さくらの親子丼

さくらの親子丼ドラマ動画7話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「さくらの親子丼」の動画7話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドラマ「さくらの親子丼」7話の動画は見つかりませんでした。

ドラマ「さくらの親子丼」はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「さくらの親子丼」7話は放送時間変更の可能性があるので録画には注意してください。

ドラマ「さくらの親子丼」7話は日本代表野球の試合の為になんと2時間も遅れて1時40分から開始しました。

ドラマ「さくらの親子丼」の相関図キャスト


九十九さくら(真矢ミキ)古本屋店主
九十九恭子(本仮屋ユイカ)さくらの娘
九十九悠平(大地伸永)17歳で亡くなったさくらの息子
二宮あざみ(吉本実憂)1歳のときに母親から捨てられた
正木リエ(柳美稀)あざみの友人
中西俊太(塚田僚一)(A.B.C-Z)亡くなった息子の親友
君塚達也(今井悠貴)九十九堂にたまってる
君塚美香(伊丹彩華)達也の妹
玉置玄(矢野浩二)九十九堂にたまってる、絵が得意
佐伯風花(浅川梨奈)九十九堂にたまってる
大将(河野洋一郎)さくらの行きつけの大穴屋の大将
米松キミ子(飯沼千恵子)
米松カヨ子(斎藤めぐみ)

ドラマ「さくらの親子丼」7話のあらすじ・ネタバレ


最近、さくらの親子丼のリクエストがなくなっていた。えっ、6話ではあんなにインスタ映えすると人気だったのに・・・(笑)

いつも親子丼を提供している“たまりば”では最近、若者たちがピンポン大会に熱中しているようだ。親子丼どころではない様子。あのテーブルでピンポン大会やってるのかな?(笑)

あざみ(吉本実憂)は盛り上がるようすを興味なさそうな退屈な目で眺めていた。

やはり今回もSNSがきっかけになるよう。ピンポン大会の情報をSNSで見た少年・東海林直晃(沖門和玖)が九十九堂に興味を持ち、親子丼を食べにやって来た。

最近めっきりリクエストされなくなってしまった親子丼作りを張り切るさくら。

実は直晃は自宅で引きこもり状態だった。最近ではそれがどんどん悪化し、母・美春(中島ひろ子)に暴力までふるうように。そんな直晃がなぜ突然・・・?

もうこれ以上一緒に暮らすことはできないと、途方に暮れた美春はインターネットで見つけた自立支援施設に相談し、嫌がる直晃を自宅からだし、半ば強制的に施設に入れてしまう。

えぇ・・・インターネットで調べた施設って大丈夫?子供をいれるんだったら下調べしに行ってくれ~

恭子(本仮屋ユイカ)の編集部でも、自立支援施設の話は話題にあがっていた。

「親に代わって引きこもりの子どもを自立させる」というビジネスが増えている昨今の世の中。えぇっそんなビジネスがあるんだ・・・国の施設とかではなくて企業の施設なのか・・・。

そんな施設の中には高額な料金を取りながらろくに教育をしない悪徳企業があるのだそう。人の弱みに付け込んだ企業、許せないね~。

ジャーナリストである恭子は取材に訪れる。その施設ではトレーナーの指示の元、厳しいトレーニングに耐える直晃の姿があった。

ん?しっかりした施設なのかな?なんだか戸●ヨットスクールを思い出すな・・・。

数日後、さくらの元に再び直晃が親子丼を食べに来る。

むさぼるように親子丼を食べたあとも、どこか帰りたがらない様子の直晃。

普通の食べ方じゃなさそう。さくら、気づいてー!!

しかしさくらはそれに気づかず、直晃を帰してしまった・・・。心配すぎる。

帰り際、彼とすれ違いに恭子が帰ってくる。恭子から直晃のようすや施設の厳しい対応を聞いたさくらは、直晃を帰したことを後悔する。

翌日、さくらは恭子とともにその施設に乗り込んだ!直晃は果たして無事なのか!?次回予告映像で流れていた「さくらが逮捕!?」というのも気になる・・・。

ドラマ「さくらの親子丼」7話の見どころ期待

引きこもりをどう受け止めるか?彼を救う言葉と描写が見どころ

引きこもり生活を過ごしてきた男性、直晃が、暴力を振るうため、自立支援施設に無理矢理入れられたと知り、さくらが引きこもりの男性にどう受け止めて、どんな心の寄り添い方をするのかが見どころになってくると思います。

直晃は心の居場所を求めて九十九里堂へ来ているので、さくらに自立支援施設に行きたくない理由など、引きこもりになった原因などを話して、心の毒を吐き出して、さくらという存在に心救われて、引きこもりから抜け出し、新しい世界に出る一歩を自立支援施設に入るきっかけとなる言葉をさくらから貰い、立ち直るのではないかと予想します。

さくらが引きこもりの直晃にかける言葉、引きこもりという難題を彼の立場になって考えて、彼の将来も考えたうえでのメッセージが見どころになってくると思います。

さくらさんの為に立ち上がる子供達

次回の見所は母親の心の問題だと思いました。引きこもりの青年を施設に預けてしまう母親の美春が問題になりそうです。

さくらさんのような温かい人になりたい、そう思っているができない母親はきっと自分を責めてそして人恨み全部悪いことは人のせいにする、そして大切な子供を壊してしまう。

次回は今までさくらさんからもらった優しさをみんなで返しさくらさんを救います。その状況をみた母親美春の心がどのように変わっていくのだろうか?

自分が子供に向き合うことをやめていたことに気がつくだろうか?そのあたりがとても楽しみです。

さくらさんの為にみんなが立ち上がるシーンはきっと感動すると思います。

そして、さくらさんの気持ちが九十九堂にあつまる子供達にちゃんと伝わっていることにとても嬉しく思います。

さくらさんが誘拐?そしてアザミが遂に家を出る?

さくらさんが誘拐?というところで6話が終わりました。一体どういう事なのかこれまでの流れからは予測する事がとても難しいですが。

もしかしたら何か事件に巻き込まれてしまうのかもしれません。。それでもさくらさんを助けようと皆で力を合わせて立ち向かい、更に絆が深まる展開になるような気がします。

そして、一家心中をしようとして、海に飛び込んだ時の衝撃で、記憶を無くしてしまったけど、生きていたつよしの母の記憶が戻った?!

つよしの母の記憶が戻り、母と息子としての二人暮らしが始まっていくけれど、失った時間を取り戻す事の難しさがあるのかもしれません。

アザミとさくらさんの娘が抱き合っているシーンもとても印象的で、もしかしたらアザミは、さくらさんの家を出て、母親と一緒に暮らし始める!という大きな展開をむかえるような気がします。

トラブルに巻き込まれるさくら

第7話は、引きこもりの少年が家を抜け出してさくらのもとに親子丼を食べにきた。

その少年は、家では引きこもり親に暴力を奮っていた為、困り果てた母親が自立支援施設に強制的に入所させてしまう。

その頃、さくらの娘でジャーナリストの恭子は、自立支援施設には悪徳な業者も存在する情報を知り、取材に訪れた施設にこの前さくらのもとに来た少年がいた。

その後、施設にいるはずの少年がまた親子丼を食べに訪れ、異変を感じながらも少年を帰してしまった。

気になったさくらは恭子と乗り込んだ施設でトラブルになり、さくらの行動に怒った少年の母親と施設側の策略で、少年を誘拐したとさくらは警察に捕まってしまう。

さくらはどうなってしまうのか?

さくら不在の九十九堂に、今までさくらにお世話になった人たちが集結するので、どうやってさくらを助けるのか見どころです。

さくらさんは自分を出そうとしない直晃を救うことができるか?

スゴいです。なんでも金儲けの材料にされてしまうのですね。

不登校や引きこもりの子供達を集めて、スパルタ指導で改善させよう。だなんて施設が未だに存在することに驚かされました。

以前、この様な施設が問題になったことがありましたが、それでも後を絶たないと言うことは、それだけ需要が多いと言うことなのでしょう。

親は、何とかしようとして色々ためしてみたものの、結局どうすることもできなかったから最後にそこを利用したのだろうと想像できます。

さくらさんは、これまで様々な問題を抱える人達に対して、何らかの力になってきましたが、これまでは不満を外に出し自らアクションを起こしている人達ばかりでした。

自分の殻に閉じこもってしまう引きこりは、これまでの人達とは違うと思います。それでも、さくらさんはそんな直晃を救うことができるのでしょうか。

さくらが逮捕!?九十九堂はどうなる!?

九十九堂で行う卓球大会の情報をインターネットで見かけた少年・直晃が親子丼を食べにやって来ました。

自宅では引きこもり直晃に対し母親は自立支援施設に相談し、強制的に直晃を施設に入れてしまいます。

その直晃をめぐりなんとさくらが警察に逮捕されてしまうという驚きの予告が!

九十九堂に集まる少年たちが、九十九親子からの愛情を感じ始めているあざみがさくらを助けるためにどんな行動に出るのか?

直晃とその母親の関係はどう変わるのか?

今後警察の指導が入る事になりそうな九十九堂は行き場のない少年少女たちの居場所であり続けられるのか?

九十九堂の親子丼を失った時に少年少女たちがまた非行に走るのか?それとも成長して前に進んでいけるのか?

さくらの今までしてきた行為がどんな形になるのか気になるところです。

ドラマ「さくらの親子丼」7話の見どころ感想気になったこと

引きこもりの少年を救いだそうとするさくら

引きこもりの少年直晃は無口でほとんど喋りませんが、そんな直晃の気持ちを理解し、なんとか救いだそうとするさくらの優しさに胸を打たれました。

さくらは人の痛みに寄り添える優しい女性です。さくらの優しさや温かさのこもった親子丼に魅了されて、直晃も九十九堂にやってくるようになったのでしょう。

躾と称して体罰を与えている自立支援施設のひどいやり方には腹が立ちました。あざみが直晃の母に掛け合ったことでさくらが無事に釈放されたのは良かったのですが、あの施設はその後どうなったのか少し気になりました。

他の子供達のためにも恭子にはぜひ施設の内情を告発して欲しかったです。いじめられた辛さを吐き出せず孤独を深める子供と我が子に過剰な期待を寄せ、子供の可能性を押し潰してしまう母親。

歪んだ母子の関係性について深く考えさせられた第7話でした。

イジメと引きこもり問題

第7話は、引きこもりの少年の話でしたが、イジメられている子供を弱いと言ってしまう親は絶対ダメだと思います。

現実でもイジメで自殺をしてしまう子供が後を絶たない中、子供の頃は学校が世界の全部のように感じてしまうので、死ぬことを選ぶなら引きこもりを優先して欲しいです。

かといって子供が引きこもった後、家族はどうやって自立を促していけば良いのか?

自立支援施設も、このドラマのような悪徳だと意味がないので、難しい問題で無責任に発言してはいけないなと思いました。

警察に捕まったさくらさんを説得するあざみは見どころです。普段は感情を出さないあざみが、さくらさんに対する思いがよくわかるシーンです。

今までさくらさんにお世話になったあざみが、やっと少し恩返しが出来たのも良かったです。

あざみの成長が眩しい

見どころはやはりラスト近くであざみが直晃の母親に、さくらを返してほしいと直訴したシーンだと思います。

さくらがしてきたことをあざみがしっかり引き継いで、さくらがかけたであろう言葉を母親に投げかけている姿に、あざみの成長を感じました。

またそれを受けて、ハグしながらありがとうと伝える恭子も良かったです。あざみ、さくら、恭子が悲しくて痛ましい事件を糧にして疑似家族のような存在になっていることが、素晴らしいと思いました。

現実世界ではなかなかないことだと思いますが、血縁関係でない人のつながりの可能性をフィクションでも見せてくれたことがうれしいです。

次回はもう最終回ですが、今のあざみなら実の母親と対峙しても大丈夫だろうと思います。

子供の心は親が気付くべき

少年は、親子でマンツーマンでしてきた卓球でしたが、イジメにあい、引きこもり生活になってしまいました。

そんな時、さくらさんのもとに親子丼を食べにきました。

さくらさんは、子供の心が読める人です。

少年の母親は、完全にエゴに見えてしまいました。

子供の心は、繊細で壊れやすいので、生きてるのが、苦痛だったと思います。

精神的に強くない年齢なので、親が気付いてくれないといけませんね。

さくらさんは、未成年者を囲まったとして、警察に連行されてしまいました。

母親に駆け寄った、あざみが、いつの間にか逞しく見えました。

あざみは、さくらさんは、そんな人じゃないと完全に信用してます。

あざみの言葉が、母親の心を動かしたと思います。

恭子の心情と言動の切なさ

今回は、恭子の言動に心を打たれることが多かったです。

まず、直晃を助けたくて直晃の母に会いに行ったとき、編集者としてはもちろん、一人の人間として、直晃を救いだしてほしいと思っているであろう恭子の気持ちが痛いほど伝わってきました。

また、さくらが逮捕された際は、本当は誰よりも心配で誰よりも動揺していたはずなのに、それを他の皆には見せずに心配を掛けないようにしていたところは、見ているこちらも苦しい気持ちになりました。

それでも、行動を起こしたあざみにお礼を言ったり、帰って来たさくらに親子丼を食べさせてあげるところでは、恭子の素直な感情が出ていたように思えました。

そんな恭子が最後、あざみの母親の情報を見つけてしまったところは、それこそ動揺が見られて、ドキッとしました。

果てしなく大きな愛情

今回は、いじめで引きこもっているナオアキをさくらが助けます。母親が依頼したひきこもり施設で、暴言や暴力を受け、ほぼ監禁されていたナオアキ。そんなナオアキがさくらの元を訪れたことが縁で、さくらが助けることになります。

心や体に傷を負ったナオアキを、自分のこどものように助けようとするさくらの愛情は、誰にでも平等で果てしなく大きく感じます。

自分を犠牲にしてまで傷を受けた子どもだけでなく、母親までも救おうとする姿は、わたしには真似できそうにありません。

暴力や暴言にも愛情が感じられないと、受けた相手にとっては、なにも響かず、ただの苦痛でしかない。

さくらの言葉には愛情があるから、相手の心にきちんと届く。

さくらのように、愛情をもって接する人間に、そういう人でありたいとつくづく感じる内容でした。

母の溺愛は方向を間違えば子供は不良にもヤクザにも成る

東海林直晃は母親に反抗家に閉じこもり母親に反抗していた。さくらと娘・恭子は直晃の居る「ハートスクール」の指導を見に行く、直晃は2人の前で倒れる。教官が来て、叱咤しながら引きずり連れて行く。

さくら親子は親子丼を食べに来た直晃を迎えに来た「ハートスクール」の職員に渡さなかった。

直晃の母・美晴は警察に電話、直晃を誘拐したと言う件でさくらが逮捕されてしまった。

あざみはさくらが解放される様に美晴に逮捕取り下げを頼みに行く。取り上げしないと言う美晴に九十九堂に忘れたラケットを置いてくる。

美晴はラケットを見ながら直晃が卓球で優勝した頃の事を思い出し、逮捕取り下げをする。美晴の間違った考えで、子供は曲がった方向に進んでしまう事を教えていたと思う。

母の溺愛は方向を間違えば子供は不良にもヤクザにも成る、ただ素直な息子で有ったので大事に成らなかった例だったと思う。
⇓   ⇓   ⇓
さくら1話あらすじ
さくら2話あらすじ
さくら3話あらすじ
さくら4話あらすじ
さくら5話あらすじ
さくら6話あらすじ

さくら8話最終回あらすじ

ドラマ「さくらの親子丼」はどこで見れるの?AD

さくらの親子丼はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、ただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

FODではさくらの親子丼の他にも

警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)
救命病棟24時シリーズ3(2018年5月31日23時59分)

なども見れます。

そして、雑誌も見放題

しかも、いまならYAHOO IDで登録すると31日間無料で視聴できます。

しかし、このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、お早めに。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-さくらの親子丼

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.