グッドモーニングコール2続編

グッドモーニングコール2続編6話動画無料視聴pandoraデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ『グッドモーニングコール2続編our campus days 』第6話の動画の無料視聴、再放送、見逃しはpandora,デイリー,youtube,miomio,9tsuで見れるのか調べてみました。

ドラマ『グッドモーニングコール2続編our campus days 』の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

などの違法動画では残念ながら見れませんでした。

ドラマ『グッドモーニングコール続編our campus days 』はFODとう公式動画配信会社で全話無料で視聴できます!
⇓  ⇓  ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ『グッドモーニングコール2続編our campus days 』のキャスト


吉川菜緒(福原 遥)
上原久志(白石隼也)
夏目 柊(杉野遥亮)
熊埜御堂 紗栄子(高橋メアリージュン)
篠崎大地(桜田 通)
七瀬 凛(相楽 樹)
紺野まりな(荒井 萌)
みっちゃん(永嶋柊吾)
阿部 順(長澤航也)
太田佳代(吉田まどか)

ドラマ『グッドモーニングコール続編our campus days 』第6話のあらすじネタバレ見どころ感想


#誕生日はサプライズで

上原くんへのサプライズのはずが…

「これだと女の子っぽいかなぁ…かわいすぎるよね。2人でお揃いで持っちゃったりして…って違うよ!私が喜ぶんじゃなくて上原くんに喜んでもらわないとね!」

菜緒は上原くんの誕生日プレゼントをどんなものにしようかと悩んでいた。

雑誌を見ながら検討をしているようで、太田ちゃんや部長にも案を聞いてみるがこれといって納得のいく案が出てこない。

「彼氏さんに聞いてみればいいんじゃない?」

「ダメです。今回は…」

と言いかけると、菜緒を迎えに上原くんが来てしまい話が途中になってしまったのだが、今回はサプライズでプレゼントを用意したいようで上原くんには絶対に知られたくないようだ。

菜緒がこんなにもサプライズにこだわっているのには、理由があり、上原くんの誕生日を間違えて覚えていた菜緒は去年完全にスルーしてしまったようで今年こそは成功させたいと思っているのだ。

既に誕生日の献立と当日のスケジュールまでは完成しているのだがプレゼントだけが決まらないでいた。

菜緒の家に、太田ちゃんとまりなちゃんが遊びに来ていて相談に乗ってもらっていたが結局話は進まず…。

「じゃあ頑張ってね!当日絶対上手くいくから!」

「上原くんにはくれぐれも内緒ね!」

「当たり前でしょ、上原くんのサプライズ誕生日会なんだから…」

玄関先でそんなことを話していて、菜緒が自宅に入ると太田ちゃんとまりなちゃんは、階段を上がってくる上原くんに遭遇してしまった。

「…今の話…もしかして聞いていた?」

「俺のサプライズ誕生日会がどーとか…」

「菜緒ね、今すっごい一生懸命サプライズ誕生日会の用意をしているの。だから何も知らなかったフリして当日は思いっきりビックリしてあげて?お願い!」

頑張れ上原くん!

「8位は香水かぁ…」

上原くんが菜緒の部屋にいるにも関わらず、菜緒はベッドの上で独り言でぶつぶつ話している。

上原くんは必死に気づかないフリをしているが菜緒の行動や発言があからさますぎて知らないフリをするにも限度がある。

菜緒が棚に衝突した拍子に、棚から当日のスケジュールが書いてある紙が落ちてきて、上原くんの目に入ってしまう。

悪いと思いながらも上原くんは、スケジュールを見てしまいビッチリ詰まったスケジュールと、菜緒の妄想でセリフまでもが書いてあった。

スケジュールを見てしまったことを菜緒に知られないようにと上原くんも必死で、菜緒が動くたびに冷や冷やしているが菜緒は全く警戒心がない。

部屋のあちこちに当日の飾り付けが落ちているため目をやる場所すらないのだ。

「どうしたの?今日落ち着きないねぇ」

菜緒の彼氏になるのって、楽しそうだけど大変そう!

でもしっかりとサプライズに乗ろうとしている上原くんの優しさが…きゅんきゅんしますね♪

「ねぇえぇ硬いものと柔らかいものだったらどっち?」

「それは物によるだろ」

次の日、菜緒は上原くんに色々と質問攻めをしてどんなプレゼントを渡すか調査をしているようだが質問項目が多すぎて上原くんもタジタジだ。

「おーっす!なに?朝から揉めているの?あ、てか昨日気づいたんだけどもうすぐ上原の誕生日…」

あべっちが空気を読まず、誕生日の件に振れたことで上原くんはあべっちを連れ出した。

「昨日からの俺の苦労が無駄になるだろうが。吉川、俺の誕生日をサプライズで祝おうとしているの。俺はそれを知らないことになっているの。」

「吉川の彼氏って…大変だな」

思い届かぬ夏目とサエコさん

その頃夏目は研究室で、先日の演劇会の後菜緒に抱き着いてしまったことを思い出し暗い顔をしていた。

その様子を見ていたサエコさんも、驚くほど夏目は思いつめたような表情だった。

「夏目くんでも、あーゆー顔するんだ」

「あー疲れた」

そこにタイミング悪く上原くんが入ってきてしまったのだが、かなり疲れた様子だ。

上原くんが疲れているのは、もちろん菜緒からの質問や、菜緒に知らないフリをし続ける事だ。

「はぁー?そんなことで疲れてんの?ありえない。お祝いされる側が気を使っているなんて本末転倒でしょ!!彼女もさ、どうせやるなら徹底的に隠し通せばいいのに!私なら完璧にやり遂げるね!」

「あいつにそーゆーのは期待してないですから。まぁでも俺は器用に隠し通すより不器用でも一生懸命のほうが全然いいんです」

「じゃあ、上原は知っているの?菜緒ちゃんがなんでバイト始めたか。」

「…なんか欲しいものがあるって」

「お前のプレゼント買うためだよ。愛されてんね~死ぬほど驚いてやれよ!菜緒ちゃんの気持ち無駄にするなよ!」

上原くんに好意を持っているサエコさんと、菜緒に好意を持っている夏目、それに気づいていない上原くん。

3人で繰り広げる会話に、サエコさんと夏目の表情は上がったり下がったりしているが夏目は大人な対応でその場をあとにした。

「夏目くんはずっとそれでいくわけ?吉川さんへの気持ち隠し通すの?」

「サエコさんなんか変ですよ。」

「あたしね…多分上原くんのことが好きになっているんだと思う。夏目くんも同類かと思ったんだけど…」

「いきなり爆弾発言ですね。俺楽しい恋愛は好きですけど。苦しいのとか面倒なのはマジ勘弁なんで。

それに友達の彼女に手出すとかありえないでしょ…てか、あの二人別れないですよ」

夏目は、後戻りできなくなる前に身を引いたほうがいいとサエコさんにアドバイスをしたが、サエコさんは引いて後悔するよりも、当たって後悔したいと言い張る。

上原くんの誕生日前日~当日は大忙し!

上原くんは菜緒の家からスケジュールの書かれた紙を持ち出し、時間や菜緒の妄想で書かれたシュチエーションやセリフを全て覚えようと頑張っていた。

菜緒は毎日懸命にプレゼントを探しているがいまだに見つからずにいたが、刻一刻と当日が近づいている。

食事は前の日から仕込みを始めるとのことで大量の食材を買いに行き、帰ってきたタイミングで上原くんと遭遇してい二人で焦るがなんとか二人とも焦りを隠しそれぞれの自宅へ…。

「俺…明日ビックリできるかな」

誕生日当日、サエコさんはケーキを準備して研究室で待っていた。

菜緒は、上原くんと合流するまでの時間を使ってプレゼントを探しに時計屋さんに来ていた。

「あった!!黒くて派手でもなく普段使い出来て防水で末永く使えてセンス良くてツルっとしている!」

ようやくコレだ!と思ったプレゼントを見つけ、店員を呼ぼうとしたが、他の店員が、時計を手に取ってしまった。

「あの、あたしそれ欲しいんですけど…」

「申し訳ございませんお客様。そちらの商品は先にあちらのお客様にお買い上げいただいておりまして…お取り寄せでよろしければ一週間後には届きますが」

せっかく見つけたが、上原くんの誕生日は今日なので一週間も待っていることはできない。

菜緒はショックで立ち直れず公園のベンチに座って落ち込んでいた。

そこに偶然夏目が通りかかり菜緒の元へ行った。

「夏目くん…」

「なにしているの?今日上原の誕生日でしょ?」

「そうなんだけどさ、まだ肝心のプレゼント決まっていないんだよね」

菜緒はサプライズが失敗になってしまったことにガッカリし、正直に謝ってプレゼントはまた今度渡そうと考えているようだが、夏目はそれではダメだと言うのだ。

「そんな顔でお祝いされたって嬉しくもなんともないって言っているの。そんな暗い顔してどーするのって話し」

菜緒は、夏目に言われたことでハッとしたようでプレゼントのことは一旦置いておいて笑顔で誕生日を祝ってあげることに決めた。

「もしかしてしゅーの彼女?嘘、そーゆー子タイプだったんだ」

「なわけないでしょ。俺にだって選ぶ権利あるっつーの」

夏目は、女の子と共に菜緒の元から去って行った。

その頃上原くんは、急遽入った学会の準備に追われて、朝までは無理でも途中までなら手伝うと了承していた。

そんな上原くんを見てサエコさんは用意していたケーキを渡し恥ずかしさからか研究室を出て行った。

菜緒は上原くんから帰りが遅くなると連絡を受け、黙々と料理の準備をしていた。

夏目のピンチ…?

「そいつさ、俺のなんだけど」

「あれ?彼氏いたの?」

夏目は一緒にいた女の子の彼氏と名乗る人物と、その友達に喧嘩を売られ、パッとやりたい気分だからとついて行ってしまっていた。

菜緒は、思っていた以上に上原くんの帰りが遅いため、先に上原くんの部屋を装飾しに行き、学校から自分の部屋に帰宅しないで、そのまま菜緒の家に来るように連絡をした。

その頃上原くんは菜緒に『今から帰る』と連絡をして急いで帰っている途中だったのだが、通りかかった女の子が夏目の話をしていたことで夏目に危険が迫っていることを知り、聞き逃すことができず夏目を助けに行ってしまったのだ。

夏目はボコボコにされていて、まだまだ殴られそうだったが、上原くんが助けに行き大きな怪我は負わずに済んだ。

連絡が来てからも全く帰ってこない上原くんになにかあったんじゃないかと菜緒も気が気じゃない。

夏目と上原くんは、夏目の顔を手当てするために世間話をしながら帰路につく。

上原くんは、これから菜緒のサプライズに驚かなければならないと言う大きな使命が待っているのだがなんだか楽しそうだ。

「サプライズに…ケーキに、プレゼントだろ?い驚くってすげー難しくない?」

「あ…プレゼント多分ない。俺が余計なこと言っちゃって。でも菜緒ちゃん最後まで必死に探していて…」

「わかってるよ」

サプライズ暴露!!!?

ようやく自宅付近まで帰ってくると心配していてもたってもいられなくなった菜緒が橋の上で待っていた。

「上原くん…よかった、本当によかった、事故にでも遭ったのかと思っちゃった…」

「ごめん、ちゃんと連絡すればよかった」

菜緒は上原くんに抱き着いた時に上原くんが怪我をしていることに気付き、再び心配したがそれ以上に夏目が怪我をしていることに驚きが隠せないようだ。

夏目は、菜緒と上原くんの仲睦ましい姿を見て気分が重くなったのかその場から去り帰ろうとしたが菜緒が必死に止めたことで結局菜緒に連れられてしまった。

「いや、でも今日はお前にとって大切な日…」

「そうだよ?今日は上原くんの誕生日なんだよ?もうさ、いろいろ準備して待ってた…」

菜緒は勢いでサプライズのことを上原くんのいる前で言ってしまった。

「今の聞いちゃった…?」

「え…あぁ…俺の誕生日覚えていてくれたなんて…最高にハッピーだぜ」

「それ…あたしスケジュール表に書いたやつ…」

上原くんは、しっかり知らないフリをして、当日のスケジュールまで頭に入れておいたのだが、菜緒が妄想で書いたセリフまでもを頭に入れていたためそっくりそのまま言ってしまったのだ。

「あ、じゃ俺着替えてくるから…」

上原くんは自分の家に入ると物凄い量の飾り付けをされていて驚くが、菜緒が一生懸命飾りをつけてくれたのだと思い嬉しそうな表情だ。

「恥ずかしい…最初からバレバレだったんだ…」

上原くんのピュアで天然なところが、つい出てしまいましたね。笑

サプライズを知っている事必死に隠してきたなのにまさかこんなことでバレるとは…。

上原くんぽいですが、菜緒もかなり驚いたことでしょう。笑

夏目、衝撃の告白!

その頃菜緒は夏目の手当てをしていた。

「なんで喧嘩なんてしたの?なんか今日会った時から変だったから…」

「別に!女の子絡みで目つけられちゃっただけ」

菜緒は納得していないようだが、菜緒が納得できないほど夏目の様子はおかしいのだろう。

上原くんが菜緒の部屋に来たことで夏目は菜緒の部屋を後にし、二人で誕生日パーティーをできるようにと空気を読んでくれたのだが菜緒も上原くんも少し不満そうだ。

「なんか変だよね、夏目くん。なんかあったのかな。」

「吉川…あのさ」

「いいよ、行って?だって上原くんに初めてできた友達だもん。あ、でもちょっと待って。上原くんお誕生日おめでとう!プレゼントなんだけど…間に合わなくて…」

「いらない。もうすっげーたくさんもらったから。ありがとう」

上原くんは菜緒を抱きしめお礼を言ったあと、夏目を追いかけに行った。

「夏目!よし追いついた。」

「は、お前なんで来た。菜緒ちゃんは?とにかく帰れ。菜緒ちゃんのそばにいろって」

夏目はかたくなに上原くんを返そうとするが上原くんは意地でも帰ろうとしない。

「なんだよ、なんかいいたいことあんだろ?」

「あるのはお前だそ。最近なんか変だろ、喧嘩の時だって殴られているのに一切やりかえさないし。どっか具合でも悪いのか?とりあえずちゃんとしたもの食え」

「俺、らしくねーよな…自分でも思う。馬鹿じゃねーのって。ってことで、らしくねーこと言ってみようかな。」

「なんだよ…」

「俺…菜緒ちゃんのこと好きっていったらどうする?」

夏目の発言に驚きを隠せない上原くん。

とんでもないことを聞いてしまったようだが無言で立ちすくむことしかできなかった。

最後の最後に夏目の衝撃告白!!!

自分から聞いておいて上原くんもどうしたらいいのかわからないような困った様子でしたし…親友が自分の彼女を好きだなんて知りたくもない真実ですもんね!

このあと二人がどうなるのか…7話も見逃せませんね!
⇓   ⇓   ⇓ 
グッドモーニング続編1話のあらすじ
グッドモーニング続編2話のあらすじ
グッドモーニング続編3話のあらすじ
グッドモーニング続編4話のあらすじ
グッドモーニング続編5話のあらすじ

グッドモーニング続編7話のあらすじ
グッドモーニング続編8話のあらすじ
グッドモーニング続編9話のあらすじ
グッドモーニング続編最終回のあらすじ

グッドモーニングコール2our campus days(続編)を安全に無料視聴する方法は?AD

グッドモーニングコール2our campus days(続編)はフジテレビ公式の動画配信FODで視聴できます。

しかも、いまならFODは無料お試しキャンペーン中で31日間無料で利用できます。

もちろん、グッドモーニングコールour campus days(続編)も全話無料で見れます!(2018年9月21日23時59分)
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
コードブルー(2018年7月16日まで)
昼顔(2018年7月21日まで)
テラスハウス(2018年2月13日まで)
貴族探偵(2018年4月16日まで)
パパ活(2018年6月25日まで)
人は見た目が100%(2018年4月12日まで)
救命病棟24時(2018年5月31日23時59分)

などが無料で見れます。


そして、雑誌も見放題

しかし、これらを無料で見るためには1つだけ条件があります。

それはYAHOO IDで登録することです。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-グッドモーニングコール2続編

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.