さくらの親子丼

さくらの親子丼ドラマ動画5話無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「さくらの親子丼」の動画5話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドラマ「さくらの親子丼」5話の動画は見つかりませんでした。

ドラマ「さくらの親子丼」はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「さくらの親子丼」の相関図キャスト


九十九さくら(真矢ミキ)古本屋店主
九十九恭子(本仮屋ユイカ)さくらの娘
九十九悠平(大地伸永)17歳で亡くなったさくらの息子
二宮あざみ(吉本実憂)1歳のときに母親から捨てられた
正木リエ(柳美稀)あざみの友人
中西俊太(塚田僚一)(A.B.C-Z)亡くなった息子の親友
君塚達也(今井悠貴)九十九堂にたまってる
君塚美香(伊丹彩華)達也の妹
玉置玄(矢野浩二)九十九堂にたまってる、絵が得意
佐伯風花(浅川梨奈)九十九堂にたまってる
大将(河野洋一郎)さくらの行きつけの大穴屋の大将
米松キミ子(飯沼千恵子)
米松カヨ子(斎藤めぐみ)

ドラマ「さくらの親子丼」の動画5話のあらすじネタバレ

恭子は自分が勢いに任せていってしまった「母さんはお兄ちゃんを引きずっていて私のことは見てくれなかった!」という言葉のせいで、さくらが亡き兄の部屋をきれいさっぱり片付けてしまったのだと思い、落ち込む。

長年片付けることができなかったさくらだから、まさか本当に片付けるとは思ってなかったのだろう・・・。

俊太(塚田僚一)は落ち込む恭子を一生懸命慰めるが、うっかり者の俊太はつい口を滑らせ、あざみ(吉本実憂)が悠平を殺した女の子どもだということを恭子に話してしまう。

今回の3話でも、恭子の犯罪者に対しての憎しみの強さがうかがえた。

もちろん加害者が悪いのは当たり前だが、今回も苦しむリエの現状を知らず、被害者側のつらさを全面的に押し出し、さらにリエを追い詰めるつもりだった・・・。

俊太からあざみの正体を聞いた恭子は、「あざみが家に入るのは許せない!」とたまり場にいたさくらに怒鳴り込む。事件当時、赤ちゃんだったあざみには罪がない。

「あざみは悠平が命をかけて守った命」とさくらはいい、恭子にあざみにこのことは絶対言わないよう口止めさせた。

しかしその2人のやりとりを偶然、あざみが聞いてしまっていた・・・。

苦しいなぁ。せっかく居場所を見つけたと思ったのに・・・。

さくらに合わせる顔のないあざみはリエたち不良仲間のもとにいた。リエは被害者少女が植物状態で今もなお意識が戻らないという事実を知ってから自暴自棄になっていた。

自分の体を粗末にするようなことばかり繰り返すリエ。ついにリエは体を壊し、結局九十九堂に行き、さくらに助けを求めるあざみ。

恭子が取材している痛ましい集団リンチ事件の加害者があざみと仲の良いリエだったとそこで初めて知った。

少年院に入って反省して終わり、被害者も今頃は元気にしているだろうと思っていたリエにとって、被害者が今でも寝たきりの状態であることはかなりショックな出来事だった。

自暴自棄になっているリエに、さくらは自分も未成年犯罪の被害者家族であることから自分の気持ちをリエにぶつけた。

リエはその言葉を受けて、どうするのだろうか?

またその言葉は「自分の母が殺したウェイターとその家族は自分を憎んでいて死んでほしいと思っていると思う」と語っていたあざみにどう響くのか?

ついに真実を知ってしまったあざみ。さくらと出会い、いい方向に変わってきたと思った矢先のショッキングな事実。あざみと桜を取り巻く環境もどうなっていくのか目が離せない!

ドラマ「さくらの親子丼」の動画5話の見どころ期待

さくら、あずみ、恭子のそれぞれの関係性

次回は、ついに恭子があざみの母親について知ってしまうようなので、そんなあざみを住まわせていた母親さくらとの関係性が心配です。

第4話の中で、小さい頃から兄の事件から逃れられない心情や、兄の事ばかり想う母親への言葉があったばかりなので、そんな恭子にとって、あざみの存在は、到底受け入れられるものではないと思います。

追い出した方が良いと、さくらを責めるかもしれません。

ただでさえ4話で少し揉めた親子なので、これ以上ヒビが入らないか心配です。

また、どうやらあずみも、その事実を知ってしまうようなので、あずみとさくらの距離も広がってしまうのかなと感じています。

リエの事件を知った事もあるので、リエと再び悪いつるみをしなければ良いなと思います。

加害者達の苦悩と遺族の思いやり

罪を犯してしまった人間が刑務所に入って刑期を終えれば終わったことになるのか?

青少年の犯罪が増えている今みんなが見て考えなくてはならない内容になっていてほしい。

若いからで済まされてはならない。私たち被害者の気持ちは想像できるが加害者の気持ちを考えようとはしない。

何故なら憎むべき人間と思っているからだ。

でもこのドラマは加害者の気持ちに最寄り添い、社会の問題として扱っていることが見所だと思う。

次回はあずみの母親の事件がさくらと繋がることがバレてしまうようだ。

そのときにさくらがあずみにどのように接するのかまた声をかけるのかとても気になります。

私たち大人は学ぶべき事なのかも知れません。そして子供達にも見せるべきドラマであると思います。

あざみが知るさくらの息子の衝撃の現実と母子の絆心の救い方の心理的描写が見どころ

真矢みきさん演じるさくらの息子が、あざみの母親が殺した相手だという真実をあざみが知ってしまうので、あざみが混乱して、どのような心情になるのか、どのような反応をするのか心理的描写が見どころになってくると思います。

恭子にあざみの存在は命を懸けて守った大切な命だから自分も大切にしていきたいと思ったという悩みに悩みながら出した母親のさくらの思いが、伝わって、母子の絆が深まっていくのではないかと予想します。

恭子とさくらのすれ違っている母子の思いが少しずつ、近づいて来る心理的描写も見どころになってくると思います。

またあざみの友達、リエのこともさくらが大人の考えで、問題を的確に考えて、恭子とあざみの心を救う道筋を考えていくと予想します。

真実を知ってしまったあざみ

第5話は、兄を刺した加害者の子供があざみだと知った恭子が、さくらを問い詰めに九十九書店を訪れます。

あざみをたまりばに受け入れたさくらを許せない恭子は、激しくさくらを非難すると、その会話を聞いていたあざみはショックからさくらのもとを出ていってしまいます。

行く場所のないあざみはリエに会いに行くと、リエは体調を崩して苦しそうにしていました。困ったあざみは、結局さくらのもとにリエを連れて帰ります。

リエの過去を聞き、受け入れたさくらが、リエが道を正すように話をします。

さくらは何を語ったのか?あざみもリエも加害者側の人間なので、被害者側のさくらの意見を聞いて二人がどういう行動をとるのか見どころです。

リエは被害者と向き合って更生することを期待します。

ドラマ「さくらの親子丼」第5話見どころ感想気になったこと

人を憎んで生きること

第5話は、さくらの息子を刺したのがあざみの母だということをあざみが知ってしまう話でしたが、さくらさんがずっと言ってる、人は悲しみの中では生きていけるけど苦しみの中で生きていけないという言葉の意味が、今までよくわからなかったんですが、人を憎んで生きてくことは苦しいとさくらさんが言ったことで、ようやく少しわかった気がします。

あざみには非はないので、さくらさんはあざみを受け入れることは出来ましたが、あざみの友だちのリエは被害者家族に謝罪しても許してもらえないのは仕方ないことだと思いました。

でもリエはそれも受け入れて更正する道を選んで嬉しかったです。リエが仕事を頑張るシーンは見どころで、リエの頑張りに心打たれました。

俊太と恭子の関係は気になります。俊太の片想いのようにもみえますが、恭子もまんざらでもないのか気になります。

悠平の死を無駄にしないためにもあざみには幸せになってほしい

あざみは正直ですね。やっと居場所を見つけたかに思えたのに、それは許されないと考えてさくらさんの元を去ろうとするなんて。

そもそも、自分も受け入れられない母親がしてしまった事なのだから、あざみは知らなかったことにしてそのまま過ごす事もできたと思います。

でも、あざみはさくらさんのところにはいられないと悩み、さくらさんから離れなければと苦しみました。

確かに、恭子さんの言うとおりなのですが、あざみも被害者なだけに見ていて辛かった。

考えようによっては、あざみがさくらさんの前に現れたのは、悠平が連れてきたのかもしれません。

あざみが幸せになってくれなければ、何のために悠平は死んだのか。と言うことになってしまいます。

あざみにはその事に気がついて欲しいです。

メインのストーリー並に気になる人々

今までもそうだったのですが、今回は特に、メインのストーリーもさることながら、脇役の方々が気になって仕方がありませんでした。

まず、俊太の存在です。

ふざけたシーンもありますが、真面目なシーンも多々あります。

それなのに、どんなに真面目な話をしていても、着ているTシャツの言葉が気になりすぎて集中出来ません。

今回の『人の家で肉じゃがが食べたい』というTシャツが斬新すぎて、意味が分からない!と笑いが止まりませんでした。

また、よく覗きに来るおばさん二人も気になりました。

今までは、ただの面倒臭い人達だなくらいにしか思っていませんでしたが、よくよく考えると、何でそこまで知っているのか?いつ見ているのか?と疑問が出てきました。

そんなに状況に敏感なあなたたちの方がどうなっているんだ?と思って気になってしまいました。

ただ、どちらもメインのストーリーを崩しすぎない、絶妙なキャラクターだなと思います。

ハッピーではありませんがこれで良かった

良かった。さくらさんの思いがリエを救ってくれました。

確かに、被害者にとっては今更謝られたところで、それは加害者本人が楽になりたいから。としか考えられないと思う。それでも、加害者は謝り続けるしかないのですね。

「少年院は罪を償うところではなく、罪を反省するところ。」というさくらさんの言葉が印象的です。

償うとは、どういうことなのでしょう。犯した罪を償うことなどできるのものなのか?あまり深く意識することなく耳にしていましたが、考えてみると難しいことです。犯した罪は償うことなどできない。さくらさんの言うように、一生背負って生きていかなければならないことなのですね。

でも、リエのように謝罪したいという思いがあるならば、罪の影に怯えながら生きていくよりも、罪を背負って生きていく方が救われると思います。ハッピーではありませんが、これで良かったのかも。

不良仲間のリエが立ち直った!

罪と罰を描いて居る様だった。

さくらの家に住みついて居るあざみがひょんな事でさくらの息子・悠平を16年前殺したのが母親だという事を知ってしまう。

あざみはさくらのお使いに出るが何と無く帰れなくなって不良仲間のリエの所に来る、リエは体調を悪くしていた。

あざみはリエの介護をする為、結局さくらの元へ帰る。

リエはさくらの娘・恭子が取材している傷害事件の加害者少女で有った。

被害者は今でも寝たきりで有った。

リエは少年院での教育で自分の罪の償いは終わって居たと思って居た。

しかし、さくらは罪の償いは終わっていない、親御さんは一生傷害事件の事を忘れない、だから親御さんが納得するまで罪滅ぼしは出来ていないと言う。

リエは被害者の所に謝りに行くが母親は何度頭を下げても許してくれなかった。

リエは決心する、一生かけても罪の償いをしようと・・・

リエは実家に帰って、仕事を始める・・・

給料から少しでは有るが、被害者の元へ・・・

最初の仕送りは送り返されてくる。

それでも一生送ろうと思って居るリエの姿が有った。

何時かは?いや一生被害者の親は許して呉れないかも知れない。

しかし、何かをしようとしているリエの心の中に小さな小さな光が見えてきたような気がした内容であった。

とうとう事実を知ってしまったあざみ!

遂にあざみが自分の母親がさくらの長男を殺してしまったという事実を知ってしまいました。

事実を知ってしまったあざみの心境が痛いほど伝わってくる第5話と感じました。

あざみとさくらの関係が折角良くなってきていたのに、ここでまたあざみが不良の道へと染まっていってしまわないかと大変心配してしまいます。

事実を知り、九十九堂へ帰れなくなったあざみは、友人のリエの元へ訪れます。

リエはドラッグの影響で体調を崩してしまい、あざみはまたさくらに頼るしか無く九十九堂へとリエを連れて戻ってきました。

そこでのさくらの対応には、本当に感動してしまいます。さくらのあざみやリエに対する優しさは、現在の親に欠けている部分だと感じさせられます。

このドラマを通してその事を呼びかけているのだとも思わされます。

大人が出来ないこととは?

あざみの友達が、暴行した相手に謝り続けました。意識は、ないので伝わりません。

暴行された娘の母親は、当然ですが、許すことはできませんでした。

本人が、出来る最小限のことですが、しないよりしたほうが良いと思います。

大人が出来ないことは、子供の頃に教わったことが全てだからです。

人を傷つけたり、盗んだり、嘘を付いたり、謝らないとか、大人は出来ません。

大人は全てやってしまいます。

友達は、働き始め、償いのため、給料を仕送りしています。

加害者は、受け取りませんが、受け取ってしまうとお金で解決させてるみたいで嫌ですね。

あざみも働こうとしてますが、そんなところに、さくらさんの息子を殺したのは、あざみも母親と知ってしまいます。

あざみのせいではないのですが、身内なので複雑な心境です。

少年院は罪を償う所ではない

今回は、さくらが片付けたあの部屋が自分の母親が殺した高校生の部屋だと知ったあざみの心の揺れと、娘恭子の想いなども描かれたんですが。

一番心に残ったのは、間違えて他人をリンチして、現在も昏睡状態のままでいる少女の元にリエが謝りに行くシーンが一番心に残りました。

リエは、あの事件で少年院に1年間入れられて、罪を償ったのにと、さくらに思いをぶつけます。その時に、さくらがリエに言ったのがタイトルにした言葉です。

少年院は自分がしでかしてしまったことを、きちんと自覚して二度と同じことをしないとしっかり心に刻む所とさくらは言いました。

だからそれを自覚したリエは、身を粉にして、償うことを始めました。相手にけがをさせた程度に思っていたリエのこの選択。

いつか、あの病院の少女の目が覚めて、入院費はもう送ってこなくていいと言われる日が来たらいいなと感じました。

現実は、諦めて人工呼吸器を外す日が来そうですが。やってしまったことがあまりに大きすぎると、リエの辛さ、苦しさも感じるのですが。

親の気持ちを考えると何とも言えないです。
⇓   ⇓   ⇓
さくら1話あらすじ
さくら2話あらすじ
さくら3話あらすじ
さくら4話あらすじ

さくら6話あらすじ
さくら7話あらすじ
さくら8話最終回あらすじ

ドラマ「さくらの親子丼」はどこで見れるの?AD

さくらの親子丼はフジテレビ公式FODで見れます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

しかも、ただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

FODではさくらの親子丼の他にも

警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
セシルのもくろみ(2018年7月12日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)
救命病棟24時シリーズ3(2018年5月31日23時59分)

なども見れます。

そして、雑誌も見放題

しかも、いまならYAHOO IDで登録すると31日間無料で視聴できます。

しかし、このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、お早めに。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-さくらの親子丼

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.