ハリー・ポッター

炎のゴブレット動画無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトでは「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の動画は見つかりませんでした。

ハリー・ポッターと炎のゴブレットはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの前説

第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)
第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

キャッチコピーは、ついに決戦の時だ、ハリー
ハリー・ポッターシーリーズ第4作目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」ファンタジー/アドベンチャー/青春作品です。

前作ハリー・ポッターとアズカバンも囚人では、シリウス・ブラックがハリーの命を狙っているのでなく、「裏切り者」ピーター・ペティグリューを探していたのです。

ホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」の教授リーマス・ルーピン教授は満月になると狼へと変身する人狼でした。

ルーピンの同級生で親友の、ジェームズ、シリウス、ピーターはルーピンの不遇な先天性的な人狼である事を知り、後天的にも動物の変身が可能なアニメーガス(動物もどき)の魔術を習得します。

ハリーの父親ジェームズは「牡鹿」、シリウス・ブラックは「犬」、ピーター・ペティグリューは「ねずみ」これらの能力を身につけたのは同級生で親友のルーピンがひとりぼっちにならないようにする為でありました。

闇の帝王ヴォルデモートは「純血主義」を掲げて、マグル(人間)狩りを大勢の部下と共に次々「マグル出身者」と「純血とマグル」のハーフを殺害して行きました。

闇の帝王ヴォルデモートの巨大な力に恐れをなし、純血とマグル出身者の夫婦ポッター夫妻の居場密告し逃亡、ポッター夫妻を死に追いやり全ての罪をシリウス・ブラックに着せ、自ら小指を切断し死を偽装した後アニメーガス(動物もどき)の能力でネズミに変身し「スキャバーズ」としてウィーズリー家で生き延びていた真実をハリーは知る事になります。

そしてシリウス・ブラックは父親のジェームズとは親友で、ハリーの名付け親(後見人)である事を告げられ、夏休みの間は嫌なダーズリー家へ戻らずに「私の家で過ごすと良い」とハリーを歓迎してくれるのでした。

そして、シリウス・ブラックの無実を証明するためピーター・ペティグリューを捕らえて魔法省に突き出そうとした時に偶然出ていた、満月を見たルーピン教授が人狼へと変身し我を忘れハリー達に襲いかかろうとします。

そこでハリー達を守る為に黒い大きな犬に変身し、人狼と戦います。

人狼は狼の声を耳にするとその場を去り、シリウスは傷つき崖の下へ落ちて行きます。

崖の下に向かうハリー、そこには複数居るディメンターに喜びや幸福を吸い取られている最中のシリウスを目撃しディメンターを追い払うために守護霊の呪文を使いますがまだ未熟なため、複数に囲まれたディメンター達によってハリーも喜びや幸福感、幸せを吸い取られ、薄れいく意識の中で父親ジェームズらしき人物が銀白色の牡鹿を召還しディメンターを一掃します。

その間にピーター・ペティグリューはネズミに変身し、またもや逃亡するのでありました。

ホグワーツ城へ戻り、ロンがシリウスに噛まれた足を治療する為に保健室へそこにダンブルドア校長がやってきて、指名手配犯のシリウス・ブラックは捕まり死刑より恐ろしい「吸魂鬼の接吻」が行われると言います。

ダンブルドアは「もし時間が戻せるならその時点まで戻って、やりなおせばいい」と言って立ち去っていきます。

ハーマイオニーはマクゴナガル教授から時間的に不可能な選択授業を受ける為に「逆転時計」を預かっていました。

2人は逆転時計を使い時間をさかのぼり、「ドラコを傷つけた」と因縁をつけられ処刑を待つ羽の生えた獣バックビークを逃がし、ディメンターに囲まれているシリウスとハリー自身を見つけ守護霊呪文で銀白色の牡鹿を召還しディメンターを一掃しますが、あの時見た父親のような人影はハリー自身だったのだと気づくのです。

そしてバックビークにシリウス・ブラックを乗せ逃亡させることに成功します。

しかし、「ピーター・ペティグリュー」が捕まえて言いない為、シリウス・ブラックの無実が証明される事は無く暗い気持ちで、ホグワーツ特急中で手紙と新しいホウキのファイアボルトがシリウス・ブラックから贈られ、幸せな気分に浸りながら汽車は走って行きます。

そして夏休みダーズリー家で過ごす事になります。

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじネタバレ

夏休み、ハリーは悪夢を見て目が覚めます。

内容はヴォルデモート卿が部下のピーター・ペティグリュー(以下ワーム・テール)に命令し謀略をワームテールと密談している時に覗き見ていたマグルに殺害させると言うものでした。

とある日、ウィーズリー家の招待にあずかります。

クィディッチ会場に行く為にとある物を使って行きます。

小高い丘の上にはアンティークなブーツが1足ありそれに皆が手を触れるとクィディッチ会場へとワープします、これがキーポートです。クィディッチワールドカップの決勝戦ブルガリア対アイルランドのクィディッチ戦を観戦しに行きます。激戦が繰り広げられたその夜事件が起こります。

テントが密集するキャンプ地で仮面をつけた魔法使い「死喰い人(デスイーター)」が襲撃し、右往左往の大混乱が発生します。

デスイーターが花火のように打ち上げたのが、不気味なドクロにヘビが巻き付いた印「闇の印(ヴォルデモート卿とデスイーターの印)」が13年ぶりに夜空に浮かび上がります。

新学期を迎え、4年生に進級したハリー・ポッターは14歳になりました。新たに「闇の魔術に対する防衛術」の担任になるのがマッド-アイ・ムーディが教授に就任します。

そして、約100年ぶりに開催されるホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が1年にわたり行われることになりなります。

17歳以上の年齢制限が設けられ、自薦他薦問わずゴブレットに入れます。

代表選手は各校の生徒から1人ずつ選ばれる事になりますが、炎のゴブレットには魔法がかけられており、17歳以下の魔法使いや魔女の名前を書いても炎のゴブレットは自動的に排除します。

それらの厳選なる抽選で各校の代表が発表されます。

ホグワーツ魔法魔術学校から「セドリック・ディゴリー」
ダームストラング専門学校から「ビクトール・クラム」
ボーバトン魔法アカデミーから「フラー・デラクール」

以上3名が各学校の代表になるはずだったのだが、ゴブレットは燃え続け最後にもう1枚紙が吐き出される読み上げたダンブルドア校長は驚愕しながらも「ハリー・ポッター!」と告げます。

校内中にハリー・ポッターの嫌疑がかけられます。

親友のロンも違う同級生とつるむようになり、ますます孤立していくハリー・ポッターです。辞退したくても魔法契約の拘束力でハリー・ポッターは辞退を許されず、出場を余儀なくされるのです。

三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が今幕を開け、三大魔法学校対抗試合ではそれぞれ3つの課題をクリアし得点を獲得して行き来ます。

1つ目は「第2の課題のヒントが入った金のタマゴをまもるドラゴン」

ハリーがくじ引きで引いた「第2の課題のヒントが入った金のタマゴを守るドラゴン」はハンガリー・ホーンテールドラゴンでドラゴンの中で一番獰猛で、危険なドラゴンです。

ホウキで空を飛ぶのに長けているハリーは呼び寄せの呪文でファイアボルトを呼び寄せ、最も危険なドラゴンから金のタマゴを奪取します。

金のタマゴは次の課題のヒントですがグリフィンドールに持ち帰って開けてみると悲鳴のような声が響き渡りあわてて閉めました。

この時仲が悪かったロンとも仲直りしています。ダンスパーティの時セドリックに「タマゴを風呂の中につけてみろ」との助言で風呂場へ行きタマゴを水中に沈めると水中人(マーピープル)歌が聞こえ、「湖の深い底にいる自分取って大切な者を時間内に取り戻せ」との無いようでした。

2つ目の課題が水中で長く潜っていなければならない内容

そこへネビル・ロングボトムが「エラ昆布」を渡します。

エラ昆布は擬似的に魚のようにエラを作って水中呼吸するものです。

2つ目は「時間制限内に水中に囚われし大切な者救助せよ」

囚われしものは、ロン、ハーマイオニー、ボーバトン魔法アカデミーのフラー・デラクールの妹が湖の底で囚われていました。

ハリーはロンとハーマイオニーを助けようとしましたが水中人に「ダメだ1人だけだ!」と言われた時、セドリックはチョウ・チャンを救い、上半身をサメに変身させたクラムによってハーマイオニーは救い出され残るはロンを救出しますが、フラー・デラクールの妹も一緒に力技で助け出しますこの時ハリーは何かしらの呪文を使い大量な水中人を追い払いながら岸へ上がります。

一番遅く陸に上がったが、「行った行為は道徳的」と称され一位のセドリックに並びます。

3つ目は「巨大庭園の迷路」

巨大な庭園の迷路ですが、魔法がかけられており随時ゴールへの道筋が変わります。棄権したい者は杖で花火を打ち上げると教師が助けに行くと言う手はずでした。

まず、最初にフラー・デラクールが庭園の木によって自由が奪われリタイアこの時側にいたハリーが代わりに花火を打ち上げます。

正気を失ったクラムはセドリックやハリーに迫りますが、セドリックを失神の呪文で吹き飛ばし、優勝カップを目にしたハリーとセドリックでしたが、セドリックが正気を失いかけたのでハリーが「一緒に優勝カップを手に取ろう」と提案し、正気が戻ったセドリックと共に優勝カップを手にした途端、墓場までワープさせられます。

セドリックは待ち構えていたワームテールに殺害され、父親の骨、下僕(ワームテール)の肉、そして敵(ハリー)の血3つの材料で闇の帝王ヴォルデモート卿が完全復活するのでした。

炎のゴブレットみどころ

各学校の登場のシーンも必見です。

ダームストラングは工業高校ばりの男子校で登場シーンは力強くそして威風堂々していますし、バーボトン魔法アカデミーは女子校で可憐さも描きながら優雅に登場するシーンは一見の価値有りです。

そして、炎のゴブレットではハリー達は14歳思春期に入ります。

魔法界では17歳で成人とされていますが、人間界では中学2生で恋心が揺れ動くハーマイオニーの葛藤や、それと無しに「誰かダンスパーティを一緒に踊ってオーラ」をハリーやロンにぶつけます。

しかしハリーは初恋の相手チョウ・チャンをダンスパーティに誘いますが、断られハリーとロンは仕方なしにハーマイオニーをさそいますが、それが返ってハーマイオニーを追い込み、傷つけてしまいます。

そして、バーボトンの魔法アカデミーの校長とハグリッドがいい仲になります。まさに青春学園物語色が強いのが炎のゴブレットなのです。

そして初のお風呂シーンがありますが、意外な女子生徒と一緒に混浴します。

日刊予言者新聞の記者が第一の試練の前にインタビューに来ます、そこで応援に来ていたハーマイオにが「がんばってね」とハグしている所を写真に撮られてしまいます。

インタビューをハリーやハーマイオニーしますが、なんと魔法の自動書記の羽ペンが記者の後ろで事実無根のねつ造記事を書き上げています。日刊予言者新聞も事実だけを掲載しているのではないと痛感しました。

スネイプ教授の「我が輩の薬草が少なくなってきている、お前達また良からぬ事でもしているのか?」が真相のキーポイントになり、さらにハリーが入学して初の死者がでます。

シリーズ初の上下巻に分かれていた原作を上手く1本の映画にまとめて、なおかつ原作の矛盾点が少なく、中でも14歳思春期で男の子や女の子の考え方の違いを良く描写できた作品だと思います。


⇓  ⇓  ⇓
本当の美女に出会えるフェイスブック婚活ランキング


⇓  ⇓  ⇓
神木隆之介主演の刑事ゆがみ

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじネタバレ見どころ感想

ヴォルデモート遂に現る。誕生シーンがやばい。

ヴォルデモートが遂に人間としての姿を取り戻すシーンがある重要な作品だと思います。

今までもヴォルデモートは登場していますが、ハリーの血をもらって人間の姿になるところはとても気持ちが悪いです。

何の罪もないセドリックも呪いの魔術で殺されてしまうところがあるので、ハリーポッターシリーズの中ではあまり好きではないです。

しかし、ダンスパーティーのハーマイオニーが綺麗で美人なのでそこはとても好きです。

ハーマイオニーは絶対にロンとダンスに行きたかったはずなのに、ロンは何も気づかないところが女心を分かってないなと思います。

「何もかもぶち壊すの」とハーマイオニーが叫ぶシーンはとても切ないです。もっとロンも素直になればいいのに。

ハリーもチョウとダンスに行けなくて残念です。

炎のゴブレットは人が死ぬので結構シビアなのに最後は明るめで終わるのであまり好きではないし、ハーマイオニーの魔法が出てこないのでもっと魔法を使って欲しいです。

しかし、ヴォルデモートが蘇るので、いよいよハリーポッターとの戦いの始まりでもあります。

なくてはならない作品なのですし、新刊にはこの作品のことにも触れられているので見るべき作品だと思います。

ハリー・ポッターは「炎のゴブレット」を境に前編後編が分けられるのではないか

一番衝撃的だったシーンは、ハリーの先輩であるセドリックがハリーの天敵であるヴォルデモートに死の呪文で殺されてしまったところ。

序盤から「何か嫌な事が起こりそう」という雰囲気であり、恐る恐る息を潜めながら見たという奇妙な感覚を覚えている。

ハリーと親しみのある人物が死んでしまう事は、物語の中で初めてで、前作までにないバッドエンドである。

この出来事を境に、ハリーはヴォルデモートと自分との関係に深刻になっていき、あらゆるお話が散りばめられている中で、軸となる物語がようやく転がり始めたような印象を受けた。

あまりに暗くて悲しい幕開けであり、前作までを見ていたけれど、炎のゴブレットを境に見なくなったという人も少なくはないであろう。

子供から大人の雰囲気へ

原作(日本語版)が上下巻に別れるため、映画1本分に尺を纏めるのは難しいのかな、と感じました。

ダンスパーティーのシーンは華やかですね。ハーマイオニーが美しく大変身するシーンのはずなんですが、エマ・ワトソンはそもそも際立った美貌の持ち主なので小説程のインパクトはありませんでした。

男の子達が恋に不器用なのとは反対に、彼女が一足先に大人になった印象です。

ロンのハリーに対する劣等感などはよく描かれていました。観ているこちらも、あ、これは今までの喧嘩とは訳が違うな、とヒヤリとさせられました。

また、この作品から生徒に死者が出始めます。迫り来るヴォルデモート卿の脅威もあり、賢者の石の頃のような明るい雰囲気はなりを潜め、ダークファンタジーまっしぐらです。

指輪物語に比べて子供向けなのかと当初は思っていましたが、こちらも相当暗黒色の強い仕上がりでした。

少し見所の変わった続編

今までのハリーポッターではハリーたち3人が冒険しながら活躍していく物語で、イメージ的には爽やかな冒険ストーリーだったと感じます。どちらかといえば子供っぽさのある物語性ではないでしょうか。

しかし、今回の炎のゴブレットでは恋愛とスリルのあるどちらかといえば大人向けのストーリーと、節々に考えさせられる場面があり、前話とは違う角度で見ることのできる話になっていると感じます。

ハリーたちのムズムズする10代の青春を見ている方も経験したことがあると思います。

また、協力だけではなく裏切りや登場人物一人一人のキャラクターが成長と共に変化していき自分の10代の時の変化と重ねながら見ることができます。

夢の世界だとわかっていますが、何故か近く感じる場面が多く感情移入をしてしまいつい体が熱くなってしまいました。

冒険シーンでは今まで以上に激しく迫力があり見所のの一つでしょう。

しかし、やはり私の見る見所はハリー達の大人への成長と感情の変化でしょう。

人の美しさだけでなく醜さまで描かれている本作はどんなに誠実な人でも追い込まれるとわからないと、人の怖さというものも映像として客観的に見ることもできるでしょう。

最後、これから困難が始まるというのに3人で普段どうりに話しているシーンで終わります。

また、迷路で仲間が死んでしまったというのになかったかのような様子です。

この場面は私にとってとても印象に残っています。この後の困難、死という悲しみはすぐに薄れてしまうのだなと思ったからです。

1番大切なのは今をどう生きるかという事であるとは言いますが、私たちの日常生活も同じようなんだろうなと感じるのです。

それと同時に経験したことも薄れ忘れてしまってはいけない、だからこそ立ち止まることが時には必要であると思います。

今回の作品では考えること感じることが多く、何度見返しても違う意味を感じる深い物語になっています。

ボルデモートの復活とこれからの鍵となる!

見どころはなんと言っても復活したボルデモートとハリーポッターとの戦いに違いないと思う!

友人のセドリックが殺され、ハリーの血によりボルデモートが復活したとこはとても驚きソワソワした。

というかボルデモートキモすぎ笑

その後、デスイーターたちが来た時ルシウスもいたことが衝撃だった。そしてハリー殺されてしまうのかと思った。

がしかし、ここはハリーポッターの父や母、セドリックが魂で現われてハリーを逃したとこはとても衝撃だった!!!!!

なんとも言えない驚きだった。

その後も味方と思ったムーディーがアズカバン送りにされた人だったし今回のやつがこれからの重要な展開間違いない!!!

ハリーにはいつも危険と課題がついてきます

魔法学校が世界各地にあり、それぞれ特色のある学校がある事がわかります。それぞれの魔法学校の代表者が課題をクリアし、どの学校が優秀かを競うのですが、炎のゴブレットには、15歳未満の魔法使いが入れた名前は入らないのに、なぜかハリーの名前が入れられてしまいます。

ハリーは皆から協力を貰って上手く課題をクリアするのですが、最後に味方だと思っていた先生に裏切られ、ヴォルデモートを復活させてしまいます。

魔法学校の課題がとても難しく、ホグワーツの先生もかなり本気です。生徒を呼び出して池の中に沈めるとか、最後の迷路も危険でしたし。

各学校合同のパーティでは、踊る相手探しでハリーたちが右往左往するのも面白いです。

最後にセドリックが殺されてしまい、これ以降のハリーポッターシリーズは深刻さを増していきます。

ハッピーエンドではなくなった第4弾

ハリー・ポッターシリーズ第4弾となる炎のゴブレットはハッピーエンドで終わる第3弾までとは異なる結末で、今までのシリーズ以上に目が離せない1本です。

学校内の生活や出来事が主だった第3弾までよりも、他校の生徒や魔法省の登場により、ハリーを中心とする世界がぐっと広がります。魔法学校をはじめ、魔法を使える世界がどんな場所でどんな暮らしなのかという、背景にまで興味がグッと湧くのも炎のゴブレットからだと思っています。

登場人物も増え、登場人物の関係性が見えずらくなっていくところでもありますが、今まではシリーズ1話ごとで完結していた伏線・伏線回収がシリーズ全体に広がっていくので、シリーズの続きはもちろん、それまでのシリーズも見直したくなります。

ハリーポッターの最高の幕開けの物語

この映画の見どころは、これまで実体のなかったヴォルデモート卿が体を得て、ここから初めて真の物語が始まる、というラストシーンですね。ヴォルデモート卿はここまではただ漠然とした存在で、炎のゴブレット以前の物語は言ってみればこの世界を体感する上でのチュートリアルのようなものです。

今作で出てくるセドリックという少年の存在も大きいですね。ハリーと共に戦い、共にゴールまで到達。

そしてヴォルデモート卿の復活と彼の死。最高の盛り上がり、最高の物語の幕開けとして、私たちは「ヴォルデモート卿は絶対的な悪」という決定的な印象を植え付けられました。

また、この作品の魅力はもちろん他にもあります。ホグワーツ以外の魔法学校の存在が明らかになりました。

そして恋愛的要素。それぞれの登場人物が大人に近づき、心が動く描写がふんだんにあります。そういった要素も含めとても好きな作品です。

悲しい結末が待っている第4シーズン

ダンスパーティーや寮対抗ゲームなど様々なイベントが盛りだくさんの第4シーズン。

お馴染みのメンバーに加え新たに新メンバーも加わりますます目が離せないストーリーになってきました。

初めてのハリーが好きになった人はハリーのライバルでもあり尊敬する戦友の恋人だったりと切ない恋模様も描かれていて、小さかったハリーたちが大人として成長している様子がとても繊細に描かれています。

また、共に戦ったセドリックがヴォルデモートの手によって殺されるなどショッキングなシーンもあり、面白いだけでは見れなくなってきた映画です。

物語が進むにつる、戦いも激しさを増してきて悲しい展開も増えてきました。

これからハリーがどう成長していきヴォルデモートを倒していくのかを期待させる第4シーズンです。

様々な思いが交錯する第4シーズン

ハリーポッターと炎のゴブレットは新たな登場人物が多数登場する作品です。セドリックディゴリーやチョウチャンなど新たなメンバーやさらに戦いも勢いを増してきます。

違う魔法学校の生徒も加わり学校対抗ゲームがスタートします。

しかし、このゲームは危険な為最年長の生徒しかできないことになっているのですが、ヴォルデモートの手によってハリーもこの危険なゲームに参加することになってしまいます。

そのことが原因でいつもハリーに劣等感を感じていたロンと喧嘩になってしまいます。今まで唯一無二の味方だったロンからの初めての嫉妬とひどい態度にハリーも辛かったと思います。

でも、ロンの気持ちもわかるので見ていて早く元どおりの2人に戻ってほしかったです。

無事仲直りできた時は嬉しかったです。

1作目賢者の石(2001年)
2作目秘密の部屋』(2002年)
3作目アズカバンの囚人(2004年)

5作目不死鳥の騎士団(2007年)
6作目謎のプリンス(2009年)
7作目死の秘宝 PART1(2010年)
8作目死の秘宝 PART2(2011年)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットを無料で見る方法は?

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでハリー・ポッターと炎のゴブレットを無料で見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

U-NEXT の配信本数、見放題作品について

1.見放題作品 80,000 本、レンタル作品 40,000 本を配信しております。(2018 年月末時点)

2.U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。

・ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料

・600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント

上記特典を利用することで、見放題作品 80,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能です。

3.「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能です

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をUNEXTで視聴するには432ポイント必要です。

しかし、31日間無料お試しに600ポイントがついていますので、それを利用すれば無料で「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が見れます。

本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTにてご確認ください。

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ハリー・ポッター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.