ハリー・ポッター

アズカバンの囚人動画無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトでは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の動画は見つかりませんでした。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人はunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人は3作目

第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)
第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の前説

僕らは変わる

前作ハリー・ポッターと秘密の部屋では、何者かによるマグル(人間)が連続で襲撃され石化する事件が多発してホグワーツの閉鎖を視野に入れて、学校生活をおくる事になります。

親友ロンの妹ジニーが秘密の部屋へ何者かに誘拐され、ハリー・ポッターとロンは数々の冒険誕を著書してきた「闇の魔術に対応する防衛術」の教師ギルデイ・ロックハートの元に訪れ親友ロンの妹が秘密の部屋へ誘拐された事を伝えようと教授の部屋を開けた時ある光景を目にしました。

ギルデイ・ロックハートは身の回りを整理し、荷物をまとめて逃げ出す準備をしていた所です。

数々の冒険誕を著書してきた魔法使いが、何故逃げ出そうとしているのかをハリー・ポッターは問いただします。

今まで著書してきた冒険誕は全て他の魔法使いや魔女達の冒険誕を我が物にする為に忘却の呪文をかけ記憶を消し、さも自分が冒険や発見した事にして本を執筆してきたからなのです。

そして、ハリー達に忘却の呪文で記憶を消し去ろうとしましたが隙をついていち早く杖を取り上げられます。そして、強制的に秘密の部屋へ一緒に行く事になります。

秘密の部屋に続く通路では巨大なヘビの抜け殻に、散乱する骨を見てロンが顔をゆがめます。ここぞ、とばかりにロンが持っていた杖をギルデイが取り上げて忘却の呪文をハリー達めがけて放ちます。

しかし、ロンの杖は物語の序盤で折れておりセロハンテープでぐるぐる巻きにされており忘却の呪文を放った自分自身に跳ね返り、ギルデイの記憶は忘却されました。

秘密の部屋へと続く通路で崩落がありハリーとロンは離れ離れになってしまいます。単身で乗り込む秘密の部屋には倒れているロンの妹ジニーの姿がありました。

ハリーは杖を投げ出し、慌てて近づくとジニーの体温は下がりつつありました。仰向けで倒れているジニーの胸の上には日記帳があります。

そして、ハリーが投げ出した杖をそっと拾う青年の姿があります。

日記帳の持ち主トム・リドルです。「これは50年前の記憶だよ。一連の事件は全て彼女を操って引き起こした、もっとも彼女二はその記憶すらない。そして彼女の魂で僕は復活する」といい、トム・リドルは拾った杖で名前を書き組み替え(アナグラム)します。

すると、「私が、ヴォルデモート卿だ」と文字が並び変わります。秘密の部屋の後継者であり、ヴォルデモート卿の過去がトム・リドルなのです。トムの合図でヘビの王バジリスクが登場します。

マグル(人間)を石化したのがバジリスクです。丸腰のハリーはバジリスの目を見ないように逃げ惑います。その時現れたのが不死鳥フォークスです。フォークスが持ってきたのは組み分け帽子で、中から一振りの剣を取り出します。

フォークスがバジリスクの目を封じてくれたおかげで、ハリーは剣を持って戦いますが負傷してしまいます。腕にバジリスクの牙が刺さって今しいた、バジリスクの毒で意識がもうろうとする中バジリスクの牙で日記帳を指し、ヴォルデモート卿の50年前の記憶トム・リドルは消滅します。

今回の秘密の部屋に関する事件は全てマルフォイの父親ルシウス・マルフォイの陰謀でした。陰謀をハリーに暴露されながらも、余裕でドビーと共に去るルシウスでしたがハリーの一計を案じ今回使用された日記帳をルシウスに手渡します。

当然ながら屋敷しもべのドビーに渡し、それを開いてみると靴下が一足ありました。屋敷しもべの解放ルールは「主から衣類を渡された時、しもべから解放される」と言う物です。

怒り狂うルシウスでしたが、自由なしもべ妖精ドビーの反撃を食らい立ち去っていくのでありました。こうして、ギルデイ・ロックハートはホグワーツから去る事になりますが石化されたハーマイオニー達は皆無事に夏休みにはいるのでした。

アズカバンの囚人のあらすじネタバレ


ハリー・ポッターは、50年前のヴォルデモート卿の記憶トム・リドルとヘビの王バジリスクから親友ロンの妹ジニーを助け出し、つかの間の休息は帰る家を持てないでいるハリーの夏休みはダーズリー家で過ごす事になります。

ある日、ダーズリー家に意地悪なマージおばさんがやってきます。

帰省中でダーズリー家にいたハリーにマージおばさんはある事無い事や両親の悪口を言い、ハリーの逆鱗に振れ魔法でみるみる内にマージおばさんの身体が膨張して挙げ句の果てには空へ飛んで行く始末です。

ハリーは闇に乗じて家出をします、公園で途方にくれている時大きな黒い犬を目撃し腰を抜かしてしまいます。
その時「夜の騎士バス」が現れ、はりーはそのバスに乗ってダイアゴン横丁へ向かいパブ「漏れ鍋」に到着したハリーの前には魔法省の大臣であるコーネリウス・ファッジが姿を見せます。

未成年の魔法使いや魔女はホグワーツの外で魔法を使ってはならないと言うルールがありますので、ホグワーツを退学を覚悟するのだったが泊まる宿は漏れ鍋、外出許可はダイアゴン横丁のみと言う処罰だけで退学せずに済みました。

夏休み最終日にはウィーズリー一家と親友のロンとハーマイオニーが合流し、ロンの父親であるアーサー・ウィーズリーに呼ばれ2人だけで話しをします。
「アズカバンから脱獄した指名手配犯シリウス・ブラックが君を狙っている。」

ハリーは魔法世界生活が今シリーズで3年目アズカバンの事やシリウス・ブラックなる人物を知りうる事もありませんでした。

アズカバンは吸魂鬼(ディメンター)が看守をつとめ、完全鉄壁の刑務所だと言う事と、シリウス・ブラックはハリーの両親を裏切り、2人を死に追いやっただけではなく多くの魔法使いや、魔女達を殺害したと聞かされます。

ロンの所有する動物はスキャバーズと言うネズミでアーマイオニーが所有する猫をがクルックシャンクスで本作品初登場します。ホグワーツ特急に乗りホグワーツへ向かう道中列車が停車し、アズカバンの看守ディメンターによる車内調査が始まります。ディメンターが目を付けたのは誰でもないハリー・ポッターだったのです。

ディメンターはハリーから喜びや歓喜を吸い取り始めた時、コートをかぶって寝ていた男がある呪文を使ってディメンターを追い払います。その男は「闇の魔術に対する防衛術」の新たなる担任でした。

しかし、凶悪犯の脱走でホグワーツにも複数のディメンターが配備され、クィディッチの試合中ハリーめがけて複数のディメンターが襲いかかり、気が遠くなり落下その際にニンバス2000のホウキは暴れ柳に突っ込み大破する。

ディメンターに執拗に狙われるハリーは列車の中で、闇の魔術に対する防衛術担任のリーマス・ルーピン教授の元へ訪れます。守護霊呪文「エクスペクト・パトローナム(守護霊よきたれ)」です。

何回も練習するうちに銀白色の盾を作り出す事に成功します。そしてクリスマス、ホグズミード村に行く事になりますが、ハリーは行けません。なぜなら「保護者の許可書」が必要だったのです。

失意のうちに校内を歩いているとウィーズリー家の双子フレッドとジョージに捕まります。フレッドとジョージはハリーに「忍びの地図」を手渡します。

忍びの地図にはリアルタイムでどんな人物がどこに居るかを示してくれる便利アイテムですが、地図を使用する前には「我ここに誓う 我、よからぬ事をたくらむ者なり」そして地図の使用後は必ず「いたずら完了!」と地図をとじなければなりません。

その地図を使い透明マントでホグズミード村に潜入し、先生達が集まって話している部屋へ侵入し次のような話しを聞きます。

「ブラックは冷酷な犯罪者、ピーター・ペティグリューなんて小指1本だけを残して消し飛ばしたのだから。」

そして「叫びの屋敷」の前の広場でドラコにからかわれている、ハーマイオニーとロンを透明マントを着用したまま、助け出しますが様々な試練と冒険を繰り返してきた仲間なのですぐ2人は「ハリー!」といいます。

ある夜、ハリーが忍びの地図を見ていると死んだはずのピーター・ペティグリューの名前のついた足跡を見つけ校内をうろついているとスネイプ教授に見つかり、地図もみつかってしまいます。

そこでリーマス・ルーピンが通りがかり、ハリーを助けますが地図はルーピンによって没収されてしまいます。とある日、ロンのネズミのスキャバーズが行方不明になりました。

犯人はクルックシャンクスだと決めつけていましたが、ハグリッドが無事保護していました。

スキャバーズを連れて白へ戻る最中に大きな黒い犬がロンの足に噛み付いて暴れや柳の穴へ引きずって入って行きます。ロンを助けるべく、ハリーとハーマイオニーは穴の中へと滑り落ちて行きます。

そこはホグズミード村の叫びの屋敷内でした。

部屋に入るとスキャバーズを抱いたロンが指をさしていました、2人が振り返るとそこにはアズカバンを脱獄した凶悪指名手配犯シリウス・ブラックの姿がありました。

この最悪とも言える状況に3人は戸惑いながらも勇気を振り絞り真実を追求するのでした。

アズカバンの囚人みどころ

前2作は同じ映画監督でした。
コミカルな要素を得意とした監督で有名作品ではホームアローンなど手がけてクスっと笑えるシーンを盛り込んだりしたのですが残念ながら降板しました。
今回アズカバンの囚人で監督されている方は、アカデミー賞の監督賞を取った「ゼログラビティ(サバイバル/パニック)」と言う映画を監督されているかたです。

アズカバンの囚人で出てくる公園で出てくる大きな黒い犬なんかも手に汗を握る緊張館がありましたし、やはり全体的に前2作を比べると若干暗めにしあげてあり、不気味さを引き立てる要素です。

ハーマイオニー・グレンジャーを演じるエマ・ワトソンがちょっとずつですが、少女から女性になる過程を垣間みれる作品です。今作品初登場のシリウス・ブラックを演じるのはゲイリー・オールドマンです。

彼の魅力は演技力です。

ある時は冷酷な殺人刑事、ある時はアットホームで暖かみのある父親など表情豊かな俳優です。アズカバンの囚人で登場する「ホグズミード村」はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に再現されていますので、アズカバンの囚人を見て、USJ行く事をお勧めします。

そして劇中に登場する「夜の騎士バス」のバスはイギリスの観光バス二階建ての物にさらに1階を溶接して作っているそうです。こぼれ話としては、「夜の騎士バス」何か変とは思いませんか?

日本語としては、おかしいのです。

日本も、イギリスも夜にバスは走っています。では、なぜ「夜」つけられたか、原稿を翻訳する過程で生まれた遊び心だそうです。ナイトは日本語にすると「夜」と「騎士」の2通りの読み方が出来ます。

原作者のJ・Kローリングが仕掛けたいたずらなのかもしれませんね。いたずら完了!

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の見どころや感想

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人は重要情報の宝庫

シリーズ3作目にあたる「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」には、シリーズ全体を通しての重要事項が出てきます。見逃し厳禁と言っても過言ではありません。

アズカバンというのは極悪囚人を収監している魔法使いの監獄です。そこから死刑囚シリウス・ブラックが脱走したというのですから魔法界全体で大騒ぎです。

どうやって脱走したのかも前例がないから分からない。ただ一つだけ推測できるのは「ハリー・ポッターの命を狙っている」ということ・・・。

今作でハリーたちの見た目がぐんと大人になっています。映画版ハリー・ポッターシリーズの醍醐味の一つは、キャストの成長も感じられる点にあると思います。

もちろん、作品内のキャラクターとしても成長していくのですが、親戚の子供を見ている感覚になれます。一年ずつ大人になっていく彼らを見られるのもまた面白いです。

ハリーポッターシリーズで一番面白いと思います

ハリーポッターシリーズで急にシリアスになってきた印象です。

映画の雰囲気も始めから暗い感じで、ディメンターが登場し禍々しい感じを醸し出しています。

見どころは、ハリーを狙っていると思われるシリウスブラックの絡みと、魔法学校の新たな先生であるルーピン先生。

2人がハリーのお父さんの仲間で、ハリーにとても良くしてくれているのが、見ていて救われました。

ホグズミート村や、双子のウィーズリー兄弟から貰った「忍びの地図」などワクワクする魔法もあります。

最後のどんでん返しでの、ダンブルドアやハグリッドの協力、本当の裏切り者が誰かなど、最後まで全くわからない展開で、自分はハリーポッターシリーズでは一番面白い映画だと思っています。

ハリーも皆んなも急成長する感じです。

映画の完成度の高さが際立つ作品

アズカバンの囚人の最大のみどころはダイナミックな演出がされているところです。

ハグリッドが先生になったり、ロンのペットのネズミが実はヴォルデモートの手下だったり、ハリーポッターの名付け親がアズカバンの囚人ででも実は無実だったなど驚きの展開がこれでもかというくらいにたくさん詰まっている作品です。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人も思春期を迎え、様々な心の葛藤や成長がとても繊細に描かれており、物語が進むにつれワクワク感やドキドキ感が増します。

また、ハリーが初めてバーノン家に魔法を使って抵抗した作品で大嫌いなおばさんに魔法を使うところはスカッとします。

他にも魔法界ならではの動物やバスなど原作を忠実に再現されていて作品としてのクオリティの高さを表しています。

ワクワクするストーリー

今回の作品では色々な展開が繰り広げられてます。

アズカバンの看守が大量に現れたり、バックピークという可愛い不思議な生き物も出てきます。

見所は逆転時計で過去の自分たちを助けたり、謎を解決する所だと思います。

バックピークが処刑されそうになったときも大きなカボチャの影から石をハグリッドの家に投げ込み過去の自分たちを助けました!ハラハラする展開がスゴく良かったです!

あと忍の地図なども出てきましたがあれもスゴいと思いました。あのシーンもドキドキして見れました!

最後に一番気になるのは、アズカバンの看守です!

魂を吸う生き物なんですが、正体はいったい何なのかが気になります。毎回恐ろしいく出てくるのでスゴく気になります。

最初は怖かった『アズカバンの囚人』


私がこの映画を初めて見たとき、小学校中学年だったのですが、作中に出てくるディメンター(吸魂鬼)が怖くて怖くて、夢にまで出てきたのを覚えています。

それでしばらくは、『アズカバンの囚人』だけ見ることができませんでした。

ディメンターが怖くなくなるくらい大人になって見ると、さすがはハリポタ、圧巻の面白さなのです。最初から暗いシーンが多かったのですが、それも後に起こることの伏線では...と思ってしまいます。

『アズカバンの囚人』でキーとなってくるのは、やはり「忍びの地図」と「逆転時計」だと思います。

夜の学校で忍びの地図で人が近づいてくるシーンはハラハラしますし、逆転時計で時間を巻き戻してストーリーが進んでいくところは、ファンタジーらしくとてもワクワクします。

逆転時計を使い、父親の敵だと思っていたシリウスを助け出し、絆が生まれるシーンは涙が出ました。

シリウスがハリーに新しい箒を送ったり、第2の父親みたいになっていくところも胸キュンです。

この作品では、シリウスやピーター先生など、今後のストーリーで重要となってくる人物がたくさん登場します。

この作品から徐々にヴォルデモートとの戦いも加熱していきます。子供の頃はホラーみたいで怖かったこの作品も、今では楽しめるような歳にもなりました。

そこまで長く愛されるハリーポッターシリーズは流石としか言いようがありませんね。

アズカバンの囚人の好きなところ


黒犬、吸魂鬼、狼人間、巨大な鳥、ハリーポッターに出てくる生き物は本当に特徴的で見てる人の心をワクワクさせますよね。

特にアズカバンの囚人のキャラクターが大好き! 一番好きなのはシリウスブラックです。

彼はハリーの両親を殺した犯人だと最初は思われていましたが実は別の親友の仕業だったと知るシーン、ペティグリューがネズミから人の姿に変わった後、ハリーに寄り添う姿や男らしい一面にとてもカッコ良さを感じます。

そしてもう1人、ルーピン先生。ボガードの授業は実際に私もやってみたいと思うほどです。

ハリーにパトローナスを教えた、偉大な魔法使いの1人ではないでしょうか。教えていなかったらハリーはシリウスと共に湖で死んでいたはずです。

ハリーポッターの良いところや面白いところは、物語がよく構成されているところ。

現実ではない世界だからこそ空想が膨らむのでしょうか、作者のローリングスとその本を元に映画を作成した監督を本当に誇りに思います。

ハリーポッターシリーズ全巻何十回というほど見ても飽きない程面白く楽しい物語です。

物語が大きく進む作品


ファーストシーズン、セカンドシーズンから登場人物がガラッと大人っぽくなったと感じる作品です。

監督も変わり可愛らしいコメディタッチからダイナミックさも演出されており、ハリーポッターの世界観を見事に表現しています。

個人的にも好きな作品の一つでロンとハーマイオニーのお互い好きなのに素直になれないドキドキ感やハリーの生い立ちがわかり、グッと物語が進む作品だと感じました。

新たな登場人物も登場し、さらにワクワクする展開が詰まっている為ハラハラドキドキが味わえます。

可愛かった主要メンバーも大人になり演技にも磨きがかかってきた印象です。

大人も子どもも楽しめる作品となっているので私も子どもと一緒に惹き込まれるようにみてしまいました。
[br num="1"]
1作目賢者の石(2001年)
2作目秘密の部屋』(2002年)

4作目炎のゴブレット(2005年)
5作目不死鳥の騎士団(2007年)
6作目謎のプリンス(2009年)
7作目死の秘宝 PART1(2010年)
8作目死の秘宝 PART2(2011年)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人を無料で見る方法は?

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでハリー・ポッターとアズカバンの囚人を無料で見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ハリー・ポッター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.