12モンキーズ hulu

12モンキーズドラマシーズン3動画7話フル無料バンドラデイリーで見れるの?

投稿日:

ドラマ「12モンキーズ」シーズン3第7話の動画の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「12モンキーズ」シーズン3第7話の動画の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずに日本テレビ公式の動画配信huluを利用すれば安全に高画質、高音質でドラマ「12モンキーズ」の動画を全話無料で見れます。

ドラマ「12モンキーズ」の動画を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「12モンキーズ」シーズン3第7話あらすじ・ネタバレ見どころ感想「環境」

作戦会議が行われ未来ベストを無効かする秘密兵器を出す

基地にて全員集まり会議が行われている。

ジョーンズ博士は言う、私たちに好機が巡ってきた、相手は子供の目撃者だが殺さなくてはならない。

起源不明の少年も確かな未来に生きる男も同一人物。

両方とも破壊を招く、子供だからと言って惑わされてはいけない・・・。

一人の命を消す事で70億人が救われるのだから。

好機が巡ってきた私たちにはその義務があると述べた。

一方、子供の目撃者は部屋で絵を書き続けている。

その絵の中からある絵を守護者の一人が取り上げ、机の引き出しにしまうのだった。

絵に書かれているのは、銃を構えるコールだった。

作戦会議にて学者が作った秘密兵器を発表する。

それは、改造型電磁パルス装置なるもので、電子機器に電磁干渉を及ぼす機械なのだ。

それを使う事により、未来の転送ベストの機能を停止させる事が出来る。

そしてそれを使う事によりごく限られた時間だが「機会」を得る事が出来るというのだ。

1953年にそれを持って乗り込みガキを撃ち殺すというディーコンとハンナ。

その言葉を聞いて、一瞬悲しい顔を見せるキャシー・・・。

ジョーンズ博士は、未来ベストには危険な機能も付いていると説明する。

同期させるスイッチと、自爆させるスイッチがベストに機能としてついていると。

会議が終わり、キャシーはコールに「私は行けない」と打ち明ける。

そんなキャシーに「俺たちで時を変えただろう、力を合わせたから好転できた」

だがそんな言葉にキャシーは「目撃者を殺せば、時はリセットされあなたとは出会えない」

「息子も存在しなくなるし過去が変われば未来も変わる」

コールはその事を考え葛藤しているようで、その迷いを拳に乗せ壁に八つ当たりをした。

その光景をディーコンは見ていた。

決戦の場1953年に飛びまずはラリタン国立研究所を目指す

ディーコンはジョーンズ博士の元へ行く。

キャシーは参加しない、コールは黙っているのに違和感を感じているようだ。

ジョーンズ博士は、キャシーはタイタンで監禁されコールは親友を失ったからよ・・と言うが、納得しない。

ディーコンは何故タイタンで監禁されていたのか、コールが何故ラムゼを生き返らせないのか疑問が解決していないようだ。

だがディーコンは行くぞ!と言い部屋を出ていった。

再度作戦に参加するメンバーを収集し話をするジョーンズ。

秘密兵器は、スプリンターで過去へ飛ばす事は出来ない、だが1953年にもこれと同じものがある。

それがある場所は「ラリタン国立研究所」

ジョーンズ博士は守護者が現れる4時間前に送ると言いスプリンターを作動させる。

行くのは、ジェニファーとコール、二人は研究所へ。

ディーコンとウィートリーは脱出の援助、ハンナは隠れ家への侵入。

皆が揃ったら標的を始末する為の決行の時となる。

コールは出発する前に、キャシーの目を見つめた・・・。

それを見て何かを感じるジョーンズだったがスプリンターを作動し過去へ送るのだった。

ラリタン国立研究所で秘密兵器を取る事に成功する

1953年、雪が降るラリタン国立研究所。

そこでは、クリスマスパーティーが行われている。

コールはジェニファーに研究員の男をナンパして研究室に連れて行ってもらえるようにと言う。

天性の女優だけどそれは無理というジェニファーだがなんとかナンパに行かせ苦戦しながらも成功する。

一方、基地ではジョーンズがキャシーに話しかけた。

キャシーは過去を変えたいような事をジョーンズにお願いし、スプリンターを作動して貰うのだった。

ジョーンズはキャシーを送った後、データベースのスキャンをするように学者に指示をだす。

最近の鎖の座標に接続すると言う。

何を探すんだと聞く学者に「秘密よ」と答えた。

1990年のエマーソン・ホテルに来たキャシー。

暖炉にて目撃者の言葉(地図)のコピーを1枚だけ燃やしている。

そんなキャシーの元に一人の女性が話しかけてくる「ごめんなさい、娘を稽古に連れていってたの」と。

その女性の名はライリー博士、キャシーの母親だった。

キャシーは資料について議論したいと呼びだしていたようだ。

場面は、研究所へ入れてもらう事に成功しているジェニファー。

そこには、あの秘密兵器があった。

科学者の男がその電磁パルスの説明をしていると、忍び込んだコールに後頭部を殴られ気絶した。

他のやり方もあるのに何するのよーというジェニファーだったが、俺はそういう人間だと言った。

今回子供を殺す任務だが今までにも俺は子供を殺してきた。

そしてラムゼも殺した・・・と打ち明けた。

衝撃を受けるジェニファーに今はこれを盗んで終止符を打つ!と自分にも言い聞かせた。

キャシーは目撃者が最初から悪では無く、作られた人格だと気が付く

1990年のキャシーは母親に目撃者の言葉(地図)を見せ分析してもらっていた。

母親がそれを見て結果を一生懸命話しているのを見てキャシーは笑みがこぼれる。

母親は有名な心理学者だったようで初めて働いている姿を見れたのが嬉しかったようだ。

「この場所を見て」と母親は言った。

そこには1827年のレクイエムと書かれている。

それは天才にとって最悪の年、ベートーベンやウィリアム・ブレイクが他界。

二人とも異端児で天才ゆえに苦しんだのだ。

それらは何を示唆してるの?と聞くキャシー。

なるべくしてなった人格なのかしらとライリー博士は言う

さらにカルトや宗教の団体や思想について言葉が協調されているが文面は軽蔑に満ちている。

真実だと思いたくないと思っているようだ。

場面は、子供の目撃者。

今からコール達が見たあの儀式に出掛けるようでマグダレーナは目撃者の服を整えている。

そして後ろにいる騎士はあのガスマスクを持っていた。

目撃者は「もうやりたくない」とマグダレーナの腕を振り払う。

可愛そうな人を傷つけちゃダメだというが言動に注意してと怒るマグダレーナ。

あなたは今は時の器だがタイタンに戻れば時の主人になるの。

そしてその時が来たら時はあなたの意に従うと説得したのだった。

1990年に場面は戻り母親はキャシーにこれを書いたのは患者・友達以外でも気にしないわと言う。

キャシーはこれを書いたのは私の「息子」だと告白した。

目撃者の居る館の前で突入の準備をするコール達

1953年のコール達は、盗みだし研究所から所だ。

ジェニファーはコールに「なぜオリビアの死の凝視が怖いか知ってる?」と聞く。

「瞳だけはウソをつけないから・・だから瞳にあるものを信じて」と言った。

コール達は出口に着くと、そこにはウィートリーが待機しておりあと3時間で守護者が屋敷に着くと言う。

すると警報機がなった、ディーコンは車のエンジンを掛けようと必死に作業中。

やっとエンジンがかかり脱出するのだった。

基地でジョーンズは信号の終止点をマッピングし、スプリンターに乗り込む。

一人で行くのは危険だぞという学者の忠告を聞かず転送した。

キャシーは母親に言う、若い時に子供を産んで引き離された・・。

だからこれが唯一の彼を知る糸口なのだと。

そしてキャシーは悪いことはしたがまだ善の心が残ってると確信していた。

母親はここに書かれているのは苦痛や愛や絶望、怒りや絶大な希望。

物語り・・彼のなりたい人物像の物語だと言うのだった。

場面はコール達、隠れ家の屋敷前に身を潜めている。

そこに、子供の目撃者達が戻ってきた。

さらにそこにコールとキャシーも現れる。

そうあの時の夜なのだから。

コールは秘密兵器を取りだし準備する。

ジョーンズは一人過去に飛び目撃者がコール達の子だと知る

一方、キャシーは母親と楽しそうに会話を続けている。

母親は子供を美術館に連れて行った事がないと言うとキャシ―は連れて行ってあげてと伝えた。

すると電気がビキビキと点いたり消えたりした。

キャシーはもう行くわといい母親をきつく抱きしめた。

そしてありがとう・・・と言うキャシーに「あきらめないで、勝敗に関係なく戦うの、それが母親よ」と優しい顔を見せた。

するとキャシーに異変が起きる。

頭の中に、母親と一緒に子供の頃美術館へ行った記憶が溢れてくるのだった。

スプリンターが作動し2046年の基地に戻される。

キャシ―はすぐさまジョーンズに1953年に行かせてと申し出た。

だが「もうたくさん、色々話してもらう・・母親同士としてね!」と切り出された。

ジョーンズがスプリンターで飛んだ先は、コールがラムゼを殺す所だった。

さらにラムゼが何故過去に飛び、キャシーを殺そうとしたのかその目的も聞いていた。

「あなたの為にコールは兄弟を殺したのでは?」

私の目を見て、そして教えて!とキャシーに問う。

私たちを騙していたのね!と怒るジョーンズに、「目撃者は救えるわ」と言う。

だが、コール達がすべてを終わらせるまでこの部屋に一緒に居てもらうわと部屋のドアは閉め監視もつけた。

一方、コール達は突入の準備をしている、一瞬で皆殺しにすると言うディーコン。

そして秘密兵器を作動させようとしていた。

キャシーは一瞬の隙を見て、机の上に置いてあった未来ベストを奪いスイッチを押し転送が開始された。

目撃者を撃てないコール、今度は目撃者を守ると仲間を裏切るのだった

目撃者達がいる館の電気がビキビキと点いたり消えたりし出し、異変に気が付くマグダレーナ達。

すると見につけている未来ベストの電気が消えた。

そして窓から銃撃があり、未来ベストをつけた男性が一人撃たれる。

入り口からコールとディーコンが侵入し次々と倒して行く。

ハンナとジェニファーは階段を駆け上がり上の部屋を探す。

その騒ぎを聞いて守護者の男は目撃者を連れて逃げるが、ジェニファーとばったり会う。

ジェニファーは銃を構えるが、目撃者の子供と共鳴し合い二人の世界に。

そこにはシンボルマークが書かれた壁があり、目撃者はジェニファーに「僕みたいだね、主要人物だ」と言うのだ。

ジェニファーは似てる人はいないと思ってた・・だけどあなたの方が優れている。

だがいつか僕たちの中で君が一番になると思うよと目撃者は言った。

現実に戻ったジェニファーは「行って」といい、二人を逃がす。

逃げる目撃者を見つけたコール。

そしてキャシーもその現場に飛んできた。

急いで屋敷に向かうキャシーの前にマグダレーナが立ち塞がる。

「絶対行かせない」と蹴りでキャシーを吹き飛ばした。

二人は殴り合いになるが、秘密兵器の効果が切れ未来ベストが復活した。

それを見てキャシーは自爆モードに切り替えスイッチを押し、マグダレーナは消滅した。

目撃者と守護者の元にコールが追いついた。

守護者は「撃つな、この子はあの方になるつもりは・・・・」と言うがコールに撃ち殺される。

そして目撃者に銃を向ける。

その光景は、目撃者が書き続けていた絵の光景だった。

だがコールは撃つ事が出来ない・・・。

銃を下げ座り、目撃者と目線を合わせ話をする。

「エイサン、お前の名だ」そう告げた時、ディーコンが現れた。

ディーコンに「俺の子だ」と言うコール。

ディーコンは一瞬迷うが意を決して撃とうとした瞬間、キャシーが現れディーコンを撃った。

その時、殺したと思っていた守護者が起き上がり、未来ベストを作動し目撃者を連れてどこかへ転送していった。

コールは「息子を追いかける」と言うが、キャシーはバレた為、戻れば殺されると言い、一緒に部屋を出て逃げる。

コールは傷を負ったハンナと介護しているジェニファーに会う。

ジェニファーに「あの子の目を見た」と伝え、基地戻る為の注射器を渡した。

そして死んだ敵から未来ベストを取り装着する。

そこに、ウィートリーが来るが、「すまない、絶対に追ってくるな、俺たち家族の問題だ」といい同期スイッチを入れ転送して行くのだった。

基地に戻ったハンナは重傷か死亡した感じ。

そしてディーコンはジョーンズに「すべきことは?」と聞くのだった。

(今後はコール達にとって敵になってしまうのだろうか・・・)
⇓   ⇓   ⇓
12シーズン3動画1話あらすじ
12シーズン3動画2話あらすじ
12シーズン3動画3話あらすじ
12シーズン3動画4話あらすじ
12シーズン3動画5話あらすじ
12シーズン3動画6話あらすじ

映画「12モンキーズ」あらすじネタバレ

ドラマ「12モンキーズ」はどこで見れるの?

ドラマ「12モンキーズ」は公式動画配HULUで全話無料みれます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、ドラマ「12モンキーズ」を見たい方はお早めにご利用ください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluはドラマ「12モンキーズ」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい
地味にスゴイDX
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-12モンキーズ, hulu

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.