さくらの親子丼

さくらの親子丼ドラマ動画6話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「さくらの親子丼」の動画6話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドラマ「さくらの親子丼」6話の動画は見つかりませんでした。

ドラマ「さくらの親子丼」はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「さくらの親子丼」の相関図キャスト


九十九さくら(真矢ミキ)古本屋店主
九十九恭子(本仮屋ユイカ)さくらの娘
九十九悠平(大地伸永)17歳で亡くなったさくらの息子
二宮あざみ(吉本実憂)1歳のときに母親から捨てられた
正木リエ(柳美稀)あざみの友人
中西俊太(塚田僚一)(A.B.C-Z)亡くなった息子の親友
君塚達也(今井悠貴)九十九堂にたまってる
君塚美香(伊丹彩華)達也の妹
玉置玄(矢野浩二)九十九堂にたまってる、絵が得意
佐伯風花(浅川梨奈)九十九堂にたまってる
大将(河野洋一郎)さくらの行きつけの大穴屋の大将
米松キミ子(飯沼千恵子)
米松カヨ子(斎藤めぐみ)

ドラマ「さくらの親子丼」の動画6話のメインゲスト

剛志(柾木玲弥)


⇓   ⇓   ⇓
ラブホの上野さん全話あらすじ

柾木玲弥(マサキレイヤ)

生年月日:1995年3月24日 (22歳)
出身地:北海道
身長:172 cm
映画:サムライフ、夏ノ日、君ノ声
ヒラタオフィス所属
身長172cm。

剛志(柾木玲弥)の役

街のチンピラ

有森也実(アリモリナリミ)


生年月日:1967年12月10日 (49歳)
出身地:横浜市
女優
本名同じ
神奈川県横浜市生まれ
スペースクラフト・エンタテインメント所属

有森也実(アリモリナリミ)の役

剛志(柾木玲弥)の母親

ドラマ「さくらの親子丼」の動画6話のあらすじネタバレ

あざみは葛藤の末、さくらに自分の母親が悠平のことを殺したことを切り出した。

突然のあざみの言葉に驚き、どういう態度を撮ったらいいかわからないさくら・・・。

あざみには真実を知られていないと思っていた、さくらにとってかなりの動揺があったと思います・・・。

さくらは打ち明けられたその日から意識的にあざみのことを避けるようになってしまう。

突然、独り立ちしていた恭子が実家の九十九堂に戻ってくることに。

リエの被害者への謝罪の一件から、被害者家族であるさくらが加害者家族・あざみを居候させる心理に興味を持ったのだった。

それをより近くで観察しようというのが恭子の狙い。

この同居を機に、恭子の気持ちも大きく変わってきそうな予感・・・。

恭子はあざみに対してよそよそしくなってしまったさくらに、「母さんらしくない」と言う。

俊太の勤める精肉店のアルバイトに欠員が出たということで、あざみは俊太のもと働くことにする。ついにあざみも社会復帰への一歩を踏み出した!がんばれ、あざみ!

「たまりば」に出入りしている剛志(柾木玲弥)が、珍しくスーツで決めてきた。

なんと剛志はヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されてきたのだった。

それを大役だとのたまう剛志に対し、さくらはだれにでも出す親子丼を提供しなかった。

「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」

さくらの親子丼に対する思いを考えたら、こんなやつに出さないのは当然だよね・・・。

そんな思いなどつゆ知らずの剛志はかたくなに親子丼を出してくれないさくらに苛立ち、九十九堂を後にする。

そして、やくざの鉄砲玉として、他の組の組員をやくざから渡されたピストルで殺しにいく。

そして、いざ標的を打とうとしたとき、一台の車がそこに、割り込んできた。

なんとそれは、警察で、なにかの理由でその、ターゲットのヤクザは連行されてしまった。

運良く、剛志はやくざを殺せなくなった。

剛志の過去

あざみに、さくらは彼の悲しい過去を話した。

剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだそう・・・。

辛すぎる過去だなぁ。いつもは強がっている剛志だけど、本当は孤独を抱えて生きてきたんだね・・・。

剛志のことがしんぱいになったあざみは、翌朝剛志のアパートに行ってみる。

そこには衝撃の事実が・・・!いったい、衝撃の事実とは何なんだろう・・・。

衝撃の事実は、死んだと思っていた剛志の母親が生きていたことだった。

しかい、母親はそのショックで記憶を失ってしまっていた。

そして、残った記憶は小さいこどもの記憶だけだった、もちろん剛志のこともわからない、しかい、剛志はそれでも母親と会えたことが嬉しかった。

剛志は更生して、やくざを辞めて、まじめに働き始めた!!!!

これで、6話はお終い!

ドラマ「さくらの親子丼」の動画6話の見どころ期待

アザミの母親が現れるのか!!!!

6話の予告でアザミの母が生きていた!と言って終わりましたが、生きていたとは思っていたけどまだまだドラマの中盤なのにもう母親が登場するの?という気持ちがあります。

アザミは最近ようやくさくらさんに心を開きはじめ、荒れた生活がだんだん正されてきていて、見ていてカワイイ一面もあるじゃん!って思うようになってきたのにここで母親が登場、接触となるとアザミの心はまたかき乱されてしまうのではないか?どうなってしまうのか?

というハラハラ感があります。さくらさんの娘(恭子)はアザミがあの家に住んでいる事を認めるわけではないけど、少しずつ気持ちに変化が出てきているような気がするので恭子の気持ちの移り変わりも気になります!そしてアザミに恋人できちゃうのかな?

さくらさんもあざみもいっぱいいっぱいの状況

さくらさんがあざみに対してよそよそしい態度を取ってしまうなんて、驚きです。

さくらさんはいつもどーんと構えているようでしたが、さすがに自分の事となるとそうはいかなかったのですね。

おそらく、さくらさん自身があざみを受け入れるのには少しムリしていた部分があったのではないかと思います。だから、平然とはしていられなかったのだと。

意外なのは、そんなさくらさんを恭子が諭したことです。以前の恭子ならすぐにあざみを追い出すように言っていたと思う。

恭子はリエの取材を通して考えが変わったように感じます。

あざみは、さくらさんに自分は悪くない。そんなことは気にせずここにいれば良い。と言って欲しかったのでは?うやむやにするのではなく、正面切って言われることで自分がここにいる理由付けが欲しかったのだと思う。

さくらさんもあざみもいっぱいいっぱいの状況なのですね。

今後のあざみとさくらの関係はどうなる!

あざみにさくらとの因縁関係を知られてしまった事で、今後の2人の関係性がどうなっていってしまうのか大変心配です。

あざみは九十九堂に居候し続ける事が出来るのか、または行き先も無くなり、また不良の道へと染まっていってしまうのか、大変あざみの事が心配になります。

また、あざみ自身もさくらに対して申し訳ない気持ちで一杯なので、余計にさくらの元に居づらいであろうと感じます。

さくらの娘である恭子が、さくらがあざみに対する気持ちを少しずつ理解していく事が出来れば、2人の関係は良い方向に向かっていくのだろうと思います。

第1話の時から、あざみがさくらに対してどんどんと心を許していき、更生の道へと向かって行っているので、あざみには最後までさくらと共に進んでいって貰いたいです。

あざみとさくらのそれぞれの立場における葛藤がはっきりと映し出されそうです

「さくらの親子丼」第6話では、さくらがあざみとどのように向かい合えばよいのかという葛藤に陥りそうです。

さくら自身は避けていたものの潜在的にはやはり存在していた”苦しみ”と再度向かい合うことになるのではないでしょうか。

あざみは働き出すのでしょうが、そこで予期もしなかった運命のいたずらにより、実母と再会することになるのではないかと思います。

母親生きているとわかってしまったがゆえに、あざみの心はさくらと実母の間で揺れ動き、様々な感情が生み出され、もがき苦しみそうな気がします。

最終的にはさくらも我が息子を殺したその母親と対面するという場面が出てきそうですが、おそらく第6話ではまだその女性があざみの母親だとは気付かないのではないでしょうか。

人間の苦しみと悲しみが様々な立場から表現される模様が出てきそうですね。

剛志がスーツで九十九堂にやってきた!

さくらの親子丼の第6話の見どころは、あざみとさくらの関係です。

あざみとの因縁を知ったさくらは、どう接していいかわからなくなり、次第に避けるようになります。

そんな時、娘の恭子が実家に戻ってくることに。さくらがあざみを居候する真意を知り、ジャーナリストとして興味が湧いたのです。

あざみに対してよそよそしく接するさくらを見てお母さんらしくないと意見します。あざみは俊太の精肉店でアルバイトを始めることに。

そして、たまり場に出入りしていた剛志がスーツで九十九堂にやってきました。しかし、さくらは親子丼を作ろうとせず、漠然として九十九堂を去っていきます。

その姿を心配そうにあざみが見守り、剛志に何が怒っているのでしょうか。さくらとあざみはどうなっていくのか注目です。

あざみと距離を置くさくら

第6話は、さくらの息子を刺した犯人があざみの母だということを知ったあざみは、さくらにそのことを打ち明けて以来、さくらはあざみとの接し方がわからなくなり避けるようになってしまう。その姿を見た恭子からもらしくないと指摘される。

あざみが事実を知った上で、さくらに心を開いたのに、さくらから避けられるのはあざみはかなりショックだったと思います。早くさくらがいつものさくらに戻ることを期待します。

そんな中、たまり場に出入りしていた剛志が一家心中の生き残りだという悲しい過去を聞いたあざみが、心配になって剛志の家を訪ねると、そこには意外な人物がいた。

剛志の母らしき人物がいて、興奮したあざみは九十九堂に二人を連れていき、さくらと共に詳しく話を聞くことにした。本当に剛志の母親なのか見どころです。

ドラマ「さくらの親子丼」の動画6話の見どころ期待

本当の思いやりにふれたアザミ

今回の見所はあざみと同じく親に殺されかけた青年剛志と知り合いアザミの心がどのように変化していくのかという所だと思います。

剛志を通して自分が母親とあったときにどんな風になるのかをアザミは見ているのだと思います。

自分を受け入れてくるたさくらの気持ちに少しでも応えたい、そして母親にさくらさんに謝ってほしいと心の中で感じているあざみ。

これからどうしたらいいのか迷い苦しんでいるのでしょう。剛志の母親に出合ってからの変わりように戸惑いそしてきっと自分も母親に会いたいと思ったに違いありません。

でもその心は決して出さないようにしている気がしました。加害者の家族だと人は敵のように思いますが九十九家の人たちは同じ被害者だと感じ守ろうとしている。

これが本当の思いやりなのでしょう。私も胸が痛いです。

大人になった恭子さんも加わり、ますます面白くなりそう

恭子さんの変化に驚かされました。これまでとは全く違っています。取材をし続けてきたリエの一件を見てきたことが、恭子さんを変えたのだと思います。特に、あざみに対してはさくらさんよりもはるかに余裕がある様です。

それはやはり、さくらさんが悠平の母親だからこそ、恭子さんより思いは複雑だということなのでしょう。

あざみはさくらさんのところに自分の居場所を見いだしかけていました。ここでさくらさんにあのような態度を取り続けられたなら、そのままさくらさんのもとにい続けることなどできません。

しかし、あざみにはまださくらさんのような存在が必要です。今ここで、さくらさんのもとを出て行くことになってしまっては、折角ここまで来られたあざみなのに、また元に戻ってしまうかもしれません。

そんな中で、恭子さんが戻ってくれたことは、あざみにとっては救いだったと思います。

これからは、大人になった恭子さんも加わり、ますます面白くなりそうです。

インパクトがあり忘れられない有森也実さんの演技

まさか、剛志のお母さんがあんな風になって戻ってくるなんて。全く想像できませんでしたので、かなり衝撃的でした。

さらに、驚かされたのは、そんな剛志の母を演じていた有森也実さんの演技です。アラフィフながら精神は小学生。

難しい役だったと思います。特に印象的だったのが、ぬいぐるみを抱きながら子守歌を歌い涙を流すシーンです。

あのようの状態になってしまっても、母親として子供達を育てた記憶は心の隅に残っていたのだと感じられました。

その一時、心は子育てしていた時代に戻っていたのだと想像できます。

これまでのようにぬいぐるみを抱いているのですが、記憶がない状態とは明らかに違っていました。

あのシーンは、ほんのワンカットでしたが、とてもインパクトがあり忘れられないシーンでした。

さくらのあざみを思う気持ち

第6話は、さくらさんのあざみに対する愛情がわかる話回でした。

始めに、あざみから事件のことを言われて動揺してあざみを避けるさくらさんがあからさますぎて笑ってしまいました。

その後あざみが怪我をして心配したさくらさんが咄嗟にあざみをビンタしてしまって、言ってることはむちゃくちゃでしたが愛情を感じました。

私が娘だったら嫉妬しちゃうくらいあざみに対しての愛情が深くて、さくらさんの娘さんはそれを理解しているところがよく出来た娘さんだなと思いました。

今回はゲストが気になってしまって、ゲス極のほないこかさんの演技は貴重な姿なので見どころです。

剛志はお母さんが生きてて良かったですが、子供に戻った状態のお母さんを受け入れて、頑張って生きてる姿に元気をもらいました。

さくらとあざみの関係性

今回何よりも気になったのは、さくらとあざみの関係性です。

あざみがどれだけ『ここにいても良いのか?』と聞いても、さくらは答えずに話をはぐらかし、その場から逃げてしまう。

さくらにしては、そんな態度はおかしいなと思っていました。

しかし、やはりどこかで『息子を殺した犯人の家族』という思いが消えないこと、そしてあざみ自身とどう関わったら良いのか分からないだろうと思うと、とても切なかったです。

お互いがお互いと、どう接したら良いのか分からなくなっている中で、ビンタをしたり怒ったりしたところでは、さくらさんの優しさや恐怖感が想像できました。

次回以降、蟠りやよそよそしさがなく、以前通りの二人に戻ったなら良いのにと思っています。

さくらの気持ちに泣かされた6話

あざみの母親がさくらの息子を殺してしまった事実をお互いが知ってしまった事で、あざみとさくらの間で深い溝が出来てしまいました。

あざみに対してどう接して良いか分からなくなり、よそよそしくなってしまったさくらには、少し残念な気持ちになりました。

しかし、最終的にはあざみを自分の子供と同じ様に心配するさくらの気持ちに涙してしまいました。

あざみが居なくなり心配で堪らないさくらの気持ちがとても伝わってきました。帰ってきたあざみの頬を叩いたさくらには、あざみの事を自分の子供の様に心配する親の愛情を感じました。

さくらの愛情を受けて構成の道へと進んでいくあざみに期待しております。このドラマが始まって、最も感動し泣けた第6話でした。

さくらさんはマリア様じゃない

6話の見どころは、なんといってもあのマリア様のようなさくらさんが、少し乱れたところだと思います。

今まではこんないいひといる?!というくらいの人格者だったさくらさんが、やはり自分の家族の問題になると冷静になれず、あざみを避けてしまったり、ビンタしてしまったり、といいひとのままではいられませんでした。

はじめはその様子にびっくりしましたが、次第にさくらさんもただのひとりの女性なんだな、と逆に親近感が湧いてきました。

また、かなり重いテーマを扱っていて、見ていて辛いドラマですが、さくらとあざみが実の母娘以上に結びつきを深めているところが、このドラマの救いだと思います。

恭子と俊太の恋愛?もうまく成就すればいいな、と思います。
⇓   ⇓   ⇓
さくら1話あらすじ
さくら2話あらすじ
さくら3話あらすじ
さくら4話あらすじ
さくら5話あらすじ

さくら7話あらすじ
さくら8話最終回あらすじ

ドラマ「さくらの親子丼」はどこで見れるの?AD

さくらの親子丼はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、ただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

FODではさくらの親子丼の他にも

警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)
救命病棟24時シリーズ3(2018年5月31日23時59分)

なども見れます。

そして、雑誌も見放題
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-さくらの親子丼

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.