警視庁いきもの係

警視庁いきもの係動画9話無料視聴のあらすじネタバレ感想見どころ

更新日:

警視庁いきもの係動画9話のあらすじネタバレ

亀頭が石松との電話を切り、ひとり浜辺にたたずんでいると、『鐘の響きが聞こえるか?』

何者かに謎の言葉を話しかけられる。気筒が振り向くと、フードをかぶった怪しげな人物が拳銃を突然突き出し、亀頭を撃った。亀頭はその場に崩れ落ちてしまった。

そんなことが起きていたとは何も知らない『いきもの係』のメンバーはバスに乗り、慰安旅行のため山奥の温泉に向かっていた。須藤(渡部篤郎)、圭子(橋本環奈)、弘子(浅野温子)のほかに受付の弥生(石川恋)、二出川(でんでん)も参加していた。

捜査一課の石松(三浦翔平)は、『僕も来る必要ありました?!』と楽しみながらも疑問をぶつける。弘子に、いきもの係の仲間みたいなもんじゃないっ!と一蹴りされて黙る。(笑)

バスの中で楽しくトランプをしながら目的に向かう一同。圭子は目的地に原生林がある!といい、他のメンバーとは違う意味で旅行を楽しみにしていた。

そんな時、バスの中に蜂が一匹飛び始めた。窓は全部閉まっているのになんでー?!とみんながパニックに陥る中、圭子は冷静に、『窓を開けてください。』と指示した。

無事蜂は外に出ていって一同安堵のため息をつく。動物だけでなく、虫にも強い圭子、たくましい!

誰も気づかなかったが、乗客の中にひとりあやしげな人が紛れ込んでいた。

そんなこんなで、山奥にある温泉旅館に到着する。なぜか四十万(横山だいすけ)がいる。須藤をおってついてきたの?!と一瞬驚いてしまった・・(笑)この温泉のある町の駐在がぎっくり腰になって動けなくなってしまったので、その応援のために駆けつけたのだそう。

そんな四十万がなぜ須藤たちが泊まる旅館にいるかというと、旅館の女将である雅子の娘・弓子(西畑澪花)が強盗被害に遭い、その通報によって駆けつけたのだそう。

弓子は軽い怪我を負い、入院していて明日退院するとのこと。動物のにおいがしたため、その臭いをたどって圭子は勝手に奥へ入っていく。毎度ながら自由すぎる(笑)旅館の奥の事務所には、弓子のペットのヨツユビハリネズミの「チュースケ」がいた。チュースケに夢中になる圭子。

いきもの係としての仕事をするため、圭子は制服に着替えて、須藤と共にチュースケの世話をしに行く。生き餌のミルワームをあげるとおいしそうに食べた。須藤の服についたソフトクリームの甘いにおいにはあまり反応しなかったことに疑問を感じ、チュースケを観察し始める圭子。

良く見てみると、チュースケの手とおなかには傷があった。女将・雅子にチュースケの怪我のことを尋ねるが、気づいてさえいなかったようで参考にならず…。
気になりだしたら止まらないのが圭子。飼い主の弓子に詳しく聞きたいという。四十万に頼み、須藤も引き連れ、弓子の入院する病院へと3人で向かう。

病室に行くと、強盗に入られた際に何者かに頭部を殴られ負傷した弓子は、頭に包帯を巻いた姿でベッドに横たわっていた。

弓子は、チュースケは去年の誕生日に買ってもらったペットで、あまり弓子になついていないと話した。そのため生き餌は週2回、コオロギを旅館の従業員でインド人のアサクラ(林 和義)が弓子の代わりに与えてくれるそう。

弓子から話を聞き、一同はアサクラからも話を聞く。アサクラは、チュースケはコオロギのみを好んで、ミルワームは食べないと言っていた。違和感を感じる圭子。

アサクラには栗原(檜尾健太)というハリネズミ仲間がいるそう。栗原はブラウンのハリネズミ「ハリー」を飼っている。栗原にはホステスをしている妻がいるのだという。栗原の妻の亜紀子(高橋美津子)はタバコを吸うそう。亜紀子は、浮気癖がはげしく、ハリネズミを嫌っているそう。なかなか気性の争うな女だ・・・。

最近、亜紀子はタバコでぼや騒ぎをおこしてしまったことがきっかけで、引っ越しをしたそう。

アサクラからその話を聞き、圭子は栗原の新しい住所を教えるよう急かした。

事態を飲み込めないアサクラと須藤。圭子は2人に焦りながら、

『今度はぼやじゃすまないかもしれません。チュースケが・・チュースケが危ないんです!』と言った。そして須藤とともに栗原の新しい住所へ向かった。

栗原の新しい家に着くと、すでに煙が上がっており、火事が起きていた。須藤と圭子は家の中に入り、消火器で火を消した。火はすぐに鎮火した。須藤は倒れていた亜紀子を担いで連れ出し、圭子は2階にいたハリネズミを助け出した。

ハリネズミを抱いた須藤と圭子が旅館に戻ってくると、圭子を追って慰安旅行にやってきた日塔(長谷川朝治)たちが温泉から上がってきた。そこに石松が来て、栗原を強盗事件で緊急手配をしたことに報告した。

強盗事件の犯人と、亜紀子を火事に見せかけて命を奪おうとしていたのも栗原だといってる圭子にそのわけを聞く須藤。

圭子の推理では、
・浮気癖が直らない亜紀子にしびれを切らした栗原が、火事に見せかけて亜紀子を殺そうとした。

・しかし火事を起こすことで、栗原の可愛がっているハリーも巻き添えになってしまうのがいたたまれなかったため、弓子が飼っていたチュースケと栗原のハリーを入れ替えた。

・ハリーを怪しまれずに手に入れるため、強盗に入り、弓子を襲い入院させた。弓子を殺す気は無かった。

・しかし、弓子は明日退院してきてしまうので、火事を起こすのは今日しかなかった。

栗原の自分勝手な都合により、何人もの人間や動物が危険な目に遭い、迷惑をした。

慰安旅行での宴会が始まる。弥生が圭子に、何でハリネズミが入れ替わっていることに気がついたの?と聞く。圭子は、チュースケは部屋遊びをしないのに傷があること、食べ物の好みが全く違っていたこと、須藤のにおいを嗅いでも泡付け(アンティング)しなかったことからだと説明した。

これは動物オタクの圭子にしか気づけない!

翌朝、旅館をチェックアウトする一同。日塔の電話が鳴る。鬼頭が撃たれて意識不明で発見されたとのこと。その時、今尾という登山者が蜂に指されてふらふらになってやってきた。圭子は手早く処置をしながら救急車を呼んだ。日塔たちは鬼頭の事件で捜査本部が開かれるということですぐに東京へ帰っていった。

登山者の今尾の話を聞くと、登山道の分かれ道に、山道の指道標がわざと蜂の巣にいくように入れ替えられていたそう。『はめられた』という今尾。須藤と圭子は今尾の言っていた箇所へ向かう。

登山道のY字路につくと、今尾の言っていた指道標はなかった。しかし、土を埋め戻した跡がある。さらに上っていくと、木の根元に蜂の巣を掘った跡があった。今尾を襲った蜂は、土の中に巣を作るというオオスズメバチ。

今尾は音楽を聴きながら登山していたので、蜂に気づかず、周りを取り囲まれてから気づいたそう。今尾が驚いて逃げ出したことでオオスズメバチが刺激され、襲ってきたのではないか、という圭子。

蜂の巣である穴の周りには、オオスズメバチの死骸がたくさん転がっていた。足跡もなかったことから数人で駆除して巣を持ち帰ったもよう。一体誰がこんなことを・・・。須藤たちが通ってきた道も比較的新しく作られたよう。今尾をねらったわけではなくて、誰でも良かったんじゃないかと、予測した。

本部に戻った石松から須藤の携帯に電話が入る。殺人未遂犯として逃走中の栗原は、高速で事故を起こして亡くなっていたとのこと。その車内には、オオスズメバチの死骸が3つ転がっていたとのこと。この事件が関連してるとしか思えない、圭子と須藤。

圭子たちがいきもの係に戻ると、石松がきて、捜査状況を報告する。栗原が事故を起こす直前に、併走していた車がいたということ。「5年前から見てるぞ」と言うメッセージカードが出てきたということ。妻の亜紀子が栗原にそのカードを見せると、

『あいつがくる。殺される。』

と今までとは打って変わって怯えた表情になったという。車内にはオモリだけが入ってる箱があったそう。圭子はその中に蜂を入れて、前走車が窓から放り込んだと推測した。

須藤・石松・圭子の3人でファミレスで食事をしている際、石松は最近スズメバチの被害が多いと言う。須藤は、これはもしや生物テロじゃないかと言う。そして圭子にも問う。圭子は、壁際にいる怪しい男を見ながら意見を言いかける。

すると突然、トイレのほうで男性が『蜂が!蜂が!』と騒ぎ始める。石松は急いでトイレの中に入るが、物音が聞こえなくなった。まさか!と思い、須藤と圭子がトイレに駆け込むと、石松は手首を蜂に刺され、アナフィラキシーショックを起こして倒れていた。

石松は発作が起き、息苦しい中須藤を見つめ、たどたどしい話し方で、トイレの中に栗原が事故を起こした時と同じ箱がある、と言った。

石松は救急車で運ばれ、須藤は付き添った。圭子がひとりテーブルに戻ると、謎のマークが書かれたナプキンが置かれていた。圭子はそれを証拠品だと思い、バッグに入れた。周りを見渡しても先ほどの怪しげな男はいなくなっていた。

須藤と圭子が石松の病院に行くと、日塔たちもやってきた。鑑識がトイレの中の蜂を退治すると、やはり箱が出てきたそう。日塔は須藤に怒りをぶつけた。

『あんたがついてて何だ、このざまは。俺が絶対逮捕する!』

下を向く須藤。そこに、スーツを着た四十万がやってきました。いつもと雰囲気がちがう四十万。

『須藤警部補、薄巡査、一緒に来ていただけませんか』

四十万はいつものようなヘラヘラとした態度は全く取らず、硬い表情のまま、二人を連れて地下3階までやってきた。そこはかなりセキュリティの厳しい場所で、監視の目がいくつもあった。

なんだここは・・・と驚く須藤と圭子。部屋に入ると、そこに撃たれたはずの鬼頭がいた。

何者かに撃たれ重傷を負ったと報告されたが、それは敵を欺くための嘘だったのだという。安心する二人。

『驚いたか?私が撃たれたのは本当だ。ギヤマンの鐘の信者にな。』といい、ギヤマンの鐘のシンボルマークを二人に見せた。

それは、石松が襲われたあの日、圭子がファミレスのテーブルから持ってきたナプキンに描かれていたマークと同じだった。

警視庁いきもの係動画10話のあらすじネタバレ次回予測

何者かに撃たれて重傷を負ったと思っていた鬼頭が生きていてホッとしたのもつかの間、次回は大変なことになってしまいそうです!

鬼頭を撃ったのは宗教団体『ギヤマンの鐘』の信者。本当は無事だった鬼頭だけど、敵を欺くために捜査一課にさえ嘘の報告をしている・・・ということは、警察内部にも裏切り者がいるということ?!

そして次回予告のトレーラーでの、いつもとキャラの違う四十万も気になります!

次回スポットライトの当たる庄野(利重剛)はかつては養蜂を営んでいる普通のひとだったのに、ある事件をきっかけに鬼頭をはじめとした警察に恨みを持つようになってしまうよう。今となっては、危険な集団と手を組み、無差別テロを主導しているという。今回の事件に関わる『ギヤマンの鐘』とも密接な関わりがありそう・・・。

次回ついに最終回!いつもは動物が出てきてほんわか癒される『警視庁いきもの係』ですが、最終回はかなりハラハラドキドキしそうです。

最終回のトレーラーで、『須藤さん、須藤さーん!』と圭子が叫ぶシーンがあるのが気になります。また須藤が撃たれたら嫌だなぁ。

可愛い動物たちと、圭子と須藤のお茶目なコンビが大好きな『警視庁いきもの係』。どうかハッピーな結末を迎えて欲しいです!!

警視庁いきもの係動画9話の見どころ

物語がたくさんあり、最後に気になることが

いきもの係が慰安旅行に出かけた先で、いろんな事件が起こりました。最初は、ハリネズミが登場し、須藤さんが抱っこしたりするやりとりがおもしろかったです。そこでおかしいなと思った、動物が大好きな女の子の警察官のお陰で、事件がギリギリセーフで未遂に終わりました。

今回はあっさり犯人が捕まったなと思っていたら、それで終わりではなく、まだまだ続きがありました。次は、蜂が登場しました。男の人が蜂に刺されて旅館に助けを求めにやってきて、そこからまた物語がはじまりました。

須藤さんと、女の警察官の子が山道を偵察に行き、山をごろごろと転げ落ちる須藤さん、チャーミングでした。そして、事件が解決する前に、三浦翔平演じる警官が蜂に刺され、アナフィラキシーショックになってしまったのがドキドキしました。

どうなってしまうんでしょう。あと、だいすけお兄さんが今まではいい役だったので、突然怖い顔で登場して、何がどうなっているの?という状況で終わりました。続きがすごく気なります。

いつもとは一味違ういきもの係

8話のラストでまさかの射殺シーンの後どうなるのかと、思っていたら、まさかの旅行シーンからの始まりでした。今回の「警視庁いきもの係」9話はいつものほのぼの系事件解決とは一味違い、ミステリアスかつシリアスなお話でした。

1話から8話までは1話1話解決していたのに、今回は事件が次週へと続いていますし、仲間だと思っていた人が実は!?みたいな展開になりそうで次週の10話の楽しみ加減がいつもより倍増しています。

今回は、ハリネズミとハチの二匹もの動物が出て来て、バラバラな二つの事件かと思いきや、繋がっていたの?!と言う驚きもありました。いつもと変わらないのは橋本環奈さん演じる薄圭子がとても可愛いと言うことですね。次回の10話で最終回なのでクライマックスにかけてこのまま突っ走って行って欲しいです。

鬼頭管理官が撃たれた真相

総務部の皆で慰安旅行に行くといういつもと違うシチュエーションでどんな事件に巻き込まれていくのかが見どころだと思います。

旅行先でも生き物が絡んだ事件に遭遇してしまい、須藤と圭子はその捜査に乗り出して旅行どころではなくなりますが、自然に二人で力を合わせて犯人を追いつめていくと思います。

それに前回、最後に撃たれた鬼頭管理官が誰に撃たれたのか、なぜ撃たれたのかというのも大きなカギになると思います。

鬼頭管理官が秘密裏に動いている捜査の対象が、真相を解明しようとする警察に脅しをかけてきていて、その捜査対象の捜査を須藤と圭子に極秘で動くように指示して二人は生き物を手掛かりに捜査を始め、圭子のいつもの生き物への知識によって犯人を追いつめていくと思います。

次への展開がきになる。9話の生き物係

今回は二つの事件が起こりました。ハリネズミの事件と蜂の事件。ハリネズミはある夫婦の奥さんの浮気によって旦那さんが奥さんを事故に見せかけ殺害しようとしたことがはじまりです。

奥さんを火事で殺害しようとしたけど自分の飼っているハリネズミも巻き添えを食うのは嫌だから近くの家のハリネズミと交換しようとしたことで飼い主を襲い入れ替えるということをしました。

殺害は未遂に終わりましたが、自分のペットさえ助かればいいのかと怒りを覚えました。一歩間違えば別のハリネズミは死んでしまったわけだし。

人間の勝手で動物が傷つけられることは許せないと思いました。また蜂に襲われる事件も起こりました。

看板に誘導されて刺されてしまったようでしたがその人を狙っていたのか分からないままでした。また最後に四万十がきりっとした格好で出てきたのがきになります。

グッバイ ハリネズミ

渡部篤郎と橋本環奈の刑事もの謎解きコメディで毎回日曜日の夜にゆるい感じで観られる秀作。

第9話は慰安旅行先での事件、旅館にいるハリネズミがじけんの謎を解く鍵になっている。

動物オタクの橋本環奈のもと敏腕刑事のコラボ推理が今回も炸裂し犯人を逮捕で出来るのかが見ものとなっている。

個人的にはキャリアのドジ刑事役の長谷川朝晴が毎回楽しみで面白いポイントとなっています。

今回はどんなドジキャリアっぷりをだしてくれるのかワクワクしてます。

前回の最後に寺島進が何者かに銃撃されており一体犯人が誰なのか全く検討がつかないので何か今回9話でヒントがあるのかよく観ないといけません。サスペンス色もあり今回はまた見逃せません。

ハリネズミ事件、石松巡査部長の危機

捜査一課の石松巡査部長を交え、山登りをする事になったいきもの係。立ち寄った山奥の旅館で、ハリネズミの事件に巻き込まれてしまう。

薄巡査の動物の知識と勘で事件解決にむけていつものように捜査していた。そんな中、旅館で捜査にあたっていた石松巡査部長が気を失って倒れてしまう。

山奥という事もあってすぐには救急車がこない為、瀕死の石松巡査部長がなぜそんな事になったのか原因を探る薄巡査と須藤警部補。

石松巡査部長の腕に傷があるのを発見した薄巡査は、傷跡を見て、蜂にさされたのではないかと推測した。

蜂にさされて瀕死の状態になってしまったなら、アナフィラキシーショックを起こした可能性が高い事がわかった。救急車の到着までに石松巡査の命は助かるのか?ハリネズミの事件も無事解決する事が出来るのか?

警視庁いきもの係9話の視聴者の感想や気になったこと

慰安旅行でも事件が起こりました

須藤さん(渡部篤郎)顔真っ白けで頑張ってました。おもしろいです。真面目な顔して転げ落ちていくので大笑いしました。おもしろいことしててもカッコイイです。

びくびくしながら素手でハリネズミに触っているので驚きました。圭子ちゃん(橋本環奈)は相変わらず頭が冴えてます。

今回はハリネズミ、オオスズメバチでしたが生きもののことならなんでも分かるんだなぁといつもながら感心します。

しかし犯人はなにがしたいのかさっぱり分かりません。今回はいったいなにが目的なんだろうかと悩みました。

まさかアッサークラさんが犯人なのかしらと少し考えましたが、さすがにそれはないかと思いました。

アッサークラさんもまたおもしろかったです。だいすけお兄さんがいつもの雰囲気とは違う様子で出てきたので驚きました。

もしかして四十万巡査(横山だいすけ)は重要な任務を任されていたのかもしれないと思いました。

笑いの要素見どころ満載

今週も笑える演出が沢山あって面白かったです。アサークラさんはいいキャラクターでしたが、なんであんなにわざと黒いファンデーションを塗っているのか?

しかもそれを落とす姿を見て何で誰も何も言わないのかが気になりました。今回も日塔係長笑えました。顔がゴルゴ風に落書きされてたのはクスっとしましたが、ずっと真面目なシーンまであのままでしまいには、最後はうっすらとれてる姿は笑ってしまいました。

須藤警部補の消火のシーンのいつの間にか扉開いていたり顔真っ白だったり、蜂を探しに行くシーンの山からゴロゴロ転げ落ちる姿とか今回も笑いが随所にちりばめられてて本当に面白かったです。

来週が最終回だと思うと寂しいです。今週は謎が多いまま終わったので来週も楽しみです。

えっ四十万巡査どうしたの!?

第9話で一番、気になったのは、いつもと様子が全く異なる四十万巡査である。四十万巡査といえば、いつも須藤警部補のつまらない親父ギャグ笑っているニコニコ顔の警察官なのだが、第9話の後半に出てきた彼は、いつもと全く異なる様子であった。

顔は厳しい表情で、警察官の制服ではなく黒のスーツを身につけ、銃で打たれたはずの鬼頭管理官のもとへと須藤・薄を連れて行ったのである。

もし、これが彼の本当の姿なのであれば、須藤警部補のギャグに笑い、ニコニコしていた彼は偽りの姿だということになるし、交番勤務のただの巡査ではないだろう。なぜ彼がこのような行動をとっているのか非常に気になった。第10話で、四十万巡査の本当の姿が明かされるのを期待したい。

ドラマ内におけるハリネズミの生態についての違和感

ハリネズミは身を危険にさらされたときや、危機を感じたとき、或いは不慣れな環境に投じられたとき、針を逆立て身を守る習性があります。

この事はドラマの中でも説明がありました。しかしながら、ドラマに登場したハリネズミは、須藤や薄に抱かれた(持たれた)時も、針を逆立てることなく平常を保っていました。

二人が動物用の厚手袋をしていたとしても、とても違和感のある光景でした。ペットとして飼われていた設定のハリネズミにしろ、飼い主に抱っこされれば往々にして針を逆立てますし、ましてや飼い主に近い人に触られれば変化はほぼ必ずおきます。

ですか、ドラマ内においてハリネズミは終始穏やかで針を逆立てることがありませんでした。人が大勢いるなかで、知らない人間ばかりなのにそうし続けたハリネズミには、不自然さを覚えました。

謎が残されたまま次回10話に続くので来週も見逃せません!

毎回事件に絡んだペットが登場し、ペット達も警視庁の巡査には見えない橋本環奈ちゃんも可愛くて毎週楽しく見ています。

ペット達が真犯人に繋がるヒントを与えてくれて、橋本環奈ちゃんがそれに気付いて、渡部篤郎さんと推理して事件を解決していくストーリーも面白いです。
ただ、個人的には脇役の人達のオーバーでふざけ過ぎた演技が少々不愉快に感じます。特に昔はトレンディドラマで主役をしていた浅野温子さんのはしゃぎようにはびっくりしました。

素敵な女優さんのイメージを崩さないでいただきたかったです。いつもは1話ごとにストーリーが完結しているのに、9話では可愛いハリネズミが登場して事件も解決したかと思いきや、色々な謎が残されたまま次回に続くので来週も見逃せません。石松さんには元気に復活してほしいです!

警視庁いきもの係キャスト

警視庁いきもの係横山だいすけお兄さんの見どころ
警視庁いきもの係橋本環奈の見どころ
警視庁いきもの係エンディング
警視庁いきもの係ロケ地

警視庁いきもの係1話あらすじ
警視庁いきもの係2話あらすじ
警視庁いきもの係3話あらすじ
警視庁いきもの係4話あらすじ
警視庁いきもの係5話あらすじ
警視庁いきもの係6話あらすじ
警視庁いきもの係7話あらすじ
警視庁いきもの係8話あらすじ

警視庁いきもの係最終回あらすじ

警視庁いきもの係動画フル1話から最終回が無料で見れるのはFOD【AD】

警視庁いきもの係はフジテレビ公式FODでみれます。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

FODはフジテレビの公式動画配信会社なので、この他にも

警視庁いきもの係(2018年7月8日まで)
コードブルー1,2,3(2018年9月15日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
パパ活(2019年6月25日まで)
人は見た目が100%(2019年4月12日まで)

『ドラマ「警視庁いきもの係」』(2018年7月8日まで)は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!

さらに8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン1とシーズン3をFODで全話無料で視聴する!
⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-警視庁いきもの係

Copyright© ドラブロ , 2019 All Rights Reserved.