明日の約束

明日の約束ドラマ動画8話無料見逃しpanndora再放送デイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ『明日の約束』動画8話の見逃し再放送無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『明日の約束』動画8話の見逃し再放送無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ明日の約束はフジテレビ公式動画配信FODで視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ『明日の約束』のキャスト



藍沢日向(井上真央)
吉岡真紀子(仲間由紀恵)
霧島直樹(及川光博)
本庄和彦(工藤阿須加)
北見雄二郎(白洲迅)
大宮奈緒(新川優愛)
藍沢尚子(手塚理美)
吉岡圭吾(遠藤健慎)
吉岡英美里(竹内愛紗)
小嶋修平(青柳翔)

白井香澄(佐久間由衣)
羽場裕一(轟木博雄)
中林大樹(柏木康介)
馬渕英里何(宮崎麻子)
井頭愛海(田所那美)

夏子(上野由依)
堀家一希(渡辺純也)
近江谷太朗(吉岡正孝)
辻哲哉(神尾佑)
金子大地(長谷部大翔)
渡邉剣(沢井勝)
山口まゆ(増田希美香)

ドラマ『明日の約束』動画8話のあらすじネタバレ


DV男だった!?和彦は取り乱す

日向(井上真央)相手に、和彦(工藤阿須賀)が「親を悪く言うな。」と言いながら髪を鷲掴みにする。

「かず・・・?」おびえた日向の表情と声で和彦は我に返る。

自分がしてしまったことに今気づいたかのように「あぁ、あぁああ」と声を上げおびえる和彦。

割れたガラス。錯乱した花。

和彦が思い出していたのは、期待されすぎた兄が暴漢へと変わってしまった過去の記憶だった。

「ご、ごめん日向・・・、ぼ、ぼく・・・こんなことするつもりじゃ・・・。」

そう言って日向に近寄る和彦におびえた日向は、荷物を持って逃げるように和彦の家を出た。

豹変してしまったいつも優しい和彦。

そんな和彦の地獄の底から湧き出る声や、信じられない暴力、そしてそれに自分自身が驚いていたことを日向はぼーっと街で思い返していた。

そこにちょうど霧島(及川光彦)が通りかかる。

ちょうど霧島の住まいの当たりだったそう。

事情なんて話せない日向は去ろうとするが、ショックからか足元がおぼつかない。

霧島に支えられながらなんとか体勢を立て直す日向。

その頃吉岡家では、真紀子(仲間由紀恵)が頭を抱えていた。

英美里(竹内愛紗)のことで悩んでいるのか・・・!?と思いきや、やっぱり圭吾(遠藤健慎)のことだ。

“ケイゴ”という名で届いた「おかあさんのせいで僕は死にます」というメッセージや掲示板のことを考えていた。

本当に英美里が不憫すぎるよ~。

香澄が霧島の悪事を暴く!?

霧島は日向を学校のカウンセリングルームに送り届けた。

「具合が悪いようでしたら、うちに帰ったほうが・・・」

霧島は何かを察したようで、それ以上は聞かなかった。

日向が携帯をチェックすると、香澄(佐久間由衣)から連絡が入っていた。

かけなおすとすぐに香澄は出る。

「こんばんは。まだ残業中?校門の前にいるよ。」その言葉を受け、日向と霧島は急いで校門の前に。

香澄は霧島のカバンの中からパソコンを取り出した。

何をする気なの、香澄!?

香澄を探すという日向に、霧島は深追いしないほうがいいというが探しに行く日向。

霧島は嫌な予感がする。

急いでカウンセリングルームに行くと、カバンの中からパソコンが抜かれていた。

「チッ」怒りを込めた表情の霧島・・・こわっ!

「ただいま・・・昨日はごめんなさい。」

食事会から一晩明けた朝方、日向は尚子(手塚理美)に謝る。

尚子は日向のほうも向かず、無視だ。

日向は自分の部屋で、和彦とのツーショットを眺めていた。

優しかった和彦があんな変貌を遂げるなんて思わなかっただろうな。

街を闊歩する小嶋(青柳翔)のもとに電話がかかってくる。

「週刊ワイドの小嶋さんですよね?吉岡圭吾の死んだ理由、教えます。」

えぇっ!?英美里!?内部告発にもほどがある!!

日向はすっかり寝てしまったようだ。

和彦に牙をむく尚子!和彦の暗い過去

夕方になり目が覚めると、和彦が突然自宅にやってきた。

何も知らない尚子は、普通に対応し、自宅にあげる。

うわぁ、怖いな・・・このドラマ大好きだけど嫌なドキドキ感があるんだよね・・・。

和彦は日向を見るとすぐに土下座し、

「すみません!本当に!僕は取り返しのつかないことを・・・。」と尚子がいるにもかかわらず謝った。

まだ冷静な尚子が「どうしたの?本条さんも落ち着いて~。」というが、その声を制して和彦が叫ぶ。

「暴力をふるったんです。日向さんに。」

突然尚子の顔がゆがむ。

「あんた、うちの子に何したの!?出てきなさい!うちの子に変な事したら許さないわよ!!!」

その怒鳴り声に肩を落として帰ろうとする和彦。

「待って、ちゃんと話そう。」その言葉にますます尚子はヒートアップ。

「何言ってんの!?こんな男と話すことなんてないわよ!!!」

まぁ尚子の気持ちもわかるけど・・・。

ヒステリックすぎて怖い。マジうちの姑に似ているんだよなぁ~~あぁ思い出したくない、こわっ!

「黙ってて。」日向は尚子にそういう。

「ママはね、あんたのことを・・・。」その言葉を封じ込めた日向は、和彦を部屋に招く。

和彦の死んだお兄さんは家庭内暴力がひどかったそう。

親が期待しすぎて中学のころからぐれ始めたそう。

和彦だけでなく、両親も些細なことで殴られたという。

それでも父親は変わらなかった。期待し続けた。

ひどい目にあわす兄は両親に愛想もつかされず愛され続け、和彦は愛されている実感がわかなかったという。

兄が事故で死んだとき、胸がスーッとした。

ようやく平和と幸せが来た、親も自分を見てくれると思ったそう。

過干渉にされすぎた兄と、自由に放置された和彦。

和彦のほうが圧倒的に幸せな気がするけど、それがコンプレックスに変わっちゃうよね。

胸が痛いわ・・・。

それでも和彦は両親を愛していた。悪いのは全部兄。

だから、日向の言葉が和彦には受け入れられなかったのだという。

日向が尚子の悪口を言うたび、、腹の底でイライラしていたそう。

「前にかずも言ってたけど、私たちお互いに知らないことが多すぎたね。」

日向のその言葉に、もうあんなことはしない!と必死な和彦。

そんな和彦の言葉を受け止めた日向だが、「すぐに答えは出せない、ごめん・・・。」とつぶやいた。

霧島の闇と希美香の葛藤

学校に出勤した日向に、霧島は香澄のことを聞く。

連絡がないことを日向が伝えると、霧島は焦った様子だった。

香澄は倉庫で霧島のパソコンのパスワードを探る。

そこに朱里から連絡が入っていた。いったい何の用だろう?

カウンセリングルームに大宮(新川優愛)がいくと、そこに北見(白洲迅)がすでにいる。

ネットでは真紀子のモンスターペアレントの度合いのすごさが悪口として書き込まれていた。

生徒に影響が出ないか心配だと北見。

さっそく圭吾のクラスでは、ネット掲示板のうわさで持ち切りだ。

また犯人探しが始まるのが苦痛だという純也(堀家一希)たち。

田所(井頭愛美)は、「渡辺君、なんで吉岡君のことが嫌いだったの?」と聞く。

純也が圭吾のことが嫌いだったのは、圭吾が霧島にいろいろチクっていたからだそう。

いったい何を霧島に・・・!?

その頃真紀子は、何も進展もない告訴の件にいら立っていた。

英美里は小嶋に、真紀子の音声データをすべて渡す。

さすがの小嶋も少し躊躇しているようす。

しかし、英美里の表情は決意を固めたものだった。

カウンセリングルームに希美香(山口まゆ)がやってきた。

やはり英美里のことが気になるようす。

真紀子にとっての圭吾と英美里の格差、和彦もそうだったからこそ、日向は理解できた。

希美香は長谷部(金子大地)から告白されたそう。

長谷部の告白の仕方、かっこうぃ~~!!!!

希美香も長谷部のことが好きだけど、母親と一緒になるのが嫌だから恋愛が怖いそう。

「血がつながってても、増田さんとお母さんと違う人間だから。」

やはり希美香の心の底には、母親が住み着いていた・・・。

日向が自宅に帰ると尚子は上機嫌だ。

この気色悪いネコナデ声がいらつきを100倍にするよね~~。

「あなたお見合いする気ない?本庄さん、ママの言うとおりだったでしょ。」

その言葉に対し、日向は毅然とした態度で、

「会わない。かずのこともお母さんには関係ないことだから。」という。

あぁーこわっこれから始めるぞ~

「私はお母さんの所有物じゃない。」日向は怒鳴る尚子にそう言い残し部屋にこもった。

尚子が和彦に怒ったのは、日向のことを「自分の所有物」だと思っているから。

その頃和彦は酒におぼれていた。

泥酔したら暴力ふるいそうだな~和彦。

日向は自分の母親が尚子だから、あぁなってしまうのでは・・・と、「母親」になるのが怖いようだ。

告訴が取りやめ!?形成逆転!

朱里が足を引きずりながらトンネル内を歩く。

朱里にスタンガンを突きつける香澄。

「電話で言ったことは本当。私にできることなら何でもする。ずっと謝りたいって思っていたから。」

その言葉をかけられた香澄は、朱里にあることを頼む。

翌日。校長室に呼ばれた日向と霧島。

「鎌倉からいじめを根絶する会」に真紀子が乗り込む。

告訴の件が取りやめになったことに怒り心頭のようすだ。

学校での話題も、告訴取りやめのことだった。

真紀子の担当弁護士が教師陣に謝罪し、説明する。

「穏便にすませていただけませんか・・・。」

担当弁護士の身勝手な要求に、教師陣は怒り爆発!

本当だよ!何の確証も得ない時点で世間で好きかって言われてさぁ

しかし、校長(羽場裕一)は大げさにならないならいいじゃないかと言ったようす。

霧島が切り込む。なぜ、こんなに事件の流れが変わったのか?と。

その言葉に担当弁護士は重い口を開く。

「夕方にはネットニュースになるでしょう。吉岡圭吾君が家庭内で虐待に会っていたことが。母親による・・・盗聴です。」

真紀子はめげず、窓口職員に相談する。

“ケイゴ”から送られたメッセージを見せる真紀子。

「事実じゃないんですか?あなたの評判、いろいろ聞いてますよ。あの録音はあなたが・・・。」

この職員もいじめで子供をなくしていた。

しかしこの職員は、子供が自殺した時、一番に責めたのは自分だと話した。

真紀子からはそんな気持ち感じないもんね・・・違和感感じるだろうな。

英美里は圭吾の携帯から希美香の連絡先を得て、連絡した。

「最後にお礼を言いたくて」という言葉が引っ掛かる。

まさか、英美里も自殺しちゃうんじゃ?

英美里は真紀子のパソコンのデータをすべて消す。

希美香は英美里の異変を日向に伝える。

最後の英美里の賭け。私を見て!

吉岡家には、脱力した真紀子が帰ってくる。

「悪いけど部屋に行ってて。少し疲れているから。聞こえないの?」

その言葉を無視する英美里。

「あなた私のパソコン使った?」

うわぁ嫌なドキドキ感。このドラマ心臓に悪い!

「使ったよ。いらないものすてた。」

圭吾の音声データを消した英美里は真紀子に、「私の声を聴いてほしかったの。許せないでしょ?私のこと。もっと怒れば?何されたってかまわないから。」

その言葉に真紀子の手が英美里の首に差し掛かる・・・。

英美里から送られた希美香への文面の最後には、「もしかしたらもう会えないかもしれないから」と書かれている。

日向と希美香は急いで吉岡家に向かう。

真紀子は声を上げて泣き崩れる。

英美里から連絡をもらって帰宅した正孝(近江谷太郎)は、盗聴をしていた真紀子を責めた。

そんな正孝に英美里は、「あんたには責める権利ないでしょ!」とぴしゃりという。

英美里は児童相談所に連絡を入れていた。

「この家を出ていく。母親はネグレクト。父親は愛人作って別居状態。こんな家じゃまともに生きていけません。」

真紀子は最後まで英美里のことを見てくれなかった。

真紀子は英美里だけでなく圭吾の声も聴いていなかった。

真紀子が聞いていたのは、圭吾に語り掛ける・・・自分の声。

そういうとさっさと家を出ていく英美里。

とぼとぼ歩いていると、希美香と日向が駆けつける。

「とっくに壊れてたのに、壊れていないふりをするのが嫌だった。お兄ちゃんの声を奪った私を、憎しみでも、殺されても見てくれたらよかったのに・・・。」

日向は生きることに対して絶望する英美里を強く抱きしめた。

これこそ母親がやってやることだよね~。

英美里はようやく素直になり、日向の胸で涙を流した。

圭吾が死んだのは「自由」になるためだった・・・。

マスコミに糾弾される真紀子。霧島の本性がばれる

真紀子の音声データはマスコミの格好の餌食だった。

その盗聴された音源はひどいものだった。

しかし教師陣がそれを聞きすっきりするわけがなかった。

各々が複雑な胸の内をあらわにする中、霧島だけは我関せずだった。

日向は香澄に呼び出され、カフェにやってくる。

そこには香澄に頼まれた朱里がいた。

香澄は「圭吾の事件、あの時と同じだ。」と何かに気づいているようだった。

朱里に手渡されたのは・・・霧島のパソコンだった。

うわぁ嫌な緊張感。本当にドキドキしっぱなしー!!

日向は終業後の職員室に、霧島を呼び出していた。

日向は霧島のパソコンの中身を見ていた。

「香澄さんは確信していたみたいです。3年前と同じことが1年B組で起きていたんじゃないかって。彼女が最後の一人だと言っていたのは霧島先生です。」

「吉岡君がクラスで孤立した理由を作ったのは、霧島先生だったんですね。」

その言葉に霧島は微笑み、「ええ、その通りですよ。」と臆することなく言った。

ついに霧島にたどり着いた!でも「孤立する理由」を作ったっていったい何のために・・・?

あぁ気になる!早く9話も見たい!!

ドラマ『明日の約束』動画8話の見どころ期待

明日の約束8話の見どころ

明日の約束8話の見どころは、化けの皮が剥がれてくる真紀子と日向の幸せの行方です。

香澄が行方をふくらまします。圭吾のために逆襲をしていき、最後の1人を逆襲すると言って消えてしまいました。

日向は本庄と婚約し、顔合わせをすることになります。しかし、顔合わせに行く途中、圭吾の妹が援助交際をしている現場に遭遇し、顔合わせに間に合いませんでした。

母親に恥をかかされたと激怒され、その愚痴を本庄に話しますが本庄は態度が一変し、日向に手をあげます。

行き場をなくしたは日向。偶然通りかかった霧島と学校に行くことに。すると行方をふくらましていた香澄が学校にいると連絡が入ります。

一方、ネットでは真紀子の毒親ぶりがどんどん暴露されていきます。最終回に向けてラストスパート!

明日の約束 期待の第八話

佳澄が狙っていたのは担任の霧島だったのか、確かに霧島は怪しい感じになってきましたが、圭吾の母親と同じくあからさまな怪しさになっているので私の中ではまだ半信半疑なのですね。

圭吾の母親と日向の母親は毒親という共通点がありますし、二人とも子供の気持ちを考えないで自分のやりたいことを押し付けようとしていますよね。

それが子供にとって暗い影を落としている事には気づきませんよね。

果たしてそれが圭吾が命を落とすことになった直接の原因なのか、第八話で佳澄の声らしき声で圭吾が亡くなった事の真相を語るシーンが予告で語られるようですが、このドラマの一番の注目すべき所なので大いに期待して次週を待ちたいですね。

色々まだ分からない事が多く予測不能なので本当に楽しみです。

霧島先生に制裁の一撃が?

霧島先生がピンチです。オシャレなカフェで優雅にPC作業をしている彼の背後に、なんと襲撃犯の白井香澄が! 

何となくそんな気はしていましたが、香澄の言っていた「もう一人」はやっぱり霧島先生である可能性が高いですよね。

彼は香澄の在学時にもあの学校で教師をやっていたと思いますし。それに最近の霧島先生は行動がいちいち怪しいですし。

7話のラストも「匿名掲示板に吉岡真紀子の情報を書き込んでるんじゃないの?」と疑いたくなる光景です。

霧島直樹……キャストが及川光博さんなだけあって只の人の良さそうな先生では終わりそうにありません。

彼が何にどこまで関わっているのか分かりませんが、何かコソコソやっているのは確かなようなので日向先生も注意してほしいですね。

英美里と真紀子の悲しい別れと霧島のパソコンには何があるのか?

8話は英美里が意外な行動に出て、裁判が取り下げられる驚きの展開になりました。

もっと自分を見て欲しいという一心での行動でしたが、真紀子には伝わらず悲しい別れになってしまいましたね。

でも英美里にとっては日向や希美香の優しさに触れ、自分は独りじゃないと思えたから児童相談所へ行く決断が出来たのだと思います。

裁判が取り下げられてひとまず学校へのバッシングが無くなったことは、ひとまず安心しました。

ただ教師たちがわだかまりを抱えて苦悩するという描き方はとてもリアルな感情だと思いました。

真紀子が懲らしめられてめでたしめでたしという描き方をしないのは、このドラマがイジメの問題を真剣に取り上げているからこそだと思いました。

そして圭吾の死の真相は霧島が握っていることをほのめかす展開になりました。

霧島の不敵な笑みは何を意味するのでしょう。

パソコンの中にどんな証拠があるのか、次回はこれがカギとなりそうですね。

日向が霧島にどう立ち向かうのか注目したいと思います。

似た者同士が集まってしまうのか?

工藤阿須加さんとの結婚話を進めるために、両家の顔合わせの食事会を設けたにもかかわらず、井上真央さんはその席に参加できなかったので、工藤阿須加さんの家に帰って謝りに行きましたが、そこで、考えもしなかった暴力をふるわれ、母親の手塚理美さんは「ほら見たことか」と言わんばかりの様子で、結婚話をなかったことにしようとすると思います。

でも、井上真央さんは、工藤阿須加さんも自分と同じように親のことで悩んでいたのではないかと考えて、やはり結婚して、二人で一緒に生きていくかどうかについて、かなり悩むと思います。

その頃、及川光博さんを狙っていた佐久間由衣さんは計画どおりにいかず、警察から職務質問をされてしまうのではないかと思います。

毒親は他人事ではない

毒親と言いますが…徐々に親子間の歪みが目立ってきたような気がします。

亡くなってしまった生徒の抱える問題、そして主人公自体の抱える問題などが、巧みにリンクしていく様がよくわかりました。

いずれも家庭内での悩みが原因にあるようです。

これが今後どのように展開していくのか楽しみです。

主人公も結婚を控えて、よりいっそう家族や家庭に対して思い悩む事もあります。

毒親を持つものの苦しみみたいなものがよくわかりました。

毒親とは言うものの、特別なものではなくて誰にでも起こりうる問題だなと感じながら視聴していました。

私もドラマを観ていて自分の事のように感じてしまいました。

今一度、親子関係を見直すきっかけにもなるドラマだと思います。

香澄が霧島に近づいた目的は?

香澄が狙っていたのは霧島でした。

ただしこれまでのように道端でいきなり襲うのでは無く、霧島の鞄から何かを盗み出したようです。

そしてそれを持って、日向と霧島に学校にいると連絡をしてくるようです。

ただ2人は香澄を探しますがどこにもいません。

香澄の目的が何なのか気になりますね。

2人の前で香澄がその盗んだものに対して何かを伝えるのでしょうか。

霧島の怪しい素顔が暴かれるのかもしれませんね。

また、記者の小嶋には圭吾を死んだ理由を教えるという電話がかかってくるようです。

誰なのかはまだ明かされていませんが、怪しいのは英美里か霧島のような気がします。

圭吾の過去に何があったのか、その一端が見られそうですね。

そして本庄がキレてしまった理由も気になりますね。

一見幸せそうな親子に見える本庄の家庭に何が起こっていたのか、本庄は日向に話すことが出来るのでしょうか。

さまざまな出来事が起こる中、日向自身も疲弊しているので心配です。

次回は圭吾の死の他に、日向と本庄がどうなるかにも注目したいと思います。

ドラマ『明日の約束』動画8話の見どころ感想気になったこと

母親のさじ加減はとても大事

自由になるには死ぬしかなかったからと言った吉岡の妹の言葉が胸に響きました。

私も母親ですが、子どもの事を思うとどこまでがやりすぎなのか分からない時もあるので、このドラマを見るといつも自分も気をつけようと思います。

母親に盗聴されていた吉岡の精神的苦痛は計り知れない物だったと思います。そして母親に自分を見てもらえない妹の気持ちを考えると切なくなります。

またカズの兄の過去が分かり、結婚もどうなるのか分からなくなってきたので、日向がカウンセラーとしてカズと向き合うのか、恋人関係を解消するのか気になります。

怪しいと思っていた霧島先生がやはり黒幕で、3年前に起こった事がどんなことなの分かるようなので、ハラハラですが楽しみです。

明日の約束8話の感想

明日の約束の8話の感想は、真紀子がだんだん化けの皮が剥がれてきて面白くなってきました!

そして、日向はとことん不器用だなと感じました。圭吾の妹の援助交際の現場を目撃して、自分の一生に一度の大切な結婚の顔合わせの場を間に合わなかったとしてもどうにかいいならまた気がします。

日向の母親は、自分の面子と思い通りにならないと本当にダメなんですね。

真紀子と日向の母親は、自分の支配下に子供を置いて置きたいという点がとてもよく似ています。

見ていて心が苦しくなります。圭吾もきっと母親に対するストレスから殺されたのかなと予測していましたが、香澄の行動を見ると霧島がどう関わっているのかがとても気になるところです。

日向幸せになって欲しいです!

子供のSOS、届かない声

霧島先生のパソコンを盗むため、日向と霧島先生を誘き寄せた香澄。やっぱり、圭吾が自殺した経緯には霧島先生も関わっていたのかと思うとゾッとしました。

そういえば、日向が向かう場所にはいつも霧島先生の姿があるような…。そして、圭吾の母でもある真紀子がついに標的に。

真実が色々と明らかになって、弁護士からも見放されて、娘の英美里にも「お兄ちゃんの声ならもう全部ないから。」とデータを消され、激怒する真紀子。

「私のことを見て、声を聞いてほしかったから。」と言った英美里も母親に愛されたかったんだと思います。

そして、極め付けの「お母さんは、お兄ちゃんの声も聞いてなかったんだね。お母さんが聞いてたのはお兄ちゃんに話しかける自分の声だけだよ。」と言う言葉には考えさせられました。

井上真央さんのハグが優しい

自殺した男子高校生の妹は、まだ中学生なのに、母親が未だに兄のことしか考えていないし、父親は家に帰って来ずに別の女性と暮らしているので、寂しくて寂しくてたまらなかったのだろうと思います。

そのために、わざと援助交際のようなことをしてみたりして、なんとかして両親の気をひこうとしていたのだと思います。

そして、自分の力ではどうにもならないと感じたため、母親のパソコンに入った音声データを週刊誌の記者に渡し、母親が兄を自殺に追い込んだという事実を世間に明るみにすることを選んだのだと思います。

そして、自分も死ぬ覚悟を決めつつあり、そこに駆けつけてくれた井上真央さんにハグしてもらい、自分のことを心配してくれる人がいることに気づき、自殺を思いとどまったのだと思います。

井上真央さんのハグが優しい

自殺した男子高校生の妹は、まだ中学生なのに、母親が未だに兄のことしか考えていないし、父親は家に帰って来ずに別の女性と暮らしているので、寂しくて寂しくてたまらなかったのだろうと思います。

そのために、わざと援助交際のようなことをしてみたりして、なんとかして両親の気をひこうとしていたのだと思います。

そして、自分の力ではどうにもならないと感じたため、母親のパソコンに入った音声データを週刊誌の記者に渡し、母親が兄を自殺に追い込んだという事実を世間に明るみにすることを選んだのだと思います。

そして、自分も死ぬ覚悟を決めつつあり、そこに駆けつけてくれた井上真央さんにハグしてもらい、自分のことを心配してくれる人がいることに気づき、自殺を思いとどまったのだと思います。

婚約者の悲しい過去

和彦の日向への暴力本当に許せません。でも、結婚する前に暴力振るう人だとわかってよかったと思います。

日向も逃げずに和彦と話したいと言ったことは立派だと思いました。私だったら怖くてもう2度と会いたくないと思います。

和彦の過去も複雑で、死んだお兄さんがまさか暴力を振るっていたとは…。和彦に何かあるなと感じていて、父親からの暴力だと思っていたので驚きました。

和彦の両親が「今は反抗期なだけだ。」なんて、呑気なことを言うから暴力振るうお兄さんになってしまったのだと思うし、和彦も両親の喜んだ顔が見たかったから期待に応えようとしたのに、何も求めてくれなかった両親。

暴力はいけませんが、和彦の過去がわかって少し悲しい気持ちになりました。
⇓   ⇓   ⇓
明日の約束1話
明日の約束2話
明日の約束3話

明日の約束4話
明日の約束5話
明日の約束6話

明日の約束7話

明日の約束9話
明日の約束最終回

井上真央(藍沢日向)の演技力
仲間由紀恵の演技力
明日の約束の原作者

明日の約束キャスト相関図
吉岡圭吾の演技力
増田希美香(山口まゆ)の演技力

明日の約束の主題歌
佐久間由衣(白井香澄)の演技力
吉岡圭吾(遠藤健慎)が死んだ理由を予想してみた

ドラマ『明日の約束』の動画はどこで見れるの?AD

ドラマ『明日の約束』動画はフジテレビ公式FODで視聴できます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

2018年1月1日よりドラマ「明日の約束」はFODで全話無料で見れるようになりました!

FODはただいまお試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
ラブホの上野さん
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時シリーズ2(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。


そして、雑誌も見放題

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。

明日の約束を見る!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-明日の約束

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.