリーあるあるを詰め込んでくるかを探すところにあると思っています。

ミステリーにおける舞台でのあるある・・・は、ぱっと思いつきませんが、犯人はそのとき舞台上に立っている人、というイメージがあります。

また、三角関係のもつれと予告にもありますので、意外と三角関係は事件に関係ないとか。しかし、このドラマは鉄板を行きます。

怪しい人(弥木は除く)は本当に怪しい。三角関係の負けた方が犯人になる可能性も捨てがたいです。

そして推理の時間稼ぎはホームズになりきって虫眼鏡で何かを見つめるか、パイプをくわえるかだと予想します。

コテコテのミステリー。見たことある!は何回いえるでしょうか。

劇中殺人という場面にまたしても遭遇

死体の第一発見者として重要参考人になってしまう特異体質を生かして、事務所の社長が死体役をと弥木圭に仕事を持ってくる第4話。

死体役なのにまたしても本物の死体を発見してしまい、またまた警察に怪しまれる羽目になるのですが、弥木圭役の玉森裕太さんの半信半疑ながら事件を紐解いて行く所が見どころだと思います。

舞台という演技をしながらの殺人事件に皆で翻弄される所にも注目したいです。

警察に怪しまれながらも自分の身の潔白を証明する為に、懸命に考える玉森裕太さんの演技がとても好きです。

他のドラマに比べると、出演者が少ない気がしますが、その分一人一人の個性が発揮出来て見応えあります。

豪華な脇役に負けない玉森裕太さんの好演を期待してます。

圭は舞台俳優のうそを見抜けるか?

次回は舞台俳優としてデビューする圭に殺人事件が立ちはだかるようです。

予告を見る限りかなりドロドロ感が予想されます。女の嫉妬がよんだ事件になる気がします。

その嫉妬は女優としての嫉妬か女としての嫉妬なのかその辺りが見物かな。

毎回、殺人事件ではあるがどこか圭や齊やシモンによってさわやかさがあるが次回は苦しむ圭が見られそうだ。

舞台俳優という演じるプロとの戦いなので、そう簡単には事件解決しないと思われるので圭の推理が楽しみです。

また3話の最後に圭が子供の頃、初めて第一発見者となった時の話がでたので何か訳ありな感じがしていて真相を知るのが楽しみです。

なぜいつも死体を発見してしまうのか?謎も子供の頃に関係しているきがします。

愛憎入り交じる劇中殺人

第4話は、舞台俳優デビューすることになった圭が出演した舞台で、殺人事件に巻き込まれる話です。

今回はダイイングメッセージが残されていたり、舞台上で死体を発見するなど特殊な事件です。

そのダイイングメッセージのせいで、圭はまた疑われてしまいます。

劇団員役にゲストで雛形あきこさんが出演するので、犯人の可能性もあるかなと思います。

劇団員同士の痴情のもつれの事件っぽいので、雛形あきこさんがどう事件をかきみだしてくれるか見どころです。

圭を追えば殺人事件に遭遇することを警察もわかってきて、圭の推理通り事件が解決するので、警察のメンツの問題も出てくるのかなと思うので、警察が一方的に圭を目の敵にしたとしても、果林は圭の味方でいることを期待します。

舞台役者で緊張する圭

第4話ではなんといっても圭が舞台役者として舞台に立つという設定がかなり面白いと個人的には感じておりますので、それ絡みのシーンは全て第4話の見どころになるのではないかと思います。

圭が舞台役者として構えるシーンは冒頭のみだとは思いますが、その冒頭で公式サイトのあらすじにある緊張している圭が見られることをとても楽しみにしています。

また、殺人現場には暗号が残されているとのことですが、その暗号を圭たちがどう解いていくかもやはり見どころになるのではないかと思います。

また、それと同時に暗号が残されているという時点で計画的殺人であると予想します。また、圭が仲間に自分が死体に遭遇するきっかけを言わない理由も第4話で少し分かると予想します。

ドラマ「重要参考人探偵」第4話の見どころ感想気になったこと

段々と圭の特異体質に慣れていく面々

またも死体の第一発見者になってしまったのに「大丈夫だ、今回は凶器に触ってないからな」とどこか自慢げな圭や、遠くのサイレンを聞いただけで「俺の友達がもっぱら重要参考人なので電話させてください」と言い出す斎にクスっときました。

これまでの事を踏まえるとどちらも自然な反応なんですけど、よく知らない人からすると「何なのこの人達……」って感じですよね。

事務所の所長達が言っていた「圭は死体に関してなら右に出る者がいないからな!」などもこれに当てはまりますか。

もう圭本人も仲間達もその特異体質に慣れてきているのが笑えます。4話でこれだと今後どうなっていくかが楽しみですね。

その内に刑事達も「どうせまたコイツじゃないんだろうな……」となるかもしれません。

幸薄い役が似合う雛形あきこ

第4話は、死体役として舞台俳優デビューした圭が、舞台上で殺人事件に巻き込まれる話でしたが、ゲストが雛形あきこさんで、動機が痴情のもつれで殺人をしてしまう役で、雛形あきこさんは不幸な役が似合うなと思いながら見ていました。

斎のポンコツ推理ぶりと社長のスベってる感じがだんだん心地よくなってきました。

毎回シモンのかわいいポイントがあって、今日はごねるシモンがかわいかったです。

見どころは圭の時間稼ぎで、今日は探偵になって無駄にパイプをくわえた姿カッコ良かったです。

果林が圭の特殊能力に気付いて味方になってくれそうなので良かったです。二人のこれからの関係と、最後に圭に声をかけてきた捜査一課課長が、圭の過去を知ってるようだったので、すごく気になりました。

新木優子は綺麗だ!

俳優を育てた女性の孤独な犯行

今回の見所はダイニングメッセージの謎解きです。沢山の客が見ている演劇の舞台中に視覚となる部屋で起きる殺人事件。

またしてもこんなに人がいるのに圭が第一発見者であり重要参考人といういつもの設定。

ダイニングメッセージに書かれた1+11この文字の謎を解いていくなぜかしら圭にたどり着いてしまう。

ここまでくるともう同情しかない。必ず最後は圭が推理して解決するとはわかっていても逃れようがないくらい圭が犯人に近くなるところがおもしろい。

今回は女の嫉妬から起きた事件ではあるがいじらしいほどずーっと見てきた青年への愛が感じられる。

嫉妬と一言では終わらず、さおりの深い愛がとても切なく感じました。

最後に殺された創の気持ちを垣間見れたことはさおりにとっては喜びではあるが深い悲しみにもなったことだと思います。

死体役ではモッタイナイ!玉森君の名演技

今日も面白かったです。シモンの漫画チックな動きや斎の的外れな推理は健在で、しっかりドラマを盛り上げてくれました。

それにしても劇中での死体発見時の圭の演技、迫力が凄くて最高でした。シモンのツッコミみたいなセリフも楽しく、どんどん物語に引き込まれました。

せっかく浪江社長が取って来てくれた死体役なのに、圭が「死体にもなれない」と漏らした時は笑ってしまいました。

お笑いもちょくちょく入り、テンポも良く、飽きさせないストーリー展開です。

推理が二転三転し、追い詰められた圭のオーバーリアクションも決まっていて、決してシラケさせない力強い演技に玉森君の才能を感じました。

元カノの女刑事、果林との関係もどんどん濃くなっていく模様の圭ですが、シモンと斎との変わら友情がドラマの隠し味になっていると思います。

ありえないほどの疑われぶり

今回、圭の疑われぶりには驚かされました。

毎回、凶器に触ってしまったり、密室にしてしまったりと、自分で自分の首を絞めていた圭が、今回は何もしなかったので感心していたら、ダイイングメッセージが圭を示してしまう形になっているという、何とも衝撃的な展開で、どこまで重要参考人になってしまうのかと呆れてしまいました。

最初は疑われて可哀想だと思っていましたが、ここまで来たら、ドラマ内の刑事さん達と同様、これは疑われても仕方がないのではと思い始めてしまいました。

しかし、過去に同じような体験を一緒にしていた果林だけは、何となく圭の異様な宿命を理解しつつあるような気がして、このまま良い味方として関わっていってくれたら良いなと思いました。

可愛い玉森君に注目して

またしても第一発見者になって重要参考人になってしまった玉森君が可愛い。

いつも思うのはこんな王子キャラ的な可愛い子はなかなかいないと思うしキラキラしていて大好きです。

所が最近、古川雄輝くんも気になってます。

そんな出演者も注目して見て欲しいです。

ドラマとしては深夜の時間帯でのドラマとしてはこんな感じで良いと思います。

4話は最初に雛形あきこが出た時から犯人と見当は付きました。

暗号も思いっきり変な感じの文字だったので、何かしらの暗号か文字を細工してるのかと辺りがついたので、そんなに驚きはなくちょっと物足りないのはしょうがないかなと思います。

でも玉森君の可愛さがそれを補ってるので私としては楽しみにしてるドラマです。

ダイイングメッセージのヒントが見どころ、弥木の過去が気になる

玉森裕太さん演じる弥木が死体の役となって望むのに、舞台上では逆の立場、犯人になって、弥木には悪いけど、設定が面白いと思いました。

今回は、事件の鍵となる1+11というダイイングメッセージと舞台前に雛形あきこさん演じるしおりが渡したおまじないのこの世は舞台、人は皆役者という言う紙が事件解決のヒントとなってくるので、その過程が見どころだと思います。

それにしても、弥木は何故こうも重要参考人になる運命に毎回あるのか、ドラマながらいつも不思議に思っていましたが、今回のラストで警察のトップの方が弥木に近付いてきたことで過去に何かあってそうなったのかなと今後がとても気になります。

個人的に小山慶一郎さん演じる斎のいつも当たらないけど、直球の自信満々な推理する姿が面白くて大好きです。来週も楽しみにしています。
⇓  ⇓  ⇓
重要参考人1話あらすじ
重要参考人2話あらすじ
重要参考人3話あらすじ

重要参考人5話あらすじ
重要参考人6話あらすじ
重要参考人7話あらすじ
重要8話最終回あらすじ

重要参考人探偵はどこで見れるの?

ドラマ重要参考人探偵はunextという公式動画配信会社で視聴できます。

unextは公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
君の名は
あ荒野
下町ロケット
地味にすごい
脳スマ
も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTを無料でお試しください。


⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-重要参考人探偵

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.