陸王

陸王ドラマ動画5話見逃し無料pandora再放送dailyyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「陸王」動画第5話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO、9tsuなどの動画サイトで見逃し再放送無料で見れる?

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドラマ「陸王」の動画は見つかりませんでした。

ドラマ陸王のキャスト






引用:テレビ朝日
宮沢紘一(役所広司)
宮沢大地(山﨑賢人)
茂木裕人(竹内涼真)
坂本太郎(風間俊介)
城戸明宏(音尾琢真)
大橋浩(馬場 徹)
安田利充(内村 遥)
江幡晃平(天野義久)
正岡あけみ(阿川佐和子)

家長 亨(桂 雀々)
富島玄三(志賀廣太郎)
有村 融(光石 研)
宮沢美枝子(檀 ふみ)
飯山素子(キムラ緑子)
村野尊彦(市川右團次)
小原賢治(ピエール瀧)
佐山淳司(小籔千豊)
飯山晴之(寺尾 聰)

ドラマ「陸王」第5話のあらすじ・ネタバレ


「陸王」の開発資金がかさんだことから、このままだと本職の足袋の利益を侵食してしまうことが発覚する。う~ん、このままじゃ資金にうるさい玄さんが怒りすぎて高血圧で卒倒してしまいそうだ・・・。

また、銀行からは最後通告ともとれるような宣告を提示されてしまう。

「あと数か月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある・・・」と。こ、これは廃業ってこと!?やばいよ、せっかく陸王が完成したというのに・・・。

陸王はできたものの、まだ茂木に履いてもらったばかり。まだまだ改善の余地もあるかもしれない。まだ売り上げに期待できるはずはない・・・。

今まで先延ばしにしてきた当面の資金繰りに頭を悩ましていた宮沢。

そんなある日、大地と茜(上白石萌音)の何気ない会話から、新製品の開発を思いつく。

いったいなんだろう!?日常にアイデアって落ちているんだろうな~。

陸王のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった!なるほど!斬新!日常会話からひらめく宮沢、やっぱりすごいなぁ。

「足軽大将」の大量生産に間に合い、融資を受けるこに成功

そのアイデアは製品化に成功し、「足軽大将」と名付けられた地下足袋は、大きな反響を得て瞬く間にヒット商品へと成長した。

これで嫌味な銀行にちくちく言われずにすむ。資金繰りにも明るい兆しが見えたと、陸王開発を新たに心に決めるこはぜや一同。

しかし、そんなときシルクレイの製造に暗雲がたちこめる。まさか、あの石を投げ込んできた何者かが関係するのかな?

そう、先週の5話で石を投げ込んだのは、かつての借金取りだった。

ある日飯山晴之(寺尾 聰)と宮沢大地(山﨑賢人)が夜遅く作業が終わってこはぜ屋から帰ろうとするとき、借金取りの二人の男が突然、飯山を襲った。

飯山は腕を骨折してしまった。

幸い命に別状はなかったが、入院しなかればいけなくなった。

しかも、そんな時にシルクレイを作成する機会が壊れてしまった。

大地は一生懸命修理をするがどうしても治らない。そんなとき、飯山の嫁がシルクレイの設計図をもってきてくれた。

それを手がかりに大地が故障の部位をようやく発見!!!

そこに飯山が病院を無理やり抜けてきた。

そして、なんとか「足軽大将」の大量生産に間に合い、融資を受けることができた!!!!!!!!!!!!!

アトランティス社とこはぜ屋

一方、陸王を履きこなし復帰へ向けて練習に励む茂木(竹内涼真)のもとにアトランティス社の佐山が訪ねてくる。

契約を一方的に打ち切ったというのによく手のひら返して近寄れるよね~~。佐山はアトランティスから茂木のためにまた新しいRⅡを提供したいと持ちかける。

一方的にスポンサードを切られアトランティスに不信感を抱く茂木。そりゃそうだわ、普通はみんな断るよね!いい時ばっか寄ってきて、ダメかも?と思ったら捨ててさ・・・。

もちろんのごとくその誘いを拒絶する茂木だが、佐山にあることを聞かされる。何を聞かされたんだろう!?次回予告のCMで宮沢が「選手を利用するなー!」って叫んでたけど、それときっと関係あるよね。

その答えは、佐山はこはぜ屋は経営が厳しくもうすぐ潰れると言ったのだった!!!

茂木が陸王を選んだ!!!


それを聞いた茂木は悩み一度はアトランティス社のR2を履くしかし、やはり陸王の履きごごちが忘れられるず、陸王を履くことを決意した!!!!

ドラマ「陸王」第5話の見どころ期待

こはぜ屋か、アトランティスか茂木の選択は!?

ついに、茂木選手のサポートをすることになったこはぜ屋。カリスマシューフィッターの村野も陸王のチームに加わり、順風満帆かのように見えましたが、何やら不穏な動きも。

シルクレイを開発した飯山が、何者かに狙われている様子。自己破産した際に被害を受けた者の恨みによる動きなのでしょうか。

一方、トライアルでの茂木の走りを見たアトランティスの小原は、茂木のサポートを取りかえそうと、動き出します。いくらいいシューズを作っても、アトランティスのように資金がないこはぜ屋にとっては、かなりの強敵。

おそらく色々な好条件を出して茂木にすり寄ろうとするでしょう。それを振り切って、茂木はこはぜ屋の陸王をはくのか、それともアトランティスのサポートに戻るのか…茂木がレースで選んだシューズは!?

いよいよ本格的なシューズ開発のための人材が揃ったこはぜ屋にとって、勝負の回となりそうです。

家族の力が結集した弱小企業こはぜ屋の頑張り

第5話は本業の足袋がヒット商品になります。それが宮沢社長の子供達、大地と茜との会話から生まれた発想のようですが、なんだかんだと大地も「こはぜ屋」を思う気持ちにかわりはないのです。

父親に反発していた大地が徐々にこはぜ屋にのめりこんでいくのだろうなと期待を持たせます。

また、この地下足袋のおかげで資金繰りにも明るい兆しが見えてきそうですが、その前にきっとあの銀行の融資の大橋の嫌なやつぶりが登場するかもしれません。

イケメンなのに嫌なやつ、それがなかなか楽しみです。そして、またアトランティスの小原部長と佐山の嫌なやつぶりが5話も発揮されそうです。

この悪役に対する負け組と言われるこはぜ屋がいかに対峙していくのかが楽しみです。

きっとまた、サポートを取り返そうとアトランティスは画策しようとするでしょうが、最後には大会に使うシューズは、茂木選手は「陸王」を選んでくれるのではないかと思っています。

一方、飯山は金に困っていたときに、あまりよくないところからお金を借りていたのではないでしょうか。

それで、またお金を返せないでいるために襲われてしまうような気がします。そして、5話は「ニューイヤー駅伝」が開催される様子。

エキストラも多くの人が参加しているようなので、本番に近いスケールの大きな大会の様子を見ることができるのではないかと楽しみにしています。

やっと認めてもらえた!…のもつかの間?

やっと第4話まで進みました「陸王」。

1話1話の内容が濃くてとても見応えのあるドラマです。普段はドラマはほとんど見ませんが、そんな私でも1話から欠かすことなく毎回楽しみにしているドラマです。

老舗の足袋屋さんが苦戦しながらもマラソン足袋(ランニングシューズ)「陸王」を作るというお話で、先ずは竹内涼真くん演じる茂木選手に履いてもらいたいと彼にあったシューズを作るためにこれまで門前払いされても諦めず、資金も銀行の融資が思うように受けらず少ない中でやっと!第4話では茂木選手に履いてもらえるところまでやってきました。

足袋屋としての実績はあってもランニングシューズでの実績はない「こはぜ屋」。

履いてもらえることになった、良かったね!というのが私の思いですが、これで終わるわけないですよね…

茂木選手はもともとアトランティスという大手メーカーのサポートを受けていて怪我によりサポートを打ち切られ今回「こはぜ屋」のシューズを履いてくれることになりました。

しかしアトランティス側がまた茂木選手のサポート権を取り返そうとするのが次回の第5話からのお話。

やっぱり小さな実績もない会社より大手メーカーの方が選手にとったらいいのか…茂木選手は次の大会で「陸王」を履いてくれるのか?

第5話は30分拡大で放送されるようです。

やっと履いてもらえる!ってなったのに、「陸王」はどうなるのか。次回も目が離せません!

大人の事情で翻弄されそう

一度は、スポンサー契約を切ったアトランティスが、竹内涼真さんの復調を確信し、手のひらを返したように、再度スポンサー契約を結ぼうとするようで、本当に自分の会社の利益しか考えていない嫌なヤツだなと思いました。

信頼するシューフィッターの市川右團次さんもいるし、何より自分の足のために全精力をつぎ込んで『陸王』の開発を進めている役所広司さんや、寺尾聰さん、山崎賢人さんの思いを、竹内涼真さんが受け止めてくれると良いなと思います。

久しぶりにレースに出るようですが、その時に履いているのは、どちらのシューズなのか?

そして、どのくらいの結果を残すのか?それが、竹内涼真さん自身の陸上選手生命を決めることにもなるし、『こはぜ屋』の未来も決めるのだと思います。

陸王と茂木が噛み合う

陸王を開発するら宮沢さんの熱心さが茂木選手に伝わり陸王を履いて走ってもらえるとおもう。

陸王の開発の技術の精度も上がってきているので、茂木選手の走りにあった、靴の開発が進んでいくと予想される。

また、茂木選手の靴を開発していた、アトランティスの今後の動向についても、気になるところではあるが、おそらく陸王を履いて茂木選手が活躍していくことが予想される。

個人的には、茂木選手が陸王を履いてレースに出場し、いい結果が出ることを願っている。

茂木選手の足の怪我の経過もきになるところではあるが、しっかりとミットフット走法を身につければ、怪我もなくなるから、今後はそのようなところにも期待して、見ていきたい。

陸王の新たな発展に期待したい。

直接対決!陸王への想い

ニューイヤー駅伝に出ることになった茂木。その茂木にアトランティスから再びサポーター契約の話が。

周囲の人間は茂木に良かったなと励ますが、茂木は「お金のためとかじゃなく、俺を見てほしいんだ」とこはぜ屋のシューズを選択する。

そのことを知ったアトランティス社はこはぜ屋に乗り込み、サポーター契約を譲って欲しいと言うが、こはぜ屋は「俺のサポーターに手を出すな!」ときっぱり断る。

こはぜ屋の熱烈な応援で、茂木はニューイヤー駅伝で無事優勝することができた。 という内容だと思います!

予想ですが見どころは、アトランティス社とこはぜ屋の直接対決です。茂木への愛がどちらの方が多いのかが試される場面だと思います。注目です

邪魔が入ってもやっぱり陸王

4話は陸王の成功へ一歩近づいた様子の場面では終わった。

シューフィッターの村野さんがこはぜ屋の夢を一緒に叶えてくれることになり、それがきっかけで茂木選手とこはぜ屋の距離が一気に近づいた。

宮沢社長の願いが叶いこはぜ屋が茂木選手をサポートすることになった。

前回の終盤に見せたアトランティスの小原部長のセリフが気になる。宮沢社長の夢は簡単に叶いそうにはない予感がする。

飯山さんの周囲にも何か異変があったのか、それとも過去の恨みか何かか、靴作りを妨害され作業ができないかもしれない。

もう一度茂木選手にアトランティスのシューズを履いてもらおうとしている小原部長。

しかし、陸王を履いた時の茂木選手は生き生きしていたので、最後は陸王を選ぶと思う。

ドラマ「陸王」第5話の見どころ感想気になったこと

竹内涼真さんに選ばれた陸王

小さな足袋製造会社の『こはぜ屋』の「陸王」か?それとも、大企業の『アトランティス』の「RⅡ」か?と、役所広司さんや市川右團十次さんたちと同じように、ハラハラしながら、竹内涼真さんが、大会でどちらのシューズを履くのかと気になっていました。

バスから降りたときに履いていたのはRⅡだったので、がっかりしましたが、その後に履き替えてくれて、涙が出るほど嬉しかったです。

竹内涼真さんも、大企業を敵に回すと、大変なことはわかっていたのだと思いますが、それでも、自分に本当に合うシューズを選んだ勇気も素晴らしいと思いました。

竹内涼真さんの前で、役所広司さんが、小藪さんを「やめていただきたい!」と一喝したシーンは、旨がスッとしました。

多くの人の願いを乗せて、いざ大舞台へ!

改良に改良を重ねた完成版、4代目陸王が遂に茂木選手の元へ!

それより一足早くアトランティス社の開発した新型RⅡが茂木選手に届けられていましたが、レース直前ギリギリまで悩みに悩んだ彼の出した結果は……陸王でレースに臨む事でした。

ここまで本当に長かったですね。しかし時間をかけた事で陸王に込められた技術や思いも当初とは比べ物にならなくなっています。

開発を手伝ってくれた技術者やアドバイザーだけでなく、今まで険悪な関係にあった銀行員までが今や陸王に期待を寄せています。

そして茂木選手の方でもまた引退を決意した先輩ランナーの夢を預けられました。

これだけ多くの人の気持ちを束ねて挑む事となるニューイヤー駅伝、どのような結果が出るのか楽しみですね!

ハラハラさせるぜ茂木ちゃん

自分まで、こはぜ屋の一員になった気分で本当にハラハラしました。

バスから茂木君が降りてきた時、まさかのピンクのシューズに「えー」と思わず大きな声を出したほどでした。

マジで履いてない、陸王を履いてないとガッカリし、もう見るのを止めて風呂に入ろうかなと思っていたら、大地君が何か言ってて、そこに立ち止まっている茂木君の姿がありました。

猛烈に悩んでいるのが後姿からも見てとれて、なんだかこっちまで胸が熱くなりました。

そしてピンクのシューズを脱ぎ、陸王を取り出した時には本当に嬉しくて、感動ものでした。

それにしても小籔とピエール瀧の悪そうな顔が本当にキマッテいて、超ハマり役だと思いました。

憎いライバル達ですが、好きなタレントさんなので、そのハマりっぷりがとっても可笑しくて、思わず噴き出したのも事実です。

これからがいろいろと大変そうですが、応援してます!と叫びたい気分です。

諦めない気持ちが力を生む。陸王第5話感想

次々と試練がこはぜ屋に降りかかりますよね。一つ希望が見つかるとまた一つ壁にぶつかる。

その度に諦めず何度もチャレンジする、劇中でも宮沢や大地が言っていましたが、そうやって歴史あるこはぜ屋を続けてきたのだと。

凄く胸が熱くなるシーンでした。宮沢の諦めない情熱ある姿勢が少しずつ周りの人間を変えていっていますよね。

飯山然り大地も少しずつ父親の仕事に惹かれていっています。今回印象的だったのは担当銀行員の大橋は仕事にプライドを持っていて、ただこはぜ屋を落としたいだけの人間ではなかった事ですね。

大橋の「陸王完成したら買います」のセリフには目頭が熱くなりました。そして何より茂木の気持ちがアトランティスの横槍にも負けずこはぜ屋に向いた事です。

R2を脱いで陸王をはいたシーンはやはり何とも言えない気持ちになりました。

アトランティスの風当たりもきつくなるでしょうし、まだまだ試練は続きそうですが皆で力を合わせて頑張って欲しいです。

人は人を変える力がある

色々な試練が降りかかるこはぜ屋にハラハラさせられた第5話でした。

飯山顧問の「人間の代わりはいない」という言葉が心に残りました。

飯山顧問はいつもここぞという時に大地の決断のヒントとなる事を言ってくれるのですが、その言葉が本当に素敵で大地の心にもすんなり響いていると思います。

また大地も就職の面接を辞めこはぜ屋に戻ってきて、もうこはぜ屋に欠かせない人になったのだと思いました。

そして今までこはぜ屋の事を良く思っていなかった銀行員の大橋さんが、こはぜ屋の仕事ぶりを見て認めてくれて本当に嬉しかったです。

さらには陸王の開発に必要な素材の会社も紹介してくれ、新しい陸王ができたら買うとまで言ってくれたので、やはり人は人を変える力があると思いました。

次回6話は茂木選手が陸王を履いて駅伝に出るので、どんな結果になるのか楽しみです。

めげないこはぜ屋の魅力

第5話は、一難去ってまた一難で、それでもめげずに頑張るこはぜ屋には何度見ても感動させられます。

飯山さんがボコられた時は終わったと思いましたが、大地の頑張りで乗り越えられて、社長と大地の親子の関係も回を増すごとに良くなっていって、喜ぶ時に抱き合ったりする姿は見ていて微笑ましいです。

銀行の大橋は、情けのかけらもない人間だと思っていたので、こはぜ屋の努力を目の当たりにして心に変化があったのは意外でした。陸王買います発言までしてたのは、こはぜ屋の魅力に落ちてた証拠なので、根は悪いやつではないんだな思いました。

茂木が駅伝でどのシューズを履くか見どころで、こはぜ屋は最後まで最善を尽くしていたのでドキドキしました。

完全にアトランティスを敵に回したので、これからの展開が怖いです。

大橋の言動に感動した5話

面接を断念してまで「こはぜ屋」のピンチのために帰ってきた大地、陸王を履くことを決意した茂木、飯山の陸王に対する情熱と、様々な熱い思いがあり感動の耐えない5話だったと思います。

もちろん、それらのシーンもとても感動的だったのですが、個人的に特に感動したのが大橋融資課長の行動でした。

全額融資まですることはできなかったものの、陸王を完成させるために布の会社を紹介をし、陸王が完成した時には陸王を購入するという言葉も残したシーンが本当に感動的でした。

嫌味な印象が強かった大橋が、まさかこはぜ屋に協力するようになるとは、やはり感慨深かったです。

そんな大橋の言動に対して、何度も「ありがとう!」と伝える紘一の姿もとても印象的でした。

佐山淳司(小籔千豊)が茂木選手に罵声をあびせる!!!


⇓  ⇓  ⇓
陸王1話あらすじ
陸王2話あらすじ
陸王3話あらすじ
陸王4話あらすじ

陸王6話あらすじ
陸王7話あらすじ
陸王8話あらすじ

陸王鳥居みゆき
陸王竹内
陸王役所
陸王寺尾
陸王大橋
義足の陸上選手中西

-陸王

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.