黒革の手帖

黒革の手帖動画7話無料はpandorayoutubeで見れるの?

更新日:

黒革の手帖動画7話はpandora,youtubeで見れるの?

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

残念ながらyoutube,pandora,Dailymotion、MIOMIOでは「黒革の手帖動画7話」はみつかりませんでした。

でも、安心してください。黒革の手帖動画7話は公式動画配信UNEXTで見れます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でお試しができます。
⇓   ⇓   ⇓   
31日間無料キャンペーン中【unext】

黒革の手帖7話あらすじネタバレ

長谷川会長(伊東四朗)の無茶苦茶な契約書のせいで、クラブ『カルネ』を差し押さえされてしまう元子。(武井咲)

新しい支配人として村井(滝藤賢一)、そして新しいママとして波子(仲里依紗)を雇い、送り込んできた。

呆然とする元子に波子は、『どうしてもこの店を渡したくないんだったら私の靴舐めなさいよ。ピッカピカに。』と鬼のようなことを言う。波子の前にひざまずく元子。

ボーイや、キャストの女の子から『やめてください!』と悲痛な声があがる。

躊躇する元子に波子は嘲笑うかのように、『ゲームオーバー。残念でした。』と言った。

そして、店を引き渡せるよう1週間で整理をしてカルネから出て行けといって高笑いしながら村井と共に帰っていった。

自宅に帰った元子は、クラブ『ルダン』を手に入れるはずが、ルダンはおろか、カルネまで取られるなんて…と呆然とする。

そして、かつて安島(江口洋介)にプレゼントして別れ際に返されたお守りを見つめた。

元子はクラブ『燭台』のママ・叡子(真矢みき)に相談に乗ってもらうため訪ねた。

叡子は厳しい口調で、『自業自得でしょ。あれほど忠告したのに、お客様の秘密を守るどころかそれを利用してお金を脅し取ろうとするなんて。もうみんな知ってるわよ。この銀座は村社会。すぐに広まってしまう。

ルールを守らない女に居場所はない。もともと、あなたは銀座には合わない女だった。いなかに帰って結婚して、子供を産んで、地味で退屈な幸せでもみつけたら?』と言う。

その厳しい言葉に対し、元子は『あきらめません。わたしはこの銀座で生きてます。』と言うが、長年銀座で生きてきた叡子の怒りに触れてしまう。

『なめたこといわないで!あなたは何もわかってない。ただ銀座をなめて調子に乗っていただけ。【銀座で一番若いママ】。もう、あなたの出番はもう終わったの。』

元子は何もいうことができず燭台を後にした。

帰る途中、立ちくらみを起こす。何か体がおかしいと思った元子は、妊娠検査薬を買う。すると陽性反応が出ていた。固まる元子。

安島に電話をする元子。安島は席を外していて、携帯は式場の机の上にあった。

【原口元子】という画面表示を見て、ドレス選びをしていた婚約者の京子(江口のり子)の気分は台無しになる。強気な京子は電話に出た。戸惑いを隠せない元子・・・。

戻ってきた安島に嫌味をこめて、元子から電話があったことを伝えた。肩身の狭そうな安島・・・。

元子は安島に電話を掛け、呼び出した。地下の駐車場で、黒づくめの服装でひっそり密会する2人。

『話しって何?』そういう安島に元子は妊娠のことは話さず、契約書に書かれてるカルネの譲渡について相談した。長谷川会長のやり口の汚さに驚く安島だが、相手が悪いため、元子に『まだ若いからもう一度やり直せ』と言った。

元子にどうにかならないか頼まれ、契約書を預かる安島。帰り際に安島は元子に自分の名刺を渡して帰っていった。

道を歩いていると元子の足元にボールが転がってくる。拾うと、可愛らしい子が母親と幸せそうにやり取りしていた。

【ルールを守らない女に居場所はない。いなかに帰って結婚して、子供を産んで、地味で退屈な幸せでもみつけたら?】という叡子の言葉が頭をよぎる。お腹に子供を宿してるからか・・・?

元子が自宅にいると、安島に頼まれた弁護士の渡辺という男性から電話がかかってくる。弁護士のところに行くと、弁護士は、『こんなひどい契約書はない。こんな不平等な契約は、なんの効力もないです。訴訟を起こしましょう。必ず勝てます。店も差し押さえさせず、続ける権利がある。』と力強く言った。その言葉に安堵の表情を見せる元子。

『最近ゆとり世代はどうだ?』長谷川は、『燭台』のママ・叡子とマージャンをしながら元子のことを聞いた。叡子から元子は『諦めません。』といっていたという話しを聞いてバカにして笑う長谷川。

元子はカルネの朝礼で、『私はなにがあってもこの店を手放しません。もう一度初心に帰って、この銀座で一番居心地の言いお店を目指します。だから力を貸してください。』とキャストやボーイに呼びかける。

元子を信頼するスタッフからは明るい返事が返ってくる。

そこへ、柄の悪い連中をつれた村井と波子が現れる。そして大きな声で、『今日は営業中止で引越し準備!片付くまでここで見張らせてもらうからな!』と言い、どかっと居座る。

元子は、『出て行ってください。私はこの店を手放しません。今日、弁護士の先生に相談しに行ってきました。あの契約書は無効、裁判になったら必ず勝てるといってました。わかったら、出て行ってください。営業の邪魔です。』驚いた表情の村井と波子。

そこに、弁護士から元子へ電話がかかってくる。

『原口さん、申し訳ないけど、さっきの話しなかったことにしてください。私は今回の件からは手を引きます。』弁護士はそう言うと、電話を切ってしまった。突然何が起きたかわからず、絶望からか泣き出しそうな元子。声を振り絞って『出てって!』というと、波子と村井は『3日後だぞ。』と言い残して出て行った。

翌日、安島と元子は弁護士のところにいった。申し訳なさそうにする弁護士。

『相手が悪すぎます。お察しください。この仕事を引き受ければ弁護士としてやっていけなくなります。安島先生もこの件からは手を引いたほうがいいです。長谷川会長に刃向かったら、本当に取り返しのつかないことになりますよ。』

帰り際、元子は安島も危ないので、自分で弁護士を探してみますといって帰っていった。心配そうに見つめる安島。

元子はカフェで美容師の牧野(和田正人)と会った。情報通の牧野に弁護士を紹介してもらえるようお願いする元子。

なんと、牧野の兄弟は二人弁護士をしているそうで、頼んでくれるようだった。牧野に感謝する元子。牧野は、『何があっても私はママの味方だから』と言った。微笑む元子。

これから引き出物選びをするため結婚式場で京子と一緒にいる安島に電話がかかってくる。
不機嫌になる京子。電話の主は長谷川だった。急いで向かう安島。

元子がカルネにいると連絡が入る。牧野の弟が弁護を引き受けてくれるらしい。元子は早速その弁護士のところに行く。なんとそこには村井がいた。驚く元子。村井は、『どこまで行っても無駄。長谷川会長に逆らおうとする弁護士はいない』と言い笑った。弁護士は気まずそうにしていた。

元子は牧野の店へ行く。なんとそこには波子の姿が。牧野は元子に近づき、『二度とこの店に来ないで。道づれはごめんなの。』と言った。

信じていた牧野にも裏切られ絶望を感じながら街を歩く元子。【どうして・・・この街のいちばん上に上り詰めるはずだったのに・・・。】安島の『俺たちはカゴの中の鳥。』という言葉が脳裏によぎる元子。元子は自分に言い聞かせるように、『諦めない、絶対に。』とひとりつぶやいた。

長谷川のもとに到着した安島。『遅い!!!』長谷川は何やら機嫌が悪い様子。体の調子を心配する安島の言葉を遮り、安島を座らせる。

『せっかく当選したのに、もう議員を辞めるつもりか?中を見ろ!』

机の上に黒革の手帖を投げる長谷川。何やら中に挟まっている。安島が手帳を開くと、その中には、元子と密会している写真が何枚も入っていた。

『その女とは、会うなといったはずだ。わしをなめてんのか?質問に答えろ!』怒り心頭の長谷川。

『申し訳ありません』と謝る安島に、『わしを二度と怒らせるな。わかったな』と長谷川は最後のチャンスを与えた。

元子の自宅には、税務署の督促状や支払いの催促が来ていた。カルネが閉店するまでに払えという催促の電話も受ける。通帳を見る元子。とても足りそうにない・・・。

翌日、元子は長谷川に直談判するしかないと思い、長谷川のもとへ行こうとする。しかし、ちょうど通りかかった東林銀行の前で過去のどん底だった頃の自分を思い出し、立ち止まっていると、警察官から職務質問を受けてしまう。

身分証明書を求められると、元子は走って逃げ出した。走って逃げていたが、階段の手前で捕まってしまう。元子はバランスを崩し、階段から足を踏み外し一気に下まで転げ落ちてしまった。元子は薄れゆく意識の中で幼少期のことを思い出していた。

目が覚めると、元子は病室にいた。看護師から、『身体は大丈夫?赤ちゃん残念だったわね・・・。』と言われた。
今まで銀座でのし上がるために利用して来た人間の顔が走馬灯のように浮かぶ。そして元子は『バチが当たったんだ・・・・』と言った。

翌日、元子が入院している病院から安島に電話がありました。手帳に名刺が入っていたから安島に電話をかけたそう。

安島が病室に行くと、ベッドはもぬけの殻だった。安島が急いで外を探すと、ふらふらになりながら元子は歩いていた。

どこへ行くんだ?身体は大丈夫か?という安島に元子は、『会長のところに行きます。』と答えた。元子の真剣な表情を見て安島は、封筒を渡して、『これをもっていれば、会長は君にあってくれる。俺にできるのはここまでだ。』と言って帰って行った。

元子は自宅に戻ると、封筒の中身を見て、【これは、手帖に代わる切り札になる】と思った。その日の夜、元子はクラブ「ルダン」に行きボーイに、『お店の中を見せてください。』と言った。お客様ですか・・・?と聞くボーイに元子は、『近々、このルダンのママになる原口元子と申します。』と自信満々の笑みを浮かべながら言った。

黒革の手帖動画8話次回予測

次回はついに最終回です!

どのドラマよりも楽しみにしていたので寂しいです・・・。

次回は元子が安島から譲り受けた封筒がキーを握ると思います!封筒の中身は一体何か見当がつきませんが、長谷川の弱点であることは間違いない・・・。

その封筒のおかげで元子はずっと会えなかった長谷川に会うことができるようです。次回予告で長谷川が元子の交渉に応じ、覚書にサインした時に何か起きるとあります。

私の予測では、長谷川からカルネを取り返すだけでなく、ルダンも奪い取るという内容だと思います。

波子と村井もなぜか仲違いするようです。結局2人の新生カルネの夢は叶わず、追い出されてしまいそう・・・。

楢林クリニックにも国税庁の強制捜査が入るよう。なぜこのタイミングで?誰が通報したんだろう。安島が手渡した封筒に関係あるのか?予告動画で、市子が楢林に力強く叩かれているシーンがあったのも気になります。

元子は迷惑をかけた人たちに連絡を取り、カルネのママとして再出発するようですが、これだけのことをして、銀座の人間は受け入れてくれるのだろうか・・・。

全く予想がつかない【黒革の手帖】もついに次回が最終回です!今から気になって仕方がありません!

黒革の手帖7話キャスト

原口元子(武井咲)
安島富夫(江口洋介)
山田波子(仲里依紗)
村井 亨(滝藤賢一)
牧野(和田正人)
島崎すみ江(内藤理沙)
橋田常雄(高嶋政伸)
岩村叡子(真矢ミキ)
中岡市子(高畑淳子)
楢林謙治 (奥田瑛二)
長谷川庄治( 伊東四朗)
堂林京子(江口のりこ)

黒革の手帖動画7話の見どころ

全てを失った悪女の切り札

安島のおかげで、長谷川との契約を白紙に戻す事が出来た元子。しかし、元子とは縁を切るのが条件だった。安島と5000万を失い、ルダンも手に入らなかった。

契約は白紙に戻ったので、また1からカルネでやり直せば良いと思っていた元子だったが、長谷川はそんな甘い人間ではなかった。カルネを手放す契約は続行されており、元子はさらなる窮地に追い込まれる。

何とかカルネを手放したくない元子だったが、敵の多い元子が頼れる人間は安島しかいなかった。長谷川と元子と会わない契約を交わしていた安島は、長谷川を裏切ればどうなるかわからない危険をおかしてまで、元子に切り札となるネタを提供する。元子はその切り札でまた復活する事が出来るのか。

悪女VS長谷川の決着後、元子の身に新しい命が宿っている?!

全てを失い、愛する「カルネ」まで奪われて、新支配人と新ママは犬猿の仲の村井と波子。きっと元子は「カルネ」奪い返すと思います。自分の力では到底奪い返す事は出来ないと解っているから何かしらの手段を使って奪い返すと思います。

意外と安島が長谷川の数々のスキャンダルな事をカードとして持って居ると思うので、安島が元子を助ける為に裏で長谷川にバレないように動き、元子に長谷川のスキャンダル情報を渡し切り札として使う可能性があると思ってます。

そして、「カルネ」を奪い返した元子に新しい命が宿ってる事が解るんじゃないでしょうか。思い当たる節として安島だと断定するけど安島には絶対に迷惑はかけられないと判断し言わないと思います。

どん底に立つ元子はまだ諦めない

黒革の手帖もカルネも奪いとられた元子は、どん底に落ち、味方がいなくなります。結局、距離を置いていた安島を頼ることになります。

元子は安島を愛していますが、お金のため銀座で頂点に立つためには、安島をも利用してしまうと思います。

元子と安島が抱き合っているところを、元子は隠しカメラでとっていて、それをネタに安島をゆすり、カルネをなんとか取り返そうとします。ただ、苦しむ安島を見て、やはり安島への愛を捨てることができず、カルネも銀座での地位もプライドも全てを捨てて、安島の前から姿を消します。

まだ諦めきれない元子は、もう一度銀座の世界に戻るために、地道にまたお金を毟り取れるターゲットの男性を探し始めると思います。

黒革の手帳は取り返せるのか?元子はどうなるか?

クラブカルネのママ原口元子(武井咲)は銀座一のクラブ「ルダン」を手に入れるべく画策したのですが、信じていた女性に裏切られ手帳は長谷川(伊藤四朗)に奪われてしまう。そしてカルネも長谷川にとられてしまう。

第7話では、新しいカルネの支配人が元銀行時代の上司村井亨に(滝藤賢一)、ママに山田波子(仲里依紗)、いままで元子が利用してきた人間達が7話ではいっせいに報復に来る、世の中にはとんでもない権力を持った人間がいて、侵してはいけない領域があることを思い知らされる元子。

この7話ではとても反撃に出ることはできないくらいの痛手を負っている。そして元子がどん底まで落ちてもがくのが7話の見どころではないでしょうか?

そして8話以降はまた新たな反撃に出るはずですが、7話ではとにかくみんなから叩かれるでしょう。出るくいは打つ、元子も調子に乗りすぎていることを反省させられる。所詮女1人で考え付くのはここまでか?

長谷川のような政界のボスにはかなわないでしょう。そして安島にも誰にも頼めない・・・安島の妻は2人の関係に気づいてるんですから。とにかく元子の苦しむ姿に視聴者も元子を助けたくなるに違いありません。

新たな交渉材料を入手するのは、さすが!

これまで、悪い大鐘持ちから、お金を引き出すために使ってきた黒革の手帖は、盗まれてしまい、もう武井咲さんにとって有利に物事を運べる材料が尽きてしまったかと思っていたら、ただでは倒れない武井咲さんは新たな交渉材料になるものを探し出したようで、本当に強い女性だなと思います。

武井咲さん自身の悪事は隠し通したまま、奥田瑛二さんや高嶋政伸さん、滝藤賢一さんをおとしめる方法を探し出す執念はさすがです。でも、もう江口洋介さんの助けはあまり期待できないので、本当に孤独な戦いになるのではないかと思います。

欲まみれのお金持ちの大物ばかりを相手に、若い武井咲さんが、どう立ち向かっていくのか、また足元をすくわれるようなことが起きるのではないかと思います。

元子への復讐が始まる

クラブ『カルネ』の支配人が長谷川の手によって村井になりクラブのママは波子になる。しかし『カルネ』を絶対譲ることが出来ない元子は波子に頭を下げて返してほしいと頼む。しかし波子も元子を憎んでいるため、従業員の前で靴を舐めろと屈辱を味合わせる。

それでも白紙に戻したい元子はもう会わないと言われた安島に長谷川との中を取り持ってもらうため会いに行こうときめる。そんな中、疲労とストレスで元子が倒れてしまう。病院にかけつけた安島と会い、安島が長谷川との中を取り持ってくれ『ルダン』を取り戻すと約束するが長谷川との約束を破ってしまった安島までも長谷川の標的になってしまう。

今まで元子が狂わせてきた人たちの逆襲が始まる回になる。

黒革の手帖動画7話の感想

黒革の手帖ヒヤヒヤ

銀座の夜の世界のドロドロが描かれている作品です。若いのにクラブのママとして諦めずに頑張っている姿は、一人の女性として期待しています。以前の黒皮の手帖も大好きでした。今回は武井さんが主役の元子を演じていらっしゃるので、また華やかなイメージで素敵です。

しかし、武井さんの妊娠報道が出たこともあり、ヒヤヒヤしながらみています。今回のストーリーの中には階段の上から転げ落ちるシーンがありました。

スタントマンが代わりに演じていた演技ならいいのですが、武井さん自身が演じていた演技ならお腹の赤ちゃんが影響がないか心配になってしまいます。撮影はもっと前にされているとは思いますが、妊娠初期はとても大事な時期なので心配です。

何があっても動じない元子

元子の負の連鎖が止まらなくて、それでもへこたれない元子の強さは憧れますが、やっぱり怖いです。元子のライバルホステスの山田波子役の仲里依紗さんの演技がスゴかったです。めちゃくちゃ意地悪に見えました。

元子が警察に捕まって走るシーンは、この撮影時は武井咲さんは妊娠してたのかどうか気になってしまいました。もしガチ妊娠してたならあんな走って大丈夫なのかなと心配になりました。役とプライベートの妊娠が一緒になるのもなかなかの奇跡だと思います。

ギリギリのどん底まで追い込まれた元子に、安島は何を渡したのか気になります。そうとうな切り札を手に入れたのはわかりますが、あんな痛い目にあったのに、わざわざルダンを見に行くシーンは執着がエグくてひきました。

元子が地獄へと落ちて行くカウントダウンがはじまった

ついに元子が地獄へと落ちていくカウントダウンがはじまってしまった第7話。村井と波子が手を組み、元子の全てともいえるカルネを奪い取ろうとしますが、元子はどんな手を使ってでもカルネを手放すわけにはいかないと、最後の頼みの綱…安島に助けを求める。

しかし、それと同時に元子は安島との子供を妊娠していることが判明するが、安島に言えないまま階段から落ち病院へ搬送されるが流産してしまう。いつも強気で1番を目指していた元子だが、ついに元子も自業自得…と自分で感じてしまっていた。

長谷川会長から元子にもう会うなと叱られた安島だったが、やはり元子が心配だったのか病院からの電話で元子の元へかけつけてしまうのであった。

そこで安島は、ある1枚の封筒を元子へと渡しこれ以上は協力できないと言いその場をあとにしてしまったが、どうやらこの封筒の中身が長谷川会長への切り札になるらしい。元子はカルネを取られなくても済むのか、それとも銀座から出ていかなければならなくなるのか。最終回が見逃せない。

さすが銀座のホステス着物好きには楽しみ

何といってもこの回は主役の元子役の武井咲さんの妊娠。実際でも妊娠してる彼女につい見入ってしまったのでした。毎回黒革の手帳を見ていて注目するのは、銀座のクラブのゴージャスなインテリアや雰囲気です。

行ったこともなければ、これからも行くことは無いのですが、こんなクラブに一流の芸能人やスポーツ選手が出入りしているんだな~と思います。武井咲さんが着ている着物も派手派手しいものではありませんが、さすが銀座のホステスが着るのは違うなぁと思う上等なものばかりで、着物好きには楽しみです。

それにしてもきっちりと着物を着るのは苦しいものですが、妊娠している身であの着こなし。銀座で札束の波を乗り越えていく女性の雰囲気を公私ともにやっているような武井咲さんの凄さをあらためて感じます。

1人で闘うには心もとない

武井咲さんの周辺の雲行きが、だんだんあやしくなってきている感じはしていましたが、いよいよ行き詰まってきたなと思います。唯一、頼れる江口洋介さんは、江口のりこさんとの結婚の準備を進めているし、議員に当選したばかりで、スキャンダルもまずいし、銀座で一番若いママの武井咲さんが1人で闘うのは、いかにも心もとない気がします。

伊東四朗さんが、あちこちに手を回しているので、一旦はお店を買うのは諦めて、今のお店を守ることに専念しても良かったのかなとも思います。

せっかく授かった赤ちゃんを流産せずに産めていれば、少しは違う選択をしたのではないかと思いますが、江口洋介さんには、とうとう伝えられないまま、それでも伊東四朗さんに立ち向かえる材料を提供してくれたので、また前を向いて頑張っていってほしいです。

どうしても応援したくなる元子

今回は元子がしっぺ返しに合う感じだったので、どんなことになるのか楽しみでした。黙って言いなりになる元子じゃないので、どうにか覆そうとしますが、やっぱり長谷川の力が強すぎて中々うまくいかないのがもどかしかったです。

元子も汚ないやり方でお金を集めてるのですが、ついつい応援してしまいます。カルネで出てやり合うシーンは、つい元子の気分になって、悔しくなりました。妊娠がわかった時、それも利用するのかと思ったら、それはしなかったので、意外でした。

不慮の事故で赤ちゃんが死んでしまった時も、涙したのに、やっぱり人の心はあるんだなと安心しました。幼少時代に苦労したからこそ、今の元子なんですもんね。

最後に安島にもらった、最後の切り札がなんなのか気になります。

次回どうなる?ルダンのママ!

ルダンを購入する予定がカルネまで取られそうになった原口元子元銀行員2人が起こる理由も当たり前原口元子本人も言っていたが、自業自得でも私はこういうアクションを起こすようなドラマは大好きで毎週楽しみに待っている!

美容院の店長にまで裏切られ、精神ズタズタになった時やっぱり最後に助けてくれるのは衆議院議員!顔は好きじゃないけど(笑)会長に原口元子とは会うなと約束していても会う勇気はすごく大好き。尊敬。

ほっとけないんだなーと思う。次回放送がすごく楽しみ。『ルダンのママになります』ってセリフがおもしろい本当にそうなるのか会長の秘密のなにかを衆議院議員からもらったのかなにを渡してくれたのかすごく気になる!

黒革の手帖相関図キャッスト役柄

黒革の手帖1話のあらすじ
黒革の手帖2話のあらすじ
黒革の手帖3話のあらすじ
黒革の手帖4話のあらすじ
黒革の手帖5話のあらすじ
黒革の手帖6話のあらすじ

黒革の手帖最終回のあらすじ

黒革の手帖を無料で見る方法は?

それはu-nextという動画配信会社を利用することです。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で動画が見れます。

しかし、残念ながら、黒革の手帖は見放題に入っていないのでポイントを購入しないと見れないのですが、いまなら、なんとこのお試しキャンペーンに600ポイントついてします。

そして、黒革の手帖を見るのに324ポイントなので、この600ポイントをつかば、無料で見れちゃいます。

もちろん解約も簡単なので、登録して、黒革の手帖を見た後は、31日以内に解約してしまえば1円もかかりません。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

そしてなんと、u-nextは12万作品もあります。

その他にも雑誌までよめるので、ぜひ、この機会に無料お試しキャンペーンを利用されてみては、どうですか?

このキャンペーンはいつ終わるかわかりません。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-黒革の手帖

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.