hulu もみ消して冬

もみ消して冬わが家の問題動画フル34話無料パンドラ見逃し再放送デイリーで見れるの?

更新日:

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」動画34話はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu,bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」動画34話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」は公式動画配信huluで全話無料で視聴できます。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」相関図キャスト


北沢 秀作(山田涼介)
北沢 知晶(波瑠)
北沢 博文(小澤 征悦)
北沢 泰蔵(中村 梅雀)

尾関 光希(小瀧 望(ジャニーズWEST)
池江 里子(恒松 祐里)

手毛綱 美鎖夫(児嶋 一哉)
楠木 松也(千葉 雄大)
小岩井 凛治(浅野 和之

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」3話あらすじネタバレ

警察に保護された小岩井は執事を辞める

小岩井が警察に保護された。

警察から連絡を受けた北沢家の皆は驚くが、博文だけが心当たりがあると言う。

博文によると、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしい。

昨日の夜、小岩井がメイド喫茶から出てきた所で博文が声を掛けた。

小岩井は慌てて走って逃げたそうだ。

「小岩井が休みの日に何をするかそれは自由じゃないか」と秀作。

どんな趣味でもいいじゃない(;´Д`)

だが、北沢家の人々は秀作と意見が違った。

そんなことが世間に知れたら北沢家の名誉にかかわる。

小岩井は博文に見られたことでクビを覚悟したんじゃないか。

そして人生悲観して自殺未遂したんじゃないか。

知晶と博文はこんな事を言った。

「まさか小岩井を辞めさせたりしないよね」

秀作は心配でたまらなかった。

泰蔵は言った。

「北沢家の名誉を汚す事になれば契約違反になる。辞めさせるかもしれない」

知晶も泰蔵の意見に同意した。

秀作だけが小岩井を信じていた。

「本人から真実を聞くまで結論待って下さい」と言って警察署にいる小岩井に会いに行った。

秀作の味方がいなくなっちゃう.・゚・(ノд`)゚・.

秀作は小岩井に会い聞いた。

「本当に自殺しようとしたの?」

「たまたま海を眺めていた場所が自殺の名所だっただけで・・・」

小岩井は死ぬつもりはなかったと言う。

秀作はメイド喫茶に通ってる事も確認した。

小岩井は言い訳もせず深々と頭を下げた。

「出すまでもないと思いますが」

秀作に渡したのは、退職届だった。

秀作は小岩井を引き止めようとする。

すると小岩井は「あなたの子守をするのはもうウンザリなんですよ」と言った。

秀作は悲しくて何も言えなかった。

小岩井は秀作の手に退職届を握らせて帰っていった。

そ、そんな・・・(>_<) 家に帰った秀作は、小岩井の退職届を見ていた。 未だに納得が出来ない。 その時、ハムスターのプラトンの部屋を覗くとプラトンがいない。 秀作は部屋の隅々まで探す。 部屋の窓が開いていた事に気が付き雨が降る中、庭を探したがプラトンは見つからなかった。 『母さん元気ですか。ずっと一番の味方でいてくれた小岩井がいません。最愛のプラトンまでいなくなってしまいました。僕もそろそろ母さんのそばに行きたいな』 秀作〜。゚(゚´Д`゚)゚。

メイド喫茶には小岩井の娘が働いていた

次の日の朝。

秀作は泰蔵に、小岩井から預かった退職届を渡した。

クリーニング屋の手毛綱が朝から北沢家にやってきた。

小岩井がいない事に気が付いた手毛綱。

「小岩井さんは体調不良でお休みです」と楠木が言う。

「お前が来てからこの家変じゃないか?」

手毛綱の言葉を聞いた秀作は、そういえば小岩井がいなくなって一番得をするのが楠木だと思った。

楠木をかわいがっていた知晶も、小岩井が辞めることに賛成している。

まさか部屋の窓を開けてプラトンを逃したのも、楠木の仕業なのか。

確かに怪しいな( ̄^ ̄ 😉

知晶は区役所で小岩井の住民票を手に入れていた。

何かが気になって調べているようだ。

その日の夜。

秀作は、また庭でプラトンを探していた。

庭から家の中を覗くと知晶と楠木がチェスをしていた。

2人はとても仲良さそう。

秀作は怯えていた。

このままでは知晶の心も、北沢家も楠木に乗っ取られてしまうと。

知晶は完全に楠木に心を開いているね(*´∀`*)

次の日の朝。

知晶が泰蔵に聞いた。

「お父さんは知ってたの?小岩井に娘がいること」

「小岩井のプライベートの事だからお前たちにわざわざ言わなくてもいいんじゃないかと思って」

知晶は住民票から、小岩井に娘がいる事を知ったのだった。

「じゃあお父さんは、あのメイド喫茶で娘が働いてるって知ってたの?」

泰蔵も流石にメイド喫茶に、小岩井の娘が働いているのは知らなかった。

じゃあ、メイド喫茶にハマってるのは博文の勘違いΣ( ̄□ ̄; )

小岩井が昔付き合っていた女性との間に子供が出来た。

小岩井は子供を認知していた。

母親が亡くなって、娘を引き取ったのが10年前。

今は大学生。

名前は冨美代。

小岩井にもそんな過去があったのね(>_<)

小岩井は秀作の事を我が子のように思っていた

知晶は小岩井の娘が働くメイド喫茶に来ていた。

「小岩井はここに来てショックを受けたでしょう?」

冨美代は知晶に話をした。

一度来ました。

本当に来ると思ってなかったんでビックリしました。

ここで働いてる事は、自分から言いました。

その時お父さんは「恥をさらすな。今すぐ辞めろ」って怒ってました。

大喧嘩になりました。

お父さんが私に辞めろっていうのは、心配しているとかそういうのじゃないんです。

北沢家の皆様に迷惑かけるから。

ただそれだけなんです。

冨美代は、北沢家にヤキモチを妬いていた。

わざと小岩井が怒るように振舞っていたと言う。

冨美代の気持ちもわかる(T_T)

知晶は冨美代の話を黙って聞いていた。

「お父さんを復帰させて頂けないでしょうか。お願いします」

冨美代は知晶に頭を下げた。

その日の夜。

兄弟が揃って秀作の部屋で話をしていた。

知晶は冨美代に会って話をしたと報告する。

北沢家に小岩井を戻そうと話を始める知晶と博文。

秀作はそんな2人の話に納得がいかなかった。

「2人とも楠木がいればそれでいいっていう話じゃなかった?」

知晶が秀作を追い詰めながら言った。

こうなったのも全部あんたのせいだからね。

父さんに退職届けを渡したのは誰よ。

どうしても辞めさせたくなかったらに処分出来た。

本人から受け取るのを拒否出来たはずなのよ。

あんたは退職届けを受け取った時点で、小岩井を見捨てたんだよ。

知晶に反抗すると秀作が負ける(; ^ω^)

「僕の子守をするのはもううんざりだって言われたから」

泣きそうな秀作。

あんた本気で言ってると思ってんの?

冨美代ちゃんが言ってた。

小岩井は、あんたが東大受かった時も警視庁に入れた時も家で晩酌しながら「本当に良かったって」泣いてたんだって。

自分の事では一度も泣いた事なかったのに。

小岩井は我が子のように、秀作の事を思っていたのだ。

娘を育てる為に、北沢家で懸命に働く事。

それが結果的には冨美代を一番傷つけていたんだろう。

冨美代が知晶に頭を下げ「父を復帰させてください」と言った事を知った。

たまらず部屋から飛び出した秀作は泰蔵の元へ行った。

「父さん小岩井の退職届けを無かったことに出来ませんか?やっぱり家には小岩井が必要だと思うんです」

「なかなか燃えにくくてな」と泰蔵が暖炉の方を見た。

すると暖炉の中に燃え残った退職届けがあった。

「小岩井に会ったら伝えてくれ。早くマッチを補充しないと、パイプが吸えないって」

秀作は目に涙を浮かべて「はい」と返事をした。

北沢家に戻る事を拒む小岩井

秀作は小岩井を呼び出していた。

白い長靴履いて現れた小岩井。

ラーメン屋に就職が決まったと嬉しそう。

秀作は北沢家に戻って来て欲しいと言うが断られてしまう。

「私を採用して下さった店長を裏切ることは出来ません。それとずっと昔からラーメン屋に憧れていたんです」

小岩井は楠木に、手紙で教えられる事は全て伝えてあると言う。

秀作が引き止めても小岩井の考えは変わらなかった。

ラーメン屋も似合うけどね(;´Д`)

小岩井はラーメン屋で生き生きと働いていた。

秀作は小岩井の様子を窓の外から見ていた。

いつだって小岩井が秀作の味方だった。

もし小岩井が執事という仕事に就かなかったら、カレー屋をやるべきだと秀作は思っていた。

秀作が5歳の時、家出から戻って食べたカレーは絶品だった。

秀作はラーメン屋と聞いて違和感を覚えた。

あの時のカレーの味は最高だったんだね(。-_-。)

困った秀作は、「例え話」で尾関に相談していた。

再就職した飲食店をすぐに辞めるというのはなかなか難しいでしょうね。

本人に適性がなければクビになりますけど。

尾関の話に秀作はひらめいた。

尾関の回答は真面目で面白いo(^-^)o

ラーメン屋の様子を、窓の外から見ている秀作。

小岩井はスープの仕込みをしている。

店長からも信頼されていて、スープの仕込みを任されていた。

次の日の朝。

秀作は知晶に、冨美代への伝言を頼んだ。

「父さんご心配なく。小岩井を必ず連れ戻してみせます」

いつもは頼りない秀作が、自信で溢れていた。

小岩井、北沢家へ戻る

その日の夜。

翌日の仕込みを終えた小岩井が、ラーメン店から出て行った。

自宅に戻る小岩井。

冨美代は小岩井が寝たのを確認すると、ラーメン屋の鍵を秀作に渡した。

秀作は目出し帽かぶり、小岩井の鍵を使ってラーメン屋に忍び込む。

そして、小岩井が仕込んだラーメンのスープを全部捨てた。

え?どういう作戦(・ ・?)

持ってきた材料でスープを作る秀作。

美味しさと不味さの中間のスープを作ろうとしていた。

そのスープを店長が飲めば、小岩井はきっとクビになるだろう。

そこへ秀作と同じ目出し帽をかぶった男がやって来た。

なんとそれは泰蔵だった。

なんで泰蔵がラーメン屋に来るの?Σ(・∀・|||)

泰蔵は秀作に買い出しを頼む。

メモに書かれた食材は、ラーメンのスープとかけ離れたものだった。

ラーメン屋に戻ると、泰蔵の指示で肉を焼いた。

泰蔵が持ってきた鞄の中には、四角い容器が入っていた。

それを鍋に溶かす。

秀作は、昔この香りを嗅いだことがある。

泰蔵はスープを小皿に取り秀作に渡した。

スープを飲んだ秀作は20年前を思い出していた。

家出をして戻って来た時に食べたカレーは小岩井が作ったんじゃない。

泰蔵が作ったのだった。

秀作に「早く食べなさい」としか言わなかった泰蔵。

秀作は涙が溢れて止まらなかった。

「どうだ美味しいか?」

泰蔵の愛情を感じた!.・゚・(ノд`)゚・.

次の日の朝。

小岩井が出勤すると店長が怒っていた。

「お前は俺をおちょくってんのか!」

鍋の中を覗くとそこにはカレー。

「私じゃありません」

小岩井はそのカレーを味見した。

「ご主人様・・・」

カレーを作ったのが泰蔵だと気が付いた。

「犯人連れて来いよ」と店長が怒る。

「申し訳御座いません。私がやりました」

小岩井はラーメン屋をクビになってしまった。

秀作の作戦成功だね\(^o^)/

小岩井は北沢家の門の前まで来ていた。

中に入れず引き返し、ベンチで求人雑誌を見ていた。

そこへ秀作が現れる。

「うちに帰ろう小岩井。みんな待ってるから」

「本当に戻ってもよろしいんですか?」

「みんな暖かくは迎えてくれないと思うよ。でも心の中では喜んでると思うから」

秀作は小岩井の手を握った。

それは秀作がいつも小岩井にして貰っているのと同じだった。

いい話だ(T ^ T)

秀作は小岩井を連れて家に帰った。

知晶と博文は、いつもと変わらず小岩井に用事を言いつける。

小岩井は北沢家に必要とされている。

秀作も嬉しそうだった。

そこへ泥だらけの楠木がやって来た。

手元の箱にはプラトンがいた。

物置にプラトンがいたそうだ。

楠木の様子に、秀作は疑って悪かったと思う。

小岩井は泰蔵に挨拶に行った。

「20年前と変わらない美味しさでした」

泰蔵は「なんの事だ」ととぼけていた。

信頼関係って素敵(*´∀`*)

泥だらけだった楠木は、小岩井に言われシャワーを浴びる。

楠木の背中には鯉の刺青があった。

タトゥーではなく、刺青だ。

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」3話見どころ感想

小岩井がメイド喫茶へ?里子と秀作の関係は?

冒頭、執事の小岩井がメイド喫茶に通っていると嬉しそうに話をする博文が面白かったですね。

今回は小岩井を辞めさせてしまった秀作が自分で奔走するお話でした。

自分のせいだけにこれまで以上に知晶にドSに怒られているシーンが面白かったです。

でも今回は知晶が小岩井の娘に会いに行って相談してあげたり、姉らしい姿も見せたりして優しい一面も見られましたね。

スープを捨てて小岩井のせいにするという作戦は最初どうかなとも思いましたが、博文の同僚でその日のスープ全部を平らげてお詫びするという作戦だったんですね。

秀作の人柄が良く出ていたと思います。

今回は里子との距離を縮めるチャンスを棒に振ったかに思えた展開でしたが、里子に目もくれない秀作が結果的に株を上げるというのも面白かったです。

今後秀作と里子が恋愛に発展する所を見てみたいです。

そして最後に楠木が実は北沢家を乗っ取ろうとしているというまさかの展開が明かされました。

何故楠木がそんな事をしようとしているのか次回に注目ですね。

知晶の正義感の裏にある思いに賛同

知晶の正義感と思いが伝わる話でした。知晶が、博文に、メイド喫茶に行っただろうと追求して、小岩井のことは責められないと言うところが印象的でした。知晶が秀作に対し、小岩井が辞めることになったのは秀作のせいであると攻め立てるところは、正義感強いなと思いました。知晶は、小岩井からなぜ退職願を受け取ってしまったのかと言い、受け取った秀作が悪いと言います。責任を、秀作一人に負わせるのかと思いましたが、知晶が、秀作を奮起させる意図であることが分かった時嬉しく思いました。

知晶の北沢家での役どころは、お母さん的な雰囲気があり、厳しく家族全員にあたるのですが、その言葉に意味があって、皆が反省し奮起して行く姿が頼もしいです。後半では、父泰蔵が、秀作ひとりでは と思ったのか、小岩井が務めるラーメン店に忍び込むシーンがあります。その行動も、家族で会話している時の知晶の厳しい言葉が影響しているのではと想像しています。

執事だけでなく父にも愛されていた秀作

第3話は執事の小岩井さんだけでなく、お父さんの泰蔵の出番も多めで面白かったです。3話を見ていて思いましたけど、秀作って本人が気付かなかっただけで、家族の皆に愛されまくって育ったんじゃないですかね。ただ父や兄、姉たちの愛情表現が分かりにくくて気付けなかったというだけで。

今回の秀作は小岩井さんを連れ戻す過程で、自分が小岩井さんだけでなく父からもどれだけ愛されていたかを改めて知っていく事になりました。これによって親子のわだかまりが少し解消してくれるといいですね。あと親からの愛が自信に繋がるなんて話も聞きますし、自信ある男になる事で恋愛の方も少し進展があるかもしれません。

意中の里子ちゃんが妙な勘違いをする前に早く想いを伝えられるといいのですが……。

あったかい思い出のカレー

犯罪を犯すなら最小限というちょっと曲がった強い信念がなんだか可愛らしくて許せてしまいます。償いの方法が今後のラーメン店の売上でお兄ちゃんに払わせるっていうところもお兄ちゃんが俺にできることなのかと素直に実行しているところも受け入れられてしまいました。親子で目出し帽かぶってやってくるなんておかしすぎて仕方なかったです。

カレーの味が秀作くんにとってはお父さんのもの、小岩井さんにとってはご主人様のものだとみんなが分かるという共通の思い出がとてもいいなと感じます。テレビ画面からカレーの匂いがしてきそうでさらにあったかい気持ちになりました。今回はお父さんがあの黄色のセーターを着てなかったからどうしたのかと心配しましたが、別の形で家族愛が感じられました。

秀作は思っている以上に家族に愛されている

執事の小岩井が北沢家を辞めてしまい、みんな小岩井に戻って来てほしいと思っているのに秀作以外素直に戻って来てほしいと言えないところが面白かったです。

そしてラーメン屋に再就職した小岩井をクビにさせようと、夜中のラーメン屋に進入し秀作がまずいラーメンスープを作っていたら、お父さんも登場し美味しいカレーを作るシーンは感動しました。秀作が子供の頃家出して家に戻った時に食べたカレーは実はお父さんが作った物だった事が分かり、秀作は気づいていないだけで本当は自分が思っている以上に家族に愛されているのだと思います。
そして執事の楠木のシャワーシーンで、楠木の背中に刺青があったのには驚きました。今後の楠木の行動が気になります。

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」見どころ感想

早くも息切れした感が…

まだ、3話なのに、早くも息切れした感が漂いまくっている残念なドラマだなと思いました。作り手にも、その意識があるのか?山田涼介さんのシャワーシーンが唐突に出てきたりして、韓流ドラマのような印象も受けました。

父親を含めて、家族全員がエリートという設定ですが、不思議と嫌味には感じませんが、誰からもその職業をやっているというリアリテイを感じられずに、設定そのものに無理があるのかな?と思います。一言で言えば、大人になっても末っ子の山田涼介さんが兄や姉に使いっ走りのような扱いを受けているというだけのような気もします。

このまま、回を進めていってネタが尽きてしまうのではないかと心配してしまいます。千葉雄大さんが出てくるシーンだけが楽しみです。

欲に溺れたバカ親子

医院長の愛犬を逃してしまった博文。秀作はまた「僕も探すの手伝うよ!」なんて、すごく優しい子なんだなと思いました。医院長争いに勝つため、医院長の愛犬を手懐ける作戦に出た博文。下心まるだしじゃないかと突っ込みたくなりました。

医院長も医院長で、昇進を愛犬に決めさせるなんて、トップの座を降りる気あるのでしょうか…。「お前の自業自得じゃないか!出世欲に溺れるからそういうことになるんだ!」と言った父親。

ごもっとも!と思いましたが、前回のこともあるし、そんなに自信満々に言えることじゃないんじゃないかなと思いました。博文に指摘され「過去の話を蒸し返すな…。」と濁す泰蔵。結局自分もよくに溺れたこと自覚してるんだなと感じました。

ジョンの失踪を兄弟犬で本気でごまかそうとする北沢家

1話の最後に長男の博文が傷だらけになって誰かに追いかけられているようなシーンだったので、もう少し緊迫感のある内容の2話かと思っていたら、博文の勤務する院長の飼犬を逃がしてしまった、さあどうしよう的な内容でした。ああ、そうだった、このドラマはくだらないと言っては言い過ぎかもしれないけれどそういった内容のお気楽に見ることができるドラマだったのだと思い出しました。

それも逃がしてしまったジョンを探すのではなく、ジョンの兄弟犬を探してその犬を忍び込ませることに必死になるという内容。「おい、解決方法はそこかよ」と突っ込みを入れたくなるのです。今回の問題でも、博文や知晶に相手にされてない秀作ですが、執事の楠木にまで秀作の地位が脅かされるという悲哀が面白おかしく描かれていました。

今回は、楠木演じる千葉雄大さんも出演場面が多く、あのかわいいキャラ全開でした。結局、最後にはよく意味がわからないけれど、飼犬のジョンは院長のところに帰ってくるのです。

1話もそうでしたが、解決方法はどうでもよく、奔走する秀作が見どころなのです。それで、家族に相手にされていないようでいて、父親も長男の博文も長女の知晶もみんな秀作のことをかわいく思っているのです。兄弟犬のもう一匹のジョンに愛着を感じている秀作のことをみんなわかっていて、家で飼うことにしてあげるのですから。

秀作は、意外と家族に頼られてるのかも

勤める病院の院長の犬を逃がしてしまった兄博文。犬がいなくなったことを隠すために、またまた、兄博文、姉知晶の、とんでもない作戦に巻き込まれた秀作。そっくりな犬を見つけて、もとに戻すという計画。ごまかすということになって、それは良いことなのでしょうか。警察官の秀作と、弁護士の知晶ですよね。いけないですよね。秀作のやってることは、どうなのかとは思いますが。でも、コメディになっちゃってるので。いなくなったジョンの代わりのジョンに愛情をもった秀作。

一旦は、置いてきてしまいますが、やっぱり、一生懸命にしつけした犬ですもんね。取り返しに行った時に、本物のジョンが戻ってきて良かったですよね。

秀作は、父親、兄、姉に、家族の中に入れてもらえてないと、感じてますが、本当にそうなら、無視ですよね。でも、なんだかんだ、巻き込まれているのですから、秀作も、便りにされてるのではないでしょうか。特に知晶は、愛情の示しかたが、下手なんじゃないかなと思います、意外と、知晶は、秀作が大切なんじゃないのかなと、思います。

若手イケメン二人がそれぞれ魅力的

第3話では執事見習い役の千葉雄大さんが目立っていました。「あのウルウルした目でお願いされると……」なんて言われていましたが、たしかに雇い主や年輩の方から見ると可愛がってあげたくなるような雰囲気が彼にはありますね。山田涼介だって可愛いことは可愛いですし、千葉くんに負けず劣らずのイケメンではあるのですが……山田くんの方はどちらかというとイジられキャラな印象です。

このドラマでもなんだか散々な扱いですしね。作中で「参ったな、僕にも色気が生まれつつある」なんて調子に乗っていますけど、あれも勘違いのような気がしてなりません。このドラマにおける山田くんは最後までこんな調子で振り回されっぱなしのキャラで終わるんじゃないかと思います。

くだらなさがちょうど良い

くだらなさ加減が気軽に見るのにはちょうどいいドラマだと思います。
博文が勤める病院の院長の愛犬ジョンが博文のせいで逃げてしまい、警察犬を使ってジョンを探させたり、ジョンの兄弟と入れ替えようなどのバカげた作戦がなかなか面白かったです。

博文がジョンを探し続けてタイヤをジョンと間違えたり、執事の楠木が秀作に犬用のお皿にお水を入れてきたりと色々と笑いの手が込んでいてすごいと思います。

楠木のどこか可愛がりたくなる人柄や、ベテラン執事の小岩井の秀作に対する優しさは見ていて安心します。

最後にジョンの兄弟の犬が北沢家で飼われることになって良かったです。

なかなか家族に認めてもらえない秀作ですが、徐々に家族に認められていっている様子が面白いので、次週も見ようと思います。

博文が手懐ける「犬がいぬ」で困った

末っ子の秀作は前回と同じように、家族からの総攻撃を受ける、虐げられっぷりを披露してくれると期待しています。また、秀作の家族の中の立場を悪くする行動するらしい、千葉雄大さんが演じる執事見習いの楠木松也が、あの可愛らしい顔立ちで秀作の回りを小悪魔のように、かき回しそうでこの二人の争いも楽しみです。

長男で兄の天才外科医の博文は出世のために、「失敗しないので」的な「医療の技術を向上させる」のではなく、院長の愛犬のジョンを手懐けるという、姑息でいて見苦しいことをさも素晴らしい事のようにしてしまう、駄目な所が見ものなうえに、いなくなったジョンをソックリな犬と入れ替えるという発想を、真顔で言ってしまう長女で弁護士の智晶も魅力的です。

今回も見所がいっぱいで楽しみです。
⇓   ⇓   ⇓
もみ消して冬1話あらすじネタバレ
もみ消して冬2話あらすじネタバレ

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」はどこで見れるの?

ドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」は公式動画配信huluで視聴できます。

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。

もみ消して冬を全話無料で視聴する。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluはドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい

地味にスゴイ
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ
奥様は取扱い注意

これらも全話無料でhuluで視聴できます!

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。

もみ消して冬を全話無料で視聴する。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-hulu, もみ消して冬

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.