99.9%

99.9刑事専門弁護士シーズン2続編動画無料234話パンドラデイリーyoutubeで見れるの?

更新日:

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編の動画234話の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編の動画234話の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編キャスト

松本潤/深山大翔

香川照之/佐田篤弘

木村文乃/尾崎舞子

青木崇高/丸川貴久

片桐仁/明石達也

マギー/藤野宏樹

馬場園梓/中塚美麗

馬場徹/落合陽平
⇓  ⇓  ⇓
馬場徹の演技力

映美くらら/佐田由紀子

池田貴史/坂東健太

岸井ゆきの/加奈子

渡辺真起子/戸川奈津子

藤本隆宏/志賀誠

首藤康之/深山大介

奥田瑛二/大友修一

笑福亭鶴瓶/川上憲一郎

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編の動画2話のあらすじネタバレ


26年前の深山の父・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件に関係がありそうな新たな証拠のキーホルダーがみつかった。

現場で起こった事実を探し始めることになる。

当時、事件現場に落ちていて、被害者の美里の遺留品として警察から母親に返されていた。だが、それは美里の物ではなく、かといって大介の物でもなかった。

そうだとすれば、現場に第三者がいたという新たな証拠になるのでしょうか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された残りの0.1%の事実を追及していくことになる。そして、大介の事件担当検事だった大友検事正(奥田瑛二)とも争うことになるでしょう。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐ。

一方、舞子は斑目所長から打診を受け、事件の調査に加わることに。そして、家族で休暇中だった佐田も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

はたして、26年前の大介の無実は証明できるのか、残された0.1%の事実を見つけ出すことはできるのか、次回もハラハラドキドキな展開になりそうです。

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編第2話の見どころ感想

ただ真実が知りたかっただけ

25年前の深山の父親の事件で、被害者の妹から渡された物。それは、被害者の物でも、深山の父親の物でもない金魚の絵のついた水晶。新たな証拠が見つかり、深山の故郷の金沢で、深山、尾崎、明石、そして、金沢地検丸川で、再検証することに。当時、警察から返却されたというが、なぜ簡単に戻されたのか、とても疑問です。現場に残っていて、被害者、加害者のものでなければ、誰の物かと、思わなかったのかと。

そんな、ずさんな取り調べが、深山達の人生を変えてしまったのですよね。腹立たしいです。そして、もし、警察官が犯人なら、当事者以外の指紋がなくても、不思議ではないですね。そして、浮かんだひとりの元警察官。

怪しいですよね。深山達が見つけた様々な問点を、ひとつひとつ解明し、繋げていくことで、ついに、真実を突き止めました。もし、警察や、検事が、そして、裁判官が、疑問に持つことがあれば、間違った方向へ、いかなかったはずです。冤罪は生まれなかったはずです。深山にとって、悔しいはずなのに、「事実を知りたかっただけ」とは、悲しいです。

とてもとても辛いです。そして、佐田先生の「さばかれる人の人生に誰も責任を持っていない。裁判とは、誰の為にあるのか。」考えさせられます。

最後の0,01%の真実を求めて

一旦起訴されてしまうと有罪率99.9%とされる日本の裁判において、最後の0.01%の無罪につながる真実を導きだそうとする深山弁護士の信念に心を打たれます。

佐田弁護士が言った「裁判とは誰のための裁判なのか」という言葉にも考えさせられます。

深山弁護士が調書などにも先入観を持たずに自分が納得行くまで独自に調べるというのは、父親が冤罪で刑務所に服役中に獄死してしまったという過去を持つ所からくるのかもしれません。

その悲しい過去で心に深い傷を負ったのは確かなのですが、周りの同僚や上司 友人などとのコミカルなやり取りもあり、彼は過去に引きずられる事なく今をしっかり生きている感じがある所は好感が持てます。

また、一見スタンドプレーをしているように見える深山弁護士ですが、彼を取り巻く人々は彼をさりげなくサポートしている所も面白いです。

また深山が帰ってきた!

今回のシリーズはヒロインに榮倉奈々さんではなく、木村文乃さんを起用し、少しクールな相棒を演じていると思う。榮倉奈々さんはプロレスファンで明るく、ときに冷ややかに松本潤さんを見ているところがあったが、木村文乃さんは心に過去の傷を抱えたクールな女性を演じていると思う。

主要なメンバーは変わりなく、刑事事件という重いテーマの残り0.1%の真実をコミカルにユーモアを交えてテンポよく描いているところは前回と変わりなく楽しめる。

基本的には事件は一回簡潔型だが、前回のシリーズで全容が解明されなかった主人公深山(松本潤)の父親の事件が少しずつわかりそうな雰囲気も見所だと思う。

香川照之さんや片桐仁さんも前回と変わらないメンバーでダジヤレやいつもの飲み屋も健在です。前回見ていた人も見ていなかった人も見やすいと思う。

ドラマ99.9%「刑事専門弁護士」シーズン2続編の見どころ感想

深山と尾崎のやり取りに期待

シーズン1では、松本潤さん演じる深山大翔に反発しながらも深山に振り回されていく榮倉奈々さん演じる立花彩乃という構図が非常に面白かったのですが、シーズン2では木村文乃さん演じる尾崎舞子も立花と同じような関係であるようにシーズン2の第1話を観て感じました。

鈴木の無罪を証明するために深山がやろうした現場立証に、尾崎が反論しながらもまんまと付き合わされているところがとても面白かったです。

このシーンは、木村文乃さんの役者としてのセンスを感じました。また、深山の非常識さに反論するというところは一緒なのですが、尾崎は立花よりもクセのあるキャラクターのようにも感じましたので、尾崎の個性が今後どこまで出てくるのかも楽しみです。

シーズン1より関係が良好⁈

松本潤さんと、香川照之さんの2人の関係が、シーズン1のときより良いような感じがしました。シーズン2から初めて見ている人には、少しわかりづらいかもしれませんが、そんな人のためにも、シーズン2からメンバーに加わった木村文乃さんがいるので、だんだん馴染んでいけると思えたし、そういう意味で、余計なシーンがなくて良かったと思います。

最初から、松本潤さんの案件や人との向き合い方が独特な感じがよく出ていて(深山が戻ってきた〜!)と嬉しくなりました。

これから、香川照之さんとどんなふうに0.1%の可能性を極めていくのか楽しみです。そして、松本潤さんの過去についても、だんだん掘り下げられていくようなので、そちらも楽しみです。

やっぱり途中からやる気満々になる佐田弁護士

香川照之さんの演じる佐田弁護士が相変わらず面白かったです。斑目所長、深山、そして今回から入った新メンバーの尾崎といった面々に振り回されて頭を抱える苦労人。

彼のそんな様子に前半は少々同情していましたけど、しかし一方的に損をするままでは終わらないのが佐田篤弘という男でもありましたね。そこを忘れていました。

今回も途中からはやる気満々になって事件解決に協力し、最後は深山と勝利の握手を交わして御満悦。そのやる気スイッチが入るきっかけが、容疑者が放った寒いダジャレだったというのも実に佐田らしい話です。自分で引きこんでおきながら尾崎を「とんだ暴れ馬でしたよ」と評した彼ですが、そんな風に調子が良い男なので彼女の事もその内に気に入ってしまいそうですね。

深山降臨。再び暴走!

深山大翔いよいよ帰ってきましたね!1話から新幹線往復13回と大暴走していたり、食べる時の「いただきマングース。」というオヤジギャグも健在で安心しました。

ですが、佐田先生後任の室長が深山に振り回されてやめる始末で班目マネージングパートナーからまた佐田先生が呼び出されていて笑えました。

前回のキャストは出てこないと思っていましたが、立花先生は海外留学、佐田先生のパラリーガルのだった戸川さんは志賀先生と結婚して寿退社というストーリーがちゃんとできていて、とても嬉しかったです。戸川さんの後任の中塚さんもプロレス女子だし、いいチームになると思いました。

そして明石さん!司法試験もう受かっていると思ってたらまだ受かっていなかったことに驚きました。

いい意味でシーズン1と変わらないドラマ

1部のキャスト変更などはあったものの、いい意味でシーズン1と変わらない作風で安心して観ることが出来ました。

ダジャレも健在でしたし、小ネタがところどころに散りばめられているといったコミカル要素がありながら、事件そのものはしっかりとした作りになっているところが、このドラマの魅力であることを改めて再確認しました。

鈴木が無実であることは予想できましたが、鈴木の無罪をどう証明していくのかは予想つきませんでしたし、阿部が話しているテープで聴こえたノイズの正体が分かった時には思わず「なるほど…!」と声を出してしまうほどでした。

このドラマは、こうした事件解決に至るまでのプロセスを楽しむドラマであるということを改めて感じました。

99.9刑事専門弁護士シーズン2を初視聴した感想

前シーズンは見ていないので今回が初めての視聴になります。キャラクター設定等まだ掴めてない部分もありますがなかなか楽しめたと思います。

タイトル通り99.9%有罪の案件でも残り0.1%の可能性に賭けて証拠を見つける、そこにたどり着くまでの細かすぎるまでの証拠探し、写真の撮る角度や後ろから聞こえてくる音まで追求することに関心しました。

元々が可能性の薄い話、ほんの少しの綻びから真実に繋げ、真犯人にたどり着く爽快さが本作の面白い所なのでしょうね。

松本潤さん演じる深山以下皆個性的なメンバーが揃っていて面白可笑しく描いてくれている所が凄く良かったです。次の事件に繋がる話もなかなか興味が持てました。次週が楽しみになりましたね。

今シリーズも安定の面白さ

前シリーズも見ていたので今作も楽しみにしていました。ドラマの内容、キャストの演技共に安心して見ていられるドラマだと思います。

弁護士を主人公にしたドラマはたくさんありますが、深山は少し変わった弁護士で真実を知る為にとことん調べる姿はこんな弁護士がいたらいいなと思いました。

さして上司の佐田とのやり取りは安定の面白さで、1話での法廷で佐田がパソコンを操作していて、深山に少しバカにされているシーンは本当に面白かったです。

今作から出演の木村文乃さん演じる尾崎もクールで深山とは合わなさそうですが、これから一緒に事件を解決して行く中でどう変わっていくのか楽しみです。

また何で裁判官を辞めてしまったのかが気になりました。

深山の破壊力が凄い「スーパーオヤジギャグ」に笑う佐田

弁護士の深山大翔(松本潤)の真実を知るために「細かい部分まで解決をこだわるところ」と、元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)が今までしていた「調書だけで有罪か無罪かを判断する」が、対立する長年勤めてきた職場上の考え方の違いが出てくるのが今回の見どころと思いました。

また、深山と組む弁護士の佐田篤弘(香川照之)の微妙な関係がとても面白く、考えが違うものの真実を求める気持ちは同じなのに、深山の凄すぎる真実へのこだわりに頭を抱えますが、無事に上手く解決すると手のひらを返すように、笑顔で深山と全て同じ思いで裁判に望んでいたような態度をとる辺りも見どころと思います。

また、くだらなさが過ぎる「スーパーオヤジギャグ」に深山と佐田が共に大笑いしてしまうところに、彼らを取り巻く人たちを冷めさせるところも素晴らしく魅力的と思います。

ドラマ「99.9%」はどこで見れるの?

ドラマ「99.9%」は公式動画配信TSUTAYAディスカスで視聴できます。

もちろん公式動画配信会社なので、違法動画と違い安全・安心・高画質・高音質で視聴できます。

しかも、いまならお試しキャンペーン中で30日間無料でTSUTAYAディスカスが視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYAディスカス】

その他にも
コウノドリ
君の名は
99.9%
下町ロケット
監獄のお姫さま


も視聴できます。

TSUTAYAディスカスの凄いところ!

なんとTSUTAYAディスカスはレンタルだけでなく、動画配信も見れちゃうんです。

他のunextやhuluなどは動画配信しか行ってないですが

TSUTAYAディスカスは動画配信とレンタルを行っています。

もちろん動画配信はパソコン、スマホ、タブレットから視聴できます。

[br num="1"]


[br num="1"]

ドラマ「99.9%」はTSUTAYAディスカスの動画配信で視聴できます
⇓  ⇓  ⇓
30日間無料キャンペーン中【TSUTAYAディスカス】

-99.9%

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.