陸王

陸王ドラマ動画7話見逃し無料pandora再放送dailyyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「陸王」動画第7話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO、9tsuなどの動画サイトで見逃し再放送無料で見れる?

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドラマ「陸王」の動画は見つかりませんでした。

ドラマ陸王のキャスト






引用:テレビ朝日
宮沢紘一(役所広司)
宮沢大地(山﨑賢人)
茂木裕人(竹内涼真)
坂本太郎(風間俊介)
城戸明宏(音尾琢真)
大橋浩(馬場 徹)
安田利充(内村 遥)
江幡晃平(天野義久)
正岡あけみ(阿川佐和子)
佐山淳司(小籔千豊)
家長 亨(桂 雀々)
富島玄三(志賀廣太郎)
有村 融(光石 研)
宮沢美枝子(檀 ふみ)
飯山素子(キムラ緑子)
村野尊彦(市川右團次)
小原賢治(ピエール瀧)
飯山晴之(寺尾 聰)

ドラマ「陸王」第7話のゲスト

御園丈治(松岡修造)

松岡修造(マツオカシュウゾウ)

来週の陸王には修造さんが役者として出るよ! 待ちきれない! #松岡修造 #陸王 #テニス

SATORU.KITADA / 北田 悟さん(@sattykitada)がシェアした投稿 -


生年月日:1967年11月6日 (50歳)
身長:188 cm
東京都出身
日本の元男子プロテニス選手、兼スポーツキャスター、スポーツ解説者

現日本テニス協会理事強化本部副部長

身長188cm、体重85kg

右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち

御園丈治(松岡修造)の役

アメリカに本社がある巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治役

御園は、礼儀正しく真っすぐな熱い男である一方で、ビジネスに対しては冷静に分析ができる敏腕社長。

「こはぜ屋」が企業再生できるかどうかの、重要な鍵を握る人物

ドラマ「陸王」第7話のあらすじ・ネタバレ

タチバナラッセルの次はシルクレイの機械が故障する・・・!?

宮川(役所広司)が帰ったこはぜ屋では、報告会が行われていた。

アトランティスに怒りを燃やすこはぜ屋一同。

大地(山崎賢人)は、タチバナラッセルに変わる会社をリストアップした。

大地は就活をセーブしてまで、こはぜ屋のピンチを救おうとした。

茂木(竹内涼真)もまた、自分の走りが足りなかったのかと悔やんでいた。

「俺に何ができますか?」という茂木に、村野(市川右團次)は、「走ることだ。陸王を履いて勝つことだ。」とだけ言った。

茂木のもとに週刊誌から連絡が来る。

かつて茂木と毛塚(佐野岳)の対談を断った雑誌だった。

茂木はプライドを傷つけられる思いだったが、「陸王」を見て取材を受けることを心に決めた。

週刊誌の取材で、このけがからの復活は「リベンジ」というより「リセット」だといった。

取材で茂木は、陸王を記者に見せた。初めからこのつもりだったのだ。

大地の会社まわりは苦戦していた。

その時だ。突然火災警報器がけたたましく鳴り響く。

シルクレイの機械室からだ。

機械は火を上げ、飯山(寺尾聡)もまた巻き込まれた。

けが人もなく、ぼやで終わった程度の火事だったが、今のこはぜ屋には痛い打撃だった。

大地は燃えたシルクレイの機械を見て涙を流した。

飯山も「こいつはもうだめだ・・・もうただの鉄くずだ。シルクレイはもうつくれねぇよ・・・」と絶望の声を上げた。

シルクレイの機械を作り直すには1億・・・、もうあきらめるしかない?!

飯山オリジナルの世界で1台だけの機械だ。

これを作り直すとしても、1億はかかるそうだ。

年商7億円の会社に、1億円の借金・・・。

でもお金を用意しなければ、ヒット商品の「足軽大将」と「陸王」が作れなくなってしまう。

玄さん(志賀廣太郎)は苦言を呈す。

宮沢は銀行に相談するといい、その場を沈めた。

自宅に帰った宮沢たちは家族で火事の話や、これからの話になる。

就活の話をけったという大地の言葉を聞き、宮沢は「就活に専念しろ。もうアッパーはいいから。」と言った。

とぼとぼ夜道を歩く飯山のもとに、アウトドア用品のフェリックスの人間が現れる。

自宅に帰った飯山は、また妻に面倒をかけると思うと心苦しくなった。

「年間6000万円で独占契約しませんか?」とフェリックスに誘われたそう。

もうこはぜ屋に居場所はないと思い込む飯山の心はぐらついていた・・・。

銀行に融資の相談をしにいく宮沢。

支店長は「無理です。これは無謀です。ご融資できません。」とはっきり断る。

これはこはぜ屋に無謀な融資をして、つぶれたら困るという思いからだった。

大橋(馬場徹)もまた、苦しい胸の内を伝えた。しかし「貸さぬ親切」だという気持ちだった。

宮沢の弱弱しくなった態度に、村野は憤りを隠せなかった。

「覚悟はあるのか?選手は命を懸けて走っているんです。宮沢さんはできないんですか?」

村野の気持ちはもちろんわかる。

宮沢だって本気だった・・・でも村野には、宮沢の「できれば」というセリフが許せなかったのだ。

村野は怒り、こはぜ屋を去っていった。

そして、茂木にもこのことを伝える、と言った。

同じ経営者を経験した飯山は、宮沢の気持ちが痛いほどわかっていた。

「なぁ、社長。悔いの残らねぇやり方って知ってるかい?俺にはできなかったけどな。」

いったいどんなやり方なんだろう・・・。

こういうとき、飯山の存在がありがたいなぁ。同じ立場で言葉を発してくれるから。

実力でねじ伏せるしかない!闘志を燃やす茂木!

茂木のもとに雑誌が届く。

インタビュー記事を確認すると、茂木の言葉とは全く違う言葉が記されていた。

まったく調子が悪くなかった毛塚のことを、「体調がよくなかった」と記し、毛塚をあがめるような言葉が並べられていた。

アトランティスに買収されたのか!?

茂木は監督の城戸(音尾琢真)に怒りをぶつけた。

自分はこんなことを一言でも言った覚えはない、抗議してくれ、と。

しかし城戸は、「これが世の中だ。自分が納得できる情報はお前が作れ。言い訳できないほどのな。だから死ぬ気で走れ!」と喝を入れた。

大地のもとに、面接の連絡が入ってくる。

宮沢は声をかけるが大地もいらだっていた。

二人は激しい口論をし、仲たがいした。

「陸王」を通して仲が近くなる前の二人に戻ってしまった・・・。

前橋支店に左遷された坂本(風間俊介)は、そこでも零細企業の立場に立って仕事をしていた。

そのせいで上司に煙たがられ、がんばって継続させた会社の社長には公開の言葉を言わせてしまっていた・・・・。

飯山のもとにフェリックスから連絡が入る。

はやく返事が欲しいと。

しかし、まだ飯山には迷いがあった・・・。

坂本は宮沢と久しぶりに会っていた。

大橋が気をまわして坂本に話してくれていたのだ。

「貸さないのは親切だ」といった支店長のことを、ひどいと笑う宮沢に、「銀行員だったら100人が100人貸さないです」と言った。

そして宮沢の気持ちを確認した。

「この事業を継続したのか、したくないのか?」

その言葉に宮沢は「やれることなら」「リスクが・・・」という弱気な言葉を放つ。

その言葉を聞き、理屈を話す坂本。

「本当にそれでよろしいんですか?」坂本の言葉に苦しめられる宮沢。

「やる前から諦めるなんて宮沢社長らしくない。宮沢社長の想いはどこに行ったんですか・・・。」宮沢の悲痛な言葉に宮沢は黙りこくる。

苦しい展開にもほどがあるよ~。銀行が貸してくれない以上、どうすればいいんだー!

蚤の席の帰り際、坂本は銀行をやめるといった。

ベンチャー企業の投資会社に転職するそう。

銀行は「実績」「過去」ばかり見ている。

それが不満だったのだそう。

宮沢は「坂本さんみたいな人こそ銀行員でいてほしかった。でも応援している。」そう言った。

坂本は別れ際、「本気になったら連絡ください。きっと力になります。」と言い去っていった。

必死にタチバナラッセルの代わりを探す大地。その姿に宮沢は心を打たれる

宮沢が自宅に帰宅すると、居間に大地が寝ていた。

「またダメだった」大地はそういった。

茜(上白石萌音)が言うには、大地は面接などにはいかず、アッパー素材のために毎日のように駆けずり回ってくれていたようだ。

大地のアッパー素材のリストには、たくさん当たった企業について印が描かれていた。

涙がこみ上げる宮沢。

やばい~!涙腺崩壊!!宮沢、あきらめちゃだめだ!大地は本気だ!

「お兄ちゃんは、お父さんが諦めていないと思ってんだよ。」

茜のその言葉を受け、宮沢は陸王を履いて駆け抜けた。

「何やってんだよ!おれは!!!」

宮沢はそう夜空に叫んだ。

飯山も燃え尽きた機械を見て、考えさせられる。

村野は、陸王を履いて駆け抜け続ける茂木に対し、本当のことを言えずにいた・・・。

こはぜ屋は坂本を呼んで、飲み会を行う。

「みんな、聞いてくれるか?銀行で断られたとき、どこかでホッとしていたと思う。

陸王をあきらめることをホッとしていた。反対する銀行員が100人いるなら、101人目にあたってみる。」その強いまなざしに、玄さんは黙った。

一億の借金を抱える覚悟をし、それでもだめだったら自らの意思で辞めると言った。

みんなはその言葉を聞き、笑顔を取り戻した。

飯山が言った最後の手段はこれだった。

坂本に頭を下げ、出資をお願いする宮沢。

飯山はその言葉を聞き、大手フェリックスの話しを断った。

よかった~~!飯山さんもいい人だー!本と泣ける。奥さんも立派だわ~。

坂本の新たな勤め先に宮沢は陸王を紹介しに行く。

こはぜ屋が買収される!?

ダイワ食品とアジア工業がちょうどぶつかる。

監督同士の嫌味合戦が飛び交う。

「もういいのか?体調は?」茂木は毛塚に言う。

「けがをしたお前に心配されるとはな、お前もそのみすぼらしいシューズはいてないで少しは知名度上げてきてくれ。じゃないとつぶし甲斐がない。」

うっぜー!!!!!「体調不良」とか嘘ついて負けたことをごまかしたくせにさ。

しかも陸王のことまで侮辱するとは・・・毛塚の選手生命絶たれないかな?!

茂木、頼むからこの自信満々男をぶちのめして・・・。

こはぜ屋にて、宮沢は坂本から融資を断られる。

坂本に「御社を買収しませんか?」と言われた宮沢。

その買収先は・・・フェリックスだった。

どういうこと!?やっぱシルクレイを使いたいから・・・?

でも坂本さんが進めてくれた提案だから、悪いようにはならないとは思うけどなぁ。

もうお金を借りるところはない。だからといって会社を売るのは・・・・宮沢はどんな決断を下すのだろうか!?

ドラマ「陸王」第7話の見どころ期待

新素材は見つかるのか

こはぜ屋では、陸王のアッパー部分に使用していた立花ラッセルという素材が、アトランティス社の横やりにより、今後使用できなくなってしまいました。

そのため、新たな素材を探し、陸王の生産を継続できるのかが、第7話の見どころです。

また茂木選手は、そんな厳しい事態に陥った、こはぜ屋を今後も信頼し、陸王を履き続けてくれるのかも気になるところです。

私の予想としては、予告を見る限り、新素材を見つけるのには、かなり苦労するのだろうと思いました。

陸王自体の売れ行きもままならず、今後の生産も難しい状況では、次回こはぜ屋はピンチの連続になると予想されます。

そして、買収問題も出てくるようです。松岡修造は一体何者なのかも、とても気になるところです。

こはぜ屋最大のピンチ

第7話は、アトランティスの妨害によりタチバナラッセルとの取り引きが打ち切りになったこはぜ屋。

茂木の為にも陸王開発を今すぐにでも始めたいこはぜ屋だったが、新しい素材を探すも、タチバナラッセルの素材に変わるような物はなく、すぐに苦境に立たされる。

完全に追い込まれたこはぜ屋だったが、銀行員の宮沢から会社を売るというとんでもない提案をうける。

宮沢の提案を、社長の紘一が受け入れるのか見どころです。

陸王開発が絶望的な中、宮沢さんも陸王開発を続ける為の提案だと思いますが、出来れば100年続いてきたこはぜ屋を守り抜いて欲しいので、違う形で乗り切る展開を期待したいです。

とは言っても陸王開発は絶対諦めて欲しくないので、最悪どんな形でも良いので頑張って欲しいです。

松岡修造さんの役所にかかる期待

アッパー素材がアトランティスにとられてしまい、今後どうしていくのか、また前途多難なこはぜ屋ですが、予告を見る限りでは、松岡修造さんがどうやらキーパーソンのようです。

こはぜ屋さんにとって良い方だといいのですが‥。新しいアッパー素材をきっと大地が見つけてくれる、そう信じたいのですが、まだまだアトランティスとの戦いは続きそうです。

やはり、アトランティスに向かって宮沢社長がおっしゃっていたように、技術力を競う世界ではこのようなことは起こり得るのかもしれませんが、ビジネスだけではない、仲間としての商品開発こそが、次のビジネスを生むようであってほしいと思います。

だからこその、日本の技術と商品の素晴らしさが今日に繋がっているのだなとそんなことを期待させてくれるお話になってほしいです。

タチバナラッセルは、アトランティスと付き合い続けるか

アトランティスからの妨害により、タチバナラッセルとの契約が出来なくなってしまったこはぜ屋は、タチバナラッセルに代わる供給先を探すようですが、タチバナラッセルを越える素材を提供してくれる会社はなかなか見つからず、こはぜ屋はかなり苦戦するのではないかと予想しています。

一方、アトランティスとの契約が正式に決まったタチバナラッセルは、アトランティスと接触する機会が増えていくことになると思いますが、アトランティスと話し合っていくうちに、橘社長は自分が目指していたビジネスとの違いに戸惑いを感じていくようになるのではないかと思います。

それでも、最初のうちはアトランティスの言う通りにしていくと思いますが、7話の終盤辺りでアトランティスとの契約を白紙にしてくれと頼むのではないかと予想しています。

陸王の製造は続けられるのか?

「陸王」の完成度を高めるために重要なアッパー素材を提供してくれていたタチバナラッセルとの契約終了が迫っているため、山崎賢人さんは必死に探しますが、特に人脈があるわけでもなく、まだ無名の足袋製造会社の作るランニングシューズの製造にのってくる会社は、なかなか見つからないと思います。

そんな中、こはぜ屋の工場が何らかの事情で、ぼや騒ぎになり、「陸王」のソール部分であるシルクレイ製造機が水に浸かってしまい、しばらく使えなくなってしまうのではないかと思います。

そこで、寺尾聰さんが、どのように対処するのか気になります。ほとんど毎回のように、涙を流している役所広司さんが、第7話では、どんな涙を流すのかも気になります。嬉し涙が流せると良いなと思います。

大地が見事にアッパー素材を見つけれるか?

次週7話の陸王に期待する事

立花ラッセルをアトランティスに奪われた事によって陸王を作る事自体が製造出来ないという事態になってしまいました。

かなり絶望的な話になってますがこはぜ屋の皆は諦める訳はないですよね。立花ラッセルに代わる素材を大地が探す事から始めるのでしょうか。

大地がこはぜ屋のために就職活動を忘れて懸命に動いてくれている事は良いことですね。

後はどのような形で跡継ぎを決意してくれるかでしょう。松岡修造さんが演じている会社社長のような存在もこの先の展開を大きく変えてくれそうな気がします。

予告では買収だとか陸王を諦めるだとかの声が出ていましたが、また来週も悩ましい展開になりそうです。大いに悩み、ぶつかりまた前に進んで行って欲しいです。

ドラマ「陸王」動画第7話の感想見どころ気になったこと

陸王至上最大のピンチ 陸王第七話

アトランティスの卑劣なやり方のおかげで立花ラッセルとの契約が破棄になってしまいます。

大地が方々を回って努力しますが、中々上手く行かない中、追い打ちをかけるようにシルクレイを作っていた機械が壊れてしまいました。

完全に陸王を作れなくなり、さすがの宮沢も諦めざるを得ない状況になってしまいました。これは陸王至上最大のピンチかもしれませんね。

諦めかけた宮沢を救ったのは息子の大地でした。何も言わないけど父親を信じる大地の姿には胸が熱くなりましたね。

茂木や村野、飯山も皆こはぜ屋を信じています。このどうにもならない状況を打破できると皆信じているんですよ。

それがまた宮沢を奮い立たせましたね。買収話が最後に出てきましたが、どうなるのでしょうか。

いつもとは違う危ない香りのする希望かもしれませんが先のこはぜ屋を大きく動かす話になるので俄然注目したくなりました。

陸王7話の感想と見どころ

陸王7話にきて、ピンチです!アトランティスから目を向けられ、アッパー素材の契約も打ち切られてしまうところで前回終了しました。

今回はアッパー素材の素材探しに難航し、さらにシルクレイを作る機械まで壊れてしまいました。社長として窮地にたち、陸王の開発を諦めようかと諦め気味になります。

そして今回の最後のシーンは、東京キャピタルからの融資も断られたこはぜ屋。それとは別の提案で会社を売らないかということでした。

銀行をやめた坂本が東京キャピタルに転職し、こはぜ屋を生き残る戦略として考えついた提案と思いますが、なにせ老舗ですから会社の売却には勇気がいりますよね。

企業が生き残るにはとても難しい決断です。次回、どうなる!

第7話は宮沢の再生物語

最近は、回が進むにつれていい方向へ向かっていましたが、7話ではそんな状況が一気にひっくり返ってしまいました。

まるで、初回を見ているような感覚になりました。それは、宮沢が陸王を作り続けるべきかどうかについて葛藤していながらも、改めて諦めないことを決意するという流れが、このドラマのテーマである「再生」に実に相応しい内容だったように感じたからです。

6話までは「こはぜ屋」の再生物語という感じでしたが、8話は宮沢という男の再生の物語だと思いました。

最終的に、宮沢が陸王を諦めないということは予想つきましたが、宮沢が1度諦めかけるシーンがあったからこそ、宮沢が陸王を諦めないことを決意したシーンがとても感動しました。

こはぜ屋絶体絶命のピンチ

第7話は、シルクレイの機械が燃えてしまった時は、こはぜ屋は完全に終わったと思いました。

陸王開発が出来なくなったことを聞いて、怒って村野さんが離れていってしまいましたが、宮沢社長も言っていましたが、村野さんには理解してもらいたかったです。

融資は絶対無理だと思うので、宮沢社長がどうこの窮地を乗り越えるのか気になります。

大地がやけ酒を飲んで寝てるところに、社長が戻ってくるシーンは見どころで、大地は自分の就職を犠牲にして素材探しをしていたことを、社長に言わないところにグッときました。いつも喧嘩も派手にやりますが、宮沢親子の関係は微笑ましいです。

飯山さんがフェリックスを断ってくれたのは安心しましたが、今度は会社が買収されてしまうのか心配です。

息子に進む勇気をもらう宮沢社長

陸王用のアッパー素材の供給が絶たれたこはぜ屋で、悪いことは続くものである、シルクレイ装置に火災が発生して、作れなくなってしまった。

修理には1億の資金が必要で、完全に諦める宮沢社長を奮い立たせる息子の大地が今回の見どころです。

大地は、父親にも内緒で、アッパー素材を作れる可能性がある繊維メーカーのリストを作り、一つずつ連絡し、可能性があるところには、足を棒にして回っていたのであった。

それを初めて知って、疲れ切って寝る息子を見た時の、宮沢社長の顔がなんとも、自分はなんてあきらめが早いんだ、馬鹿なんだ、と言っているようで感動した。

そのあと、陸王を履いてさらに自分に言い聞かせるようにランニングする宮沢社長の決意にこちらも元気をもらった。

それぞれの気持ちが痛いほど分かる

悪い事が続いていたこはぜ屋がついにシルクレイまで作れなくなってしまって、7話は全体的に見ていて辛かったです。

設備投資のための1億の融資は今回ばかりは無謀すぎると思います。

村野さんの選手を守るという気持ちも分かりますが、宮沢社長の社員を守るという気持も分かり見ていてこちらまで切なくなりました。

坂本さんはいつもここぞと言う時に宮沢社長に力を貸してくれて、本当に良い存在だと思います。

また大地もアッパー素材を提供してくれる会社を探し続けていて感動しました。

飯山顧問も特許の専属契約の話を断り、奥さんもこはぜ屋で働く事を喜んでいたので、本当に良い夫婦だと思います。

個人的には松岡修造さんをもう少し見たかったので、次回に期待します。

陸王再始動。父と子の絆

タチバナラッセルに裏切られ、アトランティスのやり方に苛立ちを隠せない従業員に対し、「俺たちは負けたんだよ。だけどな、負けたんなら次のレースに勝ちゃいいじゃねぇか。」と言った飯山さんがかっこよかったです。

そして、諦めずにタチバナラッセルに代わるアッパーを作っている工場をリストアップする大地。

最初は家業を継ぐ気がなさそうだったのに自分の就活そっちのけでここまで陸王の開発に関わるとは思ってもみませんでした。

就活のことを心配する紘一に「手あたり次第受けるのはもうやめたから。」と言った大地。その表情は、就活がうまくいかなくて苛立っていた頃よりもずっと穏やかに見えました。

でも、アッパー素材がなくなった今、父親としては経営がうまくっていない会社の手伝いをさせるわけにはいかないという気持ちもあるのではないかと感じました。


⇓  ⇓  ⇓
陸王1話あらすじ
陸王2話あらすじ
陸王3話あらすじ
陸王4話あらすじ
陸王5話あらすじ
陸王6話あらすじ

陸王8話あらすじ

陸王鳥居みゆき
陸王竹内
陸王役所
陸王寺尾
陸王大橋
義足の陸上選手中西

-陸王

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.