ドクターx

ドクターx動画第3シリーズ無料最終回再放送pandora見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドクターx3動画第3シリーズ2014第1話から最終回はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIO,9tsuなどの動画サイトで無料や再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

しかし、これらの動画サイトではドクターx3動画第3シリーズ第1話から最終回の動画は見つかりませんでした。

ドクターxはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドクターx3(2014)第3シリーズのキャスト



ドクターx3(2014)動画第3シリーズのイントロダクション

2012年放送の第一シーズンでは、平均視聴率19.1%を、翌年の2013年放送の第二シーズンでは平均視聴率23.0%を記録して橋田賞・向田邦子賞等の賞を総なめにした、米倉涼子主演の大ヒットシリーズ待望の第三シーズンがついにスタート!

どんなに困難で成功率や術後生存率の低い危険なオペにも、決して臆さずに挑むフリーランスの天才外科医、大門未知子。

腐りきった病院組織に冴えたメスを入れ、救われるべき患者の命を第一にしてきた未知子が、次に送り込まれたのは「国立高度医療センター」。

日本の最高峰を誇る医療技術を世界に示そうと、国が威信をかけて設立した”日本医学界の頂点たる特定機能病院”である国立高度医療センターだが、その実態は東西を代表する大学病院同士の醜い覇権争いの場だった。

持ち前の反骨精神と、たたき上げのスキルを武器に、未知子は「目の前の命を救う。それを自分の命ある限り、続けるだけ」と信念の下、突き進む。

医術の在り方にも一石を投じる、未知子の気高くも痛快な戦いの幕が開ける!

ドクターx3動画第3シリーズ第1話のあらすじネタバレOPE.1

リゾート地として名高い南の島を訪れていたフリーランスの女外科医である大門未知子(米倉涼子)。

そんな未知子が出会ったのは、豪華客船の事故により怪我を負った乗客たちだった。

なんとその怪我人の一人は、以前、未知子が派遣されていた「帝都医科大学付属病院第三病院」で院長を務めていた毒島隆之介(伊東四朗)だった。

過去の遺恨も垣間見せず、素早い手当てを行う未知子だったが、その最中、ある異変に気付く。

後日、毒島が入院したのは、日本が国家の威信をかけて設立した「国立高度医療センター」だった。

毒島はその身体に巨大な心臓腫瘍と破裂した肝細胞ガンを巣食わせていたのだ。

術前カンファレンスが開かれたものの、そのオペをめぐり争いが起こる。

それというのも、海老名敬(遠藤憲一)が率いる東の「東帝大学病院」派閥と、談合坂昇(伊武雅刀)率いる西の「西京大学病院」派閥が、同センター内で権力闘争を起こしており、常に火花を散らせている状にあったのだ。

その争いの様相には、センターの理事である天堂義人(北大路欣也)も頭を抱える程。

毒島のオペの担当を巡って両派閥はぶつかり合い、カンファレンスに暗雲が立ち込める中、突如未知子が現れた。

「私に切らせて。私の患者だから」と言い放つ未知子だったが、すぐに追い返されてしまった。

しかし、未知子の凄腕を知った両派閥の雄によって、状況はあっさりと覆った。

未知子を雇って毒島のオペを担当させ、覇権争いを制そうと双方が考えた為であった。

結果、毒島の担当として雇われた未知子だったが、ここにきて患者である毒島本人が未知子のオペを断固として拒否して…!?

ドクターx3動画第3シリーズ第2話のあらすじネタバレOPE.2

未知子(米倉涼子)が雇われる事になった「国立高度医療センター」では、新総長に就任した天堂義人(北大路欣也)による大胆な組織改変によって、東西の派閥でガチガチに固められていた2つの外科医局が廃止され、名目上は「戦略統合外科」として一本化された形でのスタートを切ろうとしていた。

しかし、両派閥の確執は消える事なく残り、相手派閥を出し抜く機会を虎視眈々と覗っていた。

そんな中、脳腫瘍を患って「国立高度医療センター」に入院してきたのは、「ノーベル賞にいちばん近い日本人」と噂される気鋭の物理学者である風間彰二(又吉直樹)だった。

摘出が困難な箇所に腫瘍が出来ていた為、カンファレンスで手術支援ロボットを使用する事が決定される。

成功させれば、世界で初の成功例となるオペだったが、それに異議を唱えたのは天堂の計らいで同センターに雇われた未知子だった。

ロボットを使わずに腫瘍の摘出が出来ると豪語する未知子だったが、執刀担当に選ばれたのはロボット手術での臨床経験のある外科副部長の双葉健児(マキタスポーツ)だった。

その矢先、未知子と晶(岸部一徳)が足繁く通う寿司屋の大将である築地二郎(モト冬樹)が脳腫瘍に倒れ、「国立高度医療センター」に入院してきた。

築地の脳腫瘍は、手術適応外とされる最悪の場所に出来ていたが、未知子は諦めなかった。

独断をもって”絶対不可能と目されるオペ”に挑もうとする未知子だったが…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第3話のあらすじネタバレOPE.3

ある日、医学界に”平成版春日局”の異名をもって知られる、「日本看護師連合会」の会長の三原雅恵(岩下志麻)が「国立高度医療センター」を訪れた。

かつて看護師の地位向上を勝ち取り、同センターの総長の天堂義人(北大路欣也)からも一目置かれる存在の彼女だったが、その目的は孫娘の三原奈々子(森田彩華)が患った重度の子宮頸がんのオペを依頼する事だった。

即座に開かれた術前カンファレンスで、大門未知子(米倉涼子)はがんの完全切除の為に骨盤内臓を全て摘出する事を提案する。

しかし、その術式では排泄の機能が失われて人工肛門と人工膀胱の増設は必須となる。

それを望まない奈々子本人と家族に配慮して、結局のところ執刀医に選ばれたのは”ミスタークリーン”と称される外科医長の足柄信太郎(高橋和也)で、支給以外の臓器を温存する術式が採択される事となった。

だが、雅恵を前にした未知子は再び骨盤内臓の全摘出を提案する。患者の望みを無視した未知子の主張に、雅恵は「出過ぎた服に出過ぎたマネ」と怒りを露にした。

さらに、そこに居合わせた看護師長の白木淳子(高畑淳子)も雅恵の加勢をすべく、未知子には奈々子に指一本触れさせはしないと宣言し、徹底抗戦構えに出た。

ところが、術前検査の結果、奈々子のガンは予想を遥かに上回って進行しており、未知子が提案した術式以外では、命を救う術はもはやないと判明し…!?

ドクターx3動画第3シリーズ第4話のあらすじネタバレOPE.4

テレビの討論番組に出演した「国立高度医療センター」の総長の天堂義人(北大路欣也)は、その番組内で新組織を国家レベルで立ち上げ、その組織に現在は複数の省庁が担っている医療輸出に関する権限を、新組織に集約させると言う構想を明かした。

この構想を聞いたジャーナリストの四方宏(松尾貴史)は、権力を集約させる構図に真っ向から反論を叩きつける。

さらには「国立高度医療センター」内で頻発する派閥間の覇権争いや、高額の報酬を支払ってフリーランスの医師を雇用しているとの噂にも言及し、番組内で容赦なく弾劾した。

四方はさらに自分が根治不能であると診断を受けた甲状腺未分化がんを患っていることを明かし、自分のガンを治癒させて「国立高度医療センター」が優秀な医療機関である事を全国民に示せと要求したのだ。

こうして「国立高度医療センター」に入院した四方だったが、そのオペの執刀医として真っ先に名乗りを上げたのは大門未知子(米倉涼子)だった。

しかし、四方からフリーランス医師の雇用について指摘を受けた同センターとしては、当のフリーランス医師である未知子にメスを取らせる訳にはいかず、この重大なオペでメスを握るのは天堂がロシアから招致した“甲状腺がんのスペシャリスト”の原守(鈴木浩介)だった。

原はかつて未知子が派遣されていた「帝都医科大学付属第三病院」でも共に働いた事のある外科医だった。

おりしも、「名医紹介所」の所長である神原晶(岸部一徳)が「国立高度医療センター」に姿を見せ、彼が心酔する"神の声"を持つオペラ歌手のサバロッティ(ウォルター・ロバーツ)のオペを極秘に依頼してきた。

サバロッティは来日公演直前に甲状腺乳頭がんによって"神の声"を奪われていた。

彼の声を取り戻すべく、未知子がオペ室の扉を開くその頃、原も四方のオペを開始する。

しかし、この事は同センターを揺るがす事態へと発展する…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第5話のあらすじネタバレOPE.5

相も変わらず「東帝大」派閥と「西京大」派閥がその覇権を巡って火花を散らす「国立高度医療センター」だったが、ついに総長の天堂義人(北大路欣也)は戦略統合外科部長を東の海老名敬(遠藤憲一)か、西の談合坂昇(伊武雅刀)に委ねる事を発表する。

物々しい雰囲気が漂う中、経産省の大物である五十嵐裕久(吉満涼太)が結腸がんを患って入院してきた。

外科部長の座を失いたくない海老名と談合坂は、そのオペを勝ち取って自らの評価を上げるべく動き出した。

しかしその直後、一般病棟に入院しているお騒がせ患者の田中信五(井上順)が病室を脱走し、担当医である談合坂が致し方なく田中を探すうちに海老名が五十嵐のオペを受け持つことが決まってしまった。

海老名が率いる「東帝大」派閥が患者としてのランクも手術の難易度も圧倒的に高い五十嵐を、談合坂が田中のオペを担当する事になり、評価を上げるチャンスを失った談合坂は焦っていた。

しかし、いざ術前カンファレンスを開くと、談合坂は何の魂胆か東西の軋轢を解消するのに意欲を示し出した。

さらには、ライバルの海老名に田中のオペへの助力を請い出す。

大門未知子(米倉涼子)は談合坂の示した術式に納得が行かないと申し立てるが、談合坂はそれを無視した上で未知子を助手に指名してきた。

談合坂の術式への疑問が払拭できない未知子は、自分を執刀医に指名するよう田中自身にかけあうが…。

田中のオペの当日、手術を開始した未知子達だったが、執刀が談合坂から海老名に変わった直後に予想だにしなかった最悪の事態が訪れる!!

ドクターx3動画第3シリーズ第6話のあらすじネタバレOPE.6

以前、「国立高度医療センター」の総長である天堂義人(北大路欣也)が討論番組内で提唱した「日本医療産業機構」の創立。

それを実現する為の鍵を握っている厚生労働大臣から、近く同センターに入院するIT企業社長の六甲貴史(金子昇)をしばらく病院内に預かって欲しいと秘密裏に依頼があった。

しばらくして特患として入院した六甲だったが、天堂は事務局長の加藤峰司(渡辺いっけい)を介して、統一部長の海老名敬(遠藤憲一)をその主治医に指名する。

しかし、戦略統合外科の頂点の座を射止めた海老名はその権力に酔うばかりで、自分が検査入院の患者を受け持つ必要はないとそれを退け、代わりに大門未知子(米倉涼子)に主治医を押し付けた。

直後に、東京地検特捜部の検事である市川達也(嶋田久作)らが六甲を突然訪ねて来た事により、同センターに不穏な気配が漂い始めた。

六甲とは高校の同級生だった城之内博美(内田有紀)が、六甲本人に何をしたのかを訊ねるが「それはヒミツ」とはぐらかされ続ける。

やがて検査の結果が出され、六甲は重度の悪性脳腫瘍を抱えていて、全ての腫瘍を摘出するのは不可能であると結論付けられた。

もし無理に取り除いた場合は、六甲は言語機能を失ってしまうというのだ。

しかし、六甲の秘密を探る特捜は総長の天堂を"センターを六甲の隠れ蓑にしている"と非難する。

その上で、六甲の証言を得るべく、オペを延期するよう要求してきた。

一方で主治医の未知子は患者のリスクを回避して、脳の腫瘍を全摘出する方法を模索し続けるが、さすがの天才外科医にもそんな手段はなかなか思いつかず…!?

ドクターx3動画第3シリーズ第7話のあらすじネタバレOPE.7

ある夜、久方ぶりにナイトクラブを訪れた大門未知子(米倉涼子)は、「名医紹介所」の所長である神原晶(岸部一徳)とダンスを楽しんでいた。

突然、ボディコンギャルの集団を引き連れた騒がしい男(古田新太)が現れ、派手なパフォーマンスを伴ったダンスを繰り広げ出した。

あまりの事態に呆然とする未知子達だったが、その目の前でギャルの一人が倒れ、心配停止状態に陥ってしまう。

すぐに処置に向かう未知子を先程の騒がしい男が押しのけ、何と鮮やかな手さばきで応急処置をしてみせた。

いよいよもって正体のわからない男に、未知子はただ唖然とするしかなかった。

翌日、「国立高度医療センター」において、胃体部がんの患者である琴塚七海(銀粉蝶)と吹田静子(高林由紀子)の術前カンファレンスが開かれた。

未知子はその場で完璧な術式を提案した上で、二人の執刀医を名乗り出た。

しかし、総長の天堂義人(北大路欣也)は未知子を執刀医にさせない事を断言し、その日付で「西京大学病院」から赴任してきた医師の富士川清志郎を招き入れたのだった。

数多くの論文が世界的な評価を受けているという富士川は、そのオペの手腕も超一流だという。

彼こそは、未知子がナイトクラブで目撃した、騒がしい男だったのだ。

その後、富士川からの提案により、富士川が静子を、未知子が七海の執刀を行う事になったが、富士川はその場で未知子にオペの時間を競うことを申し出た。

さらに、外科統一部長の海老名敬(遠藤憲一)にも宣戦布告し、以前覇権争いに敗れて辞職した元外科部長・談合坂昇の席を陣取ってしまう。

そんな中で迎えたオペ当日、同時に手術を始めた未知子と富士川を、誰もが予想し得なかった事態が襲う…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第8話のあらすじネタバレOPE.8

大門未知子(米倉涼子)はある日「国立高度医療センター」で一冊のノートを拾った。

そのノートの持ち主は原因不明の難病「肺静脈閉塞症」で入院する小学生の八田ちひろ(小林星蘭)が、母親の八田和美(堀内敬子)と交わしている筆談ノートだった。

その内容から、ちひろの生命の危機を読み取った未知子は、総長の天堂義人(北大路欣也)に執刀医への任命を求める。

しかし、ちひろの状態は手の施しようがなく、担当医の富士川清志郎(古田新太)が完治不能の判断の下で転院を決めた程だった。

富士川以外の医師もちひろのオペには難色を示す中、ちひろを助けたい一心で未知子は生体肺移植を提案する。

脳死患者からの臓器提供は最速の場合でも3ヶ月を要する為、未知子はそれを待てなかったのだった。

必死の未知子に医局員が呆れる中、天堂はある思惑をもってちひろのオペを承認する。

ドナー探しに奔走する未知子だったが、生態移植のドナーは患者の親戚のみという決まりがあり、親戚と疎遠だという和美達には、ドナー探しは不可能に思えた。

焦りばかりが募る中、またしてもちひろのノートを拾う未知子。

そこには、謎の携帯番号が記されていて…!?

突然、ちひろの容態が急変した。

即時オペを行わなければ、ちひろは命を失う事になりかねない。

一刻を争う事態に、未知子は危険も承知でオペを開始するが…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第9話のあらすじネタバレOPE.9

ある日、街角を歩いていた大門未知子(米倉涼子)が出くわしたのは、ファッション誌の写真撮影をしているスーパーモデルの九重真耶(菜々緒)だった。

同じ服を着ている未知子に敵意をむき出しにする真耶だったが、未知子はそんな事には一切関心は無く、その外科医としてのアンテナはポーズをとるたびに真耶が一瞬浮かべる苦痛の表情を捉えていた。

後日、その真耶が「国立高度医療センター」を訪ねてきた。

図らずも真耶と鉢合わせした未知子は、その場で真耶の腰椎の疾患を指摘し、診察を申し出る。

しかし真耶はこれを無視した上で、何故か外科副部長である加地秀樹(勝村政信)を執刀医に指名してきた。

これに対して、「腹腔鏡の魔術師」とも呼ばれる加地は、脊椎手術が専門外である事を挙げオペを引き受けようとしなかった。

真耶は検査の結果、頸椎腫瘍を患っている事が判明し、その途端に執刀医を拒み続けていた加地が対立する「西京大」派閥の富士川清志郎(古田新太)の論文を元にして、世界初となるオペを自ら引き受けると言い出した。

これに対し、頸椎腫瘍の根治と全身のガン治療を成功させるには、全摘が最適だと未知子は主張する。

しかし、加地と富士川は、真耶の2週間で退院して仕事に戻るという希望を理由にして、自分たちの主張を譲らない。

加地の西への寝返りを心配した「東帝大」派閥の外科部長の海老名敬(遠藤憲一)は、未知子が示す術式を強く勧めたが、加地はいつもの「御意」ではなく「いたしません」という言葉を放ったのだった…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第10話のあらすじネタバレOPE.10

「国立高度医療センター」に入院してきた次期厚生労働大臣と目される国会議員の十勝喜子(ジュディ・オング)だったが、彼女が抱える病気は重い心筋梗塞と肝細胞ガンだった。

どの病院からも手術できないと診断が下された喜子だったが、彼女の治療に成功すれば国家レベルの新組織「日本医療産業機構」の創立に大きな一歩を踏出せると、総長の天堂義人(北大路欣也)は考えていた。

天堂は外科部長の富士川清志郎(古田新太)を中心に特別治療プロジェクトチームを結成し、富士川の第一助手として大門未知子(米倉涼子)を組み入れ、肝臓の手術を担当するよう任命する。

しかし、この手術は今までのものとは比較にならない難易度であり、腕はよくても粗が目立つ富士川が患者のリスクを細やかに検討しているとは到底思えなかった未知子は、「いたしません」と断固拒否の姿勢をとった。

対する富士川は未知子の腕が絶対必要と考え、美智子が所属する「名医紹介所」の所長の神原晶(岸部一徳)に裏で大金を積んで未知子の説得を依頼する。

天堂もこれまで未知子に支払ってきた報酬の破格さを掲げ、未知子を従わせようと圧力をかけてきた。

しかし、これまで晶が同センターに請求してきた金額を未知子は知らず、追い討ちをかける形で今回のオペの前金も受け取っている事実を知った彼女は、父のように慕ってきた晶に対して猜疑心を抱き始める。

己の野望の実現を前に手術の成功を目論む天堂と頑なにメスを握る事を拒む未知子の戦いは、遂に最終章を迎える…!!

ドクターx3動画第3シリーズ第11話のあらすじネタバレOPE.11

「名医紹介所」の所長である神原晶(岸部一徳)が人知れず倒れ、そのまま紹介所に戻らず大門未知子(米倉涼子)の前から行方をくらませてしまった。

一方で、「国立高度医療センター」の総長の天堂義人(北大路欣也)の悲願である国家レベルの新組織「日本医療産業機構」の創立が、遂に発足する。

医療に関する全ての設備、技術、知識、予算を集中させ、国の内外に最高の医療を提供するその組織の中、天堂は初代理事長の座を得て、医者としての最高権力者に上り詰めたのだった。

そんな折、未知子の並外れた手腕を頼って「国立高度医療センター」を訪れたのは、高度進行同時性多発大腸がんを患った「西京大学病院」の病院長である蛭間重勝(西田敏行)だった。

蛭間の症状は深刻であり、もはや通常では手の着けられない状態だったが、一縷の望むを抱いて未知子を執刀医に指名する。

しかし、未知子が返したのは「いたしません」という返事だった。

間もなくして、家に帰る気配の無い晶を心配する未知子がセンター内で出くわしたのは、何と当の神原晶その人だった。

晶は倒れた後、天堂に頼んで未知子に内緒で極秘裏に入院していた。

その上、晶が抱えるのは肺がん、脳へのがんの転移、狭心症と、手術するのは不可能な症状だった。

しかし、未知子にとっての晶は師匠であり、父親であり、心を許せる唯一の存在。

その命を救うべく「すぐに私に切らせて」と頼み込む未知子だったが、晶は愛弟子の懇願を突っぱねた上、天堂にその後の事を任せると言い出す。

“一番やりたくない手術”と“一番やりたい手術”を前に、苦悩しながらも外科医としての戦いを止めない未知子。

彼女は大切な晶をその手で救う事ができるのか!?

医学会の頂点に君臨する、天堂との戦いの結果は…!?

大反響を呼んだ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第3シリーズがここに完結する!!
⇓  ⇓  ⇓
ドクターX第1シリーズの概要
ドクターX第2シリーズの概要

ドクターX第4シリーズの概要

第5シリーズ1話あらすじ
第5シリーズ2話あらすじ
第5シリーズ3話あらすじ
第5シリーズ4話あらすじ
第5シリーズ5話あらすじ
第5シリーズ6話あらすじ
第5シリーズ7話あらすじ
第5シリーズ8話あらすじ
第5シリーズ9話あらすじ
第5シリーズ10話最終回あらすじ

ドラマドクターx3動画第3シリーズの動画はどこで見れるの?

ドラマドクターx3動画第3シリーズの動画はunextという公式動画配信会社で見れます。

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で31日間無料でunextが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

その他にも
コウノドリ
君の名は
映画「わたしを離さないで」
下町ロケット
映画「あゝ、荒野」

も視聴できます。

unextは10万本以上の動画を配信しています。

国内最大級の動画配信会社です、この機会にぜひ一度UNEXTを無料でお試しください。


⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ドクターx

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.