ハリー・ポッター

謎のプリンス動画無料見逃し再放送pandoraデイリーで見れるの?

更新日:

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトでは「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の動画は見つかりませんでした。

ハリー・ポッターと謎のプリンスはunextという公式動画配信会社で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

ハリー・ポッターと謎のプリンスの前説

第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)
第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

ハリー・ポッターシリーズ第6作目「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はファンタジー/アクションアドベンチャー作品です。

前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」でヴォルデモートが探していた「ある物」とは予言でした。

デスイーターから予言を守り抜こうと逃げ惑うダンブルドア軍団ですが、そこへシリウス・ブラック率いる不死鳥の騎士団が登場します。

不死鳥の騎士団VSデスイーターの壮絶な戦闘が繰り広げられるが、その際予言の水晶は砕け散ってしまいます。

両者一歩も引かずの戦闘を行っていたが、ベラトリックス・レストレンジが放った死の呪文が従弟(いとこ)であるシリウス・ブラックに命中しシリウス・ブラックは魔法省神秘部にある「死のアーチ」のベールの彼方へと消え去ってしまいます。

仇であるベラトリックスの後を追うがベラトリックスは逃亡に成功します。

辛くも勝利をおさめた不死鳥の騎士団だったが、ヴォルデモート本人がハリーを狙って登場します、ホグワーツから姿を消したはずのダンブルドア校長が数人の闇払いを引き連れ魔法省へ乗り込み、ダンブルドアVSヴォルデモートの壮絶な魔法対決で魔法省内はメチャクチャになり結果ヴォルデモートは退散します。

あとから駆けつけた魔法省の高官や魔法大臣のコーネリウス・ファッジは「ヴォルデモートの復活」を認めざる終えなくなって「ヴォルデモートは復活した」と公言します。そして、ハリーは名付け親であるシリウス・ブラックを失いながらも友人や自らの使命を知り、邪悪な者達との対決を新たに決意しダーズリー家へ戻って行くのでした。

謎のプリンスのあらすじネタバレ

謎のプリンスのキャッチコピー:「クライマックスは、ここから始まる!」

復活した闇の帝王ヴォルデモートの支配力が増し、デスイーターがダイアゴン横丁や人間界観光名所の橋を襲撃します。魔法界だけではなく人間界にも影響を及ぼし始め、もはやホグワーツも「安全な場所」では無くなってきています。

その頃、夏休みで帰省中のハリーは地下鉄のカフェで日刊予言者新聞を読み、その売店で働くマグルに「店が終わったらデートしない?」と誘われ約束をしましたが、向かいのプラットホームを見るとそこにはダンブルドア校長がいるのを見つけ歩み寄ります。

ホグワーツの新しい先生をスカウトしに行くので一緒に来るようにと「姿くらまし(あらわし)呪文」で、とある家に向かう事になります。ダンブルドア校長の同僚で元魔法薬学教師ホラス・スラグホーンにもう一度魔法薬学の教師としてホグワーツに来て欲しいと説得します。

そしてスラグホーンの承諾を得てダンブルドアはハリーをロンの実家に送り届けます。

その頃、ベラトリックスとドラコ・マルフォイの母親ナルシッサ・マルフォイはセブルス・スネイプとワームテールのアパートを訪れます。ベラトリックス立ち会いのもと魔法誓約「破れぬ誓い」を結びます。

内容は「息子ドラコを見守る事」「ドラコの任務失敗時にはスネイプが代行して遂行する」などの誓約をします。ハリー達は新学期の準備の為にダイアゴン横丁を訪れますが、かつての賑わいは無く閑散とした状況下の中ロンの双子の兄ジョージとフレッドが開いた「いたずら専門店」だけオープンしていました。

ハリー達は偶然にもドラコがノクターン横丁へ行く姿を見て後をつけます。屋根からドラコが入った店を覗き見ていると何やらキャビネットを修理して欲しいと怪しい店主とのやり取りを目撃します。

新学期、「闇の魔術に対する防衛術」の担任となったのはスネイプ教授、魔法薬学はダンブルドアと共にスカウトに行き復職となったホラス・スラグホーン教授です。

マクゴナガル教授に進められ、ハリーはロンと一緒に魔法薬学の授業に出る事になります。ハリーとロンは魔法薬学を受ける予定では無かったので教科書を持っておらず教室の角にある書棚で教科書を借りる事になります。

この授業で「生ける屍の液体の調合」の課題を出し、もし完全に作る事我で居たならばご褒美として「幸運の液体」をすると確約します。しかしこの生ける屍の液体の調合は難しく「成果を出した者は1人しかおらんぞ」と公言します。

ハリーは借りてきた教科書通りに調合を開始しますが、教科書にはかつて使用していた人物のメモ書きがありメモ通りに順調に調合して行きます。学年トップクラスの優秀なハーマイオニーでさえ調合は失敗し、他の生徒も散々たる結果の中ハリーだけが「生ける屍の液体」の調合に成功しご褒美である「幸運の液体」を獲得します。

気を良くしたハリーは、その教科書を研究し始めますが最後のページに「半純血のプリンス蔵書」と書かれていました。一方ハリーはヴォルデモートとの対決の準備の為、ダンブルドアの個人授業でダンブルドアが蓄積させていた記憶の断片の小瓶を彼に見せます。

それはトム・リドル(ヴォルデモート)生い立ちの記憶をたどりますが、記憶が改ざんされているとダンブルドア校長断定します。そこで、当時親密にしていた教師スラグホーン教授から当時のトム・リドルの事を探って来るよう任務をハリーに与えます。

クリスマスが近くなりハリー、ロン、ハーマイオニーはホグズミード村に行きバタービールを飲んでいました。

ホグワーツへと帰る時に事件が起こります、ケイティ・ベルと言う女子生徒が包みの破けたネックレスに触れた途端、宙に浮き地面へと叩き付けられます。

ハリー達はそのネックレスを回収し、マクゴナガル教授とスネイプ教授の元へ持って行きましたがたしかに強力な呪いのかかったネックレスでした。一方その頃ドラコは「必要の部屋」の中で、ノクターン横丁にあった物と同一のキャビネットの実験をしていました。

スラグホーン教授の食事会は選ばれた優秀な生徒もちろんお気に入りのハリーも招待を受け、食事会が終わった後ダンブルドアの任務である当時のトム・リドル事を聞きます。

「トムは非常に優秀で賢かった」と当時を振り返えるだけで何も情報を得る事が出来ませんでした。クリスマスパーティの夜スネイプ教授は「校長は旅に出られた、新学期まで戻らぬそうだ」と伝えていたら、学園内をこそこそしているドラコがフィルチにつかまり会場入りしたドラコだが様子がおかしく、スネイプ教授と一緒に退場し廊下でお互いを責め合います。

冬休み休暇はロンの実家「隠れ穴」に行きパーティを開きますが天高くベラトリックスの笑い声と共に火の玉が飛んできて辺り一面火の海と化します。デスイーターが襲撃し、追い返したもののロンの実家「隠れ穴」は消失してしまいます

大広間で半純血のプリンス蔵書の教科書を読んでいる時にとある呪文「セクタム・センプラ(切り裂け)」と言う呪文でした。大広間に入ってきたドラコはハリーと目が合うと大広間から出て行きトイレに行く後を追ってハリーはトイレに入って行きます。

そこで今まで以上にピリピリとしたムードになりトイレの中でハリーVSドラコの魔法対決が繰り広げられます。セクタム・センプラ(切り裂け)と言う呪文を使いドラコを出血多量の瀕死状態へと追い込みます。

スネイプ教授が慌ててトイレへ駆け込みセクタム・センプラ(切り裂け)の反対呪文で治療する中、居てもたってもいられずにトイレから逃げ出します。そして、密かに思いを寄せていたロンの妹ジニーはハリーと共に「必要の部屋」へとおもむき、ジニーが半純血のプリンス蔵書を「必要の部屋」のどこかに隠します。

ロンの「運に見放された」との発言によりハリーは「幸運の液体」を飲みスラグホーンに接触し、ハグリッドの小屋でお酒を飲み酔っぱらい「コレを見ても私を恨まないで欲しい」と改ざんされる前の記憶をハリーに託します。

そこにはホーラックス(分霊箱)を作る方法として「殺人」で自分自身の魂を引き裂いて身近にある様々な物に魂を入れ、分霊箱の魂さえあれば後で肉体を手に入れ復活出来ると言う闇の魔術でした。

トム・リドルはそれを七7つ作る事は可能か?と聞くと学術的には可能とスラグホーンの記憶はそこで終わっていました。

ダンブルドア校長でさえ解けなかったが、それを聞くとダンブルドアはトム・リドルの日記帳とトムの母親の指輪をハリーの前に差し出し、「強力な闇の魔術の力を感じていたが、まさか分霊箱だったとは」驚愕しながらもヴォルデモートを倒す手だてを見つけ出します。

分霊箱である日記帳と指輪はすでに破壊されあと5つ壊せばヴォルデモートを倒せると確信しダンブルドア校長は次の分霊箱の目星をつけておいた、ハリーに手伝って欲しいと申し出ます。

分霊箱を取り出す為毒水を飲んで疲弊しきったダンブルドアと共にホグワーツ戻ってきた時、ダンブルドア校長は何者かの気配を感じ取りハリーを隠します。
闇の中から出てきたのはマルフォイとそしてベラトリックスにデスイーター達でした。

ダンブルドア校長に武装解除呪文をかけたまでは良かったものの「殺す」事に二の足を踏むマルフォイでしたが、スネイプ教授がやってきてダンブルドア校長を死の呪文で殺害しスネイプはドラコ達を引き連れ校舎の外へ、そして追いついたハリーがセクタム・センプラ(切り裂け)を放ちますが、あっけもなく弾かれます。

「我が輩こそ、半純血のプリンス」だと言い残し姿を消します。

ダンブルドア校長が命を削り、身を削ってようやく手に入れたロケットの分霊箱はR・A・Bなる物に偽物へとすり替えられていました。7年に進級するはずだったハリー、ロン、ハーマイオニーは残り5つの分霊箱を探し出し破壊する旅にでるのでした。

謎のプリンスの見どころ気になったこと感想

ジニーがハリーにキスするシーン

ベラトリックスがロンの実家を襲撃しハリーを挑発するシーンがあり、ハリーは藪の中を必死に走ります。

この時ジニーはハリーを追って走り出しますがなんとバスローブなんです、そしてお互いが合流した時背中合わせでデスイーター達と戦闘をします。

ジニーとハリーが必要の部屋で、半純血のプリンス蔵書を隠しに行きますがジニーが「目を閉じて」と言ってフレームアウトしてしばらくして戻ってきてハリーにキスします「これもここに隠しとく?」と言いますがもう、胸がキュンキュンします。

ホグワーツの外からは侵入出来ないデスイーター達は内側から侵入します。

それは2つで1つの姿をくらますキャビネット棚ですが壊れていました。

しかし作中何度もドラコが実験しては失敗してついに姿をくらますキャビネット棚は治りますがドラコが「僕が治した!」と自信ありげに答えますが、家具職人の才能があるのではないかと思います 。笑

そして今作でハリーが将来就きたい職業が「闇払い」だと言う事も判明します。

ホグワーツでは姿くらまし(あらわし)の呪文は誰もつかえませんが、ダンブルドアは「わしだけは特別じゃよ」ほっこりさせるシーンもみどころの1つです。

最終天文台でダンブルドアがハリーを階段の下に隠すシーンがありハリーはこの時スネイプにあっています。

スネイプは静かに口に人差し指を当て「シー」と言うポーズを取りその後ダンブルドアを殺害しますが、ダンブルドアがこの時「頼む」と言いますがこの言葉には重要なフラグが隠されています。

それが今後明らかになって行きます。

ハリー16歳、モテたい

16歳になったハリーたち。高校一年生に相当する年齢です。ハリーは高一男子らしく女性への感心が高まっています。

チョウ・チャンで頭がいっぱいだった前作までからうってかわり、マグルのウェイトレスとデートの約束をとりつけます。

結局デートすることはありませんでしたが、根本にはロンの妹・ジニーへの気持ちがあります。

ハリー、節操ないな!と思ってしまいましたが、なんせ高一男子。そんなもんですよね。

命を狙われたり最凶最悪の魔法使いと戦うために神経をすり減らしていても、悲しきかな高一男子。

モテたい。「僕、選ばれた男の子だもん」と言う冗談は三分の一くらいは本当に思っているでしょう。

実際特別な子ですから。命のやり取りをするなかで恋愛に揺れ動く彼らを見ると、やっぱり普通の子なんだ、と改めて実感します。

親戚のおばさんのような気持ちで見守っている気分になります。ハラハラワクワクたまりません。

大切な人との辛すぎる別れ

何度見てもスネイプの行動が許せません。ダンブルドアが最期に言った言葉『セブルス、頼む』。

あの言葉には本当にいろんな想いが詰め込まれていたと思います。

ダンブルドアはきっとあの時反撃しようと思えばできたはず、なのにそうはせず、ただただ最期までスネイプのことを信じて、信じたい一心で紡ぎだした一言のように感じます。

ハリーの胸のうちを考えると引き裂かれるような痛みに襲われます。

次々と決して無くしたくない大切な人たちがいなくなってしまう状況、この苦難を乗り越え、ハリーが幸せになれるようにと祈るばかりです。

亡くなったダンブルドアを取り囲み、マクゴナガル先生を筆頭にみながつえを天に向かって掲げるシーンはかなり泣けました。

色々な形の「愛」が気になる

一番の衝撃はやはりダンブルドアの死でしょう。

ダンブルドアは完全な超人ではないということがこれまでのシリーズでも分かって来ていましたが、それでもハリーにとってウィーズリー夫妻と並んで信頼できる大人でした。

その柱を目の前で失ってしまった。後に「Please….」の真意が明かされますが、やはり辛い。

本編以外ではハリーが漸くジニーの魅力に気付きだした所でしょうか。良かったね!ずっと片想いしてた甲斐があったね、ジニー。

原作でもウザかったラベンダーが映画でもウザかったですねぇ(笑)ロンのおつむを本気で疑いました。

でも、気絶したままロンが呼んだのは…。

冒頭のナルシッサ(+ベラトリックス)とスネイプの駆引きでは、ドラコへの愛情が感じられました。

陣営関係なく、大人達はギリギリのところで命を掛けていたんですね。その根本にあるのは愛なんですよ。

闇の陣営すらヴォルデモートニ翻弄されながらも愛するものをどうにか守ろうと忠誠を装いながら必死で工作するんですよね。

各々のシーンで中心人物にかなり感情移入してしまいました。

ダンブルドアの生徒への愛情

ダンブルドアがヴォルデモートの分霊箱を破壊する為に活躍する所が見どころです。

しかし、この回でダンブルドアはスネイプに殺されてしまうのでとても悲しい回です。

ダンブルドアはスネイプにマルフォイが自分を殺さないでいいように最初からスネイプに自分が危ない時には殺すように頼んでいたのかもしれません。

そこを考えると、どれだけ生徒思いだったのかよく分かります。最高の校長でした。

今までハリーをどれだけ愛し可愛がっていたか想いを巡らせると悲しみが溢れ出してきます。ハリーは涙を流しておらず、ただスネイプに憎しみだけが残っていたようです。

もう少し悲しんでも良さそうなものだと思いますが、怒りだけがあらわになっていました。

ハリーを守る人たちがどんどん殺されていくのでハリーのヴォルデモートに対する怒りは理解できますし、自分のせいで周りを巻き込んでしまう疫病神的な感じに思えるハリーの申し訳ない気持ちや悲しみも理解できます。

ハリーの立場になってからこの回を見ると、やはり涙なしには見られないです。

終盤に向かっていく第6シーズン

謎のプリンスは一気に終盤に向かうストーリーになっていると感じました。

ロンがハーマイオニーじゃない子とキスをしたのがショックでした。改めて男は勝手な生き物で子どもだと思いました。

ハリーが誰よりも慕っていたダンブルドア先生が殺されたシーンが悲しすぎました。

一瞬の出来事すぎて殺された事が理解できませんでした。しかも殺したのがあのスネイプだったから余計に悲しかったです。

スネイプは嫌な奴ではありましたが、実はダンブルドアの味方だと信じていただけにあの裏切りはショックでした。

これからダンブルドア先生がいない中、ハリーがどう戦っていくのか、そして分霊箱を破壊しヴォルデモートを無事倒す事ができるのか続きが気になります!

ショックな結末が待っている

謎のプリンスはとてもショックなシーンがありました。最愛のダンブルドア先生が殺されるシーンは本当に悲しくて泣いてしまいました。

シーズンⅠからハリーをずっと見守り続けてきたダンブルドア先生が死ぬなんていまだに信じられません。

シリウスブラックに続き、ハリーが信頼している2人が死ぬなんてハリーの気持ちを考えると辛かったです。

分霊箱を壊せばヴォルデモートを倒すことはできますが肝心の破壊の仕方を教えてもらう前にダンブルドアが死んでしまったので、ハリーはこれからどうやって手がかりを掴んでいくのか見どころです。

最初の方は学校の様子もあり、魔法界の世界ならではの楽しいシーンがあったのですが最近はないので寂しいです。

シリーズ中一番重要ではないか

2. 映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の見どころや感想や気になったことなどについて書いてください。

私はハリーポッターシリーズは全話、何回も見ていますが、謎のプリンスが一番重要な回ではないかと思っています。

今までの回の色々な点が線になり、そしてさらに死の秘宝への大事な伏線です。この回なしではハリーポッターは語れないでしょう。

特に、ダンブルドアが亡くなるところは本当に悲しいですよね。私は何度見ても泣いてしまいます。

今までハリーのことを本当に大事にしてきてくれた先生です。これ以上の悲しみはないです。

そしてスネイプの裏切りです。ずっとハリーは怪しいと思っていましたが、誰も信じてくれませんでしたね。

このスネイプの裏切りに関しては死の秘宝で明らかになるでしょう。とうとう、ヴォルデモートの幼少期から学生時代について少しわかりましたね。

これがこれからこの先の大事な焦点となっていきます。先が気になりますね!
[br num="1"]
1作目賢者の石(2001年)
2作目秘密の部屋』(2002年)
3作目アズカバンの囚人(2004年)
4作目炎のゴブレット(2005年)
5作目不死鳥の騎士団(2007年)

7作目死の秘宝 PART1(2010年)
7作目死の秘宝 PART2(2011年)

ハリー・ポッターと謎のプリンスを無料で見る方法は?

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はu-nextという動画配信会社で見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。

u-nextでハリー・ポッターと謎のプリンスを無料で見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

動画配信u-nextは映画やドラマ、アニメの 名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツが特徴です。その数12万本以上です。

コウノドリ
あ荒野
地味凄い校閲ガール
ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさんのドラマ「わたしを離さないで」

この他にもたくさんあります。

31日間では見切れないです!!!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-ハリー・ポッター

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.