ドクターx

ドクターx動画フル2017第5シリーズ10話最終回無料パンドラで見れるの?

更新日:

ドラマ「ドクターx」動画2017第5シリーズ第10話最終回はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料見逃し再放送で見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドクターx動画2017第5シリーズ第10話最終回の動画は見つかりませんでした。

ドクターx動画2017第5シリーズはunextという公式動画配信会で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドクターx5動画2017第5シリーズのキャスト


大門 未知子(だいもん・みちこ)(41)米倉 涼子
西山 直之(にしやま・なおゆき)(29)永山 絢斗
城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)(38)内田 有紀
海老名 敬(えびな・たかし)(54)遠藤 憲一
原 守(はら・まもる)(43)鈴木 浩介
森本 光(もりもと・ひかる)(35)田中 圭
伊東 亮治(いとう・りょうじ)(30)野村 周平
有馬 亘(ありま・わたる)(31)中林 大樹
黒川 慎司(くろかわ・しんじ)(29)上杉 柊平
志村 まどか(しむら・まどか)大地 真央
猪又 孝(いのまた・たかし)(54)陣内 孝則
神原 晶(かんばら・あきら)(70)岸部 一徳
鳥井 高(とりい・たかし)(53)段田 安則
内神田 景信(うちかんだ・かげのぶ)(70)草刈 正雄
蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)(66)西田 敏行

ドラマ「ドクターx5動画2017第5シリーズ」第10話最終回のゲスト

加地 秀樹(勝村 政信)

勝村政信(カツムラマサノブ)

生年月日:1963年7月21日 (54歳)

出身地:埼玉県蕨市

身長:173 cm
血液型はA型

埼玉県立浦和北高等学校卒業

所属事務所はシス・カンパニー。

加地 秀樹(勝村 政信)の役

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い外科医。

肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。

大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

ドラマ「ドクターx5動画2017第5シリーズ」第10話最終回のあらすじネタバレ

美知子の病気はガンだった・・・

未知子(米倉涼子)は突然倒れ、精密検査を受けることとなる。

美知子の同志であるフリーランスの麻酔科医・博美(内田有紀)が検査室の前で祈るように待っていた。

そこへ神原晶(岸部一徳)も急いで駆け付ける。

美知子の病状はいったい・・・!?

検査の結果が神原医師相談所に持ち込まれる。

美知子は検診をマメに受け、自己管理していたのに病気を患っていた。

神原と博美は美知子に病状を伝えるのが気まずそう。

まずい病気なのかな?

鉱角膜副種ステージ3、このままだともって3か月の病状だった。

自覚症状は全くなかったそう。

これは静かに症状が進むガンらしい。

日本での治療は厳しいそう・・・。

いつも自信満々な美知子の目にもうっすら涙が浮かんでいた。

内神田のオペをやるのは、加地!?

その頃院長室では、「日本医師倶楽部」会長・内神田(草刈正雄)の食道がんの検査結果を3タカシが見つめていた。

「これを切れますか?あなた方に?」

3タカシもこのがんの進み具合を見て、これを切れるのは美知子しかいないといった。

それは蛭間(西田敏行)も同意見だ。

しかし、美知子と神原名医紹介場とは東帝大は取引停止中だ。

それに内神田は美知子のことを毛嫌いしているから厳しいだろう。

内神田は蛭間に「美知子のようなフリーターに切らせるわけにはいかない。私の命は君たち東帝大にすくってもらいたい。」と胸の内をさらけ出していた。

3タカシは、この患者が内神田ということを知り、恐怖におののいた。

このリスキーなオペをやりたい!と声を上げた医師が痛そう。

いったい誰なんだろう・・・。

その意志が院長室に呼び入れられる。

かつて東帝大にいた“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)だった。

海老名(遠藤憲一)は大喜び、猪俣(陣内孝則)は怒りを前面に出していた。

加地タカシとか言い出してる蛭間、うける(笑)

加地は、神原名医紹介場に内神田の検査結果を持っていく。

「食道がんステージ4A。」

野心あふれる男・加地は、外科部長の座を狙ってこのオペを引き受けた。

しかしこのオペの厳しさを感じている加地。

加地は「どうだ?力かさないか?」と美知子に言った。

しかし美知子は「いたしませ~ん。」といった。

美知子はボストンに行くから無理だといった。

いつも通り元気にふるまう美知子だった。

それを神原が痛々しい表情で見つめる・・・。

美知子が内神田の手術をすることに!

美知子に断られた加地は、蛭間にオペを断りに行った。

蛭間もそれがお見通しだ。

蛭間の「次の手」というのは西山(永山絢斗)だった。

西山は内神田の息子だから、美談に仕立てようとしたのだ。

しかしまだ経験の浅い新人医師のに西山にはこのオペは無理だった。

そこへ美知子がやってくる。

「患者を死なせんな。このオペは私じゃなきゃ無理。」

「後腹膜腫瘍ステージ3。これは私。」

美知子は大病を患っていたことを院長室の面々に打ち明けた。

痛み止めを打ってオペに臨めばなんとかできると無茶なことを言う。

しかし蛭間はその無茶をお願いする。

「東帝大学出入り禁止、一時解除。」

まーったく都合がいいんだから~。

内神田の手術に立ち会うものだけの極秘カンファレンスが開かれる。

「診断は食道がんステージ4A。オペは合わせて4時間で終了。ハイブリッド人工血管の用意もよろしく。」

その言葉に会場はざわつく。

本当にそんな速さで終わるのか?

しかしみんなの疑問に答えることなく美知子はいつもの調子でランチに出て行ってしまう。

しかし会議室から出た美知子は体の痛みに侵されていた。

院長と3タカシ達は、美知子のひどい病状を見て言葉を失う。

こんな病状の美知子にやらせて“もしも”のことがあったら・・・。

鳥井(段田安則)も蛭間も美知子に命を救ってもらったことがある。

蛭間は美知子に“完璧”なオペを求めていた。

蛭間は美知子の体のことなんて顧みることもなく無理やりやらせようとする。

3タカシはそれには向かうことができず、「・・・御意。」といった。

内神田の執刀医は息子である西山だ!

内神田の目の前で執刀医が発表される。

西山が執刀医として紹介された。

「彼と二人にさせてくれませんか?」

病室で内神田と西山は二人きりになる。

内神田は西山が執刀医になったことをうれしく感じるといった。

しかし、西山は内神田の心を見透かしたようにこう言い切る。

「うそだ。あなたは患者になって大門先生のような医者に執刀してほしいと思ったはずだ。しかし、それをあなたの立場が許さない。大学医局の権威は地に落ちる。あなたの作った組織に殺されるんです。」

内神田は痛いところを突かれたのか、「出て行け。出ていきなさい。」と西山を病室から追い出した。

海老名は美知子の体調を心配するが、美知子はそんな海老名のことなど無視だ。

いつも通り定時に帰る海老名の“パートナー”博美と、美知子。

西山が大門を追いかける。

西山は、美知子が内神田のことを救うよりも、自分自身の治療に専念してほしいと頼んだ。

美知子にとってどんな人でも“患者”だ。

加地は焼き肉のクーポンをもって立ちすくんでいた・・・(笑)

原(鈴木浩介)、森本(田中圭)、加地、海老名は15%オフのクーポンを使って焼き肉を食べに来ていた。

「デーモンのオペをやらせてください!みんなでちょっとづつ切ってやろうじゃないか!どすこいどすこい!!」

すごい弱気集団だな(笑)ノンアルコールでこのテンション!?怖いわ(笑)

美知子と博美はいつも通り過ごしていた。

博美はそんな美知子の強さに驚いていた。

美知子はどんな医者も患者の立場に立つべきだといった。

「患者になるのって、意外と怖い。」美知子はいつものようすでそう言った。

「しておきたいことしようよ?」博美は美知子にそういう。

「ないな、なーにも。だって死ぬなんて思ってないもん。」

博美と美知子は顔を合わせないように泣いた。

はぁ、せつない。美知子に助かってほしいよ~。

美知子は神原の願いを聞いてあげるのか!?

西山はひとり残業し、内神田と美知子ののカルテと検査結果を見ていた。

美知子は神原名医紹介場に帰ってくる。

神原は憔悴した様子だ。

「美知子、今すぐボストンに行きましょ。」

内神田のオペは明日、美知子のオペは明後日・・・。

あんな嫌な奴のオペしないで自分の命を大切にしてほしいよ~。

明日のオペに出たら、美知子のオペに間に合わない。

神原は珍しく、美知子の破天荒ぶりに怒った。

神原は美知子に助かってほしいのに思い通りにならない美知子に苦しんでいた。

一番大事な時に、一番大切な愛弟子のオペができない自分にくるしむ神原。

こんなおじいちゃん泣かせるなんて・・・不憫よ~。

神原のお願いを聞いてあげてよ・・・。

美知子は泣きながら、神原に抱き着いた。

「わかったから、泣かないで・・・。」

一体美知子はどんな決意をするんだろう?

翌朝、美知子はパソコンで検査結果を見ながらノートに何かを書いていた。

泣き疲れて寝てしまった神原を置いて、美知子は病院に向かった。

内神田の病室に西山が入ってきて「全力を尽くします。よろしくお願いします。」

内神田は「たのんだぞ、直之。」初めて西山の下の名前を呼んだ。

病院に向かう道中、美知子は病魔にむしばまれその場にへたり込む。

こんな体で長時間のオペなんて絶対できないよ!

美知子はオペ入りの時間に遅れていた。

美知子の身に何か起きたのかも・・・!?

待ちきれない蛭間は、「準備整った?オペ初めて。」と指示する。

美知子がいないというのにそんなことできるの!?

美知子不在の仲、西山によるオペが始まる

オペ室にも波紋が広がるが、西山は内神田の執刀をする覚悟を決める。

がんばれ西山―!!!

これはピンチに美知子が現れる感じかな?!

「父親のために息子が奮闘するが、失敗する」それが蛭間の狙いだったのだ。

かわいそう・・・西山にとってもトラウマになりそうだ。

西山は思った以上にオペが上達していた。

しかし、症状も想像以上に難しいものだった。

無茶して踏み込もうとする西山に、3タカシがつい声を上げる。

踏み込むな!親父さんを殺すな!

西山が諦めようとしたとき、美知子がオペ室に入ってくる。

よかったぁー!!!!!

美知子は西山を誉め、執刀医を代わる。

美知子は病気とは思えないほど、スムーズに内神田の手術は行われる。

その頃うなされて起きた神原、は消えた美知子の姿を探して一冊のノートを発見した。

見学室に神原が現れる。

拒む猪俣だが、「美知子の最後のオペかもしれませんのでお許しください。」という神原の言葉に心を動かされ許可する。

美知子の体に異変が・・・薬の効果が切れてきたようだ。

それにもかかわらず、美知子は「私、失敗しないので。」といい、激痛のなか手術を続行した。

「・・・・ごめん。」小さい声で美知子がそういう。

息が苦しそう、美知子がんばって!!!!

美知子は外科医の理想像を語りながら執刀する。

「一番大事なのは、どんなに厳しいオペでも患者を見捨てないこと。私の大事な師匠が教えてくれた。」

美知子はそう言い、苦しみの中で執刀し続ける。

手術時間は6時間を優に超えた。

しかし手術は成功を収めた。

よかった・・・。

3タカシからも大きな歓声が上がった。

内神田の手術は見事成功!しかし美知子が倒れる!

しかし美知子はオペ室を出た瞬間、その場で倒れこんだ。

み、美知子―!!!!

美知子が第二オペ室に運ばれることに。

美知子が執刀医に選んだのは・・・西山だった。

「わたし・・・患者でも失敗しないので。」

美知子は急いでオペ室に運ばれるが、その行く手を蛭間がふさぐ。

蛭間は、内神田を放って美知子の処置にあたろうとする医師たちを怒った。

博美がみんなの気持ちを代弁するように「それでも医者か、クソじじい!」と怒鳴りつける。

3タカシが内神田の術後管理を引き受け、それ以外のメンバーはみんな美知子のオペに。

開腹してみると、美知子の腫瘍は思った以上に難しいものだった。

しかし西山は術式を変更し、手際よく手術を続ける。

しかし、やはり困難が立ちはだかる。

もう無理だ・・・となったとき、神原が助言する。

なんと美知子は自分のオペのためにノートを残し、アメリカから「ハイブリッド人工血管」を取り寄せていたのだ!

なんて用意周到な(笑)

そのノートには起こりうるすべての可能性に対する対処方法が記されていた。

それが美知子が「失敗しない」理由だった。

蛭間もその美知子の勉強熱心で真剣な命への向き合い方に心を打たれていた。

いつも美知子の「本気」に向き合ってきた医師たちは、それを美知子に返そうと真剣にオペに取り組む。

蛭間と内神田逮捕!美知子は外国で外科医を続けていた!

後日・・・。

神原が蛭間のもとにメロンと請求書を持ってくる。

「ありがとう。」蛭間は珍しく素直に礼を言う。

マスコミでは内神田の根治は美談となり、東帝大の株は急上昇。

請求額は言い値でいいですよ~と上機嫌な蛭間。

三十五億円!!!!?(笑)

「大門、残念だったね。もっとオペしたかっただろうな。」

えっ?美知子、亡くなっちゃったの・・・?

請求書は5000万円だった。たかっっ。

美知子がいなくなった病院は、今までと変わらず権威にひれ伏していた。

東帝大と日本医師倶楽部に、東京地検特捜部が押し寄せる。

忖度のしすぎや(笑)

神原名医紹介場は閉鎖された。

博美はそこに残された一枚の写真を見つめた。

ベンケーシーと神原は美知子との思い出の場で、蛭間と内神田が逮捕された新聞記事を見ていた。

なんと、美知子は生きていた!

美知子は外国の病院で、美知子の風を吹かせていた!

ドクターX、おもしろかったー!また続編やってほしいなぁ。

ドラマ「ドクターx5動画2017第5シリーズ」第10話最終回放送前の見どころ期待

大門未知子が手術して、される

大門が倒れている所で終わって何の病気なのか、誰が手術するのか、無事に健康な体に戻ってまた手術をすることができるのかが気になる所である。内神田の息子が執刀医なのか...

いつも患者の異変にすぐ気づくのに、自分の体調の異変には全く気づかなかったのだろうか。

内神田は食道癌で、大門には手術されたくないと言ったが、あきらさんは大門なら手術できると言ったのを聞いた時に、内神田の顔の表情が変わった...大門は汗をかきながら手術をしていたが、内神田の手術をしていたのだろうか。

また、紹介所の存続はどうなるのだろうか。訴えられていたのは?大学病院をクビになったのは?

いくつもの問題があるが、最終回に無理矢理バタバタと話を終わらせるのだろうか。

倒れてしまった大門先生。一体、何が?

内神田会長によって、神原名医紹介所が、ピンチに。大門先生も、医師を続けることが、ピンチに。

なぜ、内神田会長は、神原さんを、排除しようとしているのでしょう。そして、9話ラスト。

大門先生原先生倒れてしまいました。ずっと、命を助けてきたのに。今まで、見たことの無い、大門先生の姿。何が起こったんでしょう。

大門先生は、病気になってしまったんでしょうか?もし、大門先生が、重病なら、誰が、手術、治療をするのでしょう。大門先生以上の医師がいるのでしょうか?

一方で内神田会長の手術は誰が行うのでしょうか。とても難しい手術は、大門先生にしかできないのでは。どうも、加地先生が、戻ってくるようですが。

大門先生は、医者を続けることが出来るのでしょうか。

「さらば、大門未知子」の字幕が、どういう意味なのでしょうか。来年まで、「さらば、大門未知子」という事ならば、良いのですが。

内神田会長と未知子にいったい何が? そして加地 秀樹(勝村 政信)の出番は?

最後の患者が内神田会長になるのは大方の予想どおりだったと思いますが、主人公の大門未知子まで倒れるとはさすがに予想できませんでしたね。

まあ、そうは言いつつ内神田会長のオペに立っちゃうみたいなんですが、未知子は。

昌さん達の心配ぶりからしてただの過労で倒れたとかではなくて、何かしらの病気が見つかってしまったのだと思うんですけどね。

それで果たして内神田会長の難しいオペを成功させる事が出来るのか?

そもそも未知子に切らせるつもりのない会長が、調子が万全でなくなった彼女にオペを頼む理由も分かりません。

最終回で二人にいったい何が起こるのか? そして遂に東帝大へと帰ってくる加地秀樹先生ですけど、ちゃんと十分な尺と見せ場を貰えているのか?

好きなキャラクターなんで大活躍してほしいですけど、加地先生なしでもドラマが盛り沢山なのでちょっと心配です。美味しい役が用意されていると良いんですけどねえ……。

まさか⁈米倉涼子さんに余命宣告?

内田有紀さんと買い物をしている最中に、お店で倒れてしまった米倉涼子さん。

右手は動き、意識はあるようですが、その後にお腹をおさえて、しゃがみこんでしまう仕草をしているので、かなり危ない状態ではないかと心配です。

これまで、患者の検査は数え切れないほど行ってきた米倉涼子さんですが、自分が検査を受けるとなると、MRIさえも怖いと感じるらしいです。

そして、米倉涼子さんの技術でなければ出来ない草刈正雄さんの手術の日がやってきます。患者のことは好きになれなくても、病気の患者を救いたいという気持ちは変わらないので、痛みをこらえて手術をするようです。

でも、そんな米倉涼子さんの手術をできる医師はいるのか?と心配です。

内神田の食道がんは誰が切る?未知子のオペを内神田は認めるのか?

最終回ではいよいよ内神田と神原、未知子の対決の決着が見られますね。

内神田も神原もどちらも自分の正しいと思う道を進んでいるだけに簡単には歩み寄れる感じでは無いですね。

内神田は食道がんに侵されていて、でもそのオペを成功させることが出来るのは未知子しかいない。

未知子のオペを否定する内神田にとっては耐え難いものになると思います。

でも内神田と神原はすれ違いはありますが、何かお互い誤解しているような気がします。

内神田が神原を認め、そして未知子も認めることが出来るかがこの対決のカギになるような気がします。

そして最終回では未知子が倒れるという緊急事態が発生するようですね。

自分で自分の病は治せないので、西山や他の医師の手助けがあるのかもしれませんね。

未知子は病を抱えながらどうやってオペを成功に導くのか、最終回に期待したいです。

大門未知子が患者に! そこに救世主?のドクターYの華麗な登場!

最終回、多くの命をその手一つで救ってきたドクターXこと大門未知子がついに倒れる。

更に日本医師倶楽部の内神田会長も末期の食道がんステージ4である事が発覚。

未知子でないと治せないが未知子自身もの命も危険な状態でどうにもならない時、あのドクターYこと腹腔鏡の魔術師、加地秀樹が華麗に復活!

英雄は最後に来るとばかりに登場するが、美味しい所を貰って行けるほど甘くは無く、どこか抜けてしまうだろう。

しかしながら加持秀樹の登場は同僚も含めて最終回に相応しい賑やかさになるに違いない。

未知子はあの内神田会長のオペも見事成功させるだろう。

なんだかんだ言っても内神田会長も人の子だから、流石に自分の命を救ってくれた人を悪くはしないだろう。

だがもし名医紹介所が潰されても、その能力を必要としている所がどこにでもあるので、たとえ外国であっても神原と未知子らは十分やっていけるから、どっちにしてもそれほど問題では無いでしょう。

ドラマ「ドクターx5動画2017第5シリーズ」第10話最終回放送後の見どころ期待

大門未知子の命「わたし、患者でも失敗しないので」

えっ、えっ、えっといった前回のラスト。今まで見たことのなかった、大門未知子が倒れた姿。想像もしたことがありませんでした。

何が起こったのという感じ。しかも、余命3ヶ月。冷静に、自分の結果を分析しているなんて。辛いです。どんな病でも「わたし、失敗しないので」といって、手術していたのに。

大門先生の病は、誰が治すのって。一方、内神田会長の手術を、大門先生が執刀することに。

内神田会長からは、疎まれているのに、命優先なんですね。それは、命がけのオペになってしまうのに。

そして、「どんな医者でも、患者になっておくべき。怖い」って言葉。本心なんですね。

そんな大門先生を助けようとする海老名先生、加地先生、原先生達、涙出そうでした。

そして、大門先生の命を優先してほしいと願う晶さんの涙は、辛くて、辛くて、辛すぎます。

でも、内神田会長の手術へ。体が辛い中、手術に対する熱い信念。凄すぎますね。

そして、自分自身の手術を想定したノート。凄い、ほんとに凄いです。

そして、大門先生を死なせないという先生達の団結。やっぱり、涙です。

そして、蛭間院長の「残念だったね」の言葉。まさか、かっこいいハイヒール姿の大門未知子は見られないの?「わたし、失敗しないので」という言葉は、もう聞けないのでしょうか。と、思っていたら、大門未知子復活。

なんだか、スッキリした気持ちで、見終わりました。

未知子の医師としてのプライドに感動!

今回は、病に倒れた大門未知子は助かるのか?が見どころでした。今まで多くの患者をオペで治して来た未知子が、今度は患者になり、しかも自分のオペについてあらゆる可能性を想定してノートに記し、それを元に手術が進む展開に、未知子の医師としてのプライドを感じて、胸が熱くなりました。

また、自分のオペの執刀医に、熱意のある若手医師・西山を指名したことも、感動しました。

西山はいつも未知子の手術を見て、未知子のような医師になりたいと思っていますが、まだ手術の経験が浅く、医師としてはまだまだです。

その西山のことを未知子は信頼していたのだな、とホロッと来ました。きっと、西山は良い医師になるのだろうな、彼の成長をまた見たいな、と思います。

ぜひ、次のシリーズでは、未知子と西山の再会を見たいです!

またまだ続く⁈ドクターX

大門未知子は、本当に手術中に亡くなってしまったの?と、なんだかモヤモヤしたままエンディングになってしまいました。

「ここから、また新しく始める」という神原晶さんの言葉と、ネコのベンケーシーを信じて、次のシリーズが始まるときに、たね明かしされるのを楽しみに待ちたいと思います。

10話で、やっと勝村政信さんが、登場してくれたのは良いのですが、意外と活躍できずに残念でした。その代わりに、永山絢斗さんが随分、頑張ってくれたので、次のシリーズにも継続して出演してくれたら良いなと思います。

これからも色々な病気に対して「私、失敗しないので」という大門未知子さんの見事な手術の腕を見たいです。視聴率も断トツに高いので、まだまだイケるはず!だと思います。

加地先生現る!ドクターYとドクターXの再共演

MRIのシーンから始まりましたが、未知子に一体何があったのだろうと思いました。

博美が言うには毎年検診を欠かさず受けていたのにも関わらず病気になってしまった未知子。

やっぱり医者という職業は自分の身体の異変には気づかないものなのでしょうか。

それとも、未知子は優秀な腕の持ち主だから気づいてても患者さんのために頑張って手術して病状が悪化してしまったのかなとも思いました。

サイレントキラーは本当に怖いですね。そんな中、内神田会長の病気が見つかり、加地先生が戻ってきてびっくりしました。

加地先生ー!と1人で叫んでしまいました。加地先生の「でぇもん。」が聞けて、そして、加地先生と未知子と晶さんの麻雀シーンがまた見れて本当に嬉しかったです。

どんな時でも大門未知子は失敗しないので!

未知子の命が助かるのか、誰が助けるのかが一番の見どころです。心に残ったのは、晶さんが未知子の命を助けたいからこそ危険な手術を止めようと説得する場合です。一言一言がとても感動しました。

晶さんが声を詰まらせながらも、未知子には生きていて欲しいと涙ながら訴えていて私も一緒に泣いてしまいました。

師弟関係を超えた我が子のような存在なんだと感じました。

未知子はその言葉を押し切って内神田会長の手術を痛みに耐えながら無事成功し、自分の手術も色んなことを想定しながら成功に導きました。

執刀医でも患者でもどんな時でも、失敗しない努力家の最強の医者でした。無事に未知子の命が助かり本当に良かったです。

最終回に加地先生も登場し、未知子や海老名先生達とのやり取りがとても面白かったです。また大門未知子に会いたいです。

笑いあり感動ありの最終回

加地先生が最終回に出て嬉しいです。やはり加地先生、海老名先生、原先生トリオは面白いのでやっと揃ったという感じでした。

未知子が余命3ヶ月だという事が分かると、先生方がとても心配している様子が微笑ましかったです。

今まで散々嫌っていたのにみんなどこか未知子の事を嫌いになれずに心配していて仲間だなと思いました。

自分も患者なのに内神田会長のオペを優先する未知子は本当のプロだと思いました。そして未知子にボストンで手術するように話した晶さんの言葉も感動しました。

また内神田会長の手術中に未知子が晶さんからの教えをみんなに言っているシーンは涙が出てきました。

未知子のオペをみんなで力を合わせて成功させて本当に良かったです。蛭間院長が逮捕されたのはちょっとかわいそうだなと思いました。

まさかの重病から見事な復活

未知子の病気は勘違いか何かだと思っていたら予想外に重症で驚きました。このシーズン5で未知子の外科医としての話を完全に終わらせるんだろうかとハラハラしながらの視聴でしたよ。

医師として西山達に遺言めいたものまで語っていましたし、神原名医紹介所も閉まっちゃいますしね。

しかし最後にキューバで元気にやっている未知子と昌さんの姿を見てホッとしました。

日本や東帝大にとっては大きな痛手ですが、また何かあればあっさり帰ってきてくれそうですし、それに彼女が師匠めいた事をして鍛えてやった西山もいるので大丈夫でしょう。

一方で悪巧みに励んでいたおじいちゃん達はしっかり逮捕されて、終わってみれば文句なしのハッピーエンドです。

次があれば未知子は休ませて西山や他の医師達が主役のスピンオフなどが見てみたくなりました。

未知子のがんは誰がオペする?未知子の命は助かるのか?

最終回は未知子自身ががんに侵されてしまってそのオペを一体誰がどうやって治すのかをドキドキしながら見ていました。

その前に内神田のオペを成功させる未知子も鬼気迫る表情で凄みを感じました。

鎮痛剤が切れかかってピンチでしたが、自分の外科医としての信念を口に出すことで、正気を保とうとしていたんでしょうね。

西山を執刀医に選んで「私患者としても失敗しないので」というシーンも良かったです。

未知子は西山の外科医としての資質を見抜いていたのだと思います。

未知子が最後のオペで口にしていた言葉は、同時に西山にも力を与える言葉だったと思いました。

自分のがんの進行具合と術式を細かくノートに記してあったのはさすが未知子ですね。

このノートと西山の技術があれば、「失敗しないので」という未知子の確信も当然だと思います。

東帝大を離れ、キューバで再スタートしようとする最後でしたが、あれは次のシーズンで引き継がれるのでしょうか。

続編が楽しみになるラストシーンでした。

「大門先生死ぬはずない・・誰もがわかる展開」

最後までかっこよかったですね。敵を全員感動させ味方に引き込んだというのは想像どおりの展開でしたが悪2人の逮捕というのは不要かもしれません。

韓国ドラマではないので少なくとも私は期待していなかったです。

十分にスキッとした後だけに雑音のようでした。当たり前の展開ではありますが大門先生が死んだように見せようとしたのはもうひと工夫いるのかと。

患者でも失敗しないのでという言葉は無条件に頭に残り、かつ人口大動脈の購入は万全、ありとあらゆる想定外事象への対応策記述など完璧な準備がなされていただけに死ぬはずがない、にもかかわらず死んだような会話を設定したのは、韓国ドラマ程度に格下げ・・単なるジョークですかね?

展開また再展開があたりまえの複雑かつ緻密な日本ドラマにあって、あれは安っぽい。

早く結論教えろよという気持ちでした。でも最後は期待を裏切らなかった、ペルーへ帰還とは。最高の終わり方でした。続編期待します。

大門未知子病に倒れるどうなるドクターX

大門未知子自身が病気にかかり、どうなるドクターXが見どころです。

大門を排除しようとする内神田会長が、末期の食道がんにかかるが、手術できるのは大門しかいない。

蛭間院長は、内神田会長の息子西山に手術をやれせて、息子が父親を助けようとするという美談にしようと企て、最後まで、策士であると思った。

結局は、大門が手術することになるのだが、手術前に、大門が自分の病で倒れてしまう、どうなるとハラハラ見ていました。

西山が諦めかけて時、大門がさっそうと入ってきて、手術を無事終了させる姿を見て安心したが、そしたら、大門が倒れてしまった。

大門を手術をするのは誰だ見ていたら、やはり、西山だった。手術も成功してやれやれという感じの最終回でした。

なんと内神田会長の手術費用は35億円!ではなく、5000万円


いつもどうり、神原 晶(かんばら・あきら)(70)岸部 一徳が蛭間院長に内神田会長の手術費用の徴収に来た!!!

これで、最後だからあなたの言い値でいいよと言う蛭間、まあ最後だから、いつもは1000万円だから今回は2000万円くらいだと思っていた蛭間。

しかし、なんとその請求額を見てびっくりなんと内神田会長の手術費用は35億円!だった!!!!

これには、蛭間もおいおいおいおいおとなる。

神原は笑っていう。さすがに冗談です。といい、もう1枚の請求書を蛭間に渡して院長室をでていく。

そして、最後はまあ、2000万円くらいかと言って、領収書を見る蛭間。

その金額は5000万円だった!

⇓  ⇓  ⇓
ドクターX第1シリーズの概要
ドクターX第2シリーズの概要
ドクターX第3シリーズの概要
ドクターX第4シリーズの概要

第5シリーズ1話あらすじ
第5シリーズ2話あらすじ
第5シリーズ3話あらすじ
第5シリーズ4話あらすじ
第5シリーズ5話あらすじ
第5シリーズ6話あらすじ
第5シリーズ7話あらすじ
第5シリーズ8話あらすじ
第5シリーズ9話あらすじ

ドクターXの動画を見る方法は?

「ドクターX」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでドクターXを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ドクターx

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.