トドメの接吻 動画

トドメの接吻キス動画フル1話~最終回無料パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ「トドメの接吻」動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ「トドメの接吻」動画1話~最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

ドラマ「トドメの接吻」と「トドメのパラレル」は公式動画配信huluで全話無料で視聴できます!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

ドラマ「トドメの接吻」相関図キャスト


山崎賢人(堂島旺太郎)
⇓   ⇓   ⇓
陸王全話あらすじネタバレ

門脇麦(キス女)
菅田将暉(春海一徳)
⇓   ⇓   ⇓
あ荒野全話あらすじネタバレ

志尊淳(小山内和馬)
⇓   ⇓   ⇓
きみはペットあらすじ・ネタバレ

弓削智久(辻)

岡田義徳(根津功一)
光石研(堂島旺)
奥貫薫(堂島光代)

ホテル王・並樹グループ

新田真剣佑(並樹尊氏)兄
⇓   ⇓   ⇓
明日もきっと君に恋をする全話あらすじ・ネタバレ
新木優子(並樹美尊)妹
⇓   ⇓   ⇓
コードブルー新木優子の全て
山田明郷(並樹尊)

高橋ひとみ(並樹京子)
小市慢太郎(新井郡次)

並樹乗馬倶楽部

佐野勇斗(長谷部寛之)
宮沢氷魚(布袋道成)
⇓   ⇓   ⇓
コウノドリ2全話あらすじネタバレ

堀田茜(森菜緒)
⇓   ⇓   ⇓
重要参考人探偵全話あらすじネタバレ
唐田えりか(青田真凛)
山本亜依(小柳奈々子)

ドラマ「トドメの接吻」基本情報

放送開始日:2018年1月7日
放送時間:毎週日曜22時30分~23時25分(初回は22時スタート)
放送局:日本テレビ
脚本:いずみ吉紘
音楽:Ken Arai
主題歌:『さよならエレジー』菅田将暉

ドラマ「トドメの接吻」1話のあらすじ・ネタバレ

悲劇的な事件がきっかけで、エイトは愛を信じれなくなる

ある兄弟が、豪華客船で開かれた社交界の人間が集まるクリスマスパーティーに忍び込んでいた。

しかしその華やかなパーティーから一転、彼らが乗っていた豪華客船で事故が起きる。

倒れていた女の子を助け、船長である父親のもとに向かう際、弟の光太は海に流されていった。

そしてほどなくして兄と女の子も流されていった・・・。

年月が経ち、その兄弟の兄・エイト(山崎賢人)はナンバーワンホストになりあがっていた。

“愛”を信じず、信じるものは権力と金のみ。

エイトは高級マンションなんかには住んでいなかった。

エイトが住んでいるのはボロ家。

もらった高級なプレゼントはすべてオークションで売り、金に換えていた。

女を金づるとしてしか見ていないエイト・・・。

そんなエイトのことを見ているサンタ姿にマスクをした不気味な女がいた・・・。

これがキス女!?

カズマ(志尊淳)に、ホテル王の資産家の娘・美尊(新木優子)が来ていることを知らされるエイトはいつも以上に気合を入れる。

トイレに入って気持ちを高めていると、突然サンタ姿の謎の女(門脇麦)が現れる。

その女は突然エイトにキスをした。

手がしびれ、体が動かなくなり・・・エイトは死んだ。

1エイトは死ぬ前の12月17日に戻る!
トイレにカズマが入ってきて、エイトが死んでいることに気づく・・・。

しかしその瞬間から時が巻き戻り、あのエステ会社の社長(釈由美子)とのプールのシーンに戻る。

エイトはデジャブのように1週間前の出来事を体験する。

でもそのことをすべて“夢”だと思い込むエイト・・・。

自分が死んだことも“夢”だと思い込むエイトは全く怖がりもしない。

“100億の女・美尊”もやっぱり店に来ていた。

トイレにあの“キス女”はいなかった・・・!

なんとか美尊の隣につくエイトとカズマ。

美尊たちは大学の乗馬クラブの仲間でホストクラブに遊びに来たお金持ちの女たちだった。

美尊はなんだか気分を損ねているようす。

ホストを馬鹿にし、つまらなそうにする美尊。

その時だ。

エイトの同伴客がしびれを切らし、怒りだす。

エイトはその客にキザな対応をし、逆に喜ばせる。

山崎賢人君がホストになったら億万長者になりそうだ(笑)

とにかくナンバーワンホストとしての腕を見せまくるエイト。

しかし“100億の女”美尊はそのすきに帰ってしまった・・・。

美尊を追いかけるエイトはその道中、ランボルギーニにひかれそうになる。

その男はエイトの働くホストクラブ「ナルキッソス」を探していた。

そこにカズマがやってくる。

エイトはキス女のことを“夢”の話として話す。

なんとそこに話していたキス女と同じ女が現れたのだ!!

サンタ姿のキス女に無理やりキスをされるエイト。

またエイトは死んだ・・・。

またもエイトは殺され、1週間前に戻る!

そしてまたエイトは12月17日。

クリスマスイブの1週間前に戻っていた。

エイトは“キス女”の正体・小暮いさ子を調べた。

顔も雰囲気もあの“キス女”にそっくり・・・。

でもなんでエイトを狙う??

エイトは前に“セブン”としていた店に“キス女”を調べに行く。

そこには女装して踊るカズマがいた。

カズマにキス女の事情をさらっと話し、ボディーガードを頼むエイト。

カズマはその話を聞いて切なく感じていた。

キス女はエイトのことを愛していて、その愛はゆがんでいるけど本物。

エイトは愛を信じることができなくゆがんでいると。

店を休むという選択肢はエイトにはない。

だって100億の女が来るから・・・。

カズマは乗り気じゃないが、ボディーガードを引き受けた。

クリスマスイブを乗り切るエイト

そしてクリスマスイブ当日。

カズマがエイトの周囲を徹底的に調べ上げる。

エイトは美尊に思い存分近づく。

そして同伴のおばさんのクレームが入る。

エイトはすぐに席を立たず、美尊の心に響くようなセリフを言う。

そして同伴客のもとに行き、おばさんの誕生日を祝う。

本人だけでなく、同伴客の会社まで気遣いをするエイトにホストクラブ中がエイトに夢中になる。

美尊の友達・菜緒(堀田あかね)もエイトに夢中だ。

エイトを社交界のパーティーに呼びたいと言い出す。

そこへ寛之(佐野勇斗)が乱入する。

美尊を迎えに来たようだ。

しかし、バカな寛之、ドンペリをいれちゃう(笑)

みんなエイトの思うつぼ。

一度ロッカーに戻ったエイト。

ロッカーの中には「デンジャラス」というメモが・・・。

控室のドアが開き、観るとそこにはサンタ服のキス女が・・・・!

エイトは急いで店を後にするがキス女は後を追ってくる。

障害物にぶつかり、キス女は倒れる。

不意を突いて自宅に逃げ帰ったエイトの携帯には、実家の母からの留守電が入っていた・・・。

エイトが愛を信じることができなくなった暗い過去が明らかになる

翌朝。エイトは無事目を覚ますことができた。

クリスマスイブを越したのだ!

エイトの自宅に興信所の男(岡田義徳)がやってくる。

12年前にクルーズ船沈没事故で弟が行方不明になった事件を追っているらしい。

実家の母からの連絡はその費用を払わせるためだった。

エイトの父親はクルーズ船の事故のせいで、逮捕されていたのだ。

その賠償金を払うため、エイトはあんなにお金を稼いでいたの・・・!?

表向きはひどい暮らしを送っているエイト。

興信所の人間もお金がないと思ったのだろう。

すぐに帰っていった。

街に出ると謎のストリートミュージシャン(菅田将暉)が心に染み入る歌を歌っていた。

そのうたを聞きながら、エイトは過去のことを思い出していた。

目の前にはエイトと光太の母親・光代(奥貫薫)が必至で捜索活動していた。

父親が5年の実刑を受けたこと。

賠償金として3億円の支払いが要求されたこと。

エイトは母親に背を向け、逆方向へ歩いて行った・・・。

美尊のパーティーでエイトはまたも死ぬ

エイトとカズマは美尊の父親主催のパーティーに呼ばれていた。

赤いバラの花束を抱えてやってきたエイトを寛之が邪魔する。

エイトが美尊を探していると、美尊と母親が話していた。

美尊がクリスマスイブの日逃げてきたのは、乗り気じゃないお見合いの話が出たからだった。

今回のパーティーで、そのお見合い相手も呼ばれているらしい。

母親の頼みの綱は、美尊の政略結婚。

兄には期待していないようす・・・。

美尊の兄、いったいどんな人だろう?

すごくスペック高そうだけどなあ。

エイトが美尊になんと話しかけようか考えているとき、突然馬が暴走し駆け出す。

美尊が馬を何とか回避させたが、次は美尊が危ない!

危機一髪のところで美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)が助けてくれる。

なんか完璧人間っぽいぞ!?

なんで親は会社を継がせないんだろう?

同じことをエイトも考えているようす。

美尊のお見合い相手気持ち悪い~~。

釣り合わないでしょ!キモイ、おっさんにもほどがある!

しかも女好きだって・・・いいところは金持ちなとこだけ。

エイトは一連のやり取りを見ていた。

視線を感じ、振り向くと。

そこにはメイド服姿のキス女が!?

エイトはキス女を探す。

追いまわしている最中、歩道橋に上ったエイトは何者かに突き落とされた。

意識がもうろうとしている中、エイトのオペが行われようとする。

そこへ現れたのは・・・なんと、キス女だった!

「・・・死ぬ。」

キス女はそう一言つぶやき、年越しの合図とともに身体を拘束されたエイトにキスし、殺したのだった・・・。

エイトはまた過去に戻る。

キス女の話を、謎のシンガーにするエイト

12月24日。クリスマスイブにさかのぼった。

ホストクラブの控室を出るとき、キス女がいるのではないかと思い、エイトは消火器をぶん投げる。

しかしキス女はいない。

キス女は壁際にいた。

エイトも行動を学んでいるが、キス女も行動を学んでいるようだ。

エイトがキス女から逃げまどっている際、転んでしまう。

心配して駆け寄ってきたのは、この間町で歌っていた謎のシンガーだった。

謎のシンガーはホームレス小屋の中でエイトの話を聞き、“タイムリープ”の話をした。

ふざけた態度にエイトは気分を害し、出ていこうとするが謎のシンガーはエイトの話を「信じる!」と叫んだ。

なんか不思議なキャラ・・・。

菅田将暉君の私服っぽいな(笑)

エイトはニュースを先読みし、キス女を取り逃がした場所に行き、警察の捜査の手助けをした。

無事キス女は連行された。

キス女は無事捕まったが、次は美尊にパーティーに呼ばれなくなってしまった。

エイトはそれでもあきらめない。

パーティーに来ていたエイトの客とともに、一緒にパーティーに入り込むことに成功する。

美尊がお見合い相手として一緒にいるときにエイトが近づく。

そしてエイトが持ってきたデジカメにはお見合い相手のヤバイ映像が・・・。

そのヤバイ映像は、パーティー会場で披露されてしまった。

化けの皮が剥がれてしまったお見合い相手・枝野はその場を去っていった。

去っていったエイトを美尊は追い、自分に恥をかかせたと叱責する。

美尊もエイトも「本当の愛」を知らない

「本当の愛を知らないから。」

そういうエイトに美尊は「あなたに何がわかるのよ!」と叫ぶ。

「わからないから。いつか柵を飛び越えて見せる。」

その言葉に美尊も心を打たれているようす・・・!?

エイトは美尊が苦手だというバラの花束の変わりに、増加を1輪手渡した。

そして、エイトはその場を後にする。

パーティー会場の外には、枝野との映像に写っていたエステ社長が車で待っていた。

そう。この女はエイトに利用されていたのだ。

6日前、エイトは女社長のもとを訪れる。

会社の頭金を返す代わりに、枝野と寝た映像を撮れと命令したのだった。

エイトのもとにカズマから連絡が入る。

連絡は、いさ子が逮捕されたというものだった。

いさ子が逮捕されたことを知り、喜ぶエイトだが、いさ子とキス女は別人だった!

両親が尊氏に会社を継がせたくないのは血がつながっていないからだった!

両親が尊氏に会社を継がせたくないのは血縁の問題のよう・・・。

美尊は尊氏のことを恋愛対象としてみており、愛しているようだった。

本当の兄弟じゃないからいいじゃない!と。

しかし尊氏はそれをうまくかわして去っていく。

美尊のことどう思っているんだろう・・・?

尊氏がパーティー会場に入ると祖父の新井(小市慢太郎)が話しかけてくる。

「美尊か、美尊の結婚相手が会社を継ぐことになったら君は社長になれないね。悔しくないのかい?」

その言葉に一瞬尊氏の顔がゆがむ。

並樹グループの跡取りにするため養子にされた尊氏だが、美尊が生まれたためお払い箱にされてしまったのだ。

おじいちゃん、めっちゃあおるじゃん・・・。

しかもなんかエイトのこと知ってそうだし。

エイトが歩道橋で死んだとき、交通事故が起きたのと同じ状況になる。

交通事故は幼い男の子が被害者だった。

今まさに、その男の子が事故にあおうとしている。

エイトは急いでその男の子に駆け寄る。

しかしその前に黒づくめの女性が男の子を抱え、道に転がり込む。

間一髪助かる男の子。

よかった・・・。

エイトもホッとしたらしく、その女に「君のおかげで男の子が救われた」と話しかける。

その女は顔をあげると・・・キス女だった。

「まだ生きていたんだ。」

キス女はそう言って、にやりと笑った。

その頃謎のミュージシャンは古びた写真を見つけ、笑っていた。

その写真には学生時代と思われるキス女の姿が・・・。

謎のミュージシャンとキス女の関係はいったい!?

ミステリアスな新ドラマ、俳優陣も豪華だし、ストーリーも引き込まれて期待以上に面白い!

次回以降の展開もどうなるか気になる!

ドラマ「トドメの接吻」1話の見どころ感想

謎の悩殺キスの女を演じる、女優の門脇麦は刺激的

究極の鬼ごっこのようにも見える「トドメの接吻」のドキドキする感覚に初回から中毒なってしまいました。謎の「悩殺キスを持つ女」を演じる門脇麦さんが怪して怖くて魅力的でたまりません。また門脇さんが着ているサンタの衣装が、とても可愛すぎるし似合いすぎていて、もうメロメロになってしまいました。

見る角度を変えると、門脇さんのサンタの衣装の真っ赤な色が、山崎賢人さんが演じる堂島旺太郎を死に追いやる「悩殺キス」の怖さをより際立たせて、死を連想させる効果を出しているように感じていて、よく考えられた演出だなと感心しました。ただ、謎の悩殺キスの女の門脇さんと旺太郎の刺激的で濃厚なキスが多くて、ドラマとはわかっているものの嫉妬してしまいます。

次回からも門脇さんの刺激的な悩殺キスが続くと思うと、旺太郎を演じる山崎さんを嫌いになりそうです。

キス女から必死に逃げる様が笑えました

エイトがタイムリープを利用してお金持ちのオバサン社長にサプライズを仕掛ける部分はオシャレでかっこよかったですね。

美尊が薔薇アレルギーだと知ってアプローチを変えてくる辺りもイケメンでした。こういう一度犯したミスを上手く挽回していく爽快感がタイムリープものの醍醐味でしょう。

しかし全てが上手くいくわけでもないようで、どちらかというと醜態を晒している場面が多くて笑えます。あのタイムリープ能力を自分一人の力で代償なく使えるなら便利なんですけどね。

ハデに吐血したりして苦しむ事になるのでエイトとしても手放しで喜べないし、それを繰り返したくもないので逃げるしかありません。

きっと来週も大声で悲鳴をあげながら逃げ回って、見ているこちらを和ませてくれると思います。

旺太郎と女たちの出会い

仲の良かった兄弟が船の沈没で離れ離れになってしまったことが悲しかったです。旺太郎が倒れていた男の子を助けたために、弟が犠牲になってしまったことは、きっと旺太郎の記憶に残ると思いました。

そして、その過去を背負ってホストになったんだと思いますが、一つの出来事でガラリと性格は変わってしまうものなんですね。

のちにキス女と出会いますが、彼女と旺太郎は過去に接点があったのでしょうか…。それで、何かをされて恨みを持って旺太郎を追いかけ回す人生になってしまったのかなと思ってしまいました。

美尊のことも100億の女としか見ていないし、美尊も男の人を知らない感じなので、旺太郎に気のあることをされるとキュンキュンしている感じがするし…。

旺太郎の本性を知る前にいい人に出会ってほしいなと思いました。

トドメの接吻の初めて見た感想

謎の女にキスされると死んでしまい、時間が戻ってしまうホストの男の話ですね。なかなか面白い設定です。

決まった時間に戻るのではなくいつのどこに戻るのかは分からない。だから何度か繰り返している内にという感じにはなりませんね。

主人公のエイトは金を稼ぐ事ばかり考えていて人の気持ちを考えないように見えますが、その根底には弟が行方不明になった事故の事が関係あるのでしょうか。

まだまだ隠している過去がありそうですし、エイトを襲う女の素性すらわかりません。今後もどんどんタイムリープを上手く使って話を面白くしてほしいですね。

どうなるかまだ想像もつかないから今後の展開がとても楽しみになります。凄く面白い話だと思います。

ドラマ「トドメの接吻」動画フル1話~最終回の見どころ

金目当ての「グズ男」の前に現れる、殺人キスをする「謎の女」

オリジナル作品の主人公のナンバーワンホストで女性に上っ面の愛で近づき「金の切れ目が縁の切れ目」という堂島旺太郎の役を、日本の若手俳優の中で「最も顔が整ったハンサムな男」の山崎賢人さんが演じますが、爽やかなイメージに思っていたのでこんな「グズ男」をどのように表現されるのか楽しみです。

そんな「グズ男」の旺太郎が絶好の獲物の富豪の娘の美尊をターゲットに動き出すと、謎の女が現れ唐突のキス、なんとも羨ましいと個人的に思ってしまいますが、なんとそのキスにより命を落としてしまうという怖い展開になって、眼が覚めると一週間前に戻っている不思議な内容に驚きました。

旺太郎が、どんなに違う行動をしても現れる謎の女を、現在の若手女優の中で最も急上昇中の門脇麦さんが演じていて、彼女の独特の雰囲気が謎の女をより魅力的にすると思われます。

また、ターゲットとなる美尊の役柄を新木優子さん、旺太郎のライバルとなる美尊の兄の尊氏の役柄を新田真剣佑さんが演じていて、これからのドラマ界を支える若い俳優たちが多く出演しているので注目しています。初回の放送が楽しみです。

トドメの接吻のタイトルの意味とは

「トドメの接吻」の見どころは、深まっていく謎と登場人物達です。謎の女にキスをされると死んでしまい、タイムリープしてしまうという謎が多いドラマです。

なぜキスなのか、なぜタイムリープしてしまうのか、謎の女の正体は誰なのか、謎が謎を呼び謎が深まるばかりです。主演の山崎賢人さんが演じる役にも過去に秘密がありそうなので、それがいつ解明されるのかにも注目したいです。

山崎賢人さんは多くの作品に出演している俳優さんですが、ホスト役を見るのは初めてです。どんなキザな台詞がでるのかとても楽しみです。社長令嬢を口説くことが出来るのか、もしくは謎の女に心を奪われてしまうのか、見どころが多くて期待度も高い作品となっています。

恋愛もの?それとも人間ドラマ

まず何より、出演する俳優・女優の皆さんが素晴らしいです。昨年、話題作に出演されていたり、CMに多数出演していたりと多くの人が、どこかで見たことある人だな、と思える方が多数出演しています。

ストーリーに関しても、『キス』がテーマであることからも恋愛が題材になっていることは確かなようなのですが、それだけでなく、人間の生き様もテーマにされているようで、色々な角度から物語を楽しむことができるのではないかと思います。

主人公の職業がホストであることからも、いわゆるイケメンが、多く出演しているのですが、そんな中、イケメンでありながらも役としてはイケメン枠ではなさそうな菅田将暉さんの演技・役どころにも注目して観たい作品だなと思います。

謎に包まれた死のループ

爽やかな好青年な役柄が多かった山﨑賢人さんが、表の優しい顔とは別に、本性は金と権力だけを追い求める最低最悪のクズ男・堂島旺太郎を演じるということで、今までのイメージをどのように覆すのかが楽しみです。

門脇麦さん演じる謎の女のキスにより死に至り、七日前に遡っては時間を繰り返すという不可思議なストーリーにかなり興味をひかれます。

一体12年前に何が起こって旺太郎が人を愛することをやめてしまったのか、どうして何度もキスにより殺され死のループを繰り返すのか、彼女の目的は何なのか、謎だらけで気になってしかたありません。

旺太郎のまわりを取り巻く登場人物たちにも謎が隠されていそうで、一話ごとに驚きがありそうで楽しみです。

謎多きキス女は旺太郎にとって女神か魔女か?

美男美女の恋愛劇というだけでなく、そこに「謎の女にキスをされると死んでしまい、そして一週間前の世界に戻っている」というタイムリープ要素が加わっているのが面白そうです。主人公の旺太郎は下剋上を狙う青年なので、この思わぬ形で得た再チャレンジの機会を上手く利用してどんどん成り上がっていくかもしれません。

逆に成り上がった後は時間を巻き戻すキス女の存在が邪魔になってきそうですが……。多分キスをされた瞬間に、それまでの努力が全て水の泡となってしまいますからね。キス女を利用したり彼女から逃亡したりといった関係性の変化も楽しみです。彼女がいったい何者で、どうして旺太郎を狙うのかも気になりますし、見所の多いドラマになっていそうです。

若い子必見!キャストや主題歌も豪華!若手俳優陣に期待!

主演が、今乗りに乗ってる山崎賢人くんと、俳優陣が、若手で豪華!男性陣は特にイケメン揃いです。

ドラマがオリジナルストーリーと言うことで、謎解き好きの方は、より楽しめそう。

主題歌が菅田将暉くんなので、ドラマの役どころ、ストリートミュージシャンとリンクしていて、ドラマをさらに盛り上げてくれそうですね!

門脇麦ちゃん演じる謎のキスで殺す女に、タイムリープ。

ホストや御曹司、ご令嬢など、若い子が好きなキーワードが満載です!

まぁ、なんと言ってもタイトルの「トドメの接吻(キス)」が何よりインパクト大!どんなストーリーなのか、今からドラマが待ち遠しですね。

この寒い冬に新しくてパンチの効いたストーリー!是非とも期待してます!

有名な脚本家の作品で期待が集まる

2018年から始まるドラマ トドメの接吻ですがやはり注目すべきところは脚本家がいずみ吉紘さんであることだと思います。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「デスノート」などの有名な作品を数多く生み出している脚本家さんでいずみさんの作品は単純にどれも面白いいんです!

様々な視点から物事を見ることができるのでスポットライトを当てるところがあれやこれやと見ている側としては飽きることのない作品であることがいずみさんの特徴だと思います。

「トドメの接吻」は主人公がタイムリープするというファンタジー的作品であるのでいずみさんの特徴とうまくマッチした分野だと思います。

キャストも主人公は山崎賢人であったりと豪華なので面白いことは間違いなしですね。

トドメの接吻に期待すること

権力と金を愛し、女を弄んでいたイケメンホスト旺太郎(山崎賢人)がある女性にキスをされて絶命してしまいます。

それだけでなくその日から七日前にタイムリープしてしまっているという話です。キスが引き金になって何度も同じ日を繰り返すという話がとても面白く興味が湧いてきます。

おそらく何かの条件が満たされればリープは解除されるのでしょうね。

本当に好きな人とキスをするとか等色々想像できる話は大好きなので旺太郎が同じ日を何度も繰り返す過程で何かに気づき行動しなければなりませんね。

タイムリープものは辻褄が合わなければ駄作になってしまいがちになるので上手く話を合わせて作ってくれることを期待したいです。放送が楽しみになってきました。

ドラマ「トドメの接吻」の脚本家とキャストについて

ドラマ「トドメの接吻」は、面白いと思います。

その理由としては、脚本家がいいと思います。

脚本家は、いずみ吉紘さんという人で、イマイチピンと来ないと思いますが、フジテレビで活躍した人で、ムコ殿、人にやさしくを書いた人です。

その後もROOKIESやクロコーチなどを書いた人なので面白い脚本になると思います。

また、主役に堂島旺太郎役に山崎賢人、旺太郎の恋敵の御曹司・並木尊氏役に新田真剣佑、旺太郎をキスで殺し、旺太郎をタイムスリップさせる謎の女役に門脇演が出演して、金と権力を愛し女を弄ぶ旺太郎が、ある女性にキスをされることにより、7日前の世界にタイムリープし、その後も旺太郎は、女のキスにより何度も過去へタイムスリープを繰り返すタイムスリープドラマです。

謎の女役で出てる門脇が、どんな演技で魅了するのかがキーだと思います。

新人賞、女優賞を受賞する位だから、きっといい演技が出来ると思います。

門脇が、山崎賢人や新田真剣佑をどう引っ張っていくのかが楽しみです。

キスされて死に1週間前を完全再生

堂島の前に、突然キス女が現れ、無理やりキスをしてきて、堂島が死んでしまいます。

そして、1週間前に、見事に戻るところがすごいです。話しているセリフやシーンもいっしょで、死ぬ時間がずれるとそれも反映するようで、堂島といっしょにびっくりしてしまいました。

ドラマの製作という立場で考えると、同じセリフとシーンを、一からやっているならすごいなとも思いましたが、おそらく、編集してやっているんだなと思いました。

そうすると、第1話は、確か3回死ぬので、1/3くらいの撮影になっているのかと変なことを思ってしまいました。とは言っても、少しずつ話は前に進んでいるので、編集する方は、苦労されているのではとご苦労様と言いたいです。

タイムリープを繰り返す展開がハマります

父親の賠償金を返すためにホストになった旺太郎がタイムリープを繰り返す展開が面白いですね。

キス女にキスをされてしまうと殺されてゲームオーバーという設定もハラハラして見入ってしまいました。

殺されるといっても実際にはタイムリープして時間をやり直しているので、怖さはあまり感じずに安心して見られるのも良いと思います。

美尊役の新木優子もお嬢様の雰囲気が出ていて可愛いですね。

旺太郎がタイムリープを繰り返すたび、美尊が旺太郎に徐々に惹かれていく様子が見ていて可愛いです。

最初は騙そうとしている旺太郎ですが、美尊を本気で好きになってしまう展開になったりするのかもしれませんね。

そしてストリートミュージシャンの春海はキス女の事を知っているようでした。

タイムリープの謎を知っているのでしょうか。

旺太郎はキス女から逃れてタイムリープを止めることが出来るのか、美尊を落とすことが出来るのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。
⇓   ⇓   ⇓
トドメのパラレル1話あらすじ
トドメのパラレル2話あらすじ
トドメのパラレル3話あらすじ
トドメのパラレル4話あらすじ
トドメのパラレル5話あらすじ
トドメのパラレル6話あらすじ
トドメのパラレル7話あらすじ
トドメのパラレル8話あらすじ
トドメのパラレル9話あらすじ
トドメのパラレル最終回10話あらすじ

トドメの接吻2話
トドメの接吻3話
トドメの接吻4話
トドメの接吻5話
トドメの接吻6話
トドメの接吻7話
トドメの接吻8話
トドメの接吻9話
トドメの接吻最終回

ドラマ「ドドメの接吻」と「トドメのパラレル」はどこで見れるの?

ドラマ「ドドメの接吻」と「トドメのパラレル」は日本テレビ公式動画配信huluで視聴できます!

huluは日本テレビが2014年に買収した動画配信会社です。

しかも、ただいま、絶賛キャンペーン中で、2週間無料でお試しができます。

解約も簡単です。
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

しかも、huluはドラマ「トドメのパラレル」以外にも40000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で利用できます。

雨が降ると君は優しい
地味にスゴイDX
コウノドリ
愛してたって秘密はある
過保護のカホコ

ぜひ2週間無料キャンペーンを利用してガンガンお気に入りの動画を無料で見てください。

huluで「トドメのパラレル」と「ドドメの接吻」を全話無料で見る!

huluで「トドメのパラレル」と「ドドメの接吻」を全話無料で見る!
⇓   ⇓   ⇓
2週間無料キャンペーン中【hulu】

-トドメの接吻 動画

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.