ドクターx

ドクターx動画第1シリーズ無料最終回再放送pandora見逃しデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドクターx1動画第1シリーズ第1話から最終回はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料や再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトではドクターx1動画第1シリーズ第1話から最終回の動画は見つかりませんでした。

ドクターxはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ドクターx動画第1シリーズの内容基本情報


監督:田村直己、松田秀知、山田勇人
脚本:中園ミホ、武井彩、林誠人、寺田敏雄、香坂隆史、宇田学
プロデューサー:内山聖子
音楽:沢田完
演出:田村直己、松田秀知、山田勇人
主題歌:Superfly
企画:古賀誠一(オスカープロモーション)
制作局:テレビ朝日、ザ・ワークス

勤務医でも開業医でもなく、病院を渡り歩くさすらいの天才外科医フリーランスとしての活躍する外科医。

舞台は、本来の医療の精神からはかけ離れた価値観に支配され、権力と金にまみれた医師たちがうごめく大学病院。

そんな“象牙の塔”に医師紹介所からやってきた謎多き天才外科医・大門未知子を、米倉涼子がパワフルに演じる。

ドクターXの放送日程

第1シリーズ:2012年10月18日~12月13日(全8話)
第2シリーズ:2013年10月17日~12月19日(全9話)
第3シリーズ:2014年10月9日~12月18日(全11話)
第4シリーズ:2016年10月13日~12月22日(全11話)
第5シリーズ:2017年10月~

ドクターx動画第1シリーズのキャスト

大門未知子/米倉涼子


生年月日 1975年8月1日(42歳)
出生地 神奈川県横浜市
身長 168 cm
血液型 B型
活動期間 1992年 –
事務所 オスカープロモーション

城之内博美/内田有紀


生年月日 1975年11月16日(41歳)
出生地 東京都中央区日本橋
身長 165 cm
血液型 O型
活動期間 1989年 – 2002年、2006年~
事務所 バーニングプロダクション

鳥井高/段田安則
加地秀樹/勝村政信
原守/鈴木浩介
奥村藍/林丹丹
千葉園子/紫吹淳
白木透/小松和重
半田正/政岡泰志
神原晶/岸部一徳
寺山金子/室井滋
毒島隆之介/伊東四朗

ドクターx動画第1シリーズイントロダクション

米倉良子演じる、スタイリッシュなスーパードクター

悪女、女刑事、マルサの女査察官等を高い演技力と美貌で演じてきた米倉涼子が、型破りでタフでクールな女外科医に挑戦する。

「きつい」「汚い」「危険」-3Kとも評される勤務環境の過酷さ、度重なる訴訟などにより医師のなり手が減少し、現代の日本では医師不足が叫ばれている。

専属の医療機関を持たないフリーランスの医師が増えている中、米倉演じる大門未知子もまた、群れ・権威・束縛を嫌い、どこにも属さない孤高の女外科医として数々の病院を渡り歩いていた。

未知子が持つのは、外科医師のライセンスと天才的な腕、そしてたたき上げの医師としての経験のみ。

そんな彼女が新たに足を止めたのは、白い巨塔とも呼ばれるとある大学病院だった。

金と医療、医局と人脈が複雑に絡み合った中での、一人の女医の戦いを「ナサケの女~国税局査察官」(2010年)でタッグを組んだ米倉良子と中園ミホが描き出す。

勧善懲悪ではない、医療現場の真実を基に独特のシニカルさで綴られた物語が必見の連続ドラマ。

ドクターx動画第1シリーズ1話OPE.1のあらすじネタバレ

ある日、大学病院に紹介状を持って現れたのは、おおよそ医師のイメージからはかけ離れた出で立ちの女外科医、大門未知子だった。

過酷な勤務から複数の医師が退職した現場に補充要員として医師紹介所からやってきた未知子だったが、新人外科医の森本(田中 圭)はつい前日の夜にクラブで倒れた人の処置を大門が行っていたのを目撃していた為、その偶然の廻り合せに驚いていた。

外見にも勝るとも劣らない型破りさを見せる未知子だが、着任して早々に院長の久保(竜 雷太)が執刀予定の手術の方法に異議を唱える。

院長は長らく手術の現場を離れていた上、手術法も古いものであるという指摘は、医師であれば誰もが気付くところではあったが、これまで大学病院で上司にたてつくもの等ひとりも居ないというのが現実だった。

これによって病院内から一気に反感を買った未知子は、本来医師が行わないような雑用ばかりを押し付けられるようになる。

しかし、未知子の懸念は現実となり、院長執刀の元に始まった手術は恐ろしい事態に見舞われるのだった…!

ドクターx動画第1シリーズ2話OPE.2のあらすじネタバレ

未知子がその手腕を見せ始めた大学病院に、ある日、政治家からの紹介の下、有名な出版社の社長である二階堂(半海一晃)が入院してきた。

二階堂は政界や芸能界に幅広く顔が聞き、社会的な影響力を持っているため、新院長の毒島(伊東四朗)と事務長の金子(室井滋)はVIP待遇で歓待したが、傍若無人に振舞う二階堂に対してフリーの女外科医・未知子(米倉涼子)は不満を隠せずに居た。

二階堂の病気はすい臓ガンだったが、特別患者として手術の予定は最優先に繰り上げられられた。

院長の毒島から直にその手術の執刀を命じられたのは外科部長の摂り鳥井(段田安則)だったが、彼の化学療法と手術を併用して行うと言う治療方針に、未知子は患部組織が残ってしまうと猛反発して、自分であれば患部を完璧に切除できると訴えて執刀交代を迫る。

しかし、その主張は即座に却下され、代わりに鳥井が行うはずだった別のすい臓ガン患者の安田(新井康弘)の手術で執刀を行うよう毒島から提案されるのだった。

手術の日、同時に二つの手術が開始され、未知子は助手の森本(田中 圭)が着いて行くのも精一杯のすさまじい勢いで手術を進行させる。

もう1つの手術室では、開腹直後に二階堂のガンが予想以上の広がりを見せ、手に負えない状態である事に気付いた鳥井が閉腹の判断をしたものの、毒島がこれを許さずに現場は騒然となっていた。

状況を打開する為に毒島がとった行動とは…!?

ドクターx動画第1シリーズ第3OPE.3のあらすじネタバレ

花山三恵(平岩紙)は料理のレシピブログが話題となってテレビ出演等も果たす、売れっ子料理研究家だった。

ある時、食道ガンを理由に入院してきた花山だが、立ち入り禁止の医局にまで立ち入った上、その自慢の手料理を医師達に振る舞い始めた。

戸惑ったものの、人気者の三恵の差し入れを口にした森本(田中圭)達だったが、それは評判と違って微妙な味。

三恵に気を使った加地(勝村政信)や原(鈴木浩介)はお世辞を述べたが、未知子(米倉涼子)は三恵の料理を一口食べるなり「まずい」と言い放ってしまった。

患者の望む医療を目指して、医療現場でのコンプライアンス強化に力を入れていた帝都医科大学付属第三病院では、日頃の未知子の歯に衣着せぬ物言いが問題視されていた。

そこへ、三恵が自分のブログに「感じの悪い女医さんがいた」と書き込んだのが、事務長の金子(室井滋)の目に留まる。

翌日、未知子は外科部長の鳥井(段田安則)から厳しく叱責されたものの、心は三恵の病状を探っていた。

前の日の夜に晶(岸部一徳)が三恵のレシピで作った料理は、確かに美味しかった為、未知子は三恵が味覚障害を起こしているのではという疑いを持ったが、食道ガンが味覚障害を起こす事はないはずだった。

三恵の手術が決まり、執刀医を原がその助手を未知子が務める事になる。

「患者に寄り添う心の医療」を学ぶように鳥井から言い渡された未知子だったが、今後の治療方針を決める面談に弁護士を伴って三恵に対し、ズバリと味覚障害の疑いを指摘してしまった。

そんな未知子を「名誉毀損で訴える!」と言い放った三恵だったが…。

ドクターx動画第1シリーズ第4話OPE.4のあらすじネタバレ

敏腕ドクターの加地秀樹(勝村政信)が帝都医科大学付属第三病院・第二外科のスーパードクターとして、テレビ取材を受けた。

華々しくスーパードクターとして紹介される加地に、院長の毒島(伊東四朗)や事務長の金子(室井滋)も喜びを隠せないでいた。

そんな加地の活躍を知って高校の同級生、四谷篤(鶴見辰吾)が大学病院を訪れる。

四谷は外資ファンドマネージャーとして一日数百億を動かしていると言い、一日も早い退院をする為に、加地に腹腔鏡手術で十二指腸ガンを切除して欲しいと依頼してきた。

四谷の「謝礼はいくらでも払う」の言葉を受け、他の手術予定を変更した上で執刀を受け持った加地。

しかし、実際に症状を確認した加地が選択したのは、腹腔鏡ではなく開腹式の手術だった。

腫瘍の位置が確認しづらい十二指腸は、いかに敏腕の加地と言えど腹腔鏡での切除は難しい。

早期ガンの四谷のケースでは、開腹で的確に部分切除を行う事がベストだと判断した為だった。

加地の決定を聞いた未知子(米倉涼子)は、それに対して「自分なら腹腔鏡と内視鏡を併用したハイブリッド手術が可能」と言い出し、前代未聞の提案に周囲を唖然とさせる。

四谷自身も加地の説明を受け、開腹手術では入院が長引くので、他に転院して腹腔鏡手術を受けると言い出す。

加地は何処の病院でも腹腔鏡では無理だと四谷を止めようとしたが、そこに未知子が現れて「自分なら腹腔鏡でできる」と言い切った。

四谷は未知子に頭を下げ、手術をして欲しいと願い出るが…!?

ドクターx動画第1シリーズ第5話OPE.5のあらすじネタバレ

ある日、定時に仕事を終えて医局を出た未知子(米倉涼子)は「お金いっぱい貰って手術してる人でしょ?」と少女に呼び止められた。

少女は五木田早紀(二宮星)、足に激しい痛みがある事を訴え、未知子に手術して欲しいと頼み込んできた。

小児科医ではない上に子供が苦手な未知子だったが、放って置く事もできずに通りかかった森本(田中圭)を伴って早紀の主治医である小児外科の岸田卓也(福士誠治)へ連れて行く。

岸田はイケメンで説明も丁寧とあって、子供達の母親達からのプレゼントが絶えないような人気者な上、小児外科のトップである相馬教授(石丸謙二郎)の覚えもめでたく若くして順教授となったスター医師でもある。

一方で、実は岸田は麻酔科医の城之内博美(内田有紀)の離婚した相手でもあり、その博美の評価は「医者を顔で選ぶ母親たちは、頭が空っぽ」と手厳しいものだった。

次の朝、未知子の前に再び早紀が現れて、今度は腹痛を訴え始めた。

日によって先の痛みが移動する事に目を着けた未知子は、相馬教授が3ヶ月前に緊急オペを行ったのが彼女である事を知る。

小児科では早紀の症状の原因は「母親からの愛情不足によるストレスが原因」と診断しており、事実早紀が痛みを訴える箇所はその日によって変化する上、問題の箇所をレントゲン撮影しても異常が見つけられないのである。

早紀は仮病で痛みを訴えているのか?

未知子は驚くべき診断を下す…。

ドクターx動画第1シリーズ第6話OPE.6のあらすじネタバレ

未知子の派遣元である名医紹介所に、六坂元彦(六平直政)と名乗る男性が尋ねてきた。

彼は未知子(米倉涼子)の父がかつて六坂の肝臓ガンの手術で執刀を行った患者であり、医者になる前の未知子を知る人だった。

手術後、つつがなく過ごす事が出来ていたが、最近になって肝門部胆管ガンを発症した事がわかり、手術を受けさせてくれる病院を探していたのだった。

しかし、どの病院でも手術を受けさせてくれず治療を諦めた六坂は、かつての命の恩人の娘である未知子の顔を一目見たいと訊ねてきたのだった。

ステージ3まで進行している六坂のガンは、一刻を争う状態だった。

未知子はすぐに、所用で忙しい毒島(伊東四朗)の代理で院長を務めている鳥井教授(段田安則)に、六坂の入院許可を請うが、念願の院長の座に就いた鳥井は己の栄華に酔うのに忙しすぎて聞き入れず、事務長である金子(室井滋)からもすげなく断られてしまった。

そんな事情を耳にした名医紹介所の晶(岸部一徳)は、毒島に連絡を入れ10年前の未知子の父と毒島、さらに六坂との関係を告げる。

途端に手の平を返したような扱いとなった六坂は、特別患者としてVIP専用室への入院が許された。

同時期に自分が手がけた論文が国際会議で発表できる事になった鳥井は、得意の絶頂にあった。

浮かれる彼のもとに、先日再検査を受けた結果が届けられ、内容を確認した鳥井は思わず絶句する。

一方で開かれた六坂の術前カンファレンスにおいて、手術をすれば死ぬと主張する加地と手術をして助けると主張する未知子が激しくぶつかりあっていた。

院長として判断を求められた鳥井は、およそ彼らしくもない判断を下したが…。

ドクターx動画第1シリーズ第7話OPE.7のあらすじネタバレ

第二外科部長の鳥井(段田安則)は、肝門部胆管ガンを発症している事を毒島院長(伊東四朗)や事務長の金子(室井滋)の前で指摘された上、一刻を争う状況であると未知子(米倉涼子)に告げられたものの病気である事自体を認めずに、自らの論文を発表できる国際会議に向け準備に没頭していた。

本院から新たなスター医師である土方幾也(山本耕史)が赴任してくる事が決まり、鳥井は論文発表を命がけで成功させて外科部長の座を守る覚悟でいたのだった。

毒島は土方を呼び寄せた張本人だったが、鳥井の病状を知った上で本人の意思を尊重すると静観の構えを取る。

鳥井の症状を知らされた加地(勝村政信)と原(鈴木浩介)は、他の医師にはこの件を隠す事を決意し、未知子以外の第二外科の医師らは団結して鳥井の論文作成に協力し始めたのだった。

恐るべき執念で論文の執筆を終えた鳥井だったが、国際会議への出発の日、妻の七々子(岸本加世子)と病院関係者が見送る中でついに倒れてしまう。

ストレッチャーで検査室に担ぎ込まれた鳥井は、入院を余儀なくされ、自分の為に開かれた緊急カンファレンスに出席して、加地にその執刀を依頼した。

加地はガンの患部は切除可能として鳥井を安心させたが、それに対して未知子は切除できる時期は既に過ぎたと反論し…!?

ドクターx動画第1シリーズ第8話最終回LAST OPEのあらすじネタバレ

肝門部胆管ガンに倒れた第二外科部長の鳥井(段田安則)の手術に、鳥井が書いた同意書を引っさげて未知子(米倉涼子)が現れた。

未知子は執刀していた土方(山本耕史)を追い出すと、いつも通りの集中力をもって手術を始め、加地(勝村政信)や森本(田中圭)は助手として彼女を支える。

一方、手術の見学室に大勢のプレスが詰めかけている中、院長の毒島(伊東四朗)は怒りに震えていた。

その場に、本院からの勅使である原主任教授(小林稔侍)が突然姿を現し、本院のスター医師の土方ではなく、フリーランス医師の未知子がメスを握っている事に苦言を呈する。

その刹那、鳥井の患部から想定外の大量出血が起こり、耐えかねた毒島自ら手術室へと入り、未知子からメスを取り上げようとする。

しかし未知子は毒島に取り合わず、僅か1分半という短いタイムリミットの術式を強行した。

鳥井の命を救うべく、それぞれの思いを胸に緊急作業を始める未知子と毒島。

手術の修了後、勅使の河原は全てを見ていたプレスに対して口止めをするが、ある週刊誌が暴露記事を掲載してしまった。

その記事の中で未知子を「黒い女医」と表現した記者の八木(津田寛治)は、続編記事として大学病院における腐った院内政治を取り上げる事を毒島に宣言する。

記事の影響で転院希望や手術キャンセルが続出して、院内は大混乱に陥っていた。

鳥井の手術で執刀を行った未知子は自宅謹慎の身となり、第二外科は解体の危機に見舞われる。

そんな中で、未知子の前で吐血して倒れた人物が…!!
⇓  ⇓  ⇓

ドクターX第2シリーズの概要
ドクターX第3シリーズの概要
ドクターX第4シリーズの概要

第5シリーズ1話あらすじ
第5シリーズ2話あらすじ
第5シリーズ3話あらすじ
第5シリーズ4話あらすじ
第5シリーズ5話あらすじ
第5シリーズ6話あらすじ
第5シリーズ7話あらすじ
第5シリーズ8話あらすじ
第5シリーズ9話あらすじ
第5シリーズ10話最終回あらすじ

ドクターXの動画を見る方法は?

「ドクターX」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでドクターXを見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ドクターx

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.