さくらの親子丼

さくらの親子丼ドラマ動画3話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

「さくらの親子丼」動画3話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトでは「さくらの親子丼」3話の動画は見つかりませんでした。

さくらの親子丼はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

さくらの親子丼の相関図キャスト


九十九さくら(真矢ミキ)古本屋店主
九十九恭子(本仮屋ユイカ)さくらの娘
九十九悠平(大地伸永)17歳で亡くなったさくらの息子
二宮あざみ(吉本実憂)1歳のときに母親から捨てられた
正木リエ(柳美稀)あざみの友人
中西俊太(塚田僚一)(A.B.C-Z)亡くなった息子の親友
君塚達也(今井悠貴)九十九堂にたまってる
君塚美香(伊丹彩華)達也の妹
玉置玄(矢野浩二)九十九堂にたまってる、絵が得意
佐伯風花(浅川梨奈)九十九堂にたまってる
大将(河野洋一郎)さくらの行きつけの大穴屋の大将
米松キミ子(飯沼千恵子)
米松カヨ子(斎藤めぐみ)

さくらの親子丼第3話のあらすじネタバレ


実家の九十九堂を離れ、今は雑誌の編集者として働いているさくら(真矢ミキ)の娘・恭子(本仮屋ユイカ)。

そして、いまは過去に未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていた。

加害者の少女は少年院に一年入り、出所した後は、また以前とかわらずになにも考えずに遊びまわっている。

そして被害者の少女は人違いでリンチされた挙句、脳挫傷で今も意識が戻らず入院中だった。

どうしても、それに納得がいかない恭子。

その加害者はリエ(柳美稀)で、恭子はリエと不良グループの非行現場を目撃していた。

そしてその現場には、さくらの家に居候しているあざみ(吉本実憂)の姿もあった。

恭子は兄の法事について相談するために、久しぶりに九十九堂を訪れる。

恭子は行き場のない人にたまりばという場所を作り、親子丼を食べさせるというさくらの行動にいまだに否定的だった。

そのたまりばで偶然あざみを見つけた恭子は、リエの連絡先を問い詰める。

さくらはその様子を見て気が気ではない。

ある日、たまりばで小学生3人が、担任の先生に腕や足をつねられたとさくらに青あざを見せていた。

担任の御代川由希(大西礼芳)は過食嘔吐


するとその場に、担任の御代川由希(大西礼芳)が現れる。

由希は落ちこぼれや登校拒否の子たちを受け入れるさくらを非難し、3人を連れて帰っていった。

しかし後日、そんな由希が「親子丼を食べさせてほしい」と再びたまりばにやってくる。

髪をばっさり短くし、雰囲気が変わった由希。

黙々と親子丼を口につめ込む様子を見たさくらは、ある違和感を覚えた。

それは、有希は過食嘔吐だったのだ、母親からの小さいことからの、プレーシャーをごまかすために由希は過食嘔吐になっていた。

そして、3話の終わりで由希の母親が訪ねてきた、4話で由希は母親の呪縛から逃れられるか?

さくらの親子丼3話の見どころ期待

それぞれの人生と生き方考え


実家を離れ、雑誌編集者として働いているさくら(真矢ミキ)の娘、恭子(本仮屋ユイカ)は、未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていました。

加害者の少女は少年院に一年入りましたが、被害者の少女が人違いでリンチされた挙げ句に、脳挫傷で今も意識不明であるにもかかわらず、反省している様子もなく、また遊び回っています。

その加害者はリエ(柳美稀)という少女で、恭子はリエと不良グループの非行現場を目撃し、その現場にあざみ(吉本実憂)の姿もあることを捉えます。

その後、恭子は兄の法事について相談するために、久しぶりに九十九堂を訪れますが、さくらの人々に親子丼を振る舞う行動に理解できないでいました。

そこで偶然あざみを見つけた恭子は、リエの連絡先を問い詰めますが、さくらは心配でたまりません。さらには、担任に虐待されているかもしれない小学生たちも登場して、ますます目が離せない回になりそうです。

2話から3話の落差が異常

第2話は若い未婚のお母さんとその娘の話で、見るに耐えない虐待やネグレクトのシーンが多々あり、センセーショナルだったし、妙にリアリティが出ていて見ているのが辛くなるほどでした。

が、すべて丸くおさまり、二人に明るい未来が待っているのがよくわかったので見応えがあったし、見るに耐えなかった分、とても幸せな気持ちにもなりました。

毎週こんなに重たいテーマなのか、と少々ゾッとしたのですが、次回予告のテーマは「摂食障害」でした。

予告を見てみてびっくりするくらい物足りなさを感じました。先週の虐待はもう少し終盤に持っていった方がよかったかもしれません。

わたしは来週も見るつもりでいますが、来週は視聴率が下がるかなぁ・・・

大きな問題を抱えた教師

たまり場に3人の子供たちが親子丼を食べにやってきた。明るく元気な子供たちだったが、担任の先生からツネられ身体に出来た痣をさくらに見せてきた。

その時子供たちの担任の教師がたまり場に姿をあらわし、途端に子供たちの表情は曇った。

子供たちの担任の教師は、母からのプレッシャーが原因で過食嘔吐を繰り返す摂食障害に悩んでいた。そのストレスから生徒にも虐待行為を行ってしまった。

そんな中、さくらの娘が兄の法事の件で九十九堂を訪れた。帰って来て早々さくらのたまり場の活動が気に入らない娘は、さくらを非難する。

摂食障害を抱えた教師は、さくらと出会ったことで子供たちに対する虐待行為のことや自身の問題とどう向き合っていくのか?

さくらの娘にもさくらの活動を理解してもらえるようになるか見どころです。

古本屋の奥のたまり場の人間模様


第3話は、第2話でたまり場に集まる小学生たちの担任のお話とジャーナリストになったさくらの娘の追っている事件の2本の話が描かれるようです。

予告を見ると、生徒たちにヒステリーと言われて、子供たちをつねる先生も心に深い闇を抱えているように見えます。

気になったのが、子供をつねって、この痛みと一緒に覚えなさいというシーンです。記憶術の中には関連付けによって、自分の頭に刻むことを説いている学術書などもあります。

けれど体にあざが残るほどの痛みを与えることが良いこととは思えないシーンです。

そしてさくらの娘が追っている事件も暴力事件のようす。でその事件に、さくらの家にいるあざみも関連しているようです。

さくらの親子丼がどんな風にここに集まる人の心にしみるのか、3話も見どころ一杯です。

本仮屋さんついに現る

番宣などで主要キャラクターとして紹介されていたのに、本編でなかなか現れなかった本仮屋ユイカさんがついに登場です。

さくらさんの娘の恭子役ですが、親子なのにどうやら確執がありそう…?あざみを匿ってることや親子丼を提供していることを快く思っていないように感じます。

あざみの母親がさくらさんの長男を殺した犯人だと知ったら、親子関係がさらに悪化しそうです。

恭子と俊太の関係性にも注目ですね。

また、第二話の最後に出てきた女教師のエピソードも見どころです。虐待されている子供たちの話から男性教師かと思っていましたが、まさかおとなしそうな女性とは…

第二話のより虐待描写が過激になりそうで心配です。最終的にハッピーエンドになればいいのですが。

ちなみにドラマを見た次の日の我が家のご飯は、親子丼が定番になりました。

恭子の登場と絡みあう人物関係

さくらの娘である恭子がこの回では登場します。そしてまた奇妙なことにたまり場の人物たちとの関係があり話しが進んでいきます。

恭子はライターで、現在あるリンチ事件を調査していて、その事件は少女が人違いでリンチを受けたと言うものです。

恭子はその時間に関係していると思われる人物にあざみがいるということを知っていて、そのあざみと出会います。

事件のことを聞き出そうとする恭子。それを不安な様子で見守るさくら。話が複雑に絡んでいきそうです。

また、別の事件も。担任の先生につねられるなど体罰を受けたという小学生3人がたまり場にきます。

その話を聞いている途中その担任の先生もたまり場に。

考えが対立するさくらと先生の由紀。この話も人の暗い部分が見えて面白そうです。

さくらの親子丼3話の見どころ感想

摂食障害に悩む人の叫びあざみの過去にさくら一家が関係運命

九十九堂に来た摂食障害で過食嘔吐をしている女性の深い心の闇、悩み、絶望しながらも誰かに助けを求めている姿に心が締め付けられ、胸が苦しくなりました。

摂食障害で彼女は今まで母親に支配されてきた人生の鬱憤をはらしているようでしたが、過食嘔吐だけではもう救いきれない、このままじゃ彼女がもっと壊れてしまうという生活を送っている中でさくらが気付き、摂食障害の女性に対する接し方、考え方、これからどう行動するのかが見どころです。

また摂食障害の人が特有に感じている悩みと心理的描写が描かれているのでそこも大きなテーマとなって見どころだと思います。

あざみの友達もリンチ事件に関わっていただなんて、それを担当して調査しているライターがさくらの娘だっていうのも、運命的だなと思いました。

あざみはさくらの息子と娘両方に、母親と友達とのことでどちらも関係しているとは驚き、ますます奥深いドラマになっていきそうで楽しみです。

ストレスが人間をダメにする

今回は、あざみよりも、大西先生が目立っていました。

子供の頃からの、英才教育や過干渉によるストレスが、生徒に当たっているように見えました。

食べては吐出し、また食べては吐く、ストレスが招いた、過食症になってしまいました。

財布からではなく、封筒からお金を支払っていたので、修学旅行の積立金だと思いました。

大西先生は、親の引かれたレールに従っていたので、本当に好きな仕事ではありません。

本当は、イラストレーターがしたかったと思います。

このままではいけないと、自分でも思っているはずです。

大西先生も、さくらさんの親子丼を食べさせてもらいました。

その一方で、あざみは、タクシー運転手をだまして、また悪いことをしてしまいました。

さくらさんの娘は、あざみの存在を気付くと思います。

さくらさんの親子丼で変わる人たち


さくらの親子丼は2話までは、不良の子達や親に捨てられ兄が働き妹を育てている子などが、さくらの親子丼を食べに訪れてました。

でも、今回2話ででてきた先生が3話の話題になる人です。

先生のさくらとの始まりは、先生の生徒の子達が先生につねられる、という事で学校に嘘をつき来ている所を訪れた事から始まりました。

先生は親の英才教育にストレスをかかえ、教師以外はダメだといい、服から、髪型まで決められ、暴食になりその後戻してしまうという病気になり、クラスの修学旅行の積立金も全て食に使ってしまいました。

そして、校長からクラスの親からもクレームがあると言われ誰かにすがるおもいで、さくらさんの所に向かい親子丼を食べらして欲しいといきました。

なので、3話は先生と先生のお母さんとの物語が基本となると思います。

お母さんが少しでも変わって言ってほしいです。

難しい摂食障害の問題

摂食障害に悩む女性教師の話でしたが、彼女が親から体罰を受けて支配されて生きてきて、大人になって壊れないわけないので、彼女が摂食障害を治す場合、親との関係にも向き合わないといけないので難しい問題だと思いました。

彼女が過食嘔吐を繰り返すシーンは、摂食障害がどんなものか怖さを知るいいきっかけだと思うので見どころです。

さくらさんの言った言葉で、人は悲しみの中では生きていけるけど、苦しみの中で生きていけない、という言葉が気になったんですが、私のような薄っぺらい理解力の乏しい人間には言葉の深さや違いがイマイチわかりませんでした。

あざみがまた友達の誘いにのって悪さしてたのが、人はそんな簡単に変われないってことなのかなと思って残念でした。

親子感の距離の取り方

教育ママに育てられ「あなたは学校の先生になるの」と将来までも決められてしまっていたらしんどいだろうなと思いました。

せっかくできた将来の夢も破り捨てられてしまったシーンはとても苦しかったです。

自分が育てられたようにしか生徒に接することができないのは当たり前だろうなと思ったけど、周りに気づける人がいなかったのが残念でなりませんでした。

摂食障害にまでなってしまうなんて、闇は深いのでしょうか。さくらさんは先生の悩みを流石に気付いていたようなので救ってもらいたいです。

教育ママの方も、気持ちに余裕もなさそうだし少し病んでるのかな?と思います。

私もどう距離を取ったらいいかわからなくなる時があるので、親子間の距離って難しいんだなと改めて感じました。

子供は親の所有物ではない

この一週間テレビドラマを見ていて、毒親という言葉を見終わった後、感じたドラマがいくつかありました。

今回もさくらのたまり場にはいろいろな人が来ていて、娘の手掛けている案件も気になる内容ですが。

今週はドクターXまで困った親の影響による内容でしたから、やはり学校の先生の話が一番気になりました。

生徒に厳しいあの先生が抱えていた可食嘔吐。学校の先生のお給料であんなに食べられるのだろうかと思いましたが。

まさか修学旅行費にまで手を出してしまっていたなんてと、哀しくなりました。

彼女が自分の夢に向かって、イラストレーターになれていたら、もしもなれなかったとしても美術の先生をしながら夢をめざしていたら、こんな哀しいことにならなかったのにと思いました。

先生の話は来週も続きます。幸せになれる結末が来るといいなと思います。

過剰な母の教育によって生まれた闇

最初に由希の体罰の話を聞いた後に実際に由希が現れた時には、ただ単に乱暴な人ではない気がしました。

案の定、ストーリーが進むにつれて、過剰な教育をしてきた母との関係や、それによって体罰をしていたことが発覚。

更には、過食嘔吐をしたり学校のお金を使ってしまったりと様々な闇が見えてきて、どんどん可哀想になってきました。

母の思い通りにならないといけなかった幼少期を過ごしてきた由希ですが、こんな生活をしてきていたら、正気でいられるわけがないと感じました。

更には、ストーリー中に、学校側に体罰やお金のことがバレてしまい、これからあまり追い詰められなければ良いなと思うと同時に、さくらがそんな由希をどのように救っていくのか、気になるところです。

大西礼芳は坂口健太郎の婚約者だった


⇓   ⇓   ⇓
さくら1話あらすじ
さくら2話あらすじ

さくら4話あらすじ
さくら5話あらすじ
さくら6話あらすじ
さくら7話あらすじ
さくら8話最終回あらすじ

さくらの親子丼はどこで見れるの?AD

さくらの親子丼はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、ただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

FODではさくらの親子丼の他にも

警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)
救命病棟24時シリーズ3(2018年5月31日23時59分)

なども見れます。

そして、雑誌も見放題

しかも、いまならYAHOO IDで登録すると31日間無料で視聴できます。

しかし、このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、お早めに。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-さくらの親子丼

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.