隣の家族は青く見える 動画

ドラマ隣の家族は青く見える妊活女性男性五十嵐奈々大器夫婦!

投稿日:

ドラマ[隣の家族は青く見える]妊活治療女性男性五十嵐奈々(深田 恭子)五十嵐大器(松山 ケンイチ )夫婦!

妊活は根気と周囲の協力

赤ちゃんが欲しいと強く願っている夫婦、特に女性には精神的に辛い場面がたくさん訪れると思います。

他人の子供や特に身内の自分より若い子の妊娠報告は心を痛めることも多々あるよなと思います。簡単に妊娠できている状況や、自分にはなぜというような疑問、時には責めてしまうこともあると思います。

何かをしたからとかしなかったからとかではなく、本当に神秘的なことなんだと思います。このドラマを見ていると妊活をしていなくても、深キョン夫婦の気持ちがわかるし、その素直な気持ちがわかりやすく描かれていると思います。

自分にも直面することかもしれないし、しなかったとしても、このドラマを通して周囲の協力や接し方がどれほど重要なものかがわかります。夫の接し方がとても素晴らしくて、泣けます。理解を深めるにはとてもいい内容です。

不妊治療に対する周りの見解

このドラマは今までにあまりなかった、不妊治療をテーマにかなり直接的な形で視聴者に訴えかけをしていると思います。ただ実際のところ、現在不妊治療を受けているカップルは非常に増えており、不妊治療を受けている本人や周りの意識はこのドラマで表現しているほどおおごとではないように思えます。

今では長年子供ができないからというだけでなく、早いタイミングで子供が欲しい、産み分けをしたいなど、さまざまな理由でクリニックに通う方も多いので、このドラマを見て実際に不妊治療をしている人たちが、自分たちのやっていることが普通ではないことなのかと思いかねないかと思います。

このドラマは今実際に取り組んでいる方々への応援の意味も込めているかと思うのでとてもいいドラマかと思いますが、不妊治療をもっと身近なものだと感じてもらえるようにもう少しポップに描写できるとなお良いと思いました。

それそれの価値観・それぞれの幸せの形

私の友達にも、妊活をしていた子がいます。夫婦そろって検査をし不妊治療もしていましたが、排卵誘発剤等で体調を崩し、すごくやせてしまいました。結局、子どもを授かることよりも彼女の体調を優先し、治療を中止しました。

私自身には子どもがいて、子どもを産んだことは本当に良かったと思っていますが、もし子どもがいなくても、それなりに楽しい人生は送れるとも思っています。

この「隣の家族は青く見える」では、バラエティに富んだ家族の暮らしを描いていますが、子どものあるなし・セクシュアリティなどいろいろな価値観の人がいて、それぞれの想い・幸せの形を見せてくれます。

奈々(深田恭子)・大器(松山ケンイチ)夫婦のように、2人ともが子どもを欲しいと思い、その都度きちんと話し合い、協力して不妊治療をするのならば、他人は口をはさむことはできないと思います。

周りの方のサポートが大事だと思いました

このドラマを見ていていい意味で「どこの家庭でも同じなんだな」ということを思いました。どうしても妊活は孤独に感じやすいので「自分だけ」と思ってしまう部分がありましたし、妊活をしていて誰にも相談できずにいたので、正直心がやんでしまうこともありましたし、このドラマを見たことで自分でも安心感がありましたし、すべてが分かることばかりでみんな同じなんだなと共感を持つことができました。

妊活は改めて周りのサポートが重要なんだなと感じるドラマでした。特にリセットしてしまった後にはかなり身体的にも精神的にも傷ついてしまっているので周りの方からの優しい言葉だったりが救いになるなと感じました。このドラマのおかげで自分自身も成長できると思います。

もし自分が妊活しなければならなくなったら

今まで婚姻歴もなく子を持ったこともないので妊活とは全く関係なく過ごしてきました。

それだけに妊活とはどういうものか、もしそういう状況になったらどういう心境になるのかはまるでわかりません。

このドラマを見て初めて妊活とはこういう検査をしてこういう手順で行いこういう指導をされるのかということを初めて知り勉強になりました。

子供ができたら嬉しい、できなくてもそれは仕方ないと夫婦がお互いそう割り切れるなら妊活も気持ち的には楽だとは思いますが、どうしても欲しくてたまらないとなるとプレッシャーも半端ではないでしょうし、いつか妊活ができなくなり子を持つ事ができなくなれば落胆は半端ではないと想像します。

ドラマを見ていて妊活は色々本当に大変だなと感じましたがその中で特に、妊娠する可能性が高い日に行為を行わなければいけない点でした。

妊活を気にしなければ気持ちが乗った時に行えばいいので行為自体も楽しめますが、この日にしなければいけないと前々から決まっていて義務的なものになればプレッシャーもかかりますし心の底から行為を楽しめないと思いました。

そう考えるともし自分がいつか妊活をしなければいけなくなった時がきたら、想像するよりも遥に心理的にも肉体的にも負担が多くてしんどい思いをするだろうなと思いました。

妊活の経験がない人には、妊活を学べるドラマになっています

ドラマ「隣の家族は青く見える」では、主人公である五十嵐奈々(深田恭子)と五十嵐大器(松山ケンイチ)夫婦が妊活に奮闘する様子が描かれていますが、その中で奈々が生理がきてしまって落ち込んだり、義理の妹が先に自然妊娠してそれを素直に喜べないことを悩んでいたりと、リアリティがありすぎて逆に妊活中の女性が視聴したらつらい気持ちになってしまうドラマなのではないかと思います。

逆に妊活の経験がない視聴者が見ると、妊活中のカップルが直面する妊活にかかる費用の問題や妊活中の人がどんな言葉やシチュエーションで傷付いてしまうのかが分かるので、自分がそういう人たちを傷つけていないかチェックできるドラマにもなっていると思います。

夫婦2人で協力すべき!

私は幸い結婚してからすぐに子供を授かる事ができましたが周りには中々妊娠できずに妊活をしている方が多くいらっしゃいますのでこのテーマをドラマにしたのは妊活中の方や今まで妊活についてよく知らなかった方はもちろんこれから結婚する方やそのご家族にもぜひ観てほしいと思います。私も妊娠出産を経験しているにも関わらずドラマを観て初めて知る事がたくさんありました。

ドラマでも描かれていましたが妊活は最初はどうしても夫婦間で温度差がありそれが原因で夫婦仲が険悪になることもあります。不妊の原因の半分が男性にあるというのを知らずに奥さんばかりを責めたり、奥さんの気持ちを深く考えずに「そんな事しなくてもすぐ子供できるよ」と言ってしまい、奥さんの機嫌を損ねてしまう。

また両親から早く孫が見たいと見えないプレッシャーをかけられ奥さんは本当に肩身の狭い思いをされると思います。費用面もまだまだかかりますしこのままではますます少子化に拍車がかかると思うので、このドラマで少しでも正しい知識か広まれば何か小さな事でも変わるのではないかと思います。

不妊治療の選択の難しさ

奈々と大器の夫婦は妊活のステップアップしようとしますが、奈々の母親に不妊治療の反対されてしまいます。自然に妊娠することが妊娠を望む人にとっては一番最適な事です。

でも、そうじゃない人もいて人工授精や体外受精等でしか授かれない人もいます。絶対に子供が欲しい思いで妊活に突き進む人もいれば、子供は欲しいけれど自分の家族や周りの人のいろいろな意見も気になる人もいると思います。単純なものではなく、さまざまなことを考えて取り組まなければならない問題なんだなと改めて不妊治療の難しさを感じます。

奈々のお母さんが奈々の体のことを心配する気持ちも分かりますし、奈々の複雑な気持ちも両方分かり本当に苦しい選択だなと思いました。

妊活をしていますという必要はあるのかなと思う

コーポレートハウスに住む住人や実の親に妊活をしています。と打ち明けるシーンが多いなと感じています。

奈々のお母さんのように妊娠は自然にするものであって、出来ればいいできなければ仕方がないものであるのでわざわざ妊活なんてする必要なんてないと思う人もいると思うので、実の親でも言わなくていいし他人ならもっという必要がないのかなとドラマを見ていて思いました。

小宮山さんの奥さんのように周りに噂好きな人がいれば、あの家族は妊活をしていて、毎晩いちゃいちゃしてるなど勝手な妄想を膨らましてご近所に言われてしまうのもどうなのかなと思います。

どうしても子供が欲しいと思うなら妊活するのはありだと思うので、妊活自体は反対ではありませんが、いちいち公言する必要はないなとドラマを見ていて思いました。

ドラマを見て思った妊活に対する見解

隣の家族は青く見えるの五十嵐夫婦の一つのテーマになっているのが妊活なのですが、正直なかなか恵まれない人がこれ程苦労しているものだとは思いもしませんでした。今や子供が欲しいからさあ作ろうではないのですね。

これだけ苦労して妊活をするのだから出来た時の喜びは格別でしょうね。時間をかけて、お金をかけて、悩んで苦しんで妊活をするのだから苦労している人達に子宝が恵まれて欲しいなと素直に思います。こんなときいつも苦しいのは女性で何も出来ない男性とのギャップがこのドラマでも上手く描かれていると思います。

だからもっと男性が女性に寄り添いケアしていくべきだと思いましたね。妊活も共同作業であり女性だけのものではないのだから。ドラマを見てまた強く思いました。
⇓   ⇓   ⇓
隣の家族1話あらすじ
隣の家族2話あらすじ
隣の家族3話あらすじ
隣の家族4話あらすじ
隣の家族5話あらすじ

ドラマ「隣の家族は青く見える」はどこで見れるの?AD

ドラマ「隣の家族は青く見える」はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

この他にも
ラブホの上野さん(2017年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓
コードブルー3最終回の超絶あらすじ
[br num="1"]



しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

ドラマ「隣の家族は青く見える」を全話無料で視聴する!

⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-隣の家族は青く見える 動画

Copyright© 【2019年】VOD動画配信サービス比較【動画配信 どこがいい】 , 2019 All Rights Reserved.