民衆の敵

民衆の敵ドラマ動画フル最終回10話無料pandora見逃し再放送デイリーで見れるの?

更新日:

「ドラマ民衆の敵」最終回10話はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトでは「ドラマ民衆の敵」最終回10話の動画は見つかりませんでした。

「ドラマ民衆の敵」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「民衆の敵」キャスト


佐藤 智子(篠原涼子)
佐藤 公平(田中 圭)
藤堂 誠(高橋一生)
犬崎 和久(古田新太)
小出 未亜(前田敦子)
岡本 遼(千葉雄大)
園田 龍太郎(斎藤 司)

若宮 寛(若旦那)
望月 守(細田善彦)
莉子(今田美桜)
河原田 晶子(余 貴美子)
前田 康(大澄賢也)
平田和美(石田ゆり子)

ドラマ「民衆の敵」最終回第10話のあらすじ・ネタバレ

不正献金疑惑のせいで智子は、皮肉なことに「民衆の敵」と言われてしまう

智子(篠原涼子)は、あおば市民のために尽力を尽くしてきたはずだったのに、犬崎による不正献金をでっち上げられたせいで「民衆の敵」とまで言われてしまっていた。

もちろんそんなことをした覚えもない・・・。

しかし不正の証拠まで入念に用意され、反論するも誰にも信じてもらえない。

落ち込む智子に、和美(石田ゆり子)が自身の感じた違和感を伝える。

「あおば市には奇妙な風が吹いてる。河原田さんを市長の座から引きずり下ろしたのも、あなたを市長にしたのもみんなその風のせい。ニューポートを作りたがっているのは、本当は犬崎じゃなくて、藤堂家なんじゃないかな?」

和美の言葉に智子は思わず吹き出す。

なんで自分の味方で、副市長の藤堂(高橋一生)がニューポート賛成派?

智子がいつも助けてくれたりする藤堂のことを信用するのも仕方ないよね。

しかし、藤堂誠が街に現れたタイミングと、河原田前市長(余貴美子)がニューポート計画を白紙に戻したタイミングはほぼ同じだった。

犬崎は藤堂家の指示でニューポート計画を進めていたんじゃ・・・!?

和美の憶測に、智子はちょっとムッとする。

信頼している藤堂を疑うなんて、智子にとって理解できないからだ。

とにかく今やるべきことは、自分や河原田の無実を証明すること。

智子は富田(渡辺いっけい)に証明させて、冤罪を晴らすことを誓った。

雲隠れする富田をあぶりだすため、和美と藤堂が動き出す

智子は富田に何度も電話した。

富田は有休消化中という名の雲隠れ中だった。

しかし実際は、犬崎のもとにいた。

智子のリコールに、3000名の署名がまだ足りないようだ。

犬崎は若宮(若旦那)に指示して、金をばらまいて署名を集めるよう言った。

犬崎の汚いやり方に、みんな呆れてそうだ・・・。

街には智子のリコールの署名を求める団体がたくさんいた。

和美は藤堂と密会していた。

藤堂は犬崎のもとから持ち出した犬崎派の領収書のコピーを大量に持ってきていた。

政務活動費の不正流用を和美に探ってほしいということか!?

藤堂は、智子の冤罪を晴らすためには富田の証言が必要なこと、そのためには犬崎を今の位置から引きずり落とすことが必要だと言った。

藤堂は和美のジャーナリズムにかけていたのだ。

和美は藤堂の意思を継いで、徹夜で領収書を確認していた。

その領収書は明らかに不正が働かれたことが示されていた。

業者までもがグルになっているだろうということが伺える内容・・・。

犬崎に知られないように、慎重に捜査を始める和美・・・。

証拠集めに邁進する和美!

ついに富田が市長室にやってきた。

富田に証言を頼む智子だが、富田はうなずこうとしない。

すべてが自分の保身と、損得勘定の富田に智子もあきれる。

しかも富田が不正を働いたのは「子どもが医学部に行きたいからお金が欲しい」という自分勝手な理由だった。

おいおいおい~公務員でそんなこと言ったら零細企業の社員はどうなるんだよーみんな一生懸命貯めてますから!

そんな医者になりたいなら、自分で奨学金借りて行けよっ!!!!

一応富田にも良心があるようだ。

智子は富田の嬢に訴えかけるが、富田は何も答えないまま市長室を去っていった。

その頃和美は文房具屋で不正献金の証拠を取っていた。

だいぶ証拠が集めってきたようす・・・。

しかし、和美が嗅ぎまわっていることがついにばれてしまう。

取引先の口止めをしだしたけど、和美は間に合ったのか・・・!?

そしてついに智子の住民投票が行われることとなってしまう。

智子は井上の話で、最近臨港地区に指定された場所でボーリング調査がされたことに異変を感じていた。

和美の記事は明日の朝刊に乗せるそうだ。

犬崎の悪事はばれ、智子の冤罪は晴れるのだろうか・・・!?

形勢逆転!犬崎が地に落ちる

藤堂が市長室にやってきて、ある動画を智子に見せる。

それは富田が犬崎の命令で、前市長・河原田に汚職の疑惑をかけたことと、智子にも同じことをしたというのを証明するものだった。

あれほどまでに損得を気にし、証言を避けていた富田がなぜ・・・?

智子も気になった様子だが、藤堂は何も説明せず早くマスコミに流しましょうと提案する。

しかし智子はそれを制して、和美の朝刊が出てからにしようと提案した。

富田が話す気になったのは、藤堂が金を握らせ、今後を保証したからだった。

きったねー!!!やはり富田。

マスコミの動きを感じたのか、犬崎の腰ぎんちゃくだった前田(大隅健也)も、犬崎のもとを去っていった。

犬崎は案の定、翌日マスコミに囲まれた。

犬崎は和美と智子はズブズブの関係だと言ったり、見苦しく反論する。

しかしそこにいた記者のもとに一斉に富田の動画が流される。

ますます炎上する犬崎。

これでニューポート計画が白紙になったかと思われた・・・。

ひと悶着ついたあと、和美はニューポート計画の真意に気づいた。

藤堂が縁談を断る

智子の冤罪が晴れたことでみんな大賑わいの中、藤堂の姿だけが見えない。

藤堂は父親で政治家の英一郎のもとに来ていた。

今日、父親に会いに来たのは縁談を断るため。

英一郎は犬崎がリークした莉子(今田美桜)のことを知っていた。

莉子のことが好きだというのもそうだし、政治家を本気で志すために父親の敷いたレールから降りたいと思ったのだという。

藤堂家の看板がない誠に何ができるのか・・・父親はそう投げかける。

しかしようやく父親のことを尊敬できるようになった藤堂は、父を追い越す覚悟を持ったのだった。

智子のリコールが取り消され、ようやく市政が動こうとする。

やはり智子が掲げたのは、「市民の市民による市民のための政治」だった。

智子と藤堂が意見をぶつけ合う

藤堂と智子は、それぞれ議会室で心を決めていた。

市政を再スタートをするにあたって、智子は河原田を副市長に構えたいという。

副市長って二人選んでいいんだ~。

しかし、藤堂はその考えに反対のようす。

なぜなら河原田は「ニューポート計画反対派」だから。

ニューポート賛成派だという藤堂の言葉を智子は信じられない。

しかし藤堂は大まじめで言っていたのだ。

藤堂がニューポート計画を進めていたのは、日本中の産業廃棄物を引き受ける処理場を作るためだった。

智子は産業廃棄物の処理場という言葉に嫌悪感を示す。

イメージで「嫌!」と決めつけてしまう気持ち、わかる~。

しかし処理場を作れば、国から多額の助成金がもらえる。

そうすれば智子の実現させたい市政を行うことができるのだ。

それをしっかり国民に説明していないことが問題だと智子は反論した。

ニューポート計画だとか、あおばランドとかいって市民をだますようなことをしたことに怒っているのだ。

しかし反射的にみんな嫌がることがわかっているからこそ、オブラートに包んで政治家は提案する。

智子は藤堂のやり方を強く批判する。

藤堂は智子に「なぜ選挙に行かなかったのか?」と問う。

政治家を選ぶ権利を放棄している民衆がおかしい、後悔しない選択をしなければいけないと。

藤堂はエリート政治家一族ということで、昔から政治家を目指してきた。

藤堂の夢を壊したのは、皮肉にも父親だった。

「独裁政治だと言われてもしかたがない、愚かな民衆を導くためには独裁しか手がないときもある。」

その言葉にショックを受けた藤堂は、政治家という仕事に絶望し、諦めを感じていた。

突然現れた智子は藤堂の諦める前の姿、そのものだった。

父の言葉を聞かずに政治家になっていたら、きっと自分も智子のような政治家になっていたのかもしれないと思うと目が離せなくなったという。

だから智子のことを応援していたのだ。

しかし「1人1人を助ける」智子のやり方では限界がある。

政治というのは最小限の犠牲で最大限の幸福を実現するべきだと。

智子の政治を見て、父の言ったことややり方が正しいことを知れたのだった。

しかし智子はそれに反論する。

末端の人間じゃなきゃ、切り捨てられるこの気持ちはわからない。

切り捨てられるにもかかわらず、生活にいっぱいいっぱいで声すら上げられない人もいる。

それを無視して政治は行えない。

市長である自分が味方にならなければ誰がなるの?

智子の考えは最後までぶれなかった。

藤堂は国政に行くことを決めた。

智子が出した答えは・・・直接民主主義!

智子はテレビの生速報で、ニューポート計画の事実を伝えた。

批判的な伝え方ではなく、メリット・デメリットをあげながら。

そして智子が下した決断は・・・市長である自分が決めないというものだった。

市民の議会を開いて、市民に決断してもらおうとしたのだ。

斬新すぎる直接民主主義、うまくいくのかな?

例を見ない市民の議会。

みんな「私なんかが言ったところで・・・。」という気持ちが根本にあってなかなか人が集まらない。

しかし智子の仲間の新人市議仲間たちも、智子とともに駆けずり回って市民にアピールする。

日に日に人が集まるようになっていく。

そしてついに議席が満席になる日がやってくる。

老若男女問わず、中には選挙権のない学生も集まる。

ニューポート計画反対派の河原田もやってきて、自分の意見をしっかり述べる。

推進派の技術者はその質疑に丁寧に答える。

「私たち一人一人の無関心が積み重なって結局は一部の人間だけが得をする。民衆の敵は外にいるんではありません。私たち一人一人の無関心。それこそが民衆の敵なんです。」

智子は民衆に訴えた。

確かにそうだね~日本は投票率低いから意識しないと!

みんなが挙手し、自分の疑問をぶつけて納得のいくまで問題と向き合おうとする姿に藤堂は心を打たれていた。

藤堂の父親もその様子を見て、ほほ笑む。

時間がある限りゆっくり話し合うことが政治の原点だと気づいたのだ。

和美も晴れて政治部に復帰することとなった。

しかし和美は会社を退職し、フリージャーナリストとして活動していくらしい。

和美は、政治に新しい風を吹かせた智子の政治活動を本に記して出版した。

数年後、未亜(前田敦子)も母となり、犬崎は隠居し、政治家たちの生活はがらりと変わった。

しかし、あおば市にはほかの市にはないような「幸福感」が漂っていた。

藤堂も国政で活躍しているようだ。

「本当にこの世の中を変えられるのはあなたです。」

私たち国民ひとりひとりに向けられたメッセージのようなドラマだったなぁ~。

選挙、絶対言っているけど、周りにもいくように呼びかけないとね!

「ドラマ民衆の敵」はフジテレビ公式動画配信FODで全話無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「民衆の敵」最終回第10話放送前の見どころ期待

誠に関するエピソードにも期待

公式サイトのあらすじを読む限り、ニューポートを1番作ろうとしているのは犬崎ではなく藤堂家であるようですから、黒幕は藤堂家、つまりは智子が最終的に対決するのは藤堂家ということになるのではないかと思います。

智子が藤堂家と闘うのであればまずは戦略をちゃんと練らないとならないと思われますが、そこで誠が大いに力になってくれるのではないかと予想していますし、そうなることを期待しています。

ただ、誠は藤堂家(家族)と確執がありますから、ニューポート計画や犬崎の悪事を暴いたあとで、ちゃんと家族と向き合うべきだと智子は誠に訴えるのではないかと思います。

誠が藤堂家(家族)とどう向き合えるかどうかも最終回の見どころになると思われますので、そこがどう描かれるのかも期待しています。

私利私欲まみれの古田新太さん

余貴美子さんを市長の座から引きずりおろし、人気がない自分の代わりに篠原涼子さんを次期市長に据えて、裏で操ろうと考えていた大物市議会議員の古田新太さんの執念深さが怖いくらいです。

今度こそ、自分が市長になるつもりなのか?それとも、ニューポート計画を成功させて、それによって得られるキックバックが目的なのか?よくわかりませんが、市民のことを考えているとは到底、思えません。

古田新太さんのせいで、リコール寸前の篠原涼子さんが、ニューポート計画予定地を歩いてみて見つけるのは、埋め立てるには地盤が弱すぎるなどのかなり重大な問題だと思います。

そのまま、工事を進めてしまい、あとで大事故につながることを防ぐために全力で阻止すると思います。

民衆の敵10話の見どころ

民衆の敵、最終回です。智子が民衆の敵となってしまいました。身に覚えのない不正献金疑惑、ニューポート計画の反対側引き金となり、市民は智子に不信感を抱き、人気が落ちてしまいます。

前市長、智子とここまで立て続きに何か起こるのはあおば市になにか嫌な気配があるのではないかと和美は智子に話します。ニューポート計画も実は犬崎ではなく、今まで自分を味方していた藤堂の父親による動きではないかと和美は睨みますが、智子は誠を信じたいと思っていました。

ある日、誠は和美を呼び出し、犬崎派閥のたくさんの領収書などをコピーし、不正流失の証拠として富田に証言させたいと話を持ちかけ、和美は裏取りに走ります。

犬崎は智子を追い込むために署名活動の不足分をお金で解決するように若宮に指示をし、智子はどうなるでしょうか!智子と犬崎の最終決戦の行方がみどころです。

智子たちは富田を説得出来るか?

10話では智子の不正疑惑を晴らし、市民の智子に対する信頼を取り戻すことと犬崎の悪事を公表出来るかどうか、この2点が最終回で智子がやるべき課題であると思います。

それが出来るかのキーパーソンは恐らく富田だと思われます。富田を智子側の人間にすることができるか否かが鍵となってくると考えられます。

これは、9話であったように富田が証言をしてくれるかどうかというところになるでしょう。しかし、これは智子1人ではなかなか富田を説得することは難しいかと思われます。

富田の説得に関しては、智子が苦戦するシーンが多数出てくるのではないかと予想しています。ですが、最終的には富田が証言をしてくれるのではないかと予想しています。

これは、藤堂の兄が富田の説得に絡む気がします。

智子は民衆の味方になれるのか?注目の最終回!

最終回では犬崎がリコール署名を集めるのが先か、智子が富田に証言をさせるのが先かの争いになりそうですね。

犬崎は富田を呼び出し証言させないようにして智子を妨害するようです。

そしてリコール署名が足りないと見るや、金で票を買うという暴挙にも出るようですね。

でもこれらを暴くことが出来れば智子や藤堂にも一発逆転のチャンスがあるということになります。

何とか打開してほしいですね。

富田は智子に会いに行き、証言はしないと言いに行くようですね。

金で買われた富田の意思は動きそうにはありませんが、智子ならその考えを変えさせることが出来るかもしれません。

智子がどうやって富田を説得するのかに注目ですね。

ニューポート計画は藤堂の父親が絡んでいるかもしれないという伏線がありました。

これまでの藤堂の行動を見ると、父親や兄たちに反抗しているので、どうやって決着を付けるのかも見どころです。

自分の信じる正義のために父親を糾弾するのでしょうか。

藤堂が活躍する所も見てみたいです。

最終回、智子が民衆の味方になって市民を幸せにする姿が見たいです。

民衆の味方になる智子

不正献金の濡れ衣を着せられ、市民が喜んでいるあおばランド反対を表明し、市民からやめろとの声が大きくなった智子がどう巻き返し、犬崎の悪事を暴くのか楽しみである。

そのカギを握るのが、市役所にいた富田であり、彼の証言を智子はどうとるのであろうか。富田は、前市長の秘書望月の自殺の原因も作っており、人として、悩んでいると思われる。

智子は、そこに切り込んで、富田に訴えるのではないだろうか。

そして、富田が議会で証言することを了解して犬崎の悪事が明るみにでるのではないかと予想する。

それによって、今まで、智子に逆風だった風が代わり、市政は安定して運営されるようになり、智子のやりたかった市民一人ひとりと向き合った政策が実行されて行くのではないかと期待したい!

ドラマ「民衆の敵」最終回第10話放送後の見どころ感想気になったこと

民衆の敵は外ではなく無関心というあなたの心

先日、千葉県市川市の市長選が、投票率が低すぎて市長が決まらなかったということがありました。

投票率の低さは、知っていましたが、ここまでひどい無関心がまかり通っている今の世の中を、訴えたい、そんなドラマだと思いました。

最初このドラマを見始めた時、悪徳政治家を佐藤智子がやっつけてめでたしめでたしとなる、そんな話だと思っていたので、今回のラストは意外な感じがしました。

でも今回、このドラマが言いたかったことは、本当に大切なこと。自分の伝えたい思いや困っていることは、声に出していかなければならない。

そして今の日本の政治のおかしなところは、みんながわかりやすい言葉で伝えていない事、佐藤智子の子供が質問してそれを納得してもらえる答弁。

それこそが、本当は必要なんじゃないか。そんな風に思いました。次の選挙で、このドラマを見て投票に行く人が、増えたらいいなと感じました。

おとぎ話みたいなドラマでしたが、おとぎ話にしない日本であってほしいと思います。

本当の民衆の敵について考えさせられる

藤堂さんがニューポート建設に賛成していたことに驚き、犬崎の本当のバックは藤堂さんのお父さんだったことにもビックリしました。そしてニューポート計画の正体が産業廃棄物処理場であるというのには現実の問題としても起こりうることだと思いました。

佐藤市長が掲げた直接民主主義はとても良いと思いますが、実際はとても難しいなと思います。

しかし市民が政治について興味がないにも関わらず、文句だけは言うと言った藤堂さんの意見はその通りだと思います。

自分1人の意見だけでは何もかわらないと思いがちですが、もう少し政治に興味を持った方がいいとこのドラマを見ていて思いました。

本当の民衆の敵は私たち一人ひとりの無関心という佐藤市長のフレーズはこのドラマを見ていない人にも考えて欲しいと思います。

佐藤 智子(篠原涼子)と藤堂 誠(高橋一生)は国会議員?

見せ場にしたかったシーンはわかるけど微妙

篠原涼子さんと、高橋一生さんが、議会場で2人でとことん本音で話すシーンは、2人ともかなりの長ゼリフで、最終回の見せ場は、このシーンなのだろうということは分かりましたが、高橋一生さんはともかく、篠原涼子さんは、いつもの調子で、だんだんセリフが頭に入ってこなくなってしまいました。

政治に興味が持てない人も、このドラマをきっかけに実際の政治にも興味を持ってもらえたら良いなという思いは、おそらく制作者にあったのではないかと思いますが、そこは、やはり所詮フジテレビなので、普段から報道に力を入れているわけでもなく、設定に無理がありすぎたのかな?と思わざるを得ない出来だったと思います。

高橋一生さんや、石田ゆり子さんを活かしきれなかったのが残念です。

小出 未亜(前田敦子)の子ども

ニューポート事件から3年後、小出 未亜(前田敦子)には子どもができていました。

お相手は犬崎 和久(古田新太)小出 未亜(前田敦子)岡本 遼(千葉雄大)園田 龍太郎(斎藤 司)だれでしょ?

智子と和美の友情愛

「視聴なんてやめちまえ。あんたは民衆の敵なんだよ。」と罵声を浴びせられる智子がかわいそうでした。でも、犬崎に騙されていた以上、「私のこと信じてください。」なんて国民に問い掛けても、一度裏切られた人を信用することなんてできないのが人間なんだろうなと思いました。

でも、そんな中でも和美だけは違って智子に寄り添ってあげていたのには感動しました。しかも、智子が「私は民衆の的なんだって…。」と落ち込んだ声で和美に言うと和美は、だから市長なんて無理だとか、犬崎に転んだのが悪かったとか、智子のことを責めるわけでもなく、「それは奇妙な風のせい。」と慰めていたのにはさすが友達だなと思いました。

そして、ニューポートの建設に藤堂が関わっていたことには驚きました。

投票とそのための勉強を忘れずに

篠原涼子さんと高橋一生さんの長い二人芝居のシーンが一番見応えがありました。主人公の智子がいくら理想を語っても、現実が見えている誠の意見の方についつい頷いてしまっていましたね。

少数派はその名の通り数が少ないとはいえ救い切れる数でもないわけで、それならば大勢が利益を得られる方向に舵を切るのも仕方ないのかなあ、と。皆が皆、市政や国政について時間を割いて勉強して正しい判断を下すというのも難しいでしょうしね。

しかし智子がそこで諦めずに市民を呼んで勉強会を開いたりして投票率アップに繋げていく活動は良かったと思います。

市民の声を反映させるにはやっぱり投票率を上げなくてはいけませんし、投票するならば今起きている問題についてしっかり勉強してからでないとあまり意味がないのですから。智子が訴えていたそういう部分はこちらもしっかり心に留めておかなければならないと思いました。

無関心な民衆たちについて

市民が参加する議会。これは本当に大切なことだと思いました。主役である佐藤議員すら、選挙に行ったことがないという話の展開。確かに代表である議員が色々と決めてくれるが、良い街にするには一人一人が関心を持って参加しなければ良い市にすることができない。本当に自分の街でも何が話されて何が検討されているのか全くわからない現状。

こんな市長さんがいて、みんなで話し合って、という素晴らしいてり組に感銘しました。また周りのサポートする議員さんたちも素晴らしい。

文句を言いながらもひそかに手伝うなんて、この上ない信頼関係が構築されていましたね。理想的な政治のあり方でした。色々と考えさせられる本当にいい話であったと思います。無関心はだめ。関心んもちます!

ドン犬崎はポンと消え、やはり怖いぞ藤堂誠

市議会の汚い手段のゲス犬崎を討ち倒しました。リコールの署名人数を満たすために、金を使えと指示するのも許せませんでした。

犬崎を討ち取るために藤堂は危険を省みず、犬崎派の領収書のコピーを記者の和美に渡して記事にしてもらい、富田にゲス犬崎からの指示で悪事を働いた事を自供させて、市長の智子が信頼し過ぎるくらい、藤堂誠はできる男でした。これで智子のやりたかった政策が進むと思いました。が、結局のところ藤堂の犬崎潰しの行動は、犬崎のした事と変わりないと見ました。

富田には金を握らせて協力させて、領収書のコピーは犬崎が変な事をした時のために取って置くようしただけで、藤堂自身も昔ながらの政治家だった事が分かり、市長の智子が助かったのは良かったけど、残念でなりません。

最終回を見て思ったこと

今回は、とにかく面白かったです。最初の方は、犬崎をどうやって落とすかというのに取り掛かっていたけれどまさか、議員がみずから離党するとは思っていなかったので驚きました。また、最初の方は本当に落とせるのかというのもあったけれど、藤堂が記者に情報提供をするとは想像してなかったので、その時はこれで犬崎を落とせるとみてる側も思いました。

そして、議会での市長と藤堂の長セリフは、1番見どころたっぷりで面白かったです。まさかここで、藤堂がニューポートに賛成であるというのは思っていなかったのでとにかく驚きました。でも、このシーンがあったからそのあとの市議会にうまく繋がったのかなと思いました。それをみた藤堂のなるほどという感じが良かっです。


⇓   ⇓   ⇓
民衆の敵1話あらすじ
民衆の敵2話あらすじ
民衆の敵3話あらすじ
民衆の敵4話あらすじ
民衆の敵5話あらすじ
民衆の敵6話あらすじ
民衆の敵7話あらすじ
民衆の敵8話あらすじ
民衆の敵9話

民衆の敵のキャスト
民衆の敵の脚本家

高橋一生の演技力
篠原涼子の演技力
民衆の敵の桐谷美玲
前田敦子の演技力

古田新太の演技力
民衆の敵石田ゆり子の演技力

民衆の敵望月

民衆の敵のデリヘル嬢
民衆の敵の主題歌
民衆の敵「宇野実彩子」

ドラマ『民衆の敵』の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ『民衆の敵』はフジテレビ公式FODで全話無料で視聴できます!

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!

民衆の敵を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
ラブホの上野さん(2017年11月30日まで)
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。

そして、雑誌も見放題


⇓   ⇓   ⇓  
コードブルー3最終回の超絶あらすじ

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

YAHOO IDで登録で民衆の敵を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-民衆の敵

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.